( ´艸`)★。、::。.::・'゜変な歌シリーズ。新曲発表♪「たべちゃうぞ。」

今日は台風でーす

思いつきの即興ができました。
自分で作って自分で”かん”でます><;
録音し直す粘り強さは持ち合わせていませんので・・・あしからず。w

御気分のすぐれない方、食後などは、あまりお勧めできません。






たべちゃうぞ。

作詞・作曲・歌  きーこ

たべちゃうぞー
たべちゃうぞー
たべちゃうぞー・・・Oh

見えない匂わない
だからわかんないから
調べる事も出来ないしね

たべちゃうぞー
たべちゃうそー
たべちゃうぞー・・Oh

どれにも入ってる
なんにでも入ってる
表示も無いから
わかんない~い

セシウムにストロンチウム
肉だってさかなだって~え
勇気を出して、
シイタケとタケノコだって

たべちゃうぞー
たべちゃうぞー
食べなきゃ死んじゃうぞ・・Oh


飢え死により多分ましだから
たべるっきゃない
しかたがない
たべるっきゃないなら
ごっくーーーん

たべちゃうぞー
たべちゃうぞー
たべたら出しちゃうぞ・・Oh

味噌汁がいいとか
りんごがいいとか
いろいろあるから
だいじょうぶ・・・・だよね。ネッ。


スポンサーサイト

本当に豊かな未来のために、脱原発!


野田さんが総理大臣になって、負けちゃいそうになる心に
この記事はものすごくうれしい☆。◕‿◕。)ノ♡
ありがとうございます。東京新聞。


「脱原発」を堅持しよう 日本の未来のエネルギー
東京新聞 2011年9月2日


猛暑の夏が過ぎていく。
どうやら、原発に依存しない暮らしのかたちも見えた。
本当に豊かな未来のために、脱原発の方向性はこのまま堅持するべきだ。

九月に入り、朝晩の空気はめっきり涼しくなった。

首都圏も東北も、そして名古屋も、記録的猛暑といわれた夏を、ほぼ原発に頼らずに乗り切った。

東京電力と東北電力管内の電力使用制限令は、九日までに前倒しで解除になる。
中部電力管内では、自動車業界の土日操業効果もあって、百万キロワット、中型原発一基分の電力が節約された。

原発に依存しない夏

原発なしでは、産業も暮らしも立ちゆかないという、
経済産業省と電力業界挙げての強い“警告”も、どうやら杞憂(きゆう)に終わりそうな気配が強い。

むしろ生活者の間には「原発なしでもいけそうだ」という自信がわいたのではないか。
身の回りの電気のむだを洗い出し、電力に依存し過ぎた暮らしを見直すきっかけがつかめたのではあるまいか。
LEDの普及など、省エネ型の社会基盤整備にも弾みがついたのではないか。

脱原発路線を打ち出した菅直人首相が退陣し、新しい内閣がきょうにも発足する。

野田佳彦新首相
「原発を新設しない」としながらも、「安全性を確認した原発を活用し、電力の安定供給を確保する」と、
再稼働容認の立場を鮮明にしており、
民主党代表選に出馬した五人の中で、脱原発からは最も遠いといわれている。
脱原発、脱原発依存路線からの後退、あるいは揺り戻しを心配する声も高くなっている。

菅内閣末期には「原子力ムラ」の巻き返しがささやかれ、
定期検査などで停止中の原発を拙速に再稼働させようとする動きが活発になってきた。
だが、菅内閣の総評はさておいて、脱原発の方向性は、
福島第一原発の惨状を目にした多くの国民に、一定の評価を受けている。
国民の意思と願いが込められた脱原発の金看板を、そう簡単に掛け替えるべきではない。

事故後、間もなく半年になる。
経産省原子力安全・保安院は、福島第一原発から飛散した放射性セシウム量が、
広島型原爆百六十八個分に上ることを公表した
文部科学省の調査では、土壌汚染の最高濃度は一五〇〇万ベクレル以上に上る。

