11月1日のふくいち現場の声(ワイヤー落下の40代作業員足切断・全面マスク着用変更)ー東京電力記者会見関係個所書き出し11/1午後の部ー




お。*゚か。*゚え。*゚り。*゚な。*゚さ。*゚ー。*゚い(人´ω`*)



ーーーーーーーー


ただいまっ(^O^)今日もコツコツ無事1日が終わりました。
今日1号機に向かう途中に事故現場の脇を通るんだけど、その場所はあの日の状態で現場保持されてた。
まだ現場検証が終わってないんだと思う。被災者のヘルメットもそのまま転がってた。

ドクターヘリで運ばれた被災者は手術で脚を切断したらしい
今の現場で安全な場所なんて何処にもない。
オイラ達も一歩間違えばいつ大怪我してもおかしくない。
現場から事務所にあがって来た時に仲間の雰囲気が明るい時はホッとする。
あ~今日もみんな無事で良かったぁって。


現場で怪我はつきものだが、この現場での怪我は単なる怪我ですまなくなる。
病院にいくまでも何時間もかかる。
今回の被災者も8:30頃に事故が起きてドクターヘリで運ばれるまで2時間以上かかってる。
みんなには絶対怪我して欲しくないよ。

今月12日に初めてマスコミが現場に来るらしい
見せる場所は比較的安全な場所をバスでグルッと廻るだけで建屋には入って来ないんだろうな。
Jヴィレッジ~免震棟~現場ぐるり~Jヴィレッジだよなぁ。
生の現場を見て何を感じて国民に何を伝えるのかなぁ…

あと今月8日から全面マスクエリアの緩和措置がとられるみたい。
多分、原発経験が長い人は今の状況で外していいよって言っても絶対全面マスクを外さないと思うけど、
建設グループは外して半面マスクとかになるのかなぁ…。

正門の管理員も外すみたいだけど、
構内から出る汚染車が汚染撒き散らしてる脇で大丈夫なわけないよ。
線量は下がってるかもしれないけど、汚染は常に動いてるし変動してる。
モニタリングポストの定点観測値だけで何故そう決められるのかオイラには理解出来ない。


ーーーーーーーーーーーー
11月1日東京電力記者会見 午後



17:45
フリー竹内:
もう一点、全面マスクの変更についてお伺いしたいのですが
警報はどこでも聞こえるのでしょうか?
車の中の人には聞こえないのでは?

松本:
車の中に居る人には当然連絡が聞こえませんので、
そのまま免震重要棟、もしくは正門まで走って、
そこに着いた段階でマスクの着用という事になります

竹内:
じゃ、警報が発生した場合の連絡体制というのは免震重要棟に着いた時に直ちに教えていただく

松本:そうです

10:05
NHKはなだ:
このマスクの件について
放射性物質のグラフを見ると特段免震棟まえが他に比べて低いと言う訳ではないという印象があるんですけど、
5,6号サービス建屋と免震棟だけを全面マスクの着用を省略すると決めた
根拠というのはどういうところにあるんでしょうか

松本:
基本的には全面マスクの着用によります作業員の方の負担軽減が目的であります
特に、たんに移動するような場合、
作業に従事する時はどういう状況になるか分かりませんので、
安全側にマスク着用があると思いますが、
単純に免震棟に入っていく車内、
それから、免震重要棟から5,6号機のサービス建屋に移動する車内という事に関しましては
濃度が十分に下がっていることからマスク着用を省略しても問題ないだろうというふうに判断したものです。


22:50
毎日新聞おかだ:
全面マスクの着用の変更に関して
運用への変更の中で正門での警備員の監視業務というのがはいっていますけれども、
これは車の中ではなくて、外にいる警備員という事なのでしょうか

松本:はいそうです。
ですから、あの、この方だけがですね、
車の中での異動ではなくて、いわゆる「作業をしながら常時全面マスクをしていない
という方々になります。
えー、従いまして、へ――、一番、まー、近いところに、ここにも連続ダストモニターが置いてありますので、
万一ダストモニターが上がってくるような事の時には、
自分たちの専用事務所に置いてある全面マスクを直ちに着用すると、う、いうようになります。

毎日新聞:これ、警備員だけ外にいてつけなくていいというのはどうしてなんですか?

