FC2ブログ

日本外国特派員協会での記者会見・細野大臣12/19(動画・内容書き出し)

12月19日日本外国特派員協会での記者会見です。


細野豪志原発担当大臣:
このリスクを他の癌のリスクと単純に比較するのは、必ずしも適切ではありません。
なぜなら、他のリスクは個人の努力によって下げることができますが、
このリスクはですね、福島のみなさんにとっては、そこに生活する以上避けられないリスクだからです。

喫煙を少なくする、栄養のとれたバランスのいい食事をする
さらには運動不足をしないような生活をするという、
それを、県をあげてやることが出来れば、福島は長寿健康県になり得るんです。
我々は福島を、そういう再生の場所にしたいと思っています。

一方で水道水に含まれる発がん性物質であるクロロホルム
この物質の影響で平均して一日に2リットルの水道水を飲み続けた場合の発がんのリスクは・・・・・・



・・・・クロロホルムが出てきた(◕Д◕✫)オォゥ!!


社団法人 日本外国特派員協会 記者会見 12月19日



会見の内容を文字起こししました続きを読む

続きを読む

「のだ」って?後藤政志氏NPO立ち上げ・愛川欽也パックイン/ジャーナル③12/7(動画・内容書き出し)


後藤政志:
溶融物自身がどこにあって
どこが壊れてどうなっているかという事を把握できていない状態では、
制御出来ているとは言わないんですね。技術的には。
「制御もどき」ですね、「制御出来ていると思いたい」という状態だというのが私の考えです。
空間線量が400分の1になったのは確かにものすごく減っているんですね。
ですけど、そこの元。本来ある状態から比べるとずーっと、はるかに危険な状態であって、
その480倍、つまり500倍も通常にあるものを持って、「冷温停止状態」というのはいかがなもんですか?
ということなんです。


二木啓孝:
この、野田さんっていう人は誰に吹き込まれているのかな?って、ずーっといつも思うんですよ。

愛川欽也:
あの人って、その程度のことで含まれるような頭の人なんですか?

斎藤貴男:
いや、損得でいったらこれが得なんじゃないですか?
だってこの人は、財界とアメリカと財務省の言う事を聞けば長期政権だって信じていると思いますよ。
で、そういう人は、いい悪いを別にすれば強いですよ、何にも考えないんだもの。
色々考えるからブレたりね、するわけで、これはちょっと、恐ろしい人だと思いますね。



愛川欽也 パックイン・ジャーナル
「"原発冷温停止達成"とは何ですか」3


<コメンテーター>
田岡俊次(朝日ニュースターコメンテーター)、
斎藤貴男(ジャーナリスト)、
二木啓孝(ジャーナリスト)、
マエキタミヤコ(メディア・クリエイティブデ­ィレクター)、
横尾和博(社会評論家)
<コーナーゲスト>
後藤政志(元東芝原子力設計技術者・工学博士)


ここまでの内容はこちら↓
「冷温停止状態」って?後藤政志氏・愛川欽也パックイン/ジャーナル①12/7(動画・内容書き出し)
「絶対安全」って?後藤政志氏・愛川欽也パックイン/ジャーナル②12/7(動画・内容書き出し)




続きを読むに番組内容書き出しました

続きを読む

「絶対安全」って?後藤政志氏・愛川欽也パックイン/ジャーナル②12/7(動画・内容書き出し)

「玄海3号機で冷却水漏れ」の記事から読みとる
原発の安全とストレステスト
21世紀に生きる私たちの責任


後藤政志氏:
今回の福島の事故が最悪の事故だっていうんならね、まだ相談の余地がちょっとあるかもしれない
違うんですね、全く違うんですよ。
これはですね、放射性物質が出ているけれど、非常に少ないんです、まだ。
もし、メルトダウンしましてね、あの時、中で水蒸気爆発かなんかが起こって、格納容器が爆発したとします。1基。
そうしますとそこには大量の放射能が出ちゃって、周り中が近づけなくなります。
そうすると、1号機から4号機まで全部近づけないんで冷却不能で全滅するんです。
4基全滅です。
それで、全部ボコボコッって出てくる。
その状態は今の福島のレベルじゃないんです。
チェルノブイリのレベルでもないんですよ。
あり得るんです。最悪のシナリオとして。
それを我々は考えなくてはいけない。
だから、「最悪のシナリオがあってもいいんだ」ということを覚悟して原発を考える必要がある。
っていうのが私の主張です。

愛川欽也:
僕は後藤さんのいうことの方が野田さんよりも信用するんですよ。
多少の犠牲400年先まで、あちこちでいろんな事が起きてもしょうがないっていう事までも考えたうえで、
賛成するかどうかってい事を問われているんだよ。



愛川欽也 パックイン・ジャーナル
「"原発冷温停止達成"とは何ですか」2





<コメンテーター>
田岡俊次(朝日ニュースターコメンテーター)、
斎藤貴男(ジャーナリスト)、
二木啓孝(ジャーナリスト)、
マエキタミヤコ(メディア・クリエイティブデ­ィレクター)、
横尾和博(社会評論家)
<コーナーゲスト>
後藤政志(元東芝原子力設計技術者・工学博士)



続きを読むに番組内容書き出しました

続きを読む

「福島原発の今までと今後」 武田邦彦氏12/13・16の声(内容書き出し)

燃料が見えないまま政府は収束に向けた第2ステップが完了したと発表しました。
福島第一原発の今までと今後についての武田邦彦先生の考え方です。
13日と16日のブログの声を書き出しました。

もう、大きな爆発はないだろう。
原発敷地内はまだ放っておいて
それよりも敷地外に住む人を助ける。汚染水を海へ流さない。
今本当に力を入れてやらなければならない事についてのお話しです。


武田邦彦 「福島原発の今までと今後」




読者のご質問に答えて8. 福島原発の今までと今後(1) 原理原則編

福島原発について、今後の見通しをお話しします。
私は基本的には「福島原発報道」というのは、
福島をはじめとして3月の爆発で汚染したところが最優先であるということを隠す政府の戦略だったという解釈です。


読者のご質問に答えて9. 福島原発の今までと今後(2) 全体を見ると


福島原発は小さな爆発はあっても大きなことは起こらないことが「原理原則編」で判りましたが、
それでは今後はどのように考えたら良いのでしょうか?




続きを読むに声を書き出しました

続きを読む

野田総理の街頭演説中止(新橋)

野田首相が異例の街頭演説へ=一体改革アピール
時事通信 (2011/12/19-05:12)
 
野田佳彦首相は19日昼、東京・JR新橋駅前の街頭で演説する。
消費増税を含む社会保障と税の一体改革に理解を求めると同時に、
先の臨時国会で成立させられなかった国家公務員給与削減法案など歳出削減策に
全力で取り組む決意を示す見通しだ。
 
選挙の遊説以外で現職の首相が街頭でマイクを握るのは異例。
直接国民に訴える背景には、内閣支持率が低下する理由の一つに
首相の発信不足が指摘されていることもあるとみられる。
 
首相は昨年6月に財務相に就任するまで、平日の朝はほぼ欠かさず、地元の千葉県船橋市内の駅前に立っていた。 



野田首相「事実確認を指示」
産経ニュース 2011.12.19 12:23

野田佳彦首相は19日昼、金正日総書記が死去したことに関し、
「そういう報道があったということで、事実確認を指示している」と述べた。首相官邸で記者団に語った。

首相は東京・新橋での街頭演説に臨むため
同日正午に一度、首相官邸を出発したが途中で引き返し、情報収集のため官邸の執務室に入った。


という事で街頭演説は中止になりました
いま、Ustで新橋から生放送中です。



原発反対のプラカードを持っている人はみんな機動隊に捕まったと、今インタビューに答えている人がいます。



このブログは後で書きなおすと思います。



「冷温停止状態」って?後藤政志氏・愛川欽也パックイン/ジャーナル①12/7(動画・内容書き出し)

野田総理の冷温停止状態会見について


後藤政志:言葉というのはそれなりの、当然内容を表す訳ですから、
      「冷温停止」ってなんだろう?っていうと、
      普通は温度が冷えて、冷却出来ていて、ちゃんと収まったという、
      背景に収まったという意味合いが感じ取れるんですね。
      あのね、停止したっていう感覚がおかしいでしょ?
      爆発してメチャクチャになったものをね、停止とかっていう表現じゃないですよ。

愛川欽也:つまり見えないんだもの、見るどころじゃない。
      完全に分かってないものに対して日本の総理大臣が世界に向けてこういう事を言う事自体、
      これ、なんでこの方は、こんな自信を持って言えるんですかね?
      僕にはわからないね。

二木啓孝:「言葉のいい替え」って言いますか「誤魔化し」って言うね、
       「冷温停止状態」って、「冷温停止」とは違う訳ですよね。だから、「状態」って付けるでしょ。
       「~のようなもの」っていう事でしょ?
       「~のようなもの」ってたとえば、「女のような格好が」って言う時、中は男でしょ?
      
マエキタ:「安全です」って安全宣言の安売りをしていると思うんですよ。
     で、うちの中2の子どもはそれ見て
     「ママ、危険だって言っているよ」って言う訳ですよ。
     「安全だ」って言っているから「危険」に違いない。


愛川欽也 パックイン・ジャーナル 20111217
「"原発冷温停止達成"とは何ですか」1



<コメンテーター>
田岡俊次(朝日ニュースターコメンテーター)、
斎藤貴男(ジャーナリスト)、
二木啓孝(ジャーナリスト)、
マエキタミヤコ(メディア・クリエイティブデ­ィレクター)、
横尾和博(社会評論家)
<コーナーゲスト>
後藤政志(元東芝原子力設計技術者・工学博士)


番組の内容を続きを読むに文字起こししました

続きを読む

放射線と放射性物質を学ぼう、そして見てみよう。



なんとなく理解してきたように思える放射線
だけど、下記の動画を見たら、やっぱりまだまだ知らないこともありました
政府が収束宣言を出しましたが
今でも常に福島第一原子力発電所からは放射能が放出され続けています
改めて、ここでもう一度、原発から出てくる放射性核種ってどんなものなのか見直してみようと思いました





放射線と放射性物質について学ぼう




全ての原子核は陽子と中性子で出来ています
陽子の数と中性子の数は大体同じです
大部分の原資は永久に安定しています
しかし放射性原子は不安定です
ポップコーンの粒がはじけるのを待っているのに似ています

放射性原子はその生涯に一度崩壊します
自分の体の一部を放射線として投げ出します
放射性原子の一部は、二つの陽子と二つの中性子で出来た粒を投げ飛ばします
これがアルファ線です

別の放射性原子では、中性子が陽子に変身します
その時に電子を放り出します
これがベータ線です

ガンマ線はとても大きなエネルギーを持った電磁波です
ガンマ線は、原子が安定を確保しようとして別の仕方で崩壊する時に発生します

原子の種類が同じだと、崩壊の仕方も同じです
なので放射線を測定すると、どのような原子が含まれているか特定することが出来るのです。

放射線はその原子が何かを証明する手掛かりなのです

アルファ線はわずかな距離しか飛びません
皮膚や紙などで遮断できます

ベータ線はアルファ線よりも透過力があります
一部は皮膚を透過します
薄い金属で遮断することが出来ます

ガンマ線はこの3つの中で最も透過力が強いです
ガンマ線はX線とよく似ていて、皮膚を透過します
鉛やコンクリート、水で遮断できます

ウランが詰められた燃料棒です
その中の3%が貴重なウラン235です

ウラン235は分裂することが出来ます
ウランを分裂させるのに必要なものはたった一つの中性子です
中性子がウラン原子に出会うと、ウラン原子は不安定になって分裂してしまいます
核分裂の連鎖反応が始まります

核分裂によってエネルギーが発生します 
それと同時に新しい元素も生まれます
そのうちの一つがテルル137です

テルルは放射性廃棄物です
テルル137は不安定なので崩壊してしまいます
放射線を放出して放射性ヨウ素になります
テルル137は、約3秒ごとに崩壊します

放射性核種の崩壊は偶然起こるものなので、それが何時起こるのかを予測することはできません
わたしたちが知ることができるのは半減期だけです

半減期とは、放射性核種の半分が崩壊するまでの期間です

テルル137が崩壊して出来たヨウ素は、キセノンになって、それが崩壊してセシウムになります
この放射性セシウムは30年以上の、とても長い半減期をもっています

チェルノブイリからドイツ国内に降ってきて、我々に大きな被害を及ぼしたセシウムはたったの230グラムでした
この半減期の長いセシウムも、いつかは崩壊します
そして、その崩壊に伴って、再び放射線が放出されます
バリウムになって初めて元素は安定します
崩壊の連鎖反応はこの元素で終わります
バリウムそんものは放射線を出さないので安全です

放射性廃棄物がバリウムになる過程で放出する放射線が危険なのです


ところでウランは常に分裂するとは限りません
ウランは中性子を吸収することも出来ます
中性子を吸収したウランは超ウラン元素に変化します
そのうちの一つがプルトニウムです

プルトニウムは大変有毒で重い金属です
そして長い年月に渡って放射線を出し続けます
半減期は約2万4000年です

ただし、プルトニウムの崩壊の連鎖反応が終わって、最後に安定した鉛の元素になるまでには10億年もかかります

プルトニウム→ポロニウム→タリウム→

またプルトニウムは突然分裂して、他の不安定なありとあらゆる放射性元素にも変化します
プルトニウム→セシウム→セリウム→プラセオジム→ネオジム
プルトニウム→クリプトン→ルビジウム

この分裂によって、核廃棄物の中の放射性元素の数が膨大に増えるのです

放射性廃棄物の中で、今現在、どの元素が崩壊しているのか、誰にもわかりません
確実に梱包して、しまいこんでおかなくてはいけないということだけは、はっきりと分かります
それも、長い長い年月を

もし、燃料棒が水に浸かっていなければ、
燃料棒の温度は数千度に上昇して、そして溶けてしまいます

原発を止めた後でも燃料棒が高温の状態が何年も続きますので、水が無くなって燃料が溶ける危険は続きます

溶けた燃料棒は、しまいには圧力容器の外に漏れて出てきます
そして原子炉の床を突き破って外に出てしまうのです

1218.jpg

特に危険なのは、圧力が上昇して、格納容器や冷却用の太い配管が爆発する事です
放射性物質を含んだガスや粒子が外にばらまかれてしまいます
ヨウ素129と131、プルトニウム、セシウム134と137、ストロンチウム90
放射線医学に携わる者にはおなじみの放射性元素で
それぞれがどんな作用をもたらすか、チェルノブイリの事故の後十分に研究がされています

当時、初めに、ヨウ素129と131が大きな負担の原因となりました
空気中に拡散されたヨウ素が吸い込まれます
半減期が8日と短く、あっという間に消えますが、
一度甲状腺に蓄積すると、何年も後になってから発がんしてしまいます

セシウムは身体中に吸収されます
なかでも筋肉に多く吸収されます
セシウムの生物学的半減期は120日ですが、
それが終わってもこの世から無くなるわけではありません

※生物学的半減期
体内に取り込まれた放射性物質が代謝や排せつなどの生物学的な過程により
体外に排出され半減するのに要する時間のこと


30年経った後でも、土壌や植物から半分の放射性セシウムが検出されるのです

ストロンチウム90は骨にたどり着くことが放射性生物学者の間で知られています
骨格の中に取り込んで、骨髄と造血機能に害を及ぼします
ストロンチウムの恐ろしい点は、普通のガイガーカウンターでは見付けることが出来ない事です

最後のプルトニウムは、2万4000年の長い半減期をもち
何世代にもわたって環境に負荷を与え続けます
埃と一緒に吸い込まれたものが、肺や骨に蓄積します





続きを読むでは放射線が見える「霧箱」を紹介します

続きを読む

福島第一発電所三菱重工業関係ノロウイルス52名(東電会見・書き出し)

原発作業員52人がノロ食中毒か 福島、一部作業を中断
47News 2011/12/17 13:23
 
東京電力は17日、
福島第1原発で働く三菱重工業と下請け会社の作業員52人が15日から16日にかけて、
ノロウイルスが原因とみられる食中毒症状を訴えたと発表した。
担当していた汚染水処理に伴う廃棄物の貯蔵タンク設置工事を中断したが、
東電は収束作業全体への影響はないとしている。

東電によると、作業員らは同じグループだが複数の宿舎に宿泊しており、
15日にバスで移動する際に数名が発熱や嘔吐を訴えた。下痢の症状もみられ、一部は入院。
大半は快方に向かっているが、3人からノロウイルスが検出され、保健所に届けるとともに感染経路を調べている。

【共同通信】


東京電力記者会見 午前 12月17日



09:05東京電力 松本純一

本日、発電所の復旧作業にあたっている作業員の方で、
ノロウイルスに思われる集団感染が発生いたしましたのでご連絡させていただきます。

一昨日、12月15日になりますけれども、
第一原子力発電所の復旧作業に従事している三菱重工さんの関係者の方が、
広野町にございます重工さんの事務所からバスで第一原子力発電所に向かっている途中に、
集団で、おう吐、それから下痢、発熱を発症する事になったという事で連絡を受けました。

昨日12月16日になりますけれども、
それぞれの方の一部の検査の結果の中からノロウイルスが検出されたというような状況でございます。

12月16日までに発症された方につきましては、52名というふうに報告を受けております。

現時点では感染経路は不明でございます。
また、当社の社員、それから、その他の協力企業の社員には
現時点で発症は確認されておりません。

したがいまして、三菱重工さん、それからその関係企業の方には
あの、いわゆるアレバの除染装置の高濃度スラッジの貯蔵タンクの設置工事をしていただいておりますけれども、

現在その装置の復旧、建設工事にしましては一時中断をするという事でございます。




続きを読むに関係個所の質疑応答を書き出しました

続きを読む

武田邦彦氏「早川先生・日光への修学旅行・他」12月9日の声(内容書き出し)

武田邦彦氏

農家の人が「一生懸命作った野菜だから食べてくれ」と言ってもですね、
食べさせられる子どもとしては別の視点があるんじゃないか。
日光への修学旅行も「日光の人が辛いから」という言い方もありますが、
「被ばくする子どもたちは辛くないのか」という事も考えないと。

ちょっと日本人は精神的におかしくなったんじゃないかな?
東電の力に屈したのか、それとも・・・
あまりに放射線が恐くて判断力を失ったのか・・?





武田邦彦 早川先生のこと・他 2011.12.09



群馬大学が、火山学の早川先生を、ま、注意したっていいますか、処分したっていいますかですね、
そういう記事が流れておりまして、

大変にびっくりしております。


といいますのはですね、
前の戦争の時に、第二次世界大戦になる前ですね
やっぱり日本中が、「戦争しなきゃいけない」とか軍隊という非常に強力な組織に押さえられましてですね、
全員が一つの方向に行ってしまった。

この事に対して深い反省があって、憲法で学問の自由が定められただけでなくですね、
わたしのように戦後の教育を受けた人にとってみれば、何回もそういうことを教わりました。

昔は憲兵がきて、こうだこうだ、と。

今は自由に学者が発言できるという事によってですね、
正常な社会というものを取り戻すことが出来たんだという話を受けました。


もちろん昔でもですね、戦争反対といえばこういう話が出てきました。
「そんなことお前言ってね、満州で死んだ同胞をどう思うんだ」と。
「その人たちの家族の感情を逆なでているじゃないか」と。
いうですね、ことはありまして、これがまた、戦争の方にみんなを連れて行ったわけですね。

つまり、戦争っていうのは一回しますとね、そこで犠牲者が出ます。
その犠牲者の家族はやっぱり、それは辛い思いをしているのですから、
「もっと戦争しよう」「もっと戦争しよう」と、
あれだけ満州事変で死んだ人たち、ロシアで日露戦争の時に満州で命を落とした人たち、
そのお父さん、お兄さんの無念を晴らすためには、もっと戦争をしなければいけない。
という、そういう理屈が随分あったのですね。

この「人の心を傷つける」という言い方は非常に難しくて
全体的な状態と感情的なものを混合してしまいますからね。

えーっと、わたしはですね、実は早川先生は、
本当に、マップを、汚染マップを作っていただいて、
大変に多くの人々の被ばくを救ったと思います。

それから今回のことは、先生と直接お話しをしているわけではないので推定ですけれども、
やはりですね、汚染された野菜とか農家を作るという、作るという人達。
それにですね、やっぱり、警告を発したんだと思うんですね。

それは正しい警告じゃないかと私は思います。

それと、ここにですね、「もしも子どもが圧力団体を作ったら」という記事を書きました。

農家の人が「一生懸命作った野菜だから食べてくれ」と言ってもですね、
食べさせられる子どもとしては別の視点があるんじゃないか、


それから教育委員会、
せっかく文部科学省がですね、
1年500ベクレルという基準を、給食については一年40ベクレルにするという事を発表してもですね、
測定器が買えないからと。

ま、測定器というのは、一番、どんなに高くても300万ですが。
それもちょっと子どもの方に圧力団体があったら違っていたじゃないかとおもいますね。

それから、日光への修学旅行というのもですね、これから行われるようですけれども、
日光は不幸にして放射性物質が降ったわけですね。

で、「日光の人の気持ちになったら」っていう、そういう言い方もありますけれども、
「連れて行かれる子どもの身になったら」っていうのもあるんですよね。


大人は一日3000人だった観光客が20人になったんですから、
児童もですね、300人のうち2人しか行かないんでしょうかね、
つまり自由意思ですと、多くの人が行かないというところに、
修学旅行で連れていくと。


これは「日光の人が辛いから」という言い方もありますが、
「被ばくする子どもたちは辛くないのか」という事もですね、やっぱり考えないといけないんじゃないかと思いますね。

一時 美しい日本という話がありましたが、
本当に、それを思い出す残念な結果です。

まァ、それから私ですね、じつは・・
「放射線が入ってもいいと、別に子どもに食べさせてもいいじゃないか」という話があるのには
ちょっと疑問があるんですね。

ホルムアルデヒド事件というのが昔ありましてね、

キャラメルの中にホルムアルデヒドが0.04ppm入ったんですよ。
もう、これ、ものすごいバッシングがありました。
マスコミは叩きに叩きましたね。

だけど、ホウレン草やシイタケには相当量のホルムアルデヒドがありましてね、
自然の食品に対して、まぁ1000分の1ぐらいの量が入ったんですよ。
しかしマスコミのこの時の論理は
「とにかくホルムアルデヒドはあっちゃいけないんだ」
自然の食品にあろうが無かろうがそういうものを入れちゃいけないんだという事で、
毎日キャンペーンを打ってですね、ついにキャラメル600万個を捨てました。
捨てざるを得なかったんですね。


だけど私はね、この頃のマスコミの報道を見ていますと私は信じられませんね

あの時のキャラメル騒動
ホルムアルデヒド騒動は何だったんだろうか?

もちろん原発からの放射性物質が食品に入っちゃ、給食の食品に入っちゃいけないのは決まっていますんでね。
まぁ、あの時の考えと同じ考えをしますと、

「1年3マイクロシーベルトも許せない」という事になるわけですね。

今、1年、それの1000倍以上の5ミリシーベルトを子ども達に食べさせているんですね。

そういう事があるとですねやっぱり、学者の方は
「それはちょっと、考えられない」と思われて、
早川先生のように一生けん命それをですね、
何とか分かってもらいたいと思ってくる学者が出て来るのは、またいいし、

そういう考えを広く認めながら、みんなで議論するという事でしょうね。

この前、ある主婦の人と話していてビックリしました。

汚染されたところをですね、東電に綺麗にして下さいと、
わたしだって、他人の洋服を汚したら謝ってクリーニングに出すんですと。
こう言ったらですね、相手の男性がですね、
「そんなこと言うんだったらお前電気使うな」って怒鳴ったそうですよ。
いや、ま、これもう、本当にびっくりしましたね。

もちろん我々の仕事は何らかの形で社会に役立っているのですが、
社会に役立っているからと言って犯罪を犯していいという事じゃないんですよ。
しかも犯罪を起こした方がですね、被害者を脅すというケースですからね、この場合。

やっぱりちょっといけないと思うんですが、
わたしはね、これを聞いてどう思ったかというと、

ちょっと日本人は精神的におかしくなったんじゃないかな」と
もともとやっぱりそういう民族じゃなかったんじゃないかというふうに思いますね

そういう点で、東電の力に屈したのか
それとも、あまりに放射線が恐くて判断力を失ったのか

どっちかな~、って思いましてね、

この話はちょっと度が過ぎているので、
わたし少し、逆にですね、東電を非難するというよりか、

もう、日本人どうしちゃったのかなー?っていうですね、そういう思いに駆られました。


ーーーーーー


早川由紀夫氏:
で、それが武田さんの目にとまって、誰かが、読者から、
「柏は測定誤差ですよ」みたいなことを武田さんが書いて、武田さんにも見放されて
「だめだなー」って思って・・・・

↑ 大丈夫ლ (。◕ˇε ˇ◕。ლ)武田先生に見放されていませんww


ーーーーーー


続きを読むに武田先生のブログ「もしも子どもが圧力団体を作ったら」を転記

続きを読む

放射線になんか負けない! 肥田舜太郎氏の負けないメッセージ。

放射線になんか負けない! 
肥田舜太郎氏の負けないメッセージ。





わたしはひとつだけ、
わたしはできることが一つだけあるんです

それは、沢山の被ばく者と一緒に生活をして、
この人達も、「いつ癌が出るか」「いつ、晩発がでてくるか」を心配しながら生きている
明日出るのか子どもはどうすりゃいい

そういうのにくよくよしないで、
どっちみち、あんたは放射線にやられちゃったんだ。
今更、医者に行って「これ全部出してくれ」、「綺麗な身体にしてくれ」って言ったって誰も出来ないんだ

そうなったら腹をくくって開き直るよりしょうがないんだ。
もうやられちゃっているんだから。

いつかどこかで病気が出るかもしれない

「出るもんなら勝手に出やがれ」と、腹据えて開き直って生きなさいと、

で、一つできることがあるの。
親から貰った放射線に対する免疫の力をみんなもらっている。
これは人によって、強いのもあれば弱いのもある。
バラバラだけど持っていることは間違いない。

その持っている放射線への免疫の力を絶対に今から落とすな。
つまり、自分の生活の仕方が悪いために、それ(免疫)がどんどん薄くなって無くなってしまう。
それだけは絶対にやめる。

今あるものをそのまんま、生きられるだけいっぱいにそれを使って生きようじゃないか

それは・・あんたが、どんな病気にも努力して俺はかからないと健康を保って生きる。
これは人間にできるんだ。

その一番簡単なやつをいくつか教えるから、いっしょにやろう!

