FC2ブログ

「プルトニウムの毒性は塩と変わらない」(内容書き出し)

Nationwaide TY in Japan:Toxicity of purutonium “not very different than salt”
“So safe you can drink it”(VIDEO)



ENENEWSで世界に・・・・Σ(゚д゚lll)ノノガーン
「日本の国営テレビ:3・11後にもプルトニウムの毒性は塩と対して変わらない」「飲んでも大丈夫、と放送」

Tokyo Brown Tabby’s latest captioning is over the collection of video clips of three Japanese nuclear researchers, claiming safety for plutonium on the national TV. The first two appeared on TV after the March 11 accident to assure the public that there was nothing to worry about on plutonium, because it was so safe.





北海道大学原子炉工学 奈良林直教授
東芝時代に原子炉の安全性を研究。内閣府原子力安全委員の専門委員を務める。

いま、塩をですね
塩を200グラム採ると成人男性は、これは致死量というんですが半分の方が亡くなる
200グラムの塩。
ところがプルトニウム239の経口致死量、飲み込んだ場合は
これは32グラムです

ですから、毒性というのは、つまり、飲み込んだ場合は塩とそんなに大差ないんです

だから、肺に飲み込んだ場合の致死量は約10ミリグラム
これは大体青酸カリ、ちょっと怖い物質になってしまいますけど(笑)
このくらいの毒性です

むしろ食中毒のボツリヌス菌とかそういった毒その方がはるかに
あの、危険性が高い
それからダイオキシンもありますけれどもそういったものはさらに危険ですね
ですから、プルトニウムを粉末にしてわざわざ飲み込まなければ、肺に入れなければですね
あと、紙一枚で止まる物質ですから
それはそれでちゃんと、プルトニウムを使った燃料を扱うところは
しっかりしたそういう施設で作っていますので、それは大丈夫です


東京大学医学部付属病院 放射線科 中川恵一准教授

たとえばですね、皮膚につくと吸収されない
ま、食べ物からも入る事があるんですね
ただ、この場合はほとんど尿や便の中に出ていく
問題は吸い込むという事なんですね。肺がんの危険を非常に高めると言われています

・一般市民、私達の生活にはどんな影響があるんでしょうか?

はい。これはありません!

・ない!

はい。
まずですね、この物質は非常に重いんですね
ですからヨウ素のように飛散していく事がありません
ま、作業者の方には影響があるかもしれないんですが
ですから本当にお気を付けていただきたいんですが
みなさんご存知と思いますけれども
たとえばですね、わたくしが生まれた50年前
プルトニウムの量は今の1000倍だったんですよ

・はーっ!それ何故ですか?

原水爆の核実験!
ですから今はですね、多少増えたと言っても実はかなり減っているんですね
だから基本的には心配はありません。
ただ、たとえば排水などを通してですね、海に流れ込む
これ、いったん出ますと、なにせ、ほとんど減らないですねー。

・半分になるまで2万4千年かかる

はい。ですから非常にそういった点では問題なんですが
ま、繰り返しですけれども
一般住民の方にですね、影響が出ると言う事は基本的にはない
ですから、ご安心いただいていいと思います

・もう一度確認しますが、
皮膚についても大丈夫。吸収されません。
食べ物はほとんどが尿などで排出されます
吸い込んだ場合に肺がんのリスクはあるが非常に重いので大丈夫という事です



ー「50年前は、プルトニウムの量は1000倍だった」
 半減期2万4千年のプルトニウムが50年で1000分の1になるのはなぜですか?
 大気中の量の事でしょうか?
 でも、プルトニウムは重くて飛散しないと言っていましたけど・・・ー


東京大学工学系研究科システム創成学 大橋弘忠教授


二つの点を指摘したいと思うんですけれども
事故の時にどうなるかは想定したシナリオに全部依存します
それが全部壊れて全部出て全部が環境に放出されるとなればどんな結果でもだせます
でもそれは、大隕石が落ちてきたらどうなるかと
そういう起きもしない確率についてやっている訳ですね
あの、みなさんは原子炉で事故が起きたら大変だと思っているかもしれませんけど
専門家になればなるほど、そんな核兵器が壊れるなんて思えないんですね
「どういう現象でどうなるんだ」と
それを反対派の方は「いや分からないでしょ」と
水蒸気爆発が起こる訳はないと専門家はみんな言っていますし
ぼくもそう思うんですけど
(笑)じゃぁ、何で起きないんだと、そんな理屈になっていっちゃうわけです
ですから今安全審査でやっているのは技術的に考えられる限りですね
ここがこうなってこうなってこうなって
ここが壊れてプルトニウムがこう出てきて
ここで止められて、それでもなおかつという過程を設けたうえで
さらにそれよりも過大な放射能が放出された上での前提において計算しているんです
ここで一番難しいところですけれども
我々そういうのはよく分かります
被害範囲を想定するためにこういう事が起きると想定して解析するわけです
ところが一般の方はどうしても「じゃぁそういうことがおきるんだ」と
また、反対の方が「ほらみろ、そういう事が起きるから、そういう想定をするんだ」と
逆な事に取られるからおそらく議論がかみ合わないのだと思います