松本:
あの、ここには、連続ダストモニターが常備してありますので、
えー、何らかの影響でえ、ダストが、あ、あーー、上がってきたという事が速やかに把握できるという事で、
ま、屋外、い、も、もーー、それぞれダストモニターを持って行けば別ですけれども、
いまのところ、連続ダストモニターというものは作業現場ごとにありませんので
いまのところは、作業する場合は全面マスク着用という事で考えています。

あの、今後ですね、プラントの状況がさらに落ち付いてきて、
え、建屋からの放射性物質の放出ですとか、あ、地面からの舞い上がり等が、あー、
ある程度、もう十分に低いと判断できるようになれば
屋外の作業の全面マスク、うー、省略というのはあると思いますけど
ま、今の段階では少し早いのではないかと思っております。

毎日新聞:
あと、すみません確認なんですけれども、
これは社員であって協力企業の方々についてはどうなるんでしょうか

松本:
あの、社員も協力企業の方がたも同じ運用です
あの、正門から入ってきて免震重要棟に直接行く場合には、
あー、マスクを持ったまま、あー、免震重要棟までいきます。

毎日新聞:
この運用変更については作業員側の了解はどういう形で取ったんでしょうか

松本:
あのー、ま、了解と言いますか、今後、おー、
実際の運用は来週の火曜日、8日から運用したいと思っておりまして、
え、それまでの間に、いー、各協力企業さんの中に周知させていただきたいというふうに思っております。

毎日新聞:
じゃ、東電から今日発表して、これから理解を求めると

松本:
そうですね。はい。
ですから、省略可能ですので、自分たちは心配だからマスクをつけるというのは、
それまで、何と言いますか、あの、してはいけないという事を求めている物ではありません。

26:05
朝日新聞 こん:
全面マスクは手で持つという事なんですけれども、何か袋に入れたり

松本:
もちろん袋に入れます。汚染されると困るので、
あの、いわゆるポリ袋に入れた形で持って行ってもらいます
基本的には持ち込んだものは放射性廃棄物になりますので
Jビリッジに於いてあるポリ袋に入れて持ち歩いて行くことになります。

27:49
フリー木野:

3235
フリー竹内:
クレーンの解体中にワイヤーが落下して先日二名の作業員の方が負傷された件なんですが、
これは労働基準監督署が入る事で作業停止や延期などはあるのでしょうか

松本:
当該の作業につきましては事故後中止をいたしておりますので
今のところ解体工事につきましては作業の状況は進捗しておりません。

今のところまだ、事故の究明をしている状況ですので
再開の見通しについてはまだ決まったものはありません。

竹内:労働基準所の所員の方が管理区域の中に入っている訳ですか

松本:はい。日曜日に現場の方を確認されたというふうに聞いています。

竹内:
細野大臣の視察団同行取材に関してなんですが、
これについて記者の方が入るという事で、その時の手続きも
sくぁ行員の方とは別でホールボディカウンターとか省略されると考えてよろしいでしょうか

松本:
はい。一次立ち入りの手続きで入渠する予定です。

竹内:視察同行の範囲というのはどこになるのでしょうか?

松本:
まだ、ルートについては決まっていませんが、免震重要棟も範囲に入ろうかとは思います。
内閣官房のプレス発表によりますとテレビ報道などはあるというふうに聞いています。


41:07
フリー木野:
ICUに入られている作業員の方のことですけれども、
これは、その後容態は変わりないでしょうか

松本:はい。
今のところまだ、入院加療中と伺っております。

木野:まだICUですか?

