牛さんを調べることでヒトの被ばくが解明される?今後の病気で補償される?

被ばく牛:北里大など線量調査 体内分布や代謝分析
毎日jp 2011年11月17日 22時14分

東京電力福島第1原発事故による警戒区域(半径20キロ圏内)で被ばくした牛について、
北里大獣医学部(青森県十和田市)と酪農学園大(北海道江別市)、日本獣医師会などの研究グループは
17日、福島県南相馬市で汚染実態の調査研究を始めた。

体内の汚染分布を詳細に調べて一定期間後の減衰などを分析し、
被ばく線量の軽減化技術の開発などに役立てる。
来年3月まで実施し、成果を4月中にも発表する。

この日は同市でメンバーら約20人が出席して初会合を開き、調査計画などを協議した。
牛は、同市小高区で市が捕獲・飼育している30頭を、飼い主の許可を得て活用。
最終的には大半を解体して隅々まで調べる。

▽脳など臓器単位の線量
▽汚染されていない餌を与えた場合の放射性物質の代謝
▽空間線量と、土壌や牧草、体内から排せつ物への移行--を解析する。

畜産農家の被ばく防護策や、内部被ばくと外部被ばくの関係の把握にも役立てたいという。

警戒区域内の家畜については
政府が5月、飼い主の同意を得て安楽死させると決めた。
福島県によると、牛は区域内に震災前約3500頭飼育され、うち約300頭を殺処分したが、
同意しない畜産農家もあり、牛舎から逃げ出して野良化した牛もいた。
現在でも1000頭以上いるとみられ、
農家や市民団体は殺処分するのでなく研究用として活用する道を模索していた。

グループ代表の伊藤伸彦・北里大獣医学部教授(放射線生物学)は
「世界初の貴重なデータが得られる。哺乳類全般、人間にも役立つ可能性が高い」と話している。

【高橋秀郎】
スポンサーサイト

ほとんどが海に行ったとして、この東日本の汚染。どんだけ出たんじゃぁ~><:


あの時期の風向きから
放射性核種が太平洋にほとんどながれたことは
小出先生も武田先生もおっしゃっていた。

だから、こう言っちゃなんだけど、
なんとなく、「いまさら?」って感じもするけど。

海・・・日本人が大好きな魚、海草類、貝類・・・
海の汚染は想像以上だろうと思う。

下記の記事を読むと、ほんの少しが日本に降ったように感じるけれど、
それだって、数値をみればチェルノブイリ。

だよねー・・・
一基だけじゃないもんね。
爆発してボロボロになった原発。

下記のニュースを見て、
ほとんどが海に行ったからって安心しちゃいけない。

どんだけの量が出たのか、
その、想像を絶する多さに気を引き締める事はあっても・・・・ね。





放射性物質、海に半分以上 / 約10日で地球一周、気象研
佐賀新聞 2011年11月16日 20時51分

youso.jpg
3月20日、福島第1原発から出た放射性物質が太平洋を横断し拡散するシミュレーション図
(気象研究所の田中泰宙・主任研究官提供)



東京電力福島第1原発事故で大気中に放出された放射性物質は太平洋を横断して約10日でほぼ地球を一周し、
その結果として半分以上が海洋に落下したとするシミュレーション結果を、
気象庁気象研究所(茨城県つくば市)などの研究チームが16日までにまとめた。

放射性物質のうち、特に放射性セシウムは4月までに70~80%が海に落ち、
陸地に降ったセシウムは3割程度と推定されるという。

チームの田中泰宙・気象研主任研究官は「福島原発は日本の東の端にあり、
3~4月は偏西風で運ばれるため陸地に落ちる量は少なめで済んだ。
しかし海洋はその分、汚染されたはずだ」としている。




福島原発の放射性物質、10日で地球一周と推定
半分以上は海に落下 気象研

日本経済新聞 2011/11/16 23:22

東京電力福島第1原子力発電所事故で大気中に放出された放射性物質は
太平洋を横断して約10日でほぼ地球を一周し、
その結果として半分以上が海洋に落下したとするシミュレーション結果を、
気象庁気象研究所(茨城県つくば市)などの研究チームが16日までにまとめた。

放射性物質のうち、特に放射性セシウムは4月までに70~80%が海に落ち、
陸地に降ったセシウムは3割程度と推定されるという。

チームの田中泰宙・気象研主任研究官は
「福島原発は日本の東の端にあり、3~4月は偏西風で運ばれるため陸地に落ちる量は少なめで済んだ。
しかし海洋はその分、汚染されたはずだ」としている。

