肥田舜太郎医師・新聞の記事8/6と生死の分かれ目について考える

内部被曝の恐怖訴え 「ぶらぶら病」も
産経ニュース2011.8.6 08:48

 

「けがのない人まで次々と死んでいった。医者なのに一体何が起こっているか分からなくて、ただ悔しかった」。
広島陸軍病院の軍医だった肥田舜太郎(ひだ・しゅんたろう)さん(94)は、
昭和20年8月6日、広島市に原爆が投下された後の様子をそう振り返る。

肥田さんはたまたま爆心地から約6キロ離れた旧戸坂村に往診に出ていた。
建物は爆風で吹き飛び、ひどいやけどを負った人たちが市内から村に避難してきた。

手当てもままならず、けが人は次々と息を引き取っていった。
「応援の医師をあわせても1人で千人もの患者をみなくてはならなかった」

そのうち妙なことに気がついた。けがの程度の軽い人たちまで死んでいくのだ。
「高熱、鼻や口からの出血、紫色のまだら模様。放射線の急性症状が出ていたんです」。
今も鮮明に覚えているのは、抜けた髪の毛をつかんだ女性の姿。
息も絶え絶えだったにもかかわらず、ごっそりと抜けた髪をつかみ、泣き叫んでいた。
「あんな悲しい光景は見たことがない」と顔を曇らせる。

戦後は山口県にできた国立病院へ移り、
昭和25年ごろから埼玉や東京の診療所で、被爆者の診療を始めた。
これまでに原爆の後遺症に苦しむ6千人以上の被爆者を診察してきた。

倦怠(けんたい)感を訴える人が多くいた。原
因は分かっておらず、「ぶらぶら病」と呼ばれた。
「ピカの影響だとはうすうす分かっていたが、どんな病気かわからず、ビタミン剤を処方するぐらいしかできなかった」と話す。


また、被爆したというだけで差別を受け、苦しむ人も多くいた。
肥田さんはそんな被爆者たちの声に耳を傾け、寄り添い続けた。

昨年、体力の衰えから現役を引退。60年以上にわたる診療活動を終えた。
その後、請われて各地で講演活動をしている。

3月の東京電力福島第1原発事故について、被爆者医療に長年、携わってきた経験から
放射線が人体に及ぼす影響では特に内部被曝(ひばく)の恐ろしさを訴える。
放射性物質が体内に入るとその後、数十年にわたって体内で放射線を浴び続けることになるからだ。

「私は死に損なったんです。私が死ななかったのは、何かをしなければならない運命だったという気がしている」

原爆の日の8月6日は広島を訪れ、
爆心地から約1キロの距離にあった広島陸軍病院の原爆慰霊碑前で、亡くなった仲間や患者の冥福を祈る。

     ◇

 【用語解説】内部被曝

大気中に漂ったり飲食物に付着した放射性物質を体内に取り込んだために、体の内部から放射線を受けること。
放射性物質が組織に沈着する恐れがあるほか、
飛距離が短く外部被曝では影響の少ないアルファ線やベータ線にもさらされるため、
高い危険性が指摘されている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肥田舜太郎医師(94)
Dr_Hida.jpg


「私は死に損なったんです。私が死ななかったのは、何かをしなければならない運命だったという気がしている」
肥田医師はこう話していらっしゃいますが
94歳とは見えない位に若くってしゃきっとしてる。
とても素敵です。

昨日の終戦の日の色々な特集番組を見ていてふっと思いました。
たとえば、
テレビと新聞と取材があった
山田舜(あきら)さん(85)

20110806k0000e040012000p_size5.jpg

19歳の時に広島で被爆
1945年夏の朝。旧制高校2年生だった山田さんは
熱を出して広島市の自宅で寝ていた。突然、閃光(せんこう)と爆風が襲った
そして現在は、福島に住んでいらっしゃり、今回の事故の経験もされたという
広島原爆の日:「2度も放射線に」福島の被爆者の思い・毎日新聞2011・8・6

昨日は、85歳を過ぎていても実年齢より若く見える被ばくをされた方が
何人もテレビに出てお話しされていました

戦争の体験など、貴重なお話しも沢山お聞きしたいけれど
その後の、普段の生活はどうだったのかという事も伺ってみたいと思いました

同じように被ばくしているのに病気になる人とならない人がいるのは
どのようなメカニズムからなのだろう?
もともと持っている遺伝子が放射性物質に対して抵抗力があるのか
同じように内部被ばくをしていたとしても傷つけられる場所が違うからなのか
放射性物質を身体に取り込んでいても、その後が全く異なる事が不思議になった

何が違うんだろう?
確立だと言う。
ロシアンルーレットだと言う人もいた。
何の理由もなく、本当に全ての人に平等に確率で発病するのだろうか?
病気になる人とそうでない人を分ける何かがあるような気がして仕方ない。
生まれもった遺伝子のせいならば仕方ないけど・・・

