福島中央テレビ「原発水素爆発、わたしたちはどう伝えたか」(動画・文字起こし・参考あり)

福島中央テレビ製作の報道特別番組です。
実際に福島で放送されているのかどうか、調べてみましたが分かりませんでした。


【原発】世界初「原発爆発の瞬間映像はどう伝えられたか」報道パニック


NewTubeJapan さんが 2011/11/09 にアップロード

Youtubeには2011年11月9日にUPされています。
以下、番組内容を書き出します。



fukushimaTV1.jpg

3月12日午後3時36分
福島中央テレビの情報カメラが捉えた福島第一原子力発電所1号機の水素爆発の瞬間です。
それは10万人以上が避難し、放射能汚染の不安と戦う日の始まりでした。

fukushimaTV2.jpg
3月14日午前11時1分

2日後には3号機も大きな爆発を起こします。
世界に大きな衝撃を与えたこれら原発事故の瞬間を、メディアで唯一撮影していました。
この事故を地元テレビ局としてどう伝えようとしたのか、震災から4日間を検証します。

fukushimaTV3.jpg


福島中央テレビ11
福島中央テレビ報道部長 小林典子:
原子力緊急事態宣言が出されている中で、
地元のテレビ局としてはあの原発構内で起こったことは、
些細な出来事でも、異常があればすぐさま報じるべきと考えました。
例えばあれが、火災の小さな煙だったとしてもです。
ただ、情報はあれしか、あの映像しかなかったんですけれども。



午後3時40分
福島中央テレビは県内への放送を決めます。


福島中央テレビ12
ーーローカル放送 
午後3時40分
福島中央テレビアナウンサー 大橋聡子:
さき・・さきほど1分前、え、福島第一原発1号機から大きな煙が出ました。
大きな煙が出まして、そのまま、え、その煙が北に向かって流れているのが分かるでしょうか。


福島中央テレビ13
ーーNNNで全国放送
アナウンサー:福島中央テレビからお願いします。

福島中央テレビ14
午後4時49分
大橋聡子:
はい、福島から・・・お伝えします。
え、原発に関するニュースをお伝えします。
福島第一原子力発電所のトラブルで、正門の付近では通常のおよそ20倍の放射線量が確認されました。
国の原子力安全保安院によりますと、
福島中央テレビ15
えー、ご覧頂いているのは午後3時36分の福島第一原発の映像です。
水蒸気と思われるものが福島第一原発からボンッ!と吹き出しました。




世界で初めてとなる原発爆発の瞬間を記録したのは、
福島第一原発から17キロ離れた山の中に設置した情報カメラです。

福島中央テレビ16

福島中央テレビも含め民放各局やNHKが、もっと原発の近くに設置したカメラが
地震の影響で撮影できなくなる中、
このカメラだけが唯一、その瞬間を撮影し続けていたのです。

福島中央テレビ17

あの映像がなかったら、目に見えない放射能の拡散を私たちはどれだけ実感できたでしょう。
そして、政府の発表は一体どれだけ遅れたのか。
私達は改めて映像の力を思い知りました。



福島中央テレビ18
小林典子:
世界を駆けめぐることになったこの映像は、
福島の人々のそれまであった平穏な暮らしを一瞬にして変えてしまった、瞬間の映像ともなりました。
それだけに私たちは、被災した人たちの気持ちを考えて、
この映像の使用を数日経ってから必要最小限にしようと 決めました。

しかしそれが、かえってインターネット上などでは、
「何らかの圧力があってあの映像を放送をしないのでは」と憶測を生むなど、
映像と情報を伝えることの様々な側面を考えさせられる
特別な映像ともなりました。

福島中央テレビ19

今回お伝えしたのはわずか4日間の検証です。
ここから始まった福島の放射能との戦いの日々はいまも続いています。

ーー製作著作 FCT 福島中央テレビーー



なんでしょう・・・
見た感想はよく分かりません
福島中央テレビのモニターだけが無事で
世界で初めての爆発の瞬間の映像の撮影が出来たことの自慢でしょうか?

「被災した人たちの気持ちを考えて、この映像の使用を数日経ってから必要最小限にしようと決めました。」

この福島中央テレビ報道部長 小林典子氏の発言には非常に違和感を感じます。

アナウンサーの大橋さんは最初の爆発の時
「煙が北に向かって流れているのが分かるでしょうか」と放送しています。
飯館村の方ですよね、そっちに逃げてはいけないと
それに、避難を呼び掛けてもいません。

「世界で初めての映像」ではなく、
一番身近な放送局が一番先に原発の爆発を確認したのだから
住民の方に大至急避難を呼びかける事が何よりも大切だったし、できたはずだと思います。
「避難して下さい」
「煙は北に向かっていますから南へ逃げて下さい」

そう放送したとして、その後、たとえばその言葉が大げさだったと非難を浴びたとしても、
無事だったのならばそれでよし。だったのではないでしょうか?
「もしもの時を思って住民の方に避難を呼びかけました」
そう言えば済む事だったのではないでしょうか?

報道として、この時の爆発の映像を何度もながし、
近くに住む住民の方、北に住む住民の方に知らせる事が出来たのにと
非常に残念です。

あの瞬間にもっと沢山の住民が即座に避難する事が出来ていたら、
最初に受けた大量の被ばくを避ける事が出来た人がどれだけ多くいた事でしょう

地元の報道としての
最低限しなければいけない事を放棄た事実を、自ら認めた番組のように思えます。






福島中央テレビは、以前ドイツの番組(ドイツテレビZDF局8/26放送番組(内容書き出し))内で使用された
3号機の水素爆発の映像部分だけのために、
Youtubeを「著作権侵害」でどんどん消していった
ことがあります。



Youtubeが消えた時のために。
同じ動画です↓
原発水素爆発 私たちはどう伝えたのか

続きを読むに福島中央テレビの「番組審査委員会」の内容を転記します

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。