松本:まだICUですね


木野:
骨折個所が随分多いんですが、これは、現場で骨折を判断されたという事は
あの、開放骨折とかそういう状態だったんでしょうか

松本:
はい。5,6号機の緊急医療室にいらっしゃいますお医者さまが、
判断されておりますので、あの、ま、ま、いわゆる、レントゲン等は御座いませんので
見て分かるような骨折ではなかったかとおもいます。

木野:
あちこちに骨折個所が散らばっているんですけれども、
これは、ワイヤーの下敷きになったような状態だったんでしょうか

松本:
あの、下敷きになったのか、ワイヤーがいわゆる広がったような状況だったのかは
まだ、詳細の調査を進めている段階です

木野:
もう2日も経っているんですけれども、聞き取りというのは進んでないんでしょうか。

松本:
聞き取りの他色々な調査を進めさせていただければと思っております。

木野:まだ、じゃぁ事故状況というのは東京電力としては掴んでいないと

松本:はいそうです

木野:わかりました

松本:あっ
おおよその事故は分かっておりますけれども
なぜこのようになったかについては調査中でございます。

木野:
ワイヤーがどのような状態で作業員の上に落ちてきたのか
下敷きだったのか、どの位の状況だったのかなと
分からないかなと思っただけなんで。

ーーーーーーーーーー

ワイヤーの事故で骨折をした作業員の方が
手術で足を切断したという東京電力からの発表は
10月31日午前、午後。11月1日午前、午後。
この会見をチェックしてみましたが、見付けられませんでした。
まだ、公表はされていないのかな?




スポンサーサイト

えっ!?玄海原発4号機一両日中に再稼働・・・しちゃった・゚・(ノД`)

'11/11/2中國新聞
玄海原発4号機を再稼働 九電、知事と町長が容認

九州電力は1日、
作業手順書の作成ミスによるトラブルで停止した玄海原発(佐賀県玄海町)4号機について、
午後11時に原子炉を再稼働したと発表した。

2日午後に発電を再開する見通し

東京電力福島第1原発の事故後、トラブルで停止した原発の再稼働は初
周辺住民への十分な説明がないまま強行する姿勢に、反発が広がりそうだ。

佐賀県の古川康ふるかわ・やすし知事
1日午後、記者団に「国が十分に審査し判断したことなら受け入れる」と述べ、再稼働を容認。
玄海町の岸本英雄きしもと・ひでお町長
九電の山元春義やまもと・はるよし副社長から状況説明を受けた後
「一定の納得はした」と述べ、再稼働を了解した。

九電によると、玄海4号機は4日ごろ通常運転に復帰する予定。
電力の安定供給や火力発電用燃料の消費を減らすことが再稼働の目的とした。
ただし、12月中旬には定期検査で再び停止する。

九電はまた、玄海4号機は再稼働に当たり
「ストレステスト(耐性評価)」の対象にならないことを国に確認したと明らかにした。
福岡市の本店で記者会見した原子力発電本部の豊嶋直幸とよしま・なおゆき部長
「今回はトラブルで停止したので、扱いは(運転中の)玄海1号機と同様と思っており、通常運転に戻す」と述べた。

九電は再稼働に当たり国から地元了解が必要との指摘はなかったとし
「事業者の責任で判断した」と強調。
ただ玄海町では全戸に再発防止策のチラシを配ったという。

一方、佐賀県の古谷宏ふるたに・ひろしくらし環境本部長は、
県庁を訪れた九電の大坪潔晴おおつぼ・きよはる佐賀支社長
知事名で「再発防止対策に万全を期されたい」とする要望書を手渡した。
大坪支社長は「危機感を持って一丸となって取り組む」と答えた。

九電によると、本店のコールセンターなどには1日夕までに
「やらせメール問題などで九電は信頼をなくしている」
「安心できないから玄海原発4号機を再稼働しないで」など約200件の抗議電話が殺到した。

玄海4号機は弁の補修作業の手順書に誤りがあり、
10月4日に真空状態の復水器内に空気が入って原子炉が自動停止。
九電は再発防止策を盛り込んだ報告書を同21日に国に提出していた。


