fc2ブログ
06.18
Sat
坂本龍一さんのビデオメッセージは私の心に深く重く響きました
その部分の、坂本龍一さんのメッセージを完全に書き出しました
9分16秒後に始まります

自然エネルギーに関する 「総理・有識者オープン懇談会」2/8



01:00~岡田監督
05:30~小林武史

09:01
・それではここで、ビデオで参加いただきます坂本龍一さんのメッセージをご紹介したいと思います
準備のほうは整っておりますでしょうか。はい
スクリーンの方ご覧いただけますと幸いです


09:16
菅首相、みなさん、坂本龍一です
本日はこのような機会を設けてくださって本当に光栄に感じています
そちらに伺えないのでこういう形でメッセージを届けさせていただきます
あのー、ご本人を前にしてあれですけれども
いわゆる「菅降ろし」ね。これは国民の大半は呆れてみていますよ
えー、どういう人たちがそのような事をしているのかも
大半の国民には分かられてしまっていると思います

え、大変な事故を起こして汚れてしまった国土をなるべく早く綺麗にしていきましょう

あの、原子力っていうのは核を使ったエネルギーですから
核兵器も原発も同じ技術な訳ですよね
これを動かしてしまったという事は、ぼくはパンドラの箱だと思います

一度動かしてしまったら非常に長い期間放射性物質が残ってしまう訳で
何十世代何百世代ことにまで禍根を残してしまう事になります
この放射性廃棄物の最終処分という問題も全く解決されていない訳で
これは、まぁ、一国で解決できる事ではなくて
世界の、それこそ英知が集まって考えていかなければならない事でしょうけれども
こういう問題がありますけれども
やはり、このように危険な原子力というエネルギーに私達は依拠するのではなくて
殆ど無尽蔵とも言える太陽から来るエネルギーに依拠して
国のエネルギー政策を抜本的に変えていくべきだと思います
幸いにして我が国日本にはそのような技術もあります
もう、技術は出そろっているわけですから
いまは ただ、やっていないだけですね
やれば必ずできます
そして、あの、たとえば原発のように大きな発電所があって
それをケーブルで、電線で、遠いところまで持って行くというのは本当に非効率的なやり方ですよね
コミュニティー、コミュニティーに自給的にエネルギーを供給する事が出来て
それをインターネットのようにネットワークで結んでいけば
もっとリスクの少ない安上がりなエネルギーの供給の仕方が出来ると思うんです
幸いにして我が国は島国ですから
そのようなモデルというものを作りやすいんじゃないかと思うんですよね
わが国で出来れば世界の他の国でもできるぞ という事を示すことになると思うんです
ま、広島長崎そして福島でこのように核の攻撃そして核の事故というものを体験してしまった我が国
日本だからこそ世界に向けてそういうモデル作りというものを技術的文明としてリードしていく
役割というか責任があるんじゃないかと僕は思います

長くなってはいけませんので私の大好きな言葉で
明治の田中正造さんという方が日記に書きつけた言葉がありますのでそれを読みたいと思います

真の文明は山を荒さず 川を荒さず 村を破らず 人を殺さざるべし

え・・・菅首相、福島の子ども達、妊婦さんを助けて下さい


(深々とこうべを垂れて坂本龍一さんのビデオメッセージは終わる)


・坂本龍一さんからのビデオメッセージでした
それでは最後になりましたがソフトバンク代表の孫正義さんからお願いいたします

孫氏:あの、今皆さんから素晴らしい話しがありました
僕も福島のお子さん達、妊婦さん達、また、それを抱える母親達の
悲しみだとか苦しみだとか悩み
これを思うとですね、もう、胸が締め付けられる思いでありまして
1日でも早く、起きてしまった原発事故の収集を付けなくてはいけないと・・・
なかなか政府そして専門家のみなさんが御苦労しておられると思いますけれども
ぜひぜひですね
これは何にもまして最優先してほしいと。

ーここまでー













comment 0 trackback 0
06.18
Sat
前にUPした動画は孫氏の講演後の物でした。
今日書きだそうと思って・・・あれ(。◔‸◔。)??って思っちゃいました。ゴメンナサイ(前回のブログは削除しますw)


