福島原子力発電で命を削っている作業員の方々に対してのひどい待遇

福島原発の作業員の過酷な現実
作業員の方の8割は被災者
堅いマットで布団なし、寒い体育館、食事はレトルト、シャワーもない
しかも、防護服を着たまま寝ています

素朴な疑問ですが・・・
高濃度の放射線核種の中で作業していたら
防護服にはセシウム等の放射線物質がものすごく沢山付いたままですよね
お風呂に入って洗浄もできないまま
高濃度の汚染された防護服をみんなが着てそのままいるという事は
原発から少し離れたとしても寝ている間も高濃度の放射線に被曝され続けていると言う事なのではないですか?

風呂無し、防護服のまま仮眠、食事は缶詰 原発作業員の過酷な労働環境



日本のために働いて下さっている方々です
最悪の水蒸気爆発を起こさないために命を賭けて作業して下さっている方々です

なぜ?
こんなにひどい事をするんだろう・・・・・

斉藤和義さんと思われる人物の替え歌がラジオで流れていました!

斉藤和義さんの「ずっとウソだった」
あの名曲が・・・なんと・・・

ラジオでON AIRされていました。
ON AIRした、吉田照美さんやディレクターさんはすごいです!



すごいネタなのに各局の民法のワイドショーが追いかけないのが信じられないです
このメディアの在り方に
北朝鮮よりも怖い日本じゃないかとフッと思ってしまいます

この歌は何度も言ってるかもしれないけど
原発震災の後で未来を見失っていた私に
勇気を与えてくれました

斉藤和義さん
本当にありがとうございます


吉田照美さんが言いました。

昨日インターネットの動画投稿サイトyoutubeに
シンガーソングライターの斉藤和義さんと思われる人物が
斉藤さんのヒット曲「ずっと好きだった」の歌詞を変えたバージョンの弾き語りを歌った歌が掲載ということで・・
(思われる?)確認した訳じゃないから・・・
斉藤さん自身だったら昔ボクのやる気満々のファンででいてくれた事がありますからね
曲のタイトルは「ずっとウソだった」
原子力は安全だと言い続けてきた政府やメディアを痛烈に批判する歌詞になっています
ビデオカメラ一台のみで収録されたと思われる
チョットお聞き苦しい音質化と思われますが
フルコーラスで曲に込められたメッセージを是非お聞きいただきたいと思います
斉藤和義さん、「ずっとウソだった」


~♫♪♬~♫♪♬

この国を歩けば 原発が54基
教科書もCMも言ってたよ「安全です」

オレたちを騙して 言い訳は「想定外」
懐かしいあの空 くすぐったい黒い雨


ずっとウソだったんだぜ やっぱバレてしまったな
ほんとウソだったんだぜ 原子力は安全です
ずっとウソだったんだぜ ほうれん草食いてぇな
ほんとウソだったんだぜ 気付いてたろこの事態


風に舞う放射能はもう止められない
何人が被曝すれば気がついてくれるの

この国の政府


この街を離れて うまい水見つけたかい?
教えてよ やっぱいいや もうどこも逃げ場はない



ずっとクソだったんだぜ 東電も北電も 中電も九電も もう夢ばかり見てないけど
ずっとクソだったんだぜ それでも続ける気だ
ほんとクソだったんだぜ 何かがしたいこの気持ち
ずっとウソだったんだぜ
ほんとクソだったんだぜ 
~♫♪♬~♫♪♬



斉藤和義さんで「ずっとウソだった」でした~
ありがとうございました
来週もみな様からのお手紙お待ちしています
お手紙は105-8002文化放送吉田照美「そこ大事なとこ」の係です


ニュースの深層4/19(火)

ニュースの深層4/19(火)
ゲスト:川内博史(民主党衆議院議員) 
司会:上杉 隆









たねまきジャーナル4/19/火★1.作業員からも工程表に疑問-2.Meltdownとは小出裕章助教授(内容書き出し)

小出裕章助教授に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]


【福島原発】2011/4/19/火★1.作業員からも工程表に疑問-2.Meltdownとは 1/2




【福島原発】2011/4/19/火★1.作業員からも工程表に疑問-2.Meltdownとは 2/2



続きを読むへ文字起こししました。

続きを読む

「原発震災が起こったら・避難の手引き」・・起きてしまったけど・・

これは2002年に東海地震が起きた時の浜岡原発について作成された文章です
今現在の福島原子力発電所の事故が起きる9年も前です
それでも、今これを読むと
進行中の福島の事のように思えます



原発震災が起こったら・避難の手引き

1、東海地震の短期予知はできない

2、警戒宣言発令まで

3、警戒宣言が出されたら

4、とつぜんの本震(大揺れ)発生で原発は?

5、大揺れとともに、情報と交通は途絶する

6、まず風向きを確かめよう

7、被ばくは4つの経路から。

8、遠方では、避難は「放射能雲」の通過後?

9、放射線検知機がたより

10、避難のめやす・・・500マイクロシーベルト/毎時で緊急避難

11、数100マイクロシーベルト/時間の被ばくでも小児甲状腺ガン

12、ヨウ素剤・・・5マイクロシーベルト/毎時

12、長期汚染による居住地放棄

内容は続きを読むに転記しました

続きを読む

原発放射能の基礎知識

改めて放射性物質、放射能について勉強してみようと思いました
とても具体的に分かりやすく書いてあると思います


原発放射能の基礎知識 ">原発放射能の基礎知識

1、原発の運転で、ウラン燃料棒の放射能の強さは使用前の10億倍になる

2、東海地震の震源域に莫大な放射能が・・・

3、放射性物質と放射線のちがい

4、放射性核種

5、放射能の強さはベクレル(Bq)であらわす

6、天然の放射性核種

7、原発の大事故で放出されるおもな人工放射性核種

8、放射線の害

9、放射線の測り方とあらわし方

10、総被ばく線量

11、一般人の年間被ばく「許容]限度

12、原発震災

上記の内容の具体的な説明は続きを読むに転記しました


続きを読む

土井淑平氏報告、「米帝の核開発と先住民とウラン被曝」

土井淑平氏報告
「米帝の核開発と先住民とウラン被曝」

~2/27ビキニデー56周年東京集会~

 ◇2010年2月27日 東京都杉並区の杉並産業商工会館にて        報告者:土井淑平
 ◇主催:2・27ビキニデー56周年東京集会実行委員会
本稿は2010年2月27日の2/27ビキニデー56周年東京集会における土井淑平の特別報告の内容です。



アメリカ合州国の核開発が1940年代以降のマンハッタン計画に始まり
マンハッタン計画以来これらナヴァホやホピの先住民が被曝し、
つぎつぎ肺ガンの犠牲になって死亡していったことについて
私は何も知りませんでした。

人形峠周辺でウランが採掘されたのは、1950年代後半から60年代にかけてで
坑道内のラドン濃度は、規制値の1000倍で、
そこで2週間働いただけで肺ガン死するという状況だったらしいのです

私には知らない事がまだまだたくさんあります

続きを読むに土井淑平氏報告、「米帝の核開発と先住民とウラン被曝」を転記します。

続きを読む

文部科学省が推進してるんですね・・・原子力発電・・・東芝と三菱と日立から献金?

へぇ~~~~w(゜o゜*)wマジ!?
このサイトは恐ろしいです
わたしは・・・絶句しました


文部科学省 原子力教育支援事業

平成22年度「原子力・エネルギー教育支援事業」の実施者が決まりました

文部科学省では、学校教育段階から原子力やエネルギーに対する理解を促進するため、
原子力やエネルギーに関する教育の取組への支援事業を行っています。

平成22年度においては、前年度に制作しました原子力に関する副読本の活用方法などの
教員向けセミナーや副読本に係わる副教材の作成、
優れた作品に文部科学大臣賞が交付される課題研究コンクールや原子力ポスターコンクールなどをはじめとする
各種支援事業の実施者と内容が決まりましたので、是非、ご活用ください。
(以下の【平成22年度「原子力・エネルギー教育支援事業」の実施者一覧】をご参照下さい。)

また、副読本の印刷、副読本を用いた授業の実施のための実験器具の購入や施設見学等の費用については
「原子力・エネルギーに関する教育支援事業交付金」を活用していただくことが可能です。

なお、この交付金では、電力消費地域における原子力の正しい知識の普及を推進するため、
原子力発電施設等が立地していない都道府県の交付限度額を増額することとしています。

これらもご活用いただき、指導の一助としていただければ幸いです。

平成22年度「原子力・エネルギー教育支援事業」の実施者一覧続きを読むに記載します

続きを読む

東京電力って・・・・><;

信じられない・・・信じたくない事実・・・
ウソつきだな~・・・東電(╬◣д◢)!