それは、
まずやることは、早寝早起き
夜遅くまで深夜テレビ見て、ゲラゲラ笑ったり涙流したり
寝坊して、朝、飯食う時間がなくて、布団の中で
そういうようなだらしない生活は明日から止めようと。
あんな深夜テレビ見ていてあんたどれだけ楽しいんだと、
「くだらないものを見て」っていうとね、
「本当に早寝早起きしたら大丈夫なのか?」って

だいじょうぶなんだ。理由がある。

それは、人間が地球の上に生まれてきたのは今から4000万年前って本に書いてある。
4000万年前って言ったらいつごろなのか、そんなもん想像もできない。ずっと昔だ。
でもその生まれてきた時は、地球の上は
自然の放射線と紫外線がいっぱいあって、僕ら人間はそれに当たってどんどん殺されたんだ、初め。

でも、殺されても殺されても後から生れる人間がね、
困難な条件の中で人類というものを絶やさないために一生懸命生きてきた。
それで何万年か何百万年か何千万年かの間に、自然の放射線に対する抵抗力を人間は作ったんだ。

この作った時のずっと状態を見ると、
人間にとって熱は太陽、光は太陽しかなかった。
電気なんてもんはもちろんないし、ろうそくの光もなかった。
何にもないところでみんな一生懸命生きてきた。免疫を作ってきた。

だからその免疫を作った時の
「太陽だけしかない」
その時の条件で免疫を作ったんだから、
出来るだけその時の状態に近い生活をして免疫を守ろうじゃないか。

それには、夜は寝る。
昼間太陽とともに起きて働く。
これが一番人間にとって自然で、一番正しい生き方だ。

それからもうひとつ。
昔からばあさんが、「お米は30回噛め」
中には、まねてやってみようと思ったって、面倒臭くてそのうち大抵続かない。

でもそれは、ちゃんと根拠があるんだ。

お米の栄養は、胃袋でいくら立派な胃液が消化しようとしても、全然胃液では作用しない。
作用するのは口の中なんです。
唾にあるジァスターゼという酵素だけがお米の栄養を化学的に変化させて
それで腸に行って、腸の細胞が100%それを吸収できる
その形になおすのが唾のジァスターゼなんです。

だから、30回噛めというのは別にドロドロに噛みつぶせという意味じゃなくて、
パクパクやることで唾がいっぱい混じると、
それであなたの食べるお米は100パーセント腸で栄養として吸収される。

ところがあんたは、夜遅くまで起きているから
朝、布団の中でジーッ!って目ざましがなると手で押さえて「まだ1分」と寝ている。
それでどうしようもなくなってはね起きて、
飯食うなんて時間はないから30回噛むなんて我慢できない。
結局はろくすっぽ噛みもしなきゃ食いもしないで駅へすっ飛んで行って、卵かなんか食って、
「もう栄養はたっぷりだ」と思って会社へ行く

そういう生活をやるのは僕らから見ると「緩慢な自殺である」

だから、早寝して早起きして、朝食の時間をたっぷり作ると。
これがあなたの健康を保つ上で何より一番大切なことです。

タバコは全部ストップ!今日からやめる。
そういうことで免疫を、今持っているまんま大事にして、
放射線の病気が起きてこないように

自分が、自分の命の主人公になって「生きる」というために一生懸命に生きるんだ

自然に何となく生きている
それじゃぁ放射線に負ける。

という話しをして、
日本全国の、ま、今生き残っている21万か
30万から40万位のの被ばく者の人にそういう事を教えて、
ま、分かる人が一生懸命頑張って、70,80越えて長生きしています。

だから今、「赤ん坊と一緒にどうやって生きたらいい?」っていうお母さんに
難しいとは思うけれども、頑張って、その理屈をちゃんとわかった上で
まず、夜は早く寝る、何があっても。
そして朝は、悠々と起きて、奥さんならば家族の食事の準備をしてね、
そういう事も全部普通にやって、生きてごらんなさい。
「風邪ひとつひかない」。「どんな病気にも自分は絶対にかからない」。
そういう決意を固めて、
ぼやっと生きるんじゃなくて、

「わたしは今日も一生懸命生きるんだ」と思って、朝から生きなさい。

そういう話しをします、
たったそれだけの事でも何にも無いよりは頼りになる。
だから私の話しを聞くとみんな、「おかげさまで元気が出ました」と言ってくれます。

ああ、嘘じゃない。
それしかないと私は思っています。

どうか、今日の私の話しを聞いて、少しは、「あ、そんなもんか」と思われた方は、
明日からみなさんの生活の中のわずかなその時間を
核兵器を無くすことと、原発を直ちにやめる。
この二つの事に役立つ努力を、行動でやっていただきたい。

これだけのみなさんの数が、1時間に、1日に、隣の人と10分話しする、みんなが努力を続けて下されば
日本の国は変わることが出来ると思います。

どうも時間が来たようです。
長いことお話しをして、どうもご静聴ありがとうございました。  




肥田舜太郎氏「放射線に負けないで生きていく方法」12月7日世界被ばく者展
(動画・肥田氏の講演部分全て書き出し)


上記動画より、一部音声取りだしました。


肥田先生の話を聞いて、
わたしは今日も一生懸命生きるんだって思って、朝から生きていきます(○`ε´○)ノおぅ♪




野田首相、冷温停止状態達成を宣言12/16(会見内容全て文字起こし&おまけあり)

福島第一発電所事故の冷温停止状態の日本国総理大臣の記者会見。
この会見を見ていて、歴史に残る会見のように感じたので
野田総理の言葉を全て書き出しました。


あのめちゃくちゃの原発1号機から4号機全てが冷温停止状態になったんですよね、すごいですねー
さすが日本人。他の国の人だったら、こんなに早く冷温停止状態になるなんて出来るはずない。
溶けて流れた核燃料は気にもせず
100度以下になったんですものね、
そして、一刻も早く避難している住民を戻しちゃいたいんですよね

とにかく、今日はおめでたい日の筈です、
建屋がっ吹っ飛んで、ボロボロで、爆発して
まだまだ放射能がムンムン出ていて、海にまで流してて・・・

でも、冷温停止状態になったんですね。



冷温停止状態、(ノ゚∀゚)ノ⌒・*:.。. .。.:*・゜゚・*おめでと~☆


 ※()内、書き出しながら耐えきれずにつぶやいちゃった私の気持ち。邪魔だったらゴメンナサイ。










<福島第1原発>野田首相、冷温停止状態達成を宣言
121611



http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg5623.html

↑ 首相官邸の動画サイトです。会見はここで見られます。


本日は原発事故に関する大きな使命を迎えましたので
冒頭わたくしから国民のみなさんにご報告をさせていただきます
「福島の再生無くして日本の再生なし」
就任以来わたくしはその言葉を何度も口にしてまいりました。
福島の再生の大前提となるのは福島原発事故の収束であります

3月11日に事故が発生して以来、まずは何よりも原子炉の状態を安定させるべく
国の総力を挙げて対応してきたところであります
原発の外の被災地域では、いまだに事故の影響が残されており、本格的な除染、瓦礫の処理
避難されている方々のご帰宅など、まだまだ多くの課題が残っていることは事実であります。

他方、原発それ自体につきましては、専門家による機密な作業を受けまして、(どんな専門家?)
安定して冷却水が循環し、原子炉の底の部分が、底の部分と格納容器内の温度が100度以下に保たれており、
万一何らかのトラブルが生じても敷地外の放射線量が十分低く保たれるといった点が
事実的に確認されました。
(もう一度大きな地震がきても、停電しても、大丈夫って事なんですね?)

これを受けて本日わたくしが本部長を務める原子力災害対策本部を開催をし、
原子炉が冷温停止状態に達し、発電所のそのものは収束に至ったと、判断をされる。との確認を行いました。(「冷温停止」じゃなくて低温停止状態??・・・状態ね、新語ですw)

これによって、事故収束に向けた道筋のステップ2が完了したことを、ここに宣言をいたします。

事故発生以来、福島のみなさんはもちろんのこと、
全ての国民の皆様、そして世界中の皆様に、多大なご心配をおかけし大変ご迷惑をおかけしました。
申し訳ございませんでした (←ここ、声がちっちゃかったので字も小さくしました)

このたび、原子炉の安定状態が達成されたことによって、
皆さまに不安を与えてきた大きな要因が解消されることになると考えます
(わたしの不安は解消されていません。)

ここに至るまでに数限りない方々の献身的な取り組みがありました。
その事に今改めて思いをいたしたいと思います。

放射線被ばくの危険にさらされながら、
命を削るような思いで事故発生直後に注水作業などに携わっていただいた消防、自衛隊、警察の関係者。
夏場には熱中症の恐れもあった、過酷な現場に置いて、昼夜を問わず作業を続けて下さった作業員のみなさま、
治験や技術を惜しみなく提供していただいた、内外の企業や研究機関などの方々。
日本を原発事故から救うために行われた英雄的ともいえるべき献身的な行為の数々に
国民を代表して改めて感謝を申し上げます。

また、原発の敷地内では全国各地から届けられた無数の折り鶴や寄せ書き
横断幕などが今も飾られております。
これらは厳しい局面で現場での大きな心の支えになったのではないかと思います。
関係者の懸命な取り組みに対して、
国民各層から寄せられた温かい心遣いに対して改めて感謝をいたします。

これによりましてステップ2は完了いたしますが、
原発事故との戦いが全て終わるわけではありません
これから原子炉については事態の安定を目指す段階から、廃炉に向けた段階へと移行します。
政府としては改めて、今後のロードマップを明快にし、
発電所の安全維持に万全を期しながら廃炉に至る最後の最後まで全力を挙げて取り組んでまいります。

原発の外での今後の課題は、除染、健康管理、賠償の3点を徹底し
それによって避難を余儀なくされている住民のみなさんが
安心して故郷にお戻りいただき
以前の生活を再建できる環境を一日でも早く造り上げることでございます。

そのため、避難指示の見直し、政府としての考え方を、近々お示しをする予定でいます。

続きまして個別の課題と政府の対応について簡単に説明をいたします。

まず第一は除染です
住民の皆様がお戻りいただけるよう、病院、学校などの公的サービスの再開を進めておりますが、
進めてまいりますが
最大のカギとなるのはいうまでもなく放射線の徹底した除染であります。(野田さん除染に行って下さい)
作業が少しでも早く進捗するよう、予算と人員を大規模に投入してまいります。(東電36人に依頼とボランティア)
予算につきましては、これまでに4640億円を確保しており、(このお金は除染でも儲かる原発企業に)
来年度の予算要求と合わせると、当面の費用として1兆円を超える額を(避難の人の費用にして欲しいです)
用意したいと考えております。(考えているだけなのね)
事業の進捗次第でさらに必要となれば、国が責任を持って予算を確保します(除染は成功する??無理と思う)
人員につきましては除染作業に従事する担当者を大幅に増員しまして、
来年1月中に総計200人規模の態勢を整え、4月には400人規模といたします。
現場で実際に除染作業に従事する作業員につきましても、
早急に教育体制を整備し、4月を目途に3万人以上を確保する予定としています

第二に住民のみなさんの健康管理の徹底でございます
具体的には内部被ばくを検査するホールボディカウンターにつきまして、
福島県内にすでに2台設置されているところでありますが、
新たに5台を追加で購入し、検査を大幅にスピードアップいたします
(内部被ばくを測らなくてもいいところに住民を逃がして下さい)
また、とりわけ子供たちによる放射線の被ばく量や健康に対する被ばく量には万全を期していきます。
(子どもが危ないって事知っているんだ・・・(>_<):)

すでにこの10月から、震災時に18歳以下であられた
全ての福島県民を対象として、甲状腺検査を開始しているところです
(ヨウ素剤を配らなかったのは誰だ!)

11月中旬からは、福島県立病院での検査だけではなく、(この病院あの、山下俊一?彼だけには診察して欲しくない)
医師や検査技師からなる5つのチームを編成し、県内の学校や公民館などで巡回検査を行っています。
(この発言が首相として国民の命を守るっていう大事なことに反している事に気がつかないのだろうか・・)
毎月約1万人ペースで検査を受けていただいているところであります。

さらに福島県内の学校、幼稚園、保育所、公園など多くの人の集まる場所には
設置希望のある全ての場所に線量計を置き、放射線量をリアルタイムで監視いたします。
(リアルタイムで監視されているところに住む人って?
こんなもの付けるくらいなら安全な場所に避難したほうがいいんじゃない?
避難のための十分なお金を出すことの方が大切だと思います。)

2月中旬までに2700台を装備する、整備をする予定となっております。

合わせて食の安全については、基準値を超えたものが決して流通することのないよう、(牛肉もミルクも出回ったし・・)
きめ細かく検査を行う体制を強化し徹底をいたします(高すぎる基準値だから、徹底できたとしても意味ない)

かつてお知らせした通り、私は官邸で福島産のお米を美味しくいただいております。
(野田総理の自宅に福島のお米を全部送って買い取っていただきたいです)

国民の皆様におかれましても福島の復興を応援するためにも
安全が確認された食品に対しては安心して口にしていただきたいと思います。
(安全確認の基準が高いのです。しかも全品検査ではないから、安全の確認のしようがない)

第三に原発事故によって生じた被害の賠償についてであります
あくまで被害者の皆様の立場に立って、迅速かつ適切に進められるよう、国としても支援体制を整えています。
(東電に放射能を無主物と言わせないでください)

具体的には原子力損害賠償支援機構を通じ
賠償に必要となる資金の供給を行う共に、(事故後の通算で子ども40万円おとな8万円だっけ?)
賠償を受けられる周辺住民の範囲についても、(東京電力の冬のボーナスは一般社員で37万円だっけ?)
先般自主避難をされた方も含め対象の拡大を測ったところでございます。(9か月で8万って・・・何が出来るんだろうか)

また、弁護士などのチームによる訪問相談なども行っています。
被災者の皆様が、賠償請求が、賠償請求を円滑に進められるような支援を円滑に進めてまいります。
(なら、二本松ゴルフ場にも賠償金を払って下さい)

最後になりますが、福島の再生無くして日本の再生なしという思いに、いささかの揺るぎは御座いません。
その事を何度も何度も繰り返して申し上げたいと思います
(チェルノブイリ事故では除染を断念して廃村となった村が沢山あるのに、日本人なら出来るって事なんですね。
日本人って、他国の人よりすぐれている人種なのかな?特別な生き物??)

これは国家の挑戦であり(挑戦で税金の無駄使いしないで欲しい、挑戦に人の命を巻きこまないで欲しい)
そして、人類全体の挑戦でもあります。(海に汚染水流して、世界中に迷惑かけていること、この人理解している?)

わたくしは福島が世界と日本の英知を結集し、
人々の勇気と意志の力で人類の未来を切り開いていく場所として思い起こされる日が必ず来るものと信じています。
(放射能は怖くないと信じていれば日本人は放射能に勝てるっていう事なんだね。勇気を持てば、放射性物質は無害になるんだ。な~んだ、簡単じゃない。核のゴミも勇気があれば処理できて無害になるんだって事だ
意志の力で放射能は無害になる。念力だd(◕‿-。) ネ❤)

ふくでま、福島ではすでに、さいそうかのう、再生可能エネルギーの推進や、
医療関連産業の集積といったプロジェクトによって、新しい福島を作ろうとする構想が生まれています。
国としても地元と一体になって、こうした構想の実現の推進をしてまいります
(医療関連の集積という言葉が引っ掛かる)

すでに先般成立をした3次補正に於いて、福島再生のための基金を設けており
福島県内への企業立地促進に1700億円を用意するなど(命より金か?)
総計5000億円を超える支援措置を講じたところです。

さらに加えて来年の通常国会に、
福島復興再生特別法案を提出をいたします。
地元のご意向をお伺いをしながら、法案化作業の提出を進めていきたいと考えています。
(福島市民のための法案になるとは信じることが出来ない。市民のためでなく企業、行政のための法案?)

今後とも住みなれた故郷を離れざるを得ない皆様が、
1日も早くご自宅にお戻りになり(100万年後?)
生活を再建できるよう政府一丸となって取り組みます。
(汚染されているところに無理やり返さないでください。そうじゃなくて原発にひとたび事故が起きると、住めなくなっちゃうことを認めて欲しい。)

福島の再生にも全力を尽くしてまいります。
こうした決意を重ねて申し上げ、わたしからの冒頭発言とさせていただきます。
わたしからは以上でございます。


ーーー質疑

司会:それでは伊藤さんどうぞ

伊藤:ステップ2終了に関して政府内では異論は出なかったのか?
 住民からも異論はなかったのか?

のだ:
今いただいたステップ2の官僚冷温停止状態というのがどういうことかっていうのは、
もともとこの春に菅政権の時にまとめたですね、(他人のせいにするのか、)
いわゆる事故収束に向けた道筋がロードマップの中で定義として出てきているんですよね
それ、ゴホンッ それを先ほど冒頭発言で申し上げましたけれども
一つは圧力容器底部の温度が100度以下になるという状況が確保されると、
それから格納容器からの放射性物質の放出を管理出来るようになって大幅に抑制できるという事
この二つの状況を維持するために循環システム冷却システムの中期的な安全性が確保されること、
こういう条件がありました。
それぞれの条件を専門家の方々のご意見をお伺いしながら、(専門家誰?)
最終的には保安員にも確認をしていただいて、
原子力安全委員会にもこの報告がなされて、(全部仲間だね)
全ての条件が満たされるということの確認がされたわけです。

それを踏まえて、今日原子力災害対策本部、これには全ての閣僚が参加をしておりますけれども、
全ての閣僚が参加をしている中で意義はなく
ステップ2の完了という事、冷温停止状態の宣言をするということを
それはみんなで決めたという事でございます。

一方の、これは先程の冒頭発言でも申し上げましたが、
炉の問題は今はこういう状況なんですが、それ以外の、いま、
水周りの話しも今色々とご指摘いただきました、その他除染ですとかね
さまざまな瓦礫の処理とか、課題があることはこれは変わりません。
したがって、原発事故との戦いが終わったわけではないんです(誰も終わったなんて思っていない)

終わったわけではないんですが、でも、客観的事実に基づいて冷温停止状態にはなり得たと、
これが一つの区切りであるということで今日宣言させていただいたという事でございます。

あの、廃炉にこれから向かうまで、本当に息を抜かずに努力していかなければいけないと思いますし、
ご指摘いただいた課題についても、あるいは情報の開示の問題を含めても、
これまでの反省事項をしっかりと反省をしながら
国の内外にきちんとこれからも説明し続けていきたいと考えております

司会:それでは次の方、坂尻さんどうぞ

坂尻:
朝日新聞坂尻です
避難指示区域の見直しについてのお示し
の方向性としてどういう形の見直しを考えているのか?
帰宅が長期間にわたって困難な方々への具体的な支援策は?

のだ:
被災地に於いては、未だになお厳しい状態にいる避難者のみなさんがいらっしゃいます
その事を思うと本当に胸が引きしめられるというそういう思いでありますけれども、
ステップ2が完了したことによって、
先ほど申し上げましたけれども、警戒区域避難指示区域の見直しを、行っていきます。
これについては、福島県や関係市町村のお話しもよくお伺いしながら密接に相談をしながら、
速やかに検討を進めていきたいと思いますし、
今週末には細野大臣枝野大臣平野大臣、関係大臣には福島県に入って、
県や関係する市町村とこの事についての協議をさせていただきたいと考えているところでございます。

で、もう一つのご指摘の高線量地域での問題なんですね。
ご指摘の通り相当量の期間に渡って、帰宅が困難になるような区域が明らかになった場合にはですね、
その場合にはですね、これはやっぱり国が責任を持って、ちゅ、長期的な対応策を検討しなければいけませんが、
今、具体的に土地の買い上げ借り上げのご指摘もございました。
そういう事も含めて、含めて、市町村とよく協議をしながら、考え方を、取りまとめて、いきたいと思っております。

司会:それでは佐藤さんどーぞ。

佐藤:
日本テレビの佐藤です
今党内で議論している消費税の問題について聞きたいんですけど・・・

ーー原発の本日の問題とは内容が違うので省略しますーー


司会:それでは伊藤さんどーぞ

伊藤:
AFP通信社の伊東と申します
福島第一原発の国の管理の仕方についてお聞かせ下さい。
例えば1Fの国有化という事に総理はどうですか?

のだ:
あのー、来年の春を、めどに、いー、東京電慮気うと原子力賠償損害機構、一緒にですね、
総合事業復興計画というのをまとめることになっています。
その際に円滑な賠償の実施が出来るように、
幅広い可能性から様々な選択肢を検討するように指示をしているところでございますので、
政府としてもあらゆる可能性を念頭に於いて検討するという事でございまして、
いま、あの・・ストレートに国有化というお話しがございましたけれども、
ゴホン!なにかを、別に今決め打ちをしながらその議論をしようという事ではありませんが、
ま、あらゆる可能性を念頭において、来年の春までにその議論をして集約をしていくということであります。


司会:山口さんどーぞ

山口:
NHKの山口です
今日総理は発電所の事故については収束という言葉を使いましたけれども、
被災地から見るとなかなか容認できない気持ちが強いと思うが、
総理は収束という言葉を使う事によって、違和感を思えるという事はないですか?

のだ:
あのー、さっき整理をさせていただきました。
あの、いわゆる炉本体のオンサイトの問題は、冷温停止状態というのはどういう事なのかということは、
この春にロードマップを作ったころから決めていますので、
その基準、定義にあてはめる状態になったかどうかを検証してきましたなかで、
さっき、3つの観点を申し上げましたけれども、それぞれが確認できたという事ですので、
いわゆる、第二ステップが完了したという事は
これは今までの手順を考えても、考え方の一つのゴールとしても、これは、ご理解いただきたいと思うんです。
一方で、被災地のみなさんの感情としては
「まだ除染があるじゃないか」
「賠償があるじゃないか」
「どうやったら生活再建できるんだ」
「どうやったら1日も早く故郷に戻れるんだ」という、お気持ちがあるという事は、
これはだからオンサイトじゃなくてオフサイトの問題として、
様々な引き続き、課題があるという事は私もさっき認めたとおりであって、
今回の事故に対する対応はこれで終わったわけではない。

これで終わったころではないという事を強く胸に ひ、秘めて、
むしろ今申し上げた課題についてはこれまで以上に力瘤を入れて解決を急いで、
という、そういう整理の仕方で、是非被災者の皆さんにはご理解を頂きたいと思います

ステップ2が終わったから、政府のいろんな対応が手を抜いているとか、
福島の力ですよね、我々がどんどん力をそいでいくという事は全くありません。
これまで以上にやらなければならない事、
さっき予算の話し、人員の話しもしました。
そういうことを徹底してやっていきたいと考えております。


司会:それでは高塚さんどーぞ

高塚:
毎日新聞の高塚です。
国家公務員給与の削減法案について

ーー原子炉の本日の話題ではないので省略ーー


司会:神保さんどーぞ

神保:
春に作成したロードマップの定義にのっとってこの度冷温停止状態という宣言をするそうですが、
春の段階ではですね、まだ東京電力も統合本部も
原子炉がメルトダウンおよびメルトスルーしているということを認めていませんでした。
つまり、その段階では原子炉の中に核燃料が入っているという事を前提とした定義が、
そこで優位を呈していた訳ですね、その後メルトダウンをしてメルトする―したことを認めていて
今は、格納容器の中には核燃料がほとんど入っていない、あるいは全く入っていない可能性すらいわれている時に
圧力容器の底部の温度が100度以下になったので冷温停止だという定義は
非常に違和感を持つ方が多いと思うんですが、
それは総理はどう考えているか、
あるいは、外に出た燃料がどのような状態になっているかを実は誰にも分かっていないという事は確定です。
にもかかわらず、今ここで低温停止宣言、収束宣言をされるという事が、
何故か拙速のような感じを受けたんですが、

何故今、あえてここで収束宣言
燃料が出た、出た燃料がどうなっていうのかが分からない状態で
何故収束宣言されるのか、その辺のお考えをお願いします



のだ:
圧力容器の底部、いわゆる底の部分の温度だけではなくて、
格納容器全体の温度もそれそれいろんな場所を測りながら出している結論であって、
圧力容器底部ももちろんですけれども格納容器全体も冷温の状態になっている、100度以下になっている。
しかもそれが安定的であるという事を確認した(だれが?どうやって?)ことが今回のステップ2になっていて、
別に圧力容器底部だけの話しではない。
もともとロードマップにも書いてございませんで、
格納容器の全体のはないsも含めて全体の判断をしたという事でございます。

(核燃料が溶けて落ちて、どこだかわからないと言った質問に答えてなーい!><;)

司会:
次の方どーぞー!!

(答になっていないので神保さんが質問しているのに・・・次の方どうぞだって!)

司会:
すみません円滑な進捗にご協力ねがえますか?
それでは村尾さんどーぞ

(ものすごい強引な司会進行><;・・・そして読売に振るww)

村尾:
読売新聞の村尾です
エネルギー政策のご見解について聞かせて下さい
特に原発の再稼働とか新規原発についてのお考えを

のだ:
あの、ま、原発の再稼働はですね、
まず事業者がストレステストを行う。
そのストレステストの評価を原子力安全委員が行うと(泊原発の時会議で読んだだけでOKになった)
それについて今度は原子力安全委員会が確認をし、(めくら判??)
それらのプロセスを経た中で、最終的には地元のご理解とか国民のご理解とか、
進めているかを含めて最終的には最終政治が判断をし、
そして、安全が確認されたら、政府が前面に立って地元のご説明に行って
(原発の事故は地元だけでは収まらないのですが・・・)

稼働に向けての取り組みを行うというのが、これまでの、
あの、何回も確認してきた、このプロセスでございますし、
すでに現時点で7つの案件ほどが、ストレステストの報告が出てまいりました。
それぞれ事業の、・・・いま保安院で評価をしてる段階でありますし、
それはやっぱり公開性という事もあって、
説明会的なこともやっていると、
そのなかで、保安員の今評価が出ようとする
そういう、いま、プロセスにあるという事でございます。
それらを、ま、これまで通り粛々とやっていく中で、え-、ま、
どれだけ稼働するのが出てくるのかという事だと思います。

司会:えーー、それでは時間も過ぎていますのでこれで記者会見を終了させていただきます
どうも大変ありがとうございました
ブチッ!(突然の終了宣言)

12161


ーーーーーー

一度も正面を見て話さない野田総理
確信をついた質問にはちゃんと答えず、
声には聞き取りにくい程、力がない、しかも言いよどむ。
一国の総理ともあるべき人ならば
もっと自信を持って正面を見据え、ギラギラした目で、
腹から声を出し、語尾までしっかりとマイクがなくても全員に聞こえるるように力強く話すべきだと思う。
冷温停止状態したことが本当ならば、とても喜ばしい事なのだから、
自信を持って会見して欲しかった

野田はサイテーだった・・・

ーーーーーー




アメリカBBC放送の反応
「人々が故郷に戻って生活するめどは、まだ立っていない」

ニューヨークタイムズ
「専門家は『冷温停止状態』の宣言を強く疑問視している」としたうえで、
「年内にステップ2を達成するという公約を果たすための、現実を無視した宣言であり、
原子炉の安全性への脅威から目をそらせることがねらいだ」と伝えています。



9時NHKニュース
細野大臣が出ていたので、ちょこっと話の内容を書き出しました


細野大臣:
原発に関して、これ以上皆さんに迷惑かけることはないと思う
収束のポイントはいろんなトラブル(今後の地震とか津波などの)に対してどれだけのトラブルに耐えられるか
それに克服できるかがポイントだ、
これならば乗り越えられると判断したので冷温停止状態にした
科学的な判断に基づいて判断した、政治的判断ではない。
いろんなケースがこれからもあると思う。
これから30年に続いて様々なことが起こると思うが、
廃炉に向かてという質的に全く違う状態に入ったということです。

避難区域の判断は地元のみなさんの意見が大事です
非常に高い線量でなかなかご帰宅できない場所があるのは事実です
最終的な判断は福島県のみなさんの意見を聞かせていただいたうえで判断するのがいいと思う
今週末に福島に行って、ご意見を聞いて、慎重に検討したいと思っています

小さいお子さんをお持ちのお父さんお母さんには「もう帰れないかもしれない」とおっしゃっていましたが
申し訳ないと思っています
今は可能性を探る時です
除染をしっかりとして今は福島のみなさんが安心して生活を出来るようにしていきたい。
警戒区域のインフラの調査をしているのでインフラ整備もここから加速化出来ると思っている
除染が出来るだけスムーズにできる状況を整えることが大事

経済の問題は度外視して除染していく。
先程総理も会見で言っていたが、1兆円で充分じゃない場合は予算を積み上げていく
どれぐらいチャレンジできるのか、まだまだできることがあると思っている。

Q:原子力政策はどっちに向かうのか?