徐々に明らかになる放射能汚染の実態は予想以上に深刻で、広範囲にわたっており、
避難の長期化は避けられない。

発送電分離は不可避

風評被害も後を絶たず、桃や稲作農家の悩みは深い。
牛たちは野生化し、作付けのできない田畑、ふるさとの風景は荒れていく。

損害補償の基準だけはようやくできた。
賠償総額は数兆円規模に上るというが、廃炉費用を含めればゼロが一つ増えるとの見方もある。
いずれにしても、東京電力が独りで担える額ではない。
電気料金の値上げも含めて、そのツケは国民すべてにのしかかる。
原発は高くつく。安全上も経済的にも、あまりにリスクが高すぎる。

再稼働できたとしても、原発の新設は将来にわたって不可能だ。
放射性廃棄物処分場の立地もままならない。
既存の原子炉の寿命が尽きれば、原発はいずれにしても“安楽死”させる以外にない。

その意味で、脱原発は後退ではなく進化である。

国内の総発電量に占める原発の割合は三割弱、二、三割の節電が不可能ではないことは、この夏実証された
その上に太陽光や風力などの自然エネルギーや廃熱利用を上積みすれば、私たちは今より豊かになれる。

自然エネルギーの全量買い取りを電力会社に義務づけた再生エネルギー特別措置法が成立し、
大手がしのぎを削る太陽光以外の風力、小型水力発電分野にベンチャー企業の進出が盛んになった。
技術革新も進んでいる。

自然エネルギー市場を安定させるには、真の電力自由化が欠かせない。

特措法には「円滑な供給の確保に支障が生ずる場合」には、買い取りを拒否できるという抜け穴が開いている。
これをふさぐ必要がある。

そして大手電力会社の地域独占を廃し発電事業と送電事業を分離させ、
いつ、どこからでも自然エネルギーによる電力が家庭や事業所に送り届けられる環境を整えるべきである。
欧米にできて、日本にできないわけがない。


国家百年の計として

電源の地域分散、電気の地産地消が可能になれば、
建設にも維持管理にも巨額の費用がかかる原発は自然にいらなくなるはずだ。

私たちの暮らしを守り安心を取り戻し有望な新産業の育成を図るため、
新内閣には百年先を見据えた、新たなエネルギー政策を示してほしい。脱原発こそ、国家百年の計である。


・・・・・・・・・・・・・・・

チェルノブイリハートで、
チェルノブイリは広島原爆90個だと言っていた

経産省原子力安全・保安院は、福島第一原発から飛散した放射性セシウム量が、
広島型原爆168個分に上ることを公表した。

チェルノブイリの倍近くの放射性セシウムがばらまかれ、
いまもまだ、現地から放出されている


CHERNOBYL HEART「チェルノブイリハート」(日本語字幕書き出し)

※日本語字幕の動画は削除されていました
続きを読むに字幕を書き出しています(10月12日追記)

Chernobyl Heart from koba on Vimeo.





これで全てでしょうか?
チェルノブイリ・ハートに書いた
事故から20年。原発事故後初めて故郷に帰った青年は、廃墟となったアパートへ向かい、色あせた1986年のカレンダーを見つめて「近親者の10人が癌で死んだ。放射能とは無関係といわれる事をオレが信じると思う?オレもそうやって死ぬんだ。とんだ犬死だろ」
と、つぶやいた彼が出てこない。

なのでこれは映画の一部だと思います。

<追記>教えていただきました。
      「60分の上映時間のうち前半は「チェルノブイリ・ハート」、
      後半は「ホワイト・ホース」という2本の短編で構成されているレポートのような感じでした。」と。
      ありがとうございます。感謝野気持ちでいっぱいです。

「ホワイト・ホース」に、彼が出ています。
字幕は英語ですが、「ひとりぼっちだ」とつぶやいた彼の表情が忘れられません



White horse (M. De Leo, Christophe Bisson, USA, 2007) from Christophe Bisson on Vimeo.







