日本弁護士連合会 会長宇都宮健児  会長声明文

この内容も切実な声明です
なぜ、TVニュースで時間を割いて放送しないのでしょうか??



会長声明集 Subject:2011-4-22
「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について」に関する会長声明

4月19日、政府は「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について」を発表し、これを踏まえて、文部科学省は、福島県教育委員会等に同名の通知を発出した。これによると「児童生徒等が学校等に通える地域においては、非常事態収束後の参考レベルの1~20mSv/年を学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的な目安と」するとされており、従前の一般公衆の被ばく基準量(年間1mSv)を最大20倍まで許容するというものとなっている。その根拠について、文部科学省は「安全と学業継続という社会的便益の両立を考えて判断した」と説明している。

しかしながら、この考え方には以下に述べるような問題点がある。

第1に、低線量被ばくであっても将来病気を発症する可能性があることから、放射線被ばくはできるだけ避けるべきであることは当然のことである。とりわけ、政府が根拠とする国際放射線防護委員会(ICRP)のPublication109(緊急時被ばくの状況における公衆の防護のための助言)は成人から子どもまでを含んだ被ばく線量を前提としているが、多くの研究者により成人よりも子どもの方が放射線の影響を受けやすいとの報告がなされていることや放射線の長期的(確率的)影響をより大きく受けるのが子どもであることにかんがみると、子どもが被ばくすることはできる限り避けるべきである。

第2に、文部科学省は、電離放射線障害防止規則3条1項1号において、「外部放射線による実効線量と空気中の放射性物質による実効線量との合計が3月間につき1.3 ミリシーベルトを超えるおそれのある区域」を管理区域とし、同条3項で必要のある者以外の者の管理区域への立ち入りを禁じている。3月あたり1.3mSvは1年当たり5.2mSv であり、今回の基準は、これをはるかに超える被ばくを許容することを意味する。しかも、同規則が前提にしているのは事業において放射線を利用する場合であって、ある程度の被ばく管理が可能な場面を想定しているところ、現在のような災害時においては天候条件等によって予期しない被ばくの可能性があることを十分に考慮しなければならない。

第3に、そもそも、従前の基準(公衆については年間1mSv)は、様々な社会的・経済的要因を勘案して、まさに「安全」と「社会的便益の両立を考えて判断」されていたものである。他の場所で教育を受けることが可能であるのに「汚染された学校で教育を受ける便益」と被ばくの危険を衡量することは適切ではない。この基準が、事故時にあたって、このように緩められることは、基準の策定の趣旨に照らして国民の安全を軽視するものであると言わざるを得ない。

第4に、この基準によれば、学校の校庭で体育など屋外活動をしたり、砂場で遊んだりすることも禁止されたり大きく制限されたりすることになる。しかしながら、そのような制限を受ける学校における教育は、そもそも、子どもたちの教育環境として適切なものといえるか根本的な疑問がある。

以上にかんがみ、当連合会は、文部科学省に対し、以下の対策を求める。

1 かかる通知を速やかに撤回し、福島県内の教育現場において速やかに複数の専門的機関による適切なモニタリング及び速やかな結果の開示を行うこと。

2 子どもについてはより低い基準値を定め、基準値を超える放射線量が検知された学校について、汚染された土壌の除去、除染、客土などを早期に行うこと、あるいは速やかに基準値以下の地域の学校における教育を受けられるようにすること。

3 基準値を超える放射線量が検知された学校の子どもたちが他地域において教育を受けざるを得なくなった際には、可能な限り親やコミュニティと切り離されないように配慮し、近隣の学校への受け入れ、スクールバス等による通学手段の確保、仮設校舎の建設などの対策を講じること。

4 やむを得ず親やコミュニティと離れて暮らさざるを得ない子どもについては、受け入れ場所の確保はもちろんのこと、被災によるショックと親元を離れて暮らす不安等を受けとめるだけの体制や人材の確保を行うこと。

5 他の地域で子どもたちがいわれなき差別を受けず、適切な教育を受けることができる体制を整備すること。


2011年(平成23年)4月22日

日本弁護士連合会
会長 宇都宮 健児



会長声明・意見書など
会長声明集
当ホームページについて 個人情報保護方針
copyright© Japan Federation of Bar Associations all rights reserved.
スポンサーサイト

原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」 4/16

もう、何日もたっていますが
この事はテレビで放送されていますか?