まずやらなければいけないのは原発の安全の問題
しっかりと皆様にお示しをして結果を出す
原発の依存度をどこまで減らすかは時間を頂きたい
来年の夏までには選択肢をお示ししていきたい
ここでドンと決めて行けるものではないので慎重にしていきたい

原発が止まってきているという事は電力の供給面では大変だが
これなら安全と確認できたもんのい再稼働させていきたい

わたしがこの問題に対応することになったのは、いろんなめぐりあわせの中でこうなった。
色々悩んだが、もう逃げられないと思った。
10年20年、30年後も見越して、自分でこの問題に取り組んでいくことが
私の政治家の使命だと思って取り組んでいきます。

と、細野大臣はNHKニュースの中で語りました。

これで、もう安心だと思っちゃう日本人はますます増えるんだろうな・・・・゚・(ノД`)


福一から海へ漏れた汚染水は「ゼロ」←保安院

保安院 海への汚染水 ゼロ扱い 
東京新聞 2011年12月16日 07時06分

福島第一原発事故で、何度も放射性物質を含む汚染水が海に漏出したが、
経済産業省原子力安全・保安院は
「緊急事態」を理由に、法的には流出量は「ゼロ」と扱ってきたことが本紙の取材で分かった。
今後、漏出や意図的な放出があってもゼロ扱いするという。

政府は十六日に「冷温停止状態」を宣言する予定だが、
重要な条件である放射性物質の放出抑制をないがしろにするような姿勢は疑念を持たれる。

原子炉等規制法により、電力事業者は、
原発ごとに海に出る放射性物質の上限量を定めるよう決められている(総量規制)。
福島第一の場合、セシウムなどは年間2200億ベクレルで、年度が変わるとゼロから計算される

しかし、四月二日に2号機取水口近くで高濃度汚染水が漏出しているのが見つかり、
同四日には汚染水の保管場所を確保するため、
東京電力は建屋内のタンクに入っていた低濃度汚染水を意図的に海洋に放出した。

これら二件の漏出と放出だけで、原発外に出た放射性物質の総量は4700兆ベクレル(東電の試算)に達し、
既に上限値の二万倍を超える。

試算に対しては、国内外の研究機関から「過小評価」との異論も出ている

今月四日には、処理済みの汚染水を蒸発濃縮させる装置から、
260億ベクレルの放射性ストロンチウムを含む水が海に漏れ出した。

さらには、敷地内に設置した処理水タンクが来年前半にも満杯になる見込み。
この水にもストロンチウムが含まれている
東電はできるだけ浄化して海洋放出することを検討している。
漁業団体の抗議を受け、当面は放出を見送る方針だ。

保安院は本紙の取材に対し、事故への対応が最優先で、
福島第一は損傷で漏出を止められる状態にない「緊急事態」だった点を強調し、
総量規制を適用せず、4700兆ベクレルの漏出をゼロ扱いする理由を説明した。

「緊急事態」に伴う特例扱いは「事故収束まで」続くとも説明したが、具体的な期間は「これからの議論」とあいまい。

今後、仮に放射性物質を含んだ処理水を放出したとしても、ゼロ扱いを続けるという。

(東京新聞)

「無主物」を考え出した東京電力の超エリート弁護団判明!

週刊現代も取り上げてくれました。
どうしても許せない「無主物」発言
この言葉を考え出したエリート弁護団が分かりました(続きを読むに載せます)
まずは、週刊現代の記事から。


ーーーーーーー


現代ビジネス 週刊現代経済の死角
2011年12月12日(月) 週刊現代

トンデモ裁判、呆れた論理
東電弁護団それを言っちゃあ、おしめえよ

「セシウムは誰のものでもない!
だから除染の責任はない」だって



裁判は言葉遊びの場ではない。
まして、問題は人の命に関わる原発事故なのだ。
「セシウムはウチの所有物じゃないので、飛び散った分の責任は持てません」。
この理屈、本気で言ってるんですか?

有名弁護士事務所の方々が

法律がどうこう言う以前に、まずは社会常識の問題として考えて欲しい。

近所に、庭でゴミをガンガン燃やして黒煙を上げている家があった。
その煙のせいで自宅の外壁は汚れ、庭は燃えカスと灰だらけ。
迷惑この上なく、「自宅の外装を張り替え、庭をキレイにするための費用を弁償してほしい」と申し出た。

すると問題の家主は、こう主張した。

「ウチから出た煙は、もう〝ウチのもの〟ではない。だからどこに飛んで煤が落ちようと知ったことではない。
そんなに掃除したいなら、自分ですれば」

こんな人物がその辺りの住宅街にいたら、正気を疑うレベルである。
いわゆる「モンスター隣人」といったところだろう。

だが、ほとんど同じような主張を法廷でしている企業がある。
しかも、汚染源として問題になっているのは、ゴミを燃やす煙どころではなく、セシウムなのだ。

「事故で飛び出した放射性物質(セシウム)は、ウチの所有物じゃない。
だから除染をする義務もなければ、カネも払えない」

そう言い張っているのは、福島第一原発の事故を起こした東京電力である。

この驚くべき「論理」が飛び出したのは、
福島県内でゴルフ場を経営する企業が、東電に対して起こした裁判でのことだ。
「サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部」の山根勉・代表取締役はこう語る。

「東電さんとその弁護団のメチャクチャな主張には、正直、耳を疑いました。
あちらの弁護士さんは、日本有数と言われる有名弁護士事務所の方々なのに・・・・・・」

同社のゴルフ場(サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部岩代コース)は、
福島第一原発から西方45kmに位置する丘陵コース。
今年は1~2月の冬季休業期間が明け、3月にいよいよオープンしようとした矢先に、東日本大震災が起きた。

ゴルフ場ではグリーンが陥没したり、カート専用道路に亀裂が走ったりするなどの被害が出たという。
それでも自力で修復を行い、7月の仮オープンを目指していたが、
原発から撒き散らされた放射性物質の汚染により、それも頓挫した。

「6月に二本松市役所が場内の放射線濃度を測定してくれたのですが、
2つの機器の平均数値が、毎時2.2マイクロシーベルトと同3.2マイクロシーベルトでした。
そのため予定されていた公式戦も中止となり、な
らば一般のお客さんも入れるわけにはいかないという結論に達し、休業を決めたのです。
以来、現在まで営業はしておりません」

コース内では、カート置き場の雨樋付近で毎時51マイクロシーベルト以上という高い放射線量を記録しており、
最近では芝生や草を検査に回した結果、1kgあたり20万ベクレルという、
チェルノブイリの強制避難区域を超える汚染箇所があることもわかったという。

ただ、休業により経営は傾いた。
サンフィールド社は、東電に補償を求める書類も提出したが、取り合ってもらえなかったという。
そのため8月に、東電に対し約8700万円の損害賠償と、放射性物質の除染を求め、
東京地裁に仮処分の申し立てを行ったのだ。

するとこの裁判において、
東電側の弁護団(梅野晴一郎、荒井紀充、柳澤宏輝、須藤希祥、井上聡各弁護士)が出してきたのが、
前出の「セシウムはウチのものではない」といった論理だ。

ここで、本誌が入手した裁判資料で明らかになった、東電の主張の要旨を紹介しよう。





ここから先は続きを読むに転記

続きを読む

本当に見やすい☆グリンピースの汚染魚のチラシ

グリーンピースが「抜き打ち検査」 スーパーの「魚汚染」チラシが話題
J-CASTニュース 12月16日(金)10時12分配信
3c219ca9-2ce1-478c-b1ad-75d5a8dfb296_n.jpg
分かりやすいと評判に
 
ブリは1キロ60ベクレル、マダラは47.3ベクレル――。
スーパーで販売された魚に含まれる放射性セシウムの数値を表示した環境保護団体のチラシが、
分かりやすいとネット上で話題だ。

「スーパーのかわりにグリーンピースが放射能測定しました」。
チラシには、このようにうたってある。どの魚も規制値をかなり下回る。

■ブリは1キロ60ベクレル、マダラは47.3ベクレル

グリーンピース・ジャパンでは、2011年9月8日から11月8日まで、
三陸・関東両地方で2回に分けてスーパー大手5社の抜き打ち調査を行った。
チラシは、調査の結果をまとめ、魚の種類ごとに線量を表示している。

そのうち消費者の関心が高いのは、どこで漁獲されたかが分かりにくい回遊性の魚だ。
最も線量の高かったブリは、ダイエーで販売されていた岩手産だった。
また、次に高かったマダラは北海道産で、ユニーで販売されていた。
続いて、マイワシ・マアジが23ベクレル、カツオが22ベクレルなどとなっている。

いずれも規制値の500ベクレルの10分の1以下に留まっている。不検出とされた魚もかなりあった。

とはいえ、小さな子どもがいる家庭では、こうした低濃度汚染の魚についても不安があるかもしれない。
グリーンピースの調査結果は、どこまで本当だと言えるのか。

水産庁がサイト上で公開している放射性物質調査結果を見ると、
ブリについては、9月16日に岩手県沖で獲れたものが50ベクレルを示すなど比較的高い数値を示している。
また、マダラも12月13日に青森県沖・北海道沖で獲れたものがそれぞれ62、53ベクレルとなるなど同様に高い。

これからすると、グリーンピースの調査は、あながち誇張とばかりは言えないようだ。

水産庁の漁場資源課では、「まだまだ規制値よりはるかに低い」としながらも、
魚類の数値が高くなったわけを次のように説明する。

■回遊魚や底物は、放射性物質の影響

「ブリやマダラなどの回遊魚は、冬場に県境を越えて南下することもあります。
また、放射性物質は重く、底に沈むので、マダラのような底物は影響を受けやすいかもしれません。
高次捕食者の場合は、体内に濃縮している可能性もあります」

放射性物質としては、ストロンチウムの影響も心配されている。これについて、水産庁の漁場資源課ではこう言う

「500ベクレルのセシウムには、ストロンチウムが10分の1から100分の1ほど含まれているとされています。
それで、セシウムの検査で判断しているわけです。
実際、ストロンチウムの検査には1か月ほどかかり、鮮魚ですので結果が出てからでは意味がありません」

ただ、魚種を指定した検査はしており、問題になったケースはないという。

実は、グリーンピースによる抜き打ち調査結果は、チラシの裏面にあったもので、
表面には、スーパーの放射能対策を独自に採点したランキングが掲げられている。
11月24日に発表したもので、評価の高いものから
イオン、イトーヨーカドー、ダイエー、ユニー、西友の順になっていた。

チラシは、最も評価が低かった西友に考え直してもらおうと、
2011年11月30日に西友本社に近い東京・北区のJR赤羽駅で700部ほど配布したものだという。

ちなみに、イオンは、独自に放射性線量検査をして、
線量が検出された魚は原則販売を見合わせる措置をこの秋から行っている。
一方、西友は、線量検査はしていないものの、
12月下旬から漁獲水域のラベル表示を関東・東北エリアの店舗で行うとしている。





続きを読むにこのニュースに関するグリンピースの記事転記

続きを読む

山本太郎氏「今、言っておきたい事」たねまきジャーナル12/15(内容書き出し)

12月15日たねまきジャーナル

シリーズ 今言っておきたい事 山本太郎









山本太郎さんがドイツからベラルーシ、チェルノブイリに行かれて帰国されたばかりだったのに
話の内容が少し残念です。限られた時間の中、時間を有効に、現地の話しを聞きたかったと思いました。
水野さんが司会だったら何の質問したかな?なんて思いました。

ただ、ベラルーシの25年後が25年後の日本の姿という言葉が・・・
今の日本の状態を見ていると、可能性はあると感じました。




続きを読むに内容書き出しました

続きを読む

たねまきJ「東電社員除染活動推進員に任命・瓦礫焼却時の煙の安全・崩壊後の放射性物質・来春の花粉は?」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)12/15


・環境省は、東京電力の社員ら36人を「除染活動推進員」に任命について
・瓦礫の焼却時に煙突から出る煙の影響は?
・崩壊した後の放射性物質はどうなるの?
・来年の春花粉が舞っても健康への被害の心配はないっていうけど、マスクはいる?

12月15日木曜日 
京都大学原子炉実験所助教 小出裕章先生に伺いました
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]







<参考>

東電社員ら「除染活動推進員」に
NHK 12月15日 14時11分 動画あり

原発事故で広がった放射性物質を取り除く除染活動の態勢を強化するため、
環境省は、東京電力の社員ら36人を除染に協力する「活動推進員」に委嘱し、
現地での作業に当たってもらうことになりました。

来月施行される特別措置法で、
原子力事業者は国や自治体の行う除染活動に協力することが求められていて、
環境省は、事業者の社員らを除染活動推進員に委嘱する制度を作りました。

東京電力の社員ら36人が初めての活動推進員になることになり、
細野環境大臣が東京電力の西澤社長に通知書を手渡しました。

細野大臣が
「政府と東京電力に責任がある今回の事故による放射性物質を回収する意味合いがある。協力をお願いしたい」
と述べたのに対し、

西澤社長は
「除染活動が円滑に進むよう、最大限取り組みます」と答えました。

除染活動推進員は、除染や放射線量の調査などを2年間行う予定で、
36人は、福島県の警戒区域などの4つの町と村で、
陸上自衛隊が行っている除染活動に協力するということです。

西澤社長は
「防護や線量測定をしっかり行ったうえで、安全第一で務めていきたい」と話しました。
東京電力では、除染活動推進員とは別に、48人の社員らが除染に参加しているということで、
今後も態勢を増やしたいとしています。




セシウムスギ花粉移行1/10 来春の飛散「心配なし」
東京新聞 2011年11月28日 朝刊

首都大学東京大学院(放射線安全管理学専攻)の福士政広教授(55)が
今月、東京都内のスギを調べたところ、
福島第一原発事故で、葉に付着した放射性セシウムが花粉に移る割合は十分の一程度だった。
来春、花粉が舞っても、健康被害の心配はないという。

スギの葉に付着した放射性セシウムは、一部が木の内部に入り、内部を伝って新葉や花に移る。
花粉の中にも放射性セシウムは含まれることになる。

福士教授は今月三日、奥多摩町の山林で、スギ花粉約四十ミリグラムを採取して分析。
古い葉に付いた放射性セシウムは一キログラム当たり九三六ベクレルだったが、花粉は九四ベクレルだった。

この花粉が空気中に飛散し、人が外にいて一時間花粉を吸い込んでも、
内部被ばく線量は〇・〇〇〇〇〇一マイクロシーベルト未満。
計算上、福島第一原発に近い福島県川俣町で六月、
同一七万七六〇〇ベクレルが葉から検出されたスギの花粉でも、
一時間当たりの内部被ばく量は約〇・〇〇〇〇一三マイクロシーベルトにとどまるという。
福士教授は「新たな飛散がなければ、花粉の放射性セシウムの濃度は年々低くなるだろう」と推測している。




続きを読むに番組の内容書き出しました

続きを読む

インドの反原発ソング

Song of the Coastal Lilies: Music Video on Koodankulam Movement

沿岸の百合:クダンクラム(インド南部)反原発運動の歌 

音楽、歌詞&ボーカル:ペプシガネーシュ

Music, Lyrics & Vocal : Pepsi Ganesh

The first Inter-Governmental Agreement for setting up two 1000MW light water reactors was signed between India and the erstwhile USSR in 1988. In spite of people's opposition to the project since then the authorities were careful not to publicise the Environmental Impact Assessment Report, and the Site Evaluation Study and Safety Analysis Report.

In a radius of 2 to 5 km declared as sterilization zone, there are 15989 local residents .More than 1 million people live within a 30 km radius. The Plant's coolant water and low-grade waste can kill fish and fish eggs as other Power Plants are doing already.

The Atomic Energy Regulation Board has said, that there should be no tourism site
within a radius of 20 km from the plant when Kudankulam is only 14 kms from Kanyakumari and only 60 kms by air from Thiruvananthapuram. An accident at
Kudankulam will be unmanageable because of the high density of population.

The functioning of this Nuclear Power Plant will destabilise the livelihood of the people living in the vicinity, pollute the environment in an unimaginable magnitude; and in case of an accident, the fallout will be beyond boundaries and uncountable! This protest is for those trying to make a living now and for posterity, as a Nuclear Plant anywhere is like having a Nuclear Plant everywhere...



この動画に出てくる両手を広げた像を作った美術の先生の動画もあります


Koodankulam反原子力闘争の支援


CMS学校ThrissurのPreamkumar、美術教師は、Koodankulamの反原子力闘争を支持しています。

「日本の広島」って言っていますよね。



これを見て
どの国でも一般市民は原発には反対しているところが多いのだと、そう思いました。

なのに、原発はどんどん増えていく
日本は海外に売りたくてしょうがない

このまま、原発が増え続けてしまったら
地球が無くなってしまうのではないかと不安になります





原発:海外展開に弾み…4カ国と原子力協定、1月にも発効

毎日新聞 2011年12月8日 21時10分(最終更新 12月8日 21時41分)

20111209k0000m010068000p_size6.jpg
日本の国際原発ビジネス

ヨルダンなど4カ国との原子力協定の国会承認案が8日、
参院外交防衛委員会で民主、自民などの賛成多数で可決された。9日の参院本会議でも可決、承認される見通しだ。
来年1月にも発効する見通しで、政府が成長戦略に位置づける原発事業の海外展開に弾みがつく。
国内の原発メーカーは「輸出に向けて前向きな一歩」と評価するが、
野田政権は国内向けには「脱原発依存」を掲げており、政府がどこまで支援できるかは見通せない。
【野原大輔、竹地広憲】

協定を結ぶのはヨルダン、ベトナム、韓国、ロシア。
今年1月までに署名していたが、東京電力福島第1原発事故の影響で国会承認が先送りされていた。

原発事故で、原発メーカーの原発事業の見通しは弱含んでいる。
東芝は原発事業の売上高を11年3月期の約5800億円から16年3月期には1兆円に伸ばす計画だったが、
「達成は数年遅れる」。
日立製作所も21年3月期の原発事業の売上高を11年3月期比2倍の3800億円に引き上げる目標を掲げていたが、
6月に200億円下方修正した。

一方で、新興国では原発新増設の動きが急だ。
原発の新設を決めたヨルダンでは、三菱重工業がロシア勢やカナダ勢と受注競争を展開。
ヨルダン政府は来年1~3月に優先交渉権を一つに絞るとしており、今回の承認はギリギリのタイミングだ。
同社は「今国会での承認を期待していた」と安堵(あんど)の表情を浮かべる。

日立製作所は7月、リトアニアの原発建設で優先交渉権を獲得。
東芝も子会社の米ウェスチングハウスが受注した米国の新型原子炉向けに大型機器を輸出するなど、
海外での営業に力を入れる。
ベトナムも日本の原発導入を決め、東芝、日立、三菱重工の3社が受注を目指す。

ただ、政府の支援態勢はおぼつかない。
政府は国際協力銀行(JBIC)などの融資や保証機能を活用して側面支援する構えだが、
新興国との交渉はトップセールスがものをいう。
政府が来夏に予定しているエネルギー政策の抜本見直しでは、
「脱原発依存」色が濃くなる見通しで、政府内では「首相が先頭になって売り込むことは難しい」
(経済産業省幹部)との見方が強い。


続きを読むに追記あり

続きを読む

福島第一原発1号機の配管は地震で亀裂が入った(保安院)


福島第一原発は「津波で壊れた」とどうしても言い張る東電だが・・・
1号機配管には「地震で亀裂が入った」とする保安院の解析結果がでました。

ーーーーーーー


福島1号機配管 地震で亀裂の可能性
東京新聞 2011年12月15日 07時00分

経済産業省原子力安全・保安院が、
東京電力福島第一原発1号機の原子炉系配管に事故時、
地震の揺れによって〇・三平方センチの亀裂が入った可能性のあることを示す
解析結果をまとめていたことが分かった。

東電は地震による重要機器の損傷を否定し、事故原因を「想定外の津波」と主張しているが、
保安院の解析は「津波原因説」に疑問を投げかけるものだ。
政府の事故調査・検証委員会が年内に発表する中間報告にも影響を与えそうだ。

これまでの東電や保安院の説明によれば、三月十一日午後二時四十六分の地震発生後、
1号機では、非常時に原子炉を冷やす「非常用復水器(IC)」が同五十二分に自動起動。
運転員の判断で手動停止するまでの十一分間で、原子炉内の圧力と水位が急降下した。
この後、津波などで午後三時三十七分に全交流電源が喪失し、
緊急炉心冷却装置(ECCS)が使えなくなったため、炉心溶融が起きたとされる。

一方、経産省所管の独立行政法人・原子力安全基盤機構が今月上旬にまとめた
1号機IC作動時の原子炉挙動解析」は、IC作動時の原子炉内の圧力と水位の実測値は、
ICや冷却水が通る再循環系の配管に〇・三平方センチの亀裂が入った場合のシミュレーション結果と
「有意な差はない」と結論付けた。
圧力と水位の急降下は、〇・三平方センチの配管亀裂でも説明できるという。
〇・三平方センチの亀裂からは、一時間当たり七トンもの水が漏えいする

東電は二日に発表した社内事故調査委員会の中間報告で、
津波原因説」を展開、地震による重要機器の損傷を重ねて否定している。


ーーーー

ということで、

原子力安全基盤機構が今月上旬にまとめた「1号機IC作動時の原子炉挙動解析」のニュース


ーーーー


福島第1原発:1号機 復水器再稼働なら炉心溶融に至らず

毎日新聞 2011年12月9日 2時30分(最終更新 12月9日 3時33分)

20111209k0000m040108000p_size5.jpg
事故前の福島第1原発1号機の原子炉のイメージ

東京電力福島第1原発事故で、1号機の原子炉を冷却する非常用復水器(IC)が
津波襲来から1時間以内に再稼働した場合、炉心溶融に至らなかったことが
8日、原子力安全基盤機構(JNES)の解析で分かった。
ICは電源が失われても動く唯一の冷却装置だが、ICにつながる配管の弁が閉じ、機能を果たせなかった。
迅速に弁を開ける方法を準備していれば、炉心溶融は避けられた可能性がある。

解析は経済産業省原子力安全・保安院がJNESに依頼し、9日に発表する。

1号機は3月11日の津波で全電源を喪失、原子炉に水を注入する緊急炉心冷却装置が使用不能になった。
2系統あるICは放射性物質を閉じこめるため、電源喪失に伴い弁がすべて閉まるよう設計されており
地震発生後は断続的に動いたが津波後に閉じた。
2時間40分後の午後6時18分、蓄電池が復旧して弁が開き、7分だけ稼働したものの、
運転員がICの冷却水不足を懸念し手動で停止。再稼働はさらに3時間後だった。

解析によると、IC停止から約1時間後に冷却水につかっていた炉心が露出。
露出後は温度が上昇し、水素が発生し始めてICの効率が低下するため、
炉心溶融を回避するのが難しくなったことが判明した。

保安院は午後6時18分には既に炉心溶融が始まっていたとみている。
ICを再稼働させるには、運転員が現場に行き、弁を手動で開く必要があった。
東電は毎日新聞の取材に対し
「真っ暗で線量の高い現場に行ってすぐにICを復旧させるのは無理だった」としている。

【岡田英】



あさイチ「食卓丸ごと調査」続報12/15(番組内容一部書き出し)


あさイチ 12月15日放送 
番組の内容を一部書き出します


ーーーーーー


前回の測定の結果について、
いったいなぜそのような間違いが起きたのか
測定に使ったのはこの装置です

111215_1032~01

右側の機械で放射性物質を検出
そして分類するのが左側
まんなかで放射性物質の種類と量を割り出します

検出された信号はスペクトルと呼ばれるグラフに変換されます
このグラフからどの放射性物質がどの位あるのかを読み解きます

前回の分析でセシウム134と読みとった部分。
しかし、機械に不具合があり、スペクトル全体がわずかにずれて表示されていました

111215_1027~01

これを正しい位置にずらします
前回セシウム134として測っていたところはビスマス214という自然界にある放射性物質でした。

ビスマス214は福島原発の事故以前からもともとある放射性物質です。

不具合を起こした機械を修理に出し、その後正常に動作しているかどうか別の検査機関でもチェックしました。
そのうえで改めてスペクトルの正しい位置で放射性物質を測定していきました


福士教授によりますと
「放射性物質の値が飛び抜けて高く出てきた値だと間違いに気付くという事が出来るんですが、
出てきた値が小さかったのでなかなか気づくことが出来なかった」
ということです

Q:このような間違いは多いのか?

小林アナ:一般的に放射性物質の値が小さいと特定が難しくなるという事が言えます。

Q:読む場所を間違える(スペクトルがずれる)事はよく起きる事なのか?

安斎:条件を安定的にしないと、起こり得ることですね。
   測定はちゃんとされているのにデータの解析の段階で間違えるという事はあり得る。

スペクトルの位置をなおして解析しなおした最新のデータ
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1149.html
↑ここに一覧にして出してあります。

Q:再分析の結果の数値をどうとらえていますか?

岡野:今回首都大学で機械を見せていただいて、測定の仕方を拝見したんですけど、
    いずれもこの結果については非常に妥当であると、いうふうにおもわれます。

111215_1023~01
岡野眞治さん(元理化学研究所)

Q:検出限界地がさまざまなのはなぜ?

岡野:検出限界値はですね、試料の量とか検出器の感度とか、測定する時間とか、
   そういう事によって変わるものでございます。

Q:今回それが検出限界3~8という幅ででていることのついては?

岡野:試料の量が、それぞれ、なんていうのか違いますから、そのために変わります。
   それから、試料の比重とかですね、中に入っている水分とか、そういうものが違うと変わるわけです。

Q:測定器の能力からして検出限界3~8は妥当なところと見てもいいのか?