続きを読むに字幕転記

続きを読む

たねまきJ「福一廃炉の行程表・環境省瓦礫の処理」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)9/1

1週間ぶりに小出先生の声が聞けて嬉しかったです(。◡ .◕)♡

・総理大臣が野田さんになったことについて
・福一廃炉に向けての行程表について
・環境省の瓦礫の処理の対応について

9月1日木曜日 
京都大学原子炉実験所小出裕章助教に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]



<参考>
福島第1原発:一度断念「冠水」再び…高線量、作業困難
毎日新聞 2011年8月31日 22時32分(最終更新 8月31日 23時31分)

東京電力が31日示した福島第1原発事故の廃炉処理の作業計画は、
米スリーマイル島原発事故処理を参考に、格納容器を水で満たした上で、溶融した核燃料を取り出すものだ

しかし、福島第1原発では格納容器の損傷が判明したため、
格納容器を水で満たす「冠水(水棺)」を断念した経緯がある。
高線量下での損傷部分の特定や止水作業、崩れた燃料の取り出しなど、実現の道のりは困難だ。

東電から報告を受けたこの日の内閣府原子力委員会専門部会で、
浅間一東大教授
「除染や原子炉内部の調査・補修など、さまざまな遠隔装置の導入が必要。
日本は高度なロボット技術があるが、未知の領域が多く、英知を結集しなければ技術開発は難しい」と指摘。

また、「高線量下の作業は、通常と比べはるかに時間がかかることを考慮すべきだ」
松村一弘日本原燃副社長)との意見もあった。

専門部会は、廃炉工程表を来年1月中旬までにまとめて公表する。
岡本孝司東大教授(原子力工学)
「廃炉作業は、格納容器の漏えい部分を特定・閉塞(へいそく)し、
容器を水で満たして放射線を遮蔽(しゃへい)することが必須。
そのためには、原子炉建屋の汚染マップを作り、放射性物質を取り除く必要がある」と指摘する。

東電は燃料取り出し時期は明らかにしていないが、岡本教授は「少なくとも10年はかかるだろう」と推測する。
【足立旬子、中西拓司】


溶けた燃料取り出し 工程示す
NHK 9月1日 11時19分



東京電力は、福島第一原子力発電所の事故収束後の廃炉に向けて、
格納容器を修理してから全体を水で満たしたうえ、
遠隔操作のロボットで溶けた燃料を取り出すとした作業工程を初めて示しました。

福島第一原発の廃炉に向けた作業を検討をしている原子力委員会の専門部会で、
先月31日に東京電力が初めて示した作業工程によりますと、

原子炉やその外の格納容器にある溶けた燃料を回収する作業は9つの段階に分かれています。
最初の3段階では、原子炉建屋内の放射性物質を取り除いたあと、
格納容器の水漏れが起きている部分を調べ、修理します。
続いて、格納容器の中に水を張り、カメラを使って燃料がどの程度原子炉から漏れ出したかを調べ、
最後に格納容器全体を水で満たし、遠隔操作のロボットを使って燃料を取り出すとなっています。

作業のうち、原子炉の外に漏れ出した燃料の回収は、
同じく燃料が溶けた1979年のアメリカ・スリーマイル島原発事故を含め世界でも例がないうえ、
高い放射線量の対策や高性能のロボットの開発など多くの課題が残されています。
専門部会の委員からは「国内外の知見を結集しないと必要な技術開発は難しい」とか
「ほかの原発で試験が必要だ」などの意見が相次ぎました。
原子力委員会は、来年1月までに、廃炉の工程表をまとめることにしています。

汚染灰、セメントで固め埋め立て=10万ベクレル以下の処分方法-環境省
(2011/08/31-18:55)

環境省は31日、
東京電力福島第1原発事故で放射性物質が付着したがれきやごみの焼却灰のうち、
自治体にこれまで一時保管を求めていた放射性セシウム濃度が
1キロ当たり8000ベクレル超~10万ベクレルのものに関する処分方法を発表した。

