fc2ブログ
06.28
Tue
何て言ったらいいのでしょうか
全く収束の見えない福島第一原発
その動きは止まっているかのごとく遅いのに
こんなふうに汚染されたものが市場に広まるのはものすごく速い

まだ、私の所にゲイガーカウンターは届かない・・・


市販の腐葉土から高い放射線


youtube投稿者のコメント一部転記します

機種はSOEKS-01M(Ver1.3L)
6/24 埼玉県内のホームセンターです。
測定値12回測定し、最大値最小値を除いた数値を平均しています。
β線遮蔽アルミ板は2.4mmの物を使用

・ホームセンター入り口空間 0.17μSv/h

・バーク入り腐葉土 直置き 2.54μSv/h
・バーク入り腐葉土 1m離れた地点 0.38μSv/h
・バーク入り腐葉土 1m離れた地点 0.37μSv/h(アルミでβ線遮蔽)

・ゴールデン粒状培養土 直置き 0.87μSv/h

・鹿沼土(バーク入り腐葉土と同メーカー) 直置き 0.19μSv/h


comment 0 trackback 0
06.28
Tue
こうなることは想像していました
切実な時代がこれから長く続く
私が生きている間中はもう避けて通れない道です


小麦粉、うどん、パスタ、パン、ピザ、餃子の皮、ホットケーキミックス、お好み焼き、たこやき・・・・

小麦・・・・
色々な食材に使われます

暫定基準値内でしたが6月8日採取日コムギで 
東京の東久留米市で小麦からセシウムが73ベクレル計測されました

暫定基準値の値に不満を持っている私にとって、これは大きな数字です

こむぎ
小麦1

画像をクリックするとサイトが開きます。


comment 1 trackback 0
06.28
Tue
1994年12月27日付の食品衛生法改正省令第78号により
それまでの製造年月日制度から
賞味期限(ないし品質保持期限)または消費期限を表示する期限表示制度に変更されています

その当時はあんまり深く考えなかったけれど
こうなると(放射能の汚染)製造年月日が分からない事は非常に不便です

先日は加工食品の製造年月日に関してのブログを書きましたが
新鮮なものを購入→出来るだけ古いものを探すに変わっている今って・・・メーカーごとの賞味期限←ここ

今日は私自身が冷凍食品を買おうと思って悩んだので
早速調べてみました


財団法人日本冷凍食品協会
に、おおよその基準が書いてありました
冷凍の仕方や添加物などで期間の長さがそれぞれ変わるようですが
原発事故3か月強の今なら、まだ、この期間を見て
311以前に製造されている冷凍食品は沢山あると思いました

小さなお子さんや妊婦さんは
ぜひ、参考にしてみたらいかがでしょうか

冷凍食品の期限表示の実施要領

冷凍
冷凍1
冷凍2

comment 0 trackback 0
06.28
Tue
・トラブル続きの浄化システムについて
・福島県民の方がたの被ばく検査が始まったことについて
・行き場のない使用済み核燃料について


6月27日月曜日 
京都大学原子炉実験所小出裕章助教に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]

【福島原発】6/27/月★使用済み核燃料の行き場


<参考>
内部被曝追跡始まる 30年調査、まず10人が放医研へ
朝日新聞2011年6月27日


TKY201106270208_20110628132329.jpg

写真:報道陣に公開された甲状腺の内部被曝(ひばく)検査。
被験者は放医研の職員=27日午前9時55分、
千葉市稲毛区の放医研、吉本美奈子撮影拡大報道陣に公開された甲状腺の内部被曝(ひばく)検査。
被験者は放医研の職員=27日午前9時55分、千葉市稲毛区の放医研、吉本美奈子撮影


TKY201106270218_20110628132329.jpg
図:内部被曝検査の流れ拡大内部被曝検査の流れ


東京電力福島第一原子力発電所の事故による福島県民への放射線の健康影響を見守る調査が27日に始まった。
当面は空間線量が比較的高い浪江町、川俣町、飯舘村の3町村の住民120人を対象に予備調査を実施。
体内に取り込まれた放射性物質による内部被曝(ひばく)がどの程度あるのかを確認し、
本格調査の手法を検討するという。

調査は30年以上にわたって追跡する見込みで、これほど長期で大規模な取り組みは例がないという。
ただし、すべての放射性元素を調べるわけではなくヨウ素とセシウムだけで、
骨に蓄積しやすく長い間、体に影響を与えるストロンチウムは調べない。
推計の精度も原発の作業員管理の場合より低いと見られるなど、課題も多い。

内部被曝は放射線医学総合研究所(放医研、千葉県)で計測する。
初日のこの日は浪江町の30~67歳の男女10人が早朝、バスで放医研に向けて福島県を出発。
正午前に放医研に着いた。

予備調査で行うのは全身の被曝線量を測る
「ホールボディーカウンター(WBC)」による検査など3種類の実測検査と尿検査。
このほか、行動調査もする。
本格調査の内容を固めるための先行調査という位置づけだ。
対象となる約120人のうち約50人が19歳以下の子どもや未成年。


続きを読むに内容書き出しました続きを読む
comment 0 trackback 0
06.28
Tue
その日の後で

20110626 その日のあとで~フクシマとチェルノブ... 投稿者 PMG5

毎日放送の番組です
3月11日の福島原発事故後から取材しています
チェルノブイリの今と日本の今、これからを考えます


<参考>
今中哲二氏
3 月28 日と29 日にかけて飯舘村周辺において実施した放射線サーベイ活動の暫定報告


2011-04-26「愛する飯舘村を還せ!!村民決起集会(内容一部書き出し)

セシウム137とアップルペクチン

4/29明治大学「終焉に向かう原子力」・・VTRが出ました。

小出裕章氏参議院5/23 行政監視委員会①(内容全て書き出し)

河田氏の講演で初めて知った「菜の花プロジェクト」について


続きを読むに番組の内容書き出しました続きを読む
comment 0 trackback 0
back-to-top