映画『あしたが消える どうして原発?』特別映像田中三彦氏(内容書き出し)


映画『あしたが消える どうして原発?』特別映像



1988年6月
福島第一原発4号炉の欠陥が告発された
その欠陥は15年前の製造当時からありながら隠されていたのである。
当時直接設計に携わった元原子炉設計技師田中三彦さんは
今も運転し続ける危険性について、ついに告発に踏み切ったのである

田中三彦さん(元原子炉設計技師):
後遺症というのはどういう事なのかと言うと
原子炉圧力容器というのはこう、高さが20メートル位でですね
あの場合は5メートル半ぐらいの鉄で出来ている円筒形のものです
それが心臓部で、その核分裂が起こる
その容器を製作中にですね
それは丸くなければいけないんですね、断面が
その所が潰れてしまったという
で、潰れたというのは大げさな表現かもしれないけれども、
楕円形になっていった事は事実ですね

で、その楕円形のままだと、品物としては合格しないので
それで、中にジャッキ。
自動車を持ち上げたりするジャッキがあります。
あれと同じジャッキで、中に入れて、
それが一本200トン位まで、
200トンっていうと大きいですね。ビル一つ持ちあがっちゃうとか、そういうのを
それを数本入れましてね、
一応、丸くなおす。

その丸くなおす時にいろんな仕掛けがありまして
高い温度にしてですね、それで、直していくんですけれども、
特に、そういうジャッキが当たった部分。数カ所の鉄というのはある種の後遺症を負ったに違いない
で、その後遺症というのは、老朽化していった時になんかの形で現れてくる可能性があって
それは、必ず壊れるという事ではないかもしれないけれども、
その評価が出来ないまま当時は直したし、
評価されないまま今動いているから
そういう事は、危ないのでね。
特に、たとえば、そういう一つの老朽化現象というので機械というのは突然壊れる訳です。


ナレーション:
今年、89年1月、福島第二原発3号炉で重大な事故が起こった
再循環ポンプの重さ100キロもある部品が脱落し、ポンプ内のあちこちを傷つけ炉心に流れ込んだ。

電力会社は半年前から、そういう事故が起こりうることを知りながら運転を続けていた

田中三彦:
あの事故の一番の要因は、溶接部の溶接が悪かったとか、そういう事ではないんだと思うんですね
原因というのは、やっぱり、電力会社とか国がいつも言っている「多重防護」だとかですね、
それから、「二重三重の安全機構が働くから、原発というのは多少異常なことが起こっても大丈夫なんだ」
という事を何時も強調している
ところが、二重三重の安全機構というのがいくつか働いるんです。確かにね
アラームが鳴っているとか
中央操作室で運転をしている部屋ですね。そういう所で警報が出ていたりするんです
そういうアラームが出ているのにもかかわらずね、
最終的には人間の判断のシステムの中にそれが入らない
で、結局定期検査である1月7日に向けてですね、運転を継続していって
それで、止めてみたらばああいうことになっていたと。
機械というのは壊れる訳です。
だから、永久に壊れないように物が作られているんじゃ無くて
壊れるという事は必ずあるわけで、それは、原発というものには逃れられない事
ああいう事故を起こしてしまった事は、溶接部では無くて
アラームを無視する構造とかね、そういう電力会社の体質とか
そういう事が反映されてあそこにいったんだという事を
よく考えないといけないと思うんだけど、

どんなメーカーでもね
原発を造るというのは2年とか3年
圧力容器だけでも2年とか3年かかるんです
全プラントでは6~7年かかっているんです

この中でね、
電力会社に知られたくない事
国に知られたくない事がね、発生しないと考える方がおかしいんでね

たとえば、僕が会社に入った頃の新米の時に、比較的忘れられない話として言えばね
えー、ま、名前は出さない方がいいと思うけれど

「あそこの原発が壊れたらば、俺は、すぐ『あそこの部分だ』と、思い当るところがある」と言った作業員(技術屋)がね、
当時いましたけれどね
そういうものだと思うんですね
だから、製造部も設計部も胸に手を当ててよく考えればですね
意図的にやったかどうかはそれは別ですけれども
「病むにやまれず内緒にしておる」ですね、トラブルがあったという事は
それは無い方がおかしいんであってね