雨水など水との接触でセシウムが流出しないよう、
セメントで固めた上で既存の最終処分場で埋め立てるとしている。
 
セメントで固めた焼却灰は、
▽水を通しにくい層で周囲と隔離
▽鉄筋コンクリートなどの容器に入れる
▽屋根付き処分場の利用-のいずれかの対策を講じて埋め立てる。
埋め立て場所についても、建物への利用を制限するなどして長期的に管理する。

同省によると、
セシウムが問題ないレベルまで低下するには、数十年~100年以上にわたる管理が必要になるという。


ーおまけー

20110709 福島第一原発 解体・撤去まで数十年に及ぶ 投稿者 PMG5

続きを読むに内容書き出しました

続きを読む

サンマが食べたい。魚の汚染は大丈夫?


魚が大好きなのに、最近、ちょっと恐くて、
買おうかどうしようか悩む日々。
JBpressに参考にしたい記事がありましたので
これは、自分で何時でもチェックできるように転記しておきます。

水産物が摂取した放射性物質の行方
太平洋に広がる放射能汚染水

2011.09.02(Fri) 秦 千里

秋は、サンマ、サバ、イワシなどの回遊魚が旬を迎える季節。しかし、今年は、
福島第一原子力発電所の事故による水産物への放射性物質の影響を心配している人もいることだろう。

海外各国は、日本以上に日本の水産物に厳しい目を向けている。
8月11日、EUの欧州委員会が、福島第一原子力発電所事故を受けて、
日本から水産物を輸入する際に、放射性物質の検査を強化するようEU各国に勧告したことが分かった。

さらに欧州委員会は、
日本以外の国が日本近海を中心とする海域で漁獲した水産物も検査対象とし
回遊性の高い魚については遠洋で獲った場合でも厳密に検査を行うのが妥当、という判断をした。

日本近海の水産物に神経をとがらせているのは、EUだけではない。
農林水産省がまとめた「諸外国・地域の規制措置」 によると、
8月26日時点で、中国は、福島周辺の10県で獲れた水産物を輸入停止とし、
それ以外の県で捕れた水産物も、政府が作成した検査証明書および産地証明書などを要求している。
また、米国も、日本から輸入した水産物についてサンプル検査を行っている。

国内でも、水産物の放射性物質の調査が行われている。
ただし、北海道から神奈川県に至る10都道府県に限られており、
また、出荷制限の基準となる暫定規制値を設けている。
「とにかく受け入れることを禁止する」といったような措置は、もちろん取られていない。

EUや中国が、日本近海という広域にわたって検査対象としている点から、
他国が日本より厳しい措置を取っていることが分かる。
世界は、高濃度の放射性物質を含む水が海に放出されたことを強く警戒しているのだ。

太平洋のセシウム137濃度は最大で平常時の14倍に

確かに、今回のように、大量かつ高濃度の放射能汚染水が海洋に放出された例はかつてない。
チェルノブイリの原発事故では、大気や土壌に放出された放射性物質が徐々に海に移動していったが、
福島第一原発事故では、直接、海に放射性物質が放出された。

福島第一原発2号機のタービン建屋の地下階に溜まっていた
高濃度の放射性物質を含む汚染水の流出を回避するため、
この高濃度汚染水を集中廃棄物処理施設に移す必要が生じた。
そこで、もともとここに溜まっていた低濃度の放射性物質を含む約1万トンの汚染水を
4月4日から10日まで海に排出した。

しかし実際には
4月2日から6日にかけて、2号機に溜まっていた約520トンの高濃度汚染水も海に漏れ出ていた
この汚染水の濃度は、1年間に外部への放出が認められる濃度基準の2万5000倍に相当し、
このことが事態を深刻化させた。

この先は続きを読む

続きを読む

おめでとぉ~!山下俊一氏がん大賞受賞(世の中狂ってる)

