fc2ブログ
06.07
Tue
「原子力は危険なもの」 原発事故調初会合で畑村委員長
産経ニュース2011.6.7 11:41

dst11060710540005-n5.jpg
福島第1原発事故の「事故調査・検証委員会」の初会合であいさつする畑村洋太郎委員長
=7日午前、東京・永田町



東京電力福島第1原発事故で、
事故原因や法規制のあり方などを検証する第三者機関「事故調査・検証委員会」
(委員長・畑村洋太郎東大名誉教授)の初会合が
7日、東京都内で開かれた。

年内に中間報告を取りまとめた上で、来年夏までに最終報告をまとめる方針。

菅直人首相は会合の冒頭、
「国民への公開、国際社会における徹底的な公開も実行してほしい。世界が注目している」とあいさつ。

「政府が『こういう方向で』と要請することは一切ない」とも言及、
「私自身を含め、被告といったら強い口調だが、『出席しろ』といわれれば出席する。政府から独立してしっかり判断してほしい」と強調した。

畑村委員長は
原子力は危険なもの。安全とされてきたことは間違いと思っている」と述べ、
可能であれば6月中にも福島第1原発への現地視察を行う意向を示した。

また、「原因究明の動作ができなくなってしまう」として責任追及は目的としないと明言。
「国民や世界の人々が持っている疑問に答え、100年後の評価に耐えられるものにしたい」と語った。

事故調は内閣府が設置。
「社会システム等検証」「事故原因等調査」「被害拡大防止対策等検証」「法規制のあり方の検討-の4チームで構成される。

炉心溶融(メルトダウン)や水素爆発といった深刻な事故に至った後の東電の対応だけでなく、
後手後手に回った政府の対応も検証の対象となる。

原子力発電の規制当局である
原子力安全・保安院が、原発を推進する資源エネルギー庁と同じ経済産業省に属している点などを踏まえ、
安全規制に関する制度のあり方なども検証。
住民への情報伝達が適切だったかどうかや、国際連携のあり方も検討する。
米英仏など諸外国に情報を提供し、意見を求めていく。

10人の委員には、放射線や地震学の専門家をはじめ
元名古屋高検検事長の高野利雄氏ら法曹界関係者や作家の柳田邦男氏が名を連ねた。

事務局長には前最高検総務部検事の小川新二氏を充てた。



続きを読むに「日本で反原発が起きないワケ」を転記続きを読む
comment 0 trackback 0
06.07
Tue
CA3G0200_convert_20110607192747.jpg

今日小学校3年生の児童がヤゴを持って帰ってきた
福島原発の事故のまま
そのままの学校のプールに入って総合的学習で命の大切さを学ぶためにヤゴの救出をしてきたという

小学校の総合的学習のヤゴに関しては
立川市の学校便りの時に私はブログ
生き物を守る事は人の命を守る事に繋がっているのか・・・」を書いた

今、私は東京都のはずれで学童を放課後に見ている
自分が見ている学童の可愛い子どもたちが放射能に汚染されたままになっているプールに入り
トンボの子どものヤゴを取る事に大きな不安を感じた
迎えに来たお母さんにその子は「自分でとって持ち帰ったヤゴを家に連れて帰る」と言った

その子の母親は「昨日福島の学校のプールの授業を行うかどうかのニュースを見た」と心配そうに話した

私は「ここは多分新宿の放射能よりは少ないかもしれないけれどあの日沢山放射能が飛んできた事は確かなので心配だ」と言った

それを聞いていた上司が目配せで私を呼ぶ

「放射能関係に関しては話さないように公的機関から言われているので注意するように」と・・
私の話した事が公の機関の言葉と取られるとまずいらしい

確かに・・そうかもしれないと・・その時私は思い
子どもの母親には「個人的な意見でした」と言って帰ってもらった

家路につきながら何となく納得いかない自分がいた

私は知りすぎてしまったのだろうか・・・
「あなたの言っている事は確証の無い事でしょ」
「無駄に保護者を心配させないで欲しい」

「確証はあります。実際チェルノブイリの事故後300キロ圏内で児童の甲状腺がんが激増しています」
「チェルノブイリ?」

私は「今後気を付けます」と言って帰ってきたが
福島県内やその他の学校など
言いたくても話せない教職員も多いのではないかと改めて感じました

規則や組織の中で
自分の考えを語ることのむずかしさ
けれど、私は子供を犠牲にしたくはない
放射性物質の濃度は原発近くの学校よりは確かに小さいかもしれない
けれど、ここにだって降ってきている事は確実で
しかも、そこそこ多いと私は思っている

ガイガーカウンターの予約購入を先日した
7月中旬の発送だが本当に届くかどうかは不明だ
でもね
もしも届いたら私が真っ先に測りたかった場所は
子どもたちが遊んでいる砂場
団子虫を捕っては嬉しそうにしている校庭の隅の枯れ葉で湿った場所
学童保育所の中の床の上なのです

