FC2ブログ

ドキュメント映画「100,000年後の安全」

ラジオたねまきジャーナルの水野さんが小出先生に
「実は、わたし、ある映画を見まして
フィンランドのドキュメンタリーで「100,000年後の安全」という映画です
核のゴミをフィンランドでは地下ずーっと掘って行って
地下500メートルの所に大量にな蒸らせようという計画をやっているんですね」

とおっしゃっていた映画の「100,000年後の安全」を見てきました

NHKの生放送から飯田哲也さんが駆けつけて下さりお話しを聞くことが出来ました
飯田氏の話しの内容は次回のブログで・・d(◕‿-。) ネ❤ 書き出しました飯田哲也講演会(内容書き出し)7/9

実際にフィンランドのオルキルオトでの
地下都市のような高レベル放射性廃棄物の地層処分場の建設中の映像に
さまざまな それに関わる人たちへのインタビューを織り交ぜた映画でした
工事には100年かかり、廃棄物が一定量に達すると入口の扉は閉じられ
何もなかったように、何もないように
ここに危険なものが地中深く眠っている事は
忘れてしまうという事を忘れないように


一万年前にはまだ、私達人間は誕生していなかった
十万年後に人間はいるのか?
ここは危険だという事が伝わるのか?

という内容の映画でした

うーーん・・・・

作り出してはいけないものを大量に保持してしまったのだという事が理解できました

現在、世界中に高レベル放射性廃棄物は20~30万トン位あるそうです
(映画の中で言っていた数字は確かこうだったと思います)

大変です。゚(゚´Д`゚)゚。

十万年経つより前に人類は地球上にはいなくなっているのでは?と思いました。


こちらは予告編です





水野:10万年後に地下に核のゴミが残っているところ「を開けないでください」と
「コンクリートの壁を開けないでください」と書いていても
その言葉が通じる人類が10万年後にいるかどうかもわからない

小出:いるはずがないですねw
5000年前に石に書かれた言語は何が書いてあるのか分からないという時代を私達は生きているので
10万年なんて単位は想像を絶する時間の長さな訳ですよね

たねまきJ「核のゴミの置き場所」小出裕章氏(内容書き出し・資料あり)6/28参照









再処理施設があろうとなかろうと
生み出した放射性物質を無毒化する力は人間にはありません。
昔から「トイレのないマンション」と言われましたけど
自分が生み出すゴミの始末を知らないまま ここまできてしまっているわけです。
今、日本には54基の原子力がありますので 一年ごとに広島原爆が生み出した核分裂生成物の
五万発分を生みながら電気を起こしている。
生み出してしまう核分裂生成物の 始末の仕方を人間は知らないという状態でここまできているわけです
埋め捨てにされてしまう場所に狙われた、
地方の財政が破綻した 小さな自治体はいくつもこれまでもありましたけれども
そういう自治体でも、さすがにこのゴミは嫌だということで
どこも引き受け手のないまま今日まできてしまっている
放射能のゴミを押し付けるなんてことは私はやるべきでないと思いますし
どうしてもやるといって、地面に埋めれば安全だというなら 東京に埋めて欲しいと私は思います

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きを読むに著名人の方がたの感想を転記します

続きを読む

スポンサーサイト