もう一つはプルトニウムの毒性です
プルトニウムの毒性というのは非常に誇張されて捉えられていますが
そのプルトニウムの健康被害を扱う専門家の方は
「社会的毒性」というふうに呼んでいます
実際には何にも怖い事はありません
仮に大げさな話をしてプルトニウムをテロリストが取って行って貯水池に投げ込んだと
そこから水道が供給されていると、
じゃぁ何万人が死ぬかと言ったらそんな事はありません
一人も死なないというふうに言われています

プルトニウムは水にも溶けませんし
仮に体内に水として飲んで入っても、常に排出されてしまいますから
その、小出さんが言っている様なことが起きるのは
全く仮想的にプルトニウムの粒粒を1個1個取り出して
みなさんの肺を切開手術して、肺の奥深くの出てこない所に
一つずつ埋め込んでいったらそれくらい死にますよという
全く起きもしないことを仮想について言っているんですね
ですからそんな事をやっていたらみなさん自動車にも乗れないし電車にも乗れない
何が起こるか分からないですよという話と全く同じです



・はい。そのくらいでよろしいです


動力炉・核燃料開発事業団  プルト君続きを読むへ



続きを読む

スポンサーサイト

「首都圏150ヶ所 放射能土壌調査会見」(内容書き出し)

「首都圏150ヶ所 放射能土壌調査会見」
日時 8/8(月)13:45より会見開始
会見場所  参議院議員会館B104
会見者   紀藤正樹(弁護士) 土井里紗(医師)他
会見団体 「放射能防御プロジェクト」








Video streaming by Ustream

 


市民グループ放射能防護プロジェクトによる首都圏放射能土壌調査会見を行います
首都圏汚染調査の結果から発表していただきます

今回土壌プロジェクトに参加した市民の皆さんは
それぞれ1万5千円の検査料を負担し、自宅の庭や公道の植え込みの土壌を採取して
同一の検査機関で放射線物質の検査を行いました

採取方法:表面から5㎝を採取。砂場は表面から15㎝を採取。
測定方法:厚生労働省「緊急時における食品の放射性物質測定マニュアル」に準ずる
検出限界1Bqの高性能のγ線スペクトルメーターによる核種測定です

表をご覧ください
分析結果は1kg当たりのベクレル数で出ています
チェルノブイリ原発事故との比較のため、右から2列目は平方メートル当たりのベクレル数に換算してあります
右端の列はそれぞれチェルノブイリの時の区分や
チェルノブイリの区分とは


(第1区分居住禁止区域 直ちに強制避難、立ち入り禁止)148万Bq/㎡~  
(第2区分)特別放射線管理区域 義務的移住区域、農地利用禁止55万5千Bq/㎡~  
(第3区分)高汚染区域 移住の権利が認められる18万5千Bq/㎡~   
(第4区分)汚染区域 不必要な被ばくを防止するために設けられる区域3万7千Bq/㎡~    

となっております

それでは採取場所と1kg当たりのセシウム134、137の合計値を
第4区域以上の物のみ読み上げます

江戸川区東葛西セシウム合計731ベクレル
江戸川区臨海町セシウム合計3693ベクレル
江戸川区東小岩セシウム合計999ベクレル
北区田端セシウム合計914ベクレル
北区赤羽北セシウム合計649ベクレル
葛飾区金町セシウム合計2690ベクレル
台東区入谷セシウム合計130ベクレル
足立区東和セシウム合計1707ベクレル
江東区毛利セシウム合計659ベクレル
千代田区六番町セシウム合計739ベクレル
大田区田園調布本町セシウム合計668ベクレル
文京区小石川4丁目セシウム合計2500ベクレル

