fc2ブログ
05.24
Tue
福島第一と同型、弱点知る元技術者


http://www.tbs.co.jp/news23x/feature/movie/bn201105230000.html
↑ここで見られます(youtube見られなくなっていました)

NEWS23Xのシリーズ、「原発クライシス」。
福島第一原発では格納容器の損傷が事態の収拾を極めて難しくさせていますが、
実はかつて福島第一と同じ型の格納容器は「非常事態に弱い」と指摘する声がありました。

その「弱点」を詳しく知るアメリカ人技術者を取材すると、背景に潜む「ある問題」が見えてきました。
ビデオでご覧下さい。(23日23:25)


これはアメリカのゼネラルエレクトリック。GEが1953年に制作した原子力発電のPRビデオ

「原子力発電は実用できる事が証明されている」
「都市で使う電気を丸ごと生み出すことも不可能でない」

GEはこの頃原発産業に本格参入(1955年)
最初に世界に売り出したのがMARK1という沸騰水型の原子炉だった
構造がシンプルで建設費も安い原発として福島第一を始め世界で30基以上も建設されたMARK1だった

しかし、ある弱点を指摘する声が出てきた

GEの元技術者、デール・ブラインデンボー氏がMARK1に潜む深刻な危険を発見したのは
1975年の事だった

「格納容器はアクシデントの連続発生に耐えられず、破損してしまうと同時に圧力抑制室の水を失う事がわかったのです」
(デール・ブラインデンボー氏)

MARK1では原子炉に異常が起き格納容器内の気圧が高まった場合
蒸気を圧力抑制室に放出し冷やすことで圧力が下がる仕組みになっている
しかし、検証の結果
圧力抑制室内の構造や配管の強度に問題があり
蒸気が入りこんだ際に損傷することがわかったのだ
さらに、MARK1の格納容器は容積が小さく
中の圧力が短時間で上昇する危険も明らかとなった

しかし・・・

「GEも電力会社も そしてNRC(原子力規制委員会)も私が懸念した問題をすぐに解決しようとはしなかったのです」
(デール・ブラインデンボー氏)

全米でMARK1を運転していた電力会社はいずれも「危険性は低い」として
運転継続を主張
「停止させるとコストがかかる」
「住民の不安をあおる」との判断だったという

そして、GEも監督官庁である原子力規制委員会も運転継続を容認

ブライデンボー氏は異議を唱えGEを退社し、問題を暴露することとなった
「この問題を直接知る誰かが公にすることが重要だと思ったからです」
(デール・ブラインデンボー氏)

これを機にMARK1では圧力容器の構造の変更や配管の強化などさまざまな改良が施され
格納容器の圧力を外に逃がすベントと呼ばれる装置も新たに設置された

しかし、格納容器自体が小さく
非常時に影響を受けやすい基本的な構造はそのままだったとブライデンボー氏は指摘する

Q:懸念した事態が福島で起きた?
「懸念した事態がそのまま起きたわけではないが間違いなく関連していると言えます」
「想定外の事態が起きた場合、発生する厳しい現象に耐えられない構造なのです」
(デール・ブラインデンボー氏)

もう一人福島第一の弱さを知る男性がいる
GEの元技術者
日系三世のケイ・スガオカ氏だ

「圧力抑制室にも入りましたよ」(ケイ・スガオカ氏)

「マンホールを下っていくとぐるりと回れる通路があるんですよ」
(ケイ・スガオカ氏)

1977年からおよそ20年にわたり
福島第一原発の保守点検を担当したケイ・スガオカ氏

実は、あるスキャンダルで注目された人物だ

「広く社会の皆様に心からお詫び申し上げる次第でございます」

2002年に発覚した東電のトラブル隠し
原発の点検作業で見つかった亀裂や不具合を隠ぺいしていたこの問題を
内部告発で明らかにしたのがケイ・スガオカ氏だった

「あれ程多くの隠ぺいがあるとは思いませんでした」(ケイ・スガオカ氏)

スガオカ氏が強く感じたのは
「問題を隠す事は当たり」という原発業界の体質だった

さらに原発を管轄する
当時の通産省と東京電力の関係の近さにも違和感を抱いたという

東京電力と、(監督官庁の)通産省は
まるでグローブと手のような関係でした。
同じ組織の様なものです

東京電力が通産省を騙す事は簡単でした

スガオカ氏がに内部告発した際も旧通産省は
問題を2年公表しなかっただけでなく
東電側にスガオカ氏の名前を漏らすなど
両者のもたれ合いが問題とされた

今回福島第一の変わり果てた姿を見たスガオカ氏
「東京電力と監督官庁の関係が何ら変わってない」と感じているという
「正直言って日本は変わっていませんよ」
(告発後)きっと変わる。変わらざるおえないとおっ持いましたが
私は間違っていました

今回取材に応じた二人の技術者はいずれも原子力発電を否定してはいない
しかし、原発を運転する以上透明性を確保することが重要だと口をそろえる


ケイ・スガオカ氏の内部告発に関する内容は簡単に体質は変わらないー内部告発ー
                    に書いてあります








comment 1 trackback 0
05.24
Tue


東電、2・3号機でもメルトダウンと公表

JNN (24日17:23)