設計だって製造だってみんなそれはある

大きさの問題で言うと
福島4号は非常に大きい問題であったとは思いますけどね




「原発」考える映画 今池で来月
asahi.com 2011年09月27日

k4.jpg
「あしたが消える どうして原発?」から=名古屋シネマテーク提供

●22年前の記録上映

原子力発電の安全性を問いかけた22年前の自主制作ドキュメンタリー映画
「あしたが消える どうして原発?」(1989年)を、
名古屋市千種区今池1丁目の名古屋シネマテークが10月1日から上映する。
 
映画は1988年5月に朝日新聞が掲載した仙台市の主婦の投稿をきっかけに生まれた。
見出しは「『安全な』原発と父の死」。

20年にわたって原発の仕事をしていた父親を骨のがんで失い、死因と原発の関係を疑いながら、
「原発は二重三重の安全装置がある。絶対安全だ」と話していた父親を振り返る内容だった。
 
当時、チェルノブイリ原発事故から2年。
「安全神話」を問い直す必要を感じていた30代の映画プロデューサーらが、
投稿した主婦の話を軸に、自己資金で映画を撮ることを決めた。
 
宮城、福島、福井、愛媛の原発を主婦と訪ね歩き、55分の作品にまとめた。
福島第一原発の設計にかかわった技術者や、炉心近くで働く労働者のインタビューが盛り込んである。
「安全神話」をめぐる「当事者ならではの不安」を伝える仕上がりだ。
 
映画は当時、反原発を訴える市民団体などが集会で上映した。
しかし、配給ルートを持たない自主制作映画のため、幅広く公開されることはなかった。
 
制作を率先した平形則安さん(55)は
「原発の是非をみんなで考えるのが狙いだった。
結局は自分がどんなライフスタイルを選ぶかの問題なのだと思う。
足元を見つめ直す参考にしてもらえれば」と話す。
 
7日まで各日午後0時15分から上映。一般1200円。
問い合わせは名古屋シネマテーク(052・733・3959)。(佐藤雄二)



続きを読む

スポンサーサイト

龍ケ崎市の放射能測定機器(無料で検査)


【茨城】
生産者、市民の予約殺到 龍ケ崎市の放射能測定機器
東京新聞 2011年9月28日

PK2011092802100022_size0.jpg
連日フル回転の放射能測定機器=龍ケ崎市役所で


龍ケ崎市が導入した放射能測定機器が、
学校給食の食材のほか、生産者や市民が持ち込んだ農作物、採取した土壌などの測定で連日フル回転している。

小中学校や公立保育所、私立幼・保育園の給食食材は8月22日から市が測定。
農畜産物生産者や食品販売業者、市民の持ち込みによる測定は、今月5日から予約制で無料で始めた。

測定は一日平均20数件あり、予約は10月11日まで埋まっているという。
これまでの最高値は、暫定規制値(1キログラム当たり500ベクレル)に対し、
自家栽培のキウイフルーツの同71・5ベクレル(セシウム134、同137合計値)。
果物や野菜は平均2、30ベクレル台で米は全て不検出だった。

放射能測定機器は、飲み水や農畜産物の安全性に対する市民の不安を解消するために購入。
これだけの規模で実施しているのは県内で珍しいという。

対象は、
▽販売を目的とする農畜産物
▽家庭菜園の野菜や自家栽培の果樹
▽自宅敷地の土壌や井戸水-など。

スーパーなど小売店で購入した食品は対象外。
測定は平日のみ。午前中が市民、午後が給食食材と農畜産物生産者や販売業者。

給食食材や米の測定結果は、市ホームページ(HP)で公開している。
家庭菜園の野菜や自家栽培果樹なども測定依頼者の同意のうえで順次、市HPで公開する予定。

測定の予約申し込みは、希望日前日までに市農政課=電0297(60)1537=へ。 (坂入基之)