原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」 (J-CAST)

東京電力の福島第1原子力発電所の深刻な事故を受け、
政府の原子力安全委員会の歴代委員長を含む原発推進派学者の重鎮たち
原発の「安全神話」崩壊に懺悔を繰り返している。

特に元原子力安全委員長の松浦祥次郎氏や
前原子力委員会委員長代理の田中俊一氏ら原発推進の学者16人がこのほど、異例の緊急提言を行った。

「原子力の平和利用を先頭だって進めてきた者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと同時に国民に深く陳謝する」
との謝罪を前面に掲げた提言の内容は
政府や東電の発表よりも今回の事故を深刻に受け止めており、緊迫感が伝わってくる。

大量の放射能を閉じ込めるのは極めて困難、と認める

「私たちは事故の推移を固唾を飲んで見守ってきた。
しかし、事態は次々と悪化し、事故を終息させる見通しが得られていない」

「膨大な放射性物質は圧力容器や格納容器内に拡散・分布し、
その一部は環境に放出され、現在も放出され続けている」 

「特に懸念されることは溶融炉心が圧力容器を溶かし、格納容器に移り、
大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などによる
広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除できないことである」

提言は、水素爆発などで格納容器が破壊され、放射性物質が長期にわたり国土を汚染する可能性を指摘している。
日本を代表する学者たちが、チェルノブイリ原発事故級の最悪の事態を想定していることがわかる。

16人は東京大学名誉教授、京都大学名誉教授、東京工業大学名誉教授など錚々たるメンバーで、
原子力安全委員会や原子力委員会の歴代委員長や委員を務めるなどした
日本を代表する原子力の専門家たちだけに、発言には重みがある。

特に気になるのは
「当面なすべきことは原子炉及び使用済み核燃料プール内の燃料の冷却を安定させ、
大量の放射能を閉じ込めること。
これを達成することは極めて困難であるが、これを達成できなければ事故の終息は覚束ない」

と述べた点で、有効な解決策を見いだすのが難しいことを自ら認めているとも受け取れる発言だ。


2011年4月1日、会見した田中俊一氏は
「原子力の平和利用を進めて、まさかこういう事態、これほど国民に迷惑をかけるような事態は予測していなかった。
結果的にこういうことになっていることについて、原子力を進めてきた人間として
国民に謝らなくてはならないという気持ちは、みんな持っていると思う」と心境を明かした。

田中氏は提言をまとめた理由について
「(我々は)余計なことを言わなくてもいい年齢だけれども、黙っていられないと。
とにかく早くこの状況を抜け出して頂きたいという思いでまとめた」と述べた。

学会で地位も名誉もある学者たちが、
自分たちのこれまでの仕事を全否定するような今回の提言や会見が、事故の深刻さを物語っている。

原子力安全委員会では、歴代OB、現役首脳も自己批判

提言は、最後に事態打開策について
「当面の難局を乗り切るためには、関係省庁に加え、産業界、大学等を結集し、
我が国がもつ専門的英知と経験を組織的、機動的に活用しつつ、総合的かつ戦略的な取り組みが必須である」
と指摘する。

提言に加わっていない原子力安全委員会前委員長の鈴木篤之氏(日本原子力研究開発機構理事長)も
4月6日、衆議院経済産業委員会に招致され、
「国民にたいへん申し訳ない。私にとって痛恨の極みだ。この事故を反省し、よく考えていかないといけない」などと
反省の弁を述べている。

原子力安全委員会では、歴代OBに限らず、現役首脳も自己批判に追い込まれている。

斑目春樹委員長は、やはり6日の衆議院経済産業委員会で、
「今回の事故を深く反省し、二度とこのようなことが起こらないよう指導していきたい」などと弁明に懸命だった。

[ 2011年4月16日13時17分 ]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この報道に関係しているブログをその後UPしました

