fc2ブログ
06.10
Fri
セシウム137とアップルペクチン
河田昌東氏インタビュー5/7(内容全て書き出し)

この二つのブログを書いておきながら自分では全く無関心だったアップルペクチン
もともとサプリメントは好きじゃなかった
自然の物を食べて摂取するのが一番体にいいと思っていたから・・・
だけど、ハタと思った
「あら?今のこの日本はもう311前とはまるっきりま逆なんだっけ?」
自分の今までの常識変えなきゃって思いながらも
なかなか頭の転換がうまくいかない

だけど、セシウムはこれから30年たっても半分になるだけ
で。。。しかも・・・今もまだ出ている
増える事はあっても減る事は無いんだよね

昨日ね
文科省が出している都道府県別環境放射能水準調査結果を見ていたの
環境放射能水準調査結果(都道府県別)と
全国大学等の協力による空間放射線量測定結果
それをまとめてブログに書こうかと思ったくらいに
もう、日本中が汚染されていました
福島第一原子力発電所からの空気の流れだけでなく
前に小出先生もおっしゃっていたけれどチェルノブイリの時にも地球を一周して放射能物質はまた日本に帰ってきた
グローバルジェットストリーム・・・どこまでも広がる放射能汚染
これを見た時にも思ったのにね・・・全国が汚染されたって・・・

そして汚泥問題
東京都の下水処理場がどのくらいあるのか調べてみました
そして、そこでは小出先生がおっしゃるように、やはり焼却していました
たねまきJ「東京都下水処理場の汚泥」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)
東京都の汚泥に高濃度の放射線量・・・「とくダネ」

河田昌東氏講演会・第1部6/5(内容一部書き出し)


「今気になっている事は
下水処理場の汚泥の汚染
われわれが使った物が下水処理場に流れる
そこの汚泥が汚染されているという事は
我々が使用した最終的な行き場であって
ここが汚染されているという事は我々も汚染されている
国は処理の仕方はそこに保存するようにというだけ」
と河田先生はおっしゃっているが

もう、放射性物質が放出される地点は福島第一からだけではなく

懸念される瓦礫の処理と広がる国内汚染
でも書いたように、ゴミ処理焼却場からも多分放出されているでしょう

とにかく、日本は沖縄を除いて完全に汚染されていると思います

意識を根本から変えなくてはいけないんだと思います。
いつもいつもこのブログを見に来て下さっているみなさんに
今のうちにアップルペクチンを用意しておいた方がいいのではないかと思い
ちょっとブログに書きました。

昨日のたねまきジャーナルでも小出先生はこれからはセシウムの注意が一番大事だとおっしゃっていました
アップルペクチンを食事と一緒に取るとかなりの量のセシウムが体外に排出されるようです
(詳しくは上に書いたセシウム137とアップルペクチン参照してください)

なんだかまだまだ納得いかないけど(サプリメントを飲む事に)
6月10日に入荷したというアップルペクチンがいまなら購入できそうです

こんな日本になってしまった事を認めて生きていかなければならないなんて
たまらなく嫌だけど
受け入れなければならないのですよね・・・・


誰も教えてくれない
国家もテレビも新聞も
自分と家族を守るのは自分自身しかないのですね。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。





comment 0 trackback 0
06.10
Fri
・ストロンチウムが福島市の土壌から検出された
・原子炉の耐震強度不足が30年前に発覚していた
・全ての原発を止めても電気は充分に足りる

6月9日木曜日 
京都大学原子炉実験所小出裕章助教に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]

【福島原発】6/9/木★原発を止めても電力は足りる



<参考>

11か所でストロンチウム検出
NHK6月9日 4時24分 動画あり


東京電力福島第一原子力発電所の事故で、
国が福島市や浪江町など福島県内11か所で骨に蓄積する性質のある放射性ストロンチウムの土壌調査を行った結果、
すべての地点で検出されました。

専門家は「量はごく微量だが、もっと観測点を増やして飛散の実態を解明すべきだ」と指摘しています。

文部科学省は、ことし3月下旬から5月中旬にかけて福島市や南相馬市、
それに二本松市や浪江町、飯舘村など福島県内10の自治体の11か所で土を採取して分析を行いました。

その結果、11か所すべてから放射性物質のストロンチウム90が検出されました

ストロンチウム90は、原発の燃料のウランが核分裂するときに出来る放射性物質で、
放射線の量が半分になる「半減期」が29年と長く、
カルシウムと性質が似ていて体内に吸い込むと骨に蓄積し、がんを引き起こすおそれがあるとされています。

検出された値は、最も高かった浪江町で土壌1キログラム当たり250ベクレル、
飯舘村では1キログラム当たり120ベクレルでした。
そのほかの地点では2ベクレルから18ベクレルで、

原子力安全委員会
「検出された値は各地で検出されている放射性セシウムに比べて、ごく微量で、
土の中にあることなどから、健康に直ちに影響するものではない」と説明しています。

また、原発からおよそ60キロ離れた福島市内でも検出され
福島県内の広い範囲に飛散し、
ほかの放射性物質と同じように原発の北西方向で高い値になる傾向にあることが分かりました。

これについて放射線の影響に詳しい
福島市の医療生協わたり病院の齊藤紀医師
「検出された量は、ごく少ないが、ストロンチウム90は骨に蓄積するなど健康影響がある放射性物質だけに、観測点をもっと増やして、飛散の実態を解明した方が市民の不安解消につながる」と指摘しています。

今回の結果を受けて文部科学省は観測点を増やす方向で検討するとしています。



原子力発電所。原子炉の構造自体が不安(内容書き出し)

特集「シリーズ原発危機「元GE技術者が語ったFukushimaの弱さ」
TBSテレビ:NEWS23 X(クロス)
福島原発MARK1格納容器の欠陥を告発した技術者ビデオの内容書き出してあります
youtubeは見られなくなっていましたのですが
こちらで視聴できます↓
http://www.tbs.co.jp/news23x/feature/f201105230000.html


「原発はなくても電力は足りる。」その理由~小出裕章先生



広瀬隆氏「浜岡原発停止の今後」について・・

[今年の夏が昨年のように猛暑になることはまずあり得ないので、余裕をもって乗り切れます。
だから何を騒ぐのかというのが第一の疑問です。
テレビと新聞が、産業界や庶民に要らぬパニックを煽っているのです。
私が報道記者に言いたいのは、電力会社の発表を鵜呑みにせず、実績値を自分たちで調べてみなさいということです。]


続きを読むに内容書き出しました続きを読む
comment 0 trackback 0
back-to-top