fc2ブログ
06.11
Sat
放射線にしきい値は無い
どんなに微量でもDNAを傷つけて病気になる可能性はある
そんな中・・・・・

なぜ?
311の事故はただの天災じゃない
原発事故が無くて放射能が飛び出さなければ
復興のために全国の人が集まったり
マラソンしたり
それは素晴らしい事だと思う

だけど、
すでに日本は殆ど汚染されているけれど
そのなかでも福島の線量はダントツに高い
しかもセシウムだけでなくストロンチウムも発見された

全国の高校生がここに集まる意味はあるのだろうか?

私が思うには福島の高校生をせめてもうすこし放射線量の少ない地域に連れて行って欲しいと思う

場所を変えて全国高校学校文化祭を行う事は無理なのだろうか・・・・

普通に素朴に疑問です

そして、福島駅伝も行うらしい
駅伝・・・・・
セシウムもストロンチウムも半減期が長い
もしかしたらもっと違う放射性核種もあるかもしれない
走るのが好きな子どもたちがいるのなら
その駅伝を福島市内ではなく別の場所で行う事は不可能なのでしょうか・・・
こちらも疑問(駅伝については続きを読むに記入)

ふくしま総文-第35回全国高等学校総合文化祭-

第35回全国高等学校総合文化祭の概要

全国高等学校総合文化祭は、高校生の文化芸術活動の祭典として昭和52年から開催されている全国大会で、【文化部のインターハイ】とも呼ばれています。全国高等学校総合文化祭は、大会の出場者が技術と交流を深めあうだけでなく、大会の企画、運営にも高校生が主体的に活躍する、手作りの大会運営が特徴となっています。

第35回は福島県を会場として8月に開催され、開催期間である5日間で全国から高校生が約2万人、一般の観覧客を含めて約10万人が参加します。

開催期間

平成23年(2011年)8月3日(水曜日)~7日(日曜日)
開催会場(主会場)

福島市、郡山市、須賀川市、白河市、会津若松市、喜多方市、南相馬市、いわき市

質問コーナーは6月10日にUPされました
こんな不安を抱えて何故ですか?やっぱり意味分かんない・・・・・


6月10日 開催に関するよくあるご質問とその回答を掲載しました
開催に関するよくあるご質問とその回答

Q2 余震があるようですが、会場や宿泊施設は大丈夫ですか。

各会場は、新耐震基準に適合し、強い地震にも耐えられる強度をもつ施設です。また、ふくしま総文の『宿泊サポート室』では、強い地震に耐え、安全が確保できる施設を御案内しています。

Q3 被害が大きいようですが、旅館・ホテルなど、泊まるところはありますか。

ふくしま総文では、JTBを幹事社とする『宿泊サポート室』が旅館・ホテルの部屋を十分に確保して、皆様に御案内をしています。

Q4 食事や水は大丈夫ですか。

物流は復旧しています。旅館・ホテルや食堂等では普通に食事ができます。コンビニやスーパーなどの営業も平常どおりで、食料品や飲み物などのほか、必要なものを買うことができます。
なお、食品の放射性物質に関しては、農林水産物は危険なものが市場に出ることはなく、水道水から放射性物質は検知されていません。


Q6 原子力発電所の事故がありましたが、安全ですか。

文部科学省が作製したチラシ「保護者の皆様へ」(PDFファイル下記画像1)をご覧ください。
会場や宿泊施設のある市町に対しては避難指示は出されておらず、多くの福島県民が通常の暮らしをしています。

画像1クリックするとサイトに飛びます↓
文化祭




Q8 「警戒区域」、「計画的避難区域」、「緊急事避難準備区域」とは何ですか。

(1)警戒区域
 居住者等の生命または身体に対する危険を防止することを目的に設定された、原発から半径20㎞圏内が対象で、緊急事態応急対策に従事する者以外の者に対して、市町村長が一時的な立ち入りを認める場合を除き、当該区域へ立ち入りが禁止され、又は当該区域からの退去を命じられている区域です。

(2)計画的避難区域
 事故発生から1年の期間内に積算量が20ミリシーベルトに達するおそれのあるため、住民に概ね1か月を目途に別の場所に計画的に避難を求める区域です。
 計画的避難までの間、区域内において概ね1か月間程度、生活をしたとしても健康への問題はありません。

(3)緊急事避難準備区域
 緊急時に屋内退避や避難の対応が求められる可能性が否定できない状況にある区域で、常に緊急時に屋内退避や自力での避難ができるようにすることが求められますが、通常の生活をしていても健康への問題はありません。

 ふくしま総文を開催する会場のある市町は、いずれの区域にも指定されていません。
Q9 会場がある市町は、福島第一原子力発電所からどれぐらいの距離ですか。

 福島第一原子力発電所からの距離は以下のとおりです。 

福島市 約63㎞(北西)
郡山市 約58㎞(西)
白河市 約81㎞(西南西)
棚倉町 約72㎞(南西)
会津若松市 約98㎞(西)
猪苗代町  約83㎞(西)