5/4たねまきジャーナル。大阪大学名誉教授住田健二氏出演放送(内容書き出し)

謝罪文全文と謝罪の記者会見ビデオ

TV観てて「放射能は怖くない」そんな洗脳が始まってる気がした

すこしずつ・・少しずつですが民放が変わってきたかもしれないと希望を持っています
というか・・・希望を持ちたいと思っています
先日はほんの一言だけど小出先生がTBSとフジTVに出演されました
内容的には満足できないサラリ感だだったけど・・・

私は今日のテレビ朝日17時からの報道発ドキュメンタリ宣言に期待していました


「報道発ドキュメンタリ宣言では2週にわたりチェルノブイリ原発事故特集を放送します。今週は原発現状を内部取材、また世界初公開となる09年撮影・炉心溶融の映像、そして今も続く放射能との闘い…。本日17時から関東地区で放送です。来週は日本の原発事故・復興のヒントになる取材も放送します。」

石棺した4号炉まで行きそこの放射能レベルを計り
レッドゾーンと言われる場所に行きそこの放射能レベルを計り(ここは30μベクレル4号炉前より高い数値でした)
ウランのペレットが融けた映像などを事故当初から撮影しているカメラマンへの取材
彼は「最近チョット甲状腺が腫れてきたから様子を見ています」
もう何千倍もの放射能を被曝して20年も経っている男性です。

その後この地に帰って来た老夫婦の取材
自給自足の生活をしています
前にブログにUPしたBBCの料理番組の家です
その家で取れたキャベツの放射能濃度が高レベルだったと言い
老夫婦は「放射能なんか気にしている暇ないわ」と笑う

見ていて不思議な気分になりました
「放射能なんて沢山浴びたってぜーんぜん平気さっ!!」
そんな感覚になったのです

これは恐ろしいと思いました

福島県のお抱え専門家は100ミリシーベルトまで浴びても全く平気と言っているし
政府は基準を上げ続け1ミリシーベルトが今は20倍の20ミリシーベルトだけど
これからもどんどん上げていくかもしれない

その時に
国民が放射能なんて怖くないのよ
そう思うとしたら・・・
原発は安全です
国を上げて原発は安全だと洗脳されてきた国民は
今度は放射能は怖くないと洗脳されてしまうのでしょうか??

今日の番組にはその恐ろしさがたくさん詰まっていました

だから私は意見を書きました
黙っていられなかったから
これ以上・・人の命をいい加減に考えて欲しくなかったから

下記の様に書きました
文字数も限度があったようで書ききれない部分がありましたが
思うまま送りました。

ドキュメンタリ宣言ご意見募集
http://www.tv-asahi.co.jp/d-sengen/opinion.html

民放が原発震災の後で真実を報道しない事に恐ろしさを感じています。スポンサーが大切な事は分かりますが東電の記者会見を見ていてもテレビ朝日の記者の質問は少し納得いきません。今日はこの番組に期待して観ました。でも、放射能核種の恐ろしさを放送するのではなく高い濃度の放射能の中に居ても安全だと言っている番組に思えました。わたしは、以前から日本テレビに対抗して世の中の真実を伝えてくれるのはテレビ朝日だけだと思ってきましたが、ことごとく今回は期待を裏切られています。国民は政府やメディアが本当の事を話してくれないからパニックになるのであって、きちんとした報道をしてくれると信じられたならそれなりに考えた行動がとれると思っています。元原発推進の大学教授たちが原発は間違っていたと懺悔したことや斉藤和義さんの「ずっとウソだった」←これは最強のワイドショーネタですよね。日弁連も声明文を出しました。ソフトバンクの孫さんの件もワイドショーネタではないですか?今は日本の危機だと思っています。お金やしがらみに縛られないで本当に国民の命を思って下さるなら 言論の自由が守られているテレビできちんと本当の事を放送して欲しいと思います。期待してます。

