fc2ブログ
05.20
Fri
ひとつ前のブログ武田邦彦氏が参考人として国会に登場 の続きです
国会での答弁の様子です
長崎大学名誉教授 長瀧重信参考人
静岡県立静岡がんセンター総長 山口 健
福島県伊達市長 仁志田昇司
中部大学 武田邦彦

参考人武田邦彦(文科委)民主・公明・共産 2011.5.18




続きを読むに文部科学委員会 委員名簿を載せます続きを読む
comment 0 trackback 0
05.20
Fri
武田邦彦先生が国会・文部科学委員会で参考人として意見を述べました
素晴らしい内容でした
以下は武田先生のブログの内容です(転記します)

国会・文部科学委員会にて

5月18日、午前9時から12時まで国会(衆議院)文部科学委員会で参考人として陳述をしてきました。

私の論点は3つ、

1) 日本の原発は自然災害で破壊する、= 国策で大災害をもたらすことをやっている。

2) 放射性物質が漏洩することに国は防御計画がない、= 国策で国民救済をしないことになっている。

3) 原子力基本法の「公開の原則」が無視されている.

でした。

さらに、代議士の方との議論は「小学校の20ミリシーベルト」に集中しました。

私は次のことを主張しました。

1) 福島を汚しているのは、単に「粒」なので、全力でできるだけ早く除去すれば、農作物は汚染されず、小学生も被曝しない、

2) 「粒」を福島全体で除去すると効果はさらに上がるので、国がやるのが望ましい、

3) 「1年20ミリシーベルトでも安全」という人がいるが、安全というデータがないのに人の命に関わることを言うのは医師とも専門家とも呼べない、

4) 文部省の1時間3.8マイクロシーベルトというのは、内部被曝を入れていないこと、学校以外の線量率を低く見ていることなどから、1年60ミリシーベルト相当である、

5) 子供はあらゆる面で大人より被曝量が多く、放射線に対する感度も高いので、子供を守れば大人は守れる。

すべて今までの私の考えですから、特に新しいことはありませんが、国会の場で発言の機会を作っていただいたことに深く感謝しました。

少しでも早く多くの子供の被曝が減ることを願っています。

・・・・・・・・・

文部科学委員会の議論を通じて、私は次のように結論することができました。

● 1年100ミリシーベルト以下の被曝では「医学的にハッキリとしたデータがない」こと、

● 「データがない」ということは、誰も「危険」とも「安全」とも言えないこと。

● 繰り返すと、「20ミリまで安全だ」という人は「何の根拠も無く言っている」ことになること、

● 1ミリから100ミリまでは「データがないが、危険性が高い」ので「国際的に約束した方程式を使う」と決まっていること、

● だから、1年1ミリ以外の数値は「一般公衆」で「健康のチェックもしない」という状態ではあり得ないこと、

● 仮に、「一般公衆」で「健康チェック、注意」などをすれば、5.2ミリまでは「安全のようだという実績」があること、

● 従って、一般公衆に対して、1ミリと5.2ミリ以外の数値はないこと。

今年、3月の初期被曝をした人は、1年5.2ミリを下回ることが難しい場合もありますが、少なくとも来年以後は、国民全体が1年5.2ミリ以下を守ることができるのです。

そのための除染を大至急することが、今、日本国にとってもっとも大切なことと思います.

そして、綺麗な大地を取り戻した後、放射線医学、放射線防護の人たちが、慎重に「1年何ミリか」を検討して結論を出してください。

それによって「原発を選択できるか」も決まります.

つまり1年100ミリなら今の原発でもほぼ大丈夫で、原発は主要な電気を発生させるもっとも大切なものになるでしょう。

逆に1年1ミリなら、今の原発はすぐ止めなければなりません。ものすごく大きな選択なのです.

・・・・・・

でも、私は、こんな無意味な議論をして、除染の対策をとらず、子供達が人体実験を受けているという状態はまったくナンセンスと思いました。

(平成23年5月18日 午後5時 執筆)        武田邦彦



武田邦彦氏が衆院文部科学委で参考人として意見を述べている動画を
続きを読むに載せます。内容書き出しました
続きを読む
comment 2 trackback 0
05.20
Fri
自然エネルギーへ転換を、孫社長が提言  



民間でも震災をきっかけに日本のエネルギーの在り方などを考える動きが出ています。
19日、民間の有識者らによる会合が開かれ、
ソフトバンクの孫正義社長が原発から自然エネルギーへの転換を進めるよう訴えました。

「答えを迷ったときは遠くを見て、シンプルに考える。そして腹をくくって行動する」
(ソフトバンク 孫 正義 社長)

講演で孫社長は、現在稼動中の原発は安全性を高めながら、依存度を減らし、
代わりに自然エネルギーを増やすべきとの持論を述べました。

先月、孫社長は、
「自然エネルギー財団」の設立を表明。今後、政策提言を行う意向で、
14日には菅総理と会食。再生エネルギーの普及などの点で、意見が一致したといいます。

Q.(孫さんは)ITの伝道師を自称されていたと思うんですが、
  今は新エネルギーの伝道師になられたような気がするんですが、これはなぜですか?