岡野:そうですね、拝見した機械に於いては妥当だと思います。



検出限界地の一番高い数値
セシウム134が8.2
セシウム137が7,1
これで一年間食べ続けたと、計算してみます。

このお宅では平均で一日1.6Kg食事されたいますので

セシウム134
8.2Bq/Kg×1.6Kg/日×365日=4789Bq/年 ⇒0.09ミリシーベルト/年(人体への影響の数値)

セシウム137
7.1Bq/Kg×1.6Kg/日×365日=4146Bq/年 ⇒0.05ミリシーベルト/年(人体への影響の数値)

合計年間0.14ミリシーベルトの被ばくになります。
食品の被ばく量の限度(来年4月から)では年間1ミリシーベルトなので下回っています。

Q:安斎先生この数字はいかがですか?

安斎:放射線防護学の立場から言えば被ばくは少ないにこしたことないというのが大原則なんですよね。
   毎日毎日何十年も摂取し続けることで被曝が大きくなるんではないかという心配ですが、
   毎日毎日摂取し続けているものは自然界にある放射性物質で、
   我々は食事と一緒に毎日毎日取り続けているんですね。
   例えばカリウム40という1種類の放射性物質だけで、年間0.2ミリシーベルト位
   否応なく、我々も気がつかないうちに被ばくしているので、
   そういう数値と比べても、まぁ、下回っているからね。
   そんなに心配するようなレベルでないことは放射線防護学的には言える事です

Q:今回の検出限界値は放射線防護学の立場から見るとどうですか?

安斎:この検出限界値は十分低くて、
   例えば僕が持っている機械に比べると、十分低くて感度がいい機械と言っていいと思います
   測る食品によって測定したいものの邪魔になるような自然界の放射性物質を含んでいたりする量が違うので、
   どうしても検出限界値にはばらつきがあります。
   10Bq/Kg以下のものが測れる機械

Q:そうすると、人体への影響は、この検出限界値から見ると?

安斎:十分です。ただ、食事をしていてそれによる自然界の被ばくをさして気に留めていない人ならば
   それ以下のレベルだから、改めてそんなに気にすることはない。

Q:検出せずじゃなくて、たとえば目黒に8.5という数字が出ているが、これはどうですか?

安斎:それで食べ続けたとして計算しても、さっき言ったように。

具体的な数値を見てみましょう。
目黒の場合は実際に検出されたセシウム137が8.5という数値と、
セシウム134は検出されていないのでこれも札幌と同じように最も大きい検出限界値6.4を使って計算すると、

セシウム137   8.2Bq/Kg⇒0.04ミリシーベルト/年(人体への影響の数値)

セシウム134   6.4Bq/Kg⇒0.04ミリシーベルト/年(人体への影響の数値)

合計 0.08ミリシーベルト/年

という結果になります。やはり1ミリと比べても小さな結果になります。

Q:これも安斎さんおなじように?

安斎:同じように思いますね。十分低い、
   あっ、放射線防護学をやっている安斎育郎の立場から見ても十分低いレベルだと思いますね。

Q:福島第一原発から出てきているスペクトルを見ると、
  セシウム134と137というのはほぼ同量出てきているというのが一般的なパターンですが
  今回は片方しか出ていないというのがありますが、岡野さんはどのようにご覧になりますか?

岡野:今回の数字を見るとセシウム137が見つかって、134がないと。
   いう事は、先ほど申し上げました福島の影響じゃなくて
   何らかの形で過去の核実験とか、チェルノブイリの影響とか、
   そういうものが何らかの形でもって食品の中に入ってきて、そういう数字が出てきたんじゃないかと思われます。

Q:まだチェルノブイリの影響が残っているというふうに受け止めなければいけないと?

岡野:そうですね、ま、ヨーロッパの基準というのはかなり緩いですから、
   そういうものが入るという可能性は十分考えないといけないと思います



視聴者からのFAXについて・・・
あくまで全国7箇所家族だけに限られたもので、
あさイチはこの結果をもって食品に汚染がない、安全宣言したつもりではありません。


以下番組は、横須賀市の小学校の給食の調査などを紹介
京都大学の検査のVTR(食品を乾燥させて濃縮させて検査)

京都大学 小泉昭夫教授

「だから、今は安心なんですけれども、今後ですね、高くなる可能性がある。
今がピークじゃなくて今後も追っていかないと、どこの農耕地が高くなるか予測できないので、
今後も継続したモニタリングが必要になると思います。」


Q:岡野先生、いまのVTRをみていかがですか?

岡野:今拝見したところ、いろんな測定器でいろんなサンプルを測っている訳です
   より厳しくしようとするんでしたら、もっと感度のいい機械を使って測ると検出限界が下がってくる。
   一方、試料の量は先程のように濃縮してやると感度が上がるわけですから
   問題はどういう測定器を使うかという事が大事で、
   特に食べ物なんかについては大事なことは、食べ物の中には天然のカリウムがありますから、
   カリウムをちゃんと分けて放射性物質、たとえばセシウムを分けて測んなきゃいけない
   それにはスペクトルメータというような道具を使って測るというような事が適切な方法です。
   中身の分かる測定器でしかも感度のいい測定器を使えばより細かいことが分かるということになります。



10月の放送での
放射性物質カリウム40について(カリウム40の数値が異常に高かった)も質問を頂いているんですけれども、

小林アナ:カリウム40についても今分析し直しています。
実はですね、検出機を置いている土台になっているコンクリートにですね、カリウム40が多く含まれていて
その影響を強く受けているんです。
その影響が強いのでカリウム40の値が最終的に出ない可能性も実はあるんです。
ですから今、首都大学東京の福士教授はですね、
先程出ていただいている岡野さんの協力も得ながらカリウム40の値を出すという作業を進めているというところです。
コンクリートから出ているカリウム40の値を、測る時に受けてしまうという事です
どうやってその影響を取り除いて計算できるかというところの作業を今進めているところです



ほか、詳しくは「あさイチホームページ」にも書いてあります。

続きを読むにあさイチホームページ12月15日を転記します

続きを読む

たねまきJ「福島避難区域再編・滋賀県SPEEDI利用認めず」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)12/14

・福島の避難区域再編について
・滋賀県SPEEDI使用を文科省が認めないことについて

小出「わたしは本当のことを言うなら・・・、
国の法律を守って全ての人を逃がすべきだと、わたしは本当は思うのです。
でもそれうとすると日本の国家が潰れてしまう程のことなのです。



12月14日水曜日 
京都大学原子炉実験所助教 小出裕章先生に伺いました
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]





<参考>
福島原発周辺「帰還困難区域」指定へ 年50ミリシーベルト以上
毎日新聞 2011年12月14日 東京朝刊

20111214dd0phj000020000p_size8.jpg

 ◇集落単位で 避難対象区域を3区分

政府は東京電力福島第1原発事故に伴う避難区域について、
年間の放射線量に応じて新たに3区分に再編する方向で調整に入った。
現行は原発から半径20キロ圏内の「警戒区域」と
年間被ばく線量が20ミリシーベルトを超える「計画的避難区域」に分類。
新たな区分では50ミリシーベルト以上の年間線量が高い地域について、
長期間にわたり住民が居住できない「帰還困難区域」に指定し、土地の買い上げなどの支援を検討する。

3区分は
▽年間線量が20ミリシーベルト未満の「準備区域」
▽20ミリシーベルト以上50ミリシーベルト未満の「居住制限区域」
▽50ミリシーベルト以上の「帰還困難区域」--に分ける。
区域指定にあたっては、同じ市町村内でも場所によって放射線量が異なるため、
集落単位で指定できるよう自治体と協議を進める。

政府は16日の原子力災害対策本部(本部長・野田佳彦首相)で、
事故収束に向けた工程表のステップ2終了を決定し、年内にも避難区域見直しに向けた考え方を公表する。

20ミリシーベルト未満の「準備区域」は住民の帰宅に備える地域。
現在は住民がいないため、生活空間の除染や上下水道、学校、病院などのインフラ整備を進める。
インフラの整備状況や自治体側の希望に合わせて、可能な地域から順次解除していく方針で、
早くても来春以降になる見通し。

「居住制限区域」は数年間、居住ができないとみられ、除染などで20ミリシーベルト未満を目指す地域となる。
「帰還困難区域」に該当しそうな線量が高い地域は、
福島第1原発周辺から北西方向にかけて広がっており、数十年間にわたって住民が住めないとみられる地域もある。

首相は11月25日の参院本会議で
「相当な期間にわたり住民の帰還が困難な区域が出てくることも考えられる。
土地の買い上げなどを含め、国が責任を持って中長期的な対応策を検討していきたい」と述べ、
支援策を検討する考えを示した。
区域の名称に「長期」を入れる案もあるが、被災者の心情に配慮し見送るべきだとの意見もあり、
調整を進めている。【笈田直樹】



文部科学省が滋賀県にSPEEDIの利用を半年経っても、「認められない」
といっているニュースソース


12151.jpg


121511.jpg

↑クリックするとページが開きます



続きを読むに番組の内容書き出しました

続きを読む

ニコ生トークセッション「ヤクザと原発 ~福島第一潜入記~」鈴木智彦×青木理

ニコ生トークセッション「ヤクザと原発 ~福島第一潜入記~」鈴木智彦×青木理

腕時計、目がね、たばこケースの3種類の隠しカメラを駆使して
福島第一原発内で作業の様子を撮影されています。
興味深いお話しです。
時間がある時にお聞きください。


ーーーーーーー

暴力団専門ライターが、ジャーナリストでは震災後初めて作業員として福島第1原発に潜入。
その模様が描かれた衝撃の暴露本が『ヤクザと原発~福島第一潜入記~』(文藝春秋)です。

今回のニコ生トークセッションは、
この『ヤクザと原発~福島第一潜入記~』の著者である鈴木智彦氏を招き、
日本最大のタブーとなった「ヤクザと原発」に迫ります。





高濃度汚染区域でいきなり4ミリシーベルト食らったり、
熱中症で昏倒したり、汚染水で作ったセシウムスイカを食べたり……。
マスメディアが伝えない原発作業員の「真実」を鈴木氏自ら暴露。

フクシマ50の中に複数の暴力団組員がいることや、
作業員派遣をシノギとしている親分の告白など、
暴排条例で追いつめられたヤクザが、原発界隈で暴れまわる「真実」もついでに全部暴露!

聞き手はジャーナリストの青木理氏。
暴露尽くしの90分をお届けします。


【出演者】
鈴木智彦
1966年北海道生まれ。日本大学芸術学部写真学科除籍。
その後、雑誌・広告のカメラマンに。米国、欧州を舞台に撮影活動を行なうが、
LAで作家・安部譲二の舎弟と知り合いヤクザに興味を持つ。
撮影中、イーストLAでギャングに襲われ帰国。
入院中に暴力を取材テーマにしたいと考え、ヤクザ専門誌『実話時代』編集部に入社。
『実話時代BULL』編集長を務めた後、フリーライターに。
以降、週刊誌から別冊宝島に至るまで、幅広くヤクザ関連の記事を寄稿している。
著書に『ヤクザ1000人に会いました!』(宝島社)、『我が一家全員死刑』(コアマガジン)など多数。

青木理
1966年長野県生まれ。1990年共同通信社入社。
大阪社会部、成田支局を経て東京社会部で警視庁警備・公安担当などを歴任。
オウム真理教事件や阪神大震災、種々の公安事件や経済事件の取材に携わる。
その後、外信部勤務を経て2002年~2006年ソウル特派員。2006年6月退社し独立。


これが福島原発「秘蔵」映像だ! 
作業員として潜入のジャーナリスト、ニコ生で初公開


作業員として福島第1原発に潜入取材したジャーナリスト・鈴木智彦氏が撮影した
福島第1原発の周辺および敷地内の映像が2011年12月14日、ニコニコ生放送の番組で公開された。
潜入取材映像の公開は、今回が初めてだという。

今回公開された映像は、"ヤクザと原発"の関係を取材している鈴木氏が
2011年8月ごろ、福島第1原発に作業員として潜入した際に撮影したもの。
鈴木氏によると、映像は「腕時計(式)のカメラで撮った」という。

今回公開された約17分の映像は、移動中の自動車から撮影された場面から始まった。
検問所の様子、福島Jビレッジでタイベック防護服やマスクを選ぶ様子、作業員が食事をする場所、
汚染水タンクの施設やピンク色のシートが張り巡らされた部屋などが映し出された。
また、施設で実際に作業が行われている様子や、作業から戻ってスクリーニングされる様子を確認できる。

さらには機械音が鳴り響く作業場で、
ベルトコンベアが動作することを喚起する音楽「静かな湖畔の森の影から」の流れる場面もあり、
鈴木氏はこの音について「すっごく耳につくんです」と語った。





上関町長の発言「危ない原発は福一だけ他の原発は安全だ」


小出裕章氏

「原子力は確かに危険だけれども、どっかからかお金が来ないんだろうか」ということで、
これまで原子力の旗を振ってきた上関町長。

彼は今は、でも旗なんか振っていないですよ。
上関原発が出来るとも思ってもいないけれども、
でもその人に自分たちの未来を託すしかないと、いうところに彼らが追い込まれている。
何ともお気の毒だし、痛ましいと私は思いました。


ーーーーーーーーーー


上関町長:「福島以外は原発安全」 /山口
毎日新聞 2011年12月14日 地方版
 
上関町の柏原重海町長は13日、
個人的見解として「福島第1原発を省いて判断すれば、原発の安全性は確保されている」と述べた。
町議会12月定例会の一般質問で、原発反対派の山根善夫議員(無所属)から
「東日本大震災後、原発の安全性の認識に変化はないか」と質問されて答えた。

柏原町長は
「大震災発生時、東北で稼働していた11基のうち、
福島第1原発以外の発電所は放射能漏れにつながる事故にはならなかった」と指摘した。

一方、国の原子力安全委員会が原子力事故時の避難などを求める範囲を
半径8~10キロ圏内から30キロ圏内に拡大する指針案をまとめたことから、
岩木基展議員(無所属)は
伊方原発(愛媛県)から半径30キロ圏内に同町八島の一部が入るため、避難計画の策定を求めた
柏原町長は
「国や県の防災指針などが固まっておらず判断できない。県とも協議して対応していきたい」と述べるにとどまった。
【小中真樹雄】


ーーーーーー

柏原町長の言っていることはわたしには理解不可能
なので、調べてみたら、今回再選を果たしたばかりの町長なんですね
で、もっとわからなくなった。町民の投票の理由が・・・

ーーーーーー


柏原重海(かしわばら・しげみ)
3期目・上関原子力発電所建設計画推進を公約
上関原発建設計画浮上以来、1983年以降9回の町長選はすべて推進派の推す候補(
片山秀行5期、加納簾香1期、柏原重海3期)が当選している。
しかし反対派の推す候補も33%~46%の得票を得ている。


現職町長が三選――争点にならなかった上関原発
週刊金曜日 (山秋真・ライター、9月30日号)

中国電力の原発計画を抱える山口県上関町で九月二五日、町長選挙の投開票が行なわれた。
東京電力・福島第一原発事故後、初の原発新規予定地での首長選挙で、
原発誘致を進めてきた町政のトップを八年担ってきた現職の柏原重海氏が三選した。
二九年前の計画浮上時から原発を拒みつづける
同町祝島在住の新人、山戸貞夫氏が原発に依存する町からの転換を訴えたが、及ばなかった。

得票は柏原氏が一八六八票、山戸氏が九〇五票。有効投票数に占める得票率はそれぞれ六七%と三三%だった。
原発計画をめぐる“一騎打ち”の同町首長選挙は九回目。
七回まで約六〇%で推移した原発誘致を進める候補の得票比率が今回、過去最高となった一方、
投票率は過去最低の八七・五五%を記録した。

柏原氏陣営
原子力発電所誘致はエネルギー政策ではない
原子力発電所が生む財源、雇用、それによる地域の産業の活性化、このことで誘致している」
(西哲夫上関町議)との発言から分かるとおり、
必要としているのは原発ではなく、現行制度で原発がもたらす財源だということを選挙戦で明言した。

そうした中で柏原氏は、
これまで原発計画によってもたらされる交付金や中電からの寄付金で実施してきた町民
生活支援を継続していきたい。そうしたことから『生きる』ということを基本姿勢として大切にやっていきたい
と訴えていた。

一方の山戸氏
「原発交付金という、住民のいのちと生活を犠牲にするようなお金で上関町は幸せにはならない。
福島原発事故の被災者から目をそらさないで。上関にも原発は作らせない」と訴えた。

福島原発事故後、「いのち」と「生きる」、ふたつのキーワードは全国各地で叫ばれるようになった。人間が健康かつ幸福に暮らすためにはいずれも不可欠であるにもかかわらず、上関町民はその二者択一を迫られる状況に置かれたとは言えないだろうか。

そうした状況の下、従来の選挙と今回とで反応に変化は「ないね」(六〇代)、
「ひとっつも、変わらん」(五〇代)との声も。

なぜか。六〇代になる男性は投票日前日、次のように語った。

「自分の一票を原発誘致推進側に入れても(原発計画を)止める人はおるから関係なかろう、という人が結構おる。
まして、二九年も原発計画を拒み、実際に現場で計画を止めてきた祝島(の人びと)がいる。
最近は周りの自治体からも計画の凍結や一時中止などを求める決議が出とる。
自分が柏原候補に入れても原発は建たんじゃろうと

つまり外から見るほどには、原発計画の是非が投票行動を決める要因になっていない可能性がある。
「だから(選挙結果の)内容はそう変わらんかもわからん」。この男性はこう締めくくった。

四月の統一地方選挙で上関原発反対を訴えて山口県議選に立候補し、
現職二候補に僅差まで迫った国弘秀人さんも言う。

「数としては変わらなかったが、町民は原発作るのは難しいだろうと思っているのがほとんど。
今回は、原発はいらない・もうできない、と思っている人も柏原候補に入れたと思う。
原発の賛否を問うという図式はもう当てはまらない状況ではないか」

今後の上関はどうなるのか。
祝島に暮らす清水敏保町議は「今まで通り、原発が白紙撤回されるまでは頑張る」と話す。

今年六月の議会で柏原町長は同町議の質問に答え
「(原発への)推進・反対をこえた」話しあいをしたいと答弁。
町長選挙が終わったらすぐ、原発なしの町づくりを考える検討会が開始予定という。
一〇月には自然エネルギー先進地・高知県檮原町へ町議全員が視察に行くことも決まっている。

投票日翌日、歌手の加藤登紀子さんと放送作家の永六輔さんが祝島を訪れた。
島人との交流会で永さんは「笑いは効果ある闘い方。長く闘うためには笑って」と、
長年それを実践してきた島人が今回も挫けないよう励ました。



12月15日にFM東京で小出先生が上関に関してお話ししていました
続きを読むに内容を書き出しました(12月17日追記)

続きを読む

12月13日都内流通食品検査結果



都内流通食品の放射性物質検査結果について(12月13日)
Tokyo12月13日



なんでかな・・・・
これまでに出そろった食材が132品目
それの全てが検出せず
毎週検査結果の出てくる品目の数が違う

12月13日    34検体
12月 6日    28検体
11月29日    20検体
11月22日    20検体
11月15日    10検体
11月 7日    20検体

合計       132検体

わたしは何となくこの検査結果丸ごと信じられない。←何の証拠もありません。
危ないものは省かれてているのではないのだろうか?って疑いたくなってきました←個人の感想
それとも、こんなふうに何を食べても放射性物質は入っていないものなのだろうか?←ウソっぽ過ぎる
それはやっぱり信じられない。←私の考え

信じれれる情報が欲しいです。


広瀬隆さん長野県富士見町2011年9月20日講演(内容書き出し)

広瀬隆さん 2011年9月20日

長野県富士見町









0:02:02
今、福島原発が本当に大変なことになっているのに、報道が殆ど無いんですよ。
殆ど馬鹿げた信じられないウソばっかり流されて、テレビを見ても何も真実が伝えられていない。
こういう状態で日本中の人は不安に思っているわけです。
ところがそれに答えるマスメディア、テレビが無いという状態なので
皆さんがこれだけお集まりいただいたのだと思います。

最初に、今、福島の原発がどうなっているのかという事をお話ししてから
一番みなさんが不安に思っていらっしゃる、放射能汚染の事を詳しくお話しします。
それを聞いていただいてから、浜岡原発がどれだけ危ないかという話。
そして最後に、リニアとはいったい何者なのかという事を簡単にお話しします。

今、福島第一原発がどうなっているか?
テレビでももう、映像が見られないものですから、まるで事故が終わったかのようにみなさん思っていらっしゃる
それは当然なんです。
国民はそういうふうに誘導されていますから。
けれどこれが爆発した後の、これが福島第一3号機と4号機の写真なんですが、0:03:40
こんなものが直ると思いますか?
普通の人間の感覚で・・この中で水をぐるぐる回し始めてとか、そんなニュースは流れますけど、
こんなものが直る筈が無いんだと。

これはついこの間9月16日号の週刊朝日でね、0:03:58
「原子炉建屋の中は木っ端みじんだった」ということが、
実際に記者の方が現場にお入りになってごらんになったのが
特集でね、一回に回と続けて出ましたけれど、
実を言うとこの会場にその週刊朝日の記者の担当の堀井さんがいらっしゃるんですが、
堀井さんにこの間中を実際に映したビデオをずーっと見せていただきましたけど、
本当にすさまじい状態なんですね。
現在もなんです。

で、どういう事になっているかというと・・
要約しますと、1号機2号機3号機4号機全部爆発したんですが、
1,2,3号機は運転中で、燃料抱えたまま爆発したんです。

広瀬

ポイントはこの配管に亀裂が入って、津波で壊れたんじゃない。
最初に亀裂が入って地震の揺れで破壊が始まったという事が大事で、
これは、国民が今も騙されている。
国民に対して国はですね、原子力安全保安員とか、安全委員会とか東京電力がグルになって
今、国民をだましているんです。
「津波で壊れた、津波で壊れた」これは嘘なんです。

これはいずれ、この原子炉の設計にかかわった田中三彦さんが、大きな証拠を国に付きつけますので、
皆さんも気を付けてニュースを見ていただきたいんですが、
要するに亀裂が入って原子炉が暴走を始めたというのが一番大事なところで
その後津に襲われて電源が失われていくんです。

で、今の状態はこの原子炉のお釜
原子炉圧力容器、ここにウランが入っていて核分裂するんですが、
ここがもう抜けているんです。底が無い。
これが灼熱状態でおそらく3000度から4000度を超えていた位の、とてつもない高温になりました。
というのは、つくばの研究所に出てきたモリブデンとかテクネチウムとかの
ガスになる沸点が4000度を超える温度なんです。
そういう物がつくばに出ている。茨城県に出ているという事は、
この中がとてつもない高温になっていたという事を実証しているので、
ま、最低3000度になっていたと考えても、
我々が本当に心配している要素であるとかセシウムというもの
そういうものは全部ガスになる温度なんです。

だから、もう、大量のものが、最初の事故が起こった時から
ウワーッ!っと上に出ていったんですね。
爆発して上に飛びましたから。

そうして、この燃料が溶け落ちて、
今どこにあるか?分からないんですが、この下にも落っこちている事は間違いないんです。
これは、格納容器と呼ばれる薄い鉄鋼の容器ですから、
こんな灼熱の塊が上から落ちてきたら穴が開いちゃうんです。
鉄なんて言うのは1500度位が融点ですからね。
鉄工所で働かれた方ならお分かりになるんですが、そんなものですから。
ここに穴が開いてしまえば下はコンクリートですから、
コンクリートなんてすぐに溶けてしまいますから、燃料棒が下にずーっと落ちて、めり込んで、この下は地面ですよ。

広瀬1

だからこの中に今、水をジャージャー流しているってことは、もう、おわかりでしょう?
ここはすでに地震で亀裂が入っています。
この地盤は・・誰にも分かりませんが、亀裂が大量に入っていますよ。
で、こっち側は海ですからね。海にどんどん放射能は漏れていっているはずなんです。現在も。
そして怖いのは、地下水ですね。
地下水にもどんどん入っているはずで、上は抜けていますからどんどん漏れています。
今現在も出ているんです。
放射能が出ている。下がった下がったと言っていますが・・


で、問題はですね、
灼熱状態で溶け落ちて瓦礫となった燃料が今、どういう状態になっているか誰もわからないということです。
もちろん覗けませんから。
人間は近づけません。
こんな状態ですから、ここに東京電力はただ、水をジャージャー流している。
で、この「水が循環し始めた」と、そういう事を新聞等が書きたてますが、

実を言うと「水がかかっているかどうかさえ分からない」んです。

そうでしょ?
だってこれ(燃料)がどれだけの塊になってちぎれているのか、どこにあるのかだれも分からない状態で
推測だけ言ってるんです。

彼らがメーターで「温度が何度」とか言っているのもですね、
実を言うと温度をまともに測定出来ているのかどうかさえ分からないんです。

というのは、これ、数千度のものが上からグシューッ!っておっこってきたら、
計測器は全部下から入れているんですから、
そんなものがまともに計測できるはずが無いんです。

だから、温度にしろ、中性子にしろ、水がどこまであるのかにしろ、何もかも得体のしれない状態です。

だから、昨日ですか?
細野大臣がIAEAね、・・IAEAっていうのはそもそも、原子力を推進する組織ですから、
我々から見ると、何の信用もならない。
そういう組織に行ってですね、「年内に冷温停止になる」
冷温停止というのは「中が100度以下になる。そして、終わった」。というような事を言うんです。

そんな事は起こらない。100%。
こんなものは取り出せる筈がないんですから。

冷温停止というのは燃料が棒の状態になっている時に
それが全体が100度以下になりましたから、もう、沸騰しません。と。安定な状態ですです。
という事を言うんで、
それが年内にできるとかね、そんな事を言うなんて
本当にキチガイみたいな話を国際会議で言ってくるんですよ。日本の大臣が。

みんな報道機関もそんな事を言っているでしょう?
ありえないんです。そんな事は100%ないんです。

この燃料は取り出せないんですから。
だから、数十年かかっても、この原子炉そのものはですね、どうしようもない状態が続くっていう事は
誰にも分かっているの。原子力の関係者なら。

それを、ずーーーっと、国民は今もって騙され続けている
こんな状態なんです。

だから、東京電力が今出来る事は、我々が東京電力に要求する。

要求するというのは実を言うとこの現場で働いらっしゃる方達は、誠実に必死でやってくれている。
吉田所長はじめ。
その人達は本社とは違うので必死になって国民を守ろうとしてくれているわけです。
その人たちに対して私達が要求できるただ一つの事は
「放射能漏れを早く止めてくれ」ということなんですよ。

だから、
今東京電力は何をしようとしているかというと、
これは1号機なんですが、1号機の外枠を作ったんですね。0:11:22
何をするかというと、こうやって蓋をかぶせると。
これはプラスチック製です。こんなもの長持ちしませんが、とりあえずこれで放射能を、
1号機についてはしばらくしたら、カバーをかけて見えなくしちゃうんですね。
後はもう、いっくら嘘付いても誰も知りようがないという時代に入るので
我々は本当に気を付けないといけないんですが、
ともかく、こうやってカバーをして放射能の放出量を、少なくてもですね、減らしてもらうということは
やってもらわないといけない。