「放射線数値に関して」これでスッキリしました。武田先生ありがとうございます。

みんな楽しくHAPPY♡がいい(このブログの)2個前の記事に書きましたが
福島市の広報紙「市政だより」4/21に疑問がいっぱいです
福島市の広報紙に専門家の意見で堂々と100ミリシーベルトまでは安全だと書いてあるのを見て
それに、政府が基準値を簡単に20ミリシーベルトまで上げている事実もあり
だんだん頭の中がごちゃごちゃになりそうだった私です


そして、かなり以前から確信的なな証明を持たないままレントゲンでの放射能を浴びる事が
嫌で嫌でたまらないでいました
ひとつ前の記事「被ばくと検診と癌の関係(自分用)」は
やっと見付けた私へのご褒美だと思いいつでも見る事が出来るように保存したものです

その二つの答を武田先生がブログに書いてくださっていました
このブログを読んで気分がすっきりしました。
これからは悩みません❤
年間1ミリシーベルトが本当の基準・・・そこからどれだけ多く被ばくしてしまったのか
そんなふうに計算していけたらと思っています

以下に転記させていただきます。

*。。+。*。。+。*。。+。*。。+。*。。+。*。。+。*。。+。*。*。。+。*。。+。*。。+。*。。+。*。。+。*。。+。*。。+。*。*。。+。*。。+。*。。+。*

原発 緊急情報(61) 数値は一つ! 医療、職業、一般


「どのぐらいの被ばくまで大丈夫か?」と多くの人が疑問に思っています。
メディアも「数値が多くて何が正しいか判らない」と言っています.

でも、数値は一つしか無く、考え方も一つしかありません。

それは、すでに「日本の法律」で決まっていて「原子力、放射線の専門家」が3
月11日まで「これが正しい」と行ってきた数値です.

だから、そこで定められた数値は「原子力安全委員会」や「文科省」でも変更することはできませんし、
まして、何も関係も権限もない「保安院」などはその数値と離れて
「健康に影響が無い」などと口を挟むことはできません。つまり、

1. 一般人 1年1ミリシーベルト以下

2. 職業人 1年20ミリシーベルト以下(特例あり)

3. 医療  放射線をあびる損失が治療の効果を下回る範囲

4. 管理  3ヶ月で1.3ミリシーベルト以下

ということです。これしか数値はありません。

この数値が「間違っている」という人(政府、安全委員会、文科省、専門家、パフォーマンスをする人など)は、
何らかの理由で「ウソ」を言う必要がある人です.

この数値については、法律で決まっているぐらいですから、
当然ながら十分な根拠があり、このブログでも示してきました。

そして、「福島原発事故が起こったから、日本人が急に放射線に強くなった」ということはありません。

「俺は原発の近くに行って被ばくしたが何ともない」とか
「汚染された野菜は美味しいと頬張る」などはまったく別のことで、
「ダマシ」の種類です.

上記の数値以外は考える必要もなく、他の数値を言う人はすべて「ウソつき」です。



・・・・・医療関係者に自粛を求める・・・・

福島原発事故が起こると盛んに「レントゲン」が例に引かれ、
さらに放射線量が上がったので、今度は「CTスキャン」を持ち出しました。

「医療用被ばく」に「規制値」が無いのは理由があります。
それは「医師が壊疽が進んでいる患者の足を切断しても良い」というのと同じです.

この世の中でほぼ唯一、医師には「人間の体を傷つけて良い」という特例があります。
それは「傷つける事が、その人の全体のために良い場合」であり、
「このまま壊疽が進んだら死んでしまうから、それより片足を失った方がまし」ということであり、
「健康なのに足の切断手術をして良い」ということではありません。

ところが、被ばくの例として「CTスキャン」を持ち出したり、
ある医師会などは「医療における放射線使用の上限」として自主的に定められている限度を
あたかも「一般の人が被ばくして良い限度」のように発表しています.

その医師会に所属する医師は、「医師が特別な行為ができる権利」を失ったと考えられます.

医師にあるまじき事で、殺人罪にもなりそうなことです。

・・・・・・・・・

福島県に住んでいる子供達は「健康な子供」です。
だから、CTスキャンを受ける必要もなく、また職業上、仕方なく被ばくする人とも違います.