「伝道師といえども日本の子どもたち、我々の社会を心配している。
何とかしなきゃいかんと、その思いだけです」(ソフトバンク 孫 正義 社長)

Q.そのためには何が一番必要?

「自然再生可能エネルギーで何%くらい、この国のエネルギー政策としてシフトするのか、
そういうビジョンを明確に持つこと」(ソフトバンク 孫 正義 社長)

19日に行われた「新生会議」は、東日本大震災をきっかけに、各界の有識者が復興への道筋を話し合う集まりです。

「曲がり角にきているこの文明の在り方について、
基本的にこれでいいのかということが、原発や震災だけでなく様々な面で出てきている。
それについて少し大きな視点で考えてみる機会をつくりたい」(新生会議 細川護熙 議長)

この会議は政府の「復興会議」とは一線を画した民間の集まりで、
今後、月1回程度の議論を重ねながら、何らかの提言をまとめる方針です。
TBS News(19日23:04)


続きを読むに孫 正義 記者会見続きを読む
comment 0 trackback 0
05.20
Fri
5/18水曜日 福島原発事故の現状について
京都大学原子炉実験所小出裕章助教授に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]

【福島原発】5/19/木★1.冠水-やる価値も無い作業 2.冷温停止の概念


<参考>

3号機に作業員、水素爆発後で初
TBS News(19日16:06)



福島第一原発3号機の原子炉建屋に18日、水素爆発以来、初めて作業員が入りました。
一方、敷地内に押し寄せる津波の写真が公開されました。
5号機近くからは防波堤を破壊しながら乗り越える津波が、
そして、集中廃棄物処理施設からはタンクが水没していく様子が撮影されています。

沖合で崩れる津波。
次の写真では10メートルの防波堤を乗り越え、隣の防波堤を破壊しながら、敷地内にあるタンクへと迫って来ます。

この写真は東京電力の社員が5号機の南側にある高台から撮影したものです。
事故後の衛星写真には無残に破壊された防波堤が写っています。

津波は別の場所でも撮影されていました。
集中廃棄物処理施設にいた協力会社の従業員は、4階でカメラを構えていました。
海抜10メートルにある高さ5.5メートルのタンクの周辺が次々と浸水していき、その後、タンクは完全に水没しました。
この頃、原子炉の冷却に不可欠な発電機やポンプも浸水したとみられ、その後の致命的な事態へとつながっていきます。

この3日後の3月14日、水素爆発を起こし、激しく損傷した3号機。
その原子炉建屋に水素爆発以来初めて、18日に作業員が入りました。
新たな水素爆発を防ぐため、1号機と同様に格納容器に窒素を入れる予定ですが、
その配管付近を調べたところ、放射線量は1時間あたりで160から170ミリシーベルトと非常に高い値でした。

「170(ミリシーベルト)となると、かなり短時間しか、そこで作業できないので
(このままの状態では)難しいんではないかと思う」
(東京電力福島の会見)

18日は2号機でも作業員が事故後としては初めて、原子炉建屋に入り、非常に高い温度や湿度を確認しています。
2号機と3号機では燃料を冷やすために注水こそ行われていますが、
それ以外の復旧作業を実施するには、当面は極めて困難なことが確認された形です。



環境省、福島県内のがれきを仮設焼却炉で処分
日本経済新聞2011/5/18 2:48

環境省は17日、
東京電力福島第1原子力発電所の敷地外で放射性物質に汚染された福島県中央部や沿岸部の災害廃棄物について、
放射性物質を除去できる専用の仮設焼却炉を建設することで、全量の処理が可能との判断を示した。
同日発表した放射線量の測定結果で、
大半の地点が毎時2マイクロ(マイクロは100万分の1)シーベルト以下と低かったためだ。
同省は雨で除染され線量が低下したとみている。

測定したのは、原発周辺の警戒区域と計画的避難区域を除く同県中央部や沿岸部の仮置き場114カ所の廃棄物。
山積みされた廃棄物周辺の複数の場所から計測した。

福島市内のがれきは毎時0.46~4.04マイクロシーベルトだった。
放射線量が高いがれきは袋に入ったまま雨にぬれず、除染されなかったため高かったとみられる。
郡山市は同0.41~1.61マイクロシーベルト。
白河市やいわき市はすべての場所で同1マイクロシーベルトを下回った。

同省はそのまま焼却すると放射性物質が大気中に飛散することを懸念し、
各自治体に災害廃棄物を処分しないよう要請していた。

今回の測定結果から、放射性物質を除去できるフィルターを装着した仮設焼却炉を建設すれば、
がれきを処理できるという。使用後のフィルターや焼却灰の処分法は今後検討する。

同省は有識者会議で処分方法をまとめた指針を作成した後、国の原子力安全委員会の意見を踏まえ、
自治体に処分を認める方針。
放射線量が比較的高いがれきは仮設焼却炉で処分を求める一方、
線量が低いがれきは通常使っている焼却場での処分を認める方向で、週内にも自治体に通知する。

以下続きを読む内容書き出しました続きを読む
comment 0 trackback 0
back-to-top