いまこんな状態ですから、私達は事故が終わったなんて、絶対に言えない状態です。
こんな状態です。
これが今現在なんですが、

今は先に、皆さんが無意識に被ばくをしているという事を知っていただきたいので
まず、特にですね、皆さんお子さんをお持ちの方が沢山いらっしゃると思いますが
お孫さんもいると思います。
私も孫が4人で本当に心配なので、この事をお話ししたいと思いますが、

まず、事故があってから、日本人には、福島の実際の被爆者の方達、
住民が実際にどうであるかという事が伝えられていなかった。
調べていてニューヨークタイムズで子どもを測定している写真などが沢山出てきた
この子どもの写真を見て涙が出ました
この子の外側から測ってもダメなんです。
もう沢山吸い込んでいると思います。

日本全土の子どもですが
放射線に対して感受性が高い、幼い乳児、子ども、若い女性、妊婦さん
「できるだけ福島原発から遠い所に逃げて欲しいと」ずーっと叫んでいるんですけど
これが一か月前の記事ですよ(8月18日)「甲状腺被ばく子どもの45%、福島県の1150人3月下旬調査」
こんな記事を見せられて、たとえば福島県のお父さんお母さんどんな気持ちがするでしょう
事故から5カ月もたって、半分近くが被曝しているなんて今更言われても、
最初からわかっているのにずーっと放置しているんですよ。
今も、続いているんです。それを私は言いたいんです。

というのはね、3月11日に大地震が起きて
それが東日本大震災になって同時に福島の事故に発展していったんですが、

その月末にね(3月30日)もう、ヨーロッパでは詳しい解析が行われて、
日本人が知らない間にヨーロッパの「放射線リスク委員会」これが私が最も信頼できる組織なんです。
日本の原子力のいかなる組織も私は信用していませんが、
この人達(ヨーロッパ放射線リスク委員会ECRR)はいう事が非常に正確で、
要するに人間の立場から放射能の問題を考える人達で、
ECRRが実際の日本政府やIAEA(国際原子力機関)の公式データを使用して
福島原発事故によってきんるい地域で今後発症されると予想される癌患者の増加数を発表してくれたんです
これを日本人は見たくないんですけれど、今皆さんに見てもらいます。

この予測では原発から100キロ圏内では
今後50年間で19万1986人が癌を発症し、
そのうち半数の10万3329人が今後10年間で癌を発症する。
それからさらに外側の、100キロ~200キロ圏内では
今後50年間で22万4623人が癌を発症し
そのうち約半数の12万0894人が今後10年間で癌を発症する。

と予測していますが
このレポートの実物を手にして読んでみましたが、間違いが無いです。
人口分布全部予測してこの予想を立てています、

広瀬2

ただし、こんな綺麗な円で発症する筈はないですよね。
日本には山脈が走っていますから、
だから、幸いにも日本海側の放射能の汚染度は太平洋側に比べると本当に少ないです。
でも、私も知らなかったんですが、
この会津あたりからあざの川(?)これ、こっちへ通じているんですね。
だから、新潟の方へも流れていますし、いろいろな形で汚染が広がっている事は
日本海側といえども完全に安心できないことは確かなんです。

で、この予測は放射能に汚された地上からの汚染だけで、ECRRは計算して今の数字を出したのですが
実際には我々がもっと恐れるのは、放射能に汚染された食べ物と、飲み水ですね
それから子どもたちは外で遊びますから粉じんを吸い込みます、
そういうものを体内に取り込んだ時には数字が跳ね上がるんです。
だから、おそらくはこの数字も跳ね上がると思われます

もう一つはこのグレーゾーンと言われるところで、300キロまで広げますと

広瀬3

今いるのはこの辺なんですね。
この辺にもかなり広がっているんです。
こういう円で書けるような汚染分布ではなく、
どういうふうに風が流れどこで雨が降ったかという、日付と放射能の放出量とによって、
非常に斑状に今汚染が広がっている、こういう状態です。

で、この、先程の報告書をしっかりと読んでいきますと
まず大事なことは、日本政府が被ばく量がみなさんに安全であると
暫定基準というのを決めて、これ以下は安全であると言っているのは、これは嘘なんですけど


その基準のもとになったものはICRPという国際放射線防護委員会というのがありまして、
この委員会のいいなりになって放射線の基準を決めているんですが、
その計算が内部被ばくを全く考慮していないんですよ。
そういう人間達がこういう計算をしていると、ヨーロッパ人たちは強く批判しています。

だから、ECRRの今の予測とICRPの癌患者の予測はまとめの表をご覧になってお分かりの通り

ひろせ4

10万人の予測に対して2000人とかね、桁が違うでしょ。
そりゃ、内部被ばく考慮しないんだからこんなになっちゃうんですよ。20:34

こういうものを基準に日本人は信じてみんなパクパク食べているんですよ
それでいいんですか?って私は聞いて日本中を回っているんだけど
みなさん、よーく気を付けて聴いて下さい

こういう、3月の下旬にヨーロッパに出まして
もちろんヨーロッパ人みんな読みました。政治家も。
(2011年4月15日ドイツは福島原発事故で急いで減の圧全廃に動き出した)
震えあがりまして、ドイツのメルケル首相も原発を延命しようとしていたんですが
一気に政策を変えて、原発全廃に舵を切って
ドイツは国民の意識が高くて7割が変の圧反対だったんですけれども
一気に世論も政治家も一体になって原発を廃止しようと言う所に来ています
そうして、ドイツだけでなくスイスもイタリアも原発廃絶に向かって急速に行動をとると。
さらに驚いたのは原発大国の原発に8割の電気を依存しているフランスでさえ
77%が原発に反対だという声を上げ始めた。
この大事な報告書を読んでいないのが我々日本人。当事者だけなんですよ。

何という国民かと思うんです
それは国民が悪いというよりも要するにマスメディアがきちっと
テレビやなんかがきちっと伝えないんです。みなさんに。

アメリカなんか、ノースキャロライナ大学の助教授のスティーブ・ウィング助教授の計算では
今後彼はもうひと桁上がるだろうと見ているんです
100万人単位になるだろうと今後10年以内ですよ。
こういうふうに今見ている状態。
つまり、日本人があまりにのんびりしているので、こういう数字を出して警告してくれているんです。

じゃ、いったいあの人たちの計算はどうなのかという事をみなさんに理解していただきたいんですが、
6月の上旬にですね
日本の当てにならない原子力安全保安員と東京電力
つまり、掲示と泥棒が組んでですね、IAEAに報告書を出したんですね
その報告書の中に、「今回福島から出た放射能の放出量は77万テラベクレルと推定される
という事が書かれている。
一応計算の根拠などを彼らなりに書いてある訳です。

10104


こんな数字見たってみなさん全然わからないし、我々もわかんないです。
これは丸で書くとですね、77の後に0が16個も付くという、普段我々が使ったことのない桁です

77万テラベクレルの放射能が出たと。いうことです。
この量でも私は遥かに少ないと思っています
でも、一応、ここでは国の言い分を元にご説明したいと思いますが、
放射能の単位はですね、
放射性物質が持っている量。これが一番大事だんです。
この単位にキュリーとベクレルの二つの単位の呼び方があるんですが
1キュリー=370億ベクレルで換算できる。こういう単位。
だから、大きな物を表す時はキュリー等を使って
食品などの場合はベクレルを使う。
こういう事を我々はやっているんですが、
この放射能が放射線を出すとこの線量の強さがレントゲンで測り、
物体、私達生物、体にぶつかると被ばく線量というので
みなさんが、カウンター持っている人は今測っているシーベルトというやつですね、
このシーベルトという単位になるんです。
さらに、これを体内に取り込んでいくと、臓器によって吸収力が違います。
骨によって、あるいは内臓それぞれによってみんな違うので、
それを計算して吸収線量グレイという単位を使って計算しますが
私はこの先(キュリーとベクレルより後)は、ほとんど興味がない。というよりはですね
この計算を信用していないんです。

10105

こういうのは大体放射線科学の人間達がみんな勝手な計算をして
「これ位になる」という事を言っているだけで
それが本当かどうかという事はですね、私は全く信じていません。
医学的に信じていませんので、この、キュリーとベクレルの単位に物事を判断しようと思っているのですが、
それに対してどういう事が基準として考えられるかというと、
私達にはこの世で起こった体験が2回ありまして
原発事故、アメリカで79年に起こったスリーマイル島事故と
今から25年前にソ連で起こったチェルノブイリの原発事故。ふたつの大事故があります。
これをですね、実際に被害にあった人達を考えていくことが、一番大事なんですね。

この蝶々のようなマークはどう言うマークかというとこれが汚染地帯です。
爆発した原子炉はここにありました。
距離で言いますと、東京と富士山大体100キロですね。
これが、その縮尺です。
お分かりでしょう、ここに東京と富士山が入ってしまう位の
広大な範囲が汚染されまして、この色分けしている真っ赤なところは特に危険ちたいですけれど、
ピンクのところだってですね。
この4段階に分けて第1段階から4段階、これ全て医学的に言うと飲食や睡眠をしてはいけない所
飲み水を飲んではいけないような危険地帯なんです。

10106

これほど広大なところで住民全部移動が出来ませんので
今こういう第4区などはですね、強制避難させないまま
ここに沢山の人が放置されて、ま、現状を監視されながらですね、生活をしている。
ひじょーに危ない状態なんです。
で、この一番外側のピンク。
この周りもみんな汚染されているんですよ。
一応極端に危ない所を取り上げているのですが、
一番少ないところで(1-5キュリー④)濃度が1キュリー
要するに1キロ四方ですから広大な面積ですよ。我々から見たらですね、人間から見ると。
その中にわずか1キュリーあっても非常に危険だということなんです。
この事故が起こる前いつも講演会で使っていた図を使います
これ、去年ので27:38
浜岡原発で実際に事故が起こったらどうなるかという事を説明するのに
いまの、図を使っていたんです
つまり、この蝶々のような図を浜岡原発の中心に、チェルノブイリの図を置くとこのくらいのサイズになるんですね。

hirose1.jpg

だけれど、その時、の気象がどうなるか分かりませんね。
だから、私はこれは分かりませんと、

形がどういうふうになるか、分かりませんよと。

hirose2.jpg

だから、これが実際に事故が起こった時には、
この範囲が危ないと我々は考えておかなければならないんです。
今、長野県ありますか?この中に。

hirose3.jpg

ないでしょ、
この丸の外に住んでいる人はいますか?
いないでしょ。
つまりね、この中に入る人は全部、はっきり言うと、家を失うという事が分かっているんです。
これ、ソ連の場合はチェルノブイリ1基の汚染なんです。1基の爆発です。
浜岡の場合3基になります。
だから、もっと広大になるでしょう。

ということを去年までお話ししてきたんです。

だけど本当にそういうことになるんでしょうか
玄海原発だと九州が消えます。

hirose4.jpg

北海道の泊原発であれば北海道が消えちゃうんですね

hirose5.jpg

これが1基(100万キロワット)の原発事故の恐ろしさなんです。
これが実際に起こったんです。
起こったことを我々が知らないというのはいけないんで、
じゃ、「1平方㎞当たり1キュリー」とは、どのような危険度の場所なのか?っていいますと、
実を言うと私が原子力のことをこういうふうに反対し始めようと考え始めたのは
みなさんとは動機が違っていまして、
私は30代の頃、技術者だった会社を辞めましてから、医療関係の仕事をしていました。
ずーっと、患者さんの患部の写真を見ながら、それで、医療を必死になって学んだ人間で、
患者さんの頃を見るという立場、いわゆる臨床医学というんですけれど、
その時から放射能の危険性を感じ始めて、日本の医者があまりに鈍感なことに心配になって調べ始めて
そうして、原子力に反対しようということの意思を固めた、30代。そういう人間です。
で、大病院ではですね、1キュリーなんていう放射性物質はとてつもない量なので
こんな量は扱いません。
癌の患者さんなんかにいろんな放射線療法なんかをやりますが、桁違いです。
だから、人間の体内で問題になるのは、危険性としてピコキュリーという単位を使います、
ピコというのは1兆分の1キュリー。だから0で書くと0がずら-っと
1/1,000,000,000,000 Ci
これだけね12個も付くような、こんな微量のですね、私達の体で本当に危険になるレベルなんです
だから、1平方キロメートル当たり1キュリーあったらどれだけ危険なレベルかという事は
本当に医学をやったことがある人なら分かるはずなんです

チェルノブイリの原子力発電所の事故は今から25年前4月26日に起こりました
あの時日本人は、お母さん達がみんな立ち上がりまして、
まず、原発反対運動のきっかけになったのは食品汚染だったんです。
今私達が抱えているのと同じ。
で、その時に輸入食品が入ってくるので、これをみんなで規制しようと、
外国から、ヨーロッパから入ってくるのはこれは危険であるという事で目覚めたんですが、
その時の「食品1kg当たり370ベクレル以下」にすると、ヨーロッパに準じて国が定め、
これを超えるような食べ物が入ってきたら横浜の税関なんかは飛びあがって驚いて、送り返すと。
こういうことをやったんです。

hirose6.jpg

これを1平方キロメートルの面積に10センチの厚さでびっちりと敷く冷た状態が1キュリーなんです。
おわかりでしょ?
絶対に食べてはいけないものを10センチ厚さに敷き詰めた上でね、
生活できると思います?
少なくてもそこで野菜を栽培するとかそんな事は出来ないという事は誰でも分かりますよね。
ましてやそこで幼い子どもを育てたいと思う人はいないはずなんです。

それが1平方キロメートル当たり1キュリーだから、医学的禁止区域で当たり前です。

そういう汚染地帯ですが、
当時ヨーロッパでは日本人よりもはるかに意識が高くて
1kg当たり370ベクレルというのは大人の基準であると
で、乳幼児幼い子どもたちはその10分の1以下にしなさい
つまり、食べ物1kg当たり37ベクレルにしなさいという事を言って、
我々は勿論、それを使えという事を言ったんですが、国は採用しなかった。
実際には多くの生協の人達と組んでこの基準を目指しました。

ところが、オーストリアはですね、もっと意識が高くて
乳幼児の食品は11ベクレル/Kgにしていたんですね。
だから本来はこれ位にしないといけないんです。

福島の今回の事故が起こって、ドイツの放射線防護委員会は、もっと厳しくしています。
乳児、子ども青少年まで含めて1kg当たり4ベクレルにしなさいと。
大人でも8ベクレル以上の飲食をしないようにと提言しているんです。

hirose7.jpg

ところが、私たち日本人は
1kg当たり、その100倍以上の500ベクレル
これを国が定めている。

499ベクレル以下は全て安全だと言って食べている。
今、こういう状態なんです。
全て検出されないというのはこれを言っているんです。
どういう事かお分かりかと思いますが、今日本はこういう状態なんです。

で、もっと怖いのはですね、
各地の自治体や文部省。
自治体は、例えば長野県の方達はここで汚染物があったというのを嫌がるんですよ。
農民の人達はもっと嫌がります。

だって、皆さん畑やっててね、「俺は何にも悪くないんだ」と思っているから
「やめてくれ」と。
だから、こんなものが出たって隠したくなるんですよ。売らないと生きていけませんから。
農家も漁民もみんな隠したがる
で、各地の自治体や文科省や厚労省はみんなこれを奨励しているんです。
試料のすり替え、検出下限値そ数ケタ切りあげちゃう。
そして不検出。切り捨て。
されから、さっき言った暫定規制値より低い数値を公表しない。
暫定規制値が出たと不検出とはいって欲しくないんです
数字を出してくれと。数字を見れば我々は選べるんです。
でも出さない。
それから、平均値を使っちゃう。
平均値は困るんです。それぞれみんな違うんですから、食品によって。

それから、プルトニウムやストロンチウムなどの危険な放射性物質は測定から除外するという事を
実際には、殆ど測定できないんですけれども測定しない。

測定というのは皆さんは完全に測定されていると思っていらっしゃるでしょうけども、
実際にはかなりのテクニックを要するんです。
ベテランじゃないと正確な数値は出ないんです。
それから、測定時間という必要な時間があって、短時間だと出ないんです。

hirose8.jpg

だから、サーッとやって、「やりました」って・・だから出ないんです。
それでみんなパスしちゃうんです。
こういうトリックがね、今頻繁に使われているという事を我々は知っているんです。

それから、もっと怖いのは汚染地の名前を隠しちゃって、
産地偽装ってこういう言葉は使いたくないんですけどね、
その、現地の人達の気持ちを思うと、こういう言葉は使いたくないんですが、
だから、私は今なるべく地名は挙げないようにしていますけれど、
ある、皆さんが有名な汚染地と思っている、知っているようなところのものは、
一回何処かにうつしちゃって、そこのラベルに変わって今出ている訳です。

今このように広がっているので、
我々も実を言って、本当にどういう状態で流通しているのか分からない位にひどい状態が
今起こっているんです。

で、汚染肉牛だけ騒ぎましたが、
これは、はっきり言うと氷山の一角の一角なんです。
そして、稲藁稲藁と騒ぎましたけれど、稲藁だけである筈がないんです。
これは酪農をやっている方ならご存知の筈で、
私も若いころ学生時代東北の岩手で酪農をやりましたからしっています、
酪農で大切なのは牛に水をいっぱい飲ませるんですからね、
これで間違いなく微量微量と言われている水の中に入っている物から入ってきている。
呼吸もします、いろんなものを吸い込んでいるんで、おそらくそういうものの複合性なので、

ただ、
稲ワラにしないと収拾がつかないんですよ。
だって、普通に考えておわかりでしょ?
牛しか騒がないでしょ?
ニワトリやブタはどうなんだ?って。

誰でもみんな思っているでしょ、内心。
おかしいと思うでしょ?
だから、みんなおかしいんです。

一例を出しますとね、こういう図があるんですけど  0:38:31
厚生労働省の公表結果というもの、千葉県
千葉県は福島県があって茨城県があって千葉県があるんですよ。

hirose9.jpg


で、ここで水色は不検出と書いてある。
だから、不検出がない。
千葉県はみんな出ているんですよ。

ちゃんと書いてあるでしょ、こういう事は正しい事です。
こうやって、500以下でも数値を書いてくれればいいんです。

茨城県になると検出しないのが3カ所になりますね

hirose91.jpg

これも本当かな?って思いますけど、
でも、殆ど数値が入っていますよね。

当の福島県は不検出だらけでしょ

hirose92.jpg

えっ??
こんなことがありますか!

麦っていうのはビールの原料ですからね、言っておきますけど。
だから、テレビを見ていると分かるんですよ。
コマーシャル見てると、
「あぁ・・これじゃぁみんなで隠す訳だ」と。
だって、みんな大手のメーカーがね、こうやってコマーシャルやっていて、
食べ物食品いろんな事やっているでしょ
彼らだって大変ですから、これが出たって言ったら。

だから、みんなで、国を挙げて隠している。

食品企業もこれが真実なんです。

どうしたらいいか?ってみなさん絶望的になるでしょ。
あとはね、見える人から買って食べるしかないんです。
はっきり言うとね。
だから、もうちょっとお話ししますと、
チェルノブイリ周辺で、さっき1平方キロメートル当たり1キュリー以上は
さっき言ったとおり危険地帯です。
それを、1㎡、つまり、畳半分位に換算すると、どれぐらいかと、
今度、ベクレル単位を使うと、3万7000Bq/㎡=1Cl/㎢
「第4地区」といわれ、住民を強制避難させずに放置してきた危険地帯。
こういうふうになおせます。

6月時点で東京の市民グループの放射能防御プロジェクトという人たちが
よくやってくれたと思うんですが土を測ってくれたんです。
つまり、庭とか公園とかそういうところ
私が一番知りたかったのがそれなんですが、
それを東京で56ヶ所測ってくれて、平均したらですね
3万Bq/㎡、この数字になったんです。
これ、チェルノブイリの「第4地区」と違うと思います?殆ど同じでしょ?
東京でこうなんです。
私は東京に住んでいますから、この長野と違いますから、
殆どコンクリート、アスファルトでしょ、ビルでしょ、何が起こっているのか分からないんですよ。実際に。
だから、結局何処かの排水溝に流れ込んで、汚泥になって、
特に高井戸なんかの焼却炉にはおそらく行っているだろうと。
で、調べてみると、高井戸やなんか、そういうところは高いんですよね。
目の前の小学校があるでしょ、あれ、焼却しているんだから、って思うとね
とっても心配になってくる時があるんです。

今そんな状態なんですが、
さっきのチェルノブイリの危険な「第4区」1キュリー以上のところね、

それからもっと危険なところはこういうレベルなんですが、
これがさっき言った1平方キロメートル当たり1キュリーの線。

hirose93.jpg

これが最低のところですが、東京はこれ位で神奈川はこれ位
ただ、神奈川や千葉や埼玉は東京に比べてサンプリングの数が少ないので、
これが必ずしも平均という訳ではないんです。

で、特に不安なのは、
これはたまたまの測定なんですが、
その最高値が出ているのが茨城県の取手だと21万Bq/㎡というこういう数字が出ています。
第4区じゃなくて第3区の危険地帯に入る。

hirose94.jpg

埼玉県の三郷では91万Bq/㎡、このグラフに入りきらない、遥かに上だと。
もう、絶対にこれはチェルノブイリでは強制避難のような所だと。

松戸も高いでしょ、江東区も高いでしょ、
こういう数値が出ていて、非常に斑模様だ。

これは、例えば、いわゆる首都圏と言われるところの土壌調査の結果なんです。

だから、先程のECRRの中心的人物のバズビー博士が来日して、
首都圏でも避難しなければならない地域があるんだと。

hirose95.jpg


彼は自動車でずーっと回って、
自動車が空気を吸い込みますのでそのフィルターを全部取ってですね
丹念に調べてくれているんです。
それで、非常に危険地帯が多いという事を調べてくれまして、だから、こういう事を言ってくれるのは最もで、

これからどうなるかって言いますとね、
福島県だけじゃない。
これは農業新聞ですけれど、

hirose96.jpg

ようするに除染必要農地が8300ヘクタールにも達すると
こういう状態が今出てきているわけですが、
当の福島はどういう状態かというと、
みなさん、ご存じだと思いますが、大変な汚染で有名になった飯館村
原発から40キロも離れているんですが、大量の放射能が流れ込んだところで


hirose97.jpg

さっきの数値でいうと、1平方メートルですよ、
東京で3万と言ったのが、326万なんですよ。
もう、その100倍。

1平方キロメートル当たりでいうと、
さっきの1キュリーじゃなくて、88キュリーもある。

とてつもないでしょ。

この、8月30日の朝日新聞の報道によっても、
福島県内では1平方メートル当たり最高で3000万ベクレルのセシウム汚染(=810キュリー/㎢)
3000万というところも出ている。
こんなところに人間がいられる筈がない。
ないんですが・・・私はだから心配でしょうがないんです。

で、、先ほど申し上げました77万テラベクレルというのを
私はこういう数値が出る前に、福島の面積で単純に割ってみたんですね

hirose98.jpg

そうするとい平方キロメートル当たり1510キュリーという、とてつもない途方もない量になるんですよ。
だけれど、放射能が大量に太平洋側に流れてくれたと、ま、楽観的に考えても
1割ぐらいは福島に降ったでしょう。
というふうに見ても1平方キロメートル当たり151キュリー。
これは平均値ですけれども、
こんなとてつもない、だから、それがどこにあるのかという事になるんですけど、
計算をしましてもね、本当に気が遠くなるような汚染なんです。

だから、皆さんは「もう放射能が殆ど消えたんではないか」というふうな錯覚を持っているんです。
で、その錯覚を与えるのに、放射能の半減期というのがあって、
これでみなさん計算するんですが、

半減期は、放射能が消える期間じゃないんです
半分に減る期間なんです。

だから、半減期が立つと2分の1、4分の1、8分の1・・・・64分の1と
こうやって半分になっていくだけで、永遠にゼロにはなりませんよね。

特に危険な、子どもたちが甲状腺がんを起こすヨウ素131だと、
「半減期が8日だからすぐ消えたんだ」とみんな言っています。
とんでもないんです。

8日、16日・・ずーっとこうやって8日ずつ足していって、48日たっても64分の1でしょ。

77のあと、丸がいくつありました?
16もあったんでしょ?
64分の1になっても全然だめだって事が分かるでしょ?


こんなことが何でわからないんだって、
だって、チェルノブイリの事故の後、大汚染地帯のベラルーシのミンスクの癌病院の統計で、
一番心配な子どもたち14歳以下の、日本でいえば中学生以下の子どもたちね、
この子どもたちが5年目ぐらいからガーッっと増え始めた。

ところがグラフ(14歳以下)はここで減り始めたように見えます。
そうじゃない。
この期間が経って、この子どもたちがこっちの世代に統計上移ったんですね。
だから、この世代(15~18歳)がぐーっと増え始めた。
ここでまた減り始めます。

hirose99.jpg

15~18歳はわずか4歳の年齢層ですから、
この子どもたちはこれから成人に移行する。
今は成人の発癌者が増え始めている。
25年経った今もこういう状態なんです。

これが恐いところで、今起こるんじゃないんです。
ずーっと続くんです。

だから、今我々がよっぽど気を付けて、子どもたちや孫たちに目を掛けていないと、
「あとで後悔してもダメですよ」ということを、みんなで伝えあっていかないといけない。

テレビなんか信用しちゃダメですよ!

