FC2ブログ

「原子炉解体・放射性廃棄物をどうするか」


原子力発電についてまだまだ分からないことが沢山あると改めて感じたこの番組です
停止して廃炉にした原子炉の解体作業
放射能に汚染されたコンクリートや鉄の塊を
アメリカ、カナダはどのように処理しているのか
そして日本は・・・
45分の番組です。
1988年の放送なのでかなり前の番組ですが
原子力関係については科学の進歩はあまりないように思えます
今見てもそのまま現在におきかえられます
お時間のある時にじっくりご覧くださいd(◕‿-。) ネ❤


NHK特集「原子炉解体 -放射性廃棄物をどうするか-」 from redfox2667 on Vimeo.


NHK特集「原子炉解体 -放射性廃棄物をどうするか-」
NHK、1988年6月27日放送、45分

サイテック89国際コンクール最優秀番組賞受賞
すでに解体作業が始まっている東海村や外国の原子炉を取材し、解体の安全性や放射性廃棄物処理の問題を探る。
リポーター 平石富雄(特報部)


今、原子力を全部やめたとしても
この解体作業だけで仕事が沢山ありそう・・・何十年も・・・
スポンサーサイト



たねまきJ「食物の汚染について」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)7/18



・牛肉の汚染~食物の汚染について考える

7月18日月曜日 
京都大学原子炉実験所小出裕章助教に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]




<参考>プルシアンブルーについて

河田昌東氏インタビュー5/7(内容全て書き出し)

河田昌東氏:
プルシャンブルーは液体というか・・固体じゃないので
吸着にうまく使えるかどうか・・
その、水溶液に混ぜれば吸着はするんですけれども
それをどうやって水分と分離できるかというのは難しい
動物のえさに混ぜる分には効果がありますね
どうしても汚染された餌を食べなければいけない牛、あるいは豚とか
そういうものの餌にたとえばプルシャンブルーを5%とか混ぜてやれば汚染が少ない
3分の1ぐらいの汚染ですむ。
牛乳にしても肉にしても、という事は分かっていますから。
それが糞になった状態で出ますね


続きを読むに内容書き出しました

続きを読む