福島第一原発で震災の日からずっと作業して下さっている方の今日のツイート。

福島第一原発でずっと作業して下さっている方の今日のツイートです
命をかけて私達のために働いて下さっています。
今日は震災から5カ月目
彼の思いをブログにします

ありがとうございます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日で震災から5ヵ月。
あの日2:46は晴れでまだ肌寒かった気がする。
現場から坂を上がってくる作業員、その30分位あとに来た津波に流される重油タンク。
津波を見た時、まるで映画を見てる感じだった。

あの日オイラ達のグループは全体で約1100人いた、
全員の点呼をとり無事を確認してから、家や家族の元にいち早く行くように帰した。
携帯は通じない、
帰りの道は国道も崩れて大渋滞。
みんな一刻も早く家族に会いたかったはず。

だけど車は一向に進まない。

会社の車を乗り捨て
浪江や大熊初め、南相馬の原町まで不安な気持ちいっぱいで歩いて帰った人も沢山いる。

歩いてたどり着いたら浪江の請戸や原町の家は跡形もなく流されていた人もいる。

夜中通して家族を探し回った人もいる。

そんな中オイラは現場で作業しバスの中で一夜を過ごした。
不安よりも何とかしなきゃって考えてたと思うんだけど思い出せない。

まだまだ先は長い。

オイラは決してあの日を忘れない。
何十年かかっても絶対に浜通りを取り戻さなきゃ!

でも非難解除なんてまだまだしちゃいけないとオイラは思う。
故郷に帰りたい気持ちは痛い程わかるけど、今はまだ帰る時じゃないんだ。

本当に安全・安心となって子供達が自由に外で遊べる時まで。
オイラはその為に頑張る。黙祷…。


海江田はどうしても原発を動かしたいの?泊原発。

今日も、ものすごく暑かった
日本の原発は7割が止まっているけど
電力は十分足りている
今日は震災ちょうど5ヶ月目の日
まだまだ福島原発は収束するどころか何の解決も見えてこない
震災で避難している人たちも
原発が出した放射能のせいで家に帰れない
日本人はみんな汚染された食べ物を食べ
放射能との共存の世界に生きていかなければならないと覚悟を決めようとしているその時なのに
そんな中、泊原発を急いで動かしたいと言う海江田!

へっ(。◔‸◔。)??
経産省は潰れちゃえばいいと今日は本気で思った(╬◣д◢)
万が一海江田が総理大臣にでもなったら
日本に未来はない

菅総理の後、誰が総理大臣になれば日本に未来が見えるんだろう・・・
マスコミに抹殺される菅総理
国民はまたまた騙されたのかな??


きーこはマジで怒ってます



泊原発営業運転移行「なるべく早く」 経産相が意向

日本経済新聞2011/8/11 20:24


調整運転が続く北海道電力泊原子力発電所(泊村)3号機の営業運転への移行を巡り、
海江田万里経済産業相は11日夕、記者団に
「できるだけ早く地元に理解していただき、定期検査の終了証を交付したい」と述べた。

3号機の営業再開に向けて地元の了解を早期に取り付けたい意向を示した。

泊原発の最終検査は10日に終了し、
国の原子力安全委員会は11日午後の臨時会議で経産省原子力安全・保安院から
「安全基準上の問題はない」との報告を受けた。委員から異論は出なかった。

法定の手続きでは、保安院の検査が終われば、終了証を交付して営業運転に移る。
今回は委員会での了承に加え、海江田経産相は高橋はるみ知事の考えも尊重する意向。
法定外の手続きによって営業運転への移行先送りが続くことになる。

一方、お盆休みに入った企業が増えたため、全国的な電力需給の逼迫はひとまず一段落した。
11日に今夏のピーク時の電力需要を更新した電力会社はゼロだった。

自動車など製造業を中心にお盆休み入りする企業が出始めたことなどから、
電力使用率は東京電力の87.9%や関西電力の86.9%など軒並み前日より低下。
12日以降は厳しい暑さが続く一方で、夏季休業に入る企業も一段と増える見通し。
電力需給はしばらく落ち着きそうだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