長崎大学の教授が「笑っていれば放射能は恐くない」
それを聞いた時には「バカにすんなっ!」って頭にきたけど
それも一理あるのかな?なーんて・・思っちゃうくらいに・・

日本はもう、汚染されたから
被ばくからは逃げられない
食物だって、政府の基準は高すぎるし、
そのうち全てが汚染されていくように思う

だったら、
ある程度身体に取り込んでしまう事は諦めなければならない

「しきい値はない」というのだから
一粒だって体内に取り込む事は恐いけど・・・(多分もう、入ってる)

避けられないのならば、
今まで通り注意はするけど、それに加えて
放射能に負けない細胞を自分の体内で維持する方法を探しだす事の方が
前向きな感じがする

アップルペクチンで排出したり
牛肉を酢水に付けてから調理したり
取りこまない努力はするけど

なにか、人間が放射能に負けない方法があるんじゃないかなって

それを見つけてみたくなりましたヽ(。◕ᆺ◕)ノ



「放射能の危険を生徒に話せない」福島の高校教諭退職・東京新聞8/6(書き出しました)

宍戸俊則氏のツイッター

今日、東京新聞の取材を受けた。多分ブルームバーグの記事よりも実物の私に近い描写になると思う。
取材を終えて福島駅前の温度表示を見ると35.8度。
8/05 17:28:23


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その東京新聞の高校教師宍戸氏の記事です
危険を知らせたくても言えない教師
危険だと分かっていても直視できない生徒と保護者
どちらも悲劇です

危険だと思いながらその子どもを目の前にし
何も注意が出来ない苦しさ
そうして黙認している事が将来起きるかもしれない事へ繋がるかもしれない恐怖
宍戸先生のお気持ちがとてもよく理解できます

このような現実は何か不思議な不可思議な
今まで何でも自由に自分の思いを口にして話してきた日本が
確実に変わっている
だけど、こうなってしまうのは何故なんだろう
文部科学省が、本当に子ども達が安全な基準に設定していないせいではないでしょうか
国の対応が人命第一ではないから
このように歪んでしまうんだと思う
危ないものは危ないと言い
注意すると事はきちんと注意して
できる限り自分の身を守ること
周りの人と助け合いながら生活していく方向に進めるように
国家の権力で市民が苦しまないように
どうしたらいいのか・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

被ばく語れぬ空気「生徒に申し訳ない」
福島の高校教諭退職
東京新聞「こちら特報部」8月6日

福島県で一人のベテラン高校教諭が先月、退職した。
原発事故後、被ばくを避けるように生徒らに再三指導していたが、管理職から「動揺を与えるな」と注意された。
被ばくの不安を抱えつつも、仕事の事情などで避難できない県民が大半という現実。
そこでは「被ばく」という話題そのものへのいら立ちが募っている。
高校教諭が直面したのも、そうした無言の壁だったのだろうか。 (篠ケ瀬祐司、中山洋子)


「危険を知りながら、子どもたちへ伝えられない自分に耐えられない。彼らが被ばくするのを見ているのもつらい」

福島第一原発から約60キロ離れた県立福島西高校(福島市、生徒数871人)を退職してから一週間足らず。
宍戸俊則さん(48)は苦しげな表情を浮かべ、同校を辞めた経緯を語り始めた。
 
宍戸さんは原発事故発生直後はできる限り、表に出ずに過ごした。
新学期が始まると、生徒らに
「健康を害する恐れがあるから教室の窓を閉め、マスクをした方がいい」と呼びかけた。
顧問を務めたソフトテニス部の屋外練習も最大二時間に限るようにした。
 
だが、初夏になり気温が上がると、生徒たちは窓を開け始めた。
「嫌がる生徒もいたので、閉めるよう大きな声を出したこともあった」と宍戸さんは振り返る。

5月20日、宍戸さんは同校の教頭から
「不安をあおるようなことを言ってはいけない」との指導を受けた。
宍戸さんが「マスクをするように言ってはいけないのか」と尋ねると、
教頭は不安をあおらないようにと、繰り返したという。
 
「生徒にマスクをする理由を聞かれれば、危険があるからと説明せざるを得ない。
『不安をあおるな』とは『危険だと言ってはいけない』という意味と理解した」。

宍戸さんは悩んだ末、六月上旬に退職を決意した。
 
「管理職は県側から言われて私に指導をしたのだろう。学校から圧力を受けたのではなく、県からだと思っている」

県の対応については、原発事故直後から疑問を感じていた。
3月15日の高校の合格発表は屋外であった。
「県が決めた以上、校長は従うしかない。体育館は避難所になっていたので、発表は外ですることになった。
放射線量は高かった。しかし、警告はなかった。傘も差さずにやってくる子どもたちを見て、本当に申し訳なくなった」
 
たしかに県は危険の広報に消極的だった。

「県は放射線量が高い時に『安心』を強調する学者を呼び、
その話はマスコミを通じて繰り返された。結果的に多くの県民が被ばくした。
住民も被ばく後の不安を認めると、いたたまれなくなってしまう。
だから『不安がっていては暮らしていけない』と言うしかない」
 