ーーーーーーーーーー

龍ケ崎市のホームページ
放射線情報

保育所および幼稚園で使用する給食食材の放射性物質測定状況

学校給食で使用する食材の放射性物質測定状況


上記の測定結果を見ると、食材ごとの生産地、検査品目の状態(皮を剥いたなど)が
ちゃんと表になって書かれていますので、食材を購入する時のとてもいい目安になると思いました。

一刻も早く、このような対策がどんどん進んで、
気軽に持って行って測ってもらえるような場所があちこちに出来ると良いですd(◕‿-。) ネ❤

群馬の汚染地図(文部科学省発表)


群馬県の汚染地図が公表されました。

セシウム飛散、250キロ以遠にも 群馬の汚染地図公表

TKY201109270722.jpg
図:セシウム134、137の蓄積量拡大セシウム134、137の蓄積量

文部科学省は27日、
航空機を使って測定した放射性セシウムの蓄積量について、群馬県の汚染マップを公表した。
東京電力福島第一原発事故によって飛散した汚染の帯が、250キロを超えて広がっていることが分かった。

8月23日~9月8日、県の防災ヘリコプターで測定した。
汚染度の高い地域の帯は、原発から北西60キロ付近まで延びた後、
南西に方向を変えて栃木県を越え、群馬県まで続いていた。

文科省によると、放射性物質を含んだ雲が山地に沿って風に運ばれ、
樹木や雨によって地上に沈着したと推測できるという。

放射性物質の量が半分になる半減期が30年のセシウム137で最も蓄積が多かったのは県北部。

原発から約180キロ離れたみどり市や桐生市などの山間部の一部で、
1平方メートルあたり10万~30万ベクレルにのぼった。
250キロ離れた長野県境の一部でも3万ベクレルを超えた

チェルノブイリ原発事故では3万7千ベクレル以上が「汚染地域」とされた。



続きを読むに文部科学省の報道発表資料を転記します

続きを読む

「セシウム」を取り込まないために「カリウム」を食べよう♪

食に関する規制値は高いままだし
はっきりとした数字も示されないまま
流通している食品にも大きな不安を感じてしまいます
最近は、今日の食事には「放射能ゼロ!」って言えなくなってきました
気を付けていたって、防御しきれなくなってきた今、
食べることに関して改めて考え直したいと思ったところ
この記事を見つけました(♛ฺܫ♛ฺ)☆彡

ただ、どこまで本当にカリウムでセシウムが排除されるかという
確たる証拠はまだ、発見されていないようです
なので、気休めかもしれません。
何にもしないよりいいのかな?ぐらいな気持ちで・・
疑いながら、各自の責任において試してみて下さい~(。◡ .◕)♡

ーーーーーーーーーー

女性自身の記事2011年07月26日 です
「カリウム食」で体内の放射性物質を排出できる!
わが子を内部被曝させない「放射能と食生活」



カリウム食で体内の放射能物質を排出できる!

「福島第一原発事故で、今、注意が必要な放射性物質は“セシウム”です」
そう警告するのは、中部大学の武田邦彦教授
全国でセシウム入り食品が見つかり消費者を恐がらせているが……。

「セシウムの半減期は30年と長く、人間の筋肉にまで入り込んでしまいます。
まずは体内に取り込まないよう気をつけましょう
そのためには、セシウムの入っていない食材を選ぶことです」

では、もしセシウムの含まれた食材を食べてしまったらどうしたらいいの?

「万が一体内に入ってしまったときは“カリウム”を摂ることです。
カリウムという栄養素は神経や筋肉を形成する栄養素ミネラルの一種です。
放射性セシウムが体内に取り込まれたときにカリウムが不足していると、
カリウムの代わりにセシウムが吸収されてしまいます。

大事なことは、日ごろからカリウム不足にならない生活を心がけること。
カリウムの含まれる食品をしっかり食べましょう。

また体は、
カリウムが不足しても約1日半の間は、放射性セシウムを栄養の代わりに吸収せずに待ってくれます
2日に一度、カリウム食品を食べることで、セシウムを筋肉に取り込まれるのを防ぐことができます」

カリウムを多く含む食品は?