ーーーーーーーーーーー

しっかし・・・
さっき、下記の東京新聞の速報で流れたばっかりなのに
もう、稼働してる。
かどうしてる、どうかしてる

こういうことだけは行動が異常に早い

ーーーーーーーーーーー




佐賀知事も玄海原発再稼働を容認 トラブル停止の4号機
東京新聞 2011年11月月1日 19時36分

人為的ミスによるトラブルで停止した玄海原発(佐賀県玄海町)4号機の再稼働をめぐり、
佐賀県の古川康知事は1日、県庁で記者団に「国が十分に審査し判断したことなら受け入れる」と述べ、
再稼働を容認する意向を示した
九電は再稼働の日時について「事前に公表する」としている。準備を進めて一両日中に再稼働する見通し。

玄海4号機は12月中旬に再び定期検査で停止する予定。
1日、福岡市の本店で記者会見した鎮西正直常務執行役員は、
冬場の電力需給について「短期間ではあるが復帰すれば楽になる。
燃料も節約できるので再稼働させたい」と述べた。
(共同)

<玄海4号機>九電が再開方針固める 保安院から評価受け
毎日新聞 11月1日(火)1時28分配信

九州電力玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)4号機が作業手順書の不備による人為ミスで自動停止した問題で、
九電は31日、経済産業省原子力安全・保安院から
「報告書の内容はおおむね妥当」との評価を受けたことを明らかにした。
これを受け、事業者(電力会社)としての判断で4号機の運転を再開する方針を固めた。

福島第1原発事故後、トラブルで停止した原発が再稼働するのは初めてとなる可能性がある。
再稼働に地元自治体の了解は不要だが、安全性をめぐる議論が続く中、
地元の理解を得ることなく再稼働すれば反発が予想され、古川康佐賀県知事の判断が注目される

九電は「原発再開は事業者判断」という内容を佐賀県と玄海町に連絡した。
その上で「4号機は準備ができ次第、通常運転に復帰し、12月に定期検査に入る予定」と発表した。
夜には再稼働に向けた準備作業に着手。数日で準備が整うという。

これに対し、佐賀県の古川知事は「通常運転復帰については、国の考えを聞いてみたい」との談話を出した。
岸本英雄玄海町長は「国が認めるのなら異論を挟むつもりはない」と話した。

4号機は12月中旬に定期検査入りする予定で、当初は運転停止のまま検査入りするとみられていた。
だが、冬場に向けて電力需給は逼迫(ひっぱく)するため
九電は約1カ月の短期間でも需給面で貢献できるとみている。
九電管内では12月上旬に玄海1号機も定期検査に入るため、4号機の検査入りで全6基が停止する。

原子力安全・保安院
今回は手順書の誤りで、設備の故障ではない
定検のような大がかりな検査は必要でなく、安全評価(ストレステスト)の1次評価は必要ないと判断した」
と再稼働を容認した。

玄海4号機は10月4日、2次系冷却水を海水で冷やす復水器の異常により原子炉が自動停止していた。
【中山裕司】

ーーーーーー

玄海原発4号機の事故に関しては下記記事に書いてあります↓
たねまきJ「玄海原発4号機自動停止・子どもの甲状腺異常・南相馬の学校再開」
小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)10/4


10月4日に「復水器の異常を示す信号が出て、自動停止」している4号機です
「復水器の真空状態を保つための蒸気弁の補修作業直後に発生しており、
何らかの手順ミスがあった可能性がある」というトラブルでした。

12月のへ定期点検に入ると言うのに、ほんの一か月ちょっと、
それだけの機関だけでも無理やり動かしたいんですね。

その神経が理解できない私です。




11月2日の東京新聞の記事「玄海原発再開 不信はまた深まった」続きを読むに転記

続きを読む

チェルノブイリの健康被害は事故から4,5年後(東京新聞)河田昌東氏

チェルノブイリ 健康被害、事故の4~5年後
東京新聞 2011年10月31日 夕刊

チェルノブイリ原発事故(1986年)から25年。
周辺の汚染度は今も高く、放射性物質による健康被害も続く。
事故現場に近いウクライナ・ジトミール州ナロジチ地区を30回以上訪れ、支援する
NPO法人「チェルノブイリ救援・中部」(名古屋市)の河田昌東(まさはる)理事(71)に、
福島第一原発事故との共通点や今後起こり得る事態を聞いた。 (蜘手美鶴)