広瀬隆氏
それは高レベルの最終処分場を先進国がよってたかって何処かベトナムに作るとかね
今モンゴルに噂されているようなね
そういう、もうとんでもない狙いがあるとしたらそれは強引にやる可能性はある
作らせてね
要するに先進国で処分できないものを持って行かせる
こういう手口は
北海道に泊原発を作らせたのはその理由なんです
北海道で幌延町が最終処分中の候補地になったときに
北海道民が一番強いよりどころになったのは我々が原発を持ってないんだという事だったんです
だからそれを乗り越えさせるために泊原発は絶対につくらせたかった
泊原発が運転し始めると北海道民はそれに抵抗できなくなっちゃうんです

自分たちも原発を使っている
だから、東通りと泊は非常に重要な意味があったんです
今、アジアで、それから中東で、全く原子力に無関心な人達をたぶらかしてやろうとする
そういう事は非常に危険だというのは我々は気が付いていないといけないと思います

(広瀬隆氏刑事告発質疑応答(広瀬氏の部分一部書き出し)
より)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

泊原発
250px-Tomari_Nuclear_Power_Plant_01.jpg

過去の主なトラブル

2003年9月 2号機の1次冷却水が漏れ、運転停止
2004年9月 蒸気発生器伝熱管56本に摩耗減肉
2004年10月 2号機で、B充填ポンプトリップの警報により、Bポンプが自動停止
2005年5月 原子力発電所のフェンスを越えて、山菜加工業者とそのアルバイトらが敷地内に不法侵入。
            タケノコ採りをしていたアルバイトの1名が、たまたま職員に捕まったことをきっかけに
            総勢24名が逮捕、後日書類送検された。テロ対策強化の必要性が改めて問われる事件となった。
2006年12月 定期点検中の2号機で火災[6]。
2007年7月3日、4日、7日、11日、24日、8月7日、9日
            建設中だった3号機の原子炉建屋、原子炉補助建屋、作業員事務所の仮設トイレ等で、火災発生。
            他にも電源コードの切断も見つかった。何者かが放火している疑いが持たれている
2007年5月末、6月 3号機の原子炉建屋近くの屋内作業現場に、人糞
2007年9月27日 1号機の非常用ディーゼル発電機2基が故障。
            北海道電力は、その原因を メンテナンス会社が検査した際に、
            「調整装置」に異物が混入した為と発表
2010年3月2日、北海道電力は、1号機で、定期検査中に
            50代男性作業員の一人が微量の放射性物質を体内に取り込み被ばくしたと発表した
2011年1月9日、北海道電力は、3号機で、定期検査中に
            20歳代の男性作業員一人が微量の放射性物質をあびて被ばくしたと発表した。


発電設備
1号機

原子炉形式:加圧水型軽水炉
運転開始:1989年6月22日
定格電気出力:57.9万キロワット

2号機

原子炉形式:加圧水型軽水炉
運転開始:1991年4月12日
定格電気出力:57.9万キロワット

3号機

原子炉形式:加圧水型軽水炉
運転開始:2009年12月22日
定格電気出力:91.2万キロワット
プルサーマル発電を予定


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北海道の幌延町のことも書きました↓

日本原子力開発機構・東濃地科学センターJAEAとは?

【再配信】泊原発3号機の本格運転再開を許さない! 原子力安全委員会臨時会議
録画日時 : 2011/08/11 20:59 JST








Video streaming by Ustream


続きを読むに関連記事転記

続きを読む

日本人なら知っておくべきです。「マンハッタン計画医療班報告の裏側」(内容書き出しました)

肥田舜太郎氏が語っていた事実と真実。
原発の真実とは、核抑止力の一部であり
マンハッタン計画と安保の軌道上に則った計画的産物であることを
大昔から肥田氏等は訴えてきたが、我々がそれを知ろうとしなかった。­
それはもはや知らなかっただけでは済まされない罪である。
(youtube投稿者のコメントを転記)








長崎では公式には成立しないはずの残留放射能を測る兵士たちがいた
兵士の一人が巡回パトロールについてこう語っている

どうしてここにいるのか分からなかった
住民はいない。皆死んだ
鳥もいない。動物も昆虫もいない。
この静けさを伝えるのはとても難しい

マンハッタン計画の一角で長崎に視察に来た兵士たち
中央がスタッフフォード・ウォーレン医師
被ばく者の治療に来たのではなく、プルトニウム爆弾さく裂後の人体に与える影響を調査に来ていた
日本の医師の調査データを入念に収集し、アメリカに送った

