小出裕章さん『隠される原子力』

とても分かりやすい内容の講演です
おすすめです。



youtube投稿者の方の説明をそのまま記入します。

2011年3月20日に行われた小出裕章さん(京都大学原子炉実験所 助教)の講演です。
小出さんは原子力の研究者という立場から、原子力の危険について40年以上に渡り警鐘を鳴らし続けて来られました。
その警鐘空しく、私たちは東日本大­震­災で福島原発の大事故を招いてしまいました。
今も現場では作業員の方々が命がけで復旧に取り組んでおられますが、まだまだ予断を許さない状況が続いています。
空や海に­広がる­放射能の影響も心配です。 

この苦しい経験から私たちは学ばなければいけません。
同じ過ちを繰り返さないように。子供たちに安心して暮らせる世界を残せるように。
この地球に生きるすべての人に届けた­­い。隠される原子力・核の真実。


あなたの大切な人に伝えてください。
スポンサーサイト

チェルノブイリーWHO世界保健機構でも真実は語られていない

チェルノブイリ:百万人の犠牲者(Chernobyl: A Million Casualties)



字幕付きはここで見ることが出来ます(日本語選択)

最後の方で福島原発について話していますが、翻訳がまだ途中なのが残念です。
もうしばらくしたら全部字幕になるかしら?
途中まででもチェルノブイリの原発。セシウムの恐ろしさが充分わかります。





字幕テキスト残念ながらまだ半分しか翻訳されていません
   続きを読むからどうぞ

続きを読む

チェルノブイリ原発事故より最悪と言われている福島原発事故

福島では今、原発の地震と津や爆発で大変な事になっています
原発の事故がどれだけ恐ろしいものなのか日本のみんなに知ってもらいたいと思って
苦しいけどあえてブログにUPします。
福島の原発事故は海外ではチェルノブイリよりも被害が大きいといわれています

なかなか日本では放送されることのない内容です

これを見て恐れてパニックになるのではなく
冷静に、事実を見つめて
これ以上悲劇を起こさないために日本の原発の廃止を求めていきたいと私は思いました

お金と政治がらみの一部の人間の手によって日本本土には沢山の原発が今、稼働しています
特に危惧しているのは、世界でも一番危険といわれている活断層の真上に立つ浜岡原発です
今回の福島の地震でもっとひずみが大きくなって
近いうちに大型の東海地震がおこる恐れがあると確信しています
浜岡原発は岩石の地盤が弱く、しかもそれを隠してまで作っています
浜岡原発2号は東海地震に耐えられない 設計者が語る

放射線や放射能物質に関しても
「直ちに」「長期間」・・・「摂取しなければ」」と、私達を安心させるためなのか政府は言います

そりゃあそうですよねーw
直ちに死ぬのは戦争の原爆ですもの・・・

放射線、放射能に侵されると10年後にはどれだけの人が死んでしまうのか
私には怖くてたまりません

福島原発の今回の事故も見通しが暗いまま
もしも、東海地震があって浜岡原発に何かがあったら
日本のほとんどは無くなってしまうと思っていいでしょう
日本だけでなく諸外国の人々の健康も害することと思います
プレートが東北沖で大きく動いた今
東海地震は必ず近い将来に来ると思うのは私だけではないはずです

地球の危機になるかもしれないと思うのは決して大げさではないと思います
現に福島原発の放射能はアメリカの西海岸にすでに到達しています

何をしたらいいのか・・・分からないけれど
私は、署名や要望を担当機関に提出してみました

何もしないよりも良いのかな?って思ったからです



要望書提出サイト


https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html  ← 首相官邸へ要望書


https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html←原子力保安委員へ要望書

http://www.chuden.co.jp/inquiry/inq_energy/3005333_6106.html←中部電力へ要望書


http://bit.ly/hcJSbl←静岡県へ要望書

電子署名提出サイト

http://goo.gl/d221B←静岡浜岡原発停止の電子署名

http://www.antinuke.net/kaminoseki/←上関原発反対の電子署名



チェルノブイリのビデオは
↓続きを読むから是非ご覧ください

続きを読む

5年前に放送されていた貴重な映像ー被爆ー

地球を守りたい

日本って・・・・報道もマスコミも政治も信じられない

広瀬隆講演 3月26日夜の部・前半



夜の部後半



原発が無くては困るという人もいらないと思う人も
今回の福島原発の事故のマスコミのニュースや報道にハテナマークが付いてる人も付いてない人も
みんなに見てもらいたいです。

日本では放送されない事実~隠された被爆労働(BBC放送)


<追記>2012年1月13日この番組の内容を文字起こししました
   ↓
「隠された被爆労働」樋口健二氏1995年イギリス(内容書き出し)



日本では隠されている原発労働者の被曝問題を
1995年、イギリスのチャンネル4がドキュメンタリーにしたものです

イギリスBBCで放映されたフォトジャーナリストの樋口健二さんの「NUCLEAR GINZA」







稼働している原発がある限りなくならない現実です。


エル・ムンド[EL MUNDO:スペインの新聞 ]2003.6.8
調査報告/原子力発電所における秘密日本の原発奴隷

http://www.jca.apc.org/mihama/rosai/elmundo030608.htm

      ↑イギリスのドキュメンタリーと一緒にスペインの新聞に載った内容の記事も是非読んでください。

決して一般国民には知らされない 原発に関してマイナスになる事柄。
ここは開かれて自由の国だと思っていたけれど・・・
何故そこまで国民をだまし隠して原発を作っていくのか・・・