「大豆や小豆などの豆類
わかめや昆布などの海藻類
バナナなど果物類
ジャガイモ、さつまいも、ビスタチオなどイモ類
他にもアボガドや、ココア、カレー粉、切干大根などにも多く含まれています」

武田教授の監修のもと、この夏、親子で作りたい、カリウムたっぷりのレシピを、
料理研究家のMeguさんに考案してもらった。
子供たちも大好きなカレーとケーキ、夏休みにぜひ一緒に作って親子で放射性物質を撃退しよう♪

ーーーーーーーーーーー記事はここまでーーーー

女性自身にこのような記事が載っていました
カリウム不足になっても身体が一日半セシウムを取り込まないで
待っていてくれるというのは嬉しいです

上記の食品の中で
絶対安全なのは、輸入品が多いバナナとアボガドかな?
アボガドは美肌にもいいと言うので一石二鳥ですd(◕‿-。) ネ❤
ピスタチオも大丈夫かな?

ということで・・


続きを読むには料理研究家のMeguさん考案レシピ」を転記します

続きを読む

たねまきJ「東電の体質・原子力政策大綱・お米の規制値」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)9/27

・東京電力の体質について
   黒塗りの書類は国家も出している
   東京電力霞が関出張所、天下り、天上がり
・原子力委員会というところが「原子力政策大綱の見直し」について
・福島で規制値と同じ500ベクレルのお米が出たことについて

9月27日火曜日 
京都大学原子炉実験所小出裕章助教に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]




<参考>

真っ黒の東京電力9月12日モーニングバード(内容書き出し・参考あり)

東京電力が国会に提出した資料
原発事故の原因究明のため、衆議院科学技術イノベーション推進特別委員会が
東京電力に提出を求めていたのが「非常時の事故対策マニュアル」
それは、「全電源喪失」等、重大事故発生時の対策が示されたもの。
しかし、東京電力はマニュアルの提出を拒否
かわりに東京電力が提出したのは12ページ中9ページが黒塗りされたもの
しかも、特別委員会が求めていた「重大事故マニュアル」ではなく「通常事故時のマニュアル」だったのだ

原発操作手順書、東電が再提出へ 黒塗り批判受け
保安院が命令

日本経済新聞 2011/9/27 12:11 (2011/9/27 22:34更新)

経済産業省の原子力安全・保安院は27日、
東京電力福島第1原子力発電所の事故時の運転操作手順書を提出するよう東電に命じたことを明らかにした。
手順書は原子炉が炉心溶融(メルトダウン)に至った過程を解明する手掛かりになるとみられる。

衆院の科学技術・イノベーション推進特別委員会が東電に提出を求めたが大部分が黒塗りされており、
東電の情報公開姿勢に批判が出ていた。

保安院は原子炉等規制法に基づき手順書の提出を求めた。
提出期限は1号機が27日、2、3号機は28日とした。

各号機とも
(1)異常事象が起きた場合
(2)原子炉の冷却水が減るなど深刻な事故の兆しがある場合
(3)過酷事故発生時――の3種類の手順書の提出を求める。
保安院は東電から提出を受けた手順書の内容を、10月中に衆院特別委に報告する。

東電は27日、1号機の手順書を保安院に提出したと発表した。
黒塗りなどの処理はしていないという。


東電社員の給与「公務員並みに」 経産相が言及
賠償請求書に「一切異議申し立てぬ」 東電、署名求める文言は削除へ

日本経済新聞2011/9/26 17:01

枝野幸男経済産業相は26日午後の衆院予算委員会で、
福島第1原子力発電所事故を巡り東京電力が作成した損害賠償の請求書類に関して
「合意書・示談書の中に『一切の異議・追加の請求を申し立てない』という文言があり、
それに署名をさせようとしている、署名をさせているとの情報が入った」ことを明らかにした。