東電サイト「最大級の津波を想定」…事故1カ月後に削除2011年4月19日15時5分朝日新聞



東京電力が福島第一原発の事故を受け、自社のホームページ(HP)から
「想定される最大級の津波を評価し、重要施設の安全性を確認しています」などと紹介した津波対策の記載を、
事故後1カ月以上たった後に削除していたことが分かった。
東電は「従来の対策を掲載し続けることはおかしい、と(閲覧者から)おしかりを受けたため削除した」と説明している。


東電によると、13日にHPを一新した際、津波対策のページを削除した。
事故の後も、HPに「考えられる最大の地震も考慮して設計しています」などという対策が載り続けていることに対し、
閲覧者から非難の声が寄せられたという。

そのページには、津波対策として「敷地周辺で過去に発生した津波の記録を十分調査するとともに、
過去最大の津波を上回る、地震学的に想定される最大級の津波を数値シミュレーションにより評価し、
重要施設の安全性を確認しています」と記載。

イラスト付きで「発電所敷地の高さに余裕を持たせるなどの様々な安全対策を講じています」としていた。(木村俊介)


津波
削除された津波対策を紹介していたページ。
「様々な安全対策を講じています」などと記載されていた=東電のホームページから

「安全宣言」という風評・・・武田邦彦先生

全く武田先生のおっしゃる通りだと思います
そのままの状態でどれだけ汚染されているのか・・・その表示が信じられれば消費者は購入します
洗ってしまうとか基準値を上げるとか
変な小細工をするから信じられなくて
本当に安心かも知れない産地の物も購入するのを控えたくなってしまいます

基準は事故の起こる前の数値で
そのうえでこれだけ多いと表示がはっきりわかれば
子供達には食べさせなくても
私たち大人は食べることができます

いま、私は政府の言う事が全く信じられません
だから・・・福島産だけでなく茨城産、千葉産の野菜でさえ購入を躊躇してしまうのが事実です

以下武田先生のブログをそのまま転記しました。



原発 緊急情報(56) これから:「安全宣言」という風評


農業の方には悪いけれど、子供に野菜や牛乳を飲ませる親の立場で考えると次のようになります.

1) 政府は事故後、野菜の放射線を測る方法を急に変更し
「測定する野菜は、箱から取り出して、測定する野菜だけ流水で良く洗ってから測ること」という通達を出した。
この通達で野菜は全ての信頼を失った。
【理由】出荷時はまだ収穫直後なので、付着している放射性物質は容易にとれる.
だから、産地で良く洗ったら放射性物質がとれる野菜でも、
消費者が買うときにはこびり付いていたり、しみこんだりしているので取れない。
だから、今、表示されている野菜や農作物の放射線の値は、まったく信用できない.

2) 福島原発に近いところの人が、東京に来て「こんなに新鮮ですよ」といって野菜などを売っている.
これも信頼を失わせる行動である.
【理由】放射性物質がついた野菜も新鮮だ。
「新鮮だから安心」というのは、放射性物質が付着している場合はもっとも危険な判断である.
水俣病の時に、「水銀を含んでいる魚が新鮮だった」というのが悲劇を呼んだ.

3) 自治体が野菜などの一部の農産物の放射線量を「良く洗って」から測り、
「安全宣言」を出している.安全宣言を出した自治体の農作物は信頼できない。

4) 心ある農家から私のところにメールをいただく.そのメールには
「これまで消費者に安心して食べてもらうために全力を注いできた。その信頼を失いたくないが、
自分の畑でとれた野菜が安心なものか、どうしたら判るだろうか?」と悩んでおられる.

消費者も生産者も真剣です。

「流水でよく洗ってから測定しろ」という通達を出す政府が「風評」を作り出しています.
これまで普通に出荷している状態のまま、しっかりと測定し、「規制値以下」ではなく
「規制値の100分の1以下」の野菜だけを出荷すれば、風評は起こりません.

今、政府やメディアが言っている「風評」とは、
「汚染されていない野菜が拒否される」という本来の風評ではなく、
「汚染されている野菜を、いい加減な測定で売ろうとすると消費者が買わない」ということですから、
風評ではなく、至極、当たり前のことです。

それに足し算の問題があります。

周囲が汚染されていないときには、一つの食材だけに注目すれば良いのですが、
現在のような状態ではできるだけ放射性物質を含まない農産物を流通させる必要があります(すでに書きました)。

・・・・・・・・・

ということで、良心的な農業関係者と子供を持つ親は次のようにすることが望ましいと思います。

1. 「安全宣言」がでている野菜や牛乳は、生産地に限らず買わない.
「安全宣言」を出すということは土地が汚染されているからです.

2. 「流水で洗って測定した」という野菜などは買わない.

3. 当面、「洗わない状態」(通常の出荷状態)で測った放射線が規制値の100分の1以下の場合、
その数値と「汚染されていない」と表示するように、生産者と消費者で合意しておく。

4. 表示されていないとかそれができない間は、
福島産(本当は中通り、浜通だけだが、表示が福島産なら仕方が無いので)、
茨城産、栃木産、宮城産のものは購入しない。

ということでしばらく我慢するのが良いと思います.

北海道、青森、岩手、北陸、東海、近畿、四国、中国、九州、沖縄、外国産のものはすべてOKです。
群馬は安全宣言が出ましたので、やや問題です。

食の安全は人間にとってとても大切なことです。
放射性物質の汚染が起きた時には、汚染された土地からできたものは、

1. すべて危険、

2. 測定して、その結果が表示されていて、放射性物質を含まない農産品は安全(洗わないもの)、

3. 信頼できるルートで扱われているものは安全

ということです。

このことは、連休明けでもゆるめない方が良いと思います。連休明けにはほとんどの対策が不要になりますが、食材だけは残ります。これについては魚と共に何回かに渡って整理をしていきます.

・・・・・・・・・

この問題は、生産者側から考えますと、土地を汚染したのは生産者ではありません
生産者は被害者です.そして、放射性物物質で汚染された農産物を出荷すると、消費者が被害者になります。

加害者が痛むならまだ考えられますが、生産者も消費者も被害者になるのは問題です。

せめて生産者が自主規制して、消費者を被害者にしないように配慮した方が良いと思います。
放射性物質を含む野菜を「直ちに健康に影響がない」などと言うのは適切ではありません。

(平成23年4月19日 午後5時 執筆)


武田邦彦


政府の言う事を信じる事が出来る世の中に
はやくなって欲しいと心から願っています
風評という言葉は政府のいい加減な政策のせいで生まれた言葉です
そのせいで生産者も消費者も動きが取れない状態になっているのだと私は思っています


放射性物質捕まえる粉開発 汚染水を浄化も 金沢大教授らが開発

産経ニュースで希望が見えるお知らせです。

以下転記します。

放射性物質捕まえる粉開発 汚染水を浄化も 金沢大教授らが開発
2011.4.19 09:14

水に溶けた放射性のヨウ素やセシウム、ストロンチウムなどを、
効率良く捕まえて沈殿させる可能性のある粉末を、
太田富久金沢大教授(天然物化学)とクマケン工業(秋田県横手市)が19日までに開発した。
福島第1原発でたまっている、放射性物質で汚染された水の処理に応用が期待される。

粉末は、天然のゼオライトなど数種類の鉱物や化学物質を混ぜてある。
太田教授らは、放射性ではないセシウムを使って実験。
1~10ppmの濃度でセシウムを溶かした水100ミリリットルに粉末1・5グラムを入れて
10分間かきまぜると、セシウムをほぼ100%除去できた。
ヨウ素やストロンチウムでも同様の結果だった。

太田教授は「放射性であってもなくても、化学的な性質は同じなので応用は可能だ」と話す。
福島原発の高線量の汚染水でも、含まれる放射性物質の重量の割合は10ppm程度とみられる。
ヨウ素については100ppmでも除去できたという。

金沢大学粉末
金沢大などが開発した、水に溶けた放射性物質を効率良く捕まえて沈殿させることが期待される粉末
(太田富久金沢大教授提供)



今流して欲しいACのCM「ごめんなさい」

ACのCM、今たーくさん放送されているけど
コレ何回も流してくれないかなぁ~ʅ( ~⊖◝)ʃ



AC公共広告機構 ごめんなさい 昔話 市原悦子



政府と東電、安全保安員・・・・・・・



ラジオ たねまきジャーナル4/18★東電の工程表について 小出裕章助教授に聞く

小出裕章助教授に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]


【福島原発】2011/4/18/月★東電の工程表について 1/2



【福島原発】2011/4/18/月★東電の工程表について 2/2



続きを読むにラジオの内容の書き出しました

続きを読む

小出裕章氏原発学習会。浜岡原発は大丈夫?2011.04.16 Part2

無茶苦茶ショックです

小出裕章氏原発学習会。浜岡原発は大丈夫?2011.04.16の文字おこしを3時間ぐらいかけてほとんど終わった時に
パソコンがおかしくなっちゃって。゚(゚´Д`゚)゚。全部消えてしまいました><;

私は、内容をできるだけ書き出していますが
書き出す事によって自分も勉強になって
ただ見ているよりも深く理解できると思うので書き出しています

生活クラブ静岡での小出先生の講演は素晴らしかったです
もう一度、書き出したいと思っていますが
その中で一番印象に残ったのが(今まで数多くの原発に対する先生の話しを聞いてきた中で)
最後の質問タイムの内容でした

