ありがとう(。◡ .◕)♡ひとりごとです。わたし、今、怒ってます

私は強くないです
ただ、最近怒ってます
政治とメディアと他の全てに

私の気持ちを無視して
日本が勝手に動く

そっれってないだろーʅ( ~⊖◝)ʃ

こんな気持ちは私だけかと思ったけど
そんな事はないことが分かってきた

あのね、
このブログ最近辛口なのに
否定的なコメントがないです

それも嬉しい~❤

ま、それほどのアクセスもないんだろうから、ww

私は、今まで自分の好きなことをして生きてきた
沢山旅行もしたし
食べたいものはなんだって食べてきた
何の心配も無く、生きてきた

私は東京に住んでいるから
福島に住んでいる方々の苦悩は正直言って100%は理解していないかもしれない

だけど、
もしも・・・って考えた
何度も311以降考えた

ここに原発があって、とんでもない数値なのに避難指示が出ない
果たして私は逃げることが出来るのだろうか?
全く知らない土地に行くことが出来るのだろうか?
今まで築いてきた全てを捨てることが出来るだろうか?

答は半年経ってもまだ出ない

普通に、つつましく、真面目に生きてきた人間が
原発の事故で何もかも無くす

この事実を目の当たりにしても
いまだに原発を稼働するとか
放射能は平気という人々

理解できない

そして、鉢呂大臣が辞表出したと
たった今速報が流れ、野田総理が受理した

野田!!指名したのはアンタだろー!!!がw

おめでとーおめでと(*^ー^*)∠※Pan!!。・:*:・推進派の皆様

そして国民は深い闇に入ってく

メディアの反省はない。
とがめる報道も無い
そして、国民は騙される

騙すなよ!!
 ←最初に言ったけど怒ってます(╬◣д◢)

スポンサーサイト

武田邦彦先生の言うとおり!食品のベクレル表示は必須と思う。

今日も武田邦彦先生のブログをそのまま転記しちゃう(○`ε´○)ノおぅ♪
だって、本当にその通りだと思うから。
間に色変えて私の思いをつぶやきます。


ベクレル表示さえすれば東北の農家は助かるのに

東北の農作物や酪農品の90%以上は汚染されていません。
しかし、販売店で「東北産」とか「岩手産」と表記されていれば、
消費者はイチかバチか「汚染されていないだろう」として買うことはできないのです。

 きーこ:そうなんです。買えないんです。何を買ったらいいかが分からなくなるんです。で、結局買わない

日本は乳幼児死亡率がとても低い国として知られていますが、それは「日本のお母さん」が日頃から、
全力をあげて子供の食事、健康、ちょっとした変化に気を配っているからに他なりません。
私たちは日本のお母さんが一所懸命にお子さんを育ててくれるからこそ、
国の繁栄があることを知らなければならないのです。

 きーこ:子どもが元気に育たなければ日本の未来はないもの。

そんなお母さんがお子さんに食べさせるのに、「イチカバチ」などということをするはずもないのです。

 きーこ: 人の命は賭けごとでは守れません

仮に、流通などの人が東北の農作物などのベクレルを表示してくれれば、
お母さんは「東北」だろうが、「福島」だろうが、安全なものは安全なものとして買うことができます。
しかし、宮城県の知事は「どうせ、庶民はベクレルなどわからないから、
安全だという」という趣旨の発言をされていますが、
このような発言は「宮城産」の農作物に対する不信感を増すばかりでしょう
(最初の原稿で宮城と岩手を間違えました)。

 きーこ:(。・∀・ ハ)'`゚チ'`゚チ゚その通りです。

そして、日本政府が、アメリカが170ベクレル(全部の放射性物質、1キロ)なのに対して
日本が2500ベクレル(セシウム+ヨウ素、1キロ)というようなとんでもなく高い基準値を決めなければ、
さらに不信感は減るでしょう。

きーこ:ハイ!基準値のせいでますます購入をためらいます

「東北産」、「岩手産」、「福島産」と言っている限りは、
「秋田産」も「会津(福島)産」も同じように「汚染されている可能性があるから買えない」という状態が続いてしまいます。
政府には関係なく前向きの態度を望みます。
東京にある「外人向け」のスーパーはすべてベクレル表示がついています。
外人は具体的な安全を求めているからで、誤魔化そうとしなければ表示は可能なのです。

 きーこ:全ての食品に表示していただきたいと私も思っています。その中から自由に選びたい


(平成23年9月10日) 武田邦彦

ーーーーーーーーーーーーー

風評被害というのは
安全なものなのに消費者が避けて買わない事ですよね
安全かどうかわからないのに一か八かで命かけて食べることが出来ないから
今現在は地域で選ぶしか消費者には選択肢がないのです
武田先生がおっしゃるように、
全てをきちんと調べてくれて、どのくらいのものが入っているのかが分かれば
消費者がそれなりに考えて購入できるんだと思います。


