白血病に関する質疑~作業員2名が汚染水をかぶる。東電記者会見8/31(会見内容書き出し・会見ノーカット画像あり)



誤って汚染水かぶる
=セシウム吸着塔の作業中-作業員2人・福島第1原発


東京電力によると、31日午前9時35分ごろ、
福島第1原発でセシウム吸着装置の使用済み吸着塔から水抜き作業をしていた協力会社の作業員2人が、
誤って水をかぶった。
線量計が示した被ばく量は0.14ミリシーベルトと0.16ミリシーベルトだった。内部被ばくはしていないという。
2人ははしごの上と下で作業。
上にいた作業員は防水性の作業着を着ていたが、もう1人は通常の防護服で、下ではしごを押さえていた。
上にいた作業員が、吸着塔に付いている排水のための弁が「閉」になっていると勘違いし、
ホースを外したところ水が出てきたという。
水は吸着塔の中にあった建屋地下などの汚染水とみられ、
浴びた2人を直後に測定したところ、
防護服を着ていた作業員は測定上限の10万CPM(1分当たりの放射線検出回数)を超えたが、
拭き取った後は基準値1万3000CPM以下になったという。
 
同社は、2人が浴びた水の量や放射性物質の濃度を確認するほか、
作業手順に問題がなかったか調べる方針。(2011/08/31-22:32)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京電力記者会見8月31日午後の部



Video streaming by Ustream

海水の汚染濃度19:11
作業者内部被曝29:00
連絡不明者の人数32:10

昨日の急性白血病に関しての質疑

回答する記者団の佐藤です

36:10
診断書を書いた主治医の専門性について、
血液学会に登録のある専門医かどうか
a確認はしていない
診断した人と業務上の判断の医者は一緒でいいのか
a何件の病院にかかったかは個人情報の関係で言えない

a東京電力の医者ではない
東電が複数の医師に確認した所・・・人数
a元請から報告受けた医者

複数の医師に確認をした所。の複数について教えて欲しい
我々の東電の医者

血液の専門医かどうかは
分からない

因果関係の判断をした医者からの判断の部分の文章の正確な言い回し
プライベートの診断なので、急性白血病と聞いている

因果関係が無いという事の文章のいい回し
プライベートな病気なのでそれ以上は聞いていない
内容は把握していない

急性白血病という事で聞いている
骨髄せいかリンパ性は聞いてない
診断検査の白血球の異常はない

病理診断の結果は出ていますか?
元請けからある個人がこういう病名で無くなったと聞いただけ

勤務開始前にホールボディーカウンターは?
退所時に受けて0でした、。

勤務開始前は?
被曝量は0です

血液検査をした機関にサンプルは残っているか?
元請け企業がやるので、東電は健診の結果意外確認してません

死亡直前の放射性物質も?
こちらは全て、個人の方が病院に行って診断を受けたと聞いている

外部被ばくの小数点2位ましらたせて欲しい0.5・・
こちらの方の個人情報で因果関係も否定されているので外部被ばくの線量を公表する予定はない


司会者:大変失礼ですが、そろそろ・・・

ある一日での最大被曝量は分かりますか?
集積線量で0.5ミリシーベルトですので
こちらの作業の方が急激に上がる事は無い

司会者:個人情報にかかわる事なので、このような質問は答えられない事が多い


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そろそろ記者会見も終わるかと思ったその時2時間1分8秒から
作業員2名が汚染水をかぶった件の報告がはじまります。

その部分、質疑応答含めて最後まで書き出しましたので
続きを読むから、どーそ。記者の名前などは、良く分からなかったので間違えていると思います。

続きを読む