シミュレーションは気象庁と気象研が開発し、地球全体の大気の状況を表した
「気象研究所全球モデル」を利用。
放射性物質のヨウ素131やセシウム134、137などの核種がどのように飛散したかを調べた。

チームによると、
放射性物質が直径千分の1ミリ未満の細かい粒子などになって拡散したと仮定して計算したところ、
偏西風や低気圧の渦に乗り、上空に昇って拡散。
太平洋を主に北回りに広がり、ロシア極東部やアラスカ近辺を通過して3月17日ごろに米西海岸付近に到達。
同月24日ごろには、ほぼ地球を一周したとみられる。

放射性物質の大半が大気によって運ばれるうちに雨で落下。
ヨウ素131は放出量の約65%が海に落ちたという。

研究結果は16日から名古屋市で開催している日本気象学会で発表する。〔共同〕



お魚検査(グリンピース)・・・マダラ、メバチマグロ、カツオ、サバ缶・・・アウト!!



今年の冬は鱈入りの鍋はできなそう・・・

というより、鍋そのものが出来ないのかな?
鍋には魚を入れてしいたけを入れて、大根入れて・・・
最後に美味しい出汁で雑炊にしたり、うどんを入れたり・・・
でも、出汁が一番危ないから。・゚・(ノД`)・゚・。

一度湯通ししてから鍋に入れればいいのかな(。◔‸◔。)??

美味しいものが食べられない事は本当に寂しい事です。


ーーーーーーーーーーー


グリーンピース、第2回「冬のお魚調査」を発表
大手スーパー5社を対象とした調査により、
冬のお魚からも広く放射性物質が検出

プレスリリース - 2011-11-17

特に放射能汚染が顕著だったのが、冬のお鍋の代表的な魚である「マダラ」
汚染度が最も高かった検体はユニー(アピタ)戸塚店で購入した北海道産の「マダラ」47.3Bq/Kg
「メバチマグロ」は複数の店舗でサンプリングした5検体中全て
「カツオ」も5検体中全てから放射性物質を検出しました。

缶詰(サバの水煮、国産)からも放射性物質を検出。


さかな1
さかな11
さかな12




続きを読むにプレスリリース全文転記

続きを読む

暫定規制値を超えた玄米




プレスリリース
暫定規制値を超えた放射性セシウムが検出された玄米について

平成23年11月16日  水田畑作課

福島市で生産され出荷されていない平成23年産米について、食品衛生法の暫定規制値を超える放射性セシウムが検出されたため、福島市を通じてこの米の出荷を自粛するよう当該生産者及び関係流通業者に要請しました。

また、安全が確認されるまで、当該米の生産地である福島市大波地区(旧小国村)の本年産米の出荷を見合わせるよう併せて要請しました。

1 検査結果単位:ベクレル/kg
種類放射性セシウム合計放射性セシウム134 放射性セシウム137
玄米630 280 350
白米300 130 170

2 生産ほ場の概要
水田面積:26アール収穫量:840kg 品種:コシヒカリ

3 経過
(1)11月14日に福島市大波地区(旧小国村)で生産された玄米を、生産者の依頼によりJA新ふくしまの簡易分析器(NaIシンチレーションγ線スペクトロメータ)で分析した結果、暫定規制値を超える値が検出された。

(2)このため、同日、当該玄米を福島市放射線モニタリングセンターのゲルマニウム半導体検出器で再度分析したところ、同水準の値が検出されたことから、同日夕に県に連絡があった。

(3)市から連絡を受け、県は15日に、この生産者の玄米を米の放射性物質調査本調査の方法に準じてサンプリングし、本日までに県農業総合センターで分析を行った結果、暫定規制値を超える630ベクレル/kgの放射性セシウムが検出された。

4 暫定規制値を超える放射性セシウムが検出された米の取扱い

(1)当該生産者の平成23年産米は、全量(840kg)JAの倉庫及び生産者の自宅に保管されていた。

(2)ただちに出荷の自粛を要請したため、この生産者の米は流通していない。

5 福島市大波地区の米の流通販売状況
(1)大波地区の概要
大波地区稲作農家数: 154戸
水稲作付面積: 42ヘクタール
生産量:約192トン(約6,400袋(30kg入り紙袋))
(福島市全体稲作農家数:5,545戸稲の作付面積:2,312ヘクタール)