だから、今のことを原理的に言うと分かるんです。
ようするに128分の1になるまでには2をずーっと7回掛けなければ128にならないでしょ?
1000分の1になるには半減期の10倍の時間がかかる。

という事はどういう事かと言いますとね、
半減期の倍率でいうと、

100万分の1になるのには半減期の20倍
10億分の1になるには半減期の30倍
1兆分の1になるのに半減期の40倍の時間がかかるんです。

という事は、わずか8日の半減期のヨウ素131で

8日×40倍=320日、ほぼ1年

1年経って、ようやく1兆分の1、少し安心できるレベルになるんです。

セシウムっていうのは1200年かかるんです。
1200年って何時か分かります?
桓武天皇の時代ですからね。
平安京が出来てね、あれが7百9十何年だと思いますよ。
あんな時代に戻らなきゃいけないんですよ。
それ位かかるんです。

セシウムが殆どゼロになったって我々が言えるまでに。

それくらい大変なことを起こしたんですよ。
原発というのはそれ位恐ろしいものなんです。


だから、私は勿論農薬にも反対してきたし、
食品の添加物にも気を使ってきたつもりなんですが、
だけど、それを遥かに桁違いの寿命を持った、
原発は絶対に辞めるべきだという事を言ってきたのは、
ここに根拠があるんです。
取り返しがつかない。
汚染されてしまうと。

今、日本では取り返しがつかないことを起こしたと、認めたくないんですよ。
認めたくないでしょ?皆さんだって、絶対に。

だけど、起こったんですから。認めないと。

これは科学的事実なんですから。

だから、池上とかとんでもないのが出てきてね
体外被曝だとか、飛行機に乗ってるんだから大丈夫なんだとか
そういうことをべらべレ喋りまくってみなさん方をね、洗脳してる。
殺してやりたいんです。あいつらをね。わたしは。
本当ですよ。

体外被曝というのは、そもそも広島長崎に原爆が投下されて、
被ばく者の方たしが受けた、それが閃光やなんかですが、
レントゲン撮影とか飛行機に乗って被ばくするのもみんな体外被曝なんです
外から受けるものを体外被曝と言います。

私達が心配しているのはそういう事じゃない

体内被曝
身体の中に放射性物質が入ってくると、
つまり、呼吸、食べ物、飲料水を通して、
原水爆の場合の死の灰
今の場合は原子力施設がほおり出した放射性物質を
子どもたち、幼い子供たちが体の中に取り込むこと、
これが恐い訳です。

何が起こるかっていう事はね、
私はみなさんにシーベルトで計算して欲しくないんです。
患者、被害者、この人達から言葉を聞くことが一番大事なんです。
それを私は30代に学んだ。
なぜかというと、私は水俣病やイタイイタイ病やそれからスモン病や薬害、公害の患者さん達の事を
ずーっと翻訳して海外に伝えているうちに自分でどんどん分かってきたんです。
要するに、苦しんでいる人達をみんなこの国が国家を挙げて殺していくというその恐ろしい構造で、
そして、今、原子力で同じことをやろうとしていると思って、腹が立ち始めて調べ始めたんです。
だから、一番大事なことは被害者から言葉を聞く事なんです。


hirose991.jpg

で、DAYS JAPAN というのが1988年、つまり、ソ連のチェルノブイリ事故が1986年に起こって
2年後にですね、講談社でビジュアル雑誌として創刊してまして、
巻頭から30ページに渡るような特集を組んでくれて、
私が文章を書いて皆さんもご存じのフォトジャーナリストの広川隆一さんが写真を撮ってきてくれて
で、二人で、この記事を仕上げた時の記事を
福島の事故が起きてもう一度それを引き出してみたら、
私が言いたいことが全部ここに書いているんです。
だから、みなさんに今見ていただくんですが、

これは79年にアメリカのスリーマイル島で事故が起こってから9年後に
広川さんが取材して来て現地の住民のメアリー・オズボーンさんに聞いてきたんです。
だから、オズボーンさんの言葉を聞くことが一番大事で、
我々が9年後に日本で何が起こりかという事が分かるんですよ

で、彼女はこの時語った。
「9歳の少女が失明しようとしています。この地図を見て下さい。私の周りの人が次々と倒れていきます」と。

そう言って、この地図を見せた。
この地図はどういう地図かというと
「スリーマイル島の原発事故では殆ど放射能は放出されなかった」という
ウソがいっぱい語られています。0:54:16

http://youtu.be/zCrCVQqNYCI?t=54m8s

http://youtu.be/zCrCVQqNYCI?t=1h12m50s

この長野県ですと、私はお袋を見ていて気がつくのは、
「あー、魚をみんなパクパク食べてるな」っていうのが…内陸だからね。
長野、群馬、栃木、こういうところは内陸で魚取れないでしょ。
しょうがないもんね、そこへ行って買っちゃうのはね。
安いし、食べたって全然味が変わんないから。

だけど、私なんかが福島県に行って、福島の人とこういう話をした後、
夜酒飲んで「何か食うか」って言って、
「じゃあ、カツオの刺し身食うか」って言って出てくると、
福島の人は「濃厚なセシウム入り」って説明してくれるんですからね。
本当ですよ。
「うるさい、黙れ」って、「酒飲むときぐらい黙れ」っていうんですけどね。
お互いに言いたくないんだけど、
ま、「最後腹減ったから梅茶づけ食べるか」って言ったら、梅もすごいんだよ、セシウムが。
いや、ほんと。
梅がね、何でこんなに高いのか?と思うぐらいにもう早くからそうなんですね。
だから我が家では梅を、もう古い梅を大量に買い込んでいます。
梅干し沢山食べるから。
気を付けて下さいね。

1品ずつ本当は名前を挙げて説明したいんですけれど、農家の方もいらっしゃるでしょうし、
考えて下さい。
ご自分で考えて下さい。
ともかくヨーロッパのEU含む43カ国の地域が、
この12都県からの農産物輸入を原則禁止、ま、規制とは言っていませんが、原則禁止しているんです。
ちゃんと入っちゃっているでしょ、長野県もね、いやだけど。
だからね、逆に言うとみなさんは測りたくないんだと思います。
測らないようにして、できるだけ事が収まるまで待ちたいというのは、
それは農家の人達の正直な気持ちです。
それは私は絶対に否定しないけれど、食べるときはよーく考えて下さい。

で、私が言いたいのはね、もう起こったことについては認めるという事。
それから子どもを守るという事と、それからこれからの事なんです。
ようするに「これからどうしたらいいか」という事を今日聞いていただきたいので、
この食べ物の汚染の事を話しているんです。

つまり、日本はご存じのように、この食料自給率っていう数値自体が当てになりませんが、
一応国が言っている数値を使うと、カロリーベースで40%という事になっています。





「リニア新幹線狂気の計画」 文字起こしブログ
動画はこちらにあります↓
<リニア新幹線狂気の計画ー1ー>
「間違いなくこれは浜岡と抱き合わせの計画だ。
これはもう間違いなくね、このままいくと我々はもう殺されますよ」広瀬隆氏(文字起こし)



<リニア新幹線狂気の計画ー2ー>
「97%反対止めます。っていうのが普通でしょ?どんどん決定していくんですよ」
広瀬隆氏(文字起こし)


<リニア新幹線狂気の計画ー3ー>
「一部の利権者が動き出して、これは遊びなんです。最後に失敗するんですから」
広瀬隆氏(文字起こし)


<リニア新幹線狂気の計画ー4ー> リニアの電磁波問題
「これはきちんと理解したらみんな乗りませんよ、怖くって」
広瀬隆氏(文字起こし)


<リニア新幹線狂気の計画ー5ー> 電磁波を浴びる利用者の利便性
「日本人の誰も、高い金を払って時速500キロで景色も見えない鉄道が宙に浮いたまま、
目が回るような高速度で目的地に到着したいとは思っていない」 広瀬隆氏(文字起こし)


<リニア新幹線狂気の計画ー6完ー> 「運転手がいないんですって」
リニアは乗客の命を考えない、とてつもなく危険な鉄道である 広瀬隆氏(文字起こし)


広瀬隆さん長野県富士見町2011年9月20日講演(内容書き出し)






「無主物」裁判、裁判の在り方を問う・神保&青木ニュースコメンタリー12/3(内容書き出し)

「無主物」に関して話していらっしゃっていたので書き出しました。
裁判官、裁判所の状態も少し理解できました。
原発関係に関して、市民の訴えを成立させると
その裁判官は地方へ飛ばされたり仕事を干されたりして、最高裁までは行きつくことが出来なくなるようです。
最高裁事務総局というところに人事をすべて牛耳られていて、
ずっと、真実の正しい判決を下せなかった裁判長は
定年間近になってから思いのたけを発揮して正しい判決を下すらしいのです。
なんか・・・
お先真っ暗気分。
これじゃぁ、原発の差し止め訴訟なんかしたって、
通る訳がない。

早口で聞き取れなかった部分や調べても分からない言葉もあったので、、
適当ですが、裁判所が、誰の力も及ばない無法地帯だという事は理解できました。

勉強になりました。


ニュース・コメンタリー (2011年12月03日)
放射能を「無主物」と言い放つ東電と裁判所の責任








<「無主物」関連ブログ>

たねまきJ「橋下氏の脱原発・全国を汚染した放射性物質・セシウムは誰の物?東電の言い分と裁判官の決定」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)11/28

福一から放出された放射能を「無主物」だという東電が許せない

東電の「無主物」に大竹まこと絶句・ゴールデンラジオ文化放送(番組内容書き出し)

フジテレビの記者が無主物に関して質問12/13午前


「無主物」を考え出した東京電力の超エリート弁護団判明!12月16日



続きを読むに内容書き出しました(最後の方はパスw)誤字脱字見逃して下さいww

続きを読む

高速増殖炉「もんじゅ」について・武田邦彦氏 (声文字起こし)




「もんじゅ」について武田邦彦氏

たとえば、配管が割れるとかは起こり得るんですよね。
それから、少し運転がおかしくなるとか、
それから、ナトリウムが少し漏れて火災になるとか、
水をかけると余計燃えるとかね、厄介なもんなんですよ。

だからわたしは、何が起こっても手がつけられないという炉ですから、
これはもう、危険だという事ですね。

だから「もんじゅ」はすぐに止めなきゃいけないっていうのが私の考えです




もんじゅ試運転見送り 来年度予算で文科相
東京新聞 2011年12月13日 12時48分

中川正春文部科学相は13日の閣議後会見で、
高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の来年度の試運転に必要な費用について
「(国会などの事業仕分けで)いろいろな指摘があった中で、外していくことになる」と述べ、
試運転の実施を見送る方針を明らかにした。

文科省はもんじゅに関連する来年度予算について、
試運転に必要な費用22億円を含め、計215億円を要求していた。
本年度の試運転についてはすでに見送りを決めている。

政府はエネルギー・環境会議などで、来年夏をめどに今後の国のエネルギー政策を決める方針で、
もんじゅについても継続か廃止かの方向性が示される見通し。
(共同)




武田邦彦 「高速増殖炉もんじゅ」 2011.12.12



読者の方へのお答え1. 「もんじゅ」について

高速増殖炉「もんじゅ」は2度の事故を起こし、やっと維持をしているというところです。
この原子炉の問題についてご質問がありましたので、お答えします。

(今日から、読者の方のご質問にできるだけ、整理して音声でお答えしていきたいと思います。
現代**論で私の考えを整理する間ということです。)

(平成23年12月12日(月)) 武田邦彦


ということで、続きを読むに武田先生の声を文字起こしします。

続きを読む

フジテレビの記者が無主物に関して質問12/13午前

どうしても東電の「無主物発言」が許せない私は
しつこく追いかけますww
東電の記者会見を見てたら、
「無主物」に関して質問した記者がいる(♛ฺܫ♛ฺ)のを見つけ、
やったー!と思って、書き出しました。そしたら、この日のうちにちゃんと放送されていました。


東京電力記者会見12月13日午前




11:51
フジテレビの椿原と申します
よろしくおねがいいたします
東電が原発由来の放射能について無主物と主張したことについて国民から非難の声が上がっていますが
それについてどう考えられますか?


松本:
はい、あのー、個別の係争中の案件につきましては
わたくしどもからコメントすることはございません

フジテレビ:
個別の・・というと裁判の中では無主物と主張していましたが、
他の飯館村とか別の場所にもそれは当てはまることだと思うのですが、
そういう場所に関してのものも、無主物という事になるんでしょうか

松本:
はい、わたくしどもといたしましては、あの、わたくしどもの見解は裁判の中で、へ、
申し上げている通りでございます。


フジテレビ:
裁判の中では無主物とおっしゃっていましたが
そういう認識で捉えてよろしいんですか?

松本:
はい、ほ―、二本松のゴルフ場の裁判中の係争中の案件でございますけれども、
そちらに関して裁判の中で申し上げているとおりでございます。

フジテレビ:
それ以外の飯館村のものに対してはいかがですか?

松本:
無主物かどうかにつきましては、私どもといたしましては裁判の中で申し上げている通りでございます。

フジテレビ:
裁判の中では無主物というふうにおっしゃっていたんですけれども、
その個別の事案といいきれる根拠はどこにあるんですか?

松本:
はい、あのー、現在、へ、裁判の中で、え、
二本松のゴルフ場の方から、あー、そういう訴えがございまして、
わたくしどもの主張を、裁判の中で申し上げている通りでございます

フジテレビ:
その裁判の中では、放射能については全部無主物というふうにおっしゃっていましたが、
それはそのたとえば、東京都内などでもホットスポットなどが発見された時には
それは無主物という、東電さんでは認識を持っているという事ですか?

松本:
あの、個別の裁判にかかわる案件につきましては私どもからコメントすることはございません。





続きを読むにFNNニュースの内容を転記します

続きを読む

たねまきJ「SPEEDI・ヨウ素剤・外部被ばく調査結果」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)12/13



・SPEEDIの公開が遅れたことについて
・安定ヨウ素剤の配布について
・福島県民外部被ばくの調査結果について



12月13日火曜日 
京都大学原子炉実験所助教 小出裕章先生に伺いました
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]





<参考>
福島・外部被ばく線量累積試算&空白の4日間(福島民報)
福島県が県民の外部被ばくの調査結果を発表に関するニュース記事





続きを読むに番組の内容書き出しました

続きを読む

福島・外部被ばく線量累積試算&空白の4日間(福島民報)


被ばく試算、最大は19mSv 福島の市町村から避難住民 

東京新聞 2011年12月13日 11時07分

東電福島第1原発事故を受け、全県民約200万人を対象に健康管理調査を進めている福島県は
13日、事故発生から4カ月間に第1原発周辺12市町村から避難した住民の外部被ばく線量の目安を公表した。
最大は、飯舘村の放射線量が高い地区から6月下旬に避難した想定の19ミリシーベルトだった。

県は、避難指示の時期や避難所の設置場所などから想定できる18の避難状況ごとに外部被ばく線量を試算。
発送した問診票に回答した住民に今後通知する個人の外部被ばく線量(推計値)の目安としてもらう。
(共同)


外部被曝、97%が5ミリSv未満…福島県調査
(2011年12月13日 読売新聞)

福島県は13日、
東京電力福島第一原子力発電所事故を受けて全県民を対象に実施している健康管理調査の中間結果を公表した。

原発作業員など放射線業務従事者を除く住民1589人の97・4%にあたる1547人は、
4か月間の外部被曝(ひばく)線量が5ミリ・シーベルト未満だった。
国際放射線防護委員会は、原発事故の収束時の年間被曝量を1~20ミリ・シーベルトと提示しており、
これらの人はこの範囲内に収まることになる。

県民健康管理調査は、原発事故時の全県民約200万人が対象。
今回の中間報告では、先行して実施した警戒区域や計画的避難区域の
飯舘村と浪江町、川俣町山木屋地区の住民約2万9100人のうち1727人について、
3月11日の事故発生時から4か月間の滞在場所や滞在時間が記入された問診票を基に、
文部科学省の観測や放射性物質の拡散予測「SPEEDI(スピーディ)」で得られた各地の空間線量率を使って計算した。

放射線業務従事経験者を除く1589人のうち、
推定被曝線量が1ミリ・シーベルト未満だった人が998人(62・8%)、
1~5ミリ・シーベルト未満が549人(34・6%)だった。
10ミリ・シーベルト以上は4人で、
最大は14・5ミリ・シーベルトだった。

20歳未満の311人についての解析では、
62・1%が1ミリ・シーベルト未満。1
0ミリ・シーベルト超の人はいなかった。

一方、放射線業務従事経験者では、最大37・4ミリ・シーベルトの人が1人いた。

調査を行った福島県立医大の山下俊一副学長は、
「外部被曝のみの分析だが、数値としては低く、健康に与える影響は極めて小さいと考えられる」と評価した。




避難18ケース詳細判明 4カ月線量試算 計画区域高い傾向
福島民報 2011年12月13日

東京電力福島第一原発事故により避難した住民の外部被ばく線量について、
県が避難の状況ごとに設定したモデルケースの試算の詳細が12日、分かった。

原発事故から4カ月間の試算値は、計画的避難区域の複数モデルで10ミリシーベルトを超え、
原発から20キロ圏内で事故直後に避難した想定と比べ、試算値の大部分が高かった。
 
試算値の最高は、飯舘村で放射線量が最も高い地域にとどまり
役場機能の移転に伴い6月21日に福島市の飯野支所に避難したケースで19ミリシーベルト

飯舘村役場に滞在し、同じ日に避難した想定では6・2ミリシーベルトだった。
 
一方、20キロ圏内で最も高い試算値は2・3ミリシーベルト。
浪江町内で放射線量が最大の地域から3月12日につしま活性化センターに移動し、
同16日に安達体育館に移動したケースだった。
 
県は原発から20キロ圏内と計画的避難区域からの避難行動に応じて18パターンのモデルケースを設定した。
3月11日の事故発生から4カ月間の外部被ばく線量について、
空気中の放射線量の推移などを踏まえて放射線医学総合研究所と試算した。
   ◇  ◇
県が県民健康管理調査で推計した
浪江、飯舘両町村、川俣町山木屋地区の住民1727人の事故後4カ月間の外部被ばく線量の詳細も判明した。
 
放射線業務の従事経験者を除く1589人のうち、998人(62・8%)が
平常時の年間限度とされる1ミリシーベルトに達していなかった。



最高値は14・5ミリシーベルト 外部被ばく線量推計 
放射線業務経験者除き

福島民報 2011年12月13日

県が浪江、飯舘両町村、川俣町山木屋地区の住民の県民健康管理調査から推計した
事故後4カ月間の外部被ばく線量では、
放射線業務の従事経験者を除いた最高値は飯舘村の住民の14・5ミリシーベルトだった。
次いで浪江町の3人がそれぞれ11・9ミリシーベルト、11・1ミリシーベルト、10・3ミリシーベルトだった。
 
平常時の年間限度とされる1ミリシーベルトを超えたのは591人となった。
 
震災当時の年齢別では、20歳以下は320人で、1ミリシーベルト未満は197人(61・6%)。
他の123人は1ミリシーベルト以上で、
最大は「11~15歳」の1人で「8ミリシーベルト以上、9ミリシーベルト未満」だった。
このうち、10歳以下は160人で、1ミリシーベルト未満は104人(65%)。
 
推計値は、県の県民健康管理調査で住民が問診票に記入した行動記録を基に、
文部科学省の測定や緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)による
各地の空間放射線量を参照して算出した。
 
今回の対象は、県民健康管理調査で先行して問診票を送付した浪江、飯舘両町村と川俣町山木屋地区の住民。
問診票に原発事故発生から4カ月間の行動記録が明確に示され、県への提出が早かったケースだけを分析した。
放射線業務従事経験者を含めた最高値は37ミリシーベルトだった。



続きを読むに福島民報「空白の4日間」

続きを読む

中間貯蔵施設双葉郡に整備の意向(細野大臣)

原発相「双葉郡に整備」 中間貯蔵施設 
自治体関係者に意向伝える

福島民報 2011年12月13日

細野豪志環境相兼原発事故担当相は12日、双葉郡の自治体関係者に、
東京電力福島第一原発事故による汚染廃棄物の中間貯蔵施設を同郡内に整備する意向を伝えた。
年内に正式に方向性を示し、用地の買い上げなど具体的な検討に入るという。
避難区域の見直しで新たに設定される「長期居住困難区域」に建設することを視野に入れているとみられる。
 
細野氏は同日、県内で双葉郡の自治体関係者と会談した。
複数の関係者によると、中間貯蔵施設について
「双葉郡にお願いする方向になると思う。年内にも方針を決めたい」と述べた。
「土地の買い上げなどを視野に入れている」とも語った。
ただ、双葉郡内のどの町村が候補地となるかについては言及しなかったという。
 
中間貯蔵施設について政府は、平成24年度内に設置場所を決め、
今後3年程度を目標に整備する内容を盛り込んだ工程表を10月に発表している。
 
細野氏は自治体関係者との会談で原発事故収束に向けた
工程表の「ステップ2」終了を16日、発表することも明らかにした。

■長期居住困難区域 大熊、双葉、浪江、葛尾など
 
政府が中間貯蔵施設の設置を検討している「長期居住困難区域」は
福島第一原発周辺や同原発の北西部に広がる放射線の年間外部被ばく線量が
50ミリシーベルト以上となる高線量地帯。
大熊、双葉、浪江、葛尾の各町村などの一部が該当するとみられる。
 
同区域内は中間貯蔵施設を含め公共目的の利用を検討しており、政府が土地を買い取る方針。
住民に対する特別な賠償制度を設ける案も浮上している。
 
ただ、区域内に施設を建設した場合、線量の高い場所で人が作業することになることから
政府内に慎重論も出ているという。



日本の原発事故・敦賀原発1号、電源装置燃える

福井のニュース 原発

敦賀原発1号、電源装置燃える 周辺環境へ影響はなし
福井新聞 (2011年12月13日午前8時42分)
20111213084505_885478767.jpg

出火した電源装置=
12日午後7時55分ごろ(日本原電提供)


12日午後7時45分ごろ、
福井県敦賀市明神町の日本原電敦賀原発1号機の廃棄物処理建屋にある電源装置のブレーカー部分から出火、
間もなく運転員が消火器で消し止めた。けが人はなく、周辺環境へ影響はないという。

日本原電によると、装置は同建屋の照明用電源。
出火した装置は予備で普段は使われていない。
通常の電源装置を13日から点検するため、予備の装置に仮設ケーブルを接続して電源を入れたところ
ブレーカーが落ち炎が上がった。

敦賀美方消防本部によると過電流でショートしたとみられ、原電で原因などを調べている。
同建屋から原子炉建屋までは約35メートル。

敦賀原発では昨年3月から今年10月まで、ウエスやシートなどが燃える火災が4件発生しており、
同消防本部から再発防止対策を指示されていた。
日本原電敦賀地区本部は「根本的な対策を取る矢先に火災が起こり、大変申し訳なく思っている。
原因を調査し再発防止を図る」と話している。



小出裕章氏・吉田照美ソコダイジナトコ「2号機は爆発していると思います」12/13(内容全て文字起こし)

吉田:つい先日相当量の汚染水が海に流れた事に関しての
    東京電力サイドの幹部発言なんですが、
    「排水溝のところで獲れた魚を、1年間食べ続けても健康に影響がない」というふうに言ったんですが、

小出:東京電力の人には是非ともみんな食べて欲しいと思います

吉田:言った人は少なくてもね、
    一年間食べ続けても健康であるところを国民に証明して欲しいと僕は思いますね。



小出:「直ちに・・ない」ということは、「将来的には・・ある」という言葉の裏返し。
    被ばくというのは「どんなに微量な物でも危険がある」というのが現代の学問の到達点ですので、
    放射能を食べるような事をすれば、もちろん健康に被害があるのです。
    それが、直ちには見えないで、やがて癌、白血病になって出てくるだろうという、そういう話しです。




文化放送・吉田照美ソコダイジナトコ 2011年12月13日



週刊エンター「原発のウソ、そしてホントの話」
京都大学原子炉実験所 小出裕章助教


放送内容、続きを読むに完全文字起こし

続きを読む

除染作業で作業員死亡(伊達市)統合会見動画&内容書き出し12/12

伊達市で除染作業中の男性が死亡 「除染との因果関係はない」
産経ニュース 2011.12.12 19:21

内閣府の原子力災害対策本部は12日、
福島県伊達市の下小国地区で除染作業中の男性(60)が急病で病院に運ばれ、死亡したと発表した。
同本部は「死亡と除染作業との因果関係はないだろう」としている。

同本部によると、男性は同日午後1時ごろ、車の中で倒れていたのを、同僚が発見した。
心肺停止状態で搬送されたが、午後2時ごろ、搬送先の医療機関で死亡が確認されたという。
死因は非公表。

下小国地区での除染作業は同日始まったばかりで、集会所の除染などを行っていた。


ーーー場所の確認


伊達市の下小国地区



統合会見 2011年12月12日





22:37

園田政務官

急病人の事案の発生についてでございます。
本日でございますが、飯館・・・あっ!失礼
除染の効果、除染の降下の実証実験を行っていた、あー、
伊達市、しも、下小国地区において、えーーー、
急病人が発生したという事でございます。

伊達市の下小国地区1

で、へ、その後当該の作業員の方が、あーー、死亡されたという事でございまして、
いま、あーー、わたしのところに、いー、ニュースが入ってきました。のちほど、えっと、
支援チームから?あー、補足をしていただければというふうに思います。

えっと、それからあ、前回のご質問の中でー略ーー




続きを読むに会見の内容書き出しました

続きを読む

大間原発もプルサーマル「差し止め訴訟」第4回口頭弁論・長時間の電源喪失回答なし。

電源喪失の想定回答せず 大間原発1次訴訟
My Town 北海道 2011年12月10日

■原告質問に電源開発

電源開発が青森県大間町に建設中の大間原発をめぐり、
函館市民ら約170人が同社と国に建設差し止めなどを求めた第1次訴訟の第4回口頭弁論が9日、
函館地裁(蓮井俊治裁判長)であった。
原告側が、福島第一原発事故のような長時間の電源喪失を想定しているかと質問したのに対し、
同社側は「現時点で回答を用意してない」と、想定の有無を含め答えなかった。

原告側は福島の事故で現行の安全指針や技術基準は効力を失った、とした上で、
「その基準で設置許可を受けた大間原発の建設は差し止められるべきだ」と改めて主張。
長時間の電源喪失の想定は、「裁判の争点になるので明らかにしてほしい」と求めた。

また、函館市の医師長谷川昭一さん(55)ら原告2人が意見陳述。
長谷川さんはこの夏、福島県の家族の一時避難を支援する団体の活動に参加した経験などを述べ、
「函館で当たり前にできることが福島ではできない。
函館の子どもたちに同じことをさせたい親は1人もいない」と訴えた。

一方、次回の口頭弁論は3月9日に決まった。
今月5日に同地裁に提訴された第2次訴訟は第1次と併合される見通し。



青森県ホームページ


大間原発1

大間原発11
大間原子力発電所建設地点

大間原子力発電所の概要
更新日:2009年9月1日 原子力立地対策課
 
大間原子力発電所は、
電源開発(株)が下北郡大間町に138.3万kWの改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)を建設する計画となっています。
この計画は、当初、新型転換炉(ATR)の実証炉を建設する予定でしたが、
平成7年8月、原子力委員会により、経済性等の理由からATR実証炉建設計画の中止が決定され、
代わりに、全炉心MOX燃料(ウランとプルトニウムの混合酸化物燃料)装荷可能な
ABWR1基の建設計画となったものです。
その後、平成11年8月には電源開発調整審議会に上程され、国の電源開発基本計画に組み入れられました。
 
平成11年9月、電源開発(株)から通商産業大臣あてに原子炉設置許可申請が行われ、
国の安全審査が開始されました。
 
平成15年2月、電源開発(株)は早期の用地取得が困難と判断し、
配置計画の見直しに伴う詳細な調査・設計を行い、

平成16年3月、当初の原子炉設置許可申請を取り下げ、
改めて経済産業大臣に原子炉設置許可申請を行い、国の安全審査が再開されました。
 
平成17年6月、原子力安全・保安院による安全審査が終了し、
その結果について、経済産業大臣から原子力委員会及び原子力安全委員会に対して諮問され、
両委員会において、その妥当性の審査(2次審査、いわゆるダブルチェック)が開始されました。
 
平成20年4月、原子炉設置許可、工事計画許可申請(第一回)が行われ、

平成20年5月に着工されました。


大阪新市長「反原発強める」

大阪新市長「反原発強める」=府市本部顧問内定の古賀氏
時事ドットコム (2011/12/12-12:33)

大阪府市統合本部顧問への就任が内定している元経済産業省官房付の古賀茂明氏は12日、
大阪市長に就任する橋下徹前大阪府知事について、関西電力が目指す停止中の原発再稼働に対し
「反原発の動きを強めていく」との見通しを述べた。
大阪市は関電株式の約9%を保有する筆頭株主。
東京都内で開かれた英経済誌「エコノミスト」主催の会合で語った。




東京電力関係ニュース2件(KDDIに株売却・東電社員逮捕)

CATV株売却へ=KDDIと調整―東電
時事通信 12月11日(日)20時0分配信
 
東京電力<9501>が、17%を保有する
ケーブルテレビ(CATV)大手ジャパンケーブルネット(東京都中央区、JCN)株全株を、
同社筆頭株主のKDDI<9433>に売却する方向で調整していることが11日、分かった。
売却額は100億円規模で調整しており、年明けにも合意したい考え。 


<参考>
東京電力勝俣会長はauの取締役だった。



値札付け替え:福島原発勤務の東電社員を逮捕 詐欺容疑
毎日新聞 2011年11月22日 15時0分

バーゲンセールで洋服の値札を付け替えたとして、
警視庁東京湾岸署が東京電力社員で福島第1原発勤務、平田敬一朗容疑者(45)=東京都港区芝浦4=を
詐欺容疑で現行犯逮捕していたことが分かった。
「目の前に安い値札があったので、付け替えれば安く買えると思った」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は、19日正午前、
江東区有明3の東京ビッグサイトで開かれていた服飾メーカー「オンワード樫山」のバーゲンセールで、
コートやジーンズなど3点(計10万2500円)に付いていた値札を計1万6000円のものに付け替え、
本来より安い価格で購入したとしている。私服警備員が不審な行動に気付いて取り押さえた。

平田容疑者は平日は福島第1原発で勤務し、週末は港区の自宅へ帰っていたという。
この日は1人で買い物に来ていたという。



「イスラエル原子力施設」元作業員死亡



国際
元作業員らに高放射線 イスラエル原子力施設 
死亡作業員の父親「表面化していない事故数多く」

産経ニュース 2011.12.8 14:22

イスラエルの放射線の安全性に関する専門家は7日、
同国南部ネゲブ砂漠のディモナ原子力センター
1990年代に働いていた作業員らが極めて高いレベルの放射線にさらされていたと証言した。
イスラエル紙イディオト・アハロノト(電子版)が伝えた。

この専門家は、
がんにかかった同センターなどの元作業員ら44人が起こした労災認定請求訴訟で原告側証人として証言した。
原告の一部は既にがんで死亡している。

証言によると、
がんになった作業員らの中には被ばくの予防的な検査を受けていれば被害を軽減できた者もいたが、
そのような検査は行われていなかった。
既に死亡した作業員の息子は、父親が
施設では、表面化していない事故が数多く起きていた」と語っていたことを明らかにした。

     (共同)

期待を持たせてもいいものなのだろうか?