良く考えなくてはいけないと思いました





参考文献

  (1)巨大原子力産業がマスコミをコントロールしている
   http://www.ihope.jp/2009/07/02100614.html#more

  (2)40万人もの労働者が被曝した
   http://www.ihope.jp/2009/07/02113216.html#more

  (3)第5福竜丸以外にも1000隻近く被曝
   http://www.ihope.jp/2009/07/02220216.html#more

  (4)16歳の少年も原発で働いていた
   http://www.ihope.jp/2009/07/03104908.html#more

  (5)労働者が手作業で放射能を拭き取る
   http://www.ihope.jp/2009/07/06092753.html#more

  (6)隠された被曝労働 
   http://www.ihope.jp/2009/07/06150635.html#more

  (7)田中角栄と柏崎刈羽原発
   http://www.ihope.jp/2009/07/06150635.html

  (8)質疑応答よりとっておきの裏話を
   http://www.ihope.jp/2009/07/07130450.html#more

最悪のシナリオとその対処法を考える

ノーカット版はこちら→http://www.videonews.com

出演

飯田哲也氏(NPO環境エネルギー政策研究所所長)、
小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)、
青木理(ジャーナリスト)、
宮台真司(社会学者、首都大学東京教授)、
神保哲生(ビデオニュース・ドットコム代表)ほか





このCMを見て・・・



このCMに出て・・・良かったのでしょうかʅ( ~⊖◝)ʃワカラナーイ

薬丸裕英さんは子沢山だけど・・・
「子どものために」なんですね~。水も野菜も魚も肉も・・・空気まで汚染されて
親として推進されていたんですねΣ(゚д゚lll)ガーン!

「はなまるマーケット」の見方が変わってしまいそうですww






福島原発を見て浜岡原発を考える

今回の地震で私は愕然としました。
想像を絶する津波に多数の命を奪われ
その後、福島原発で今後はもっと数え切れないほどの命と生活を奪われる事になると思ったのです

便利な生活に慣れて楽しい事ばかり考えて過ごして来た毎日
初めて本当の恐ろしさを見た気がします

今、何かをしなくっちゃ取り返しがつかなくなると
心の底から思いました。

原発に関して
調べれば調べるほど不可解な事が多すぎます
国家は国民の安全を最優先に考えてくれるものなのではないでしょうか?
静岡県知事が浜岡原発は止めないと言ったそうです
原発の稼働や停止の権限は県にあるのですか?それとも国ですか??
地盤のしっかりしていないところに建つ浜岡原発は世界で最も危険だといわれています
福島原発の先がまだ不透明で不安は日々大きくなる中
最近多発している静岡方面の地震が気になります
もしも、もしも・・・・
直下型で大きな地震が来たら
もう、終りなのではないかと・・・・

日本の原発と地震←とても分かりやすく説明してあります

知らないって事は怖い事だと思います。
早急に対処が必要なのではないでしょうか?


設計者からの諌言「浜岡原発は制御不能になる」
2005/04/15
   ↓
   ↓
長文なので続きを読む(追記)にコピーしました。


続きを読む

地球規模での大気中の放射性リリースの分散モデル化

福島の原発から漏れている放射能の行方

ドイツで作られたものです。
日本の気象庁は何故???早急にみんなが見られるように作ってくれないのでしょう。
これを見て慌てるのではなく
これを見るから冷静に判断が出来るってこともあると思います






放射能が世界に広がる様子ですが、
何処まで真実性があるのかはわかりません





投稿者: jmzba | 作成日: 2011/03/20

Modeling the dispersion of radioactive releases into the atmosphere on a global scale.

According to this simulation, the cloud would now reached the north-eastern Siberia, the United States and western Atlantic. It should reach France from 23 or 24 March.

Merger expected to run from this model could be of the order of 0,001 Bq / m 3 in France and the overseas departments of the northern hemisphere. As expected, the southern hemisphere is not significantly affected by this large-scale dispersal.


(PCで翻訳)


地球規模での大気中の放射性リリースの分散モデル化

このシミュレーションによると、雲が北東シベリア、米国、西部大西洋に達するだろう。 これは、23または24月からフランスに到達する必要があります。

合併は、このモデルは、フランスで0001ベクレル/ m 3の北半球の海外部門のためのことができるから実行すると予想。 予想通り、南半球が大幅にこの大規模な分散による影響を受けません。





「命はほんとうに輝いている」菊地洋一氏

元GE技術者・菊地洋一さん講演

「命はほんとうに輝いている」

2003年3月31日 三重県海山町


続きを読む講演内容転記しました

続きを読む

未来を守りたい

「みんな楽しくHappyがいい」そう願ってこのブログ作りました
もともとはゲームの中の世界での事でしたが・・・現実が平和だったから・・・

本当は誰もが思っていたはずです
「原発」
何があっても大丈夫たという政府の言葉を本気で信じる事は出来なかった
そんなはずないから・・・

いつか・・・
きっと・・・
こんな日が来る事も予感していました

これは、選挙権をもった大人の責任です

下記のブログはもう、かなり前に書かれたものです

無知でいる事は恐ろしい事なんだと改めて感じています

なんとか、今の危機を脱して未来のある子どもたちとこの地球を守りたい。



http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html#page17

以下コピーします。
(ツイッターで流れたので本当のブログが見えなくなるかもしれないので)

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。