その下の文京区小石川5丁目なんですがセシウム合計25ベクレルとなっていまして
これはどちらも公道の植え込みを採取したものです
このように1丁目離れただけでも100倍違う値が出ていることで
まだらに汚染されている状況がありうると言う事になりました

新宿区市ヶ谷砂土原町セシウム合計1091ベクレル
練馬区東大泉セシウム合計706ベクレル

東京都のセシウム合計平均値は462ベクレルとなっています

2009年におけるセシウム137の土壌平均値は東京都で1,5ベクレルであり
事故以前と比べて高いところでは1500倍ものセシウム137が検出されています

また、金町、小石川、東大泉では事故後3か月経った時点でもヨウ素が検出されました

千葉に移ります
松戸市紙敷セシウム合計7013ベクレル
松戸市松戸セシウム合計3179ベクレル
柏市あけぼのセシウム合計1380ベクレル
柏市松ヶ崎セシウム合計1996ベクレル
流山市江戸川東セシウム合計1716ベクレル
八千代市緑が丘セシウム合計1299ベクレル
八千代市村上南セシウム合計1244ベクレル
佐倉市城セシウム合計857ベクレル
四街道市物井セシウム合計1062ベクレル

千葉県のセシウム合計の平均値は959ベクレルとなっています

埼玉県
三郷市早稲田セシウム合計14140ベクレル
こちらが今回の調査で最高値となっております

八潮市上馬場セシウム合計2251ベクレル
川越市大袋新田セシウム合計592ベクレル
上尾市原市町セシウム合計863ベクレル
深谷市西島セシウム合計1341ベクレル

埼玉県のセシウム合計平均値は1253ベクレルです


神奈川県に移ります
横須賀市港が丘セシウム合計2236ベクレル

神奈川県横須賀市、福島第一原発から300キロ近く離れた地点でも
放射線管理区域に相当するようなセシウムが散乱しています

神奈川県のセシウム平均合計値は293ベクレルでした


茨城県
龍ヶ崎市大塚町セシウム合計687ベクレル
取手市藤代セシウム合計3380ベクレル
つくば市倉掛セシウム合計1492ベクレル
つくば市古来セシウム合計1881ベクレル
石岡市大増セシウム合計674ベクレル
日立市中成沢町セシウム合計1310ベクレル


茨城県のセシウム合計平均値は1571ベクレルでした
その他、栃木県や長野県軽井沢でも数100ベクレルのセシウムを検出しています

また、豊島区巣鴨の道路わきの砂から61713ベクレルという
とても高い数値のセシウムが検出されました
これは土壌ではなく道路の縁石上に吹き溜まっていた砂を集めたものです
チェルノブイリの時にはこうして高濃度に汚染された砂が風に吹かれ
移動するホットスポットを作りだす事が知られています
今回の事故でも、同じ事が起きているのではないでしょうか

またその下、
墨田区八広では雨どいの下の土壌
いわゆる放射性物質が溜まりやすいと言われている個所を採取したところ
やはり、4254ベクレルという高濃度のセシウムが検出されています
この二つにつきましては他の検体と歯最終状況が違いますので別枠で公表いたしました

時間の都合で全てを読みあげることができませんので
お手元の資料をご覧ください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

専門家の方がたの今回の調査に関する見解

ECRR欧州放射線リスク委員会科学議長クリス・バズビー博士のコメント
ファイルのデータは非常に興味深く貴重なものです
汚染の深刻度によって癌の発生率が違ってきます
最初に想定していたより悪いです
東京では発がん率に関しては1%増加と想定していましたが
この結果を受ければ1,6%から7,8%の増加の間だと思います
東京の人口1300万人から今後の発がん人口について計算できます
年間の全年齢発がん率は10万分の460なので、年間59800件のがんが発生しています。
測定結果として今後10年間に1,6%から7,8%の増加をすると
それは、59800人+1,6%および59800人+7,8%
つまり10年間で9442人から47222人
仮に5%増加したなら、わかりやすいかたちで統計にあらわれるでしょうが、
一般的にがんは増加傾向なので、1.6%増加は識別することが難しくなるでしょう。

福島第一原発の事故現場から放出された放射性物質による汚染について、
独立した団体による測定がおこなわれたことは非常に喜ばしいことだと思いま す。
しかし、気をつけなければならないことは、
セシウム濃度はその他の核種による汚染、つまり、
ストロンチウム・プルトニウム・トリチウム・
そして最も重 要なものとして、ウランを示すものにすぎないということです。
セシウムからのガンマ線の吸収線量は
その他の放射性物質による実際の内部被曝のごく一部に過ぎず
その他の放射性物質を測定するのが望ましいです。
さらに、私が作成した健康問診票による、独立した健康被害調査を実施することを切に望みます。