(2)当該地区の平成23年産米は、これまでの調査の結果(86戸調査済)、JA新ふくしまへの出荷、自家保有米、縁故米のほか4人が地元米穀店等に出荷している。
・JA新ふくしまに販売委託(契約含む) 1,921袋(57.6トン)
・自家保有米1,214袋( 36トン)
・縁故米274袋( 8トン)
・地元米穀店等に販売30袋( 1トン)

6 県産米の流通状況
平成23年産米は、JA全農福島や各JAでは、放射性物質調査で放射性セシウムが検出されていない地域の米(不検出米)とそれ以外の米を区分して集荷するとともに、不検出米のみを販売している。
また、その他の県域の流通業者は、不検出米のみを買い付けしているため、現時点で、暫定規制値を超える玄米が一般消費者に流通する可能性は極めて低いと考えられる。

7 今後の対応
(1)県産米の安全性確保の観点から、引き続き状況の把握に努めるとともに大波地区では、全戸について調査を実施し、実態把握と原因究明を行う。

(2)米の取扱いについては、厚生労働省や農林水産省とも連携を密にして適切に対応していく。




東日本大震災:
福島市コメ高線量 「国の検査、何だった」 農家に動揺広がる

毎日新聞 2011年11月17日 東京朝刊
 
「国の検査は一体何だったのか」。
暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える
コメの放射性セシウム汚染が初めて福島市で判明した16日、産地に動揺が広がった。

農林水産省は収穫前後のダブルチェックで「汚染米は出さない」と自信を見せてきたが、
検査態勢が十分だったのか改めて問われそうだ。

汚染米が見つかった福島市大波地区。
70代の農業の女性は、70袋(1袋30キロ)の新米を収穫したばかり。
毎年、新米を全量20~30人の知人に売ってきたが、
今年は買いたいという知人はおらず、すべて農協に出すつもりだったという。
「コメが売れなくなって本当に困る。何度もサンプル調査に協力してきたのに」と、農水省への不信感をあらわにした。

夫(61)と一緒に収穫を終えた兼業農家の女性(54)は
「今年は約100袋出荷した。この時期が年に一度の勝負どころなのに、今後出荷できなくなると大変困る」
と不安を口にし、
「春先に大丈夫と言われて作付けし、検査でも出荷していいと言われて安心していた。
来年に影響するし、もし出荷できないとなると生活にも大きく響く」と訴えた。

農水省は、情報が入った16日夕から事実関係の確認に追われた。

630ベクレルという高い数値について、担当者は
「これから調査が行われるだろうから断定はできないが、ホットスポット的な現象かもしれない」とし、
予備検査で規制値と同じ500ベクレルを検出した
福島県二本松市小浜地区のケースと類似する可能性を指摘している。

今年産のコメについて政府は4月、警戒区域などを対象に作付け制限を実施。
さらに、収穫前後の2段階の検査で汚染米の出荷を水際で食い止める態勢を敷いていた。
県による2段階の検査はいずれも終了し、暫定規制値を超えるセシウムは検出されなかった。

県によると、JA全農福島や各JAは県の検査で放射性セシウムが検出された場合、
規制値を超えなくても旧市町村単位で出荷を見合わせる措置を徹底しているという。

大波地区の農家は154戸、コメの作付面積は42ヘクタール、生産量は192トン。
今年の新米について86戸を調べたところ、
JA新ふくしまに57・6トンが出荷されたほか、地元米穀店などに4戸が計1トンを販売。
このほか自家保有36トン、知人などに送る縁故米8トン--となっている。

専門家によると、玄米のセシウムは精米すると約6割が除去される。

厚生労働省は

食べても直ちに健康に影響はない」としている。

【川上晃弘、長田舞子、曽田拓】


ありえない!環境省職員が空き地に汚染土投棄



自覚が足りなすぎます!