上司の言う事はもっともだと思う
けれど、それでいいのだろうか・・・
本当にそれでいいのだろうか・・・・
今日のおやつはコーンフレークで、牛乳をかけた
その牛乳は茨城産だった

職場の中で一番新人の私には
その事に対して何も言う権限がない

放射能は見えない
放射能は匂わない味が無い
そして報道はなかなか深く本当の事は話さないし
テレビは相変わらずバラエティーを放送している
大手の新聞も確信を突いた事はないも言わない
総理や政権の問題でなく
原子力の恐ろしさと
放射能の恐ろしさ
どれほど取り返しのつかない事を人間がしてきたのかという事を
知る人があまりにも少なすぎる事実
その事を話す事がまるで悪の様に取られる現実

あらためて
この中でどうやって自分の考えを無理なく伝える事が出来るようになるのか
考えてみなければならないと思った

むずかしい・・・
こんなになっているのに・・・
それでも
難しい

これって

何でなんだろう?
日本ってどうなってるんだろう??






comment 10 trackback 0
06.07
Tue
6月5日に国学院大学で行われた河田昌東氏の緊急講演会
「チェルノブイリからみた福島第一原発震災 ~土壌浄化・エネルギー自給の可能性を探る~」のなかでの
菜の花プロジェクトに関して調べてみました

ナロジチ再生・菜の花プロジェクトの記録(ダイジェスト版)



河田昌東氏講演会・第1部6/5(内容一部書き出し)

河田昌東氏講演第二部6/5
講演会の第二部の方が第一部よりも菜の花プロジェクトに関して話していらっしゃいます


農業再生・菜の花サイクルNPO(特定非営利活動法人)チェルノブイリ救援・中部より
cycle.jpg


ナロジチの土壌は放射能で汚染されていますが、
それは、チェルノブイリ原発事故で大量に放出されたCs(セシウム)137とSr(ストロンチウム)90という放射能を出す物質が土壌に含まれているからです。
菜の花がこのCs137とSr90を吸い取ってくれる性質があることから、
「菜の花を植えれば土壌の放射能を減らせて農業を再生できるのではないか」という考えから
菜の花プロジェクトが始まりました。

また、 Cs137とSr90は、水とくっつく性質を持っていて(水溶性) 、
菜種から得られる油やバイオマスを発酵して得られるガスには入り込まない性質があります
この性質を利用して、BDFやBGを作りエネルギーの自給もできるようにして農業再生を後押ししようと考えています。
私たちは、菜の花を利用した土壌浄化、BDF、BGのサイクルを「農業再生・菜の花サイクル」と呼んでいます。


続きを読むに「土壌浄化プロジェクト」「バイオディーゼル油プロジェクト」の説明も転記します続きを読む
comment 0 trackback 0
06.07
Tue
政治の体質は変えられないのか・・・
変わる事はないのか・・・

今、総理大臣が変わったとしても
何も変わらないし
今より良くなると私は思えないのですが・・・



現代ビジネス 週刊現代経済の死角
2011年06月06日(月) 週刊現代


「捨てられた日本国民」
政府は本当のことは教えない。
国民がパニックになるから、だって


政府は知っている。
「3月15日に東京でチェルノブイリの時の何百倍もの放射性物質が検出されたこと」
「年間20ミリシーベルトでなく、10ミリシーベルトでガンが増加すること」
「子供には内部被曝が外部被曝の数万倍の影響があること」
「実際にはプルトニウムやストロンチウムが放出されていること」。

実は福島の子供は今すぐ疎開すべきなのだ。
しかし、政府は今が安全だと思わせられれば、それでいい。
将来のことは知ったことではない。
枝野官房長官はオフレコでこう話す。
「班目さんはいい人。吉田所長(福島第一原発)は勲一等か国民栄誉賞もの。子供に関しては少しくらい被害が出ると思っていたけど、出ていないんだ」。
この程度の認識。まさに国民を下に見た「棄民国家だ」

続きを読むに本文転記続きを読む
comment 0 trackback 0
06.07
Tue

吉田所長「止めていたら死ぬかも」


JNN 6月06日15:53

原発事故で復旧作業の陣頭指揮を執っている
東京電力・福島第一原発の吉田昌郎所長がJNNの単独インタビューに応じました。

このなかで吉田所長は、事故直後、本社の指示に従わず海水の注入を続けたことについて、

「もし止めていたら死ぬかもしれないという気持ちだった」と語りました。
事故の発生後、吉田所長がメディアの取材に応じたのは、これが初めてです。

「強い気持ちでというか、士気高くやっています」(福島第一原発・吉田昌郎所長)