京都大学原子炉実験所小出裕章氏によるコメント


お送りくださった調査結果、拝見いたしました。
当たり前のこととは言えすごいですね。
ごく一般の場所が、放射線管理区域以上に放射性物質で汚染されてしまいました。
被ばくを規制するための多くの法令も意味を失い、
私たちは変わってしまった世界で生きる以外にありません。
人々が生活する際、ごく容易に接触する場所で試料を集めることが大切です、
行政にそうした調査を求めるべきと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


首都圏土壌調査結果
首都圏


関東150ヵ所土壌汚染調査結果マップ
首都圏マップ



続きを読むに土井里紗(医師)紀藤正樹(弁護士)の会見内容途中まで書き出しました 

続きを読む

たねまきJ「衆議院会館での講演・福島での講演」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)8/8

・「人間とサイエンスの会」:衆議院第一議員会館の講演について
・福島での講演について


8月8日月曜日 
京都大学原子炉実験所小出裕章助教に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]




<参考>

2011年8月4日(木) 東京
第131回 人間サイエンスの会(NS) 講演
『原発と人間・地球の未来』


【 内 容 】ー小出裕章氏講演会情報より転記

人類が核分裂エネルギーを解放したのは、1945年7月16日のことでした。
日本への降伏勧告を協議するためのポツダム会談が行われる日の夜明け、
米国の砂漠でトリニティと名付けられた原爆が炸裂しました。
千の太陽より明るく輝いたと言われるその爆弾は、次いで8月6日・9日に広島・長崎に投下され、
一瞬にして2つの都市を壊滅させました。
その強大な力を前に、人類は次にそれを未来のエネルギーに使おうと思いついたのでした。

1950年代から原子力発電が始まり、
60年代から70年代にかけて、核保有国を中心に多くの国々が原子力発電に夢を託そうとしました。
ただ、核分裂反応を利用する限り、核分裂生成物が生み出されることは必然です。
その上、発電などのエネルギー源にする場合に核分裂させる量は、
原爆で核分裂させる量に比べて桁違いに多いもの
でした。

広島原爆で核分裂したウランの重量は800gでしたが、
現在標準的になった100万kWの原子力発電所では、1年の運転で1トンのウランを核分裂させます。

放射線は生命体に対して有害であり、
生み出す核分裂生成物がやがて人類にとって大きな脅威になることは明らかでした。

そのため、生み出した核分裂生成物の無毒化の研究も始められました。
しかし、今現在に至っても、核分裂生成物を無毒化する手段を人間は獲得していません。
無毒化できない以上、生み出した核分裂生成物は生命環境に出さないよう隔離するしかありません。

ウランは天然に存在する放射性物質で、それ自体が有害なものです。
しかし、ウランを核分裂させて生み出した核分裂生成物ははるかに有害で、
標準的なウラン鉱石が持つ毒性まで毒性を低下させるには、100万年に亘る隔離が必要です
100万年に亘る隔離を科学が保証できる道理はありません。

自分が生み出す毒物を無毒化できず、生命環境からの隔離も保証できないのであれば、
ただそれだけの理由で原子力など選択すべきでないと私は思います。


その上、ひとたび、原子力発電所が事故を起こせば、その被害は破局的です。
日本では、産官学を含めた「原子力村」が原子力発電所の事故は決して起きないと繰り返し繰り返し宣伝してきました。
しかし、原子力発電所は機械であり、事故から無縁な機械はありません。
それを動かしているのは人間で、人間が神でない以上、誤りを犯します


私は40年間、いつか破局的事故が起きると警告を続けてきましたが、
ついに恐れていた事故が福島原子力発電所で起きてしまいました。
それを防げなかったことを、言葉に尽くせず無念に思います。

この事態を受けてなお日本では原子力発電所が動いていますし、
停電はいやだから原子力は止むをえないと考える人も多いようです。
しかし、原発を即時全廃しても電力供給は間に合います。
また、電気が足りようと足りなかろうと原発は廃止すべきものと私は思います。




録画日時 : 2011/08/05 13:13 JST
福島小出裕章氏講演会








Video streaming by Ustream


続きを読むに内容書き出しました

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。