fc2ブログ
06.13
Mon
ひとつ前のブログ
福島原発のMRK1欠陥指摘:ガンダーセン氏原子力規制委員会にて5/26(字幕)
「GE製BWR型Mark1格納容器は、
圧力に耐えれない構造問題が米国で建設後発覚し、緊急時の圧力を逃がす為、
バンドエイド修理のように後付けでベント設置した。」とガンダーセン博士が言っていますが
福島第一原発のMARK1型はベントを後付けしていると小出先生も後藤先生もみな言っていました
そのベント作業が今回の事故では行われたのですがフィルターが付いていなかったようです・・・
下記のニュースの内容では今からフィルターの設置を義務付ける事にするようですが
福一から漏れた大量の放射能
今更遅いです。
コストもとてもかかるようなのでその分のお金はもっと有効に被災者のために使って欲しいと思います


原発にフィルター設置義務を ベントの放射性物質低減で
中日新聞2011年6月11日 18時25分

原発の緊急時に原子炉格納容器から蒸気を外部に放出する「ベント」について、
経済産業省原子力安全・保安院が、
蒸気から放射性物質を除去するフィルターの設置を義務付ける検討を始めたことが
11日までの保安院への取材で分かった。

国内の沸騰水型原発ではベント配管にフィルターは付いておらず、
東京電力福島第1原発事故では、放射性物質が広く拡散した。
保安院は「深刻な事故を想定していなかったからで、問題だった」と認めた。
高圧蒸気に耐えるフィルターは大掛かりでコストがかかり、技術的にも難しいが、
東電は「必要性を検討する」(松本純一原子力・立地本部長代理)としている。

ベントは、冷却機能の喪失などで格納容器内の圧力が異常に上昇した際、
容器が破損して大量の放射性物質が漏れるのを避けるため、中の蒸気を排出して圧力を下げる措置。

東電によると、福島第1原発では蒸気を水に通す「ウエット」とそのまま放出する「ドライ」の2種類のベントを実施。
ウエットベントでは蒸気がいったん圧力抑制プールの水をくぐり、放射性物質が水に溶けて低減されたとしている。

しかし、水に溶けない物質や気体には効果が無く、
小出裕章京都大原子炉実験所助教は
「除去できるのはごく一部で、あまりに危険な対応。フィルター設置は国際常識だ」と指摘する。



comment 0 trackback 0
06.13
Mon
たねまきJ「ストロンチウム・MARK1・電気不足にはならない」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)6/9
で小出先生がおっしゃっていたMARK1の耐震強度不足に関して
ガンダーセン博士が米国原子力規制委員会(NRC)の会議内で
たった5分間だけ意見を述べることを認められた、その時の映像です



福島原発の欠陥指摘:ガンダーセン,原子力規制委員会にて5/26(字幕)


junebloke さんが 2011/05/30 にアップロード

<日本語概要:Junebloke>(転記させていただきます)
ガンダーセン博士,5/26米国原子力規制委員会(NRC)・フクシマ原発問題の2時間の会議の内、
わずか5分間のみ電話での発言認められるが、
回線に常に割り込みがあり、困難を極めるスピーチだった。
"ビデオ視聴者には、外部の独立系原子力学者達が、
5分間のみでその持論を説明するのは困難だとお分かりになるでしょう。"

*ガンダーセン氏は、福島原発事故が明示したのは、
米国内の稼働中のMark1 BWR型原子炉格納容器の安全性の問題提起。

ガンダーセン氏は、1974年にNRCに主蒸気隔離弁漏れを訴えた最初の技術者だった。
また、1972年から格納容器の安全性について検証をし続けていた。

米国NRCは、いまだに格納容器漏れなど起こらないと発言。
格納容器に亀裂が入っても、格納容器漏れの可能性は"ゼロ"と信じ続けています。


1)ガンダーセン氏は、"2005年ACRS(Advisory Committee on Reactor Safeguards)とNRCに対して、
Yankee原発に対しての格納容器の安全性憂慮の提言するが反論される。

2008年にも他の原発格納容器の安全性憂慮の提言し
2009年にも私たちFairewindsは、ビーバーバリー原発格納容器に穴を発見し、ACRSに安全性憂慮の提言をする。
2010年にACRSとNRCに新規原発P-1000の格納容器の設計について懸念の提言するも却下される。"

ガンダーセン氏は、6年以上に渡り、NRCにその根拠の提示とやり取りをしてきました。
ガンダーセン氏に対して、NRCは格納容器漏れは無い、可能性は無いと反論、無視してきた。

2)"GE製BWR型Mark1格納容器は、
圧力に耐えれない構造問題が米国で建設後発覚し、緊急時の圧力を逃がす為、
バンドエイド修理のように後付けでベント設置した。

70-80年代に建設された原発に、なんと1989年になってから圧力逃がし用ベントを設置したのである!" 

"福島1・2・3号機は、その圧力ベントを開く調整をしたが、総て失敗し水素爆発した。1
00%の失敗確立でした。Mark1が深刻な欠陥設計であることの証明です。" 

"福島の爆発事故で、GE製Mark1格納容器は、その気密性保持を喪失し膨大な放射能漏れを起こしてしまった。"

残念ながら、福島原発事故は、ガンダーセン氏の懸念が正しかった事を証明してしまった。
ガンダーセン氏が、NRCに長年問題提起していた事であった。

"米国でも、ドイツでも、同型原発で発生し得る問題です。
世界中の他のGE製BWR型Mark1原発格納容器で起こり得る問題です。


また、TBSテレビ:NEWS23 X(クロス)でもMARK1に関しての内部告発の放送がされています
特集「シリーズ原発危機「元GE技術者が語ったFukushimaの弱さ」
この番組の内容は原子力発電所。原子炉の構造自体が不安(内容書き出し)に書き出してあります。

http://www.tbs.co.jp/news23x/feature/movie/bn201105230000.html続きを読む
comment 0 trackback 0
06.13
Mon
昨日の報道特番。
これは日本の今の民放が良く放送してくれたと思いました
アーカイブを見つけたのでUPします

福島第1原発事故は本当に「想定外」だったのか?

地震・津波の規模は、本当に“想定外”だったのか? 投稿者 sean2010jp


都心土壌独自調査・母乳にも…首都圏放射能汚染 1/2

都心土壌独自調査・母乳にも…首都圏放射能汚染 1/2 投稿者 sean2010jp

都心土壌独自調査・母乳にも…首都圏放射能汚染 2/2

都心土壌独自調査・母乳にも…首都圏放射能汚染 2/2 投稿者 sean2010jp

福島原発作業員が実名で語る“過酷”

福島原発作業員が実名で語る“過酷” 投稿者 sean2010jp


「100万人アクション」各地で脱原発デモ

「100万人アクション」各地で脱原発デモ 投稿者 sean2010jp
comment 0 trackback 0
06.12
Sun
岩上安身さんが斉藤和義さんにインタビューしました
内容を一部書き出しました




この期に及んで原発推進だなんて言っている人はアホだと思っているので
去年子どもが出来たばかりで44で初めて親になったらこんな事になって
前からもちろん清志郎さんのチェルノブイリJOCでふさけるな思いながらもここまで来てまって
こんなことになってそして後悔した
自分も含めてですけど
こういう事態になってから知るのがどこか後ろめたさがある方もいると思うけど
そんな事は絶対ないので
こんなことになったからこそきっちりと出来る限りの勉強、知ろうと思う努力を怠ってはいけないし知れば
原発がどれだけいらなかったものなのかがはっきりと分かる訳で
こんなに危ないもを日本をはじめ世界中から最終的には無くなるように動いていけば
必ずいつかは 子どもたちが普通に砂場で遊べて、何の心配もなく過ごせる将来が必ずあるべきだと
それは推進派だって言っている人だっての人も思っている事だと思うので
代替、エネルギーだって知れば知るほど沢山ある訳で
実用可能なものも沢山あるし
自分も知らなかったけれど知ってみるとめちゃくちゃあるという事がかなりはっきりしているので
だったらそっちの方がいいでしょうって
普通に思うでしょって事だけで
変に反原発だってサブカル扱いするとうな風潮ももっともおかしい事だと思うし・・・ということです
普通のことだと思います


611のアーカイブは全部で4つあります。
『6.11脱原発100万人アクション』完全ライブ中継プロジェクト
そのうちのNo1をここに載せます
上のインタビューの続きで斉藤和義さんの「ずっとウソだった」がノーカットで放送されます



comment 0 trackback 0
06.12
Sun
飯田哲也氏の講演やインタビューを
まだ、きちんと聞いた事がなかった私です・・・
昨夜のLIVEに登場して話して下さった内容に
身震いがしました

いきなり始まった菅降ろしに
漠然と思っていた事がある(政治なんかほとんど知らないのに・・)

浜岡停止を勝手に記者会見で言った
その後自然エネルギー転換についても勝手にコメントした
(菅総理が上の二つの事を根回しせずに独断で勝手に公表したように私は思った)
その後急激に(今日本でそんなことしている場合じゃないのに)不信任案(菅バッシング)が始まった
なにか、(原発に関して)ウラがあるような気がした

政治家はもともと好きじゃないから
誰かを支持した事はないけど
菅さんが首相じゃなくなったら原発推進国家に戻るような漠然とした不安感を持っていた

そんな私の理由もない不安についての答を
昨夜、飯田哲也さんはきっぱりと語ってくれました

内容を書き出しました


6.11脱原発100万人アクション 飯田哲也氏のコメント


岩上:日本で100何箇所デモをやっています
そのうち70か所ぐらいustreamで中継しています
この状態をどう思いますか?

飯田:とにかく国民の世論は今間違いなくエネルギー政策原子力政策を変えろということで一致をしていると思うんですね
で、一方で官邸とか国会とかあるいは霞が関とか永田町は 全く逆向きに動いていて

今本当に古い仕組みに戻るか、国民がエネルギー政策を変えられるか。のホントに今瀬戸際で

浜岡を止めるアレもメルケルに比べれば弱いんですけれども
「止めて下さい」という要請ですから・・・

メルケルは4日後に7基止めたのですけど
ただ、あそこから日本のいわゆる思考停止オヤジどもが作っている、どうしようもない古い人たちが逆ギレし始めて
で、あれからまず、電気が足りないキャンペーンが始まったわけです

4月の下旬には 一瞬小春日和的に東電は「夏は大丈夫だもう計画停電はやらない」と
そういう形で経団連も25%減らしますということで
割と一瞬ゆるい時期があったんですが
アレがあってからいきなり電気が足りないキャンペーンが始まるわけですね

朝日新聞なんかでも夏は7社が足りないとですか
一面トップで、あれはまったく根拠を持たないデマです


ネットを見ている人とテレビと新聞しか見ない人とで情報が180度違っていますけど、
そういう垂れ流しがあって

もともと経産省がエネルギー政策賢人会議というもので
4月下旬から仕込みをして
あれでとにかく、保安院は切り離しても仕方がないけれども
おいたをしたみたいな感じで・・でも見事にスカになった感じなのでこれではイカンということで

今度は国家戦略室、ここは経産省が乗っ取っているAチーム菅さんが直接連れてきたBチーム(民間人)とがあって
これはAチームが完全に仕切っているのですね

仙谷さんはもう民主党政権になった暮れぐらいまでに洗脳が完全に終わっているので
もう、彼は原子力に対してはダメですよね
それから、玄葉さんも洗脳が完全にほぼ終わっていて

菅さんがいない間に、とにかくこの国家戦略室
実は経産省の出島部隊が政治主動を装いながら実は経産省の役人が全部仕切ると
しかも、放射能の5重の壁じゃなくて経産省も5重の壁が作ってあるんですよね
で、なおかつ詳しい事は経産省の総合資源エネルギー調査会と原子力委員会で決めるというふうになっている

この人たちってはっきり言ってまな板の上のコイな訳ですよ
「あんたたちが間違いをやっているわけでしょ」という人たちが
自分たちが全部料理しますからっていうんで、料理人の側に回っていて
7日に会議があって事実上エネルギー環境会議の第一回目に相当するのが開かれて
その秘密の議事録を私は入手したのですが
あのぉ、ほんとに原子力政策ありきで
「もう、すでに、安全対策津波対策終わっています。安全です」というふうに

海江田さんが報告しているんですね
海江田さんが報告するメモは当然経産管理が作っていて
もう、「いっちょ上がり」というふうなのが進んでいるわけです

このエネルギー環境会議で物事を進ませえる中身の食い破りと
上部構造としては例の何故こんなところで不信任案が出るんだというあの不信任案と
しかもそれの根拠になったのは安倍晋三が全くニセ情報で
最初の注入がどうのこうのという話しでしょ

民主党の永田議員でしたか?自殺まで追い込まれた虚偽答弁みたいな事を安倍晋三がやっているわけですから
そんなの本当は追い詰めなければいけないのに
それを追い詰めるメディアはゼロですよね

で、それがいきなり大連立騒ぎになって
しかも候補は野田さんとか
これは完全に財務省の傀儡政権で
増税財務省ライン原子力経産ライン。そしてその間をつなぐのが東電ゾンビスキムで
東電を生かさず殺さずで国民の電気料金を垂れ流しながら
今の独占体制を維持しようという
完全に経産省と財務省の傀儡で動く大連立が今動いているわけですよ

もちろんさんは全然万能ではないし、失敗も数々しているんですが
今ここで変わったら完全に昔に戻ってしまうので

最低限菅さんがいる間に全量買い取り制度の道筋をつくって
もう一つは国民がエネルギー政策を開かれた場で議論して

メルケルがやったようにですね
とにかくマラソン会議でも何でもして
もうひと夏中・・もう50年間違えているんですから7月で結論出すなんて無茶苦茶で
徹底的に半年間でも議論して
国民が納得するエネルギー政策を作るんだと
もう経産省官僚とかが裏舞台でゴチョゴチョやるのはもう辞めさせると

その道筋をさんがちゃんと作ってそれから次の首相にバトンタッチするところまではやらないと

ここは、民主党自民党それから党派の指示とか管さん嫌いだとかあるかもしれませんが
国民のエネルギー政策を作るためのブリッジが出来るのは今菅さんしかいないので
わたしは全然これまで特定の政治家を支持した事はなかったんですが
この瞬間だけは支えないとまずいです
本当にまずいです

岩上:これ、いまものすごくデリケートなところをお話しなさっていて
ちょっと今キョトンとしている方もいらっしゃるかもしれないけど
飯田さんは絶対ご存知、2008年ごろでしたか、経産省の中で

飯田:2004年ですね。核燃料サイクルの話し?

岩上:原発これからもやっていけるかどうかで経産省の中でも割れていた事がある

飯田:2004年ですね

岩上:そうですね。その時ことごとく脱原発派
経産省の中にいた脱原発派をバタバタと潰していった動きをした方がいた

飯田:はい

岩上:その方が今内閣の官房参与の中にいらっしゃる

飯田:はい

岩上:いらっしゃいますよね。望月さん。
その方が書いている絵がある
この人を切れるかどうか・・・その勝負がかかっているんですよね
間違いなく菅さんが今の事をできるかどうかという事は、
そういう人を切り捨てる事が出来るかどうかにかかっているわけですよね

飯田:まぁ、それもそうですけし
民主党の政治主導で完璧に間違ってきたのは
ミイラ取りがミイラになった事をそのまま認めているわけですよ

本来の政治主導は首相、菅さんが海江田さんに
今朝の新聞では事故庁を経産省におこうとした画策があったというのを菅さんが止めたという話があったでしょ
本来だったらそんなふうに役人が暴走する事を海江田さんに「止めろ」と言って指示しなければいけないし
それが出来ない海江田さんは出来なかったら更迭しなければいけないんですよ
それが本当の政治主導でしてね

日本はとにかく妖怪のように官僚が飛び回っていて
本当に自分たちの圏域を守るために今回の事故に関して
全く「へ」とも思っていないですよね


この、財務省も経産省も・・・
彼らがまさに魑魅魍魎(ちみもうりょう)のように動き回る状況をどう抑え込めるか
国民の声が燃え上がるしかないんですよね

それが無いとエネルギー環境会議で財務省と経産省が思ったとおりのエネルギー政策になり
大連立で傀儡政権が出来て傀儡官僚政権が出来ると・・・
それはまず国民の世論が盛り上がって何とか阻止をするしかないと思いますね

・・・飯田さんの時間切れに関するトーク(略)・・・・

岩上:たぶんですね
みんなキョトーンとしています
このキョトンとした嫌な感じだけ覚えておいて下さい
この後の詳しい解説は後日もう一回、飯田さんお時間作って下さい

飯田:はい、もうその時事が終わっていたらまずいですけどね

本当に今瀬戸際ですね
このまま何も約束させずに菅さんを沈没させたら
もう官僚傀儡政権が出来るので
そんなに菅さんの政権が長生きするとは思いませんけども
政権にいる間に国民のための何かのブリッジをしっかり約束してもらって次にバトンしてもらうと
それをやってもらうのが今の菅さんの仕事だと思います

岩上:仙石さんが政権じゃダメだと

飯田:仙石さんはもうちょっと・・・どうしちゃったんだろうと・・・いうほど
これは最初の政権とった12月の原発輸出にのめりこんだ時から
国民を売って原子力村に身を売ったということですね

岩上:新経済成長政略の中心ってそこでしたものね
原発の輸出

飯田:原発進出で成長なんてできるわけないのに狂ってますよ
あれはただの東芝に儲けさせるためだけの物であってですね
あんなものを作るなんて事は完全に亡国の政権だということですね

岩上:東芝、日立というのは儲けようととして

飯田:あのね、日立はね、日立と三菱は提携しているだけだけど
東芝は6000億円突っ込んでるからそれを取り戻さなければいけないのですよ
東芝は力の入り方が違うんですよね
だから、巨悪は東芝です

岩上:なるほど

飯田:はい

岩上:ということで、東芝の皆さんちょっと首洗って待っていて欲しい・・・
この話し、ちょっと続きお願いしますね
終わっていない事を祈りますし

飯田:そうですねまだまだ続く事を



報道されない菅総理のコメント「総理・有識者オープン懇談会」6/12(書き出し)

こちらもご覧ください。

comment 33 trackback 3
06.12
Sun
昨日のTBS報道特番の最後に新宿東口のデモの様子を屋上から撮った放送を見て

東京新宿で脱・反原発デモ!6月11日18:00~


これは各局で大きく報道されるかもしれないと思い
ニュース番組を色々とみたけれど・・・
大きく取り上げているニュースには巡り合えなかった
私の期待は大きく裏切られた><;


脱原発デモ「100万人アクション」

TBSNews(11日17:32)

東日本大震災から3か月。各地で脱原発を訴える大規模なデモが行われています。

「シュプレヒコールを叫ぶ、昔からのスタイルの人もいれば、それぞれコスプレで集まったり、いろんな形で反原発を訴えています」(記者)

「絶望しました。この子ともっといろんなことをやりたかった。希望を取り戻すために参加してます」(4か月の子供と一緒に行進する夫婦)
「福島から来ました。子供たちのために、未来のために」
「今日がうまくいけば、全国で止まるのも近いかなと」

「100万人アクション」と銘打たれた今回のデモは、全国的な広がりを見せています。

8日、高円寺のとあるビルでデモの準備が行われていました。
高円寺、渋谷とデモを行うたびに賛同者が増え、
これまで政治に無関心とされていた20~30代が中心に構成されています。
彼らの根底にあるものは何なのでしょうか。中心人物の1人はデモの意義をこう訴えます。

「日本の社会の悪いところは、思っても言わず、あとでグチグチ文句を言うところ。そういうことで世の中悪くなっている。ちょっとでも思うことがあるなら、街に出た方が健全だと思う」(松本哉さん)



comment 2 trackback 0
06.11
Sat
放射線にしきい値は無い
どんなに微量でもDNAを傷つけて病気になる可能性はある
そんな中・・・・・

なぜ?
311の事故はただの天災じゃない
原発事故が無くて放射能が飛び出さなければ
復興のために全国の人が集まったり
マラソンしたり
それは素晴らしい事だと思う

だけど、
すでに日本は殆ど汚染されているけれど
そのなかでも福島の線量はダントツに高い
しかもセシウムだけでなくストロンチウムも発見された

全国の高校生がここに集まる意味はあるのだろうか?