宍戸さんは来週、北海道に居を移す。
県が発表した5日午前10時の福島市内の放射線量は毎時1,1μシーベルトとまだ高い。

「生徒をおいて、自分だけ安全な所に逃げていいのか、という引っかかりはいまもある。
生徒たちには不安があったら手伝うよ、不安は表現してもいいんだと伝えた」
 
宍戸さんの目に光るものが浮かんだ。

110807_0656~01
「生徒をおいて、逃げていいのか」
宍戸さんはいまもそう自問しているという=福島市で


宍戸さんが勤めていた福島西高校は先月下旬からグラウンドの表土を削り、新たな土を入れる工事が進められている。

110807_0658~02
宍戸さんが勤めていた福島西高校では、グランドの表土をはがす工事が続いていた=5日、福島市で


同校の井戸川方志教頭
「(宍戸さんに)長袖を着てマスクをつけるように言ってはいけない、と指導したことはない。
授業内容が手薄になっているという苦情が生徒や保護者から入っていると伝え、
話の仕方や授業時間の使い方に気を付けてほしい、生徒に動揺を与えないように、という話をした」と説明する。

「宍戸さんは教員会議で放射線量が高いと指摘していた。
それぞれの物差し(判断基準)で高い低いはあると思う。
しかし、学校としては文部科学省の基準で判断するしかない」(同教頭)
 
文科省は4月19日、子どもの年間被ばく線量限度を20ミリシーベルト(毎時3,8μ)と規定。
同校は限度を下回っていることを確認し、屋外での体育を再開した。
文科省は5月に「年間1ミリシーベルト以下を目指す」としたが「努力目標」にすぎない。

110807_0657~01
今年5月、文部省を訪れ、放射線量基準値の見直しを要請する福島県の保護者ら=東京千代田区で


一方、県は六月、教育委員長名で各市町村や県立校あてに熱中症予防に関する通知を出した。

通知には
「放射線の影響から夏服の着用を控える傾向が見られるが、
そのことによって引き起こされる熱中症や心身のストレスによる体調不良を予防するように」

「窓を開けて活動しても差し支えない」などとある。
 
県教育庁では
「長袖を着たりマスクをしたりしてはいけないとの指導はしたことはない」
学校生活健康課)と、強制でないと説明するが、県からの通知と違うことをするのは容易ではない。
 
文科省では福島では校庭の表土除去も始まり、学校での被ばく線量が低減されていると強調。

今月初めには、福島県内で年間被ばく線量が1ミリシーベルトを超える学校は「ゼロ」と発表した。
ただ、この線量は学校で過ごす八時間のみの推計だ。

子どもたちを放射能から守る福島ネットワークの佐藤幸子さん(53)は
「結局、文科省の20ミリシーベルト基準に従う学校が多い。これが現場の被ばく予防の取り組みをはばんでいる。
本心では、安全と思えない場所で教育活動をさせられている先生はほかにもいる」と語る。
 
学校現場では放射能汚染を話題にすることがはばかられる“空気”が広がっているという。
ネットワークに参加し、被ばくを学んでも「学校では口にできない」という教師も少なくないという。

110807_0658~01
正午過ぎ。JR福島駅前の温度計は35℃。暑さもあってか、マスクを付けた人はほとんど見かけない
=5日福島市で


 
7月下旬から、二人の子どもを連れて札幌市のサマーキャンプに参加している福島市の父親(37)も
「福島では放射能が怖いと言えない空気がある」と漏らす。
三月に県外へ一時避難した知人から
「戻ってきて、周りから白い目で見られている」と打ち明けられた。
 
「逃げたくても逃げられない人たちが、危険を直視できないでいる」

実際、被ばく予防の話をしていて、親戚に「うんざりだ」と言われたこともある。
「その親戚もマンションを買ったばかりで、どこにも行けなかった。
福島で働き続けるしかなく、震災直前に生まれた赤ん坊に『おれんどご生まれて悪かったな』と謝っていた」
 
その気持ちも痛いほど分かるだけに、周囲にはそれ以来、もう何も言えなくなっているという。
それと同じ構図はいま福島の教室にもある。

宍戸さんはこう話した。
「学校には、みんなと同じでなければいけないという“同調圧力”がある。
男子は弱さを見せたくない。女子はファッションの面からも、自分だけマスクをしたり、窓を閉めたりはしにくい」

<デスクメモ> 
半年もたてば、世論も変わる」。毎日新聞に載った電力総連出身の藤原正司参院議員(民主)の言葉だ。
福島では事故を苦に数人が自ら命を絶ち、「原発離婚」という現象も生まれた。
将来への不安は語り尽くせないだろう。孤立させてはならない。
この議員がうろたえる世論の変化を生み出したい。 (牧)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きを読むにブルームバーグの記事を転記します

続きを読む