【原発】環境省に汚染土送付 職員が空き地に投棄(11/17 14:55)



環境省に福島市からとみられる放射性物質に汚染された土が届き、
環境省の職員がその土を埼玉県内の空き地に捨てていたことが明らかになりました。

細野環境大臣:「環境省としても、あってはならないことでございます。まず、国民の皆様に心よりおわびしたい」

この土は8日、環境省に宅配便で届いたもので、
「福島市の自宅で採取した」などという内容の紙がついていました。総務課で放射線量を測定したところ、1キロあたり約4000ベクレルだったということです。総務課長は放射線量が低いと判断し、課の職員が埼玉県内の自宅近くの空き地に捨てたということです。環境省は17日朝、空き地からこの土を回収しました。近く課長らを厳しく処分する方針です。



汚染土壌、環境省職員が空き地に投棄 処理指示の総務課長更迭
産経ニュース 2011.11.17 14:26 [放射能漏れ]

環境省は17日、放射能に汚染された土壌が同省に送付され、
処理に困った同省の総務課職員が埼玉県内の自宅近くの空き地に投棄したことを明らかにした。
会見した細野豪志環境相は「対応が極めて不適切だ」と述べ、
同日付で処理を指示した総務課長を更迭することを発表した。

環境省によると、今月8日、福島市に住む一般の人から段ボール箱に入った土壌と手紙を受け取った。
手紙には「環境省で保管・処分されたい」と書かれてあった。

線量計で接触測定したところ、毎時0・6マイクロシーベルトだった。
倉庫にそのまま保管していたが、同省は顧問弁護士と対応を検討。
いったん開封されたものを返送するのは難しいため「不要物として適切に処分する」ことに決めた。

職員が11日、総務課長に相談したところ、
課長は「線量が低いレベルなので自分の庭で処分しようか」と話し、
これを受けて職員が埼玉県内の自宅に持ち帰り、13日、近くの空き地に投棄したという。

細野環境相らは16日、こうした事実を知り、17日朝、土壌を回収した。
空き地の所有者は分かっておらず、今後、詳細に調査するという。

また、環境省には16日にも同様の放射能に汚染された土壌(毎時0・6マイクロシーベルト)が
段ボールに入って送られてきており、同じ送り主とみている。

細野環境相は「気持ちは分かるが、除染に全力を尽くすので、土壌を送付する行為は慎んでほしい」と述べた。



東日本大震災:環境省に送られた汚染土、職員が空き地に投棄-
-埼玉の自宅近く

毎日新聞 2011年11月17日 東京夕刊

細野豪志環境相は17日会見し、
福島市内で採取されたとみられる放射性物質を含む土壌が今月、環境省に2度送りつけられ、
そのうち1回分の土壌を同省職員が埼玉県内の空き地に投棄していたことを明らかにした。
細野氏は
「除染の役割を担っている環境省として決してあってはならないこと。国民に深くおわび申し上げる」と謝罪した。

同省によると8日午前9時ごろ、A4コピー用紙入りの箱よりも一回り小さい段ボール箱が送られてきた。
中にはビニール袋入りの土と
「福島市の自宅で採取した土で、環境省で保管、処分してほしい」という趣旨の手紙が添えられ、
送り主の記載もあった。手紙には自宅周辺の放射線量のデータも記載されていたという。

放射線量は、0・8メートル離れた時点で1時間当たり0・18マイクロシーベルト、
ビニール袋の外側で0・6マイクロシーベルト。
放射性物質濃度は推定で1キロ当たり約4000ベクレルだった。

この土壌の処分法を検討する過程で、官房総務課長が
「送ってくる住民の気持ちは分かる。線量は低いので、千葉県柏市の自宅の庭で処分しようか」と話したため、
同課職員が12日に埼玉県内の自宅に持ち帰り、翌日、近くの空き地にすてたという。

16日にも、同一人物と思われる送り主から前回より小さい箱が送られてきたため細野氏ら同省幹部に報告、
不適切な処分が発覚した。
この箱は品名欄に「灰」と書かれており、開封せずに線量を測定した結果、前回と同程度だった。

細野環境相は、「何人も汚染土壌をみだりに投棄してはならない」と定めた
福島第1原発事故による放射性物質汚染の対処に係わる特別措置法(来年1月施行)に違反する可能性があり、
極めて不適切として、官房総務課長を異動させるなど、関係職員の処分を検討、
自身の監督責任も検討中としている。
【江口一、藤野基文】





欧州各地で放射性ヨウ素検出・・・発生源不明

フランスでも微量の放射性ヨウ素を検出、発生源は不明
AFPBB News  2011年11月16日 14:09 発信地:パリ/フランス

【11月16日 AFP】
フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)15日、
同国北部と東部の4か所のモニタリング施設で先週、
大気から1立方メートルあたり数マイクロベクレルという微量の放射性ヨウ素131が検出されたと発表した。
 
