fc2ブログ
05.29
Sun
石川のニュース 【5月27日03時02分更新】北國新聞社 富山新聞社

放射性物質吸い取る細菌 タンザニアで発見


田崎和江金大名誉教授は26日までに、
タンザニアの首都ドドマ近郊で、ウランなどの放射性物質の濃度が高い土壌中に、
同物質を吸着する細菌が生息していることを発見した

福島第1原発事故後、放射性物質で汚染された土壌の処理が大きな課題となる中、
「微生物が放射性物質を固定して拡散を防ぐ『ミクロ石棺』として役立つ可能性がある」としており、
今月中に福島県で土壌調査を実施する。

2009(平成21)年3月に金大を退官した田崎名誉教授は、
昨年11月にタンザニア・ドドマ大に赴任し、今年4月まで地質学担当として教べんを執った。

講義の傍ら、世界的なウランの大鉱床があるドドマ近郊約50キロの町バヒで、
これまでまとまった研究がなされてこなかった土壌中の放射性物質濃度などの調査に乗り出した。

手始めにタンザニア全土の約100地点で計測し、
バヒと周辺で放射性物質濃度が顕著に高いことを確かめた田崎名誉教授は、バヒの水田土壌を採取して調査した。

電子顕微鏡による観察では、
体長数百マイクロメートル(マイクロメートルはミリの1千分の1)の細長い糸状菌の生息が確認された。
菌体の周りには粘土鉱物の塊が多く付着しており、
この粘土は周りの土壌に比べて極めて高濃度のウランやトリウムなどの放射性物質を含んでいた

福島第1原発事故の後、現地周辺では、
放射性セシウムなどが高濃度で検出された土壌の除去、保管の方法について議論されている。
田崎名誉教授は、土壌中の微生物の生息状況を調べるため、今月中に福島県飯舘村などへ入って調査を始める。

田崎名誉教授は1997(平成9)年のナホトカ号重油流出事故後、
石川県沖における調査で石油分解菌の海水浄化作用を確認
した。

08年には北國新聞社の舳倉島・七ツ島自然環境調査団副団長として、
輪島市沖の七ツ島・大島で、大気汚染物質を取り込む微生物被膜を発見している。

福島での調査に向け、田崎名誉教授は
「自然の中にはもともと大きな環境修復能力が備わっている。
微生物の力を生かした汚染土壌処理の可能性を探りたい」と意気込んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは信頼性のあるニュースでしょうか?
色々な微生物を発見していらっしゃる先生のようです
けれど、「自然の中にはもともと大きな環境修復能力が備わっている」という言葉には
なぜか、その通りだと思える自分がいます。

参考までにこのニュースを載せました。

これが実用化されたらと、希望が湧きます。
続きを読むに田崎和江金大名誉教授の「研究者情報」転記します。

続きを読む
comment 0 trackback 0
05.29
Sun


ネットで大論争に…白い「耳なしウサギ」は本当にいた
産経ニュース2011.5.29 12:00

5月21日、
耳のない白い子ウサギを撮影した2分あまりの映像が、動画投稿サイト「YouTube」にアップされた。

投稿者は紹介文で、撮影場所を福島県浪江町としており、
ネット上では真贋論争を含めて大きな反響を呼び、再生回数は約100万回にまで伸びた。
今回、その飼い主が取材に応じ、耳のないウサギは確かに実在することが判明した。(鎌田剛)

「耳なしウサギ」の飼い主は、同町に住む杉本祐子さん(56)。

約18年前からウサギを飼い始め、知人から譲り受けたり、ペットショップで買ったりして少しずつ数を増やし、
現在は大人のウサギだけで21羽を飼育している。
ウサギ小屋は、ハーブや山菜など自然あふれる私有地に設けられていた。
福島第1原発からは30キロ以上離れている。

ウサギは春が出産シーズン。
小屋の中にある巣穴で出産するため、耳なしウサギがいつ出生したかは、正確にはわからない。

5月7日にうっすら毛が生えている状態の赤ちゃんウサギを確認し
同月11日には「まだ目が開いていなかった」ということから、4月末ごろに出生したと杉本さんは見ている。

取材した5月28日には、フワフワの真っ白な毛に包まれ、手のひら大の大きさになっていた。

耳のないウサギは、ほかに3羽のきょうだいがいるが、いずれも耳はあった。

YouTubeへの投稿は、今月半ばに耳がないウサギがいるのを知人が発見。
ビデオ映像に撮影し、杉本さんがコメントを付けてアップされた。

「珍しいウサギがいるというという気持ちで、原因が何かを知りたかった。
今まで耳のないウサギは生まれたことがないから」といい、

原発問題を社会に訴えるといった意図はなかったという。

だが、反響は予想外に大きく、閲覧者のコメントの中には、誹謗中傷だけでなく
「警察に通報する」「逮捕される」などと脅迫めいた書き込みもあった。

杉本さんは「だれかがあの手、この手で映像を削除させようとしていた。
体調が悪くなり、なかなか眠れない日もあった」というほど困惑したという。

ウサギはすくすくと成長しているようだ。
しかし取材時、カメラのシャッター音にきょうだいのウサギはすぐ反応したが、
耳なしウサギは鈍かったことから、杉本さんは「聴力に問題があるかもしれない」と話している。

耳がない原因については
「地震で親ウサギに何かのストレスがあったかもしれないが、まったくわからない」といい、
親ウサギも含めて研究機関に分析してもらう用意があるという。

福島第1原発の事故を受け、政府は4月22日に「計画的避難区域」を定めた。

浪江町は全域が第1原発の事故発生から1年間の積算放射線量が20ミリシーベルトを超えるおそれがある地域とし、
「おおむね1カ月」で避難を完了させる方針を打ち出している。