それはのちに医療用の映画になる

映画ー「PADIATIONSIKNESS 放射線による疾病」アメリカ陸軍製作
2週間の危機的な期間が過ぎ、
治り始めているように見えた火傷や傷跡が、突然さらにひどい状態になった
出血も止められないどころかむしろ広がっていった
多くの人が亡くなり、死亡者数は毎日増えて言った
大半の患者の、まず、上半身に発疹が現れ全身に広がると
さらに体調が悪くなった
また、毛髪が抜けるのも特徴的な症状の一つである

原爆3


この兵士は爆心地から1キロメートル北東の兵舎にいた
火傷はなかったが原爆投下から7週間過ぎた9月28日朝8時ごろ
毛髪が抜け出し、発疹が現れ、39度5分の発熱と下痢を起こした


ウォーレン医師の助手たちは医療カルテを集め
血液、死者の臓器のサンプルなどを押収し、症状の変化を映像に撮った
爆心地の距離と被ばく時の状況
障害の個人データを作った
それらのデータはアメリカ本国に送られ軍事機密とされた

日本の医師、肥田舜太郎は当時を語っている

院長から、職員患者全員に対し厚生大臣の通達があるので厳重に守るようにと命令があった
広島、長崎の原爆被害はアメリカ軍の機密であり、
何人も被害の実際について 見た事、聞いた事、知ったことを
話したり、書いたり、絵にかいたり、写真に撮ったりしてはならない
違反したものは厳罰に処す

1945年9月から日本政府の協力を得て
占領軍による検閲が実施され始めた
1年後にはGHQ支配下の民間検閲隊は9000人近くに膨れ上がった

検閲は特に核爆弾の攻撃を受けた広島と長崎に適用された

広島の新聞では
原子爆弾投下と放射能の文字が紙面から消えた

およそ10年にわたり、被ばく者に対するあらゆる情報が日本では隠された

広島と長崎を襲ったのは活版印刷の活字を封印する事実隠蔽であった。

検閲により没収された資料は今日、ワシントン近く、メリーランド大学に保存されている
数万冊に及ぶ本や新聞、ポスターなどが微に入り際にわたる検閲の厳しさを物語る
GHQに対し、軍の一部は自由の国アメリカが検閲を行うことに反発し始めていた
しかしマッカーサは断固とした態度をとり続けた

「それは間違ったプロパガンダだ
我々が一方的検閲を行っているというイメージを植え付けるものだ」

言論抑圧の後にはより繊細な仕事が待っていた
それは、原爆に関する情報操作だ

帰国後、ウォーレン医師の最初の報告書(1945年 マンハッタン計画 医療班報告)
「原爆はわずかな放射能を短期間残しただけで影響は極めて小さい」と断言している
「核爆発に伴う放射線は、爆発後数秒続き、人々を傷つけたが、全て初めの1分間で終わった」
「他の2種類、残留放射能と爆心地付近の瓦礫の放射能はいかなる犠牲者も生まなかった。
それは、確固たる方法で証明されている」

広島長崎の検閲と対照的に、戦後アメリカでは検閲が解除された
アメリカ国民はこの時まで、原子爆弾が自国で作られたということを全く知らなかった

9月11日グローブス兆軍とオッペンハイマーは
記者団を初の核実験を行ったトリニティーの爆心地へと案内した
放射線測定機では付近はなお放射線に汚染されていた
しかし、オッペンハイマーは
「日本では空中爆破したため地上で爆破したトリニティーより汚染が少ない」と記者団に説いた

オッペンハイマー

「化学兵器や放射性物質による土壌汚染に比較しうる影響はなかった筈だ
通常火薬の大規模な爆発と変わりない」(オッペンハイマー)

世論に向けたメッセージは核爆弾は汚染を引き起こさない綺麗な爆弾
ジュネーブ条約に抵触する化学兵器ではないというものであった
11月、アメリカ憲法議会では原子力の発展と使用、制限に関する審議会が開かれた