エネルギーシフト勉強会第一部(孫正義氏講演)20110615



こちらが題第第一部孫正義氏の講演です



という事で。完全ではありませんが内容書き出しました
孫正義氏の熱弁は息もつかせぬ40分強です
時間を忘れるくらいでした。

4:03
孫氏の話し・・・・

IT・通信関係のの社長をやっていますが
本業を離れて何をするんだと
会社の役員会の中でも大議論になり
社員からも冷たい視線がきたりしている
エネルギー問題について僕が熱心だと言って株価も下がっている

震災以降2か月位大変悩んだ
会社とは何か人生とは何かを心底悩んだ

創業以来IT通信の分野以外はやらないと心に誓って決めていた
けれど多くの人々が地震津波で嘆き悲しんでいる状況を見て
自分の本業で利益を稼げばそれでいいのかと思い悩んでいた
今は心がある程度定まったのでスッキリしている

エネルギー問題について最初の道筋については僕も力を出そう
道筋が付くところまではやろうと腹をくくったからです
いくつかモデルケースを作ってそのご本業に専念しようと思っている
悩みはスッキリしているけど何をやるのかについて話します

もう皆さんご存知のように福島の母親の皆さんはすごく心配している
原発の怖さは目に見えない色もない形もない匂わない
県外に出たい人には何らかのご支援をしたいとツイッターに書いたら
多くの方からご相談をいただいています
せめて子どもたちだけでも助けたい
妊婦さんを助けたい
自力でどうにもできない人たちの力になりたい
と思っています

勇ましく100億寄付すると言ってその後時間がかかったが60億寄付しました
救済詐欺とか言われていますが一応払い込みは完了しました
残りの40億は救済の事のみの財団法人を設立中です

先日総理も交えて自然エネルギーの対談をしましたが
その時坂本龍一さんから素晴らしいビデオメッセージをいただきとても感動しました
我々の文明の利器が結果、人を傷つけて不幸にしてしまう
深呼吸もできない魚の骨を食べるのもためらうようではいけないと思う
本当の文明は人を幸せにするものでなければいけない
原子力に対する依存度を一度白紙に見なおそうと

イタリアでも脱原発が決まり
スイスもドイツも決まっています
昨日のイタリアの国民投票には勇気をもらいました

今ここで原発に関して深く議論する気はありません
でも、現実の事実として今日現在稼働しているのは54基中19基です

現実の問題としてこれから新たに作るのは難しいだろう
現実の問題として少々古くてもいいじゃないか
地震の真上でもいいんじゃないかとは言えなくなる

そうすると、現実問題として依存度は少なくなる
火力、水力も急に増やすわけにはいかない
設備投資の内訳としては原子力が大半だった
少ししかなかった自然エネルギー
今は9%
その中でも水力がほとんどで他は1%しかない

原発の事故は人災がほとんどである
日本だけではないですね
この10年間で原発のトラブルは一体何回あったのか281回
このトラブルが重大なトラブルに発展していたら・・・
228回重大事故につながったかもしれないトラブルがあったのです
福島が今この状態でもう一回トラブルがあったら
安全だと信じていた人だって一抹の不安が生まれる
原発依存度が下がる事は間違いないと思う

じゃぁ代わりに火力を増やせるか
石油石炭のコストは上がる一方だ
今から化石燃料のコストが下がると思っている人はほとんどない
新たに火力を作る事はコストが合わない
CO2を語る前にコストが合わない

原発を新たに新設すると勇ましい事を言う方も中にはいますが
採算、リスクを考えて
場所の確保と作るまでには60年かかる
しかも、自分が経営者だと考えてみたら恐ろしくて
会社がつぶれるかもしれないと思うと二の足を踏むと思う
原発もコストが上がる。ものすごく上がる

自然エネルギー、目先では高いという人がいるかもしれないがこれから40年先考えたら
コストがものすごい勢いで下がる新エネルギーだ
長い目で見ればコストは下がる
材料費は0円
投資家の目から見ても新し原発作ると言った途端にその会社の株は下がる
経営の面からみても自然エネルギーが言い

新エネルギーに必要なものは3つある
1全量買い取り制度
2つないでもらえる送電
3土地が必要になる

1をしっかり作ったドイツは勢いが増えている
最初の勢いが必要です
買い取り対象は今日本では余った余剰だけ買い取ると議論されているが
全量買い取りはヨーロッパではもう行われている

2電力会社は接続を拒んではいけない
ただし・・・・電力の円滑な供給に支障の恐れがあるときを除く
恐れ!と言った途端に分からなくなる
結局誰が決めるの?というと電力会社が決める
発電しても売れるかどうか分からないと設備投資もしてもらえない
なので全電力買い取り制度が重要