JNNの単独インタビューに答える福島第一原発の吉田昌郎所長。
3月11日の事故以来、福島第一原発の現場責任者として、
2500人に及ぶ作業員をとりまとめ復旧作業の陣頭指揮をとり続けています。その吉田所長が初めて語りました。

「あの時点の現場は生きるか死ぬかでしたから」(吉田昌郎所長)

福島第一原発の現場責任者、吉田昌郎所長。
JNNの単独インタビューに応じましたが、メディアの取材に答えるのはこれが初めてです。

「まずやることを丁寧に一つ一つやること。現場でたくさんの人が働いてますから、健康や安全をちゃんと確保する。この2点だけですね」(吉田昌郎所長)

吉田所長は大阪府出身。
1979年に東京電力に入社した後は主に原子力畑を歩み、去年6月に福島第一原発の所長に就任しました。
3月11日に事故が起きてからは、現場責任者として復旧作業にあたっています。

「深刻な状況にありますので、大至急工程を詰めていく必要あります。よろしくお願いします」(吉田昌郎所長)

依然として深刻な状況が続く福島第一原発。
1号機から3号機まで全てメルトダウンした原子炉の内部では今、何が起きているのでしょうか。

「現時点では1~3号機とも原子炉の中は冷えている。百数十度の中で冷えた状態にある。そういう意味で原子炉は安定していると考えていい」(吉田昌郎所長)

1号機から3号機の現状について吉田所長は「安定している」と説明しましたが、
10万トンにも及ぶ高濃度の「汚染水」が復旧作業の大きな障害になっています。

「汚染した水をどう処理するか、ここが一番大きな課題。そこが最大のポイントだと思って取り組んでいる」(吉田昌郎所長)

そして、政治問題にもなった1号機への海水注入。
事故発生の翌日の3月12日。
官邸の意向を受けた東京電力の本社は、吉田所長に対し海水の注入を中断するよう指示しました。
しかし、吉田所長はこの指示に従わず、自らの判断で注入を継続しました。

しかも、事故から2か月以上、その事実を本社に伝えていなかったことが先日、明らかになっています。
吉田所長は、本社の指示に背く形で、なぜ、海水を注入し続けたのでしょうか。

「ひと言で言うと、あの時点で現場は生きるか死ぬかでしたから、もし(海水注入を)止めていたら死ぬかもしれない。そういう気持ちでいたということはお伝えします」

「(Q.判断は間違っていなかった?)間違っていなかったというよりは、入れ続けないといけないと思っていた。その手順でいろいろあってご迷惑をおかけしましたけど」(吉田昌郎所長)

「止めていたら死ぬかもしれない」。吉田所長の説明はさらに続きます。

「海水を入れるというのは、その前から決まっていた。(海水注入を)ずっと我々も早くやりたくて入れていて、途中で1回中断という話がありましたけど、1回止めると何時間止めるか分からない。これはもう入れ続けるしかない。プラントの脇にいる我々からすると、生きる死ぬの話でしたから、それだけですね」(吉田昌郎所長)

そのうえで、海水を注入し続けていた事実を本社に伝えなかった理由についてこう話しました。

「(Q.本社に報告しなかった理由は?)忙しかったからですよ。1号機だけでなく2号機、3号機も危機的な状態が続いていた。その後も海水が漏れたり事象が起きていました。(報告を)忘れてはいないですけれども、いちいち前に戻ってどうのこうのではなく、第三者委員会ができれば、きちんと経緯を話そうと思っていた。タイミングが若干遅れたということ、非常に申し訳なく思っています」(吉田昌郎所長)

吉田所長は、インタビューの最後に今回の原発事故について謝罪の言葉を口にしました。

「福島県の地元の皆さんにご迷惑をかけたということ、これはこの事故が起こってから忘れたことはありません。本当に皆さんに申し訳ない。しっかり謝りに行きたいが、なかなかそういう状態にならない。そういう皆さんのためにも一刻も早く(事故を)収束させたい。サポート、応援いただければと思いますので、よろしくお願いします」(吉田昌郎所長)



週刊現代6/7海水注入に関しての記事がありました。
その他の関連記事とともに続きを読むに転記します続きを読む
comment 0 trackback 0
06.07
Tue
・放射性物質総放出量を77万テラベクレルに上方修正
・テルル132検出の情報を公表せず
・土壌にプルトニウム

6月6日月曜日 
京都大学原子炉実験所小出裕章助教に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]



【福島原発】6/6/月★総放出量37万テラベクレル⇒77万テラベクレルに修正




<参考>

放射性物質:77万テラベクレル…総放出量を上方修正
毎日新聞 2011年6月6日 15時00分

経済産業省原子力安全・保安院は6日、
東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質の総量について、
これまでの37万テラベクレル(ベクレルは放射線を出す能力の強さ、テラは1兆倍)から
77万テラベクレルへと上方修正する解析結果をまとめた。
内閣府原子力安全委員会の推計の63万テラベクレルに対し、過小評価との指摘が出ていた。
安全委員会に報告したうえで、国際原子力機関(IAEA)閣僚会議に提出する日本政府の報告書にも盛り込む。