01:57:15頃
原子炉がこれだけ沢山出来てしまった推進派の利権の構造を教えていただきたい


小出先生はおっしゃいました

一番簡単な理由は電力会社が儲かったから
何でかというと電気料金が法律で決まっているから
普通は物を買う時に選ぶ事が出来る
でも、電気だけは選べない
電気の値段は電気事業法という法律で決まっている
必要経費と利潤が見合う金額を決めるようにと書いてある
利潤の決め方は電力会社が持っている資産の何%かきまっている
電力会社は金もうけをしようと思えば資産を持っていればいい
資産を持つためには原子力発電をつくること
一基作るだけで資産がものすごく増える

そこに三菱、日立、東芝の巨大産業が原子力発電所から利益を取ろうとして群がった
群がってやる時にどうしたかというと・・・

戦後米国がやった事は日本に原爆を作らせないために原子力の基礎物理学的な研究所を全て壊した
1952年のサンフランシスコ講和条約で初めて原子力の研究が許されたが、もう、間に合わないので
日本はアメリカから技術を買ってきたWH と GE
自分で作る技術ががないから・・・
加圧水型PWRは三菱
沸騰水型BWR東芝と日立

三菱は毎年1基原子力発電を作る事にした
東芝と日立は一年交代で1基作る
ほぼ20年間続いた
技術者労働者を張り付けて
そういう利潤を作って抜けられなくなった

20年間で20づつで1990年に40基できた
その後17基しか出来ていなくてメーカーは困っている
原子力から金儲けが出来なくなって
中国インド東南アジアの国に原子力を売りつけようとしている

世界では今は圧倒的に加圧水型PWRが多い
考えたのは東芝でウエスティングハウスを丸のみして三菱を蹴落とした8000億円位払った
蹴落とされた三菱はヨーロッパアレバでヨーロッパ型の加圧を作っているので、そこと結託して売り込み始め
ものすごい熾烈な戦いになっている

そういう構造があったために今日まで止まれなくなってしまったと言う事です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

資本主義の世界の企業の在り方に改めて考えさせられました

その他にも、30歳が平均で放射能物質がDNAに影響する話し
大人はもう細胞分裂がほとんどないから
福島産や放射能が付いている野菜魚を食べましょう
こんなふうに原発を作る世の中になったのは私達の責任もあるのだから
そして日本の農業や漁業をこのまま潰す訳にはいかないと言う想いがとても伝わってきました

その言葉にも痛く感銘しました

そのかわり子どもたちには綺麗な食べ物を与える

先生のお考えはもっともだと思います


今日はせっかく書き出した内容が全て消えて
私はショックだったけれど
何度も小出先生の話しを聞いて書き出していたので
とても有意義な時間だったと思っています
決してブラインドタッチが出来るわけでもなく
変換も変で時間もかかっていますが・・・Σ(゚д゚lll)

今回の講演はとても素晴らしいものでしたので
また、近いうちに書き出しにチャレンジしようと思っていますლ (。◕ˇε ˇ◕。ლ)

2時間を若干超える講演の内容ですが
ぜひ皆様にも聞いていただきたいと思います

もう一度ここに載せておきますd(◕‿-。) ネ❤




小出先生のお話しはいつ聴いても何回聴いても
心からの言葉に思えます
人間が人間として心の奥からの叫びだと思い、いつも共感しています

人は原点に帰って
人が生きるためには何が大事かを考えてみれば
何も迷うことなく、おのずと答が出てくるものだと思います

「危険な原発・登場の瞬間」 武田邦彦先生(中部大学)

日本人はもしかしたら本気で考えて作れば
今回の大地震にも津波にも負けない原子力発電を建てる事が出来たのかもしれない
原子力安全委員会は「余剰のリスク」という言葉や「想定外」で
国民の命を深く考える事を止めてしまったんですね・・・残念です。

以下、武田先生のブログを転記させていただきます。



原発深層流003 危険な原発・登場の瞬間


私はかつて原子力エネルギーに夢を持っていました。

日本は資源が少ない国でしたが、技術は世界一ですから、
何とかして技術力で日本人が豊かな生活ができるようにと思ったのです.

幸い、日本の原子炉(軽水炉)は水で中性子を減速するので、
内部に自動停止装置を持っているようなものですから、
「事故は起こらない」、つまり「原子炉は暴走しない」というタイプなのです.

原子炉ばかりではなく、耐震建築にしても、電気設備やコントロールにしても、
日本の技術や運転は本当に世界一と言って良いと思います。

だから、原発のような危険なものは世界で日本ができなければ、どの国もできないはずだと考えていたのです.

私が書いたかつての文章の中に
「原発は安全だ」というのがありますが、考えてみると「原発は安全だ」というのは正確ではなく、
「安全な原発を作る事ができるので、安全に作れば安全だ」という事だったのです。

・・・・・・・・・

そんな私の夢が大きく崩れたのが平成18年でした。
この年の9月、原子力安全委員会は次のような耐震設計の審査基準を出しました。

武田先生1


この指針は旧指針と呼ばれた昭和56年の指針を改定するのですから、全体としては優れたものだったのですが、
一つ、大きな欠点がありました。

それは、それまで「原発は絶対に安全に作る」というのが基本だったのですが、どうも大きな地震が来ることもあって、
「想定外」のことが起こる場合、それを「残余のリスク」という言葉で処理しようという事になりました。

「安全な原発を作る事ができるのに、不安全な原発を作れる言葉」を役人が発見したのです。

つまり、「残余のリスク」という聞き慣れない言葉の登場です。

武田先生2


それまでの考え方=「絶対に安全」、というのもやや矛盾するところがあるのですが、
かといって、電力会社が「災害の想定」を行って、
それより大きな場合は、「仕方が無い」ということで「大量の放射性物質が漏れ」、
その結果「付近住民が著しい被ばくをする(説明書にある)」というのは到底、納得できません。

・・・・・・・・・

このことが日本の親として知らなければならないのは、
「福島原発以外の原発も、耐震や津波、台風、大雨・・すべて「想定外なら被ばく」という考え方」で
作られているという事だからです。

こんな奇妙な指針ができたのは、
推定ですが経産省が原発の安全性の責任を持ち、安全院なるものを作ったからと思います.

1) 原発は推進したい、

2) でも事故が起こったときには責任はとりたくない、

3) 自分の任期の間には地震は起こらないだろう、

というのが役人の考えだからです.

かくして私は2年ほど前、幻冬舎から「偽善エネルギー」という本を出し、そこで、次のように書いています.

武田先生3


福島原発の事故が起こってから、幻冬舎の編集者はこの文章を思い出して読み、背筋がゾッとしたそうです。

これは予言でも何でもないのです。
「日本の原発は地震や津波で破壊されるようにできている.
その時には電力会社のヘマを付近住民の被ばくという形で片付ける」という方針だからです.

福島原発は「方針どうりの結果」で、「想定外だから、大量の放射線がでて何が悪い」というのが
保安院の態度に出ています.また、知事さんも市長さんもこのことはご存じです.

もし、電力会社の社長さん、知事さんが自ら「自分のところの原発は不安全だ」と宣言して、
情報を出し、地元に説明をしたら、これからの日本は繁栄し、安全な社会になるでしょう。

その点で、今は正念場です.

(平成23年4月17日 午後2時 執筆)
武田邦彦

頼れる仲間プルト君――プルトニウム物語

頼れる仲間プルト君――プルトニウム物語

プルト君のセリフを書き出してみました

この中には

傷口などから血液の中に入った場合は
プルトニウムはまずリンパ節に集まりその後骨や肝臓に移りα線を出し続けます

吸い込まれた場合一部は
肺にはいりこんだものが骨、肝臓などに移りながーい間にわたってα線を出し続けます

動物実験の結果からは、プルトニウムが血液や肺の中に入った場合
何年も何十年も経ってからの発がんの可能性が指摘されています


など、恐ろしい事もちゃんと話していますが・・・すかさず

プルトニウムが原因で癌になったと断定された例は全くありません

となります。

プルト君の幼いあどけない感じの声やBGMの効果で
何度も聞きながら書き出していても
危機感よりもプルト君は悪くないような・・・大丈夫なような・・・
そんな気分になる感じがしました

こんなふうに危険な事は言っているのに
それが危険だと思うよりも、管理されているし、吸い込まなければ大丈夫なんだ
それよりも力になるプルト君なんたと・・・

思い込まされてしまうテクニックが・・・・スゴイっ!と思った私ですww








プルト君のセリフ完全無欠の形で書き出しました。

続きを読む

ニュース・コメンタリー 2011年04月16日 解説:小出裕章氏

ニュース・コメンタリー (2011年04月16日)

福島原発最新状況分析
レベル7でも事態の矮小化に躍起な政府とメディア
解説:小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)

今週も東京電力福島第一原発で大きな動きがあった。
原子力安全・保安院は12日、福島第一原発の事故を、
原子力施設で発生した事故の深刻度を示す国際評価尺度(INES)による暫定評価を最悪のレベル7に引き上げた。
また、東京電力は13日の会見で、4号機の使用済み核燃料プール内の燃料棒が一部破損していることを認めた。

京都大学原子炉実験所の小出裕章助教は、
政府や東京電力が事故をなるべく小さく見せようとして最初に「レベル4」とし、今頃になって「レベル7」にしたと言う。
燃料棒の破損に関しても、3月15日に4号機が水素爆発を起こした段階で燃料棒は損傷していたのではないかと疑う。