IRSN
「ヨウ素131が国内で検出されるのはかなり例外的ではあるが、
これまでに観測された濃度は、公衆の健康に悪影響を与えるものではない」と発表した。

放射性物質がいつ、どこから放出されたのかは分かっていないが、
放射性ヨウ素の半減期は約8日と短いことから、
東京電力(TEPCO)福島第1原子力発電所から放出されたものではないとみられている。

IRSNは、発電や研究目的の原子炉や医療機器製造のためにヨウ素131を使っている工場などが
汚染源の可能性があるとの見方を示した。

11日には国際原子力機関(IAEA)が、チェコでごく微量のヨウ素131が検出されたと発表している。
同様にポーランド、スロバキア、オーストリアでも、
微量ながら通常は観測されない放射性ヨウ素が観測されたと報告されていた。(c)AFP




欧州各地で微量の放射性ヨウ素検出、「健康に影響なし」 IAEA
AFPBB News 2011年11月12日 18:25 発信地:ウィーン/オーストリア

【11月12日 AFP】
国際原子力機関(IAEA)は11日、
チェコなど欧州各国の大気からごく微量の放射性ヨウ素131が検出されたと発表した。
健康に影響はないとしている。

IAEAによると、最近チェコの大気からごく微量の放射性ヨウ素131が検出されたと、チェコ当局から報告があった。
IAEAでは他の国名は出していないが、
「ヨーロッパ各地の他の場所でも似た測定値が出ていると承知している。
公衆衛生にリスクを与えるレベルではなく、また日本の福島第1原子力発電所の事故によるものではないと考える」
と発表した。

IAEAでは放射性ヨウ素131の発生源を突き止めるために、各国の関係機関と共同で調査を行っており、
さらに情報が入り次第発表するとしている。放射性ヨウ素131の半減期は約8日間。

チェコの原子力安全局(State Office for Nuclear Safety、SUJB)によると、
過去2週間、大気から微量のヨウ素131が検出されていた。

これまでのところヨウ素の発生源は分かっていない。
チェコには2か所の原発があるが、原子力安全局は「ヨウ素以外に人工の放射線核種が検出されていないため、
原発の事故によるものではないと考えられる」としている。

■パキスタンで原発事故との未確認情報――ポーランド当局者

国内に原発はないポーランドの原子力機関の報道官はAFPの取材に
「ポーランド国内で10月17日~24日に行った測定で微量の放射性ヨウ素131が検出された。きわめて微量だ。
計測値は福島の原発事故後の3月下旬のほうが、100倍高かった」と答え、
ウクライナでも10月10~20日に微量の放射性 ヨウ素が検出されたと述べた。

さらにこの報道官は
パキスタンで原発事故が起きたことを示唆する情報もあるが、まだ確認されておらず調査が必要だ」と述べた。
IAEAの報道官はそうした事故に関する情報は届いていないとしている。

パキスタン当局の報告によると、
運転開始から40年近く経つ同国のカラチ原子力発電所(KANUPP)で
10月19日に重水が漏れる事故が発生していた。

チェコの他にスロバキアやオーストリアが、
チェコと同程度の「微量」の放射性ヨウ素131を検出したと発表している。
一方、ブルガリアの原子力当局は、大気のサンプルは通常通りで、
大気から放射性ヨウ素131は検出されていないと発表した。(c)AFP



福島の大手スーパー”いちい”放射線測定と公表の効果11/12(www.videonews.com内容書き出し)


福島県では有名な大手スーパー「いちい」

あえて、放射能の測定をしている事は大々的に宣伝をしていません。
店舗に来店すれば、お客様がその場で分かる仕組みになっています。

スーパー「いちい」が独自に放射線量を測定して公表する様になるまでの、
さまざまな苦悩と、公表してからの生産者と消費者とのつながり。


放射線量を測り、公表していくことの難しさ。そして、その効果の大きさと大切さが
とてもよく理解できました。


一般の消費者が求める方法で商品を売っていく事が
結局は売り上げにもつながり、消費の拡大になる事が出来るのだと思います。

国の方針は、やっぱり・・根幹から間違っているなーw




スーパーマーケット「いちい」が独自に放射線を測定する理由
スペシャルリポート (2011年11月12日)









続きを読むに番組の内容を書き出しました。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。