fc2ブログ
06.15
Wed
バカにするのもいい加減にして欲しい!郡山市ザ・ウィ~クリ~
で私は書いた

九州工業大学学長 宮里達郎氏が書いた「福島への手紙~長崎から」
上記のブログを見ていただければ分かると思います

毎日新聞 2011年6月15日 地方版に記事が載りました

偽寄稿:被ばく「効能」強調、実在教授名を使う--郡山のタウン紙 /福島

何を信じたらいいのか分からない今
これがこの記事通りの偽りの投稿だったとしたら
あまりにもひどい事です

以下、記事を転記します


郡山市で12万部を発行するタウン情報紙「ザ・ウィークリー」(5月7日号)が、
放射線で「頭もよくなった」などと被ばくの“効能”を強調する記事を
実在の大学教授からの寄稿と偽って掲載したことが分かった。

名前を使われた長崎大特任教授の宮里達郎氏(69)は
「寄稿した事実はない。私が被爆者であることや肩書が勝手に使用されたのではないか」と話し、
法的措置を検討している。

同号には「特別寄稿 福島への手紙1『長崎から』」との見出しで
「長崎では被爆者が『原爆投下直後に、どんな野菜でも魚でも平気で食べた。おかげさまで、身体は元気で頭もよくなった。世間では何を騒いでいるのか!』と話しています」
「被爆者は長命であるとのデータもあります」などと書かれ、
「九州工業大学学長 宮里達郎」との署名がある。

宮里氏は、同紙の編集者と面識はなく、
「学長」も8年前に退任している
宮里氏の知り合いの別の大学教授が郡山市で講演した際、
宮里氏との個人的な会話やメールのやり取りを紹介。

その後、大学教授が講演メモを編集者に渡したことから宮里氏の名前が使われたとみられる。

記事は複数のインターネットのブログで取り上げられ、   (私も取り上げました)
「非科学的」などと宮里氏を批判する書き込みが相次いだ。

毎日新聞の取材に対し、情報紙を発行する「企画室コア」の三田公美子社長は
宮里氏に謝罪したことを認め、
「メモを基に、自分が書いた。福島の人を元気づけようと思い、深くは考えなかった」と話した。【坂本智尚】


と言う事のようです
うんと・・・・・・犯人は

山下さんですかʅ( ~⊖◝)ʃワカラナーイ


comment 1 trackback 0
06.15
Wed
・「原発さえなければ」と相馬市の酪農家自殺について
・厚生労働省「作業員の内部被曝100ミリシーベルト限度」を東電に指示について
・福島第二原発汚染水3000トン海へ放出について
・佐賀県の松葉から放射性セシウムが検出された事について

6月14日火曜日 
京都大学原子炉実験所小出裕章助教に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]

【福島原発】6/14/火★深刻さの認識が足りていない



<参考>
相馬の酪農家自殺、「原発なければ」と書き残し

福島第一原発の事故で、牛を処分して廃業した福島県相馬市の酪農家男性(50歳代)が
「原発さえなければ」と書き残して自殺していたことが13日、わかった。

関係者によると、男性は今月11日、小屋で首をつった状態で見つかった。
小屋の壁に白チョークで「仕事する気力をなくしました」「残った酪農家は原発にまけないで」と記していた。

男性が住む地区は当初、加工前牛乳が出荷停止となり、男性は乳を搾っては捨てていた。
今月初旬までに約30頭を処分した。
男性は親の代から酪農を続けており、
姉は本紙の取材に「(弟の死は)子どもたちのことを思えば話したくない。しかし、原発の件は訴えたい」と語った。

酪農家仲間だった男性(51)は
「避難区域ではないため、補償はないだろうと繰り返していた」といい、
農業男性(53)は「連絡をとるたびに『原発ですべてを失った』と悩んでいた」と話した。
(2011年6月14日03時09分 読売新聞)




福島第1原発事故 作業員の内部被ばく、100ミリシーベルト限度

 ◇厚労相、東電に指示

東京電力福島第1原発の緊急作業で、
被ばく線量が限度の250ミリシーベルトを超えた東電社員が新たに6人判明し、計8人となった問題で、
細川律夫厚生労働相は14日、内部被ばくで100ミリシーベルトを超える作業員を作業から外すよう東電に指示した。

同省は13日に内部被ばくと外部被ばくを合わせて200ミリシーベルト超の東電社員ら計12人を外すよう指示しており、
東電は厚労相の指示を受けてさらに20人前後を作業から外す見通し。【井上英介、岡田英】