このため、今回の取材には放射線量計を持参。
法的に原発から半径20キロ圏内には入れないため、それ以外の場所のみ移動した。

同町内での最大値は毎時65マイクロシーベルトだったが、耳のないウサギのいる場所からは10キロ以上は離れていた。

杉本さんは自前の線量計で自宅周辺を測定し、積算を試算したところ、
積算量は年20ミリシーベルトを超えないことが分かったため、避難するつもりはないという。

耳のないウサギは自然界で生まれてくるものなのか。
複数の獣医師、研究者に問い合わせたが
「見たことがないし、研究もしていないのでコメントできない」などの回答しか得られなかった。

大阪府泉南市にあるブリーダー直営のウサギ専門店「シーズラビトリー」経営者、松島請弥さんは
「数多くウサギの赤ちゃんを育ててきたが、うちでは見たことがない。
ただし、生まれて間もないころにお母さんの歯が当たり、耳が切れてしまうことがある。
2本とも耳が切れてしまった子もいたが、傷口は残る。毛をかき分けてみれば分かる」と指摘する。

そこで記者は耳なしウサギを触らせてもらったところ、
耳があるはずの部分はわずかに突起物のような感触もあったが、やはり毛で覆われているのみだった。



続きを読むにyoutube投稿者の紹介文を転記します続きを読む
comment 0 trackback 0
05.29
Sun
世界と比較・食べ物飲み物の基準

基準

基準2

食品基準



<参考>
食品の放射線データサイトを検証してみた
でも、食品に関して調べました。

comment 0 trackback 0
05.29
Sun
311の地震の前までは
自給自足が将来の目標だったから 市民農園に申し込みをしていました
そして1区画使用できる事になったのですが・・・
何を植えたらいいのか分からないまま今日まで来ています
掘り起こして耕してはいけないと思っていたので
雑草は生えたままにしておきました
そして、おととい近所の畑に迷惑なので抜いてきました

野菜の種類によって吸収率は違うのかと思って調べてみたら
ちょうど、農林水産省が発表したばかりだったようで・・・・

下記の内容は一つの目安になるでしょうか
これからは根菜類いも類に濃度が高くなるようです

農林水産省の報告だけでは信じられないと思い
他も探してみましたが信頼できそうな情報は他に見付けられませんでした

何を植えようか・・・・・悩みます。


東日本大震災:野菜の放射性物質吸収、目安の係数発表
--農水省
 
◇「品目別濃度の参考に」

農林水産省は27日、
野菜や果物が土壌から放射性物質をどの程度吸収(移行)するかの目安となる係数(移行係数)を発表した。
福島県などの自治体や農家に作付けする際の参考にしてもらう。

国内外の文献を調査し、半減期30年の放射性セシウム137について
野菜類17品目、果実類4品目それぞれの係数を算出、平均値、最大値などを公表した。

土壌の濃度に係数をかければ各品目の濃度が分かるようにした。データが少なく非公表の値もある。

土壌1キロあたり1万ベクレルでトマトを作付けする場合、
トマトの実のセシウム137は平均値で計算すると7ベクレル、最大値では17ベクレルとなり、
食品衛生法の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を下回る。

一方、イモ類の移行係数は比較的高く、サツマイモの最大値は0・36で1万ベクレルの土壌で3600ベクレルとなる。

政府はコメ以外は作付け制限をしない方針で、移行係数は作付け制限の基準値ではない。
農水省はデータが少ないことなどから「あくまで参考値」としている。【佐藤浩】

==============
 ◇セシウム吸収の目安となる係数

品目     平均値     最大値

ホウレンソウ 0.00054 ---

キャベツ   0.00092 0.076

ハクサイ   0.0027  0.0074

レタス    0.0067  0.021

キュウリ   0.0068  ---

トマト    0.0007  0.0017

イチゴ    0.0015  0.0034

ネギ     0.0023  0.0031

ダイコン   ---     0.0011

ジャガイモ  0.011   0.13

サツマイモ  0.033   0.36

リンゴ    0.001   0.003

ブドウ    0.00079 ---

 (農水省発表、---は非公表)

毎日新聞 2011年5月28日 東京朝刊


放射性物質濃度 根菜類は高め">放射性物質濃度 根菜類は高め
5月28日 6時46分 動画あり

土に含まれる放射性物質が野菜や果物にどの程度吸収されるか、農林水産省が国内外の研究論文を調べた結果、
ジャガイモやサツマイモなど根菜類で濃度が比較的高くなる一方で、
葉ものの野菜や果物で低くなる傾向にあることが分かりました。

農林水産省は、
東京電力福島第一原子力発電所の事故で影響を受けている農家の作付けや自治体の検査の参考にしてもらおうと、
土に含まれる放射性セシウムが野菜や果物にどの程度吸収されるか、国内外の研究論文を調べました。

その結果、17種類の野菜と4種類の果物で、栽培の過程で土から吸収される放射性セシウムの割合がまとまりました。

それぞれ最大値で見ると、
根菜類のジャガイモで0.13、サツマイモで0.36と、
水田の土から玄米に移る割合の指標とされる0.1を上回り、
吸収される放射性物質の濃度が比較的、高くなることが分かりました。

一方、キャベツで0.076、レタスで0.021、リンゴで0.003など、
葉ものの野菜や果物で濃度が低くなる傾向にあるということです。

農林水産省では「あくまで参考の数値だが、今後、栽培実験などを行って詳しいデータを積み重ね、
より実態を反映できるようにしたい」としています。


続きを読むに農林水産省の報道発表内容と資料を転記します続きを読む
comment 1 trackback 0
back-to-top