 -現地の状況を。

放射線量は事故直後の30分の1程度に下がったが、被ばくが原因とみられる病気はいまだ多い。
日本では、放射線を浴びると、がんになる確率が高くなるといわれる。
現地では、がんよりも、心臓病や脳梗塞、糖尿病、免疫不全になる人が大多数。子どもの糖尿病も目立つ

 -福島の事故で、日本でも放射能の影響が懸念される。

チェルノブイリで周辺住民に健康被害が出始めたのは事故から4,5年後。
福島でも今は目立った影響はみられなくても、結果はほとんど一緒になると危惧する。
チェルノブイリの経験を生かし、今から対策をとる必要がある。

 -健康被害を抑えるためには。


事故後一年目の対応が、後の被害の大きさを左右する。
内部被ばくで健康被害を生じた人の半数は、初期に放射性物質を含んだ空気を吸い込んだことが原因。
マスクはとても大事だ。
残りは汚染された食べ物を数年間にわたり食べ続けたことによる。
結局、汚染された空気や食べ物をいかに体内に取り込まないかに尽きる。

 -日本で今、必要な政策は何か。

国は除染作業の具体的な方法や方針を示していない。
個人宅の除染に手が回っていないのが現状で、国や自治体がやらない限り、除染は広がらない。

建物の除染は、素材に合わせないと効果がない。
たとえばアスファルトは高圧洗浄だけでなく、表面をたわしでこすったり、削りとったりした方がいい。
ウクライナでもよくやった。
屋根も瓦とトタンではとるべき手法が違う。

森林の除染も非常に重要だ。
乾燥した落ち葉は、放射性物質が凝縮され、濃度が高い。
街中を除染しても、森から放射性物質を含んだ落ち葉や粉じんが飛んできたら、除染とのいたちごっこになるだけだ。
チェルノブイリでは周辺に森はなかった。
森林汚染は福島固有の問題でもある。



<参考>
河田昌東氏インタビュー5/7(内容全て書き出し)



たねまきJ「海洋30倍・大気中3倍・中間貯蔵30年」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)10/31

・海洋に流出したセシウムの量が東電発表の30倍(フランス)
・東京海洋大チーム、プランクトンから高濃度のセシウム
・大気中に放出されたセシウムの量が原子力安全委員会公表の3倍(ノルウエー)
・中間貯蔵施設、30年間(福島)


10月31日月曜日 
京都大学原子炉実験所小出裕章助教に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]




<参考>
東日本大震災:福島第1から海へのセシウム流出、
東電発表の30倍--仏研究所推計


毎日新聞 2011年10月29日 東京夕刊
 
【パリ共同】フランス放射線防護・原子力安全研究所(IRSN)は28日までに、
東京電力福島第1原発事故で海洋に流出した放射性物質セシウム137の総量を
約2・7京ベクレル(2万7000テラベクレル。京は兆の1万倍)と推計する調査報告書を発表した。
東京電力は5月に海に流れ込んだセシウム137の推計値を発表しているが、その30倍近くに相当する計算になる。

報告書によると、これほどの量の放射性物質が海洋に流れ出たのは、過去に例がないという。
調査は3月21日から7月中旬までの流出量を2・71京ベクレル(2万7100テラベクレル)と推計。
そのうち82%は4月8日までに流れ出たとしている。

報告書はまた、福島第1原発の立地が強い海流の流れる沿岸部だったため、
太平洋の海洋汚染が「例外的なスピードで広まった」と指摘。

今年秋以降、遠洋の魚介類に対する汚染の影響は弱まるとしつつ、
福島の沿岸部では「相当な汚染が当分続く」と警告している。
セシウム137は半減期が約30年で、汚染が比較的長期にわたる。