3土地はあるのか?
耕作放棄している土地、休耕田がある。全部に敷き詰めれば
なんと、2億7000キロワットいける
少なくとも耕作放棄で荒れ放題、治安も悪いと言われてるところの2割に敷くと5000キロワット
5000Kワットは東電ぐらいじゃないか
全部にじゃなくて2割だけでこれだけいける
使ってないもの使いましょう
今は国難の時です
もちろん太陽だけじゃない
だけど、使われていない用地に一時的にパネルをおかして下さい
パネルならいつでも外せるじゃないですか
放棄しているところなら一時的においても農地のままでもいいんじゃないか
電田。電気の田んぼです
1億キロワット発電できます
雨の日夜中は使えないが風と地熱をそれぞれ有効利用すれば
日本の年間の20%は行ける
ヨーロッパでも30%にしようという国が沢山出ている
他国に出来て何故日本にできない
やろうとしないからだ
その気になればできるはず

雇用が一番だという声が多い
100万人規模の雇用これを
グリーンカラーとは自然エネルギーに携わる人の事
日本が輸出国になれば未来に夢を抱き攻めに転じる事が出来るのではないか
発電は畑を耕すようにうどんを作るように誰もが発電できる権利を持てる

でも、発電しても売れなかったら回収できない
恐れがあるとつなげないとか言われるとそれで萎えちゃう
発電すればすぐ売れる権利がある事が大事
今世界から注目されているこの日本でこの法案を先送りしたら世界中から笑われる

未曽有の危機を体験している日本で
今通せなかったら10年先送りになる事を私は心配している
エネルギーの先進国になる
政治の道具に使われてはいけない
発電できる、売れる、つないでもらう権利

100の議論よりも1の実践という事で自然エネルギー協議会を作りました
33の県の賛同をいただきました
日本地図で塗って行くとなかなか壮観だ
もし日本が大統領選挙だったら大統領になれる

3分の2の県知事の賛同をいただいて具体的な候補地をあがてもらっている
わが県にゴミ処理場を埋め立てたところがある
大きな建物を建てられないからパネルがちょうどいい
工業団地があいている。誰も住んでいない
と、続々と出てくる

おお、こんなに日本に土地があった!!
名乗りはあげてみるもんだ
非難したい人はすればいい
やってみせる

自然エネルギーで自然を破壊するんじゃないかという人がいる
確かに気を付けて作らなきゃいけないけど
深呼吸もできるし、野菜も魚も食べられる
母乳も安心して与えられる

気を付けながらやらなきゃいけない事は沢山あるけど
自然をこんなに思っている我々がやるんだ

補助金もいらない税金もいらない
枠組みだけ作って国民、民間が競い合って作ればいいのだ
でも、枠組み法律は国が決めないと作れない
政治家の皆さんは内輪もめしている場合じゃないぞと
何党もくそもあるかと
日本のためなんだ
未来のためなんだ
子ども孫のためなんだ
何としても腹が立つ
法律作れ!!
国民誰もが作れる権利があって
子どもたち孫たちを守れる権利があって
自然をいつくしむ権利があって・・・・

頑張りましょう

47:20

何党でもいいんだとと言ってとりあえずいただいた署名が206名
今日鳩山さんが僕も入れてと言って207名
もう締め切ったんだけど日々増えています
もっともっと増やしちゃおうと思って、国会議員全部みんなが書けばこの法律は出来るんだと・・
この法案は絶対に必要です
そう思った議員が一人ひとり署名しています
   ↓署名された議員さんの名前が書いてあります
「再生利用エネルギー促進法」賛同人215名(6月16日15時現在)の名前

参議院民主党前田武志氏の話し

59:12
公明党加藤修一氏の話し

孫氏
地球を壊すのは一瞬だ
壊してはいけない
心からのありがたいという感謝を持っていつくしんで住んでいく思いが大切
子どもたちの未来のために頑張りましょう


第二部はこちら
エネルギーシフト勉強会第二部(菅直人総理大臣の話)その他著名人の話し(内容書き出し)

comment 0 trackback 0
06.18
Sat
ちょっと驚いたので・・・

何がʅ( ~⊖◝)ʃ?
テレビ朝日のニュースステーションに小出先生が出演していました。
画面提供が東芝というところが・・・すごいです。



小出先生
「要するに水の中からゼオライトあるいは別の化学物質の方にくっつける。ということだけなのであって
それは全部残ってしまうのですね
大変濃縮されたかたちで残ってしまいますので それを一体どこに保管できるのかという課題もありますので
かりににまともに動いたとしてもまだまだ大変だろうと思います」