Q10 放射線が心配なのですが・・・。

 ご心配な場合は、以下の窓口へ御相談ください。
 (1)原子力災害全般
   産業経済省原子力安全・保安院原子力安全広報課 03-3501-1505・5890
 (2)放射線に関する健康相談
   健康相談ホットライン 0120-755-199(午前9時から午後9時まで)
 (3)放射線に関する問い合わせ
   福島県災害対策本部 専用相談窓口 024-521-8127(午前8時30分から午後9時まで)続きを読む
comment 0 trackback 0
06.11
Sat
全国で611でもが大規模に行われています
新宿20000人 芝6000人 代々木6500人 横浜3000人 国立700人 大阪10000人(今のUSTREAM発表数)
その他全国で・・・海外も
NHK,民放では放送されないけどUSTREAMでは70か所の場所でそれぞれLIVE放送中です

『6.11脱原発100万人アクション』完全ライブ中継プロジェクト
夜10時までライブで放送中です

そして今小出先生の講演中です
福島第一原発事故の真実 小出裕章助教講演
すでに44分経っています’(18:18分現在)


神戸




小出先生21:20頃から

みなさんこんにちは
今日はありがとうございます
こんなに沢山の方が集まって下さってとても嬉しいですが
いつも私は沢山の方を見るとこんなことになってしまった事がとても残念に思っています

わたしはすでに40年間原子力を一刻も早く止めさせていと思って来た人間ですけれども
大変簡単な事しか言ってきていなかったです
原子力を利用すると放射能を作る以外ない
その放射能を無毒化する力を私達は持っていないのです

昔から原子力はトイレの無いマンションと言われていますけれど
自分が作り出したゴミの始末もできないような原子力は止めようと私は言ってきたつもりです
始末のできないゴミがひとたび生命環境に漏れてくれば
今現在福島原発の周辺で起きている様な大変な悲劇が避けられないのです
マスコミあるいは政府というところがちゃんとした真実を伝えていないという事が私は今も残念に思いますけれども
私は毎日、昨日も含めてずっと福島第一の汚染を調べています

土を持ってきて放射能を測定器にかける
植物を放射線測定器にかける
どんな資料もとてつもない放射能汚染の姿を私の前に表してきます
そういうところで今現在福島の人が生きている
こどもたちも含めて生きているという事を
どうして日本人の人達は自分のこととして感じないのだろうかと
本当に私は不思議に思いながらきています

残念ながらこの事故を防ぐ事が出来ませんでした
本当になんとも言葉に尽くせず無念に思いますけれども
やらなければいけない事は次の悲劇をなんとしても防ぐという事だとおもいます

まずはそのために私のできる事をしたいと思いますが
仮にそれが出来たとしてもすでに私達が原子力を使う事によって生みだしてしまった核のゴミ
それはずーっと残っていくのです
子どもの代、孫の代、そのまた孫の代・・・
なんと、10万年100万年にもわたって私達はそのゴミを残さなければいけないという
そういうことをやっているのです

何というひどい事を今私達の国がやっているのだろうかとわたしは思います
その事を多くの日本人に気が付いて欲しいと思いますが
残念ながら今現在日本のあちこちで原子力発電所が動いているという現実もあります
何故かと言えば
原子力発電所を止めたら停電すると
不便な生活は嫌だからという日本人がどうも多いらしいのですね

でも、実はそれも嘘なんです
日本中の原発を今即刻全部止めたとしても、日本の電気の供給は何の支障もないというだけ
日本には水力発電所も火力発電所もあるのです
何としても即刻原子力発電所は廃絶させたいと私は思っているし
停電の不安を感じで原子力が必要だと思っている様な方には
是非とも「そんな事は無いんだと原子力は止めても何も困らないんだ」という事にまずは気付いて欲しいと思います
ただし、私が言いたいのはそんな事ではありません
電気なんて足りようと足りなかろうと原子力なんてやってはならないと
(拍手)
ありがとうございます
それに多くの方が気付いてくれればきっと日本という国から原子力を追い出すという事が出来るだろうと思います

私は単なる原子力を研究する一人の研究者です
わたしが出来る事は私が知り得た事を皆さんに伝えるという事
それだけしかできない
昔もそうでしたし今でもそうです
わたしは花房さんのように映画を作る事は出来ないです
今日ここで音楽をやって下さる方々もいるようですけれども
楽器を扱う事も私にはできません。歌を歌う事も出来ない
曲を作る事だってできません
みなさんプラカード、綺麗なプラカードを持っている方もいるけれども
私はイラストを書くことすらできません
でも、私は原子力について知った事をみなさんにお伝えする責任があると思いますので
それだけは私はやりたいと思います

先程私が参議院に行ったという事を主催者の方が伝えて下さいました
私は政治は大嫌いだった
政治の場には絶対に行かないと今まで思ってきました
ただ、今回の福島の事故を防げなかった事に対して
わたしは、やはり原子力の場にいたものという事で責任があると
どうしても責任を感じないではいられませんでした
そのため、参議院にも行って原子力に対して一言言いたいと行ってきました
今後も場合によってはまた政治の場に発言に行く可能性はあるとおもいます
私の責任を何がしかはやはり果たしたいと思います

でも、皆さんは皆さんで
それぞれ個性豊かに生きてきた方々が
個性を生かしながら生きているわけですから
みなさんの個性を生かして原子力に反対して下さい

それが出来ればきっと日本から原子力を廃絶させる事が出来ると思います
ぜひともよろしくお願いいたします
今日はありがとうございました



comment 0 trackback 0
back-to-top