朝日がん大賞に山下俊一さん 被曝医療に貢献
asahi.com 2011年9月1日6時0分


日本対がん協会(垣添忠生会長)は、
今年度の朝日がん大賞と対がん協会賞の受賞者を1日付で発表した。

大賞には
長崎大学大学院教授で、7月に福島県立医科大学副学長に就任した山下俊一さん(59)が選ばれた。

チェルノブイリ原発事故後の子どもの甲状腺がんの診断、治療や
福島第一原発事故による福島県民の健康調査や被曝(ひばく)医療への取り組みが評価された。
2日に鹿児島市である「がん征圧全国大会」で表彰する。

日本対がん協会賞を受賞した個人と団体は次の通り。(敬称略)
【個人】医療法人西山医院理事長、西山順三(72)▽神奈川県予防医学協会常務理事、井出研(80)▽青森県総合健診センター前理事長、吉田豊(81)▽結核予防会放射線技師協議会顧問、赤松暁(70)▽鹿児島県医師会前会長、米盛学(78)▽町立辰野総合病院前院長・元長野県医師会消化器検診検討委員長、松崎廉(69)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

授賞理由の一つ「福島県民の健康調査や被曝(ひばく)医療への取り組み」

「笑っていれば、放射能を浴びてもがんにならないから大丈夫」
「100ミリシーベルトまでは妊婦も幼児も絶対に平気。問題なし」と言い
避難する時期を大幅に遅らせ、何も知らない市民の被曝を増やした

そして今、一人ひとりに線量計を持たせ
これから始まる世紀の大実験に彼の胸は躍っている事だろう


福島県立医学大学の入学式では
「放射線による健康への影響は一般的に正しく理解されていないのが現状で、正しい知識を身につけてほしい」
と述べたうえで、
「この大学で学ぶ君たちは、放射線について世界一の学識を身につけ、医療の現場で実践してほしい」

確かに、取り組みましたね。
政府のために、学者の研究のために・・

避けられたかもしれない被ばくもさせ
しなくていい分の被ばくも受けたかもしれない

山下氏は御用学者の中で最も素晴らしい成績です
受賞おめでとッ!ヾ(*`Д´*ハ)'`゚チ'`゚チ゚




最近の海外でのインタビュー(ドイツのシュピーゲル誌)
山下俊一氏
「100mSvでも大丈夫だから心配いらない、などとは言っていません」
←嘘付きΣ(♛♛)



っていうか・・
朝日がん大賞ってことは・・・朝日
神経疑っちゃう・・・



早速、新設原発早期着工を求める敦賀市河瀬市長


野田新政権に期待感高まって
原子力発電大好きな知事さん達の動きが活発化してますね。
期待感膨らむ野田政権
こっちには・・・やり場のない怒りが生まれてくる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


敦賀市長、新設原発の早期着工要請へ
日本経済新聞2011/9/1 0:11



福井県敦賀市の河瀬一治市長は31日の定例記者会見で、
同市で計画されている日本原子力発電の敦賀原子力発電所3、4号機の本体工事について
「原子力が当面果たす役割を考えると、
現時点で運転開始から30~40年を超える原子炉を(最新の炉で)置き換えていく必要がある」と述べ、

早期着工を求めていくことを改めて強調した。

東京電力福島第1原発事故を受け、敦賀原発3、4号機の今年度中の着工が危ぶまれている。

河瀬市長は、国のエネルギー政策の見直しによっては
存廃も議論の対象になりうる高速増殖炉「もんじゅ」(敦賀市)に関しても
資源のない国として研究を進めてきた。ここで断念するのはいかがなものか」と疑問を呈し
国に存続を訴えていくことを明らかにした。

野田佳彦新首相による新政権に対して
「菅政権時代、電源立地地域は振り回された。
新政権には立地地域に光が見えるような政権運営をしてほしい」と注文した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