プランクトンも高濃度汚染 福島沖で東京海洋大調査

産経ニュース 2011.10.15 21:00 [公害・汚染]

東京海洋大のチームは15日、
福島県いわき市の沿岸で今年7月に採取したプランクトンから、
高濃度の放射性セシウムを検出したとする調査結果を発表した。
小型の底生生物からも比較的高い濃度を検出した。

東京電力福島第1原発事故の放射性物質が取り込まれたとみられ、
プランクトンを餌とする魚類への影響が懸念される。
石丸隆教授は「食物連鎖で魚にどのように濃縮されるか分からないので継続的な調査が必要だ」と話す。

チームは7月上旬、いわき市の沿岸から60キロ沖までを船で航海し、プランクトンや小型の底生生物を採取。
検出したセシウムは、沿岸近くのプランクトンが最高で1キロ当たり669ベクレルと高く、
沖合10キロでは同6ベクレルと低くなった。
また底生生物のクモヒトデからは同137ベクレルを検出。
底生生物は海底にたまった放射性物質を取り込むため、今後濃度が高くなる恐れがあるという。



セシウム放出量「政府推計の3倍」 欧米の研究者ら
asahi.com 2011年10月30日6時58分

東京電力福島第一原発の事故で大気中に放出された放射性セシウムは、
内閣府の原子力安全委員会が公表した推定値の3倍になるとの試算を、
ノルウェーなど欧米の研究チームが発表した。
チェルノブイリ原発事故の放出量の4割にあたるという。大気物理化学の専門誌に掲載された。

研究チームは国内の測定データのほか、
核実験探知のために設置された北米や欧州などの測定器のデータを使い、
事故が起きた3月11日から4月20日までのセシウムやキセノンの放出量を分析した。

セシウムの放出量は約3万5800テラベクレル(テラは1兆)で、
原子力安全委の試算値1万1千テラベクレルの約3倍。
降下物は大部分が海に落ちたが、19%は日本列島に、2%は日本以外の土地に落ちた。



汚染廃棄物、福島で中間貯蔵30年以内 政府が工程表公表
中日新聞 2011年10月30日 01時55分

政府は29日、
東京電力福島第1原発事故によって放射性物質で汚染された廃棄物の中間貯蔵施設の工程表を公表した。
福島県内のみに設置し、2012年度中に建設地を決定。
14年度に稼働し、県内で発生した土壌などの廃棄物の搬入を始める。これにより、
各市町村での汚染廃棄物の仮置き期間は3年程度となる。

中間貯蔵は30年以内で終了させ、県外で最終処分するとした。

工程表によると、中間貯蔵施設は、廃棄物の種類や放射性物質の濃度に応じて区画を分けて建設し、
15年1月ごろをめどに、完成した区画から順次、廃棄物を収容していく。

施設内には、最終処分に向けて放射性物質を濃縮して減量化する中間処理設備も併設する。
政府は今後、こうした技術開発を本格化させる。

施設全体の面積は3~5平方キロメートルで、
廃棄物を収容できる容積は1500万~2800万立方メートルを想定。
2800万立方メートルは、ナゴヤドーム16・5杯分に相当する。

細野豪志環境相は29日、福島県庁で佐藤雄平知事と会談し、工程表の内容を説明した。

細野氏は
「国が責任を持って取り組む。他の都道府県の廃棄物は持ち込まない」と理解を求めたが、
佐藤氏は「内容を精査したい」と述べるにとどめた。

細野氏はこの後、県内の市町村長らにも説明。
出席者からは「仮置き期間を『3年程度』から『3年以内』に直さなければ、住民の理解を得られない」
「県外で最終処分できるのか」などと批判が相次ぎ、工程表の実現を疑問視する声も上がっている。