事故発生から2か月以上。

東京電力がようやく認めました。

福島第一原発の事故で、
東京電力は2号機と3号機でも「メルトダウン」が起きていたとする報告書を公表したうえで、
圧力容器が損傷し、一部の燃料が格納容器にまで溶け落ちる「メルトスルー」が起きた可能性についても認めました。

「こういった解析を事故発災当時にできなかったのかという話がありますが、原子炉への注水を安定的に継続させることに集中していたということになります」(東京電力の会見)

24日に公表された東京電力の報告書。
それによりますと、2号機は3月14日の午後1時25分に冷却機能がすべて失われ、
水位の低下が始まりました。
このまま水が減り続け核燃料が露出したと仮定すると、
6時間半後の午後8時頃には、燃料が溶け始めたといいます。

また3号機では、3月13日の午前2時42分に冷却機能がすべて失われ、
6時間あまりたった午前9時頃に燃料が溶け始めたとみられます。

JNNの取材に対し、
複数の政府関係者は1号機から3号機でメルトダウンが起きた可能性をすでに認めていました。
これまで「データが得られていない」として評価を見送って来た東京電力。
しかし、分析の結果得られたシナリオはそれだけではありませんでした。

1号機から3号機。
「メルトダウン(炉心溶融)」はそのすべてで起きていました。
東京電力は分析の結果を、こうまとめています。

「炉心は一部溶融したものの、圧力容器の損傷には至っていない。ただし、実際の水位がより低い状態を想定した場合には、圧力容器の損傷に至るとの解析結果となる」(報告書より)

一読すると、さほど大きな事態に至っていないようにも見えます。
しかし、カギとなる「水位」。現在、水位計は「水が燃料棒の半分まである」と表示されていますが、
1号機同様故障し、ほとんど水が溜まっていない可能性が高いのです。
東京電力も「水位が表示より低かった場合、燃料のほぼすべてが圧力容器の底に溶け落ちた可能性が高い」と
分析しています。

さらに・・・。
「高温の溶融したペレットが触れることで、(圧力容器の底が)損傷受けている可能性はあると思っています。燃料そのものも一部は圧力容器から格納容器に移っている、落下していると」(東京電力の会見)

燃料が溶け落ちる「メルトダウン」。
さらに、溶けた燃料が圧力容器を壊し外側の格納容器にまで達する、
いわゆる「メルトスルー」が起きた可能性についても認めたことになります。

「継続的に炉心に注水することで、今後、大きな事象の進展はないと考えています」(東京電力の会見)

「事態は悪化しない」。その言葉を信じることはできるのでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

信じられません
もう、何もかも信じられなってしまいました

昨日小出先生が国会の場で

「わたしは、パニックを避ける唯一の手段と言うのは
正確な情報を常に公開するという態度だろうと思います
そして初めて行政や国が住民から信頼を受ける。
そうしてパニックを回避するのだと私は思ってきたのですが
残念ながら日本の行政はそうではありませんでした。
常に情報を隠して危機的な状況でないという事を常に言いたがるという事でした」

と、おっしゃったように
ウソから始まった国と東電の言葉はもう信じられなくなってしまいました

もしも最初に
あの事故の時に
最悪の事を考えた報道を聞いていたならば

どんなに幸せだっただろうと思います
信頼できない国のもとで生活していかなければならない今の状態が
たまらなくイヤです


今日も東京には放射能が舞っていたのでしょうか?

自分の周りの放射能が見えない事にも
苛立ちを感じています

原子力は誰のために作られたのか
原子力推進のために使われ続けてきた税金は
もし
それがなければ
厚生年金だって福祉だって
もっと手厚い保護のもとにあったかもしれないのに

税金を食い物にして巨大化してきた
人間の手に負えない原子力と言うものに
そのお金目当てで群がる人間に

どうやってこの罪をあがなってもらえばいいのか・・・




comment 0 trackback 0
05.24
Tue

5月23日参議院行政監視委員会他の参考人の方がたの記事

小出裕章氏参議院5/23 行政監視委員会①(内容全て書き出し)


石橋克彦氏5/23参議院 行政監視委員会③(内容全て書き出し・資料あり)


孫政義氏5/23参議院 行政監視委員会③(内容全て書き出し・資料あり)

5月23日月曜日
参議院行政監視委員会2~後藤政志氏~

参議院の行政監視委員会「原発事故と行政監視の在り方」
                         後藤政志氏


2



続きを読むに内容書き出しました続きを読む
comment 0 trackback 0
05.24
Tue
5月23日参議院行政監視委員会他の参考人の方がたの記事

後藤政志氏5/23参議院 行政監視委員会②(内容全て書き出し)

石橋克彦氏5/23参議院 行政監視委員会③(内容全て書き出し・資料あり)


孫政義氏5/23参議院 行政監視委員会③(内容全て書き出し・資料あり)


5月23日月曜日
参議院行政監視委員会1~小出裕章氏~


参議院の行政監視委員会「原発事故と行政監視の在り方」
                     小出裕章氏





続きを読むに内容書き出しました

続きを読む
comment 0 trackback 0
back-to-top