鉢呂大臣にメールしました

鉢呂大臣のメルアドです
info@tsukuru.org

2011年9月10日19:11 kiiko

私は政治の事はあまり分かりませんでしたが
原発事故後、自分なりに勉強してきました
いま、私は官僚や電力会社にも怒りを感じていますが
今回の死の町と放射能をつける等のメディアの報道体制に強い怒りを感じています
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-807.html
こちらに、今日の国民の声を一部ですが載せました。
みんなが応援しています
負けないでください
そして、足元をすくわれないよう、より一層の注意と経産省の幹部に注意していただきたいと思っています
福島に住んでいる方も鉢呂大臣の「死の町」という言葉に感謝していました
国民を守って下さい
お願いいたします

と、メールしてみました

菅総理の二の舞にならないように
そして、今何が一番大切なのかを政治家に知ってもらうために

このまんまにしていたら
日本は破滅する
そんな気がする今日この頃・・・・・・・・・


本心はね、野田総理も鉢呂大臣もどこまで国民の事を考えているのかは
(。◔‸◔。)??と・・・いくらでもハテナ??が付きます。
だけど、何とか変えて欲しい
それだけの気持ちです

鉢呂大臣・「死の町」&「放射能つける」問題に国民の声届けたい。

メディアが狂ってしまったようです(もっと昔から?)
真実ではない事をオーバーに報道して
誰の差し金か、何の策略か
また、一人の大臣を引きずり降ろそうとしている

ねねっ
そんなことしている場合じゃないでしょ
こんなことに時間と労力を使っている場合じゃないでしょッ d(>‿<。)!

台風の大雨で和歌山の方も大変だし
半年も経つのに、住民を平気でほったらかしにして
やらなきゃいけない事はいっぱいあるのに

メディアよ
を覚ませ!!
       (✪ื✪ื)

東電と政府と原子力村が悪だと思っていたけど、
日本を悪くしている一番の巨悪は
民放テレビと大手新聞だって事が鉢呂氏の一件でわかっちゃった。


今日はこの件に関するツイートばかり
一部、ほんの一部転記します
これは、普通に生きている国民の心の底からの声だと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーー

「放射能つける??」

鉢呂大臣の発言に対して自民党の大島副総裁は「深く反省しなければいけない」と言ったそうだ。福島を「死の町」に追いやった遠因は自民党にもあったことを思えば「深く反省しなければいけない」のは自民党そのものではないのか。

鉢呂発言は捏造報道だと確信する。本当ならたった一言がこんなに違うはずがない。読売「ほら放射能」、朝日「放射能をつけちゃうぞ」、毎日「放射能をつけたぞ」、日経「放射能をつけてやろうか」、産経「放射能をうつしてやる」、FNN「放射能を分けてやるよ」

随分、状況が違うんじゃないか?記者「大臣(作業服)着替えてないんですか」⇒大臣「今福島から戻ったばかりだ、そんな暇ないよ」⇒記者「じゃ福島の放射能ついたままですか」⇒大臣やや怒って、一歩近づいて「それがどうした? 放射能つけてやろうか?」

鉢呂さん放射能発言。何て言ったかは各紙バラバラ。本人も「言ってないと思う」と言ってる。しかもはっきりと「除染をしなければ」と言ったと記事にも書いてある。この話はこれでもう終わりじゃないのか。むしろ、新聞各紙が一斉に不確定報道をした事を一面で謝罪すべきだ。

よーく、読んで下さい。「放射能つけたぞ」なんて言ってない。悪質なデマ報道に新聞社としての資質が問われそうだ。http://twitpic.com/6im03n via @twitpic

【新聞記者の伝言ゲームすごい】「放射能つけちゃうぞ」(時事)、「放射能をつけたぞ」(朝日)(毎日)「放射能をうつしてやる」(産経)「ほら、放射能」(読売) 鉢呂経産相、正確には何といったのか誰も知らない

どの社のどの記者だ? RT @: 同意。意地悪な記者にはめられたとしか思えない。 RT @: 「死の街」発言へのバッシングは、鉢呂経産相が「原発は将来ゼロになる」と言ったことが根底にある。「放射能つけてやろうか」は記者にハメられた感さえある。

毎日新聞もよく読むと「なすりつける仕草」だって(大笑)鉢呂大臣の頭上の吹き出しに「放射能つけるぞ」「放射能つけられた」記者には見えた。妄想記者

やはり、そうだったんですね。手段を選ばず。この記者にやらせた新聞社が問題です。徹底的に追及して謝罪させたい。RT@: 記者のほうが「福島から帰って着替えてない放射能ついた服のままなんですね」って一方的な会話をしたのに受け答えただけ。この記者を徹底的に叩きたい。



「死の町」

親が福島にいる。人口は減り、近所の子供の笑い声もしなくなった。「住んでいい場所じゃないのに、政府は被害を小さく偽りたいから、危険といわない」と、親はいう。死の街?そのくらい悲惨だよ。むしろ代弁してくれて感謝だよ。悲惨な現実を直視するからこそ、対策がうまれる。福島の真実を見てくれ。

私の友人は福島にとどまっている。彼は“現実を見て事実として死の町と経産大臣として認め発言してくれた!期待している”と言った!何を大切にしようとしているか?発言や行動でわかる!負けないで欲しい!