つまり、医療で許される被ばくはその人の全体の命を考えて「やむを得ない」ということであり、
職業の場合は

「子供でなく、
仕事ができるような壮健な人で、
妊娠の怖れが無く、
被ばくするのがイヤならその職業から自分の意志で離れることができる」

という制限付きです.

だから、東電のミスで無理矢理被爆する子供が20ミリシーベルトなどあり得ないのです.

一般人の1ミリシーベルトの限度を無視して良いと発言している人は、

1. 法律や国際勧告を知らないか、

2. 放射線医療機器メーカーからお金をもらっているか(医師)、

3. 福島の子供の命を守るのが面倒なのか(文科省)、

4. パフォーマンスで得をしたいか、

5. 政府から脅されて自分の職務を捨てたか(官吏、専門家)、

のどれかと思います.

そんなことで私たちの大切な子供が被害を受けることを許すわけにはいきません。

頭をハッキリ整理して、「数値は一つしか無い」ということを再確認したいと思います。

(なお、「非常時の暫定値」というのは、事故で被ばくが避けられず、逃げる手段が無い場合で、
かつ長い期間では1ミリシーベルトを守ることが前提です.)

(平成23年4月23日 午前10時 執筆)                      武田邦彦



被ばくと検診と癌の関係(自分用)

眞鍋 攝医師の論文「検診と放射線」

自分用に改行して保存。

放射能の汚染は1945年長崎広島に原爆が投下されたのち
大気圏内の核実験によって1950~1965年南極の氷のプルトニウムがピークとなる
この時期からプルトニウムを吸い込むことによる肺がん
ストロンチウムが地面に落ちて吸収された食物を食べることによって白血病が
世界中に増えていくことになる。

核実験から時がたち大気中の汚染も収まり
各国では癌の発生率が下がって生きている中
日本では増える傾向にある

それはなぜなのか・・・・?

以下続きを読むに転記。

続きを読む

福島市の広報紙「市政だより」4/21に疑問がいっぱいです

福島市の広報紙が4月21日に発行されました
特集で専門家に聞く「放射線Q&A」が3ページにわたって載っています
その内容にちょっと・・・「あれ(。◔‸◔。)??」と思ったので
広報紙の写真と一緒にブログに書くことにしました


市政だより・平成23年4月21日発行

 ■お問い合わせ■
総務部広報広聴課
電話:024-525-3710
 
福島市の広報紙一面です
特集として大きく書かれています
1



そして4ページ
特集記事が始まります。
監修の専門家の先生の名前が良く読めなかったので
大きくしてみました
1-21-2-3


このページの中で疑問に思ったところです
「健康リスクが出るといわれているのは100ミリシーベルトで累計される心配はありません
1回に100ミリシーベルト­受けるより
100回に分けて受けるのはリスクがはるかに小さくな­るので心配ない」

測定されている数値は最後にありますので累計100ミリシーベルトの話しは後でにしても
100回に分けて受けるとリスクが少ないってどういう事ですか?
途中で寝たり、休んだりして自己免疫で少しは追い出せるって事かしら??

それから
もともとの日本は
一般国民は1年間に1ミリシーベルト以上の放射線を浴びてはいけない法律じゃなかったっけ?
いつから100倍??
1-2-1


単位をミリシーベルトと言ったりミリグレイと使い分けて分かりにくくしているけれど
結局はミリシーベルト=ミリグレイですから・・・
「ICRPの勧告により 100ミリシーベルトを下回る­被ばくは胎内児に心配の必要は全くない
ここでも100ミリシーベルトって書いてあるけど
赤ちゃんが絶対大丈夫だって言う事が出来る根拠はどこにあるのですか?
万が一奇形の赤ちゃんが生まれたら監修の山下俊一先生と高村昇先生
責任取ってくれますか?責任取れますか?
全くない」んですよね
こんなこと書いたんだから・・・市の広報に・・・責任取れるんだよね
1-2-2