総放出量は4月12日、
国際原子力事象評価尺度(INES)でチェルノブイリ原発事故(総放出量520万テラベクレル)と同じ
最悪のレベル7に引き上げた際に、保安院と安全委員会がそれぞれ発表した。

安全委は原発周辺で計測された放射線量などから、
事故直後から4月5日までの間の大気中への放出量の逆算を試みた。
一方、保安院は炉内の状態から試算。今回の見直しでは、2号機、3号機の爆発後の放出量を加えるなどした。

INESでは、数万テラベクレル相当の放射性物質の外部放出がある場合をレベル7と定めており、
上方修正でもレベルは変わらない。【足立旬子】



事故直後のデータを公表せず


NHK6月4日 4時32分

東京電力福島第一原子力発電所の事故直後に、
避難などの対策に生かすため実施された緊急時モニタリングのデータの一部が公表されていなかったことが分かりました。
核燃料が溶けた際に出る放射性物質が発電所の外で検出されたことを示す重要なデータなども含まれ、
住民の避難などに役立てられた可能性がありますが、

経済産業省の原子力安全・保安院は
「データがどれだけ役立ったかは現時点では分からない。当時、公表しようという考えに至らなかったことは深く反省している」としています。

公表されていなかったのは、
避難や飲食物の摂取制限など、住民の防護対策を決める際の参考にするため、
発電所周辺で国や福島県によって行われた「緊急時モニタリング」のデータの一部です。

このうち、大気中のちりなどに含まれる放射性物質の調査では、
事故の翌日の3月12日午前8時半すぎに発電所からおよそ7キロの浪江町の地点で、
核燃料が溶けた際に出るテルルと呼ばれる放射性物質が1立方メートル当たり73ベクレル検出されていました

このデータが検出される3時間ほど前、政府は避難区域を発電所の3キロから10キロ以内に拡大し、
住民に避難を呼びかけていましたが、燃料の損傷の説明はなく、
その後、昼すぎに行われた原子力安全・保安院の会見でも、核燃料は壊れていないと説明していました

深刻な事態が進みつつあることを示すデータが早い段階で公表されていれば、
住民の避難のしかたや避難への心構えなどに役立てられた可能性がありますが、
原子力安全・保安院は「データがどれだけ住民のために役立てられたかは現時点では分からない」としています。

一方、事故発生の4日後に周辺の市町村で行った放射性物質の調査のうち、
原発から30キロから50キロの4か所で採取した雑草などのデータも公表されていませんでした。

このうち、原発の北西およそ38キロの川俣町で採取した雑草からは
ヨウ素131が1キログラム当たり123万ベクレルという高い濃度で検出されていました

原発周辺の雑草については、この調査から9日後になって
初めて飯舘村で1キログラム当たり252万ベクレルの放射性ヨウ素が検出されたと発表されていました。

これについて、環境中の放射性物質に詳しい学習院大学の村松康行教授
「放射性ヨウ素は子どもへの影響が大きく最も注意が必要な物質だ。
早い段階で遠くまで放射性ヨウ素の汚染が広がっていることが公表されていれば
より早く何らかの対応ができた可能性がある。当時の対応を検証する必要がある」と指摘しています。

データの公表が遅れたことについて、原子力安全・保安院
「対策本部を現地から福島県庁に移す際に混乱したため、データがあることは把握していたが、公表しようという考えに至らなかった。深く反省している」と話しています。



原発敷地外でプルトニウム ごく微量、事故で放出か
産経ニュース2011.6.5 22:40

東京電力福島第1原発の正門から約1.7キロの福島県大熊町内の土壌に、
今回の原発事故で放出されたとみられる放射性物質のプルトニウムがごく微量含まれていることが
5日、山本政儀金沢大教授の分析で分かった。

プルトニウムは文部科学省の調査でも、原発敷地外でごく微量検出されているが、
過去の大気圏内核実験によるものとされており、事故の影響とみられる検出は初めて。

山本教授によると、
この地点のプルトニウムの濃度自体が、
過去の核実験の影響で検出される国内の平均的なレベルよりかなり低く、「人体への影響は心配ない」としている。

山本教授によると、
土壌は原発周辺20キロ圏内の警戒区域が設定される4月22日より前に、北海道大の研究者らが採取。
プルトニウムの3種類の同位体の比率から、核実験ではなく今回の事故が原因と考えられるという。


以下続きを読む内容書き出しました続きを読む
comment 0 trackback 0
back-to-top