そのうえで「その文言を削るよう、事務方に東電への申し入れを指示をしたが、
東電側から『もう印刷して配っている』との返事があった。
これから(被災者に)署名させないように対応するよう、副社長に伝える」との方針を示した。

書類作成を巡っては「(経産相に)就任した段階で危惧はあったが、
東電には今回の事故についての政府と同様の社会的責任を感じてもらえてないことがわかった。
形式的に民間企業なので、国が手取り足取り全部やることは想定していなかった。(
今後は)少なくとも、現行法上で最大限できる範囲内で直接的に東電の行動を監視していきたい」と述べた。

参考人として出席した東京電力(9501)の西沢俊夫社長は、文言について
「非常に誤解を招くという形もあるので削除の方向で見直す」との考えを示した。

 

ゆがむ原発行政(毎日新聞)・・絶句。

東京電力に「嘱託」などの肩書で在籍する天下り中央官僚が47人(8月末)に上ることが
24日、毎日新聞の調べで分かった。
次官OB向けの「顧問」ポストも加えれば50人を超え、
出身は所管の経済産業省から国土交通、外務、財務各省、警察庁、海上保安庁と多岐にわたる。
「天下り」でもたれ合ってきた霞が関と電力会社。
逆に電力会社に籍を残したまま、社員が非常勤の国家公務員として採用される「天上がり」も盛んに行われ、
行政との一体化の象徴となってきた。



「脱原発」が98% 原子力委への国民意見
産経ニュース 2011.9.27 11:42

国の原子力委員会(近藤駿介委員長)は27日、
東京電力福島第1原発事故で中断していた「原子力政策大綱」の見直しを議論する策定会議を半年ぶりに開き、
東京電力福島第1原発事故後、
同委に国民から寄せられた意見のうち98%が「脱原発」に賛成する意見だったことを明らかにした。

寄せられた原発に関する意見は、約4500件。う
ち「直ちに廃止すべきだ」が67%、
「段階的に廃止すべきだ」が31%で、計98%に達した。

理由としては、「環境への影響が大きい」「放射性廃棄物の問題が解決していない」などがあった。

近藤委員長は会議の冒頭で、
「原子力政策を決めることが使命。悩んだが、再開を決意した」と述べた
その後、東電や政府が事故の概要や住民避難の状況などについて説明した。

現行の大綱は、2005年に策定され、同委では昨年12月に改定に着手。
事故前までに5回の会議を開いた。今後1年をめどに、新大綱をとりまとめる。


コメの予備調査で500ベクレル 福島県、調査地点増やし監視
日本経済新聞 2011/9/23 22:55

福島県は23日、同県二本松市で実施した収穫前の一般米の予備調査で、
暫定規制値ちょうどの1キログラム当たり500ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。
県は二本松市を「重点調査区域」に指定、
収穫後の本調査では調査地点を当初予定の38から約300に増やし、監視を強化する。
重点区域指定の基準となる200ベクレル超えは全国で初めてとみられる。

今回は予備調査であり、暫定規制値を超えていないため、出荷自粛の対象とはならない。
本調査で500ベクレルを超えた場合は旧市町村エリアごとに出荷が制限される。

500ベクレルが検出されたのは、二本松市の旧小浜町で採取した「ひとめぼれ」の玄米で、
県内でこれまで実施した早場米や一般米では最も高い数値。
これまでの最高値は福島市の一般米予備調査で136ベクレルだった。

県は、これまでの検査結果と比べ著しく高い数値だったため、
汚染した土の付着などを疑って同じ水田から検体を取り直し再度検査したが、
490ベクレルと同様に高い数値だった。

土壌は約3千ベクレルで、作付け制限の基準である5千ベクレルを下回っていた。
周辺の水田11カ所の玄米を調べたところ検出限界未満から212ベクレルとばらつきがあったという。

二本松市の稲作農家は3322戸、作付面積は2032ヘクタール。うち旧小浜町は227戸で108ヘクタール。〔共同〕





続きを読むに番組の内容書き出しました

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。