私が思うには福島の高校生をせめてもうすこし放射線量の少ない地域に連れて行って欲しいと思う

場所を変えて全国高校学校文化祭を行う事は無理なのだろうか・・・・

普通に素朴に疑問です

そして、福島駅伝も行うらしい
駅伝・・・・・
セシウムもストロンチウムも半減期が長い
もしかしたらもっと違う放射性核種もあるかもしれない
走るのが好きな子どもたちがいるのなら
その駅伝を福島市内ではなく別の場所で行う事は不可能なのでしょうか・・・
こちらも疑問(駅伝については続きを読むに記入)

ふくしま総文-第35回全国高等学校総合文化祭-

第35回全国高等学校総合文化祭の概要

全国高等学校総合文化祭は、高校生の文化芸術活動の祭典として昭和52年から開催されている全国大会で、【文化部のインターハイ】とも呼ばれています。全国高等学校総合文化祭は、大会の出場者が技術と交流を深めあうだけでなく、大会の企画、運営にも高校生が主体的に活躍する、手作りの大会運営が特徴となっています。

第35回は福島県を会場として8月に開催され、開催期間である5日間で全国から高校生が約2万人、一般の観覧客を含めて約10万人が参加します。

開催期間

平成23年(2011年)8月3日(水曜日)~7日(日曜日)
開催会場(主会場)

福島市、郡山市、須賀川市、白河市、会津若松市、喜多方市、南相馬市、いわき市

質問コーナーは6月10日にUPされました
こんな不安を抱えて何故ですか?やっぱり意味分かんない・・・・・


6月10日 開催に関するよくあるご質問とその回答を掲載しました
開催に関するよくあるご質問とその回答

Q2 余震があるようですが、会場や宿泊施設は大丈夫ですか。

各会場は、新耐震基準に適合し、強い地震にも耐えられる強度をもつ施設です。また、ふくしま総文の『宿泊サポート室』では、強い地震に耐え、安全が確保できる施設を御案内しています。

Q3 被害が大きいようですが、旅館・ホテルなど、泊まるところはありますか。

ふくしま総文では、JTBを幹事社とする『宿泊サポート室』が旅館・ホテルの部屋を十分に確保して、皆様に御案内をしています。

Q4 食事や水は大丈夫ですか。

物流は復旧しています。旅館・ホテルや食堂等では普通に食事ができます。コンビニやスーパーなどの営業も平常どおりで、食料品や飲み物などのほか、必要なものを買うことができます。
なお、食品の放射性物質に関しては、農林水産物は危険なものが市場に出ることはなく、水道水から放射性物質は検知されていません。


Q6 原子力発電所の事故がありましたが、安全ですか。

文部科学省が作製したチラシ「保護者の皆様へ」(PDFファイル下記画像1)をご覧ください。
会場や宿泊施設のある市町に対しては避難指示は出されておらず、多くの福島県民が通常の暮らしをしています。

画像1クリックするとサイトに飛びます↓
文化祭




Q8 「警戒区域」、「計画的避難区域」、「緊急事避難準備区域」とは何ですか。

(1)警戒区域
 居住者等の生命または身体に対する危険を防止することを目的に設定された、原発から半径20㎞圏内が対象で、緊急事態応急対策に従事する者以外の者に対して、市町村長が一時的な立ち入りを認める場合を除き、当該区域へ立ち入りが禁止され、又は当該区域からの退去を命じられている区域です。

(2)計画的避難区域
 事故発生から1年の期間内に積算量が20ミリシーベルトに達するおそれのあるため、住民に概ね1か月を目途に別の場所に計画的に避難を求める区域です。
 計画的避難までの間、区域内において概ね1か月間程度、生活をしたとしても健康への問題はありません。

(3)緊急事避難準備区域
 緊急時に屋内退避や避難の対応が求められる可能性が否定できない状況にある区域で、常に緊急時に屋内退避や自力での避難ができるようにすることが求められますが、通常の生活をしていても健康への問題はありません。

 ふくしま総文を開催する会場のある市町は、いずれの区域にも指定されていません。
Q9 会場がある市町は、福島第一原子力発電所からどれぐらいの距離ですか。

 福島第一原子力発電所からの距離は以下のとおりです。 

福島市 約63㎞(北西)
郡山市 約58㎞(西)
白河市 約81㎞(西南西)
棚倉町 約72㎞(南西)
会津若松市 約98㎞(西)
猪苗代町  約83㎞(西)

Q10 放射線が心配なのですが・・・。

 ご心配な場合は、以下の窓口へ御相談ください。
 (1)原子力災害全般
   産業経済省原子力安全・保安院原子力安全広報課 03-3501-1505・5890
 (2)放射線に関する健康相談
   健康相談ホットライン 0120-755-199(午前9時から午後9時まで)
 (3)放射線に関する問い合わせ
   福島県災害対策本部 専用相談窓口 024-521-8127(午前8時30分から午後9時まで)続きを読む
comment 0 trackback 0
06.11
Sat
全国で611でもが大規模に行われています
新宿20000人 芝6000人 代々木6500人 横浜3000人 国立700人 大阪10000人(今のUSTREAM発表数)
その他全国で・・・海外も
NHK,民放では放送されないけどUSTREAMでは70か所の場所でそれぞれLIVE放送中です

『6.11脱原発100万人アクション』完全ライブ中継プロジェクト
夜10時までライブで放送中です

そして今小出先生の講演中です
福島第一原発事故の真実 小出裕章助教講演
すでに44分経っています’(18:18分現在)


神戸




小出先生21:20頃から

みなさんこんにちは
今日はありがとうございます
こんなに沢山の方が集まって下さってとても嬉しいですが
いつも私は沢山の方を見るとこんなことになってしまった事がとても残念に思っています

わたしはすでに40年間原子力を一刻も早く止めさせていと思って来た人間ですけれども
大変簡単な事しか言ってきていなかったです
原子力を利用すると放射能を作る以外ない
その放射能を無毒化する力を私達は持っていないのです

昔から原子力はトイレの無いマンションと言われていますけれど
自分が作り出したゴミの始末もできないような原子力は止めようと私は言ってきたつもりです
始末のできないゴミがひとたび生命環境に漏れてくれば
今現在福島原発の周辺で起きている様な大変な悲劇が避けられないのです
マスコミあるいは政府というところがちゃんとした真実を伝えていないという事が私は今も残念に思いますけれども
私は毎日、昨日も含めてずっと福島第一の汚染を調べています

土を持ってきて放射能を測定器にかける
植物を放射線測定器にかける
どんな資料もとてつもない放射能汚染の姿を私の前に表してきます
そういうところで今現在福島の人が生きている
こどもたちも含めて生きているという事を
どうして日本人の人達は自分のこととして感じないのだろうかと
本当に私は不思議に思いながらきています

残念ながらこの事故を防ぐ事が出来ませんでした
本当になんとも言葉に尽くせず無念に思いますけれども
やらなければいけない事は次の悲劇をなんとしても防ぐという事だとおもいます

まずはそのために私のできる事をしたいと思いますが
仮にそれが出来たとしてもすでに私達が原子力を使う事によって生みだしてしまった核のゴミ
それはずーっと残っていくのです
子どもの代、孫の代、そのまた孫の代・・・
なんと、10万年100万年にもわたって私達はそのゴミを残さなければいけないという
そういうことをやっているのです

何というひどい事を今私達の国がやっているのだろうかとわたしは思います
その事を多くの日本人に気が付いて欲しいと思いますが
残念ながら今現在日本のあちこちで原子力発電所が動いているという現実もあります
何故かと言えば
原子力発電所を止めたら停電すると
不便な生活は嫌だからという日本人がどうも多いらしいのですね

でも、実はそれも嘘なんです
日本中の原発を今即刻全部止めたとしても、日本の電気の供給は何の支障もないというだけ
日本には水力発電所も火力発電所もあるのです
何としても即刻原子力発電所は廃絶させたいと私は思っているし
停電の不安を感じで原子力が必要だと思っている様な方には
是非とも「そんな事は無いんだと原子力は止めても何も困らないんだ」という事にまずは気付いて欲しいと思います
ただし、私が言いたいのはそんな事ではありません
電気なんて足りようと足りなかろうと原子力なんてやってはならないと
(拍手)
ありがとうございます
それに多くの方が気付いてくれればきっと日本という国から原子力を追い出すという事が出来るだろうと思います

私は単なる原子力を研究する一人の研究者です
わたしが出来る事は私が知り得た事を皆さんに伝えるという事
それだけしかできない
昔もそうでしたし今でもそうです
わたしは花房さんのように映画を作る事は出来ないです
今日ここで音楽をやって下さる方々もいるようですけれども
楽器を扱う事も私にはできません。歌を歌う事も出来ない
曲を作る事だってできません
みなさんプラカード、綺麗なプラカードを持っている方もいるけれども
私はイラストを書くことすらできません
でも、私は原子力について知った事をみなさんにお伝えする責任があると思いますので
それだけは私はやりたいと思います

先程私が参議院に行ったという事を主催者の方が伝えて下さいました
私は政治は大嫌いだった
政治の場には絶対に行かないと今まで思ってきました
ただ、今回の福島の事故を防げなかった事に対して
わたしは、やはり原子力の場にいたものという事で責任があると
どうしても責任を感じないではいられませんでした
そのため、参議院にも行って原子力に対して一言言いたいと行ってきました
今後も場合によってはまた政治の場に発言に行く可能性はあるとおもいます
私の責任を何がしかはやはり果たしたいと思います

でも、皆さんは皆さんで
それぞれ個性豊かに生きてきた方々が
個性を生かしながら生きているわけですから
みなさんの個性を生かして原子力に反対して下さい

それが出来ればきっと日本から原子力を廃絶させる事が出来ると思います
ぜひともよろしくお願いいたします
今日はありがとうございました



comment 0 trackback 0
06.10
Fri
セシウム137とアップルペクチン
河田昌東氏インタビュー5/7(内容全て書き出し)

この二つのブログを書いておきながら自分では全く無関心だったアップルペクチン
もともとサプリメントは好きじゃなかった
自然の物を食べて摂取するのが一番体にいいと思っていたから・・・
だけど、ハタと思った
「あら?今のこの日本はもう311前とはまるっきりま逆なんだっけ?」
自分の今までの常識変えなきゃって思いながらも
なかなか頭の転換がうまくいかない

だけど、セシウムはこれから30年たっても半分になるだけ
で。。。しかも・・・今もまだ出ている
増える事はあっても減る事は無いんだよね

昨日ね
文科省が出している都道府県別環境放射能水準調査結果を見ていたの
環境放射能水準調査結果(都道府県別)と
全国大学等の協力による空間放射線量測定結果
それをまとめてブログに書こうかと思ったくらいに
もう、日本中が汚染されていました
福島第一原子力発電所からの空気の流れだけでなく
前に小出先生もおっしゃっていたけれどチェルノブイリの時にも地球を一周して放射能物質はまた日本に帰ってきた
グローバルジェットストリーム・・・どこまでも広がる放射能汚染
これを見た時にも思ったのにね・・・全国が汚染されたって・・・

そして汚泥問題
東京都の下水処理場がどのくらいあるのか調べてみました
そして、そこでは小出先生がおっしゃるように、やはり焼却していました
たねまきJ「東京都下水処理場の汚泥」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)
東京都の汚泥に高濃度の放射線量・・・「とくダネ」

河田昌東氏講演会・第1部6/5(内容一部書き出し)


「今気になっている事は
下水処理場の汚泥の汚染
われわれが使った物が下水処理場に流れる
そこの汚泥が汚染されているという事は
我々が使用した最終的な行き場であって
ここが汚染されているという事は我々も汚染されている
国は処理の仕方はそこに保存するようにというだけ」
と河田先生はおっしゃっているが

もう、放射性物質が放出される地点は福島第一からだけではなく

懸念される瓦礫の処理と広がる国内汚染
でも書いたように、ゴミ処理焼却場からも多分放出されているでしょう

とにかく、日本は沖縄を除いて完全に汚染されていると思います

意識を根本から変えなくてはいけないんだと思います。
いつもいつもこのブログを見に来て下さっているみなさんに
今のうちにアップルペクチンを用意しておいた方がいいのではないかと思い
ちょっとブログに書きました。

昨日のたねまきジャーナルでも小出先生はこれからはセシウムの注意が一番大事だとおっしゃっていました
アップルペクチンを食事と一緒に取るとかなりの量のセシウムが体外に排出されるようです
(詳しくは上に書いたセシウム137とアップルペクチン参照してください)

なんだかまだまだ納得いかないけど(サプリメントを飲む事に)
6月10日に入荷したというアップルペクチンがいまなら購入できそうです

こんな日本になってしまった事を認めて生きていかなければならないなんて
たまらなく嫌だけど
受け入れなければならないのですよね・・・・


誰も教えてくれない
国家もテレビも新聞も
自分と家族を守るのは自分自身しかないのですね。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。





comment 0 trackback 0
06.10
Fri
・ストロンチウムが福島市の土壌から検出された
・原子炉の耐震強度不足が30年前に発覚していた
・全ての原発を止めても電気は充分に足りる

6月9日木曜日 
京都大学原子炉実験所小出裕章助教に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]

【福島原発】6/9/木★原発を止めても電力は足りる



<参考>

11か所でストロンチウム検出
NHK6月9日 4時24分 動画あり


東京電力福島第一原子力発電所の事故で、
国が福島市や浪江町など福島県内11か所で骨に蓄積する性質のある放射性ストロンチウムの土壌調査を行った結果、
すべての地点で検出されました。

専門家は「量はごく微量だが、もっと観測点を増やして飛散の実態を解明すべきだ」と指摘しています。

文部科学省は、ことし3月下旬から5月中旬にかけて福島市や南相馬市、
それに二本松市や浪江町、飯舘村など福島県内10の自治体の11か所で土を採取して分析を行いました。

その結果、11か所すべてから放射性物質のストロンチウム90が検出されました

ストロンチウム90は、原発の燃料のウランが核分裂するときに出来る放射性物質で、
放射線の量が半分になる「半減期」が29年と長く、
カルシウムと性質が似ていて体内に吸い込むと骨に蓄積し、がんを引き起こすおそれがあるとされています。

検出された値は、最も高かった浪江町で土壌1キログラム当たり250ベクレル、
飯舘村では1キログラム当たり120ベクレルでした。
そのほかの地点では2ベクレルから18ベクレルで、

原子力安全委員会
「検出された値は各地で検出されている放射性セシウムに比べて、ごく微量で、
土の中にあることなどから、健康に直ちに影響するものではない」と説明しています。

また、原発からおよそ60キロ離れた福島市内でも検出され
福島県内の広い範囲に飛散し、
ほかの放射性物質と同じように原発の北西方向で高い値になる傾向にあることが分かりました。

これについて放射線の影響に詳しい
福島市の医療生協わたり病院の齊藤紀医師
「検出された量は、ごく少ないが、ストロンチウム90は骨に蓄積するなど健康影響がある放射性物質だけに、観測点をもっと増やして、飛散の実態を解明した方が市民の不安解消につながる」と指摘しています。

今回の結果を受けて文部科学省は観測点を増やす方向で検討するとしています。



原子力発電所。原子炉の構造自体が不安(内容書き出し)

特集「シリーズ原発危機「元GE技術者が語ったFukushimaの弱さ」
TBSテレビ:NEWS23 X(クロス)
福島原発MARK1格納容器の欠陥を告発した技術者ビデオの内容書き出してあります
youtubeは見られなくなっていましたのですが
こちらで視聴できます↓
http://www.tbs.co.jp/news23x/feature/f201105230000.html


「原発はなくても電力は足りる。」その理由~小出裕章先生



広瀬隆氏「浜岡原発停止の今後」について・・

[今年の夏が昨年のように猛暑になることはまずあり得ないので、余裕をもって乗り切れます。
だから何を騒ぐのかというのが第一の疑問です。
テレビと新聞が、産業界や庶民に要らぬパニックを煽っているのです。
私が報道記者に言いたいのは、電力会社の発表を鵜呑みにせず、実績値を自分たちで調べてみなさいということです。]


続きを読むに内容書き出しました続きを読む
comment 0 trackback 0
06.09
Thu
4月13日の放送なのでもうすぐこの日から2か月経ちます
日本は何も有効な対策を建てる事のないまま時間だけが過ぎていっている気がします

福島原発100km圏の40万人がん発症可能性有
4/13バスビー教授(字幕)



junebloke さんが 2011/06/01 にアップロード

(下記内容が書かれてありましたので転記します)

バスビー博士:福島原発から100km圏内40万人が癌発症の可能性懸念
4/13(日本語字幕:Junebloke) ロシア・トゥデイより。
*レベル7引き上げ発表直後の英国ウェールズの大学のバズビー博士へのインタビュー。



Q.(司会)なぜ東電の原発事故対応はゆっくりとしているのでしょうか?