死の街発言。。地元の方々の感情論としての怒りはそれなりの理解も出来ますが、放射能に汚染され、立入りを制限され、人間が避難し、経済活動が止まり、建物だけが残る街を、そう表現する事が間違っているとは思えません。論点すり換え気配ありだ。

『死の町』発言を責めるのは、例えば瀕死の患者さんを『瀕死だ』と言ったら『失礼な!元気だと言え』と怒られるのと同じくらい変な話だと思う。言葉だけ『元気だ』と言うのでなく、求められるのは瀕死の状態を改善するべく全力で治療にあたること。本質をすり替えてまた現実に蓋をするつもりか。

「死の町」にしてしまった東京電力の責任を一切追及することなく、原発が破局事故を起こした際の印象を率直に述べた人間を糾弾しているのだから、本末転倒も甚だしい――「鉢呂叩き」という情報操作

鉢呂経産相へのマスメディア総攻撃は、ある意味想定内。原発消極派、TPP慎重派なのだから。辞任に持ち込むためのネタを鵜の目鷹の目で探していた。それにしては鉢呂大臣、無邪気すぎる。小沢一郎への弾圧から学ばない政治家は、良いことをカタコト言った途端に潰される。

死の町。戦前「負けている」と本当の事を言えばどうなったか。マスコミの対応に戦前を思い出す。そういえば軍歌を作ったりして戦争をもりあげたのは今もある新聞社だったらしい。

というか事実がなんであれ毎日の鉢呂経産大臣の報道はもう文章からして正確でない上におかしい。仮にも新聞記事としては恥ずかしいほど稚拙な文章だ。もっとも震災前から毎日の記事やコラムは的外れで稚拙なものが多かった。震災後心を入れ替えたのかと思ったが、記者の質はそう簡単に上がらないよね。

人が住めない街はゴーストタウンと言う。福島県内には、人が住めない、農作物を収穫できなくなった街がある。これは確かに「死の街」だ。人が住む街を死の街にしたのは歴代政権と東電である。叩くべきは、歴代政権を造った勢力、東電、原発から撤退の意思を示さない現行政権の政治姿勢である。

故郷を「死の町」と言われた人の悔しさは計り知れないが、チェルノブイリ同様、大事故を起こした近辺の町が住めなくなるのは受け入れなければいけない。怒りの矛先は「死の町」と言った人ではなく、それをもたらした政府と産業、それを認めず虚ろな希望を与え続けている人間たちに向けねばならない。

原発は将来的にゼロになると明言した鉢呂経産相が、「死の町」発言で物議を醸しているが、福島浜通りを死の町に追いやったのは原発推進派であり、そこが最も糾弾されるべきなのに、反原発派をさっさと降ろしてしまおうという意図が見え見えでうんざりする。

鉢呂 経産相の第一原発の視察後に「市街地は人っ子一人いない、まさに死の町という形だった」という発言のどこが問題なんだろうか?辞任に追い込む政治家とメディアが原発マフィアの手先とわかりやすい。チェックしよう。

少しは真剣に考えてみよ。「残念ながら、周辺の町村の市街地は人っ子一人いない。まさに死の町という形だった」という鉢呂経産相の発言に<本当に>問題があるか?「不穏当な発言ですね。謝罪して、訂正してほしいと思います」という野田総理の、いかにも物分かりの良さそうな発言こそが軽すぎるのだ。

鉢呂経産相が福島原発周辺を死の町と評し反発を受けているが、日大講師小澤祥司氏は「第1原発近くは除染しない場合は最低200年は住めなくなる。除染には20~30年かかり…」と言っている。確かに第1原発周辺は人も生き物も住めない死の町。

「死の街フクシマ」発言の鉢呂大臣より、「避難区域指定を解除」しようとする細野大臣のほうが悪魔だと思う方は、公式RTおねがいします☆」



総合

【要確認】 鉢呂氏批判の急先鋒 自民党 大島理森 副総裁は「社団法人 原子燃料政策研究会」の理事に就任中  http://t.co/ynp3t2z  (役員名簿) http://t.co/zYzkYOA (事業内容)