召喚されたグローブ将軍は上院議員らを前にこう語った
「日本で本土決戦となれば犠牲者の数は膨大だっただろう。
チャーチルは100万人以上とみていた。
原子爆弾は日本人の医師を砕き戦争を終わらせた
戦闘が続いていたなら、数万のアメリカ兵士の犠牲は確実だ」

戦争を終わらせ100万人の命を救った原爆
マンハッタントップのこの言葉は、いまだ欧米では神話的作用を保っている

審議会では残留放射能に関する質問がグローブスに投げかけた
「ありません。きっぱりゼロだと言えます。
爆発の瞬間を除き放射能の障害はありません。一瞬の被害だけでした。」

一人の議員が放射線に対する解毒剤があるかどうか質問しました
「放射能の被害は色々です。大量に浴びれば即死です。
少量なら、死期がやや早まっても、苦しみはまず無い。
安楽死のようなものだというのが医師の見解です。
ごく少量だと時間がかかるにせよ、とにかく治せます」

ーー治療すれば。ということ?それとも、時間の問題?

「時間ですね。放射性物質にうっかり被ばくしても
ちょっと休暇を取って仕事を離れれば、そのうち、すっかり回復するんです」

グローブスは残留放射能の影響をきっぱりと否定し
マンハッタン計画の研究所や工場を死守する事に専念した

1945年末、ニューヨーク
原子力の将来に関するシンポジウムが科学者、企業、軍人を集めて開かれた
マンハッタン計画の主役たちが揃った

過去より未来の話しをしましょう
マンハッタン計画の成功はよくご存知ですね
これまで一度も報道されなかった方々がここに並んでいます
これまで計画に協力してきた各企業のトップです
代表してここにいるのです
企業としてマンハッタン計画を支えてくれました
明白で確かな結果を出したのです
みなさんには忘れずにいただきたい

(ニューヨーク・タイムズ記者 ウィリアム・ローレンス)
原爆の製造でも大変な困難を乗り越えてきました
原子力の平和利用においても違いは無いはずです

原爆

原爆開発の体制がそのまま平和利用へ
戦後の原子力発電は彼らが作っていく

1946年8月
トルーマンは原子力法にサインし、マンハッタン計画を軍から政府組織AEC、原子力委員会に移管。
AECは原子爆弾に関する軍事研究を進めながら
同時に核エネルギーの民間利用を発展させる
マンハッタン計画医療研究プログラムも継続した

1945年夏
ウォーレン医師らはプルトニウムの人体実験を再び始めた
ロジェスター病院では1947年夏までに11人の患者が被験者となったが
そのうち3人は投与を始めたその年に死亡する
スキャンダルを恐れたAECは世間から隠す事に決めた

「人体実験に関する資料は一般に公開しないことが望まれる
世間にマイナス効果を与えるだろうし、訴訟問題も引き起こすであろう
この件に関する資料は機密とする」
(1947年4月17日 AEC文書)

時期を同じくして日本ではより大規模な医学調査プログラムが始まる
アメリカ海軍長官フォレスタルはトルーマンに
広島、長崎で集めた医学データを早く活用するようせき立てた

予備調査は原爆の放射線にさらされたおよそ1万4千の日本人に関してです。
「このグループとこれから調査する人々は
放射線の医学的生物学的影響について
合衆国にとって最も重要な情報を得るかけがえのない機会を提供します
このような研究はまだ、終結されるべきではなく
時間をかけて継続するべきです

かけがえのない機会
間もなく、トルーマンの命令により
ABCC、原爆の傷害調査委員会が
(1946年11月18日 フォレスタル海軍長官から大統領宛て文書)


ABCC(原爆障害調査委員会)は日本の厚生省と協力して
被ばく者の放射線の影響を長期的に調査し始める

原爆q

そこで被害者は放射線医療の被ばく調査に半ば強制的に協力を求められた
集められた情報は分類され、整理保存されアメリカに送られた
この医学データは1975年まで防衛機密となっていた

その防衛機密が開かされる2年前、ABCCの報告書には将来の世代に向けたこの研究に置かれる重要性が説かれている

(1973年 ABCC文書)
放射線防御に関しては原子爆弾の影響調査が重要であり、有効である。
癌、老化現象、細胞変化、遺伝に関して被害者の生涯を通して追跡調査するべきである。