コメントで教えていただいた記事です。
わたしは読んでびっくりしました。


警戒区域で見た過酷な現実
産経新聞 12月11日(日)21時28分配信


東京電力福島第1原発事故で未だに多くの県民が県内外で避難生活を余儀なくされる中、
原発から半径20キロ圏内で全員が避難している警戒区域の過酷な現状を目の当たりにして言葉を失った。

11月16日。
警戒区域に指定されている大熊町で、初めて住民のマイカーによる一時帰宅が実現し、
報道陣も取材が認められたため、警戒区域に入った。

午前8時すぎ、集合場所の広野町中央体育館には住民が続々とマイカーで詰め掛けた。
防護服に着替え、車の屋根の部分には一時帰宅の印である赤いリボンが付けられた。
帰宅が認められる時間は移動時間も含め5時間。住民たちは先を急ぐように我が家に車を走らせた。
それを追うように報道関係者を乗せたバスが検問で警察のチェックを受け、いよいよ警戒区域内に入った。

途中の道路は段差だらけで、道ばたの雑草が秩序もなく生い茂げっていた。
紅葉だけが季節の移り変わりを感じさせる。
ほどなく、バスは住宅が点在する場所に到着し、そこから報道陣が各々、取材のため民家を回った。

歩くこと10分。自宅から思い出の品や生活用品を持ち出す老婆と息子を取材できた。
この自宅は第1原発からわずか2キロの地点。
黙々と持ち出し準備をする息子は開口一番、東電への怒りをぶちまけた。

「死ぬまでに悲しみと怒りと憎しみを背負っていかなければならない。
東電のやっていることは人の道を外れている。誠意を示してほしい」

息子は抗議の意味で、持参しなければならない放射線の線量計を持ってこなかったという。
「東電からは国の方針で線量計を下げてくれと言われたが、
自分たちが起こした事故に対して国の方針というのはおかしい」と声を荒げた。
傍らでは母親が黙々と冬物をビニール袋に入れていた。

「じっちゃん(お爺さん)の冬靴も持って行がねば」

年老いた体に防護服姿は痛々しく映り、改めて事故の爪痕の大きさを感じさせた。

一通りの取材を終え、バスは大熊町と双葉町内の視察へと向かった。そこで見たものは想像を絶する世界だった。

大熊町にある双葉病院。
まず目に飛び込んできたのは外に無造作に置かれたベッドだった。その数は約30。
同行した担当者に聞くと、地震発生と同時に患者が全員ベッドのまま外に避難し、
そこから自衛隊の誘導で別の場所に避難したのだという。

突然襲った巨大地震のショックからか、搬送中に亡くなった人もいたという。
外側から病院内を除くと無数の布団が避難したそのままの状態で敷き詰められていた。
患者はどれほどの恐怖を味わったのだろうか。パニックに陥ったのかもしれない。
地震発生時の混乱した様子が垣間見えた。

続いて訪れたのが大熊町内にある老人ホーム。
ここは第1原発を望める高台にあるが、やはりホーム内は混乱の爪痕がくっきり残されていた。
食器や食物があちこちに散らばり、ベッドも倒れていた。
しっかりと時を刻んでいる目覚まし時計が妙に不気味さを感じさせる。
わずか数キロ先に見下ろせる原発が人々の生活を奪ったと思うと、複雑な心境にかられた。

報道陣を乗せたバスは最終目的地の大熊町の中心街に到着した。
そこに飛び込んできたのは人間の息づかいが全く聞こえない非日常の世界だった。

崩れ落ちた民家、中がめちゃくちゃになっている薬店、入り口のドアが壊れている電気店、
放置されている自家用車、伸び放題となっている雑草…。
こうした異様な光景の中、カラスの鳴き声と「ヒュー、ヒュー」という風の音だけしか聞こえてこない。
街のあちこちには誰が置いていったのか、ペットフードがいくつもあった。
もちろんそれを食べる犬猫の姿はない。

約15分間、街を歩いたが、我々が日常暮らしている当たり前の姿が残念ながらここにはない。
3月10日まではここでは人々があいさつしながら行き交い、
笑い声が聞こえ、時には泣き、人の息吹が街を形作っていたと思うと、胸が締め付けられる思いがした。

原発と共存共栄してきたにもかかわらず、一瞬にして人々の生活を奪った原発事故。
これまでは映像でしか現場の状況を知ることができなかったが、
今回、初めて警戒区域に足を踏み入れたことで、1日でも早く町の復興を果たさなければならないと感じた。

11月に行われた大熊町長選では、
現在のままでの町の復興を訴えた現職と町の移転を唱えた新人の一騎打ちとなったが、
結果は現職が当選を果たした。町民は今のままでの大熊町の復興を選択したのだ。

以前、青森市に避難している大熊町の一家を取材した時の母親の言葉を思い出した。
「必ず大熊町に帰るんだという気持ちを持ち続けたい。山があって川があって…。やはり故郷は忘れられない」。
故郷を思う気持ちを持ち続けることで、不便な避難生活の中にも唯一の心のよりどころとなる。

11月16日は故郷とは何か、原発とどう向き合えばいいのかを改めて考えさせられると同時に
今後、記者生活を続けていく上で一生忘れることができない1日となった。




世界ヒバクシャ展 緊急フォーラム 昼の部 12月7日(トークタイム)一部書き出し




森下一徹氏
「核兵器を無くすという事はどういう事だ」というと、
核兵器を使われると、この地球がダメになってしまう訳ですね。無くなってしまう訳です。
ものすごく大きな宇宙の中で、こういう生命体を持っているのは地球だけなんです。
これを無くしちゃいけないと思う訳ですね。





本当のことを知りたい~放射能に負けないために~


福島第一原発事故による放射能汚染について、本当のことを知りたいと、多くの方々が思っています。
しかし、残念ながら、情報はコントロールされ、真実は知らされてきませんでした。
 
NPO法人世界ヒバクシャ展は、
広島、長崎をはじめとする世界のヒバクシャの実相を写真を通して伝えることで、
核のない世界を目指してきました。真実を伝えることは、社会を変える力を持つと信じていたからです。
その経験から、「真実を知ることが生きる力を生む」と考え、
ヒバクシャを撮り続けた6人の写真家の作品を紹介するとともに、
力強く立ち上がった全国の女性たちを迎えて、世界ヒバクシャ展 緊急フォーラムを開催します。
                            
特定非営利活動法人世界ヒバクシャ展
代表 森下 一徹




肥田舜太郎氏「放射線に負けないで生きていく方法」12月7日世界被ばく者展
(動画・肥田氏の講演部分全て書き出し)
の続きです



世界ヒバクシャ展 緊急フォーラム 昼の部 12月7日




01:22:15

今回急な呼びかけにもかかわらず、これだけ豪華な方達がいらして下さいました
みなさんから一言お願いいたします

01:23:35

森下 一徹
写真家の森下 一徹です。
僕が大体企画してこういう形になったんですけれども、
もともとは写真だけの展覧会でした。
それで、やる時は一生懸命やっていたんですけども、身体がいう事を聞かなくなってきて、
ついに車いすで動くような形になっちゃったんです。
ですからもう、諦めそうになっていたのが、僕の娘が「写真展をやってあげる」っていいだして、
それで今回こういう形で写真展が出来るようになりました。
で、やっぱり若い人が考えることは色々あって、
こういうお話しを入れるとはね、考えて、
それで、ま、大変だと思うんだけど、こういうところでやることが出来て、
で、これがどんどん発展していくのかどうなのか、
それは、いま、これからのことですけれども、ぜひとも成功させてみたいと思っています。
それには僕も協力を惜しまないようにします。
今日はみなさんどうもありがとうございました。


01:25:39

肥田舜太郎
毎日のようにみなさんのような集まりでお話しをして歩いています。
お話しをした後で一番嬉しいのは、
お聞きになった、特に赤ちゃん、子どもさんを持ったお母さんがそばに来られて、
「先生の話しを聞いて明日から生きていく元気をもらいました。ありがとうございました。」っていわれるのが、
一番嬉しいですね。
毎日私たちはこうして自分の人生を生きているのですが、
それが、普通の努力をしていれば、家族全部、
戦争が起きない限りは平和な中で生きていける。
と、普段は思っているんですけれども、

こういう、人間にとって生きていく上で大変恐ろしい放射線というのが、
身の回りに自分の意志とは関係なく押し付けられる。
いうふうになる世の中で、自分はともかく子供の将来がとても心配で夜も寝られない。
沢山そういう方がおられるのが、わたしの話しを聞いて、
「生きていく勇気が出来た」と言って下さるのが、私にとって一番話しがいのあるお答えだと思っています。

もともとは平凡な普通の医者だった人間が、
沢山の被ばく者の方の苦しみと一緒になりながら、
どうやって この世の中を生き抜いていくかという、その一番大事なポイントを教えられてきた思いがします。

今日お会いした皆さんは、初めてお会いをする方々ですけれども、
わざわざ、私のつたない話しを長時間聞いていただいて、
それなりに受け止めていただけたというふうに思って、
かえって、私の方が感謝をしております。
ありがとうございました。

01:29:07

大谷ゆみこ


01:33:15
佐藤幸子


01:39:00
竹野内真理


01:41:27
会場からの質問

01:45:22
肥田:
今の日本人である限り、
それぞれ自分が間違っていると思ったり、気に入らないと思ういろんなことをみんなにしゃべらせれば
もう、100も200も300も限りなくあると思うんですね。
でも、それは色々整理して論議していくと、
一番大きな元は何か、それは日本の国民に独立がないからです。
100億の意志で生かされていく、それを何となくそのままにしておいて、
そういう大きな国としての矛盾。
その事を解決しようと思う気がなくて、連想的に自分が感じる沢山の不満を
あれこれ、あれこれ並べてお互いに話し合ってみても
一番に肝心の元のところをどうするという
一番だいじなことを論議し合う
そういう人間にならないと、永久にわたくしはダメだと思っています。
困難だけど、やるべきだと思っています。

hida.jpg


01:46:59
森下:
今までいわれたことは一番正当だと思います。
だけど、だけどじゃないな、
僕が言いたいのは、
「核兵器を無くすという事はどういう事だ」というと、
核兵器を使われると、この地球がダメになってしまう訳ですね。
無くなってしまう訳です。
ものすごく大きな宇宙の中で、こういう生命体を持っているのは地球しか今は分からないのですね。
他にもあるか持っていわれているけれど、地球だけなんです。
これを無くしちゃいけないと思う訳ですね。
だから僕は核兵器廃絶を言いたい訳です。
だから、みんなで核兵器を無くそう。
それにはどうすればいいのか、
僕は日本でも写真展をやっていますけれど、これを世界各国でやり続けるようなものにしたいのです。
だから、今みなさんに見てもらった写真展を
他の世界の隅々まで行って見られるようにしてみたい。
そうしないことには、核兵器は無くならないんです。
1国や2国がいらないって言ってもダメですね。
世界の全部がこの核兵器を無くさなきゃダメなんです。
それにはみんなが核撲滅運動をする事です。
それで、この写真展をやっております。

01:49:16


森下一徹
1939 年 東京都目黒区生まれ。
64年初めて被爆者と出合い、以後、広島・長崎の原爆被爆者を永年撮り続け、自身の生きる原点になった。
81年、ソ連邦60周年記念国際記録芸術写真コンテスト「人間と平和」で「被爆者」がグランプリを受賞。
79年、写真展「被爆者」広島。引き続き国内外で展示。
1983年、グラハム財団が、富永さんの目の写真を永久保存。

著書≫写真集「被爆者」(自費出版)、記録写真「被爆者」(ほるぷ)、「遺品は語る」(深沢一夫著、汐文社)、
「地球非核宣言」(安斎育郎共著、水曜社)、「被爆者たち」(小峰書店)など。

http://hibakushaten.blogspot.com/p/blog-page_24.html
こちらで写真が一部公開されています↑



東北電力女川原発3号機のプルサーマル計画



これ知らなかったので・・・おぉ(゚ロ゚屮)屮

東北電力のプルサーマル計画について

東通1

プルサーマル計画の概要

女川3号機でウランとプルトニウムを混合した燃料(MOX燃料)を
使用します
使用するMOX燃料は、外観・形状ともに従来のウラン燃料と
同一のものとします
全燃料集合体560体のうち、使用するMOX燃料は228体以下
(重量※にして1/3以下)とします

※「原子炉全体の燃料棒の重量」に占める「MOX燃料棒の重量」の割合

当社は、プルサーマル計画の実施について、平成22年3月18日、宮城県、女川町、
石巻市から事前了解をいただきました。

今後は、2015年度までのプルサーマル実施に向け、安全確保を最優先にしながら、
積極的な情報公開に努めるとともに、原子力発電所の安全・安定運転に万全を期し、
地域の皆さまに信頼いただけるよう、全力を挙げて取り組んでまいります。



肥田舜太郎氏「放射線に負けないで生きていく方法」12月7日世界被ばく者展(動画・肥田氏の講演部分全て書き出し)

「できるだけ遠くへ引越しする」。
「食べ物が全部放射線に汚染されていないという事を確かめて食べろ」

これ言われて、「はい」って言って出来る人、何人います?

そういう事が出来ない人はどうしたらいいかというのを一言も言わないんです。
こんな残酷な話はない。
出来ないんだったらそんなこと言わない方がいい。
放射線が飛んできているんだから逃げれば大丈夫なんて事は当たり前のことなんだから。

できることが一つだけあるんです
その一番簡単なやつをいくつか教えるから、いっしょにやろう!


自分が自分の命の主人公になって
                生きるというために一生懸命に生きるんだ



12月7日の肥田舜太郎先生の講演です。
何度も何度も見ました。
肥田先生の心からの声です。
とても熱い、真実の声です。
とても感動して、そして、勇気をいただけます。
強く生きていく力を与えて下さいます。


ところどころ、時間も書き出しましたので、是非ご覧になって、その声をお聞きください。


ーーーーーーーーーーー

【Ch4】世界ヒバクシャ展 緊急フォーラム 昼の部
[内部被曝などの正しい情報提供&被曝の影響を抑える暮らし方紹介]
日時12月 7日 (水), 10:30 ~ 17:00
場所めぐろパーシモンホール 大ホール (地図)
ビデオ上映 世界ヒバクシャ展写真家による写真ビデオ 報告  
竹野内真理(翻訳家、低線量被曝者の会共同代表) 講演  
大谷ゆみこ(つぶつぶクリエーター、フウ未来生活研究所代表)
昼休み
ビデオ上映 世界ヒバクシャ展写真家の写真を映像で紹介 午後(13時30分~17時)
歌 TOMOKO 「ザマナイ~時代よ!~」 ビデオ上映 
被爆1、2、3世のメッセージ写真ビデオ「親子の絆」 講演  
肥田舜太郎(6000人を超える被爆者を治療してきた医師)
休憩
ビデオ上映 世界ヒバクシャ展写真家の写真を映像で紹介
報告  佐藤幸子(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク世話人)
トーク(質問タイム) 肥田舜太郎&大谷ゆみこ&佐藤幸子&竹野内真理
http://hibakushaten.blogspot.com/



肥田舜太郎氏
世界ヒバクシャ展緊急フォーラム午前の部2011年12月7日
1




司会:肥田先生は、何処かをぽきっとされているそうですが椅子はいらないとのことです


26:31

27:37
どうもみなさんこんにちは。
ご紹介いただきました肥田舜太郎という内科の医者です
福島の原発の事故が起きて関東平野一帯まで放射線の塵が飛んできて
沢山の方が今、特に小さなお子どもさんを持ったお母さん方が大変不安になって
どういうふうにこれから生きて行ったらいいのかという事を非常に心配をしておられます。

いま、福島の方々が被ばくをしている。放射線の影響を受けている
これを新聞は内部被曝と書いています
みなさんがこれから色々、考えたり、相談したりするときに、
放射線について使われている言葉の意味が良く分からないではいけないので、
最初、簡単に。

放射線、これはよく耳にするし、字も見ますけれど、見た人は誰もいない。
目には絶対に見えない。色もないし、匂いもありません。
もちろん、触っても感じることはできない。
みなさんはお医者さんに行ってレントゲンを撮ります。
暗い中で、前をはだけて、「大きな息を吸って、息を止めて」っていわれると、
どっかでカチャンって音がして、自分の内部と に影が映る。
何かが身体を通ったんだけども、何が通ったかという事は誰も感じない。
そういうものが放射線。

わかりやすく言うと、この世の中には放射線というものを出す物質があります。
その、出す物質のちいさなちいさな粒。これが放射線なんだ。
粒の大きさは、これは頭で想像するしか手がないんですけれど、
1ミリメートルの60億分の1という直径の小さな粒です。
それは実際にそこにあるんだけれども、見えもしないし触ることもできない。

その小さな粒が飛んでくるんですね。
レントゲンのフィルムを撮る時も機械からその小さな粒がものすごい速度で飛んできて身体を貫く。

放射線の出るところが自分の体の外にある時には外部被ばくと言います。
外から影響を受けるから外部被ばく。

内部被ばくというのは、その粒が体の中へ入る。
これは、空気の中にある散りみたいなものを、知らずに吸い込むと肺へ行きます。
それから、水の中にある。
あるいは畑のキュウリだとか、トマトとか、そういう野菜の表面、食べ物の表面についたのを食べる。
あるいは水で飲み込む。

放射線の粒がとにかく、肺と胃袋へ入る
そして中から、人間の体に都合の悪い放射線をずーっと出し続ける、。
それによって身体を中から壊されていく。
これを内部被曝と言います。

今、福島で起こっているのは、みんな内部被曝だ。
もちろん、外も飛んできて身体にぶつかりますけれど、
今福島の原発から出ている放射線の強さは、非常に強くない、弱い。
ただ、出た放射線の全体の量は、もう、広島の原爆の時の200倍ぐらいになっていると言われています。

量は沢山出たけれど、一つ一つの放射線が持っている勢いが、広島の時ほど強くない。
だから、外にあるのが体に触れた外部被ばくでは、政府が言うように、今のところ心配ない。
これは嘘じゃない。

ところが内部被曝というのは、
ここから以上になったら危ない。ここから以下の放射線だったら心配ない。
そういう、シーベルトの単位というのはないんだ。
ゼロじゃなきゃダメなの。

ほんの僅か入っても、その人は被ばく者になる。

この事について政府は嘘をついています。

つまり、今、少なくても、福島県に住んでいる大人も子供も、もう一人残らず放射線が体の中に入ってしまっている。
8日月になろう、もうじき9か月になる。
今までまだ全然身体の中に入っていないという人は、おそらく一人もいないだろうと思いますね。

ですから、私が一番心配しているのは、
広島・長崎の時の原爆の被害者が生き残ってずーっと生きている間に
色々な余病が出てきて放射線の後遺症が出てきた。
それと同じ被害が福島の人に出なければいい。そう心から望んでいますけれど、
被ばくをした放射線の性質が、広島・長崎の場合と今度の場合は同じ物なんです。
同じ放射線に被曝をしたんですから、
広島・長崎の被爆者の経験がそのまま福島で起こらない、という保証はどこにもありません。


ですから、後遺症が起こってくる時期は、少なくとも半年後。
一番多いのは2~3年経ってから出てきて、
最後はその人たちがやっと人生長生きしてそろそろ終わるかな、という歳になって、
ガンや、白血病やその他非常に恐ろしい病気が最後に出てきて命を絶たれる。

ですから、心配しなくちゃいけないのは、これからずーっと先なんです。
長い間「いつ出るか、いつ出るか」と思って広島・長崎の人達は本当に一生苦しみました。

悲しい事ですけれど、
福島の人達のこれからの人生も、全員とはもちろん言いませんが、
かなりの方々はそれと同じ道を歩くだろうと、それが非常に心配なんです。

今のお医者さん達
大学教授から町で開業している先生まで含めて、
あの時広島・長崎で血だらけになって死んでいった、あるいは生き残って非常に苦しい人生を歩いた
そういう被ばく者を診た方は現在一人もいません。

今一番若い被ばく者は66歳です。
今の先生方、現役でみなさんの前で仕事をしているお医者さん達は、少なくとも60歳前後でしょう。
70,80の開業医の先生もいるけれども、
その先生たちが広島・長崎の被ばく者を当時診たという方は、残念ながら全部死なれてしまって、
私が日本で一人生き残った、そういう被ばく者を診た医者という事になっています。

ですから、一番心配するのは
そういう後遺症が出て、具合が悪いからといって、先生のところへ行って診てもらっても、
それが福島の放射線が影響の病気だということの分かる、それが言えるお医者さんは
ひとりもわたしは居ないと思っています。

それをどうするか、
これが、これから一番大きな問題になります。

何故、日本の政府、役人、あるいは大学の先生たち
あれだけ大きな、世界的にも人類が初めてという、広島・長崎の原爆の被害を日本の国民が受けて、

「日本は唯一の被爆国である」
都合のいい時はそういう事をみんな言うけれど、

じゃぁ、あのキノコ雲の下で人間はどういうふうに殺されたのか
それから66年間、今の医学では診断も出来なければ治療法もない放射線被害というものについて、
どうしてだれも勉強してこなかったのか。

みなさんはおそらく今、福島の人達のことが心配で
放射線を経験した広島・長崎の人はどんなふうだったのだろうか、
それを詳しく誰かに聞こうと思っても、それをちゃんと説明する人はいません。

なぜそうなっているのか、
ここのところを、今の日本国民はだれも聞かされていない。
これは、みなさんも知っているように8月15日に






内容は続きを読むに書き出しました。

続きを読む

日本の原発事故・九州電力玄海原発冷却水漏れ隠す

佐賀・玄海原発:3号機で冷却水漏れ 
建屋内に1.8トン 九州電力、公表せず


九州電力は9日深夜、
定期検査中の玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)3号機で、
1次冷却水の浄化やホウ素濃度調整をするポンプから1次冷却水1・8トンが漏れたことを明らかにした。
九電は当初ポンプの温度上昇のみを同日午後3時半以降に佐賀、長崎両県や報道各社に伝えたが、
1次冷却水漏れは公表しなかった。

九電によると、9日午前10時48分、3号機の充填(じゅうてん)ポンプ3台のうち稼働中だった1台で、通常は30~40度の温度が80度以上に上昇して警報が鳴った。このため、休止していた他のポンプに切り替えた。1次冷却水はコバルトなどの放射性物質を含んだ汚染水で、原子炉補助建屋内のピットと呼ばれる回収ますに出たが、回収。外部への影響はないという。

3号機は昨年12月11日に定期検査入り。
原子炉内には燃料が装着されており、冷温停止状態を保つために冷却水を循環させていた。
九電は高温になった原因は、冷却水不足や1次冷却水の不良などの可能性があるとみて調べている。

九電は、温度上昇の警報が鳴った約4時間半後の9日午後3時半以降に佐賀、長崎両県、
同6時ごろに報道各社にポンプの異常のみを知らせた。
汚染水漏れについては、報道機関の問い合わせに、事実関係を認めていた。
九電によると、汚染水漏れが設備内にとどまっているケースでは法規上、公表する必要はないという。
九電は「1次冷却水の漏れは原子炉補助建屋内にとどまっており、広報する必要はないと判断した」と説明した。

経済産業省原子力安全・保安院も、今回のポンプの異常や冷却水漏れは、
法令による報告義務の対象にあたらないとしている。
ただし、九電からは、警報が鳴ってすぐにポンプを停止し、冷却水が外部に漏れていないことや、
モニタリングデータに問題がないとの報告があり、原因を調査することを確認したという。
【中山裕司、竹花周】



毎日新聞 2011年12月10日 東京夕刊




追記 12月11日

玄海原発で放射線値上昇 水漏れとは「関連ない」
産経ニュース 2011.12.11 19:44

佐賀県は11日、九州電力玄海原発3号機(同県玄海町)の放水口で、
9日午後3時に放射線測定値が473cpm(cpmは1分当たりの放射線測定値)に上昇し、
通常の変動範囲(433~472cpm)を若干上回ったと発表した。

玄海3号機では9日午前10時50分ごろ、浄化用ポンプから1次冷却水が約1.8トン漏れるトラブルが発生したが、
九電は「関連はない」としており、今後原因を調べる。

県によると、測定値が上昇したのは、2次冷却水を冷やすための海水の放水口。
発電所内で低レベル放射性廃棄物を処理した水を捨てることもあるが、9日は処理水の放出はなかった。

県は「降雨などの自然条件で上昇することもあり、直ちに人体に影響が出る数値ではない」としている。


ーーー追記12月12日


玄海原発:放射線測定値、変動範囲上回る…3号機の放水口

毎日新聞 2011年12月11日 21時08分(最終更新 12月12日 8時34分)