再臨界については、クロル38とともにナトリウム24という放射性核種も検出されなければならないが、
東京電力はナトリウム24の検出については、データを出していない。
今後発表されるはずの核種分析の調査結果の中に、クロル38とナトリウム24があれば、
再臨界が発生していると考えていいと述べる。

今週のニュース・コメンタリーでは、小出氏のインタビューをもとに、
神保哲生と大阪大学准教授の平川秀幸が
福島原発の現状とその現状を小さく見せようとする政府や東京電力、メディアのあり方について議論した。

今週のニュースコメンタリーは通常の更新時間を早めて、16日16時30分より無料で公開いたします。

無料放送中>>>
(50分) 

クリックすると画面が開いて動画が見られます。

続きを読むに、内容を書き出しました

続きを読む

東洋経済・・福島第1原発事故による放射能汚染

続きを読む

首相官邸の原子力災害専門家グループ

原子力災害専門家グループからのコメント「チェルノブイリ事故との比較」にあまりにも驚いたので
政府についている専門家グループの名前を保存しておきたくなりました


原子力災害専門家グループ

原子力災害専門家グループについて
グループの構成員は以下の8名(五十音順)です。
  ・遠藤 啓吾  京都医療科学大学 学長
  ・神谷 研二  広島大学原爆放射線医科学研究所 所長
  ・児玉 和紀  (財)放射線影響研究所 主席研究員
  ・酒井 一夫  (独)放射線医学総合研究所 放射線防護研究センター長
  ・佐々木 康人 (社)日本アイソトープ協会 常務理事(前 放射線医学総合研究所 理事長)
  ・長瀧 重信  長崎大学名誉教授(元(財)放射線影響研究所理事長、国際被ばく医療協会名誉会長)
  ・前川 和彦  東京大学名誉教授
          (独)放射線医学総合研究所緊急被ばくネットワーク会議委員長、放射線事故医療研究会代表幹事)
  ・山下 俊一  長崎大学大学院医歯薬学総合研究科長

「原子力災害専門家グループ」は、今般の原子力災害に関し、
  ・被災者の避難、受け入れの際の安全確保に関すること
  ・被災者の被ばくに係る長期的な医療、健康管理に関すること
  ・その他、放射性物質に関する人体への影響一般に関すること

  等について、外部の専門家として、随時、官邸に対する助言を行って頂いています。

原子力災害専門家グループからのコメント

●第一回 「放射線の規制値と実際の健康への影響」 (平成23年4月7日)
     (酒井 一夫・(独)放射線医学総合研究所 放射線防護研究センター長)
 
●第二回 「どうして同心円?」 (平成23年4月13日)
     (酒井 一夫・(独)放射線医学総合研究所 放射線防護研究センター長)
 
●第三回 「チェルノブイリ事故との比較」 (平成23年4月15日)
     (長瀧重信・長崎大学名誉教授(元(財)放射線影響研究所理事長、国際被ばく医療協会名誉会長))
     (佐々木康人・(社)日本アイソトープ協会 常務理事(前 放射線医学総合研究所 理事長))


ありえない!!!首相官邸のホームページ

首相官邸のホームページです

これを見て驚きました
信じられません
この比較のし方って・・・・・



原発官邸

チェルノブイリ事故との比較

                                             平成23年4月15日

チェルノブイリ事故の健康に対する影響は、
20年目にWHO, IAEAなど8つの国際機関と被害を受けた3共和国が合同で発表し、
25年目の今年は国連科学委員会がまとめを発表した。
これらの国際機関の発表と福島原発事故を比較する。


原発内で被ばくした方

*チェルノブイリでは、134名の急性放射線傷害が確認され、3週間以内に28名が亡くなっている。
その後現在までに19名が亡くなっているが、放射線被ばくとの関係は認められない。
*福島では、原発作業者に急性放射線傷害はゼロ、あるいは、足の皮膚障害が1名。


事故後、清掃作業に従事した方

*チェルノブイリでは、24万人の被ばく線量は平均100ミリシーベルトで、健康に影響はなかった。
*福島では、この部分はまだ該当者なし。


周辺住民

*チェルノブイリでは、高線量汚染地の27万人は50ミリシーベルト以上、
低線量汚染地の500万人は10~20ミリシーベルトの被ばく線量と計算されているが、健康には影響は認められない。
例外は小児の甲状腺がんで、汚染された牛乳を無制限に飲用した子供の中で6000人が手術を受け、
現在までに15名が亡くなっている。
福島の牛乳に関しては、暫定基準300(乳児は100)ベクレル/キログラムを守って、
100ベクレル/キログラムを超える牛乳は流通していないので、問題ない。


*福島の周辺住民の現在の被ばく線量は、20ミリシーベルト以下になっているので、放射線の影響は起こらない。



一般論としてIAEAは、
「レベル7の放射能漏出があると、広範囲で確率的影響(発がん)のリスクが高まり、
確定的影響(身体的障害)も起こり得る」としているが、
各論を具体的に検証してみると、上記の通りで福島とチェルノブイリの差異は明らかである。


長瀧重信 長崎大学名誉教授
    (元(財)放射線影響研究所理事長、国際被ばく医療協会名誉会長)
佐々木康人(社)日本アイソトープ協会 常務理事
     (前 放射線医学総合研究所 理事長)





元原発技術者菊地洋一さん中部電力靜岡支店で訴えた

福島原発、浜岡原発を作ってきたの菊池洋一氏
直下型がきたらスカートは持ちますか?計算はどうなっていますか?
中部電力で語られるその姿は真実を語る姿そのものです
お話しを聞いて改めて深く考えさせられる物があります

心からの叫び!元原発技術者菊地洋一さん中部電力靜岡支店で訴えた



(以下投稿者の方の説明文転記)
元原発技術者の菊地洋一さんが中部電力靜岡支店への浜岡原発停止の署名を提出行動に参加してくださいました。
思わず、話し始めた菊地さん。その迫力にその場にいたものすべてが氷付くほどだった。
その原発を創ってしまった者の心からの叫びを傾聴していただきたい。
その言葉を受け止めた中部電力靜岡支店の幹部の方々は、どう感じたのだろう。
2011年4月15日

続きを読む

小出裕章氏講演「何としても止めたい浜岡原発」04.16 (内容書き出しました)

小出裕章氏原発学習会(主催:生活クラブ生活協同組合・静岡)2011.04.16  12:09AM

生活クラブ生活協同組合の食品はとても安心できるので
私はいつも購入しています
小出先生の講演を聞く事が出来た静岡の皆さまは本当に幸せだなって思っています。

6分頃から小出先生の講演が始まります


内容を書き出してみました

続きを読む

東日本大震災:セシウム浄化技術、開発 汚染水に顔料混ぜ--東工大チーム

明るい未来のお知らせです
人間の力を信じて前向きに生きて生きたい
やっとそんな気持ちが私の中に少し芽生えてきました。



東日本大震災:セシウム浄化技術、開発 汚染水に顔料混ぜ--東工大チーム

医薬品などに使われる市販の顔料で、原子炉から発生する放射性物質のセシウムに汚染された水を浄化する技術を、
東京工業大原子炉工学研究所長の有冨正憲教授(原子力工学)らのチームが開発した。

東京電力福島第1原発の事故で発生している汚染水の処理のほか、
周辺の池や沼の浄化にも活用できるといい「一日も早い地域の生活、農業再建に役立てたい」としている。

チームは、青色顔料の一種「紺青」の主成分「フェロシアン化鉄」に、セシウムを吸着する働きがある点に着目。
汚染水に顔料を混ぜ、遠心力で分離した後、セシウムとともにフィルターでこし取るシステムを開発した。

実験では、化学的な性質が同じで放射線を出さないヨウ素、セシウム、ストロンチウムを海水に混ぜ
同原発の高濃度汚染水に相当する模擬汚染水(ヨウ素、セシウム各10ppm=1ppmは100万分の1)を再現。
模擬汚染水100ミリリットル当たり顔料1グラムを入れたところ、
検出されたセシウムの濃度は1万分の1以下となり、ほぼ100%除去できた。

ヨウ素とストロンチウムは除去できないが、
ヨウ素は半減期が8日と短いため問題は小さく、
ストロンチウムもセシウムに吸着する性質を使い除去率を上げることは可能だ。

泥水の浄化などに使われる既存の可動式装置を使えば毎時最大300リットルを処理でき、
処理後の水は原子炉の冷却水に再利用する方法が考えられるという。

有冨教授は「福島原発で発生している汚染水に適用が可能だ。土壌の浄化にも応用したい」と話す。
                                             【八田浩輔、須田桃子】



原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」 J-CASTニュース 4月16日(土)13時22分配信

とうとうこの時が来ました
先生方、勇気を出して下さって本当にありがとうございます。

この内容はテレビのニュースで放送されるでしょうか?
メディアの反応を確かめてみたいと思っています

原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」
                       J-CASTニュース 4月16日(土)13時22分配信

東京電力の福島第1原子力発電所の深刻な事故を受け、
政府の原子力安全委員会の歴代委員長を含む原発推進派学者の重鎮たちが
原発の「安全神話」崩壊に懺悔を繰り返している。

特に元原子力安全委員長の松浦祥次郎氏や前原子力委員会委員長代理の田中俊一氏ら
原発推進の学者16人がこのほど、異例の緊急提言を行った。

「原子力の平和利用を先頭だって進めてきた者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝する」
との謝罪を前面に掲げた提言の内容は
政府や東電の発表よりも今回の事故を深刻に受け止めており、緊迫感が伝わってくる。



  以下、続きを読むに内容を転記します

続きを読む

[原発深層]信用できる人、できない人 。

いつも私がなんとなく感じていた事を
武田先生がはっきりと書いて下さいました
ありがとうございます。

下記に武田邦彦先生(中京大学)のブログを転記させていただきます


原発深層流001 信用できる人、できない人 その1



福島原発の事故から1ヶ月が経ちました.