5ページです
水に関する質問には今の基準以下の放射能なら全く心配いりません
全く・・・ですね
水道水の放射線物質の基準値は3月17日に3倍緩和されました。100→300ベクレルに・・・

健康上「直ちに影響はない」と言っているがの質問には
100ミリシーベルトの放射線で0,5パーセント
喫煙や食事の生活習慣から比べると数十分の一と低いんですって・・・
これに関しては年齢とかその人の感受性がものすごく重要だと思いますけど・・・
2


そしてこのページで気になったのが
子供は毎時10μシーベルト­以下であれば外で遊ばせて大丈夫、布団干しも換気も問題ない」
東京の今日の数値は0,07μシーベルト。3月11日以前は0.03μシーベルト位
福島第三小学校はきょう3,5μシーベルト
上記の数字は一時間当たりでしょ?一日24時間10日で240時間
震災前は年間に1ミリシーベルトが最高基準(今は20ミリシーベルト)だったから
1ミリシーベルト(1000μシーベルト)になるのはあっという間の様な気がします
東京よりも桁が2つも違うもの・・・・

布団干してもいいのですか?
風が吹いて放射性核種の付いた埃が布団につくかもしれない
本当にいいのですか??
2-1


6ページです
ベクレルとシーベルトの違い半減期など
3


ここで気になったのが
セシウム137の半減期は30年だけど
代謝や排せつで60~70日で半減するのですか?
本当ですか?????
3-1


7ページ
福島でも市内の放射線の環境データが出ています
市役所で4/14 1,60μシーベルトあります
やはり高めです。でも、先程の福島第三小学校の3分の1位です
4


水道水に関しても野菜などに関しても
政府が規制値を知らない間にどんどん上げちゃうので何だかわからなくなってきています
もともと
3/17までの日本の基準値は
ヨウ素 I-131 10ベクレル(Bq/L) 
セシウムCs-137 10ベクレル(Bq/L )

3/17以降・現在の日本の暫定基準値
 ヨウ素(I-131)131  300ベクレル(Bq/L)
 セシウム(Cs-137)137 200ベクレル(Bq/L)
 飲料水 300 Bq/kg
 牛乳・乳製品 300 Bq/kg
 野菜類 (根菜、芋類を除く。 ) 2,000 Bq/kg
 飲料水 200 Bq/kg
 牛乳・乳製品 200 Bq/kg
 野菜類  500 Bq/kg
 穀類  500 Bq/kg
 肉・卵・魚・その他 500 Bq/kg

ヨウ素が10→300ベクレル・・・・30倍
セシウムが10→200ベクレル・・20倍
4-1

少し前に千葉県の水道水から高濃度の放射線物質が検出された事があります
何日もたってからの公表でこれはひどいと思いました
300ベクレル超えていますね
ちば



最後です
福島市の放射線量です
3月15日には24,24μシーベルトもあったのですね
24時間で581,76μシーベルト
えっ!1000μシーベルトの半分強
計算間違っていたらいいけど・・・
その後21日に7,34μシーベルト
24時間で176,16μシーベルト
15日から順調に減っているけど・・・
もともとの日本の法律の1年間に1ミリシーベルトというのは越えてしまっているようです
いまの基準の20ミリシーベルトならまだ大丈夫そうですね

4-2

基準の数値ではないと思います
背が小さい子供は地面に近いから大人より多く放射能物質にさらされそう
そして細胞分裂が多いからこどもがやはり一番心配です

細胞分裂をしなくなった大人は平気なようです

福島の広報紙があまりにもいい加減で
頭に来ちゃったので・・・・
こんなに長いブログになってしまいました

山下俊一先生と高村昇先生

100ミリシーベルトまで放射能をあびてもいいと言うのは
いったいどこから来た数字なのですか?


私が記憶しているところによれば
100ミリシーベルトはつい最近まで福島原発の作業員の方がたの数字です
(今は作業員の方は250ミリシーベルトに上がったけれど)

山下俊一先生と高村昇先生

市民にも100ミリシーベルトまで我慢しろ
という事なのですか?
そして子どもを産んでも絶対に大丈夫なんですね
全く問題ないのですね


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。