また、環境省は福島県以外で発生した放射性物質を含む焼却灰や汚泥などの保管に関して
岩手、宮城、茨城、栃木、群馬、千葉、東京の7都県でも中間貯蔵施設が必要との認識を示していたが、
汚染物質の発生量が福島県に比べて少なく、放射性物質の濃度も低いとして、
新たな中間貯蔵施設は設けないとした。



続きを読むに番組の内容書き出しました

続きを読む

10月31日のふくいち現場の声(最短距離で目的地に着けない)

お疲れ様でした~♪*。(b・∀・b)。*゚

ーーーーーーー


ただいまっ(^O^)今日は月曜日で疲れたでし…。休み明けはどうも調子狂って疲れるでし。

現場はコツコツやってるんですが、ここ最近は色々と外野でガヤガヤしてるみたいですね(水飲んだりとか)。
現場もメーカーと東電、ゼネコンと東電がなかなか噛み合わなくなってきた感じがするでし。

一致団結で取り組まなきゃならないはずなのに…。
もしかしたら近い内に撤退する企業あるかもです。
やっぱ国が主導権を握って福島第1原子力発電所収束企業体っていうような
新たな企業を立ち上げていかなきゃ無理なんじゃないのかなぁ…?

新たな企業はメーカーやゼネコンが中心に出資し営利や利権を度外視にして
収束させたい人、福島を取り戻したいと云う強い信念を持った人で固めればいいのに…。
新たな画期的な開発、研究してる人もその企業入れたりすればいいのに…。

目的と辿り着く場所は、はっきり見えてるのに何故そこに向かって最短距離で進まないんだろうか?
何が?誰が?邪魔してるんだろうか?


ーーーーー

現場では必死で戦って下さっているのに
おバカな政府は水の一気飲みです><:

何が、誰が、邪魔しているんだろう・・・
何が、誰が、日本をこれほどまでに壊していくんだろう・・・

日本だけじゃなくて
世界中が壊れていっている気がするけど・・・

とりあえず、福島第一発電所の事故処理は東電には任せておいてはいけないことだけは確かだと思う。


首都大学福士正弘教授のゲルマニウム半導体検出器は壊れていた。そして、あさイチは番組ホームページを書きかえた。(追記:福士教授インタビュー)

私設原子力情報室というブログの情報を頂きました。<(_ _*)> ありがとうございます。

実は、あさイチのホームページの内容が下記のようになっていました。


NHKあさイチのホームページ 10月31日現在
asaichi.jpg

番組で行った『食卓まるごと調査』について、視聴者の皆様から多くの反響をいただきました。
その中で、データの精度についてのご指摘もありました。
そこで現在、調査を担当した首都大学東京と、外部分析機関の協力を得て、データの再検討を行っています。
結果が出次第、番組とホームページで公表いたします。


そして、11月1日、ホームページに文章が追加されました。


再検討したデータについては、12月15日の特集で詳しくお伝えすることにしています。
(放送日は変更の可能性もあります。「放送予定」のページでご確認ください。)
ということです。
asaichi3.jpg



調査の結果は?」の部分が書きかえられて、
食品の暫定基準値は大丈夫?」は削除されていました。
(もともとのページの画像はないのですが、内容はブログの中に全てコピペしてあります)



マイニュース  02:51 10/29 2011で、
NHK『放射能大丈夫?食卓まるごと大調査』、
デタラメデータで世論誘導&安全宣言


植田武智さんという方が、下記のように書いていらっしゃいます。(一部転記)ーーー

NHK『あさイチ』が10月17日、食卓の内部被ばく調査を放送。
その結果は、福島の食材を食べる郡山市の一家でも被ばくゼロ、
東京でも産地を気にしているか否かにかかわらず被ばく量に差は無かったとされる。
ところが測定データを精査すると検出限界が示されておらず、
天然放射性物質「カリウム40」のありえない値
(1㍑あたり200~300ベクレル=水道水にミネラルウォーターの1千倍ものカリウムが入っていることになる)と
セシウムによる被ばく量とを比べて安全の根拠とするなど、不審な点が多い。

測定した研究者に取材すると、機械の故障等で正確なデータではなく再分析中とのこと。

いい加減なデータで安全をPRしたNHKは質問状に対し返事をせず、NHKのサイト上からデータをこっそり消した。

ーーーー転記ここまで

あさイチの番組内では、

首都大学の教授、福士正弘(健康福祉学部 放射線学科)さん放射線防護学の専門家です。

小林:これ(食品)は1日づつ送られてくるんですか?