放射性物質は「半減期」というのがありますから、
原発の西北や南の近い場所を除いて、これまでなら普通の生活に戻れるところですが、
事故後の処理に手間取っているので、連休明けに向けて準備をする期間です.

とりあえず、汚染された身の回りのものや部屋を綺麗にしておくことで、
念のため洋服なども外でブラシをかけておくなどの後始末をすることが有効です.

また、連休明けからの水や食材の選択などは来週ぐらいから書きはじめますが、
これからの準備の一環として、少し深く理解をしておきたいと思います。

その参考にしていただくために「原発事故の深層」を覗いてみます.

・・・・・・・・・

原発について「日本政府」はまったく信用できません.
福島の教育委員会は
「政府が安全と言っているから、児童生徒を被曝させても良い」などと言っていますが、困ったものです。

政府が信用できないのは、主として次の2つの事実です.

第一・・・3月20日には判っていたのに、4月10日頃になって「福島原発の事故はレベル7」と発表したこと、

第二・・・原発の傍の海から規制値の3355倍の放射性ヨウ素が検出されたのに「健康に影響が無い」と言ったこと、

の2つです。


福島原発のことについて、政府、原子力安全委員会、保安院の言ったことはすべて信用できません.
もっとも良いのはテレビなどでの彼らの会見を聞かないことです。

人間は、ウソと判っていても繰り返し聞くと、ついつい信用してしまいます.
また、ウソの中でも「自分が納得するもの」を「本当のこと」と思ってしまうことがあります。

・・・・・・・・・

原発事故にはレベルをつけることで、直感的な整理や判断をするようになっています。
一つ一つの事故をよくよく考えることができれば、レベルなどを設定しなくても良いかも知れないのですが、
多くの人が関係する世界的なことはレベルを決めて分類したり、整理したりすることが大切だからです。
そして、人はそのレベルを見て、「どのぐらいの事故だ」と判断し、自らの行動に活かすのです。

仮に政府が国民のことを考えていれば、3月20日に「レベル7」を宣言したでしょう.
そうしたら、多くの人がより早く遠くに移動して被曝を避けられたかも知れません。

また近くの小学校などでも開校を遅らせたりする根拠が得られますから
子供達の健康を守ることができたかも知れないのです。

しかし、現実的には日本政府は20日も隠していました。
その理由として官房長官は「(日本人が被曝することより、)パニックが怖かった」
という趣旨の事を会見で言っていました。

もし、自分の子供が原発の近くにいて、自分の手元に「大量の放射線がでた」という報告が来たら、
奥さんに電話するでしょう。
つまり、日本政府は日本人を守ろうとはしていないのです。

・・・・・・・・・

原発の近くの海から基準値の3355倍の放射性ヨウ素が検出されたとき、
保安院は記者会見で「健康に影響がない」と言いました。

このような「真っ赤なウソ」が白昼堂々とテレビで放映され、
ニュースで流れるという現状を「信用しろ」と言っても無理です.

規制値や基準値と言われるものは若干の安全性を含んでいます.

それは、社会には赤ちゃんや妊婦、それも病気で治療や検査のために放射線をあびたばかりという方もおられます.
だから、「やや安全サイド」で数値が決まっていますが、極端に安全側ではありません。

たとえば、一般の人の被曝線量の限界は1年間に1ミリシーベルトになっていますが、
その3355倍というと、3シーベルトを越え、50%の人が即死(急性疾患で死亡)するような放射線量になります。

基準値の10倍ぐらいまでなら、短期間に被曝しても回復することができますが、
さすが3355倍ではどうにもなりません。
会見で「健康に影響ない」と発言した人は、まず自分の大切な人を海水浴に誘ってください。

私は普通はこのようなことを言いません。
規制値の3355倍の海で大切な人と一緒に楽しめるでしょうか? 
でも、今回ばかりはどうしても言いたいのです.

怒りがこみ上げてきます.

保安院の審議官は、日本国民を人間と思っていないのです。
ただ、自らの保身のために
「自分の言ったこと(3355倍は安全だ)を信じて、赤ちゃんを海水浴させて死んでも良いです」と言っているのです.

保安院が解散されないのが実に不思議ですし、
あのときの会見は「表現の自由」に基づくものではなく、
「国家権力を使った騙し」ですから、
検察は直ちに逮捕しなければならないでしょう。

・・・・・・・・・

政府の発表は空間線量も含めてまったく信用できません。
空間線量はできるだけ計測器を持っている人がネットで発表し、それを使いたいと思います.

1時間で0.6マイクロシーベルトより高いところには近づかず、
1時間で0.11マイクロシーベルト以下のところは安心して生活するという「ケジメ」をハッキリつけたいと思います.

若い女性も放射線の感度が高いのですが、
それでも「スーパーに行けば自分で安全なものを選ぶことができる」のですが、子供は一切、できません。

教育委員会のように
「政府を信じたのだから、子供が病気になっても責任はない」などという無責任なことにならないように、
「信用できない政府」を「信用しないこと」が大切でしょう.

・・・・・・・・・

(政府の小さなウソの一例・・政府の発表を信じていると、奇妙なことになって困っている人が多いから)

1) 自然放射線は年間1.4ミリシーベルトなのに、2.4ミリシーベルトと言った(多く見せるウソ)。

2) 東京―ニューヨーク間の航空機の被曝は普通は100マイクロシーベルトなのに、特殊例で200マイクロシーベルトと言った(多く見せるウソ)。

3) 100ミリシーベルトは職業人の被曝限界(5年間)なのに、一般人(赤ちゃんを含め)に「健康に影響がない」と言った(法律違反).

4) CTスキャンなどは医療行為でやむを得ず被曝する(それだけの危険を冒す必要性を医師が判断した場合に限る)のに、一般人が被曝する量をCTスキャンと比較した(違うものを比較).

5) 炉心が破壊されていないとでない核種が検出されているのに、「炉心は破壊されていない」と言い続けた。

6) 魚に蓄積するもっとも危険なストロンチウムを測定せずに、「魚は安全だ」と言った。

7) 放射性物質で汚染された土地の作物は汚染されているのに、官庁の食堂で出したり、販売を促進したりした。

8) 福島第一の1号機、3号機、4号機の爆発の映像の発表を、(おそらく)NHKはじめマスコミが報道しないように圧力をかけた(国民が原発の状態を知るもっとも大切な映像をメディアは流さなかった。ネットで見ることができるが)

9) その他、数え切れない.


(平成23年4月15日 午前11時 執筆)                        武田邦彦


「福島県人差別」の原因を作っている人たち

武田邦彦先生(中京大学)がとても大切な事を書いて下さいました
ここにそのまま転記させていただきます


「福島県人差別」の原因を作っている人たち




福島県人の「差別」が進んでいます。
福島県人が避難してくるのをいやがったり、酷い例では福島県人の診療を拒否する病院すらあります。

言うまでもありませんが、福島県の人は他の都道府県の日本人とまったく同じで、クリーンです.

でも、これほどバカらしいことが「科学技術立国」の日本で起こるのは、それを仕掛けている人がいるからです.

・・・・・・・・・

1) 日本政府が「福島県人から放射線がでている」と言ったから

 
ある時、テレビを見ていましたら、福島原発の近くの人たちが「被ばくしているかどうか」ということで、
「体の外側から放射線の測定器をあてて」、「被ばくを測定する」という映像が何回か流れました。
そして、「体から放射線が出ていない人は、被ばくしていません」と言っていました。

これを見た素直は人なら、次のように受け取るでしょう.

「へえー! 被ばくしているかどうか外から判るの!? なら、その人から放射線がでているのね! 福島県の人は被ばくしているから、近づくとこっちが被ばくするのね!」

福島県人が「被ばくしていない」ということを宣伝するために、このようなトリックを日本政府がやったのですが、
それは「福島県人から放射線がでている」と言ったも同然であることに気がついていません.

それに対して私は、
「体の外から測っても、その人の被曝量は測ることができません。あれは「洋服についているチリ」を測っているだけです。
被ばくはDNAを観測しなければ判りません.」と言いましたが、
なにせ個人の力なので、多くの人は政府の言ったことを信用しています。

また、精神的にも打撃を受けている福島のお役所に悪いのですが、
もっと積極的にこのような非科学的な報道について是正を求めるべきです。



2) 日本政府が放射線と放射性物質の区別をごまかしたから


原発事故で大切なのは、「被ばくは「原発からの放射線」ではなく、
「放射性物質からの被ばく」である」ことを理解する事です.