A. (Busby) 前にも申しましたが、この原発事故はだれもが考えていた状態よりもっと悪いからです。
大きな問題のひとつは、誰も原子炉に近づけないことです。
いまだに多量の放射性物質を作り出していることです。
多くの原子炉の核燃料が溶融し漏れている。この環境では、電­子機器・機械が動けません。
なぜならマイクロチップが、過剰な放射線レベルだと影響を受け可動しなくなるからです。

Q. レベル7になりましたが、なぜ事故評価を最大のレベル7に上げたのでしょうか?

A. チェルノブイリ原発事故災害の歴史を振り返ってみますと、今回とまったく同じ道筋をたどってきていました。
当局は、なるべく事故を小さく見せようとしてきました。
一方で、­当局はその事故の重大さを信じられなかった。心理的にそれを拒否していた。

また、我々は、原子力企業、関係組織は、非常に政治的に強力なロビーストなのを知っています。
背景には、原子力開発、ウラン採掘関連企業などでとてつもなく巨額なマネーが­動いているのです。
彼らにとって、今回の様な事故がレベル7の大災害になっていることをまったく認めたくなかったのです。

私にとって衝撃的だったのは、彼らの反応が犯罪的なまでに、過小評価の発表だったことです。
仮にダメージの深刻さを認めていれば、放射性物質と放射能被害を減らすことが出­来たのです。

Q. あなたの得ている情報では、現在どんな状況なのでしょうか?日本政府はどうすべきなのでしょうか?

A. 非常に深刻な放射能汚染地域が少なくとも100km圏にあります。
それより少ない放射能汚染地帯が200km圏にあります。

重大な汚染地帯が東京にあります。東京の南部地域でもです。

ベルリンから帰国後、私が過去2週間に計算したのは、
欧州放射線リスク委員会(European Committee on Radiation Risk, ECRR) の放射線リスク・モデルを基礎としています。

福島原発中心とした200km圏内(半径100km)の人々がもし移住しなければ、400,000人が癌になる可能性があります。
(福島原発から半径100km圏に)78­0万人がこの圏内に住んでいます。

Q. なぜこのような重大な警鐘が大きく取り上げられないのでしょうか?

A. 私の健康影響の計算基礎は、チェルノブイリ原発事故からのものです。
私は、ベルリンで、多くのチェルノブイリ原発事故の研究者とその影響について話しました。
そして、福島­原発事故による癌発生数の計算予測が出来ました。

また、海洋放射能汚染による魚介類への影響は注視すべきことで、とんでもない災害です。
とにかく、これは私の計算予測です。以前も私は予測しましたが、覚えていますか、正­しかったでしょう。

Q. 確かに。

A. これが今回の私の予測です。

Q. 放射能汚染退避地域の人達は、どうなのですか?彼らは、帰還出来るようになるのでしょうか?

A. いいえ、無理でしょうね。チェルノブイリ原発事故の放射線管理区域の無人地帯のようになるでしょう。
いつか戻っていけるなど、誰も信じないでしょう。

東京の知人が言っていましたが、福島地方では巨大な激怒が起こっており、
この事故の情報がとても遅く、非常に難しい対応を迫られています。
ましては、いくつかの提供された­情報が間違っています。

我々は、IAEAが出す情報を精査しなければなりません。
実際、汚染地帯のデーターが間違っています。

(司会者)放射線リスクの専門家のクリストファー・バズビー博士でした。ありがとうございました。

-END-

comment 0 trackback 0
06.09
Thu
ひとつ前のブログ  「たねまきJ「東京都下水処理場の汚泥」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)」

昨夜のたねまきジャーナルを聞いていて ( ゚д゚)アッ! と思いました



「とくダネ」の特集で放送されたのを昨日の朝見て
「結構長い時間しっかりと放送してくれたな」と久しぶりに良い放送を見る事が出来たと思ったからです
とても丁寧な取材です

その番組をUPしてくださっているのを見つけました

=都内の下水処理施設のそばで高い数値を観測 フジTV朝の番組「とくダネ」より 
医療ジャーナリストの伊藤隼也さんがコメンテーターとして出演=


2011.6.8 母たちの放射線測定 投稿者 PMG5

下記のサイトに一部分内容が書き出されていましたので転記します↓
福島・飯舘村並み―東京の下水汚泥焼却施設周辺「放射能」
2011/6/ 8 10:22

福島原発事故による各地の放射線量の変化が毎日発表されているが、測定場所によって数値が異なる。
東京・江東区のお母さんたちがつくる「NO!放射能 江東子ども守る会」が独自の調査を始めたところ、
思わぬ結果が出た。

空気中に汚染ダスト

東京では新宿区内のビルの高さ18mと1mで測っているが、地表や排水溝、草地ではより高い値が出る。

「守る会」が5月21日(2011年)から3日間、神戸大の山内知也教授の協力で行った測定でも、軒並み高い数値が出た。

なかでも高かったのは、東部スラッジプラントという下水汚泥の焼却施設周辺だった。
1時間当たり0.22マイクロシーベルト(マイクロSv/h)は、福島県に定めた子どもの年間被曝量1ミリシーベルトを上回る。
山内教授は「空気中にダストが舞っているのではないか」という。

都内にもうひとつある大田区の南部スラッジプラントの内部を調べた柳ヶ瀬裕文都議によると
新宿が0.06マイクロSv/hのときに3.08マイクロSv/hだった。消却した灰である。
周辺では0.09マイクロSv/hに落ちたが、直後に下水道局が調べた結果も2.69マイクロSv/hだったという。


司会の小倉智昭「飯館村へ行って測った時と同じくらいの数値だね」

江東などをルポした医療ジャーナリストの伊藤隼也は、
「一般にもまだあまり、認識されていない」という。

焼却処理で濃縮―どんどん増える野積みの灰

下水処理で出た汚泥はプラントで焼却され、一部はコンクリートなどに混ぜられて再利用されている。
しかし、下水には雨水が含まれており、当然、放射性物質も含まれる。
それが焼却で濃縮される。
5月に福島での汚染がいわれて以降、各地で高い値が測定されているが、
国の指針が固まらず、コンクリート原料に出すこともできず、野積みの灰がどんどん増えている状態だ。

中野美奈子アナ「煙突から出る煙もですか」

小倉「働いている人は防護服を着ているの」

笠井信輔アナ「着ているところもあります。内部はそれくらいの状態。ただ、施設の外では福島の基準値よりは低い」

伊藤は「5月12日まではコンクリート用に出荷されていたので、コンクリートになっているだろう」という。

小倉は「施設の近くの人もちょっと嫌だろうね」と心配するが、問題はもっと深刻だ。

焼却した灰をどうするか。どんどんたまっていくのに、政府から方針が出てこない。


comment 1 trackback 0
06.09
Thu

・東京都の下水処理場の汚泥から高濃度の放射線量

6月8日水曜日 
京都大学原子炉実験所小出裕章助教に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]



【福島原発】6/8/水★汚泥から相次いで放射性物質を検出






<参考>

東京の下水処理施設で高い放射線量


MBS毎日放送 08日22:33

東京・大田区の下水処理施設で、
毎時およそ2.7マイクロシーベルトという高い放射線量が検出されていたことが分かりました。
これは汚泥を焼却したためとみられていますが、これほど高い数値が検出されたのは都内では初めてです。

東京都大田区の下水処理施設「南部スラッジプラント」。
福島第一原発か230キロ離ら、およそれた場所にあります。
この施設内で6日、東京都が調査を行ったところ、
空気中から、毎時2.69マイクロシーベルトの放射線量が検出されました。

これは、計画的避難区域となっている福島県飯舘村の放射線量とほぼ同じ値です。
なぜ、そうした値が都の下水処理施設から検出されたのでしょうか。

8日、私たちはその施設を訪ねました。
ここ、南部スラッジプラントは、都内2か所の下水処理場で発生した汚泥が集められる施設。
集められた汚泥は施設内のこの建物に焼却され、灰となった状態で保管されます。

6日の都の調査もこの建物で行われました。
この詰まれた灰が汚泥を焼却したものです。部屋の中の、放射線量を測定したところ・・・。

「こちら放射線量が高くなっています。今、2マイクロシーベルトを示しています」(記者)

およそ毎時2マイクロシーベルト。
東京・新宿にあるモニタリングポストで検出された放射線量に比べて、およそ33倍の数値です。
なぜ、こうした値になるのでしょうか。

「下水にはいろんなものが流れ込む。最終的には下水汚泥というものが燃やされて焼却灰という形になります。濃縮されて高い放射線量が検出されていると考えています」(東京都下水道局 小団扇浩 環境管理課長)

確かに、汚泥を焼却した灰のすぐ近くで測定すると・・・。

「近づけば近づくほど放射線量が上がっています」(記者)

放射線量は、毎時4マイクロシーベルトに上がりました。
都の「汚泥を焼却する下水処理施設」は、全部で12か所。そのすべてで、汚泥や灰から放射性物質が検出されています。

そして都だけではなく、東日本各地の下水処理施設などでも汚泥から放射性物質が検出されています。
施設の外に影響はないのでしょうか。

「下水処理施設のすぐ近くにある公園に来ていますが、こちらの放射線量は限りなくゼロに近いです」(記者)

都によりますと、敷地の外で測った放射線量は、先週一週間の平均で毎時0.09マイクロシーベルトでした。

「(施設の) 密閉性が保たれているので、外部に灰などが飛散する可能性は非常に少ない」(東京都下水道局 小団扇浩 環境管理課長)

しかし、近所の住民は・・・。

「怖いとは思います。言われないと分からない、表示されていないので」(近所の住民)

6日、都の調査にさきがけ、南部スラッジプラントで放射線量の測定を行った、柳ヶ瀬都議はこう指摘します。

「私の見たかぎりでもセメントと焼却灰を合わせて運搬する保管施設からは飛散も見られたし、運搬する過程でも周りに対して飛散していないか心配」(東京都議会  柳ヶ瀬裕文議員)

都は灰にセメントなどを混ぜ東京湾に埋め立てていますが、各地の処理施設では処分ができず、
保管場所に困っている状況です。

放射性物質を含む汚泥に関し
国は1キロあたり10万ベクレルを超えた場合の保管方法についてのみ指針を出していますが、
最終的な処分方法についての基準はまだ示していません。



都の汚泥処理施設 付近の土から放射性物質
東京新聞2011年6月8日

江東区の保護者でつくる「江東こども守る会」は七日、都庁で記者会見し、
都の汚泥処理施設「東部スラッジプラント」(同区新砂三)近くのグラウンドの土から
高濃度の放射性セシウムを検出したとする独自調査の結果を発表した。

調査は、同会が神戸大大学院の山内知也教授(放射線計測学)と実施。
検出されたセシウムは1平方メートル当たり23万ベクレルで、
放射線障害防止法で、放射線管理区域からの持ち出しが制限される汚染基準の約六倍という
また、プラント周辺と同区の荒川、旧中川沿いでは、
放射線量が毎時0.2マイクロシーベルトを超える地点が多くあった。

山内教授は
「値が高い地域の位置と風向きを考慮すると、下水を通じてプラントに集まった放射性物質が処理過程で再び大気中に放出されている可能性が高い」と主張。

同会は同日、プラントの稼働停止と調査などを求め、都に要望書を提出した。



すでに、5月11日のニュースに↓
汚泥焼却灰から放射性物質 都下水処理施設で3月採取

2011/05/13 20:53 【共同通信】
 
東京都内の下水処理施設で3月下旬に採取された汚泥焼却灰から、
1キログラム当たり17万ベクレルの高濃度の放射性物質が検出された
ことが13日、都への取材で分かった。
焼却灰は既にセメントなど建設資材に再利用されたという

都下水道局によると、検出された施設は「東部スラッジプラント」(江東区)。
同時期に大田区と板橋区の下水処理施設2カ所でも汚泥焼却灰から10万~14万ベクレルの放射性物質が検出された

1カ月後に再調査し、3施設の放射性物質は1万5千~2万4千ベクレルまで低下したことを確認
物質が放射性セシウムかどうか特定を進めている。

一方、宇都宮、前橋、横浜の各市も13日、5月に採取した汚泥などから放射性セシウムを検出したと発表した。

宇都宮市によると、市の5施設で6日に採取した汚泥焼却灰や汚泥を検査。
川田水再生センターの焼却灰から2万6千ベクレル、下河原水再生センターの汚泥から4300ベクレルを検出した。

前橋市によると、前橋水質浄化センターで9日に採取した汚泥焼却灰から4万1千ベクレルを検出。
汚泥は1844ベクレル、高温処理した溶融スラグは1万7090ベクレルだった。

横浜市によると、南部下水道センター(金沢区)で6日に採取した汚泥焼却灰から
約5千ベクレル、汚泥から約240ベクレルを検出。北部下水道センター(鶴見区)の汚泥は約千ベクレルだった。




続きを読むに内容書き出しました続きを読む
comment 0 trackback 0
06.08
Wed
5月12日のインタビューなので少し前の事ですが・・
とにかく武田邦彦先生が語ります。語ります・・・語ります!!
岩上安身氏が口をはさむ隙もない位☆
武田先生が原子力推進派から批判派になり、そして全ての原子力に対して反対派へなった理由を
熱く語ります
なかなか、普通の講演や放送では見る事が出来ない
先生の心の中の真実を語って下さっています
勢いがあるし内容が濃いので(不謹慎だけど笑っちゃいながら)・・・・最高です
長い時間ですがあっという間に聞けちゃいます

1-1

はじめに。
武田先生の経歴。先生のもともとの専門。3分33秒
1-2

旭化成~ウラン濃縮






チェルノブイリの事故後研究室の空間線量率が上がった
その時放射性物質が地球全体を回るという事を実感しました

:福島は間違いなく全世界に影響を与えている事故
あの時ソ連は情報開示しないために批判を受けました
今日本は大変いびつな構造だと気が付いた人が多いだろう
情報不開示、隠ぺいなど

3つぐらいあります
こういう大きな問題は現在の日本社会のひずみを非常に鋭くえぐったと
政府の問題、情報の秘密の問題、科学と社会の問題、教育の問題
そういうものがぐさっと来た。これが一つですね

原発自身に興味がいってその結果被ばくする人たちに日本社会マスメディア政府が無関心だと

私自身は2006年の地震指針の時に原発推進から批判はに変わった
今度の時を期に随分苦しみましたけれども
批判はからはっきりとした反対派
現在では日本の原発を即時全部止めた方がいいという考え方ですが

もう一つは今まで私がやってきた仕事のうちのかなりの部分が間違えていたかなという様に思う事もあって
そういう事では2006年2011年は私にとって大きな転機だったという事です

:推進派の渦中にあった当事者が批判派に変わり反対になった
森首相の時ですから平成13年に原子力安全委員の専門委員にしていただいて
その時から原子力の安全に関して良く考えるようになった
そうこうしているうちに2006年に新しい地震指針の審議に入りました
基準部会の委員だったものですから約20名位の先生たちと新しいシートを見た
その時私は非常にびっくりした
「原子力は不安全でいい」と書いてあった

:不完全?

不安全です
電力会社が想定してない事が起こった場合は3つ起こると
1施設の破壊
2大量の放射性物質の飛散
3付近住民の被ばく
これがあることを了解しておかなければならないと・・
僕のその時の気持ちは
その時委員で座っていたんです
「なんだこれは・・!」
「こんなことで自分は原子力をやっていたら何のために技術をやっているのか分からない」
技術というのは当たりまえですけど人類とか社会に貢献するため
その人たちが喜ぶためにやるものなんですよ

話が飛ぶので恐縮ですが
私はリサイクルは反対なんです
何で反対かの中に、リサイクルは資源を沢山使うというのもあるのですが
もっとも基本は
やっぱり技術は人間を苦しめる方向では無くて楽にする方向だ
楽にして楽すぎるじゃないかといったって
人間が音楽を聴いたりディスカッションするとかそのような時間に使うのは構わない
だから使い終わったものを分別するんだったら機会が分別するよ回収もするよ
そういうものを技術で開発していくのが技術者のプライドだと
例えば冬の寒い時子供が病気になったと
昔だったら雨の中をお母さんが背負って走らなければならない
今は、自動車に乗せて病院に連れていける
そのために自動車というものが必要になってくる
だから、もちろん冷蔵庫でもそうでね
昔はお母さんがいつも毎日買い物に行かなきゃならない
そうすると女性が仕事するったって出来ない
冷蔵庫が出来ると一週間にいっぺん買いに行けばいいから
それで時間の余裕が出来て社会進出が出来ると
技術というのはそういうものでなければいけない。常に

:女性の家事労働というものを近代化で生まれて技術によってずいぶん楽にしましたよね
そのためなんだ
ところが出された地震指針は
大きな地震や津波があったら原発は倒れて付近の住民が被ばくするって言うんですよ

:被ばくを前提にしているんですか
前提にしているんですね
それは無いと思った
僕は第一の質問はね
「この指針は原子炉を守るためですかそれとも付近住民を被曝から守るためですか」と質問しているんです
この質問は馬鹿らしいと言えばバカらしいんで
原発を守ったら自動的に付近住民は守られるんですけれど
見方が全然違うんですね
要するに原発を原子炉を守ればいいと
原発というかむしろ原子炉そのものを守ればいいと
そういう思想に統一されたような地震指針だと
随分抵抗したけれどもなにしろもう集荷適切で1対20とか1対18で・・・そういう感じですから
13回ぐらいの議論ですっかりやられて
そして私はもう・・これはね・・・
それでもう2年ぐらい前に「原発は地震で倒れる」という本を書いたんですけれども
で、批判派に変わったわけですね
こんどのことはもう、非常に口はばったいんですけれども視聴者のためにね
福島で起こった事はこれは必然的な事で別段僕らが驚く必要はないんですよ
というのは2006年にすでに地震で倒れると・・こういうのを通した訳ですから
地震で倒れるのは当然で、大量の放射線が漏れるのは当然で、えっと、被ばくして当然なんですよ