佐賀県は11日、
九州電力玄海原発(同県玄海町)3号機の放水口で、
9日午後3時の放射線測定値が通常の変動範囲を上回る数値を示していたと発表した。
3号機では9日午前10時50分ごろ、放射能を帯びた1次冷却水が1.8トン漏れるトラブルが発生しているが、
九電はトラブルとの関連を否定し、原因を調査するという。

同県原子力安全対策課によると、モニターが示したのは473cpm(測定器に1分間に入ってきた放射線の数)。
通常の変動範囲は433~472cpmとなっている。
放水口からは2次冷却水を冷やすのに使われた海水のほか、発電所内の汚染水を浄化処理した水なども排出される。
九電は9日は処理水を放出していないと説明しているという。

測定値は降雨などの自然条件で変動範囲を超えることもあり、昨年12月には雨で507cpmを測定した。
9日朝にも雨が観測されている。
また放水口周辺に貝類が付着した場合も、貝類の放つ放射線により値が高くなることがあるという。

モニターは同県環境センター(佐賀市)が常時測定している。
データを10日に回収した担当職員は週明けに九電に確認しようと判断したが、
11日の別の担当職員がトラブルとの関連から、急きょ九電に確認したという。

9日の冷却水漏れは3号機の原子炉補助建屋内で発生し、
九電は建屋内で汚染水を回収し、外部には漏れていないとしている。
汚染水の濃度など詳細は明らかにしていない。



無意味な除染はやめて欲しい。この除染の意味はどこにあるの?自衛隊の除染活動


「2マイクロ/時とか超えるところを除染するのは、あれは無駄。
早く辞めて欲しい。税金の無駄遣いだと思います」
早川由紀夫氏記者会見より)



高線量の中で懸命の作業 陸上自衛隊の除染活動
福島民報 (2011/12/09 09:09)

IP111209AY0000363000_0002_COBJ.jpg
【写真】重機で表土を削り取る除染作業に当たる自衛隊員
=富岡町役場


陸上自衛隊が楢葉、富岡、浪江、飯舘4町村の役場で取り組む除染活動のうち、
富岡、浪江両町役場庁舎の作業が8日、報道陣に公開された。
高い放射線量のため、作業の変更を余儀なくされるなど不測の事態も待ち受けていた。
現場の模様を取材した。(山崎 理史)
 
東京電力福島第一原発から南へ約9キロ離れた富岡町役場の平均放射線量は毎時7・7マイクロシーベルトで、
自衛隊が除染する4カ所の役場の中で最も高い。
隊員約300人が重機などで芝生部分の表土を除去している。
作業が進んだ場所の放射線量は3分の1程度に減ったという。
 
ただ、作業は常に変更を迫られている。
町役場の3階テラスにある砂利は当初、洗浄による除染を想定していた。
しかし、放射線量が下がらず作業直前に砂利を取り除くことになった。
量も想定より多く、前日に始まった作業は2日目の8日までずれ込んだ。
 
福島第一原発から約8キロ北にある浪江町役場周辺は紅葉も終わりに近づき、冬の色合いを増していた。
人けのない町の静寂を破るように、側溝の汚泥をすくい上げるスコップや草を刈り取る機械の音が響く。
 
敷地内の放射線量は毎時1マイクロシーベルト前後。
隊員約150人が側溝のカバーを一つ一つ外し、中にたまった落ち葉や土をかき集め、土のう袋に詰める。
これまで行方不明者の捜索を続けてきた隊員は防護服を苦にする様子もなく、
無駄のない動きで作業を進めていた。
 
福島市に駐屯する第44普通科連隊の森脇良尚連隊長は
「郷土に根付いた部隊として誇りを持って取り組んでいる」と力を込めた。
相双地方出身の隊員も多く、古里への強い思いも伝わった。
 
6号国道をバスで移動中、福島第一原発の排気筒が遠くに見えた瞬間、線量計が一斉に警告音を発した。
手元の線量計の数値は毎時20マイクロシーベルトを超えた。
自衛隊の活動は2週間程度の予定だが、高線量地域の除染は誰が担うのか。
そして、どのくらいの期間を要するのか。
国策として除染に取り組む必要性をあらためて強く感じた



続きを読むに母からの手紙

続きを読む

早川由紀夫氏の会見「完全編」(動画・すべて文字起こし)

IWJから、動画の完全版が出ました。
いままで、学部長の使用禁止命令岩上氏到着後を文字起こししましたが、
そこには入っていない部分が沢山ありましたので、文字起こししました。

早川先生の武力行使とは・・・「ねじり鎌一揆」のことです。

ねじり鎌一揆って(。◔‸◔。)??

「来年の4月か5月に彼らがもし田植えをしたら、ぼくは、ねじり鎌を持って、参じて、
みんなで1列になって、植えたばかりの田んぼを、稲をこうやって刈り取る」

セシウムの入ったお米を生産して売っている限り、消費者は福島産のお米を買わなくなる。
そうすることによって、福島の農業は壊滅してしまう。
だから、いま、米を作っちゃいけないんだと。
わたしは先生の言葉をそう理解しました。


例えば、先生がツイートした「サリン」「殺される前に殺す」「武力行使」などの言葉、
過激で今の世の中では禁句になっているような単語ばかりだけれど、
ニュースでそこだけが流れ、その表面だけを受け取ってしまうと
だいじな本質を見失う事になるかもしれない。

わたしはそう考えたので、今回文字に起こして残すことにしました。

早川先生の本当の心の中の思いを、ちゃんと感じていただきたいです。
そして、今の状況を、恐くても正面から見つめることが大切なんだと思います。




【完全版再配信】
群馬大学早川由紀夫教授の訓告処分を受けての記者会見





移動車中ー岩上安身氏:
みなさんこんにちは。岩上です。
お待たせして申し訳ありません。

今ちょうどツイッターで書いていたところなんですが、
ちょっと、いろいろとスタッフが交通渋滞に巻き込まれてですね、
バラバラに来たんですけれども遅れてしまいました。
大変申し訳ありません。

記者会見は始まっているんでしょうか、急いで伺いたいと思います。
早川先生は何故か、電話番号を教えない方なんだそうで、
直接電話して「申し訳ないけど送れます」という
事をお伝えできないのが大変残念なんですけれども、
今ツイッター経由でご連絡を取りました。

不思議ですね、
ツイッターで向こうで呟いていて、僕が呟いていて、
それでコミニケーションしている訳ですけれども、

電話で話した方が早いんじゃないかと思ったりもします。(*´σー`)エヘヘ
恐縮です。
とにかく急いでいます。このままちょっとお待ちください。


00:01:10~

この間
早川由紀夫氏の会見危し!「第一部・学部長からの中止命令」(動画・文字起こし)参照

00:15:40

移動車中ー岩上安身氏:
「早川さんの人となりを知りたい」
みんなね、一緒にドライブしているような感じだからね、楽しいよね。
えー、その通りです。
人となりを拝見したい。
「今着いたのかよ」
まだ着いてないんだよ(ノ∀≦。)ノハハッ

IWJカメラ;すみません、本当にすみません。全部横川のせいです、はい。

「岩上さんは研究室使用禁止を知らないのかな?」
「そうなのかもしれませんね、つい生中継を見てしまいますが、文系人間は理系人間のコミニケーションの仕方とは相容れないと思います。理系は独特」

まぁ、ねー、みんな相容れないって言っちゃ相容れないし、違うって言っちゃ違うんですよ。
カテゴリー分けして文系理系って、もう話が出来ないとか言ってたらですね、
男と女も話しは出来ないし、親も子も話が出来ないし、みんな話し合いが出来なくなっちゃうんですよ。
だからそこはね、
話をお聞きしましょ~♪






続きを読むに以降の内容文字起こし。会話の内容語句の説明について<参考>あり。

続きを読む

早川由紀夫氏の会見「第二部・岩上安身氏到着」(動画・すべて文字起こし)

早川由紀夫氏

20年前というのは1991年の6月3日の話。
長崎県の島原、雲仙岳っていう火山があって、そこで火砕流が発生して、
火砕流を撮影していたテレビ新聞の人、火山学者を含めて43人の方が・・死んだ。
あれは火砕流で殺された。
そういう痛ましい事故があった。
で、僕はあれは、知ってた。
あそこにいたら火砕流に殺されるっていう事を知ってた。
知ってたけども、彼らに伝えることが出来なかった。

そういうことがあって、つまり・・・
「わかっていても人に伝えないと人は死ぬんだ」という事を僕はよく知ってる。



ここまでの流れのブログ
早川由紀氏がツイート内容で群馬大学から訓告処分・早川氏ツイート・動画・ニュースなど

早川由紀夫氏の会見危し!「第一部・学部長からの中止命令」(動画・文字起こし)

12月8日の総集編・これが全てです
早川由紀夫氏の会見「完全編」(動画・すべて文字起こし)



2011年12月8日木曜日 
早川由紀夫氏インタビューBy岩上安身-1






00:31
岩上:
すみません質問してもいいですか?
多分質問が重なってしまうかもしれませんが、

早川:
そうだよ、もう、50分も遅れてきて、また最初からやり直すのも嫌だよ

岩上:
いえいえ、「そこはもう話したと」パスして下さい
あの、なぜ訓告になってしまったんですか?

早川:
皆さんいいですか・・・?
ちょっとだけサービスしますね

岩上:
これがツイッターの発言内容であるというように、ツイッターに書かれてますけど、
それだけで間違いないですか?

早川:ツイッターで間違いないか、えっと、

岩上:
つまりサリンだとか、殺されるまえに殺すとかいった、
そういうのがまぁ穏当ではないと注意を受けたという事についてお書きになっていますが

早川:
えっとね、9月の7日の口頭注意の時は、「不適切な言動」と言われた。
でも僕は「言」はしているけど「動」はしていないので、
なにかなー?なにやったのかな?ってよく分からない状況にいます。
彼らは「不適切な言動」と言った。
でも、今回のこれ見ると、「動」の方は書いてないと思います。
で、もっぱらですね、「ツイッターの発言」についてのみ
ブログについても書いてないように見えます。
インターネット上のツイッターに於いてト、特定して報告されています
答は「ツイッターに関して」です。のみです。

岩上:
あの、これの真意についてなんですけれども、
先生はああいう挑発的な言葉使いをあえてなさって、注意喚起をしようとされているのか、
それとも、あそこに書かれている文言の通り、思った通りをかかれているのか。
その点はいかがなんでしょう。
つまり、リスクコミニケーションの一環として、この事態の危険性を認知して、評価して
でも、それだけでは足りないんだと、どこかで確かお書きになっていたのを見たような気がします。ツイッターで。
なので、「わたしはあえてやっています」この、「あえてやっている」というところの真意が知りたいです。

早川:
最初の方は分かるけど後ろの方はちょっと分かりません
最初の方の質問は二つともYesです。
「リスクコミニュケーションでは足りないんだ」それは何を指しているんですか?

岩上:
あのー、雲仙普賢岳のレポートについてお書きになっているのを読ませていただいたんですけれども、
そのところにリスクコミニケーションというのが認知、評価があり伝えることは大事なんだけどもとお書きになっている。
でも、私の認識が間違っているのかもしれませんが、
あの時に、それでも46人の犠牲者を出してしまった。
この通常の通知の仕方ではリスクを伝えきれない
という忸怩(じくじ)たる思いがおありになっての、今回の言動なのではないかというふうに、ま、
深読みしてお訪ねしている訳ですけれども

早川:
いや、深読みじゃなくおっしゃる通りです。
雲仙普賢岳1991年の惨事が、あれで随分と考えて、
今回の行動に反映しているというのは事実であります。

あれが私を突き動かしている訳です。
で、リスクコミニケーションが出来ていなかったんです。この時は。
20年前はわたしを含めて、
わたしもジャーナリストも、テレビ新聞も行政誰もリスクコミニケーションが出来てなかった



2011年12月8日木曜日 
早川由紀夫氏インタビューBy岩上安身-2







続きを読むに文字起こし

続きを読む

福島第一発電所吉田前所長の病名公表(東電記者会見 動画&内容書き出し)12/9


原子力立地業務部長 伊藤眞一:
本日、福島第一原子力発電所前所長の吉田の病状についてですね、ご説明をしたいと思います。

吉田前所長でございますが、本日福島第一原子力発電所を訪問しまして、
発電所員や協力企業の方々に向けてですね、あいさつを行いまして、

その中で、自らの病気が食道がんであることを明らかにしてございます。
当社としましても吉田の意を受けて病名を公表する次第でございます。


---------



第1原発、吉田前所長は食道がん 累積線量70ミリと発表

東京新聞 2011年12月9日 12時50分


東京電力は9日、福島第1原発事故の収束作業を陣頭指揮し、
病気療養のために退任した吉田昌郎前所長(56)が食道がんであることを明らかにした。
また3月の事故発生からの吉田氏の被ばく線量は内部・外部被ばく合わせて約70ミリシーベルトと発表した。

東電はこれまでプライバシーや本人の意向を理由に、病名や事故後の被ばく線量を公表していなかったが、
吉田氏自身がこの日、第1原発を訪れ作業員らに病名を告げた。
東電は「がんの原因が事故後の被ばくによる可能性は極めて低い」としている。

吉田氏は2010年6月、第1原発所長に就任。3月の震災・事故発生以降、収束作業を指揮。
(共同)




東京電力会見 12月9日午前
1

2



20:02
毎日 こやま:
一点だけ確認させて下さい。
東電の吉田前所長の病名についての発表のご予定というのはあるんでしょうか?

東電松本:はい、あのぉ・・・・・

東電:わたくしの方から・・・
その件に関しましてはですね、今日こちらの会見が終わりましたところで、
ちょっと、別途ご説明させていただきたいというふうに思っております

この会見場で説明者を交代させていただきましてからご説明いたします。

28:13


続きを読むに会見内容、質疑書き出しました

続きを読む

早川由紀夫氏の会見危し!「第一部・学部長からの中止命令」(動画・文字起こし)

【あらすじ】
2011年12月8日、群馬大学当局から訓告を受けた早川教授の記者会見は、
教室の使用を取り消され、2時間の年休­を取って研究室で行おうとするが直前に学部長からの中止命令。
小池学部長と背後に戸澤事務長。






登場人物
小池学部長
戸澤事務長
早川由紀夫
記者A
カメラマンB(TBS)
記者C


ーー12月8日朝の記録ーー

8:41
私は、きょうの記者会見あらため公開授業で、自分が知る事実をすべて包み隠さず語ります。
私の意見については、良識に従って語ってよいと思うところだけを語ります。
9:20
公開授業の教室が決まりました。C-204です。14時開場。14時15分開始
。教育学部C棟2階西端の大きな講義室です。
取材の方は、C棟玄関はいってすぐ左の総務係に申し出てからお入りください。
一般の方は、そのまま教室にお進みください。

9:26
いま、学部長から指示がきました。
「本日、14時からの公開授業はまかりならん。」 このままでは実施できないと思われます。

取材も、学内で受けてはならないそうです。
学外ならいいというので、年休とってどっかの喫茶店でやろうかしらん。

9:32
「この経緯はいま、逐次公開してるんだけど、ほんとにそれでいいのか」と事務方には言ったのだけどなあ。
ほんとにいいのかなあ。自分の所属組織だから、心配だ。

9:34
で、だ。いま考えられる解決策はこれだろう。
当初の予定通り、14時からお客様を私の研究室に招き入れる。(これまでだめだというだろうか、さて)

9:44
本日14時から16時まで、年次有給休暇を申請した。

9:53
事実。C-204教室の使用許可が取り消されました。

9:55
本日、私に御用がある方は私の研究室においでください。B棟2階です。
その前に総務係に出向いてもよいが出向かなくてもよい。(私は知らん)


ーーーそして・・・2時少し前、学部長が部屋に入ってきたーーー




※関係ブログ
早川由紀氏がツイート内容で群馬大学から訓告処分・早川氏ツイート・動画・ニュースなど

早川由紀夫氏の会見「第二部・岩上安身氏到着」(動画・すべて文字起こし)

早川由紀夫氏の会見「完全編」(動画・すべて文字起こし)





続きを読むに文字起こししました

続きを読む

たねまきJ「東電低濃度汚染水を海に放出計画・伊方原発差し止め訴訟・リスナーの質問」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)12/8

・東電の放射能汚染水を浄化した低濃度汚染水を海に流す計画について
・「四国電力伊方原子力発電所の大地震による事故の危険」松山地裁に運転の差し止め訴訟について
・放射能は今も福島第一から出ている?
・原子炉への注水作業はいつまで続けるの?
・日本の放射線管理区域に指定されるべき面積は本当はどの位?
・来年の今ごろは放射性物質は今より少なくなっている?


12月8日木曜日 
京都大学原子炉実験所助教 小出裕章先生に伺いました
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]





<参考>
東京電力は汚染水を海洋放出する計画らしい

東電は原子炉等規制法が定める規制値以下のレベルに下げたうえで
放射能汚染水を海に流すという計画を立てていることが明らかになった事に関する関連ニュース記事


新たな伊方原発訴訟 国策追従の過ち 司法も清算を
愛媛新聞社ONLINE特集社説 2011年12月09日(金)

1978年に始まった伊方原発1号機訴訟は、日本で初めて原発の安全性が問われた裁判である。
東京電力福島第1原発事故後に各地で提訴の動きが広がる中、
愛媛という地で新たな法廷論争の幕があがるのはとりわけ意義深い。
 
きのう、県内外の住民らが四国電力を相手に、
伊方原発の3基すべての運転差し止めを求める民事訴訟を松山地裁に起こした
300人に上る原告の巨大さは、ただ原発問題への関心の高さを示すだけにとどまらない。
 
伊方訴訟をはじめ、過去の住民訴訟はすべて原告敗訴で終わっている。だが、状況は一変した。
福島原発事故を境に、司法の、裁判官の考え方は変わるか。誰もがかたずをのんで見守っている。
 
伊方訴訟は、その後の原発裁判の流れをつくってしまった。
司法は、行政訴訟ならば原発の基本設計しか判断しない。行政に高度な裁量を認める。
科学論争へ不用意に足を踏み入れない消極姿勢は延々と受け継がれていった。
 
多くの裁判官は国や専門家の主張に傾き、手続きに重大な落ち度がなければ「問題なし」という。
結果として、司法は「安全神話」にお墨付きを与えてきたのが実態だ。
 
伊方訴訟は司法不信を決定的にもした。
1号機の審理をほぼ終えた当時の松山地裁で担当裁判官の全員が不自然に交代した。
この人事には最高裁の介入が指摘されている。
言うまでもないが、司法の独立を自ら無に帰すような愚を繰り返すべきではない。
 
全電源喪失による炉心溶融の危険性。
地震や事故への想定の甘さ。
推進ありきの安全規制の矛盾。
放射性物質の放出と健康被害の懸念。

福島原発で起きたことのすべてが、伊方訴訟の争点だった。

司法は行政監視の役割を積極的に果たしてきたか。
法の専門家として、原発裁判の審理のあり方から省み、国策追従の過ちを清算するときだ。
 
新たな伊方訴訟が問うのは「原発は大地震に耐えられるのか」。

原告は訴状で、伊方原発は日本最大級の中央構造線・活断層の近くにあるにもかかわらず、
耐震性が不十分で、重大事故が発生する可能性が極めて高いと主張
する。
立地の宿命から逃れられない伊方原発の最大の論点だ。
 
信頼性が大きく揺らいだ国の安全審査や耐震指針だけをもって安全性を説くことにはもはや無理がある。
被告の四国電力は公平な審理ができるよう、前向きな立証と証拠開示に努め、
長年続く科学論争と向き合わねばならない。
 
多数がものをいう政治と異なり、法廷の正義は一人から始まる
訴訟には福島から愛媛に避難している住民が原告に加わっている。
人権救済の最後のとりでであるべき司法の真価がここで問われる。




続きを読むに番組の内容書き出しました

続きを読む

東京電力は汚染水を海洋放出する計画らしい

東京電力、汚染水の海洋放出を計画 貯蔵タンクが限界に

AFP BBNews 2011年12月08日 17:51 発信地:東京


【12月8日 AFP】東京電力(TEPCO)は8日、
福島第1原子力発電所の敷地内で保管している放射能汚染水を海に放出する計画を検討していることを明らかにした。
来年3月には、汚染水が貯蔵タンクの容量を超える恐れがあるため。

東電は、放出の時期や放出する汚染水の量、放射能汚染のレベルなどは確定していないが、
放出する場合は浄化処理して汚染水に含まれる放射性物質を減らすと説明した。
このほかにも、貯蔵タンクの増設などさまざまな対策を検討しているという。

東電から放出計画について通知された全国漁業協同組合連合会(全漁連)は8日、
東電と経済産業省に汚染水を海に放出しないよう求めた。

東電は4月、1万トンを超える放射能汚染水を太平洋に放出しており、
検討中の汚染水放出が実行されれば、東電による福島第1原発からの意図的な汚染水の海洋放出は2度目となる。

東電は6日、福島第1原発の汚染水処理施設からストロンチウムを含む汚染水が漏えいし、
150リットルが海に流出したと発表している。(c)AFP


12月5日たねまきジャーナル

ーーー一部抜粋ーーーー

水野:この汚染された漏れている水のセシウムの濃度がですね、1リットル当たり4万5000ベクレル。
   で、これは法律で定められている基準のおよそ300倍というんですね。
   これって、どう考えたらいいですか?

小出:それは、セシウムを浄化する装置を通った後になおそうだということなのであって、

水野:あぁ、そっか・・

小出:要するに、その通る前はモーレツな汚染濃度なんですね、

水野:淡水化の装置から出ていて300倍なんですよね

小出:そうです、そのセシウムを浄化する装置、多分ゼオライトを通したと思いますけれども、
   例えばストロンチウムという放射性物質はゼオライトには付きませんので、

水野:えーーーっ!?

小出:濃いまま、もうそこを通りぬけて、それがその場から漏れたという事だと思います。

水野:ストロンチウムについてはですね、推定で1リットル当たり1億ベクレル。
   少なくてもストロンチウムの濃度を薄めていくっていうのは出来ないんですか?

小出:薄めれば量が増えるだけですから、余計漏れてしまいますので、
   本当は捕まえる以外にないのですけれども、捕まえる力も今はありませんし、
   一番早くできることはタンカーならタンカーに移すことだった。とわたしは思います。




ーーーーーーーー

東京電力は「放出する場合は浄化処理して汚染水に含まれる放射性物質を減らす」と言っているようですが
セシウムは少しは減ったとしても、(それでも多いけど)
ストロンチウムは丸ごと海に出されちゃうんですね

これ以上もう、汚して欲しくないです

魚食べたい

ーーーーー
「汚染水」海へ放出計画に漁業団体抗議

TBS (08日10:57)

東京電力が、福島第一原発で発生した汚染水について海に放出する計画を立てていることが、7日、
JNNの取材で明らかになりましたが、これに抗議するため、漁業団体が東電本店を訪れました。

「(汚染水を)安易に海へ放水することなど、決して認められるものではないことをはっきり申し上げる」
(JF全漁連 服部郁弘 会長)
 
「心からおわび申し上げます」(東京電力 西沢俊夫 社長)

福島第一原発では、地下水が原子炉建屋などに流れ込み、1日あたり400トンずつ汚染水が増えています。
貯水タンクは敷地の関係であと2万トンしか増設できず、早ければ来年3月にも許容量を超えるため、
東京電力は汚染水を基準以下に浄化して海に放出する計画を立てています。

「(東京電力から)事前に話はあった。それはまかりなりませんということを明確に東京電力に対して返事している」
(鹿野道彦 農水相)

汚染水を海に放出する計画をめぐっては、農水省や漁業関係者などが
「地下水の流入を止める対策が先決だ」などと強く反対していて、
東電が計画を進められるかは不透明な状況です。




その後、東京電力は漁業団体の反発を受け、記者会見をしました

海洋放出、計画盛り込まず=
東電「断念せず検討続ける」-処理後の汚染水・福島第1

時事ドットコム (2011/12/09-00:32)

東京電力は8日夜、福島第1原発の中期的な施設運営計画を、経済産業省原子力安全・保安院に提出した。
漁業団体から抗議を受けていた汚染水の海洋放出は計画に盛り込まなかった。
断念ではなく、検討中としている。
 
東電の松本純一原子力・立地本部長代理は同日夜に記者会見し、
海洋放出について「現時点では意思決定ができていない。さまざまなご意見を踏まえながら検討を進める」と説明。
運営計画の再提出の際に、海洋放出を盛り込む可能性を否定しなかった。
 
その上で
「大きな方針はあくまで敷地内での再利用と保管。原子炉への注水に使うほか、構内での散水という仕方もある」と強調。
一方で
「半永久的にタンクを作るのは不可能。海洋放出もオプションとして考えていた」と述べ、
直前まで計画に盛り込む方針だったことも認めた。




東通村村長「東通原発1号機再稼働&2号機の工事再開して~!」だって><;

東通村長、原発の再稼働と工事再開要請へ
デーリー東北新聞社 (2011/12/08 20:02)

img1112082001.jpg
原発の再稼働と工事再開を要請する考えを示した越善靖夫村長(中央)
=8日、東通村議会

 
東通村の越善靖夫村長は8日の村議会定例会一般質問で、
国と事業者に対し、東北電力東通原発1号機の再稼働と、
東京電力東通原発1号機の建設工事再開を要請する考えを示した。

今後、村議会と共に要請活動を実施する方針で、9日に開く村議会全員協議会で要望内容を議論する。
越善村長が国や事業者への働き掛けを明言したのは初めて。


ーーーーーーーーーーーー

東通原子力発電所の場所
東通


つい最近東通原発の近くで割と大きな地震があったような記憶があったので調べてみました
地図を見ていただけばわかると思うけれど、
上の東通原発のすぐ近くです。




震源地の推移
より
東通11



2011年12月6日にも揺れています

A20111206065015000028043239500840146545301410385428645V000511200102601.png


2011年10月23日
2011102301.png

2011年19月17日
2011101701.png


さらっと調べてみただけですが、東通近くの地震はとても多いです。
去年(2010年)のものですが、
12月6日 青森県東方沖の地震

2010年12月6日16時30分に青森県東方沖でM5.8の地震(最大震度3)が発生した。
この地震の発震機構(CMT解)は西北西-東南東方向に圧力軸を持つ逆断層型であった。
余震活動は低調である。
1997年10月以降の活動を見ると、
今回の地震の震源付近(領域a)では、1999年3月19日のM5.8の地震(最大震度3)など、
M5.0以上の地震がしばしば発生している。
1923年8月以降の活動を見ると、今回の地震の震央周辺(領域b)では、M7.0以上の地震が度々発生している。「1968年十勝沖地震」(M7.9、最大震度5)では、
死者・行方不明者52人、負傷者330人などの被害が生じた(「最新版 日本被害地震総覧」による)。
東通12



この状態で動かしたいと思う東通の越善靖夫村長はどんな人なんだろう???


続きを読むに越善靖夫村長関連記事・・・あんまりなかったぞw

続きを読む