これが間違っていると、誤解が生じるので、そのうちに「福島県の人は・・・」という事になります。
すべてが正しくないと差別が生まれます.

まず、距離の2乗に反比例する「放射線」が問題ではないので、「原発からの距離」で規制するのを止めることです.
それなのに、日本政府も福島県も「原発からの距離」を言っているので、
他県の人は「距離が近い福島県の人は危ない」と思ってしまうのです.

「距離」ではなく「風向き」ですから、それも福島県自体がハッキリしないと誤解は解けないと思います.
また、「放射性物質」からの被ばくですから、
福島県人は「放射性物質」ではないので、被ばくの原因にはならないと科学的に説明しなければなりません。



3) 福島県知事や川崎市長が原因を作る


福島県知事は「福島産の野菜は安全だ」と言いましたが、
「福島産の野菜」となると放射性物質が含まれているものがあることは間違いなく、
正しくは「福島産の野菜で放射性物質を含んでいないものもあるので、区別して欲しい」というのは科学的です.

福島産の野菜がすべてOKということではないので、
「放射性物質が含まれていない野菜だけを出荷します」と知事が言えば、
科学的に合理的なので、他県の人は納得します。

また、川崎市長が「福島の瓦礫を川崎に受け入れる」と表明しました。
「福島の瓦礫」でも「放射性物質がついているもの」と「いないもの」がありますので、
これも不信感を増大させました。

福島の方は東電の「被害者」ですが、
当然、郷土に対する強い愛情がありますから、
時として「福島は汚染されていない」というような発信があるのですが、
哀しいことに「福島の一部は汚染されている」のは確かです.

それを福島県の人が認めることも、これから子供達も含めて差別が起こらないもっとも肝心なことと思います.

つまり、「福島県人が差別される」というのは「非科学的なこと」で、
あってはいけないのですが、
もし「政府や福島県の人が非科学的なことを言う」と、どうしても非科学的な差別が生まれるでしょう.

福島県の人が、勇気を持って事実を見つめ、郷土を守る強い決意を持っていただければと希望します.




(平成23年4月15日 午後2時 いそいで執筆)               武田邦彦


「浜岡原発を止めよう」デモより・・・4/10

2011年4月10日、アフガニスタンの劣化ウラン弾に詳しい方のスピーチです。




スピーチの内容(抜粋)

アフガニスタンで私達はアメリカ軍使ったの劣化ウラン弾の被曝した子供たちについて調べました
そこよりも東京の方が放射線が高い
アフガニスタンのインディアナ病院に行きました
手が4本脚が4本ある子どもがいました
その原因は分かりません
しかしそういう子供はアフガニスタンにもともとそんなに沢山いたわけではない
おそらく劣化ウラン弾
ウラン238の影響ではないかと想像しています
ウラン238劣化ウランはウラン235を濃縮する段階で生まれる
天然のウランは0,7パーセントしかウラン235を含みません
99,3%はゴミなんですそれがウラン238です
ウラン238はゴミとして捨てられ劣化ウラン弾として兵器になり
アフガニスタン、イラク、コソボの人達を苦しめてきました
しかしそれが放射能が私達に戻ってきました
原子力発電所でいらなくなったゴミが兵器になって世界の人達を苦しめている
私たちもまた苦しむ立場になった
核のない世界というのは原子力発電、兵器全てを含むと思います
もともと原子力は平和利用なんて考えてなかった
核兵器を作って何かほかに利用できないかと考えて作った人間の浅知恵の結果
そろそろここから抜け出なければ人類は生きていけません
変えなければいけません
東電が政府が御用学者がマスメディアが自分たちで変わらないのなら私達が変えなければいけない
どうしても変わらないなら取り変える
なぜならこの国の主役は国民です
そのことを改めて要求することを要求し変えていく事は変えていくのが
私達の責任であり私達の次の世代のために残していかなければならない
地球であり、未来だと思います

黙っていては平和も明るい未来は天からは降ってこない
私達が作りあげていく
民主主義ってそう言う事・・・・


4/15東京電力の記者会見1日のまとめ。

東京電力記者会見4月15日のまとめです

2分経過後位から話しが始まります。


以下続きを読むに声を起こしてみました

続きを読む

仮払い補償金に関する会見 清水社長出席

仮払い補償金に関する会見 清水社長出席2011.4.15.11:00東電1階会見


4/14汚染水の循環と被曝限度量の基準について 小出裕章先生ラジオ

福島原発事故の現状について 京都大学原子炉実験所小出裕章先生に聞く

Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]


【福島原発】2011/4/14/木★汚染水の循環と被曝限度量の基準について 1/2



【福島原発】2011/4/14/木★汚染水の循環と被曝限度量の基準について 2/2


小出先生の声をお聞きしていると最近とてもお疲れの様子を感じています。

続きを読むに声を出来る限り起こしてみました。

続きを読む

松本市長菅谷昭氏の定例記者会見とNHKプロジェクトX挑戦者たち~

チェルノブイリ原発事故で放射能汚染に晒されたベラルーシで
5年半医療活動を行った松本市長の定例記者会見での福島原発事故に関するコメントです。

松本市長の菅谷昭氏はNHKのプロジェクトX で取り上げられ出演されています。



松本市長 菅谷昭氏 2011/3/22 定例記者会見 内部被爆に関するコメント 1/2


松本市長 菅谷昭氏 2011/3/22 定例記者会見 内部被爆に関するコメント 2/2


プロジェクトX挑戦者たち での報道内容等は続きを読むに書きました

続きを読む

海と魚について・・・武田先生

武田邦彦先生のブログです。


原発 緊急情報(53) 海と魚

福島原発の事故レベルが7になり、多くの人がビックリされていますが、
3月中旬に起こった最初の2回の水素爆発で、1時間1万テラベクレルの放射性物質がでていましたので、
実は3月中旬の時期でレベルは7だったのです。

でも、その頃にはまだ政府は「健康に影響はない」などと言っていたので、
レベル7にしませんでした。民主主義の世の中なのに、政府は情報操作をしたのです。

まったく、国民不在の事故対応で、
その結果、浪江町をはじめとした近隣町村の人を中心として初期被曝をされたので、実に残念です.

また、国際的にも大きな不信感を買いました。

それに加えて、福島原発がこれまでのチェルノブイリと違うのは、
「海に直接、放射性物質が放出された」ということす。
これは日本の漁業への影響ばかりではなく、「海」は「世界につながっている」という点で、
さらに難しいことになっています。

・・・・・・・・

難しい事が起こりつつあります。

原子炉では、ウランから、ヨウ素、セシウム、ストロンチウム、バリウム、プルトニウムなどができるのですが、
最初には、飛びやすいヨウ素、セシウムがでます。

次に、ストロンチウム、プルトニウムなどやや飛びにくいものがでるのですが、
今回は原発から直接、海に流れたので、
海には「ヨウ素、セシウム、ストロンチウム、それにプルトニウム」が流れたと考えられます.

ところが、最初の段階で放射性物質の測定間違いがあり、
それを怒られたので、(むくれて?(理由不明ですが))今では、ヨウ素とセシウムしか報告されていません.

・・・・・・・・・ちょっと解説・・・・・・

原子炉の中では、ウラン235(235という数字が意味がある)が、約90と約140の2つの元素に「分裂」します。
これを「核分裂」と言います.

実に簡単で、単なる数字の足し算でわかります。

つまり、約90+約140=約230で、
それに少しの中性子(3ヶ)がでて、約90+約140+約3=約235 という訳です.

だから、ヨウ素131、ストロンチウム90、セシウム137など、「放射性物質」というと、
約90のものと、約140のものが目立ちます。

ウラン235が二つに分かれてできるものが、放射線を持っていなければ良いのですが、
残念ながら、それもまたすぐ分解して強い放射線を出すから、問題が起こります.

これが「放射性物質の汚染」の実態です。

・・・・・・・・・・・


ということで、海には、「ヨウ素、セシウム、ストロンチウム、プルトニウム」がでます。

チェルノブイリのように、まずは空中とか土に落ちて、それが徐々に海に移動するというのではなく、
福島原発では直接、海にでます。

今、魚からヨウ素とセシウムが検出されて、基準を超えていますが、
もしかするとストロンチウムやプルトニウムも基準を超えているかも知れません。

さらに、福島の海岸は沖の黒潮と海岸の間に「南下する沿岸流」があり、
少なくとも銚子までいきます。
そこで働いてきた漁業の方には大変、申し訳ないのですが、事実は次のように進むでしょう.

1) 海には、ヨウ素とセシウムの他に、ストロンチウム、プルトニウムも含んだ汚染水が流れた。

2) ストロンチウム、プルトニウムはまだ測定されていない。

3) 測定しているヨウ素、セシウムは基準値を上回っていた。

4) ごく一部の海や魚しか測定されていない。

5) だから、福島沖から茨城沖、千葉沖でとれる魚を食べることはできない。

6) 特に、海底に沈むセシウム、ストロンチウム、プルトニウムは魚ばかりではなく、貝、海藻にも取り込まれる.