:という事を国家が認め保安員が認め政府が認めた
国民が認めたということ

:ひどいなー
だってね審査の時には原子力基本法にのっとって民主自主公開ですから
マスコミがずっといるんですよ
それが通っても全く報道しないんです

:報道しなかった・・
報道しなかったんです
報道しなかった事は問題なんだけど報道しなかった
その翌年に柏崎刈羽原子力発電所が震度6で放射線漏れ、6億ベクレル漏れて
変電所が火災になった
これに対して私の所に・・
私の所に取材に来たからどうってことじゃないんですよ
だって、取材に来てね
「あの時委員会で武田が言っていた通りになった」と「それに対してコメントはどうですか?」と言ってきたのは
言ってみれば少しアングラの週刊誌だけだった
大手の新聞社は全部知っている
見ていたんだから。ところがそれを報道しない
それがそのままになった・・あの時震度6ですね
で、
今度の福島原発震度6です
それから女川原発も半分ぐらいやられた。これも震度6
青森県の東通り原発に至っては2005年稼働という最新鋭なのにもかかわらず震度4の余震で全電源を失うと
これは全く計算通りと言っては失礼だけど
国民の想定通り覚悟通り
エネルギーが欲。だから原発は地震や津波で倒れていいんだと
こういう事を閣議が決定したという事は国民ですよ
だからある意味ではそこは良かった。まだ、批判が変わらないから、そこでは・・
そのあとにね
これだけウソつくのかって思ったんですよ
あらゆる者がね
東大の教授であれもちろん保安員もなんですけど
誰もかれもが首相まで全部ウソついてる
僕はね

:ウソというのはどこを指しているんですか?
たとえば、原発は電源が止まって冷却装置が切れてから即爆発するという事はわかっている
しかしそれを発表しない
発表して爆発してみんなが困っている時には「健康に影響はない」と言う
そして、汚れてから「実はレベル7だ」と言う
それから東大の先生がもう
僕の知っている先生方が山ほどテレビを見ていますと「家内にここでウソつくよ」と言ってみているとウソ付く。
大体今まで付き合ってきたからここで嘘付くなって思うとどういうところで付くかと言うのが分かるんですよ
彼らは頭はものすごくいいからね
みんなが見ている人が分かる限界まで嘘付くんですよ
それを越えるとね
ばーっと嘘付き始めるんです
で、僕は彼の顔色とか見ていて、ここで視聴者が付いて来れなくなったなと思うと
その後はずーーっと嘘が続くんです

:たとえばどういう事ですか
たとえばね
1号炉の水素爆発が起こった時に3号炉も爆発が起こるかどうかとテレビでやっていました
「1号炉は水素爆発しましたけど3号炉はどうですか?」とアナウンサーが聞いた。そしたらね
「1号炉は急激に水素が発生したから爆発したけど、3号炉は少しずつ出ていますから爆発しません」って言ったんです
その前にね、ここで嘘付くぞって言ったんです
そしたらちゃんとね・・・あれは比率で決まるものであってスピードは関係ない
だけど、その時政府が望んでいたのは1号炉は爆発したけど3号炉は爆発しないと言いたかった
言いたいとね、そのまま動くんですよ

:尊宅が出来るくらいお互い手の内を知っていた日ごろから意志というものが共有化されているという事ですか?
そう
それから、もうひとつは、これはもっと初期だったかな
「放射線というのは距離の事情に反比例します」「10キロ圏内に比べて20キロ圏内は4分の1になります」
チェルノブイリの事故の時にみんな知っているのに、風下に行くって事をみんな知っているのに
何て言う事を言うんだろうと・・
だけどね、その時は放射線一本で言った
風向きは全然言わない、気象庁は風向きを発表しない

:それでスピーディーは公開されない
公開されない
あそこの風向き系も壊れていると言って出さないという
そういう状態だったんですね
だからもう、これは一体どうなっているんだろうと・・・
もちろんその後に1年100ミリシーベルトが出てくる
これでその後20ミリシーベルトが出てくる
僕は今まで放射線のクリアランスレベルの委員会などにも出ていましたが
あなたこの前、私に1年間1ミリシーベルト・・・
私がね「もっと高くていいんじゃないか」なんて事言うと
「いや、国際的には1年1ミリシーベルト.がんが発生するんだから」と怒った人間が
「100ミリシーベルトなんて言っているんですよ」

:それは、どういう方なんですか?名前は出したくないかもしれないですけど
放射線の専門家なんて10人ぐらいしかいないんですよ
その一番上の方の人は。
だから、そんな人はもう座長かなんかになっている

:ICRPに行ったりなんかしている人ですね
そうそう

:まぁ5人ぐらいいますけれど
そういう人たちがね・・・一応顔みしりですよ
:法意見のひとですよね
それから大学とかアイソトープ関係とかいっぱい居ますけどね
そういうところの上の人は長い間放射線防護をやっておられて
そういう委員会では必ず座長とか、そういう重要な職をやっておられるから
大体そういう人たちはみんなある意味では顔を知っているでしょ
だから、ひどいもんだなぁーと、これは
僕はね特に技術者だから・・政治家はある程度嘘はしょうがないとしても
学者がね・・学者専門家がこれだけウソをついていたらどうにもならんと・・・
彼らの視野も

被ばくを受ける人たちは全く入っていないんです。全然入っていないんです
それが少しでも入っていれば逃げろとかいうはずなのに

で、ボクはびっくりしてブログを書いたんです
これはもういけないと・・・
第一撃でやられてしまいますからね
放射線というのは、必ず原発事故は第一撃だから
第一撃を逃がさなければいけないのに
逃がす時に大丈夫だって言っているからこれはもう危ないと思って
それでブログを書いたらたまたま皆さん見てくれて
多くの人も、逃げてくれた人もいたし、これはよかったと思っている

:でも今の事故は
確かに爆発して放射線量がばーーッと出る時期もあった
じゃぁこれで終わったのかと言うと終わっていないんですよね
安定化したとか行ってますけどこの後何が起こるかなんてわからない
まだまだ事故進行中です
確率は非常に低いかもしれないけれどもしかして水蒸気爆発とかが起きて大量に放射王が漏れてくるかもしれない
今警告されている事は?これからのことで
ぼくはね、今一番危険なのは福島原発ではなくて
i番危険な順に並べればいいでしょ?
一番危険なのはもんじゅ
これは現在炉の中にでかい物が入っちゃってて引き上げられない
金属の引き上げ気がですね

:これはご存知の無い方もいらっしゃる方と思うので説明して下さい
もんじゅは不幸な歴史をたどった原発なんです
ウランは235と238があって
235が燃える、核分裂するんですが238もウランだから
これを少し細工して235に戻して燃やせばいいという事でまぁ、増殖
つまりプルトニウムなんかも一緒に使うんですが、そう言った物も使って燃料を30倍ぐらいにしようと
そういう思想で始まって、大変に素晴らしい思想なんだけど
ものすごく欠点がある
そこでフランスのフェニックスというところもそれをやっていたんですけれども止めて
そして日本も長い間やっていたんですけれども
最初はナトリウム漏れを起こして、まぁそこで嘘付いて一人の人が自殺したりして
一応考え直そうと言うんで10年間
さぁやろう。と言う事で去年の春ごろから初めて
それでまぁ可哀想に準備をしている途中で炉の中に
燃料を引き上げる装置があるんですけど
それがゴリッと外れて2メートルぐらい落ちちゃって損傷して
それで、今でも中にあるわけです
ナトリウムは回っていて燃料入っていてプルトニウムも入っていて
出すに出せず冷ますに冷ませずという事で今宙ぶらりんになっている
あそこに入っている放射性物質は広島長崎原爆の約100倍ですね
ですから、あれがドンッといったら
ここは名古屋ですが名古屋は全滅しますよ
で、それが今は一番危ない

:場所は敦賀ですよね
敦賀です

:だから当然のことながら名古屋は一番近いけれども京都大阪も終わってしまう
そそ
そうです。特に西風が吹いたらいっぺんですから
だからこれが1番目ね
で、2番目はね
福島原発でも浜岡原発でもないその他の日本の原発
これはね、地震、震度6の地震が来たら大体おおよそ倒れます
倒れるというのはどういう事を言っているのかと言うと
倒れるより壊れるの方がいいのだけど
つまりね
原子炉自体は震度6に耐えられる物もあるんです
ところが東通り原発が何で震度4でやられたかという事は
電源部の設計が震度3・・・・3って・・・・・

:えっ!!震度3??
電源部の設計は震度3でしか耐えられないんですか?

だったの
だからね、付近住民の停電と共に東通りの主電源と予備電源が倒れたんです
ディーゼル発電は別の原因で止まったけれども、
だけど、主電源、予備電源が止まったのは付近の民家が停電になったから

:なんという・・・・どんな・・・

これはどうしてかと言うと原子力っていうのは、だいたい原子炉の専門家がやっているんです
だから、原子炉とかそういうのは可愛いんです
付帯している電気設備だとか熱交換器とか制御系なんかはまぁ勝手にやってくれと
だからやられるんですよ
それは僕が一番最初に委員会で質問した事
つまり、「これは原子炉を守るんですか付近住民の被ばくを防ぐんですか」は何の事かと申しますとね
トータルとしてやっていますかと言う事なんです
しかしこれはもっとすごいのが後に控えているのは
つい、3日ぐらい前に僕は名古屋市に川村さんが
「敦賀原発とか浜岡原発が壊れると名古屋市民がひどい事になるかもしれないから」
市長としてはね、調べてくれと言う事で電話をいただいて
勉強会開いてそしてやったんですよ
そして、中電の人に来てもらって説明してもらったんです
そこで、まぁ他の事も質問したんですが
「大変に失礼だけどちょっと答えにくい事も質問させてくれ」ということで
「浜岡原発が壊れたら木曽川が汚れて名古屋は水道、飲む水を失う。中部電力はペットボトルをどこに用意されていますか?」
「用意してない」と、こう言うんですよ
次にね
「浜岡原発が壊れて名古屋の線量が高くなってきた。子どもを避難させなければならないという事になった時、子どもを疎開させる小学校はどこに用意していますか?」
「用意してない」と。
で、
「土がだんだん汚れてきてこれを取り除かなければならなくなった。それを何処かに運びたいけれども中部電力さんは土を置くところを作ってありますか?」
「おいてない」そう言われるので
失礼しました。用意していないのは分かっていて聞きましたと
では、普通の社会では自分が作っている製品、自分が運転している工場が何か起こったら
その後始末はその会社がするんです
だけども中部電力は原子力を動かしているにもかかわらず
「もう事故が起こったらそのまま」ということなので
これは法律上そうせざるおえないという事を言っておられるのか
それとも、中部電力の企業倫理から言っているのか、それが当然だと思っているのか?と
こういう質問をしたんです
黙っていると・・
それで僕はね20年ぶりぐらいにカッときました
なんでカッと来たかと言うと
福島原発がなければまだ仕方なかったと思えるところがある
だけど福島原発事故が起こって
電力会社と原発と社会と言うものがどういう関係にあるかと言う事が白日のもとに分かった
要するに福島の人達は郷土を追われたわけです
もしかしたら20年ぐらい帰れないなんていうね
そういう事を起こしておいて
それも同じ原子力で起こして
それに対して全くそれをどうしようなんて事が無いんですね
福島原発事故の前のまま
名古屋市内の勉強会の方がこれを見ておられたら・・
本当に申し訳なかったの
あの時怒ってカッときちゃって止められなかったんですよ
こんなことでやったらいよいよ原子力はダメだ
だから、最初に言いましたけど
技術はみんなに幸福をもたらすためにある
それがね、不幸が来たってあなた方何?って感じでしょ
だからねー、これね、ちょっとね・・・
これはいったいどういう事かと思いましたね

そういう点では浜岡も危ないところはありますけど
ああいう態度で考え方で電力会社がいるなら
それはもう、技術とかそういうものの全く以前
全く以前ですよ
もちろん、社会的活動をする資格がないという事です
原子力だとかそういうんじゃなくても道路掃除だって何だってあんな気持ちじゃダメですよ
だからそういう点ではすごく日本社会は
原子力とか巨大技術をマネジメントする力がなかったんだなということを
おととい痛感しました

:これが先程話した構造的な問題だというところにつながると思うんですけど
これは戦争中の日本と同じじゃないですか
日本の国民を守るのか、それとも国家と言う体制を守るために国民を犠牲にする体制なのか
原子力を維持するために国民が犠牲になってもいい
それを踏まえたうえで原子力自体を守りたいという体制だとしか思えないですよね

チョット飛躍しますけどね
私の感じね、気持ちを言えば
事故が起こって暫くたって東大の先生がテレビに出て
暫く立って引いてそのあと東大の先生が反省の弁をネットに出した
その反省の弁と解説を出した。解説は全部原子炉の事を解説している
僕は非常に違和感があった
我々がやった事
我々とは東大の先生も僕もね
原子炉の関係者がやった事は原子炉を壊した事じゃないんですよ
被ばくさせた事なんです。問題は
だから今どういうふうに被ばくするのか
どんな風に放射線物質が飛んでホウレンソウとかお茶を汚すのかと
そこが一番問題な時にね
何だか、今更軽水炉の構造何か解説してどうするんだと
そういうね、非常に違和感がありますね
それは全体として違和感があるのは
我々は付近の人々に電気を供給する
人々がテレビとか見て喜ぶであろう事を望んでやっているわけですから
その人たちが被ばくしているのにね、今更原子炉の解説してどうするんだと言うのが僕の感じでしたね
福島の子どもたちが可哀想だから代弁して非常に厳しい事を言うと
東大の先生の感想と言うのは喜んでいるわけですよ
原発が壊れた。あっ!こんなになったんだ。と・・そういう感じすらするんです
ようするに原発が壊れて自分たちの研究の結果がどうだったかと言う事をさらに技術的に見ているんです
ね、技術的に・・・
こんなだったのかって見ているわけです
おもしろいねって感じなんです
いやぁねえ・・

:破壊実験って言う
実地の破壊実験が出来たねと言うような
そういう感じを強く受けますね
それにこれも、チョットや表に立たれている先生がいるから大変に失礼なんだけど
1年100ミリの問題もそうで
100ミリシーベルトだったら1000人に5人のがん患者が出ると、一応推定される
確率論的な疾病ですけれども出る
それが世界のコンセンサスとしてやってる
やっぱりね、どれくらい出るんだというか・・・そういう興味が前に出ている
どの位がん患者が今度出るんだろうか
チェルノブイリに次ぐ実験だと
だからうっかり何を言っちゃうかと言うと
医学大学の入学式の講演で
「ここの福島の医科大学は大変に放射線治療のメッカになる」とこう発言された
何故かって言ったら、がんが出る事を想定しているんじゃないかと
まず、それを想定しているならかかる線量を測るとか
そこが放射線治療のメッカになるとかそうじゃなくて
逃がしてね事前にそこに力を注がなければいけないのだけど
これはね、技術者や医師が陥りやすい事ではある
ことではあるけど


つづく・・・・・・・・・・・・・・・・・
続きを読む
comment 0 trackback 0
06.08
Wed
・汚染水を浄化する施設が15日ごろ完成について
・ IAEAに政府報告書で「メルトスルー(溶融貫通)」と報告について


6月7日火曜日 
京都大学原子炉実験所小出裕章助教に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]



【福島原発】6/7/火★メルトスルー(原子炉貫通) 政府が公式に認める



<参考>

【放射能漏れ】
汚染水浄化システム試運転開始 悪循環食い止め間近も工程は綱渡り

産経ニュース2011.6.5 21:31

東京電力は5日、
福島第1原発の原子炉建屋やタービン建屋の地下などにたまっている汚染水を浄化するシステムの試運転を始めた。
水が漏洩(ろうえい)しないかなどを調べ、問題がないと確認されれば今月15日にも本格稼働を開始する。

dst11060521340018-n1.jpg
汚染水浄化システムのイメージ

この日は油分離装置と塩分除去装置に水を入れて漏水検査を実施。
さらに、除染装置に海水を入れた試運転に着手した。

また、3号機の汚染水の移送先である集中廃棄物処理施設が許容量に達し移送を中断していた問題で、
東電は5日、3号機タービン建屋地下の汚染水を建屋内の復水器に移す作業を開始した。
復水器は発電に使った水蒸気を冷やし水に戻す装置。
事故後は使用されておらず、汚染水の一時的な保管場所として活用する。

一方、東電は4日に1~4号機の周辺で計測したがれきなどの放射線量を公表。
最大は3号機原子炉建屋西側で見つかったコンクリート片で、毎時950ミリシーベルトだった。
また、福島第1原発で作業をしていた40代の男性2人が体調不良を訴え、病院に搬送された。
意識はあり、体に放射性物質は付着しておらず、脱水症とみられる。

福島第1原発で汚染水浄化システムの試運転が始まり、本格稼働に向けた準備は最終段階に入った。
4段階の処理を経て放射性物質の濃度を1千~1万分の1まで下げる仕組みで、15日の本格稼働を目指す

しかし、不測の事態で稼働時期が遅れたり、大雨で汚染水が増えれば、汚染水が外部に漏れ出す危険性もあり、
システム稼働まで綱渡りの作業は続くことになる。

汚染水は原子炉を冷却するために注水した水が原子炉建屋やタービン建屋などの地下に漏れだして発生。
原子炉を冷やそうとすれば、汚染水も増えるという悪循環が続いていた。

汚染水処理システムはその悪循環を食い止めるために導入されるシステム。
汚染水を浄化して、再び原子炉に冷却水として戻す仕組みで、
東電が原子炉安定冷却のために目指す「循環注水冷却」の根幹となる。

具体的には、「油分離装置」で、原子炉の潤滑油などの不純物を取り除くことから始まる。
次にゼオライトという鉱物で放射性セシウムを除去する「セシウム吸着塔」を通過。
さらに、特殊な薬品で放射性物質を沈殿させる「除染装置」に移し、最後に「塩分除去装置」で淡水にする。

東電によると、1日に1200トンの処理が可能で、年内に約20万トンの処理を目指す。

ただ、汚染水の処理に伴い、約2千立方メートルの高レベル放射性廃棄物が出る見込みだが、
処理方法などは未定で、システム稼働後も課題は山積している。(原子力取材班)






福島1~3号機「溶融貫通」 IAEAに政府報告書
2011/06/07 22:15 【共同通信】

福島第1原発事故で政府の原子力災害対策本部は7日、
1~3号機で燃料が原子炉圧力容器の底に溶け落ち、
一部は容器に開いた穴から外側の格納容器に落下して堆積する
メルトスルー(溶融貫通)」が起きた可能性も考えられるとした
国際原子力機関(IAEA)への報告書をまとめた。