放射性廃棄物の処理もできず、
福一からは今でも放射性物資るが出ているのに・・


今ある古い原発をきちんと廃炉に出来てから
新設の事は話して欲しいと思います

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



河瀬一治(かわせ かずはる)
1951年(昭和26年)10月12日 – は、日本の政治家。
1983年4月より敦賀市議会議員を2期つとめた後、福井県議会議員(1期)を経て1995年4月より敦賀市長(現職)。
全国原子力発電所所在市町村協議会会長。
市長就任後、政府からの原子力発電関係の交付金を利用して
「リラ・ポート」(温泉施設)などの豪華な施設をつくってきたが、
維持費がかさんで財政的な負担が生じているという意見もある。




敦賀市長河瀬一治氏5選をうけて調べてみた。


驚愕の真実。原発と金。
高木孝一前敦賀市長の講演内容:一部抜粋
例えば敦賀の場合、敦賀2号機のカネが7年間で42億入ってくる。
三法のカネが7年間でそれだけ入ってくる。
それに「もんじゅ」がございますと、出力は低いですが、その危険性……
うん、いやまあ、建設費はかかりますので、
建設費と比較検討しますと入ってくるカネが60数億円になろうかと思っておるわけでございます…
……えー、その代わりに100年経って片輪が生まれてくるやら、
50後に生まれた子供が全部片輪になるやら、それはわかりませんよ。
わかりませんけど、今の段階では(原発を)おやりになった方がよいのではなかろうか…。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

期待感・・・ (;´@へ@`)・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「菅氏とは違う」立地自治体、原発推進に期待感

2011年8月31日 読売新聞


国会で30日、新首相に指名された民主党の野田代表。山積する課題の中で、とりわけ
青森県関係者が注視するのが原子力政策と東日本大震災からの復旧復興策だ。
菅首相の発言に振り回されただけに期待が集まる一方、不安の声も上がる。

「原発についてどういう考えを持っているか分からないが、
トップとしてきちんとした方向を示し、自信を持って政策を展開してほしい」

大間原発を抱える大間町の金沢満春町長は同日、役場内で記者団の取材に答え、
原発推進への期待感をにじませた

東京電力福島第一原発事故の影響で大間原発は建設工事が約4割進んだところで中断。
地元経済界を中心に再開を求める声が大きくなっているからだ。

野田氏は今月発売の月刊誌「文芸春秋」に寄稿した事実上の政権構想で、
原子力政策について、
「原発の依存度を減らす方向を目指しながらも、
少なくとも2030年までは、一定割合は既存の発電所を活用することが現実的」と明記し、
菅氏の「脱原発」路線からの転換を打ち出した

それだけに立地自治体の期待も膨らむ

また、定期点検中の原発の再稼働について野田氏は、
「政府には電力を安定的に供給する体制を作る責任がある。
安全性を徹底的に検証した原発は再稼働に向けて努力することが最善の策」と前向きな姿勢を示す。
県内事業者の1人
脱原発を掲げた菅氏との違いは明らか。とにかくぶれずにやってもらいたい」と語る。

ただ、野田氏は核燃料サイクル政策のあり方や個別の原発については言及していない。

サイクル政策の基幹施設である
使用済み核燃料再処理工場(六ヶ所村)の事業者日本原燃は29日夕、
「エネルギー政策は国家の行方を左右する重要な課題であり、
エネルギー資源をほとんど持たない我が国の現状を踏まえて十分に議論を尽くしていただきたい」
とするコメントを発表した。
同社が首相就任に合わてコメントを発表するのはまれ
サイクル政策が今後、議論の俎上(そじょう)になることを見越して、けん制した格好だ。

一方、反対派からは不安の声が漏れる。
浅石紘爾・核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団代表は
「野田氏の原子力政策はあまり聞いていない。不安と期待が半々」と率直に語る。
その上で、「菅政権時代に脱原発の方向性が定まった。
その方向性をふまえた上で国の原子力政策の舵取りをしてもらいたい」と注文を付けた。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。