「鉢呂経産相、進退問題」の真相。 要は原発に反対する経産大臣を、民主党と自民党と記者クラブメディアが引きずり降ろしたいだけ。

「死の街」発言へのバッシングは、鉢呂経産相が「原発は将来ゼロになる」と言ったことが根底にある。「放射能つけてやろうか」は記者にハメられた感さえある。

何故?前原誠司の武器発言をマスコミは大きく報道しないのか?これこそ一面トップだろうに!真実を報道しないマスコミ。

鉢呂経産相の「死の街」や「放射能つけちゃう」発言をマスコミが書き立てるが、最初の「原発を無くす」発言でマスコミの敵になったからだろうな。

今回の自民党やらメディアの鉢呂に対する「イチャモン」は、ほとんど公安の「転び公妨」のレベルなんじゃないかと思う。転び公妨とは、警察がパクろうと目を付けていた相手のまえで勝手に転んで、「倒された」「暴力を振るわれた」と言い掛かりをつけて相手を逮捕する手法。

原発(維持・促進)体制は、メディアも含んだ強固な権力スクラムだ。彼らは「脱原発」の流れをあらゆる手段で頓挫させようとするだろう。鉢呂大臣に対するこんな「揚げ足取り」まで利用して。

鉢呂経産相がTPPがらみで狙われ、脱原発明言で狙われるというのは考えなければならない。与党として無責任だった自民党が、野党になってなおいっそう無責任に個人攻撃しているように感じる。

鉢呂さんの悪ふざけなんて、どうでもいいじゃん。もっと復興の本質議論すべき。


続きを読むにはメディアの報道見出しと中身の一部転記

続きを読む

古賀茂明氏「発送電分離に関して」(番組内容書き出しました)

たかじんのそこまで言って委員会7月31日放送
過去の放送ですが、内容が面白かったので最後まで文字起こししました

世の中の「力」大究明スペシャル7月31日放送

20110731 原発事故を機に電力行政は変わる... 投稿者 PMG5


司会
やしきたかじん、辛坊治郎
パネラー
三宅久之、武田邦彦、桂ざこば、勝谷誠彦、岸 博幸、宮崎哲弥
村田晃嗣、田万由子


世の中の「力」大究明スペシャル

究明するのは「電気の力」
東日本大震災以来続いている電力の危機の波が
今週ついに関西に拡大
関西電力管内への10%以上の節電要請が7月25日に始まった(7月31日放送)

これに対し大阪府の橋下知事は
「政府の節電要請と関電の要請と関西広域連合の節電要請が
これ、バラッバラに出てきて、ま、とにかく組織として今日本のね情勢機構は組織として体をなしていません」
と、電力会社への不信感をあらわに

今や日本人の生活になくてはならない電気の「力」
ところが福島の原発事故によって国や霞が関と電気関連企業との癒着構造や
それによって外国と比べ割高な電気代を払わされている事等
不透明な電力行政の一端が明らかになってきた

そんな中、15年も前から電力業界の利権を打破する新しい電力システムを提案していた男に注目が集まっている
異端の現役官僚、経済産業省大臣官房付 古賀茂明氏
電力行政を担う経産省の幹部でありながら
いち早く東京電力の処理案を発表し、民主党政権の裏側や、官僚支配の実態を実名で告発し続ける古賀氏だが
彼は規制緩和担当だった1996年
パリのOECD会合の席で電力自由化とその具体策として発送電分離を提案していた


古賀氏の言う発送電分離とは
各地域に一つだけ認められた電力会社が独占的に電気を作って送っている現在の仕組みを止め
送電会社と発電会社に分けたうえで、発電に関しては新規参入を認め
国民が多くの電力会社の中から自由に選べるようにするというもの。

実は海外ではすでに導入され、電力価格の引き下げや自然エネルギー発電の進歩など
多くのメリットが生まれているという

実は日本でも古賀氏の提案直後かなり真剣に議論されたが
その後何故か急速に縮小
そして、発案者の古賀氏は様々な部署をたらいまわしにされた揚句
ついに海江田大臣から「退職届を書くように」と勧告される立場に追いやられてしまったのだ

エリート官僚だった古賀氏がこれほどまでに冷遇される理由とは?一体何なのか
そして、今も主張し続ける発送電分離のメリットとは?
さらに、迷走を続ける電力行政はこれからどうなっていくのか?
この後スタジオで現役経産官僚の古賀氏が
電気の「力」の裏側を赤裸々に語ります。

そこでみなさんに質問です
あなたが電力行政に詳しい古賀茂明さんに聞きたい事はなんですか?

たかじん:
はい、それではご紹介しましょう
経済産業省の現役官僚でいらっしゃいます古賀茂明さんでーす


続きを読むに番組内容を最後まで書き出しました

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。