原発の安全規制を担う原子力安全・保安院を経済産業省から独立させ、
安全対策などの費用を明示した上で原発の在り方を国民的に議論する必要性も指摘。
IAEAに送付し、今月下旬にウィーンで開かれる閣僚級会合で説明する。

菅直人首相は対策本部会議で
「国際社会に徹底した透明性を持って伝えることが、信頼を取り戻す上で重要だ」とした。


続きを読むに内容書き出しました続きを読む
comment 0 trackback 0
06.08
Wed
チェルノブイリ救援・中部の河田昌東氏インタビュー(2011/5/7)[1]



浜岡原発停止要請、福島訪問、菜の花栽培、ひまわり栽培、稲作、バイオガスで放射能処理、放射性物質の吸着剤、プルシアンブルーで除染、バイオマス放射能処理提言、年間2­0mSv基準(by 宮腰吉郎) (※[2]に続く)

チェルノブイリ救援・中部の河田昌東氏インタビュー(2011/5/7)[2]


(※[1]の続き)子どもの被曝対策、日常の被曝対策、食べ物対策、りんごペクチン、海洋汚染、魚介類汚染、食品放射能測定、人々の声(by 宮腰吉郎)

セシウム137とアップルペクチン」のブログで
富山医科薬科大学 名誉教授 田澤賢次氏が和訳したネステレンコ氏の論文にアップルペクチンの放射性核種除去について書いてあります

その他内容が関係あるブログ
河田昌東氏講演会・第1部6/5(内容一部書き出し)

河田昌東氏講演第二部6/5

河田氏の講演で初めて知った「菜の花プロジェクト」について

続きを読むに内容書き出しました続きを読む
comment 0 trackback 0
06.07
Tue
「原子力は危険なもの」 原発事故調初会合で畑村委員長
産経ニュース2011.6.7 11:41

dst11060710540005-n5.jpg
福島第1原発事故の「事故調査・検証委員会」の初会合であいさつする畑村洋太郎委員長
=7日午前、東京・永田町



東京電力福島第1原発事故で、
事故原因や法規制のあり方などを検証する第三者機関「事故調査・検証委員会」
(委員長・畑村洋太郎東大名誉教授)の初会合が
7日、東京都内で開かれた。

年内に中間報告を取りまとめた上で、来年夏までに最終報告をまとめる方針。

菅直人首相は会合の冒頭、
「国民への公開、国際社会における徹底的な公開も実行してほしい。世界が注目している」とあいさつ。

「政府が『こういう方向で』と要請することは一切ない」とも言及、
「私自身を含め、被告といったら強い口調だが、『出席しろ』といわれれば出席する。政府から独立してしっかり判断してほしい」と強調した。

畑村委員長は
原子力は危険なもの。安全とされてきたことは間違いと思っている」と述べ、
可能であれば6月中にも福島第1原発への現地視察を行う意向を示した。

また、「原因究明の動作ができなくなってしまう」として責任追及は目的としないと明言。
「国民や世界の人々が持っている疑問に答え、100年後の評価に耐えられるものにしたい」と語った。

事故調は内閣府が設置。
「社会システム等検証」「事故原因等調査」「被害拡大防止対策等検証」「法規制のあり方の検討-の4チームで構成される。

炉心溶融(メルトダウン)や水素爆発といった深刻な事故に至った後の東電の対応だけでなく、
後手後手に回った政府の対応も検証の対象となる。

原子力発電の規制当局である
原子力安全・保安院が、原発を推進する資源エネルギー庁と同じ経済産業省に属している点などを踏まえ、
安全規制に関する制度のあり方なども検証。
住民への情報伝達が適切だったかどうかや、国際連携のあり方も検討する。
米英仏など諸外国に情報を提供し、意見を求めていく。

10人の委員には、放射線や地震学の専門家をはじめ
元名古屋高検検事長の高野利雄氏ら法曹界関係者や作家の柳田邦男氏が名を連ねた。

事務局長には前最高検総務部検事の小川新二氏を充てた。



続きを読むに「日本で反原発が起きないワケ」を転記続きを読む
comment 0 trackback 0
06.07
Tue
CA3G0200_convert_20110607192747.jpg

今日小学校3年生の児童がヤゴを持って帰ってきた
福島原発の事故のまま
そのままの学校のプールに入って総合的学習で命の大切さを学ぶためにヤゴの救出をしてきたという

小学校の総合的学習のヤゴに関しては
立川市の学校便りの時に私はブログ
生き物を守る事は人の命を守る事に繋がっているのか・・・」を書いた

今、私は東京都のはずれで学童を放課後に見ている
自分が見ている学童の可愛い子どもたちが放射能に汚染されたままになっているプールに入り
トンボの子どものヤゴを取る事に大きな不安を感じた
迎えに来たお母さんにその子は「自分でとって持ち帰ったヤゴを家に連れて帰る」と言った

その子の母親は「昨日福島の学校のプールの授業を行うかどうかのニュースを見た」と心配そうに話した

私は「ここは多分新宿の放射能よりは少ないかもしれないけれどあの日沢山放射能が飛んできた事は確かなので心配だ」と言った

それを聞いていた上司が目配せで私を呼ぶ

「放射能関係に関しては話さないように公的機関から言われているので注意するように」と・・
私の話した事が公の機関の言葉と取られるとまずいらしい

確かに・・そうかもしれないと・・その時私は思い
子どもの母親には「個人的な意見でした」と言って帰ってもらった

家路につきながら何となく納得いかない自分がいた

私は知りすぎてしまったのだろうか・・・
「あなたの言っている事は確証の無い事でしょ」
「無駄に保護者を心配させないで欲しい」

「確証はあります。実際チェルノブイリの事故後300キロ圏内で児童の甲状腺がんが激増しています」
「チェルノブイリ?」

私は「今後気を付けます」と言って帰ってきたが
福島県内やその他の学校など
言いたくても話せない教職員も多いのではないかと改めて感じました

規則や組織の中で
自分の考えを語ることのむずかしさ
けれど、私は子供を犠牲にしたくはない
放射性物質の濃度は原発近くの学校よりは確かに小さいかもしれない
けれど、ここにだって降ってきている事は確実で
しかも、そこそこ多いと私は思っている

ガイガーカウンターの予約購入を先日した
7月中旬の発送だが本当に届くかどうかは不明だ
でもね
もしも届いたら私が真っ先に測りたかった場所は
子どもたちが遊んでいる砂場
団子虫を捕っては嬉しそうにしている校庭の隅の枯れ葉で湿った場所
学童保育所の中の床の上なのです

上司の言う事はもっともだと思う
けれど、それでいいのだろうか・・・
本当にそれでいいのだろうか・・・・
今日のおやつはコーンフレークで、牛乳をかけた
その牛乳は茨城産だった

職場の中で一番新人の私には
その事に対して何も言う権限がない

放射能は見えない
放射能は匂わない味が無い
そして報道はなかなか深く本当の事は話さないし
テレビは相変わらずバラエティーを放送している
大手の新聞も確信を突いた事はないも言わない
総理や政権の問題でなく
原子力の恐ろしさと
放射能の恐ろしさ
どれほど取り返しのつかない事を人間がしてきたのかという事を
知る人があまりにも少なすぎる事実
その事を話す事がまるで悪の様に取られる現実

あらためて
この中でどうやって自分の考えを無理なく伝える事が出来るようになるのか
考えてみなければならないと思った

むずかしい・・・
こんなになっているのに・・・
それでも
難しい

これって

何でなんだろう?
日本ってどうなってるんだろう??






comment 10 trackback 0
06.07
Tue
6月5日に国学院大学で行われた河田昌東氏の緊急講演会
「チェルノブイリからみた福島第一原発震災 ~土壌浄化・エネルギー自給の可能性を探る~」のなかでの
菜の花プロジェクトに関して調べてみました

ナロジチ再生・菜の花プロジェクトの記録(ダイジェスト版)



河田昌東氏講演会・第1部6/5(内容一部書き出し)

河田昌東氏講演第二部6/5
講演会の第二部の方が第一部よりも菜の花プロジェクトに関して話していらっしゃいます


農業再生・菜の花サイクルNPO(特定非営利活動法人)チェルノブイリ救援・中部より
cycle.jpg


ナロジチの土壌は放射能で汚染されていますが、
それは、チェルノブイリ原発事故で大量に放出されたCs(セシウム)137とSr(ストロンチウム)90という放射能を出す物質が土壌に含まれているからです。
菜の花がこのCs137とSr90を吸い取ってくれる性質があることから、
「菜の花を植えれば土壌の放射能を減らせて農業を再生できるのではないか」という考えから
菜の花プロジェクトが始まりました。

また、 Cs137とSr90は、水とくっつく性質を持っていて(水溶性) 、
菜種から得られる油やバイオマスを発酵して得られるガスには入り込まない性質があります
この性質を利用して、BDFやBGを作りエネルギーの自給もできるようにして農業再生を後押ししようと考えています。
私たちは、菜の花を利用した土壌浄化、BDF、BGのサイクルを「農業再生・菜の花サイクル」と呼んでいます。


続きを読むに「土壌浄化プロジェクト」「バイオディーゼル油プロジェクト」の説明も転記します続きを読む
comment 0 trackback 0
06.07
Tue
政治の体質は変えられないのか・・・
変わる事はないのか・・・

今、総理大臣が変わったとしても
何も変わらないし
今より良くなると私は思えないのですが・・・



現代ビジネス 週刊現代経済の死角
2011年06月06日(月) 週刊現代


「捨てられた日本国民」
政府は本当のことは教えない。
国民がパニックになるから、だって


政府は知っている。
「3月15日に東京でチェルノブイリの時の何百倍もの放射性物質が検出されたこと」
「年間20ミリシーベルトでなく、10ミリシーベルトでガンが増加すること」
「子供には内部被曝が外部被曝の数万倍の影響があること」
「実際にはプルトニウムやストロンチウムが放出されていること」。

実は福島の子供は今すぐ疎開すべきなのだ。
しかし、政府は今が安全だと思わせられれば、それでいい。
将来のことは知ったことではない。
枝野官房長官はオフレコでこう話す。
「班目さんはいい人。吉田所長(福島第一原発)は勲一等か国民栄誉賞もの。子供に関しては少しくらい被害が出ると思っていたけど、出ていないんだ」。
この程度の認識。まさに国民を下に見た「棄民国家だ」

続きを読むに本文転記続きを読む
comment 0 trackback 0
06.07
Tue

吉田所長「止めていたら死ぬかも」


JNN 6月06日15:53

原発事故で復旧作業の陣頭指揮を執っている
東京電力・福島第一原発の吉田昌郎所長がJNNの単独インタビューに応じました。

このなかで吉田所長は、事故直後、本社の指示に従わず海水の注入を続けたことについて、

「もし止めていたら死ぬかもしれないという気持ちだった」と語りました。
事故の発生後、吉田所長がメディアの取材に応じたのは、これが初めてです。

「強い気持ちでというか、士気高くやっています」(福島第一原発・吉田昌郎所長)

JNNの単独インタビューに答える福島第一原発の吉田昌郎所長。
3月11日の事故以来、福島第一原発の現場責任者として、
2500人に及ぶ作業員をとりまとめ復旧作業の陣頭指揮をとり続けています。その吉田所長が初めて語りました。

「あの時点の現場は生きるか死ぬかでしたから」(吉田昌郎所長)

福島第一原発の現場責任者、吉田昌郎所長。
JNNの単独インタビューに応じましたが、メディアの取材に答えるのはこれが初めてです。

「まずやることを丁寧に一つ一つやること。現場でたくさんの人が働いてますから、健康や安全をちゃんと確保する。この2点だけですね」(吉田昌郎所長)

吉田所長は大阪府出身。
1979年に東京電力に入社した後は主に原子力畑を歩み、去年6月に福島第一原発の所長に就任しました。
3月11日に事故が起きてからは、現場責任者として復旧作業にあたっています。

「深刻な状況にありますので、大至急工程を詰めていく必要あります。よろしくお願いします」(吉田昌郎所長)

依然として深刻な状況が続く福島第一原発。
1号機から3号機まで全てメルトダウンした原子炉の内部では今、何が起きているのでしょうか。

「現時点では1~3号機とも原子炉の中は冷えている。百数十度の中で冷えた状態にある。そういう意味で原子炉は安定していると考えていい」(吉田昌郎所長)

1号機から3号機の現状について吉田所長は「安定している」と説明しましたが、
10万トンにも及ぶ高濃度の「汚染水」が復旧作業の大きな障害になっています。

「汚染した水をどう処理するか、ここが一番大きな課題。そこが最大のポイントだと思って取り組んでいる」(吉田昌郎所長)

そして、政治問題にもなった1号機への海水注入。
事故発生の翌日の3月12日。
官邸の意向を受けた東京電力の本社は、吉田所長に対し海水の注入を中断するよう指示しました。
しかし、吉田所長はこの指示に従わず、自らの判断で注入を継続しました。

しかも、事故から2か月以上、その事実を本社に伝えていなかったことが先日、明らかになっています。
吉田所長は、本社の指示に背く形で、なぜ、海水を注入し続けたのでしょうか。

「ひと言で言うと、あの時点で現場は生きるか死ぬかでしたから、もし(海水注入を)止めていたら死ぬかもしれない。そういう気持ちでいたということはお伝えします」

「(Q.判断は間違っていなかった?)間違っていなかったというよりは、入れ続けないといけないと思っていた。その手順でいろいろあってご迷惑をおかけしましたけど」(吉田昌郎所長)

「止めていたら死ぬかもしれない」。吉田所長の説明はさらに続きます。

「海水を入れるというのは、その前から決まっていた。(海水注入を)ずっと我々も早くやりたくて入れていて、途中で1回中断という話がありましたけど、1回止めると何時間止めるか分からない。これはもう入れ続けるしかない。プラントの脇にいる我々からすると、生きる死ぬの話でしたから、それだけですね」(吉田昌郎所長)

そのうえで、海水を注入し続けていた事実を本社に伝えなかった理由についてこう話しました。

「(Q.本社に報告しなかった理由は?)忙しかったからですよ。1号機だけでなく2号機、3号機も危機的な状態が続いていた。その後も海水が漏れたり事象が起きていました。(報告を)忘れてはいないですけれども、いちいち前に戻ってどうのこうのではなく、第三者委員会ができれば、きちんと経緯を話そうと思っていた。タイミングが若干遅れたということ、非常に申し訳なく思っています」(吉田昌郎所長)

吉田所長は、インタビューの最後に今回の原発事故について謝罪の言葉を口にしました。

「福島県の地元の皆さんにご迷惑をかけたということ、これはこの事故が起こってから忘れたことはありません。本当に皆さんに申し訳ない。しっかり謝りに行きたいが、なかなかそういう状態にならない。そういう皆さんのためにも一刻も早く(事故を)収束させたい。サポート、応援いただければと思いますので、よろしくお願いします」(吉田昌郎所長)



週刊現代6/7海水注入に関しての記事がありました。
その他の関連記事とともに続きを読むに転記します続きを読む
comment 0 trackback 0
06.07
Tue
・放射性物質総放出量を77万テラベクレルに上方修正
・テルル132検出の情報を公表せず
・土壌にプルトニウム

6月6日月曜日 
京都大学原子炉実験所小出裕章助教に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]



【福島原発】6/6/月★総放出量37万テラベクレル⇒77万テラベクレルに修正




<参考>

放射性物質:77万テラベクレル…総放出量を上方修正
毎日新聞 2011年6月6日 15時00分

経済産業省原子力安全・保安院は6日、
東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質の総量について、
これまでの37万テラベクレル(ベクレルは放射線を出す能力の強さ、テラは1兆倍)から
77万テラベクレルへと上方修正する解析結果をまとめた。
内閣府原子力安全委員会の推計の63万テラベクレルに対し、過小評価との指摘が出ていた。
安全委員会に報告したうえで、国際原子力機関(IAEA)閣僚会議に提出する日本政府の報告書にも盛り込む。

総放出量は4月12日、
国際原子力事象評価尺度(INES)でチェルノブイリ原発事故(総放出量520万テラベクレル)と同じ
最悪のレベル7に引き上げた際に、保安院と安全委員会がそれぞれ発表した。

安全委は原発周辺で計測された放射線量などから、
事故直後から4月5日までの間の大気中への放出量の逆算を試みた。
一方、保安院は炉内の状態から試算。今回の見直しでは、2号機、3号機の爆発後の放出量を加えるなどした。

INESでは、数万テラベクレル相当の放射性物質の外部放出がある場合をレベル7と定めており、
上方修正でもレベルは変わらない。【足立旬子】



事故直後のデータを公表せず


NHK6月4日 4時32分

東京電力福島第一原子力発電所の事故直後に、
避難などの対策に生かすため実施された緊急時モニタリングのデータの一部が公表されていなかったことが分かりました。
核燃料が溶けた際に出る放射性物質が発電所の外で検出されたことを示す重要なデータなども含まれ、
住民の避難などに役立てられた可能性がありますが、

経済産業省の原子力安全・保安院は
「データがどれだけ役立ったかは現時点では分からない。当時、公表しようという考えに至らなかったことは深く反省している」としています。

公表されていなかったのは、
避難や飲食物の摂取制限など、住民の防護対策を決める際の参考にするため、
発電所周辺で国や福島県によって行われた「緊急時モニタリング」のデータの一部です。

このうち、大気中のちりなどに含まれる放射性物質の調査では、
事故の翌日の3月12日午前8時半すぎに発電所からおよそ7キロの浪江町の地点で、
核燃料が溶けた際に出るテルルと呼ばれる放射性物質が1立方メートル当たり73ベクレル検出されていました

このデータが検出される3時間ほど前、政府は避難区域を発電所の3キロから10キロ以内に拡大し、
住民に避難を呼びかけていましたが、燃料の損傷の説明はなく、
その後、昼すぎに行われた原子力安全・保安院の会見でも、核燃料は壊れていないと説明していました

深刻な事態が進みつつあることを示すデータが早い段階で公表されていれば、
住民の避難のしかたや避難への心構えなどに役立てられた可能性がありますが、
原子力安全・保安院は「データがどれだけ住民のために役立てられたかは現時点では分からない」としています。