原爆1

この調査結果は、将来 国家が放射線による大事故に直面する際に
医学行政の指針となり得るであろう

被ばくに関する類例のない情報が集積された

原爆2

しかし、被爆者の苦しみは記録されなかった


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

内容を書き出していて
身体の奥深くが叫んでいる気がした
心臓がドキドキして、やり場のない怒りと悲しみに包まれた

このような事があっていいのだろうか
このように隠されて
一部の人の手の中で事実が簡単に歪められていいのだろうか
いい筈はない。

同じ歴史を繰り返してはいけないのだと・・・・・思った


4/24広島にて内科医の肥田舜太郎医師講演(内容書き出しました)




高く売れそうなアイディア☆彡「ガイガー付き携帯電話」

コメントをいただきました。
とても素敵なアイディアだと思います。
なので、ブログに書きたくなりました。

これ、高く売らなくてもいいですか??

----コメント----
少し古い記事へのコメントですが、あなたの目に留まれば幸いです。
つまらんアイデアですが、携帯電話に放射線計測機能を待たせることは無理なのでしょうか?
ほとんど全国民が片時も離さず身近に持っている携帯電話で、
いつでもどこでも放射線が計測できれば大変便利ではないでしょうか?

計測データーはそのまま自動的にホストコンピューターに送られ、集積解析され、再び各携帯に送り返され、
全国民がその放射線情報を共有する。

つまり一億点の計測スポットから、アットタイムのデーターが集まり、
どこで、なんの、どれぐらいかの、放射線データが把握できます。

放射線時代の日本を生きる強力な武器になると思うのですが、メーカーか電話会社にコネはないですか?
-----------



「計測データが集約されて国民が共有する」っていいですね。
網の目のデータを集める事が出来て、汚染地図も具体的に作れそう。
携帯だったら、自分が今までどれだけの外部被ばくをしているかの蓄積結果も計算できそう~♫♪♬

今の日本の技術ならば
携帯とガイガーカウンターを合体させること位簡単にできそうです。

メーカーとか、電話会社に知り合いがいないので
ここに広く公表してみようともいました。

こんな携帯売り出したら、絶対に売れると思うし、
これからの時代には必需品だって思いますd(◕‿-。) ネ❤




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



とりあえず、ツイッターで孫正義氏につぶやいてみました。

きーこ「孫さん、はじめまして。こんな携帯あったらいいな♥ ・・高く売れそうなアイディア☆彡「ガイガー付き携帯電話」 http://t.co/auop5mZ 商品化できませんか~?」

お返事来るかな~(๑♥‿◠๑)ノ


たねまきJ特集「若き原子力研究者の卵の悩み」小出裕章氏(内容書き出し)8/10



・原子力工学を学んでいる学生さんと小出先生

8月10日水曜日 
京都大学原子炉実験所小出裕章助教に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]




2011年8月10日【水】ーたねまきジャーナルホームページより転記

若き原子力学徒の悩みに小出先生が・・・

近年、原子力発電はCO2削減などで「環境に優しいエネルギー」として再び脚光を浴びていました。
いわゆる「原子力ルネッサンス」です。しかしこの状況。
原子力工学を学び、将来電力会社などへの就職を夢見ていた若者は何を思うのでしょう。
きょうのゲストも某国立大学大学院で原子力のリスク評価や国際展開について学び
メーカーへの就職を当然のように考えていました。
しかし今は疑いもしなかった原発の安全性が大きく揺らぎ、自らも「原子力ムラ」の末端にいることに悩む日々です。
京大・原子力実験所の小出助教とともに「原子力工学のこれから」について考えます。





組織を内側から変革するちから
原子力で未来を拓く、そんな志を抱いて学び、研究してきた学生さんと
小出さんとの対話。
リスナーのみなさんから多くの感想を頂きました。
これまで信じてきたものすべてが壊れ、
自分の生き方を求める、若き研究者と
その悩みに真摯に言葉を紡ぐ小出さん。
私も、胸が震えました。
組織の外で批判するのは容易いですが、
組織の内から、改革するのは本当に難しいことだと思います。
水野クリスタル


続きを読むに内容書き出しました

続きを読む