たったこれだけのコメントだったけど
ニュースステーションに小出先生が出た事に関して
メディアも変わりつつあるのか?と考えてもいいのでしょうか・・・




comment 0 trackback 0
06.18
Sat
「将来の脱原発」2人 「削減」9人 知事アンケート
朝日新聞2011年6月16日1時50分

OSK201106150215.jpg
原発を将来どうするか拡大原発を将来どうするか

朝日新聞社は47都道府県の知事に原発のあり方や今後のエネルギー施策についてアンケートした。
11人の知事が将来的に原発を「やめる」または「減らす」と回答する一方、
東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、「増やす」と答えた知事はゼロだった。
「どれでもない」もしくは無回答で態度を明示しなかったのは計31人だった。

アンケートは原則として選択方式で、5月末から始め、6月10日までに文書で全員から回答があった。

原発がある13道県では、
東海地震の想定震源域に中部電力浜岡原発を抱える静岡が「減らす」とし、
9道県が「どれでもない」、福島、福井、鹿児島が選択肢を選ばない無回答だった。

原発のあり方についてやめる」としたのは、山形、滋賀県
原発のある福島、福井県といずれも接している。

吉村美栄子・山形県知事
「想定を超えた危険性が内在する限り、将来的にはやめるべきだ」

嘉田由紀子・滋賀県知事
「原発から再生可能な自然エネルギーへのかじを切るような、孫子のために歴史的な判断を国や電力会社に求めていきたい」と、脱原発を明確に表明した。

減らす」と答えたのは9人で、静岡のほかは、
栃木、埼玉、神奈川、長野、大阪、鳥取、岡山、高知


静岡県の川勝平太知事
「(福島の事故は)原発の安全性を揺るがしたばかりでなく、我が国のエネルギー政策の根本的な見直しを迫っている」とした。

現状維持」としたのは
山梨、奈良、長崎、大分
の4人だった。

山梨)「地球温暖化を考慮すると、原発は不可欠で、安全性を確保した上で今後も依存せざるを得ない」
大分)「再生可能エネルギーの導入は必要だが、短期的には困難」などと説明している。

全国最多の15基(1基は解体中)を抱える福井県の西川一誠知事が、
国の安全基準は不十分として検査で停止中の原発の再稼働を認めていないことについては、25人が支持した。

福井以外の原発立地道県のうち半分の6道県が含まれており、原発の今後の運転に影響を及ぼす可能性がある。

東日本大震災で津波被害が起き、停止中の東北電力女川原発がある
宮城県の村井嘉浩知事は、
「国が各事業者に指示した緊急安全対策は津波対策のみ」と福井県知事と同様の指摘をしたうえで、
「極限下での危機マネジメントの強化を含めた抜本的な対策を講じる必要があるが、含まれていない」と
国の対策に不満をぶつけている。

定期検査中の九州電力玄海原発2、3号機の再稼働をめぐり判断が注目される
佐賀県の古川康知事は「他の立地県のことについてコメントできない」としてこの質問を無回答とした。

福井の原発に消費電力の約半分を頼ってきた関西圏の6府県の知事西川知事の姿勢を支持した。

夏の電力供給に大きな影響が出かねないが、
「津波だけでなく地震の揺れによる影響も考えられるため、可能な限り原因を解明し、安全に係る基準を示すことが必要」
(奈良)などとしている。

原発事故の被災県である福島県の佐藤雄平知事は、
「事故の収束が第一」として、この二つの質問への回答を避けた。

原発のあり方について明確な回答をしなかった福井県の西川知事
「原子力に過度に依存することがないよう、エネルギーの多角化を推進することは重要」と記した。

(山田理恵、荻原千明)

comment 0 trackback 0
06.18
Sat
・海の汚染とサーファー
・高濃度に汚染されたゼオライトの交換と保管場所
・福島県の脱原発と最終処理場

6月16日木曜日 
京都大学原子炉実験所小出裕章助教に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]


【福島原発】616木★汚染水浄化システム⇒ゼオライトの最終処分場は




続きを読むに内容書き出しました続きを読む
comment 0 trackback 0
back-to-top