一方、事故発生の4日後に周辺の市町村で行った放射性物質の調査のうち、
原発から30キロから50キロの4か所で採取した雑草などのデータも公表されていませんでした。

このうち、原発の北西およそ38キロの川俣町で採取した雑草からは
ヨウ素131が1キログラム当たり123万ベクレルという高い濃度で検出されていました

原発周辺の雑草については、この調査から9日後になって
初めて飯舘村で1キログラム当たり252万ベクレルの放射性ヨウ素が検出されたと発表されていました。

これについて、環境中の放射性物質に詳しい学習院大学の村松康行教授
「放射性ヨウ素は子どもへの影響が大きく最も注意が必要な物質だ。
早い段階で遠くまで放射性ヨウ素の汚染が広がっていることが公表されていれば
より早く何らかの対応ができた可能性がある。当時の対応を検証する必要がある」と指摘しています。

データの公表が遅れたことについて、原子力安全・保安院
「対策本部を現地から福島県庁に移す際に混乱したため、データがあることは把握していたが、公表しようという考えに至らなかった。深く反省している」と話しています。



原発敷地外でプルトニウム ごく微量、事故で放出か
産経ニュース2011.6.5 22:40

東京電力福島第1原発の正門から約1.7キロの福島県大熊町内の土壌に、
今回の原発事故で放出されたとみられる放射性物質のプルトニウムがごく微量含まれていることが
5日、山本政儀金沢大教授の分析で分かった。

プルトニウムは文部科学省の調査でも、原発敷地外でごく微量検出されているが、
過去の大気圏内核実験によるものとされており、事故の影響とみられる検出は初めて。

山本教授によると、
この地点のプルトニウムの濃度自体が、
過去の核実験の影響で検出される国内の平均的なレベルよりかなり低く、「人体への影響は心配ない」としている。

山本教授によると、
土壌は原発周辺20キロ圏内の警戒区域が設定される4月22日より前に、北海道大の研究者らが採取。
プルトニウムの3種類の同位体の比率から、核実験ではなく今回の事故が原因と考えられるという。


以下続きを読む内容書き出しました続きを読む
comment 0 trackback 0
06.06
Mon
チェルノブイリからみた福島第一原発震災~土壌浄化・エネルギー自給の可能性を探る~">チェルノブイリからみた福島第一原発震災
~土壌浄化・エネルギー自給の可能性を探る~


◆河田昌東氏緊急講演会
チェルノブイリからみた福島第一原発震災 ~土壌浄化・エネルギー自給の可能性を探る~

日時6月 5日 (日), 13:00 ~ 17:00



主催がNPO法人日本有機農業研究会です
前半も後半も内容が野菜に関わる事が多く
内部被曝に関して細かい調査をされています
菜の花プロジェクトについて






河田昌東氏講演会・第1部(内容一部書き出し)


<参考>

原発避難者ら4割が内部被曝">原発避難者ら4割が内部被曝
中国新聞'11/6/2

福島第1原発事故を受け、救援活動などで現地入りした人や、
現地から長崎県に避難している人たちを長崎大病院(長崎市)などが調べたところ、
約4割が内部被曝(ひばく)していることが分かった。

原発作業員以外の体内放射能の測定結果が明らかになるのは初めて。
健康影響は考えなくていいレベルという。
同大の研究グループは5日、広島市中区で開かれる「原子爆弾後障害研究会」で報告する。

同大病院は3月14日から、
福島県に派遣された大学や長崎県職員のほか被災地からの避難者を対象に、
ホールボディーカウンター(全身測定装置)を使って体内放射能を検査している。
同月末までに検査を受けた計87人を分析したところ、
通常は検出されない放射性ヨウ素131を34人(39%)から、セシウム137を22人(25%)から検出した。

ヨウ素は体重1キロ当たり平均8・2ベクレル、セシウムは同12・5ベクレルだった。
人間(成人)の体内には通常でも、放射性物質のカリウム40が50~70ベクレル存在することから、
健康影響はないと考えられるという。


農地の浄化、5月にも開始 植物で放射性物質吸収を実証">農地の浄化、5月にも開始 植物で放射性物質吸収を実証
朝日新聞 2011年5月7日10時8分

農林水産省は6日、
放射性物質に汚染された農地や牧草地の土壌改良に、早ければ月内に着手することを明らかにした。
計画的避難区域に指定された福島県飯舘村などが候補地だ。

表土の除去や土壌中の放射性物質を吸収するとされるヒマワリやナタネの栽培の実証実験を通じ、
土を浄化する技術の確立をめざす。

地元自治体や文部科学省などとも連携し、政府の研究開発費の緊急枠などで予算を確保する方向で調整している。
水田や畑、牧草地で土壌の性質が異なるため、どんな技術が最適かをまず確かめる。

重視するのは、放射性セシウムが蓄積した表土を取り除く「即効性のある技術」(担当者)を見いだすこと。
放射性セシウムはまだ地中深くまでは浸透していないとみており、除去する土の減量になるからだ。

今後の本格的な土壌改良に向け、ヒマワリやナタネの栽培の有効性も確認。
早ければ5月にヒマワリ、秋にはナタネを植える。
チェルノブイリ周辺でも汚染土壌で栽培されているが、土の質が違う日本での有効性を科学的に詰める。

除去した汚染土壌の処理方法や、ヒマワリやナタネの油脂などを原料にバイオ燃料をつくる際、
放射性物質が混入する可能性がないかも研究する。
ヒマワリやナタネの作付けを提案してきた飯舘村の菅野典雄村長は6日、
農水省を訪ね、鹿野道彦農水相に対して国家プロジェクトとして土壌浄化を進めるよう重ねて要請した。(大津智義)


講演終了後、上記の新聞内容のひまわりについて質問がありました

質問:石巻市でひまわりプロジェクトからの相談です
    ひまわりの処分をどうしたらいいのか。
    個人的に植えたり大々的に植えた場合その後の処分

河田:非常に難しい 問題だと思う
    2日間で95%吸収したとかネット上で広がってみんなが植えたがっているが
    しかし、結果的には難しいと思う
    油を取れば油は利用できるが
    油をとった後 残ったものがカサが大き過ぎる
    しかも、バイオガス利用出来るかどうか、
    木質度が多いのでリブニンという成分が多くてバイオガスのバクテリアには有害だという事が分かっている
    だから、木材をバイオガスの原料にはできないのです
    やってみないと分からないが難しいと思う
    今は表面に2,3センチだが
    たが菜種にしろひまわりにしろ、植えようとして耕すと2、30センチ下まで拡散してしまう
    そうなると我々がウクライナでやっているように、何十年も経って取らなければならないようになる
    ひまわりは今、植え時だが
    後始末をちゃんと考えないと
    今、農水省が飯館村でひまわりを植え始めたが
    後始末のことはどうも燃やすと言っているが
    燃やして煙として拡散させるのか
    焼却場に持って行って何とかするのか・・ということになっちゃうでしょう
    非常に難しいと思います

質問:このプロジェクトは続けていいですか?

河田:実験としてやるならいいと思う
    さまざまな処理設備もセットで
    いきなり大規模にやってこれで成果が上がると期待するのはおそらく無理だと思います


内容を全て書き出す時間が無いので
リアルタイムで講演を聞きながら内容を一部ツイッターでつぶやきました
その部分を続きを読むに転記します
続きを読む
comment 4 trackback 0
06.06
Mon
チェルノブイリからみた福島第一原発震災
~土壌浄化・エネルギー自給の可能性を探る~


主催がNPO法人日本有機農業研究会です
前半も後半も内容が野菜に関わる事が多く
内部被曝に関して細かい調査をされています






第一部最後の質問で、時の人俳優の山本太郎氏が質問しました
01:41:55
山本:ハワイでプルトニウムが検出されているようですが
河田:プルトニウムではなくウラン231で、天然のウランです

山本:福島からの物ですか?

河田:福島からです
    爆発によって大気中に風で運ばれて検出された
    もちろん超高感度の特別な機械を使って検出されたので
    あれでハワイの人が大きな被害になるとは考えない

山本:人体の影響は?

河田:けれど、水に溶けないのでプルトニウムと同じく野菜などは吸収しません。呼吸で吸う事が危険です

山本:ハワイまで飛んで行ったのなら日本にもちろん来ていますね
河田:もちろんそうです。
    水溶性が非常に低い物質なので食べ物から取り込む事はない
    あくまでも、粉塵を吸う。そこが問題です

河田昌東氏講演第二部6/5

続きを読むに内容一部書き出しました続きを読む
comment 0 trackback 0
06.05
Sun


NHK6月5日 7時38分


東京電力福島第一原子力発電所の事故からまもなく3か月になりますが、事故収束のめどは立っていません。
NHKは、激しく壊れた原子炉建屋を間近で撮影した最新映像を入手­しました。

建屋が吹き飛んだ4号機では、蒸気が立ち上っているのが分かります。
また、津波への対策は急ピッチで進められ、4号機の海側の道路では土のうが積み上げられてい­ました。

福島第一原発の復旧作業の拠点「免震重要棟」、その2階にある「緊急時対策室」です。
先月末、復旧作業に当たる作業員が撮影しました。
東京電力の社員や作業員が、ここで防­護服やマスクなどを身につけて作業に向かいます。
放射線量の高い状態が続くなか、毎日、2000人以上が復旧作業に当たっています。

映像には、激しく壊れた原子炉建屋が映­っています。

震災の翌日、3月12日に水素爆発が起きた1号機は、コンクリートの建屋が吹き飛び、鉄骨がむき出しになっています。
線量計から鳴り続ける警告音は、放射線量­が高いことを示しています。

1号機に続いて水素爆発が起きた3号機です。
建屋の上部が崩れ落ち、ほとんど原型をとどめていません。

そして、同じく建屋が吹き飛んだ4号機で­は、緑色の機材の左側で蒸気が立ち上っているのが分かります。

また、別の映像では、画面右側のビルの屋上や近くの斜面に、
爆発で吹き飛ばされたとみられるものが散乱してい­るのが確認できます。

大量の水を注入できる工事用の特殊な機械は、長いアームで作業を行っていました。
海岸沿いに建っている福島第一原発では、
海岸近くにあった配管類や柵­などがめちゃめちゃに壊れ、津波の被害とみられます。
津波への対策は急ピッチで進められ、4号機の海側の道路では土のうが積み上げられていました。
事故からまもなく3か月­、収束のめどはいまだに立っていません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そして今日6月5日17時30分からの保安院の会見で配られた資料
5月17日から6月5日までの「たまり水の水位」

水位



comment 0 trackback 0
06.04
Sat
1号機建屋で湯気、周囲で毎時4千ミリシーベルト
産経ニュース2011.6.4 12:56


東京電力は4日、
福島第1原発1号機の原子炉建屋の1階南東の床から湯気が吹き出ているのが見つかり、
周辺で最大毎時4千ミリシーベルトの高い放射線量を計測したと発表した。


人が4分以上いれば、作業員の被曝限度の250ミリシーベルトを上回る値で、
これまで福島第1原発で確認されている空間線量では最大という。

東電によると、この場所での作業は予定されておらず、ロボットによる監視を続けるという。

湯気は3日、ロボットで建屋1階の放射線量を調べていたところ見つかった。
湯気が見つかった場所の地下には、高濃度の放射性物質を含んだ汚染水がたまっており、
湯気はこの汚染水から発生したとみられるという。汚染水の温度は50度前後と推定されている。

湯気が出ている場所には、1階と地下を通る配管があり、
その配管と地面の間に隙間が生じて湯気が漏れだしているとみられる。
周囲では毎時2400~4千ミリシーベルトという高い放射線量が計測された。

このエリアでは5月13日にロボットで調べた際も、
毎時2千ミリシーベルトの高い放射線量を計測している。





comment 0 trackback 0
06.04
Sat
浪江町で積算73ミリシーベルト 文科省が計算ミス
東京新聞2011年6月3日 21時42分

文部科学省は3日、福島第1原発の北西22キロの福島県浪江町内の1地点で、
3月12日から5月25日までの約2カ月半の積算放射線量が推定
73・9ミリシーベルトだったと発表。

第1原発周辺の、この期間の積算線量推定分布図を公開した。

文科省は5月16日、この地点の5月11日までの積算線量は31・7ミリシーベルトと発表していたが、
この日、61・1ミリシーベルトだったと訂正した
担当者は「一部で間違った計算式を使っていた」としている。

浪江町内のほかの10地点でも計算ミスがあり
大幅な過小評価になっていた。

積算線量の推計値を公表した159地点のうち、5月25日までに20ミリシーベルトを超えたのは、
浪江町内の13地点と飯舘村の3地点、葛尾村と南相馬市がそれぞれ1地点で計18地点。

73・9ミリシーベルトが最高値だった。

積算線量の分布図は、福島県内の2千地点以上で測定した放射線量の実測値から作成した。

また文科省は、土壌への放射性物質の蓄積状況を示す地図の作成に向け
今月6日から調査を始めると発表した。

福島県内を中心に計約2200地点で土を採取し、放射性物質の濃度を測定。8月に公開予定。
(共同)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ʅ( ~⊖◝)ʃ何を信じればいいの~?・・・・・・・・・・・・・・・・・

福島民報

新たに4地点20ミリシーベルト超 文科省の年間積算線量推計値

 
文部科学省が3日、発表した
東京電力福島第一原発事故による県内の放射線量定点調査で、

伊達市霊山町2地点と南相馬市、飯舘村のそれぞれ1地点で、
年間積算線量推計値が計画的避難区域となる基準の20ミリシーベルトを新たに上回った

伊達市は同区域に指定されておらず、
市は自主的な一時避難を希望する住民への支援を検討する方針。

南相馬市の1地点も区域外の山間部となっている。

今回発表された年間積算線量推計値では、
伊達市霊山町上小国の2地点のうち1地点が20・8ミリシーベルト(前回16・2ミリシーベルト)、
同市霊山町石田が20・1ミリシーベルト(同14・1ミリシーベルト)となった。

市南部の上小国地区は県道沿いに南北に広がっているが、同省は観測地点の「字」名まで公表していない。

市東部の石田地区についても詳細な住所は未公表だが、
市は、別の調査で線量が比較的高く、既に希望する住民の避難が検討されている坂ノ上・八木平地区の周辺としている。

南相馬市原町区大原は23・8ミリシーベルト(同19・6ミリシーベルト)となった。
飯舘村大倉は20・2ミリシーベルト(同17・3ミリシーベルト)。
(2011/06/04 09:28)



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。20ミリシーベルト超どころじゃないですから。。。。。。。。。。。。。。。




comment 0 trackback 0
06.04
Sat
千度以上示す核物質、3月12日に検出していた">千度以上示す核物質、3月12日に検出していた


特集 福島原発

東電福島第一原発から約6キロ離れた福島県浪江町で3月12日朝、
核燃料が1000度以上の高温になったことを示す放射性物質が検出されていたことが分かった。

経済産業省原子力安全・保安院が3日、発表した。

検出された物質は「テルル132」で、大気中のちりに含まれていた。
原発から約38キロ離れた同県川俣町では3月15日、
雑草から1キロ・グラム当たり123万ベクレルと高濃度の放射性ヨウ素131も検出されていた。

事故発生から2か月以上たっての公表で、
保安院の西山英彦審議官は「隠す意図はなかったが、国民に示すという発想がなかった。反省したい」と釈明した。

テルルの検出は、1号機から放射性物質を含む蒸気を放出する「ベント」の実施前だった。
(2011年6月3日23時09分 読売新聞)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

読売新聞もこんな記事書くんですね・・・
それにしても・・・
「隠す意図はなかったが、国民に示すという発想がなかった」ってなんですかʅ( ~⊖◝)ʃ??


comment 1 trackback 0
06.04
Sat

今朝このブログで「懸念される瓦礫の処理と広がる国内汚染」 にも書きましたが
人類が初めて遭遇している福島原発事故の放射能汚染と津波による瓦礫の問題は
行き詰っているようにも感じられます



東日本大震災:「放射能がれき」処理難航
毎日新聞 2011年6月4日 0時29分(最終更新 6月4日 0時40分)

20110604k0000m040132000p_size5.jpg

工場建設予定地に1カ月以上山積みされたがれき
=福島県南相馬市原町区で2011年5月31日午後、神保圭作撮影


20110604k0000m040134000p_size6.jpg


東日本大震災によって福島県で発生したがれきの処理が難航している。
量は推計約288万トンで、岩手県(約499万トン)や宮城県(約1595万トン)より少ないものの、
原発事故で多くが放射性物質に汚染されているためだ。

環境省は5日に開く専門家の検討会で処理方針を決めるが、
放射性物質に汚染された災害廃棄物の発生は法律でも全く想定していなかった事態で、解決は簡単ではないのが実情だ。【神保圭作、種市房子、江口一】

 ◇焼却先や費用負担見通せず

立ち入りが規制されている警戒区域(東京電力福島第1原発から半径20キロ圏内)近くの南相馬市原町区。
大手重機メーカーの工場建設予定地だった約18.5ヘクタールの空き地は
現在、遺体捜索のために撤去されたがれきの仮置き場となり、コンクリート片や材木が山積みになっている。

その西約500メートルには住宅地がある

3月下旬の搬入開始以降、住民から市に「放射性物質に汚染されたものをなぜ置くのか」との苦情が相次いだ。
4月に開かれた住民主催の説明会で、市の担当者は
「がれき周辺の放射線量は1時間当たり0.3~0.4マイクロシーベルトで、住宅地周辺の山で測定される0.56マイクロシーベルトよりも低い」との県のモニタリング結果を紹介し、理解を求めた。

その後は毎日、がれき周辺の放射線量を測り、市のホームページで数値を公表している。

それでも住民の不安はぬぐえない。
近くの主婦(56)は「ここは警戒区域にも近く、みんな放射線に敏感。いくら放射線量が少ないからといって、長く置かれれば健康に影響が出るのでは」。

子供が生まれたばかりの息子夫婦は福島市に避難させたといい、
「放射性物質は元々原発から出たのだから、がれきも原発の敷地内に運べばいいのに」と話す。

こうした状況は福島県沿岸部の自治体に共通する。
より放射線量の高いがれきが多いとみられる警戒区域内では手つかずのままで、撤去終了のめどすら立たない。
環境省は汚染がれき処理のため、専用の仮設焼却炉を設置するなどの方針を示しているが、実現は容易ではない。

南相馬市の担当者は「校庭で除去した表土を埋めることにも苦情が出るのに、どこが(設置に)手を挙げるのか。
施設を作れば風評被害が出るだろう」と懐疑的だ。

費用をだれが負担するかも大きな課題となっている。
相馬市の担当者は
「同じ問題を抱える自治体同士で広域連合を作り、
がれきの種類ごとに受け入れる自治体を割り振ってはどうか。
そのためにも県にもっと主導力を発揮してほしい」と提案する。