7) 海外で日本製の魚を拒否しているのは、測定していないからで、理屈にあっている。

8) 放射性物質で被曝しないためには、「測っていないものは食べない」ということが大切だ。

9)  千葉から南の湘南まで海が汚染されるのは1ヶ月ぐらいかかると思うが、測っていないので、判らない。

10) 福島から湘南までの海での釣り、サーフィンを含めて「測定されるまで」は気をつけた方が良いだろう。

11) 現在は小魚、そのうち中型、さらに4ヶ月後から大型の魚に放射性物質が取り込まれる(大型の魚の放射能が増えるのは6ヶ月後).

12) ヨウ素が初期、セシウムも早くて肉に蓄積するが、ストロンチウムやプルトニウムは骨にたまるので、小魚のように「骨ごと食べる」ものはやめておいた方がよい。

13) 北海道、四国沖、九州、日本海の魚はまだ大丈夫.もしこれらの地域が汚染され始めたら、このブログで報告します。

・・・・・・・・・

測定値がなければ食べることができないのは、放射性物質の汚染の鉄則ですから、「風評」ではありません。

お魚を買うときには、「どこでとれたか?」を聞くのが、まず第一。
もし外国産、北海道、四国沖、九州、日本海の場合は測定値がなくても食べられます.

その他の産地のばあい、
「ヨウ素、セシウム、ストロンチウム、プロトニウムの測定値が表示されているか?」をチェックしてください。
まだ、測定されていないので、現在のところ、表示されたものはないはずです。

(平成23年4月13日 午前8時 執筆)                  武田邦彦

[放射線量]東京電力の計測値渋谷が健康安全センターの新宿の半分しかないのは何故?

東京電力のホームページに下記の様な記載を見つけました

東電

早速確認しに行くと、あれ??0,047μSv/h??

電力館(東京・渋谷)における空気中の放射線量の状況
渋谷

今まで毎日見ていた「東京健康安全研究センター」の数字の半分ぐらいに少ないので
確認しに行きました

東京健康安全研究センター
都内の環境放射線測定結果測定場所:東京都新宿区百人町
新宿

東京電力渋谷の単位はμSv/h
健康センター新宿の単位はμGy/hですが
放射線量1グレイは1シーベルトに換算できます。
なので同じ単位という事ですね。
渋谷の電力館前と新宿百人町はそんなに離れていますか?
新宿が倍近い放射線量があると言う事が理解できない私です・・・・

0,047μSv/hが本当ならば地震前の大阪方面の平常の数値です。
電力館の数値が現実ならばいいな~って思います。

武田邦彦先生の福島復活への道への提案

武田邦彦先生(中部大学)のブログがUPされました。
先日の「震災で汚れた福島の瓦礫を、川崎市が処理する事への懸念 」の続編です。
解決策が書いてあります
菅総理が言った「もう、20年間ぐらいは福島に人は住めないだろう」発言に後ろ向きになるのではなく
武田先生がおっしゃるように出来るだけ早く対策を立てて前向きに進んでいけたらいいなと思っています

以下そのまま転記します。

原発と生活 08 「クリーン福島」・大作戦



放射性物質がついた福島の瓦れきを川崎に運搬することは、
放射性物質をさらに飛散させるという意味で良くない方向であることをブログに書きました。

福島の人は原子炉の事故で大きな打撃を受けましたが、それは福島だけではありません。
程度は違いますが東京も川崎も同じように放射線で汚染されたのです。

その責任は主に保安院にありますが、それはまた別の問題で、
わたくしたちはわたくしたちの範囲で汚染を拡大することを防がなければならないと思います。

・・・・・・・・・

福島原発からの放射性物質の漏れも次第におさまっているので、
特別な爆発でもない限り連休開けにはかなり安全な状態になると思います。

次にわたくしたちがしなければならない事は、
「放射性物質で汚染された福島の地域をできるだけ早くクリーンにする」ことです。

放射性ヨウ素は半減期が8日ですから、しばらくするとほとんどなくなりますが、
それに続くセシウムとストロンチウムは半減期が30年ですから、
そのままにしておくと30年間、福島は汚染したままになります。

放射性物質の半減期は物理的に決まっていますから、それは変える事ができませんが、
人間の手でクリーンな福島を取り戻すことはできます。

できるだけ早く手をつけてもらいたいとわたくしは希望しています。
今、福島の人はとても気持ちが追い込まれて「放射線は健康に影響がない」と信じたい気持ちでしょうが、
被曝はできるだけ少ない方がいいのです。

・・・・・・・・・

わたくしは川崎の瓦れきの処理で書きましたように、
早く福島に放射性物質をとることができる焼却炉とプールと蒸留設備を作ることと考えています。

今度の原発事故というのは、放射性物質という意味で言えば、
「福島原発の中に閉じ込められていた放射性物質」が
「福島県の東部や茨城県の北部、さらに東京、仙台まで広く拡散した」ことを意味しています。

今度はそれを「人間の手で再び福島県発の敷地内に戻す」ことによって、「クリーンな福島」を取り戻すことです。

そのためには、福島原発の敷地もしくは近郊に「焼却炉とプール、蒸留設備」を作り、
そこに汚染されたものを集めます。

まず、燃えるものはどんどん焼却炉で燃やして、煙の中の放射性物質をフィルターでとります。
また燃えないものは、プールの横で水で洗浄し、その水をいったんプールにためます。

プールにたまった水は蒸留装置で蒸発させ、放射性物質を集めます。
政府と福島県が決意をして今からすぐやれば、放射性物質で汚染された福島はどんどんクリーンになっていくでしょう.

技術はすでにありますし、
設備については全ての費用を合計しても200億円から400億円ぐらいで済むでしょう。
だから国と福島県がやる気になれば直ちに取り掛かれると思います。

・・・・・・・・・

福島の人はまた別の考えがあるでしょうが、
わたくしは、今の福島の人の考え方・・・放射線の被曝は健康に影響がない。そして我慢しよう・・・というよりも、
むしろ積極的に放射性物質を除いてしまった方がいいと思います。
福島の人、子供の被曝量は少ない方が良いからです。

また、今回の原発事故は、
日本の国内ばかりでなく世界の国から日本の大地が汚れているという印象を植えつけました。

その点では、まず福島が日本の先頭に立って放射性物質を除いてクリーンになることです。
学校の校庭も、校舎もどんどん「除洗」していけば、子供の被曝量も減り、田畑も再び使えるようになります。

菅首相は「福島の土地は数10年使えない」と言ったそうですが、
そのように後ろ向きになることなく、前向きに放射性物質を直ちに取る作業を開始することを勧めます。

(平成23年4月14日 午前8時 執筆)


武田邦彦

4/13/水★新たに心配4号機とストロンチウム90とは 小出裕章先生

福島原発事故の現状について 京都大学原子炉実験所小出裕章先生に聞く

Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]

【福島原発】2011/4/13/水★新たに心配4号機とストロンチウム90とは 1/2

レベル7に関して。4号棟の核燃料プールの水温の上昇について


【福島原発】2011/4/13/水★新たに心配4号機とストロンチウム90とは、2/2

ストロンチウム90について。


続きを読むに内容を書き出してみました

続きを読む

2011.04.11 小出裕章さんインタビュー by 名前のない新聞

投稿者の説明そのまま転記

名前のない新聞5月号のために京大原子炉実験所に伺い、小出裕章さんにインタビューしてきました。
1時間ほどの間に何度も何度も取材申し込みの電話が入るほどの忙しさの中?、
インタビューにも電話の応対にも丁寧に誠実に応えられていました。
新聞が出るのは5月初旬の予定ですが、緊急事態なのでyoutubeで公開します。
電話応対など無駄な?部分はカット編集してあります。http://amanakuni.net/



出来たら後で内容を書き出したいと思います。お待ちください。

続きを読む

4/12/火★最悪の「レベル7」引き上げの意味。小出裕章先生

小出裕章先生(京都大学原子炉実験所)に聞く


Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]

【福島原発】2011/4/12/火★最悪の「レベル7」引き上げの意味



続きを読むに出来る限り文字おこしをしてみました

続きを読む

4/12 【激論】ぶら下がり中継について抗議岩上安身VS東電広報栗田

20110412 【激論】ぶら下がり中継取材を規制しようとした東電広報栗田サンへ岩上安身氏が抗議

情報の開示の仕方が偏っている311後の日本のマスコミ
フリーの記者に対して質問させない東電の体質
最後の方で質問を受けても答えられない、答えたくない内容の場合は
そのまま次の記者に回す、「もう時間ですので」などの言い回しで会見が終わる事もたびたびあります。

会見後の「ぶら下がり会見」で取材を公にするなという東電に岩上記者が食い下がります



東電の栗田広報の話しの聴き方、話し方、目の動き、目の色、表情を見て
何年も前のオウム真理教を突然思い出した・・・・




続きを読むに23分位後・・・岩上安身氏の言葉を書き出してみました

続きを読む

被災者の方々へ。そして、福島県民の皆さまへ(共同声明文)

被災者への無償の自治体住居・避難所「丸ごと疎開」提供リスト
2011/4/9 11:30にUPされています。福島県、宮城県、岩手県の皆さま
もしもご覧になれるのならば是非チェックしてみていただきたいと思います

そして特に
福島県民の皆さまへ(共同声明文)