福士:そうです。分析に使うのはこちらの機械(ゲルマニウム半導体検出器)です。

鉛の箱の中に放射性物質を検出するセンサーがあります。
現在最も精密に測れる機械とされています。
この中にみなさんから送られた食品のサンプルをセットします。
これを通常よりさらに精密に測るため、時間をかけてじっくりと測定します。

福士:これで、あとは2時間そのまま測定するという

小林:2時間・・

福士:
普通の検査センターだと、今は1000秒ですかね、約20分ぐらいなので、
それよりは非常に多くの時間をかけていますので、まぁ、あのー、測定精度はですね上がっていると思いますね。



番組の中では自信満々でした。
そして検査結果についても、

福士:
3か所ですかね。
1日だけセシウムがごく微量ですけどね、検出されたところがございました。
福士:
全国的に世界的に、やっぱりある程度、
福島原発のセシウムが薄く存在しているということになると思うんですよね。
この結果からですとね、非常にごく微量。
殆ど、検出されない割合が高いという事なので、
ですから、ま、市場に出回っている食品は、ま、安全な食品なのかなと。


一つの食品に2時間もの時間をかけて、
どこよりも正確に調べられると番組の中では放送していました。


そして、

小林:
今回のケースでいうと、2時間測って、
だいたい、およそ0.3ベクレル以上だったら測れるという事でした。


と、アナウンサーも言ってました。


これが、
機械の故障で???すって?????

NHKに言います。
この番組を見て、どれだけの国民が安心して、その辺に売っている物を買って食べている事でしょうか。
放送してから半月が経ちます。
検査結果をホームページで発表するだけではなく、
改めて、番組を作りなおして放送をするべきです。

そして、これは、大問題ではないんですか?
福士教授は機械が壊れていたことを知っていた。
それをNHKのスタッフには話したのでしょうか?


それとも、いい加減な数値を出して、それで国民をだませると思ったのでしょうか?
専門家なのだから、結果が間違っていること位分かる筈ですよね。
もし、その事さえ分からなかったのだとしたら
福士教授は放射線の専門家ではないですね。


福士教授がNHKに黙っていたとしたなら、虚偽の報告をし、専門家としての偽装罪?
機械が壊れたのを知りながらNHKが放送したなら、これも罪になりますよね。
番組の内容そのものが、命にかかわる問題だから。


今朝はフジテレビに出ていたし、数日前にはテレビ朝日にも出ていました。
こんなウソツキ教授はテレビに呼ばないでください。




家庭の食材を1週間分丸ごと放射能チェック「あさイチ」10/17

↑ NHKのホームページの内容中心の記事

あさイチ「食卓丸ごと放射能チェック」(続編)
↑ 武田先生のブログと、各家庭の検査結果の表を全て載せました。

あさイチ10/17「食卓丸ごと放射能チェック」番組丸ごと書き出しました。
↑ 番組の文字起こしです。

ーーーーー





NHK『放射能大丈夫?食卓まるごと大調査』、デタラメデータで世論誘導&安全宣言
◇NHK『あさイチ』福島郡山市一家の食事から放射能ゼロ
◇疑問1:検出限界ゼロとは
◇疑問2:水道水にミネラルウォーターの1千倍のカリウムは不自然
◇「食材産地を気にすることは風評被害」と言わせる思惑
◇福士政広教授「測定器の調子が悪かった、現在再分析中」
◇NHKホームページからデータ削除するも返事はなし


放射能と政治とお金のお勉強というブログに

植田武智氏の記事の読みたかったけど読めなかった部分が載っていました。

その中から、一部転記させていただきました。続きを読む。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。