だが、県は「そもそも原子力政策は国策。
国が専用焼却炉の場所選定を調整し、費用も負担するのが筋ではないか」(生活環境部幹部)と国の対応を求めた。

 ◇「原発外」法の想定外

「どの法律も想定していなかった問題だ」。
放射性物質に汚染されたがれきの処理を担当している環境省幹部は、前例のない事態にため息をつく。
地震などで発生したがれきは通常、災害廃棄物として廃棄物処理法に基づいて処理するが、
放射性物質の汚染廃棄物は対象外だ。

一方、原子力施設から発生する廃棄物で、汚染がごく低レベルで人の健康に影響がないものは、
原子炉等規制法で「放射性物質として扱う必要がないもの」と位置づけられる。
その基準(クリアランスレベル)は、年間0・01ミリシーベルトと定められている。

だが、原発事故で汚染された原発外の廃棄物の処分は、法律にも規定がない。
しかも、経済産業省原子力安全・保安院の調査で、
福島県内のがれきは、クリアランスレベルを超える汚染のものが多いことも分かった。

このままでは処理が進まないため、環境省は廃棄物処理法に基づいた手順で処理することを決めた。
同省は既に
▽警戒区域内と計画的避難区域内では当面、放置する
▽大気中の放射線量が比較的低い会津地方と浜通り・中通りのうち10町村では通常の処理
▽大気中の放射線量が他地域より高い浜通り・中通りでは、集じん用フィルター付きの焼却炉で燃やす

--との方針を示している。

環境省によると、汚染がれきを焼却炉で燃やした場合、
排ガス処理用のフィルターを設置すれば、放射性物質の約半分は焼却後の灰の中に残り、
あとはフィルターで捕捉できる。焼却炉の外に排出されることはほぼない、という。

だが、専門家の中には「放射性物質は焼却ではなくならず、焼却灰などに濃縮されるはず。

高濃度になると処理が困難だが、データが不足しており、実験などで調べるべきだ」との指摘もある。

さらに、汚染物質が含まれた焼却灰やフィルターは、監視しながら保管しなければならない。
また汚染がれきの中でもコンクリートなどは燃やせず、埋め立てるしかない。
保管・埋め立て場所の確保もかなり困難だ。

井上正・日本原子力学会クリーンアップ分科会主査(電力中央研究所首席研究員)
「国の責任で、汚染された地域を元に戻すための環境修復センターを原発敷地外に設置し、
住民の納得をえながら汚染されたがれきを処理する方法などを探るべきだ」と提言する。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



質疑応答全て(文字起こし)科学技術特別委員会5/20
の中で
中部大学の武田邦彦氏が下記のように答弁しています

武田参考人

私が決断をできて、装置をつくれる立場にあれば、
事故直後は別にして、四月の上旬には、まず第一に放射線で汚れたものを蒸留する蒸留装置を発注します

濃縮されたものが減容されましてドラム缶に詰まりますから、それをとりあえずしまっておく仮の貯蔵所をつくります
さらに、各所から集まってくる土壌を洗浄する装置をつくります
洗浄した汚水がありますから、その汚水を蒸留して除くことができますから、その装置をつくります。

それからさらに、樹木もしくは野菜ですね。
大変に悲しいことを言わなきゃいけませんが、福島でとれる野菜は汚染されたものが出てくるわけであります。

福島の現在の汚染された地域でとれる野菜とか農作物で汚染されていないものをとるということは不可能でありますので、
それを認めて、買い上げて、焼却をして、そこからの放射性物質を回収する
とりあえず、洗浄装置、蒸留装置、焼却装置、それに回収装置をつけたものを、直ちに私だったらつくります。

それは、放射線がこれだけ大量に何京ベクレル出たということは、同時に、それを除去することを実施しなければ、
全く手も足も出ないわけであります


それから、これを言いますと政治的には問題だろうと思いますが、
私は政治家でないので十分に言わせていただきますと、

既に青森には放射性物質を処理する大きな装置があります
それを折衝して、同じく原子力発電所から出てくる廃棄物も、
それから不幸にして今度漏れた廃棄物も科学的には同じものでありますから、
それを日本全体としてどのように処理するかということを決めなければいけないと思います。
また、青森県の鰺ケ沢町のように、
みずから放射性廃棄物を引き取るというふうに手を挙げているところもあるわけですから、
これは震災前でありますが、
したがって、そういうところとの折衝も開始して、
福島県を汚したものをできるだけ早く影響のないところに格納していくということをとにかく早くやっていく。
工学的にも技術的にも必ずできるものでありますので、実施すべきだと思います。

ここまで具体的に述べています


非常に悲しい事や
耐えられない位に辛いと人間はそれを信じたくなくて
自己防衛が働き、楽な方へと動きがちです
でも、・・・
今回は放射能が付いている瓦礫です
ただの瓦礫ではありません

今現在も
福島第一1号機から4号機まで全てに予断を許さない状態です

今までなかった事故なのだから
今までなかったという事を認めて
頭の中を切り替えて何が一番いいのかを年とった政治家のおじいさんたちにも
なんとか・・・・何とか切り替えて欲しいものだと思っています

一般市民の私だって
切り替えるのは大変だけど
輸入の肉食べたり輸入の魚探したり
賞味期限が切れる寸前の冷凍食品や乾物等を探しています

家庭で作るご飯は
何を食べたらいいのかまだ、この状況の変化についていっていません

でもね・・・
まるっきり日本は変わったと思う
今まで安全だったものは今一番危険なものになり
今まで安心できたものが今一番恐ろしいものになっている

認めたくないし認める勇気は大変なものであるけれど
状況を見極めれば
おのずと道が見えてくるものだと私は思っています



comment 0 trackback 0
06.04
Sat
「もと地球上には放射能がある」だから、「今、福島から出ている放射能だって大丈夫」
「低線量なら身体に良い」「放射能は怖くない」「100ミリシーベルトまでは問題ない」
このような話しを最近よく聞きます
本当なのでしょうか?・・・・・


【放射能】自然放射線と人工放射線のちがい
                       市川定夫氏



市川定夫氏 微量放射線の遺伝的影響の研究で知られる
1958年京都大学卒、1963年京都大学大学院修了、農学博士。
1935-昭和後期-平成時代の放射線遺伝学者。
昭和10年12月7日生まれ。アメリカのブルックヘブン国立研究所研究員などをへて,昭和54年埼玉大教授となる。
ムラサキツユクサをもちいた微量放射線の遺伝的影響の研­究でごく低線量でも生物に影響があることを証明。
大阪出身。京大卒。著作に「遺伝学と核時代」「新公害原論」など。

▼ 放射性物質半減期

ロジウム106 ( 29.8秒)
ヨウ素131 ( 8日)
コバルト60 ( 5 .3年)
ストロンチウム90 ( 28.8年)
セシウム137 ( 30.1年)
ラジウム226 (1,600年)

プルトニウム239 (24,000年)
ウラン234 (24万5千年)
ウラン235 (7億4百万年)
ウラン238 (44億7千万年)

続きを読むにyoutubeの内容転記
続きを読む
comment 15 trackback 0
06.04
Sat
知っておきたかったので・・・原発業界御用者リスト
というサイトから転記します

原発関連御用学者リスト
福島原発事故で発言している人を中心に 
※医学関係は別リストになっています。原発関連御用学者リスト(医学関係)


東大

小佐古敏荘(東大)内閣官房参与を辞任。浜岡原発は絶対安全だと言ってきた人。泥船から逃げ出しただけ。
諸葛宗男(東大特任教授)「安心安全心配なし」
関村直人(東大)「炉心溶融(メルトダウン)はありえない」
小宮山宏(東大元総長)
岡本孝司(東大)※現在中立的発言をしているといううわさがある(未確認)
宮健三(東京大学名誉教授・慶應大学教授)
寺井隆幸(東京大学工学系研究科教授)
新野宏(東京大学大気海洋研究所教授、日本気象学会理事長)「放射性物質予測、公表自粛を」
大橋弘忠(東大システム量子工学教授)「プルトニウムは飲んでも安心。どうして信じない!?」
岩田修一(東大教授)
西村肇(東大名誉教授)
郡司嘉宣(東大地震研)
森口祐一(東大環境システム工学教授)
畑村洋太郎(工学院大学グローバルエンジニア学部、機械創造工学科教授。東京大学名誉教授。失敗学会理事長)


東工大

松本義久(東京工業大学原子炉工学研究所助教授 )
有冨正憲(東工大 原子炉工学研究所 エネルギー工学部門)「1号機の煙は爆破弁の成功です」
衣笠善博(東工大教授)(元原子力安全委員会メンバー)活断層カッター
澤田哲生(東工大)「放射能が漏れることはない 事態は悪化しない 汚染水は漏れない」
藤家洋一(東工大名誉教授)


大阪大

山口彰(大阪大)
村上秀明(大阪大学教授)
野口(大阪大学)
住田健二(元・原子力安全委員会委員長代理 大阪大学名誉教授)「技術者が悪い、マスコミも悪い。」言い訳、責任転嫁の真っ黒推進派


その他大学等

奈良林直(北海道大教授 原子炉工学)
北村正晴(東北大学名誉教授・東北大学未来科学技術共同研究センター教授)
中島健(京大原子炉実験所教授)
伊藤哲夫(近畿大学原子力研究所教授)
山西弘城(近畿大学原子力研究所准教授)
大槻義彦(物理学界のスーパースター・早稲田大学名誉教授)「出荷停止のもの、私が食べますからお送りください。 」
村松康行(学習院大学理学部化学科教授)
工藤和彦(九州大学特任教授 高等教育開発推進センター 高等教育開発部 )
浅沼徳子(東海大学工学部原子力工学科非常勤講師)
野依良治(理化学研究所理事長)
岡芳明(早稲田大学教授 先進理工学研究科共同原子力専攻)


原子力業界

斑目春樹(東大教授、原子力安全委員会委員長) 諸悪の権化。「水素が出ますが爆発はしません」
石川迪夫(日本原子力技術協会前理事長(現最高顧問))
鈴木篤之(原子力安全委員会委員長)
近藤駿介(原子力委員会 現委員長)
武田充司(原子力安全研究会) 
青山繁晴(内閣府・原子力安全委員会・専門委員)
藤城俊夫(高度情報科学技術研究機構参与、元日本原子力研究所大洗研究所長)
安濃田良成(日本原子力研究開発機構 元産学連携推進部長)
有馬朗人(NPO ネットジャーナリスト協会 会長)
寺島実郎(多摩大学学長、三井物産戦略研究所会長、財団法人日本総合研究所理事長)
久住静代(原子力安全委員)



18 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(北海道)[] 投稿日:2011/04/20(水) 13:25:43.34 ID:M7M+CpoO0 より
原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」J-Castニュース2011/4/16 13:17
原発推進派学者の重鎮たちが原発の「安全神話」崩壊に懺悔を繰り返している。
元原子力安全委員長の松浦祥次郎氏や前原子力委員会委員長代理の田中俊一氏ら原発推進の学者16人がこのほど、異例の緊急提言

438 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(東京都)[sage] 投稿日:2011/04/22(金) 23:38:25.78 ID:u56o5ghZ0
原発御用学者に感じる違和感。他の専門家となぜこんなに違うのかね

津波の専門家:
 「津波は非常に危険。自分の家は大丈夫だと思わず、念のために高台に逃げてください」
地震の専門家:
 「地震は大変危険。倒れやすい家具から離れ、火の元に気をつけて避難してください」
気象の専門家:
 「台風はとても危険。戸締りをして決して外に出ず増水した川に近づかないでください」
インフルエンザの専門家:
 「新型インフルエンザは感染力が強く危険。マスクをして手を洗い感染しないように気をつけてください」
火山の専門家:
 「火山ガスと火砕流は非常に危険。噴火している火山には決して近づかないでください」

原子力の専門家&放射線医療の専門家:
 「放射性物質は安全。むしろ健康にいい。チェルノブイリも大したことはない。不安になる必要はなく、避難する必要もありません」



まだまだ続く・・・続きを読む続きを読む
comment 2 trackback 0
06.04
Sat


原発震災廃棄物・広域処理問題@ まとめ

そして、
環境省に電話されてその内容をyoutubeにUPして下さった方がいらっしゃいました

放射性被曝ガレキの処理について環境省に電話した 2011/4/28


このyoutubeの電話の日付は4月28日でした
その後環境庁が瓦礫の放射線量を測り低線量の瓦礫について

5/19たねまきジャーナルで<参考>として載せた
「環境省、福島県内のがれきを仮設焼却炉で処分」の記事にもありました。

日本経済新聞2011/5/18 2:48
同省は有識者会議で処分方法をまとめた指針を作成した後、国の原子力安全委員会の意見を踏まえ、
自治体に処分を認める方針。
放射線量が比較的高いがれきは仮設焼却炉で処分を求める一方、
線量が低いがれきは通常使っている焼却場での処分を認める方向で、週内にも自治体に通知する。

線量が低いというその数字がどの程度のものなのか今はまだ不明ですが
一般のごみ焼却炉で様々な地域で焼却されることに恐怖を覚えます

福島第一原発からの放射線の大気中への放出も
その量が一番多かった日よりは少なくなっているとはいえいまだに続いています
その上各地でたとえ少ない放射線量(国の決める基準だから多くても少ないというと思うけど)でも
大気中に出ていく事はますます汚染を広げることになるのではないでしょうか

下記のような事実もあります
放射性物質含んだ汚泥 埼玉の2工場に搬出 群馬
産経新聞 5月15日(日)2時31分配信
 
県は14日、県央水質浄化センター(玉村町)の放射性物質を含んだ汚泥約15トンが
6日に埼玉県内2カ所のセメント工場に搬出されていたと発表した。

県は2日、県有6水質浄化センターに対し、汚泥を当面、外部のセメント工場へ搬出しないよう指示していた。
県下水環境課では指示が守られなかった理由について、

「危機意識が共有できておらず、連絡漏れがあった。センター職員が、6日以降は通常通りに汚泥を搬出できるものと勘違いしていた」と謝罪した。

福島県内の下水処理場から1日、1キログラム当たり2万6400ベクレルの放射性セシウムが検出された。
このため、県は2日、県内の汚泥にも放射性物質が含まれている可能性があると判断して、
センターに指示を出していた。

県が5日に県内で採取した汚泥からは、
1キログラム当たり最大で870ベクレルの放射性セシウムが検出されていた。
県は今後、政府方針に従い、汚泥の再利用を進める方針だ。


このようにして全国に広がっていくのかと思うと
言葉を失います

武田邦彦氏
生活と原発 07 汚染された瓦礫の処理

震災で汚れた福島の瓦礫を、川崎市が処理するという話が出ています。

震災で苦しむ福島を少しでも助けようという川崎の人の心はとても良いと思います。

ただ、福島の瓦れきは放射性物質で汚染されている可能性が高く、
それが川崎まで来るということに川崎とその周辺の人が不安を感じるのも当然のことと思います。

・・・・・・・・・

わたくしは福島の瓦れきを川崎で処理するのに賛成できません。

たとえ、川崎が瓦礫の受け入れに当たって瓦れきの放射性物質を測定し、
それが基準内であっても、わたくしは川崎に持ち込むのは問題と思います.

通常では「規制値以下」の放射性物質を含む野菜を食べても良いのですが、
現在のように身の回りに放射性物質が多くあるときには、「可能な限り放射性物質に接しない」方が良いからです。

つまり現在は、空間、内部、食品、水などからの被曝の「足し算」をせざるを得ない時期です。

川崎や横浜の放射性物質の量はなんとか安心できる範囲ですが、それにさらに放射性物質が加わるから問題なのです.

・・・・・・・・・

福島の瓦礫や土壌は放射性物質で汚れました。
それは「福島原発という限られた場所に閉じ込められていたものが、
福島県を含めて広く散らばった」ということを意味しています.

これからは、「散らばった放射性物質をできるだけ、福島原発の近くに集める」ことをしなければなりません.
従って、福島のゴミなどは早く原発の近くに放射線物質を回収できるフィルターのついた焼却炉を作って、
そこでドンドン放射性物質を回収する必要があります。

そうしないと放射性物質が徐々に日本全体に拡がります.
その第一歩を川崎がすることになり、同情は良いことですが、決して放射性物質を「拡がらせる」ことになってはいけません。

それは今、福島の人が苦しんでいることと同じ事なのです.

川崎に運ぶ予定の瓦礫などから「拡散させない」という行動を開始するべきで、
これは東電に期待しても、到底できませんから、自治体もダメで、政府が指導力を発揮しなければならないと思います.
                                  (平成23年4月12日 午後1時 執筆)






続きを読む福島県内の災害廃棄物の当面の取扱いを転記します続きを読む
comment 0 trackback 0
06.03
Fri
気流に乗って世界に放射性物質は広がっていると思っていました
下記youtubeは3月13日から20日のものです



想像はしていましたが
この画像を見ると、日本は殆どすべて汚染されているように思えます
チェルノブイリの時も放射線核種は地球を一周してまた戻ってきたと・・・

そして・・・
日本はこれほど世界を汚しているのに
政府は内輪もめなどしていないで
もっと大切な今この時の事をちゃんと議論して
一刻も早く福島原発を収束に向かわせるため
政党間の思惑は捨てて協力して欲しいと思っています

何をしてるんだろう
日本の政治には・・・もう・・・呆れてしまうけど・・・




こちらで、現在の世界予報が見られます

天気予報モデル - グローバルジェットストリーム


リアルタイムで日本の放射線データが簡潔にわかります
日本"リアルタイム"核放射マップ

どちらもアメリカのサイトです


comment 0 trackback 0
06.03
Fri




事故が起きなくても労働者は被ばくしている
原発で働く労働者の存在を38年にわたって追い続けたフォトジャーナリスト樋口健二氏の説明

原発で働き癌になった患者の労災申請にかかわってきた阪南中央病院 村田三郎医師は
5年で100ミリシーベルトという基準は癌や白血病になる人が出る事を前提として決められた事であると言います

また、原発で働いてきた方々の証言
作業にならないので線量メーターをはずす
提出した線量は200が80と書き換えられているなど・・

文科省の発表では
原発労働に従事した27万人のうち6万5千人のいどころが分からず生死も確認できていないという・・

事故が起こらなくても原子力発電所は必要なのでしょうか?