3月15日、佐藤雄平福島県知事から、
地震・津波・原子力発電所事故の三重被害に苦しむ福島県の皆さまの被災状況を伺い、
避難者の受け入れについての緊急要請をいただきました。

関西広域連合は、16年前の阪神・淡路大震災の被災地である関西だからこそ、
その経験と教訓を活かし、持てる力を結集して、被災地に対し、出来る限りの応援をしたい、と
3月13日に緊急声明を行いました。その中で、福島県については京都府と滋賀県が支援担当となりました。

福島県ではこの災害の避難住民は約11万2000人に達していると聞いています。
京都府、滋賀県は、福島県からは少し離れておりますが、
歴史的にみると、日本の中心であった京の都/松平容保との繋がりや、近江商人/蒲生氏郷との繋がりなど、縁の深いところです。
また水、食料(米、野菜、肉など)もたっぷりと提供させていただける農村部もあります。
電気や生活エネルギーも十分確保できます。

京都府と滋賀県は地元の市町村と協力をして、
福島県からの被災住民の皆さまの避難先を確保し、
その移動手段生活物資生活場所子弟の教育環境医療などの確保をお約束いたします
また一旦、避難所での受け入れをさせていただいた後、生活再建のご希望がある場合には、市町村と府県が協力をして、皆さまの未来への安心な暮らしの確保に努力させていただきます。

具体的には、下記の役所、担当にご連絡を下さい。皆さまの速やかな避難体制が確保できますよう、お誘い申し上げます。


連絡先: 京都府:危機管理・防災課 TEL 075-414-5930
滋賀県:滋賀県東北地方太平洋沖地震災害支援本部 TEL 077-528-3447

先程、早急に避難していただきたいと思うブログを書いたばかりですので
ここにUPしておきます。

小出裕章先生の解決策提言の毎日新聞4/10

先程ブログにUPした「Radio News「たねまきジャーナル」 4/11小出裕章先生に聞く」のなかで
アナウンサーの方がおっしゃっていた「昨日(4月10日)の毎日新聞の記事に・・・」
その記事がありましたので紹介します

何となくですが・・・この記事を呼んで少し安心出来そうな気がしました



東日本大震災:福島第1原発の1カ月 複合事故、見えぬ収束 電源喪失、対策限られ

東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発。
津波によって電源を失った原発は、ほぼ1カ月を経ても原子炉3基の冷却機能を取り戻せないままだ。
核燃料の溶融、水素爆発、放射性物質の大量漏えいなど、深刻な原子力災害が複合的に発生し、
政府と東電は対応に追われている。政府は「放射性物質の放出が止まるまでに数カ月」との見通しを示しているが、
事故収束への道筋は依然、不透明だ。【西川拓、江口一、永山悦子】

以下、続きを読むにも転記します。

続きを読む

東京新聞4月9日 小出裕章京大助教に聞く


福島原発事故 水蒸気爆発が一番怖い
小出裕章京大助教に聞く

東京新聞4月9日でのインタビュー

“原子力村”推進一辺倒 反骨の学者、小出裕章・京大助教に聞く

続きを読むに全文転記しました。

続きを読む

政府は福島市に緊急避難命令を出すべきだと私も思います。

大災害を逃れてせっかく助かった命
とても貴重な命だと思います

TV等を見ていても、避難地域や現地近くの子どもたちや赤ちゃんが
無防備に生活させられているように思えて仕方がありませんでした。
私の不安をきちんと計算して出してくれていたyoutubeを見つけましたのでUPします

(作成者の方の説明文をそのまま転機します)
収まる様子のない福島原発事故ですが、
原発から北西方向に風の吹き流された放射性物質の帯があるようです。
すでに飯舘村・川俣町では高濃度の放射性セシウムが土壌より検出­されました。
この放射能の帯は福島市まで達するように思われるですけど...。意見映像を作ってみました。

【意見映像】政府は福島市に緊急避難命令を出すべきです



以下続きを読むに「政府は福島市に緊急避難命令を出すべき」の内容を書き出してみました。

続きを読む

Radio News「たねまきジャーナル」 4/11小出裕章先生に聞く

【福島原発】2011/4/11/月★小出先生からの提案...
福島原発事故の現状について 京都大学原子炉実験所小出裕章先生に聞く

Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]

【福島原発】2011/4/11/月★小出先生からの提案 1/2



【福島原発】2011/4/11/月★小出先生からの提案 2/2




続きを読むに内容を書き出してみました。

続きを読む

未来の子どもを守りたい。「母の役割」武田邦彦先生(中部大学)

福島からは当分の間放射能物質は自然界に放出されていくと思います

今日(4/11)の東京都新宿区の放射線量は0,081~0,083μGy/h(マイクログレイ/時間)前後で推移してます。
4/9の水道水(新宿)ヨウ素131 (131I)Bq/kg→1.00  
             セシウム134(134Cs)Bq/kg→不検出 (ND)   
             セシウム137(137Cs)Bq/kg→0.25  
3月25日以降連日半減期の長いセシウム137(137Cs)が含まれ続けている事が気になりますが・・

このような事態になっていても
周りを見ると何の注意もしていない人がとても多い気がします
テレビで報道しないからでしょう。

大人はいいと思いますが
子どもたちの様子を見ていてとても不安になります

放射性物質は体内の蓄積なので
未来のある子どもたちだけはなるべく放射性物質を蓄積しないように日々の生活を送って欲しいと思います

私は東京に住んでいますが
被災地の方がた、避難場所の子どもたちを見るたびに胸が痛みます

子どもたちだけでも遠くに避難するように政府に呼び掛けて欲しいのが本音です。

                              原発事故が無かったらもっと早く復興が進んだのに・・・・・

武田邦彦先生が母として注意する事をブログにUPしてくださいました。


武田邦彦先生(中部大学)のブログより

「原発  母の役割」を続きを読むにそのまま記載しました。

続きを読む

都知事、石原慎太郎に当確

そうか・・・
そんなもんだったのか東京都民
石原慎太郎は中国に向かっては悪態をつき
オリンピック誘致と言っては都税の無駄遣いをし
福島でも暴言を吐き
ありえないのに・・・・・

そんなもんだったのか東京都民
君たちは未来に希望を持っていますか?
真実を見つめようと努力していますか?
石原だけは私にとって信じられない
あり得ないと思ってた

そんなもんだったのか東京都民
危ない原発は他県に設置して
今苦しんでいるのは東京都じゃない場所
石原を都知事に選んだなら
福島の原発と柏崎の原発を全部都内に持ってきて
東京湾で稼働して下さい
その覚悟があるから選んだんだよね?東京都民

そんなに楽して生きたいの?
人は贅沢に慣れ過ぎて
自然をないがしろにして
自分だけが良ければいいと
そんなふうにいつの間になったんだろう

東京の電気は他県に頼らず
東京で作りましょうね
東京湾で沢山稼働して下さいね

クーラーガンガンつけて
熱風を外にまき散らし
自分がいる部屋だけを冷やして快適に
そんな暮らし

原発東京で・・・・・ってことで
お願いします

私は東京都民です
石原だけは嫌だったけど
都民の多数の人が選んでしまったんだから
しかたないです
原発と心中する覚悟決めます

小出裕章助教に原発事故の危険性を聞く~岩上安身記者

2011年4月1日、
ジャーナリスト岩上安身氏が京大原子炉実験所の小出裕章助教に原発事故の危険性についてインタビューしました。

110401小出裕章助教(京大原子炉実験所)01 from iwakamiyasumi on Vimeo.



110401小出裕章助教(京大原子炉実験所)02 from iwakamiyasumi on Vimeo.



前半は続きを読むに内容を書き出しました。

続きを読む

【福島原発】2011/4/8/金★昨夜の余震について

福島原発事故の現状について 小出裕章先生(京都大学原子炉実験所)に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」

【福島原発】2011/4/8/金★昨夜の余震について 1/2




【福島原発】2011/4/8/金★昨夜の余震について 2/2



内容を書き出してみました

続きを読む

「科学的な合理性を持って原発は地震で倒れる」


大きめな余震が続く中
心配です。

生活と原子力 06 なぜ「東通原発」は非常電源が入ったか?

武田邦彦 (中部大学)

本文は続きを読むからどうぞ

続きを読む

原発の危険性

youtubeに3年前に投稿されていたものです

映画かな??



耐震強度の話から始まって石油とウランについて
プルトニウムについて
プルサーマル、
東海村事故後被ばくして亡くなった人の話し
ウクライナ、チェルノブイリから浜岡原発まで
知名度の高い俳優さん達が演じているけど

内容は信用性の高いものです。

         コレでした
          

映画 「東京原発」 (03 日/公開0403) 予告編


福島原発で再臨界の疑いが濃厚に

ニュース・コメンタリー (2011年04月09日)
福島原発で再臨界の疑いが濃厚に
解説:小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)




無料放送中>>>



小出 裕章こいで ひろあき
(京都大学原子炉実験所助教)
1949年東京都生まれ。72年東北大学工学部原子核工学科卒業。
74年東北大学大学院工学研究科原子核工学修了。
74年から現職。伊方原発訴訟住民側証人。
著書に『放射能汚染の現実を超えて』、『隠される原子力 核の真実』、共著に『原子力と共存できるか』など。

続きを読むに説明文添付しました

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。