細川厚労相は14日の閣議後会見で
「250ミリシーベルトを超えるような方がさらに増えたのは大変遺憾に思っている」と不快感を表明した。
同省は今後も、内部被ばく100ミリシーベルト超で緊急作業から外すよう東電を指導していく。

緊急作業での被ばく問題で
同省は、東電の40代と30代の男性社員2人の被ばく線量計が
精密検査で600ミリシーベルト台だったとして10日に是正を勧告。
さらに13日、
震災発生時から緊急作業に従事していた東電社員や協力会社員2367人の簡易検査結果の報告を東電から受け、
この中で内部被ばくと外部被ばくの合計で250ミリシーベルト超が新たに6人判明した。

報告ではこのほか200ミリシーベルト超~250ミリシーベルトが6人
▽150ミリシーベルト超~200ミリシーベルトが21人
▽100ミリシーベルト超~150ミリシーベルトが67人。
合計200ミリシーベルト以内でも内部被ばくだけで100ミリシーベルト超の該当者は20人前後に上った。

厚労相は内部被ばくが深刻に影響しかねない点を考慮し厳しく指導する姿勢を示したとみられる。

同省によると、原発事故を収束させる緊急作業には、震災以降これまでに計約7800人が従事。
東電は、このうち線量が高いとみられる震災直後から従事していた3726人について
暫定的な被ばく線量の確定を急いでいる。
しかし、震災発生から3カ月が経過した13日の時点でも報告は2367人どまりだ。

今後の作業への影響について、
東電の松本純一原子力・立地本部長代理は会見で
「全面マスクなど放射線管理はしており、作業員が足りなくなる事態にはない」との見方を示した。

==============

 ■解説
 ◇防護策の徹底求め

厚生労働省が作業員の「内部被ばく」の線量が
100ミリシーベルトを超えた場合、緊急作業から外すよう東電に徹底させたのは、
緊急時の特例として引き上げられた線量限度250ミリシーベルトを超えた作業員8人のうち、
内部被ばく量だけで上限を超えていたのが6人に上るなど、東京電力の管理の甘さにある。

内部被ばくは、放射性物質を吸い込むなどして体内で継続的に被ばくする。
時間と共に排せつされ、排せつも含めた「半減期」は成人ではヨウ素131で約7日、セシウム137で約90日だが、
白血球の一時的な減少や、がんの発生確率がわずかに上がる恐れがあり、健康への影響が心配される。

内部被ばくは「ホールボディーカウンター」という機器で測定する。
しかし、福島第1原発にある4台は空気中の放射線量が高すぎて正確に測定できず、
主に福島県いわき市の東電施設2台でしか検査できない。
結果が判明するまで約1週間もかかるなど実態把握が遅れている。

今回の厚労省の指示は、東電の管理体制が不十分なためのものだが、
検査や対策に手間取れば今後の作業への影響が懸念される。
東電には長期にわたっての健康管理はもちろんのこと、再発防止のため防護策の徹底が求められる。【奥山智己】
(毎日新聞 2011年6月14日 東京夕刊)


福島第2でも汚染水放出検討=30億ベクレル、東電打診-保安院

経済産業省原子力安全・保安院は8日、
東京電力が福島第2原発の原子炉建屋などにたまった放射能汚染水を海に放出することを検討していると発表した。
総量は約3000トンで、放射性物質は30億ベクレルとみられ、
保安院や自治体、漁業関係者に打診している段階という。
 
保安院によると、第2原発のたまり水は東日本大震災の津波で建屋内に浸入した海水。
含まれる放射性物質はマンガン54やコバルト58、60などで、配管のさびなどが海水に含まれたためとみられ、
ヨウ素やセシウムなどは検出されていない。
 
このうち、コバルト60の濃度は1立方センチ当たり0.3ベクレルと、
水中の濃度限度として定められている同0.2ベクレルよりも高い。

汚染水を放置しておくと、設備の腐食などが進む恐れがあるため、
東電は放射性物質を検出されないレベルまで除去した上で、放出したいとしている。
(時事ドットコム2011/06/08-12:58)



佐賀・唐津で松葉から放射性セシウム 県「福島の影響」

佐賀県は13日、同県唐津市内で採取した松葉から微量の放射性物質を検出したと発表した。
同県は、約1100キロ離れた東京電力福島第一原発事故の影響と考えられると説明している。

県環境センターによると、検出されたのは
放射性セシウム134が1キログラム当たり0.20ベクレル、137が同0.25ベクレル。

松葉は食用ではないが、野菜類の放射性セシウムの摂取制限値に比べると、1千分の1以下で、
人体への影響は無いという。
(朝日新聞2011年6月14日1時50分)

続きを読むに内容書き出しました続きを読む
comment 0 trackback 0
back-to-top