12分弱の番組ですので是非ご覧ください

<参考>番組冒頭で紹介されている樋口健二氏のイギリスで放送された番組です
日本では放送されない事実~隠された被爆労働(BBC放送)




comment 0 trackback 0
06.03
Fri
5月20日に衆議院 質疑応答全てです
科学技術、イノベーション推進の総合的な対策に関する件(放射線の健康影響について)

(参考人)
原子力安全委員会委員久住静代君
琉球大学名誉教授矢ヶ崎克馬君
高木学校元放射線医学総合研究所主任研究官
医学博士崎山比早子君
中部大学教授武田邦彦君


  民主党 空本誠                    自民党 松野博一
     

   自民党 松野博一                    公明党 斉藤鉄夫
      

   公明党 斉藤鉄夫                    共産党 吉井英勝    
      

   社民党 阿部知子              自民党 馳 浩  民主党 小川淳也
      

自民党 吉野正芳  民主党 太田和美          公明党 遠藤乙彦
      

民主党 豊田潤多郎  共産党 吉井英勝



矢ヶ崎克馬琉球大名誉教授 参考人意見

崎山比早子医学博士参考人意見

中部大学教授武田邦彦氏参考人意見



続きを読むに議事録が作成されていました内容書転記します。続きを読む
comment 0 trackback 0
06.02
Thu
たねまきジャーナル6/1

・IAEAについて
・モニタリングポストの計測方法について


【福島原発】6/1/水★IAEA(国際原子力機関)という組織について





<参考>
IAEA報告 原子力村の体質を批判
中日新聞2011年6月2日

福島第一原発事故を受け来日した国際原子力機関(IAEA)調査団が政府に報告書の素案を提出し、
原子力担当部署の在り方に問題があると指摘した。国民が抱く不信を、国際機関も認めた。

報告書は今月下旬、ウィーンで開かれるIAEA閣僚級会合で提示される。
国際社会は今回の事故を教訓として、各国の既存、さらには建設予定の原発の安全性を高める議論を本格化する。

素案では日本は「津波の危険性を過小評価していた」とし
あらゆる自然災害の危険評価を最新の基準に改めるべきだと提言した。

注目されるのは、原子力安全を担当する部署について
「規制当局は独立性が保たれ、役割をはっきりさせるべきだ」と記した点だ。
日本の原子力行政にみられる責任所在のあいまいさを指摘した。

原子力安全・保安院が経済産業省の外局であることからも明らかなように、
原子力発電を推進する組織と、安全を監視する組織がはっきり独立していない。
これに東京電力など電力各社と原発推進派の政治家、学者らが加わって専門家集団を形成し“原子力村”とも呼ばれる。


福島第一原発事故の対応、原因究明の遅れについては、
所轄官庁も含む専門家集団の秘密主義、なれ合い体質によるところが大きいというのが、
国内だけでなく海外でも支配的な見方だ。

素案は組織名こそ言及しなかったものの、日本の原発規制当局には十分な独立性がないと指摘した。
IAEAの文書としては厳しく、日本に対して原発建設と安全管理の役割を担う組織をはっきり区分し、
責任逃れをしないよう求めたものだ。
原子力村の体質を批判したともいえる。日本側が十分に対応しないと、各国の不信はぬぐえないだろう。

ただ日本の面目を傷つけまいという配慮もみられた。日本政府の対応を
「避難地域の対応を含めて組織化されている」といい、

福島第一では「困難な現場で専門的な知識を持った作業員が献身的に対応した」と評価した。
事故の早期収束を願う国際社会の期待をこめたともいえるが、現実はこれほど楽観的ではない。

IAEAの目標は「原子力の平和利用の促進」であり、ドイツなど欧州でみられる「脱原発」の動きとは相いれない。
日本政府が掲げるエネルギー政策の見直しを後押しする機関ではないと、付言しておきたい




地表面の放射性物質の測定結果

5/11農産物と土壌汚染ーたねまきジャーナル小出先生(内容書き出し。参考あり)
土壌1


文部科学省及び米国エネルギー省航空機による航空機モニタリングの測定結果について






今中哲二氏
2011 年3 月25 日 福島県内各地方環境放射能測定値のプロット

2011 年4 月4 日
3 月28 日と29 日にかけて飯舘村周辺において実施した放射線サーベイ活動の暫定報告


続きを読むに内容書き出しました続きを読む
comment 0 trackback 0
06.02
Thu
たねまきジャーナル
小出裕章氏

・2号機使用済み燃料プールの循環冷却について
・海洋汚染について

【福島原発】5/31/火★海洋汚染について




<参考>


2号機の燃料プール、水温下がる


福島第一原発の2号機では、使用済み燃料プールを冷却するための循環型の装置が、
先月31日夕方から稼働を始めましたが、
1日夕方までにプールの水温が稼働前の70度から48.4度にまで下がっていることがわかりました。

福島第一原発2号機では、燃料プールを冷却するために外部からの水の注入が行われていましたが、
先月31日夕方からは、温められた水を熱交換器で冷やして再びプールに戻す循環型の装置が稼働を始めています。

プールの水温は、装置が稼働する前の先月31日午後5時には70度でしたが、
23時間が経った1日午後4時には、48.4度にまで下がったということです。

2号機の原子炉建屋には屋根が残っていることから、
プールで発生する蒸気が換気されずに建屋の内部に充満し温度も湿度も高い状態だったため、
東京電力は、これまでは15分以上作業をするのは困難だとしてきました。
水温がこのまま順調に下がれば、
本格的な復旧作業を行うための建屋内部の環境がわずかながら改善することになります。
(JNN 02日00:18)

寿司が好きです。ワカメも好きです。カキも大好きです。

グリンピース記者会見資料



続きを読むに内容書き出し続きを読む
comment 0 trackback 0
06.02
Thu
テッペイさんという方が牛乳の各メーカーに電話で問い合わせた内容が
下記サイトに書いてありました

【原発】 電話で聞いてみました 各社の牛乳産地と放射能検査の現状

明治乳業、森永乳業、協同乳業、小岩井乳業の4社に電話されています。


質問内容は
(1)製造段階で御社独自に放射能検査をしているか
(2)福島産の原乳を使用した牛乳はあるか

各社の電話内容の部分み転記します。



雪印乳業

(1)独自検査はしていない。放射能検査を自社で、製造段階で行っていない。

(2)富里工場のメグミルクに、福島産の原乳も使われている

「でも、ツイッターでは、牛乳の産地を混ぜて誤魔化してるみたいに書かれてますよ?」と伝えると、
窓口のSさんも「はい。私もツイッターを拝見しました」と困惑した声。
「どうも非常に誇大に書かれていると感じています」。

確かに牛乳を混ぜてはいる。
だが、「隠蔽だとか偽装のように思われているお客様がいる」ことについては
「決してそうではないとご理解いただきたい」との ことだった。
他の工場、たとえば、神奈川県海老名工場で製造されたメグミルクだが、
これも神奈川、千葉、栃木、群馬という複数の 産地の牛乳がミックスされている
。それと同じということらしい。


明治乳業

(1)独自検査はしていない
お客様からの声が大きく、また、牛乳という液体であるため、洗い流すことができないことから、
確かに2重3重の検査をする方が望ましいのではないかと考えている。
しかし、具体的な独自検査の予定は現段階では出ていない

(2)福島産の原乳は使用していない
地震以前は東北の工場で使用していたが、地震によって東北工場が停止しているため、自動的に福島産の原乳が使用できない状態になっている
「十勝牛乳」など産地をうたった牛乳はその産地のもののみ使用しているが、
「おいしい牛乳」などは、酪農家団体が近隣複数県から集めてきた原乳を使用しているため、産地はミックスされている。


森永乳業

(1)独自に検査はしていない。今後する予定も今のところない。

(2)福島県産の原乳は使用していない。
これは牛乳に限らず、飲料、デザート、ヨーグルトすべてにおいて当てはまる
事故以前は東北の工場で使用していたが、現在、工場が停止しているため使用していない。
今後は国が定める基準を満たした原乳を産地に関わらず使用する方針。
工場は近いうちに再度稼動すると思われる。
ゆえに、その際、国の基準値に収まれば、福島産の牛乳を使用する可能性がある


協同乳業

(1)独自に検査はしていない
というのも、放射能の検査ができる箇所は日本で1箇所のみ。そこですべての食品の検査をしており、混雑している。
とてもじゃないが、独自に検査できる状況にはない。(自社での検査も考えてない様子だった)

(2)福島産の原乳は使用していない
事故以前は福島産も使用していたが、事故後は使用せず、群馬、千葉、東京、北海道などの原乳を使用している。
国の基準では300ベクレル、乳児100ベクレルといった数字もあるが、
協同では自社独自の社内基準、30ベクレルを採用。

それ以上のものは使用していない。
そのため、結果として、その基準値に達する(自社がそれまで取引していた)福島産牛乳を現在は買い取っていない状況。


小岩井乳業

(1)独自検査はしていない。今後は考えていきたいが、現段階でそうする予定はない。

(2)福島産の牛乳は一部で少量使用されている
スーパー等の小売店で販売されている通常のパック入り牛乳では一切使用されていない(岩手産、栃木産を使用)が、
宅配や自動販売機等で販売されている、「小岩井フルーツ」等の乳飲料には少量ながら使用している
当然、国の基準値を上回るものについては使用しないと決めている。



牛乳に関して知りたかった事なのでこのようにまとめて下さっていて感謝です
国の基準以下の物はメーカーとして使用されていくところがほとんどですが
「世界と比較・食べ物飲み物の基準」にも載せましたように
日本の国の基準そのものが諸外国に比べて異常に高いです
ですので、福島産に限らず、近県の牛乳にも不安を感じてるのが現実です。

その中で社内で独自の30ベクレルという基準を設けている協同牛乳には
その会社の社会的姿勢に対して信頼がおける感じがしました

ちなみに30ベクレルでもWHO基準の10ベクレルよりは多いです
でも、日本の今の基準はヨウ素300ベクレル。セシウム200ベクレル。
桁が違います・・・・・
日本の現在の基準の牛乳を飲む事には私には、かなりの勇気が必要です・・・

では、生協はどうなのでしょうか・・・
生活協同クラブの扱っている牛乳に関して続きを読むに載せました。
続きを読む
comment 4 trackback 0
06.02
Thu
食品の放射能検査データのサイトがありました

本サイトは、厚労省公表の食品の放射性物質検査データからプレスリリース情報の追加を行い
検索可能な状態にしたもので、
(財)食品流通構造改善促進機構がボランティアで運用しています。

サイトに行って産地と品目を選び検索します
無題1

たとえば千葉産野菜類で検索してみました
下記のように調べられたものが出てきます

無題2

右端にある(上の画面では切れてますが・・)詳細をクリックするとそれぞれの内容が見られます
無題3

食品の放射性物質検査データの閲覧について


本サイトは、厚労省公表の食品の放射性物質検査データからプレスリリース情報の追加を行い
検索可能な状態にしたもので、(財)食品流通構造改善促進機構がボランティアで運用しています。
また、報道発表資料に無い情報は空欄になっています。
データは細心の注意を払って処理していますが、正確を期する際は下記で確認願います。データ取得元:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/index.html

厚労省の定めた暫定規制値は、以下のとおりです。
放射性物質 対象となる食品 暫定規制値(Bq/kg)
放射性ヨウ素 飲料水、牛乳、乳製品 300
野菜類(根菜、芋類を除く)、魚介類 2000
放射性セシウム 飲料水、牛乳、乳製品 200
野菜類、穀類、肉、卵、魚、その他 500


上記における「ベクレル(Bq/kg)」は、放射性物質そのものが放射線を出す能力(放射能)の強さを表す単位です。
放射性物質をたき火にたとえると、火の強さに相当します。
暫定規制値は、放射線から身を守るためのひとつとして、飲食を控えた方がよいと判断される目安として示されたものです。
(詳細、原子力安全委員会の指標 「原子力施設等の防災対策について」のP.108、資料6参考

暫定規制値を超えた食品は販売できないことが法律で決まっています(食品衛生法第6条第2号)。
暫定規制値を超えた場合はその場合は、出荷制限が行われ、
当該農作物等については、現在、市場に流通しておりません。(原子力災害対策特別措置法)

出荷制限対象となった農産物については毎週放射線量の検査を実施し、
3週連続で規制値を下回った場合は市町村などの単位で制限を解除できるようになりました。

本サイトにおきましても、科学的・客観的根拠に基づく正確な情報の提供に努めてまいりますので、
消費者並びに流通・小売業の皆様におかれましては、被災地をさらに苦しめることにならないように、
普段どおりに買い物や商いをしていただくことを切にお願いいたします。

緊急時モニタリングとは、現地災害対策本部が実施主体として行っているものです。



※注意
放射性物質:食品や飲料水、規制値緩和へ 
食品安全委(毎日jp)現在より緩やかな規制値を策定する見通し 厚生労働省
2011年3月25日 22時42分 :毎日新聞

食品や飲料水に含まれる放射性物質について、内閣府の食品安全委員会は25日、
暫定規制値の根拠となっている健康への安全性の許容範囲を広げる方針を固めた。
これを受け、厚生労働省は現在より緩やかな規制値を策定する見通し。
暫定規制値は厚労省が17日に急きょ策定。原子力安全委員会の「飲食物摂取制限に関する指標」を用い、
水や食品から1年間に摂取するヨウ素を50ミリシーベルト以下、セシウムを5ミリシーベルト以下としている。
【小島正美、中西拓司】


3月26日から基準が変更になっています
暫定基準は飲料水に含まれる放射性ヨウ素の規制値を300Bq/kg、セシウムを200 Bq/kgとしています
WHO(世界保健機構)の飲用水の水質ガイドラインでは、
ヨウ素、セシウムに対する規制の目安を10Bq/kgに設定。

現在の野菜類の規制値は、放射性ヨウ素で2000Bq/kg、セシウムで500Bq/kgに設定。
そして、これまで日本は370Bq/kg(セシウム)を輸入禁止の基準としてきた。
 
現在、チェルノブイリ事故の被災地となったウクライナでは、
放射性セシウムの制限値を、
野菜で40Bq/kg、
穀物製品で20Bq/kg、
水で2Bq/kgと定めている。


<参考>諸外国の日本からの輸入に関する基準値に関して
続きを読むに書いておきます続きを読む
comment 4 trackback 0
06.01
Wed
5月20日に衆議院で
科学技術、イノベーション推進の総合的な対策に関する件(放射線の健康影響について)があり

(参考人)
原子力安全委員会委員久住静代君
琉球大学名誉教授矢ヶ崎克馬君
高木学校元放射線医学総合研究所主任研究官
医学博士崎山比早子君
中部大学教授武田邦彦君

以上の方がたの参考人意見と質疑応答が行われました

中部大学教授武田邦彦氏の参考人意見です。


20110520 科学技術特別委員会
中部大学教授武田邦彦氏参考人意見


2



続きを読むに議事録が作成されていましたのでその部分の内容書転記します。続きを読む
comment 0 trackback 0
06.01
Wed
5月20日に衆議院で
科学技術、イノベーション推進の総合的な対策に関する件(放射線の健康影響について)があり

(参考人)
原子力安全委員会委員久住静代君
琉球大学名誉教授矢ヶ崎克馬君
高木学校元放射線医学総合研究所主任研究官
医学博士崎山比早子君
中部大学教授武田邦彦君

以上の方がたの参考人意見と質疑応答が行われました

医学博士崎山比早子の参考人意見です。
放射線がDNAに与える影響について

20110520 科学技術特別委員会
医学博士崎山比早子氏参考人意見




続きを読むに議事録が作成されていましたのでその部分の内容書転記します。続きを読む
comment 0 trackback 0
06.01
Wed
5月20日に衆議院で
科学技術、イノベーション推進の総合的な対策に関する件(放射線の健康影響について)があり

(参考人)
原子力安全委員会委員久住静代君
琉球大学名誉教授矢ヶ崎克馬君
高木学校元放射線医学総合研究所主任研究官
医学博士崎山比早子君
中部大学教授武田邦彦君

以上の方がたの参考人意見と質疑応答が行われました

矢ケ崎克馬先生の参考人意見です。
内部被曝の重要性の説明です

20110520 科学技術特別委員会
矢ヶ崎克馬琉球大名誉教授 参考人意見




続きを読むに議事録が作成されていましたのでその部分の内容書転記します。続きを読む
comment 0 trackback 0
06.01
Wed
衆議院文部科学委員会質疑応答5
平成23.5.18 第177 回国会第10 号
5 月18 日(水)、第10 回の委員会が開かれました。

1 文部科学行政の基本施策に関する件

・参考人から意見を聴取し、質疑を行いました。

(参考人)
長崎大学名誉教授長瀧重信君
福島県伊達市長仁志田昇司君
中部大学教授武田邦彦君
静岡県立静岡がんセンター総長山口建君

(参考人)原子力安全委員会委員長班目春樹君





このyoutubeは編集されていますが
議事録が発表されましたので内容を転記します
カットされている部分は・・・カット・・・として区切りました
質疑応答後の午後の部も文章で転記します。(斑目春樹氏が参考人です)

続きを読むに書き出しを転記します続きを読む
comment 0 trackback 0
06.01
Wed
衆議院文部科学委員会質疑応答4
平成23.5.18 第177 回国会第10 号
5 月18 日(水)、第10 回の委員会が開かれました。

1 文部科学行政の基本施策に関する件

・参考人から意見を聴取し、質疑を行いました。

(参考人)
長崎大学名誉教授長瀧重信君
福島県伊達市長仁志田昇司君
中部大学教授武田邦彦君
静岡県立静岡がんセンター総長山口建君





このyoutubeは編集されていますが
議事録が発表されましたので内容を転記します
カットされている部分は・・・カット・・・として区切りました

続きを読むに書き出しを転記します続きを読む
comment 0 trackback 0
06.01
Wed
衆議院文部科学委員会質疑応答3
平成23.5.18 第177 回国会第10 号
5 月18 日(水)、第10 回の委員会が開かれました。

1 文部科学行政の基本施策に関する件

・参考人から意見を聴取し、質疑を行いました。

(参考人)
長崎大学名誉教授長瀧重信君
福島県伊達市長仁志田昇司君
中部大学教授武田邦彦君
静岡県立静岡がんセンター総長山口建君




このyoutubeは編集されていますが
議事録が発表されましたので内容を転記します
カットされている部分は・・・カット・・・として区切りました

続きを読むに書き出しを転記します続きを読む
comment 0 trackback 0
06.01
Wed
衆議院文部科学委員会2011.5.18

質疑応答 2






内容は続きを読むでどうぞ続きを読む
comment 0 trackback 0
back-to-top