FC2ブログ

福島第一発電所吉田前所長の病名公表(東電記者会見 動画&内容書き出し)12/9


原子力立地業務部長 伊藤眞一:
本日、福島第一原子力発電所前所長の吉田の病状についてですね、ご説明をしたいと思います。

吉田前所長でございますが、本日福島第一原子力発電所を訪問しまして、
発電所員や協力企業の方々に向けてですね、あいさつを行いまして、

その中で、自らの病気が食道がんであることを明らかにしてございます。
当社としましても吉田の意を受けて病名を公表する次第でございます。


---------



第1原発、吉田前所長は食道がん 累積線量70ミリと発表

東京新聞 2011年12月9日 12時50分


東京電力は9日、福島第1原発事故の収束作業を陣頭指揮し、
病気療養のために退任した吉田昌郎前所長(56)が食道がんであることを明らかにした。
また3月の事故発生からの吉田氏の被ばく線量は内部・外部被ばく合わせて約70ミリシーベルトと発表した。

東電はこれまでプライバシーや本人の意向を理由に、病名や事故後の被ばく線量を公表していなかったが、
吉田氏自身がこの日、第1原発を訪れ作業員らに病名を告げた。
東電は「がんの原因が事故後の被ばくによる可能性は極めて低い」としている。

吉田氏は2010年6月、第1原発所長に就任。3月の震災・事故発生以降、収束作業を指揮。
(共同)




東京電力会見 12月9日午前
1

2



20:02
毎日 こやま:
一点だけ確認させて下さい。
東電の吉田前所長の病名についての発表のご予定というのはあるんでしょうか?

東電松本:はい、あのぉ・・・・・

東電:わたくしの方から・・・
その件に関しましてはですね、今日こちらの会見が終わりましたところで、
ちょっと、別途ご説明させていただきたいというふうに思っております

この会見場で説明者を交代させていただきましてからご説明いたします。

28:13


続きを読むに会見内容、質疑書き出しました

続きを読む

スポンサーサイト



早川由紀夫氏の会見危し!「第一部・学部長からの中止命令」(動画・文字起こし)

【あらすじ】
2011年12月8日、群馬大学当局から訓告を受けた早川教授の記者会見は、
教室の使用を取り消され、2時間の年休­を取って研究室で行おうとするが直前に学部長からの中止命令。
小池学部長と背後に戸澤事務長。






登場人物
小池学部長
戸澤事務長
早川由紀夫
記者A
カメラマンB(TBS)
記者C


ーー12月8日朝の記録ーー

8:41
私は、きょうの記者会見あらため公開授業で、自分が知る事実をすべて包み隠さず語ります。
私の意見については、良識に従って語ってよいと思うところだけを語ります。
9:20
公開授業の教室が決まりました。C-204です。14時開場。14時15分開始
。教育学部C棟2階西端の大きな講義室です。
取材の方は、C棟玄関はいってすぐ左の総務係に申し出てからお入りください。
一般の方は、そのまま教室にお進みください。

9:26
いま、学部長から指示がきました。
「本日、14時からの公開授業はまかりならん。」 このままでは実施できないと思われます。

取材も、学内で受けてはならないそうです。
学外ならいいというので、年休とってどっかの喫茶店でやろうかしらん。

9:32
「この経緯はいま、逐次公開してるんだけど、ほんとにそれでいいのか」と事務方には言ったのだけどなあ。
ほんとにいいのかなあ。自分の所属組織だから、心配だ。

9:34
で、だ。いま考えられる解決策はこれだろう。
当初の予定通り、14時からお客様を私の研究室に招き入れる。(これまでだめだというだろうか、さて)

9:44
本日14時から16時まで、年次有給休暇を申請した。

9:53
事実。C-204教室の使用許可が取り消されました。

9:55
本日、私に御用がある方は私の研究室においでください。B棟2階です。
その前に総務係に出向いてもよいが出向かなくてもよい。(私は知らん)


ーーーそして・・・2時少し前、学部長が部屋に入ってきたーーー




※関係ブログ
早川由紀氏がツイート内容で群馬大学から訓告処分・早川氏ツイート・動画・ニュースなど

早川由紀夫氏の会見「第二部・岩上安身氏到着」(動画・すべて文字起こし)

早川由紀夫氏の会見「完全編」(動画・すべて文字起こし)





続きを読むに文字起こししました

続きを読む

たねまきJ「東電低濃度汚染水を海に放出計画・伊方原発差し止め訴訟・リスナーの質問」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)12/8

・東電の放射能汚染水を浄化した低濃度汚染水を海に流す計画について
・「四国電力伊方原子力発電所の大地震による事故の危険」松山地裁に運転の差し止め訴訟について
・放射能は今も福島第一から出ている?
・原子炉への注水作業はいつまで続けるの?
・日本の放射線管理区域に指定されるべき面積は本当はどの位?
・来年の今ごろは放射性物質は今より少なくなっている?


12月8日木曜日 
京都大学原子炉実験所助教 小出裕章先生に伺いました
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]





<参考>
東京電力は汚染水を海洋放出する計画らしい

東電は原子炉等規制法が定める規制値以下のレベルに下げたうえで
放射能汚染水を海に流すという計画を立てていることが明らかになった事に関する関連ニュース記事


新たな伊方原発訴訟 国策追従の過ち 司法も清算を
愛媛新聞社ONLINE特集社説 2011年12月09日(金)

1978年に始まった伊方原発1号機訴訟は、日本で初めて原発の安全性が問われた裁判である。
東京電力福島第1原発事故後に各地で提訴の動きが広がる中、
愛媛という地で新たな法廷論争の幕があがるのはとりわけ意義深い。
 
きのう、県内外の住民らが四国電力を相手に、
伊方原発の3基すべての運転差し止めを求める民事訴訟を松山地裁に起こした
300人に上る原告の巨大さは、ただ原発問題への関心の高さを示すだけにとどまらない。
 
伊方訴訟をはじめ、過去の住民訴訟はすべて原告敗訴で終わっている。だが、状況は一変した。
福島原発事故を境に、司法の、裁判官の考え方は変わるか。誰もがかたずをのんで見守っている。
 
伊方訴訟は、その後の原発裁判の流れをつくってしまった。
司法は、行政訴訟ならば原発の基本設計しか判断しない。行政に高度な裁量を認める。
科学論争へ不用意に足を踏み入れない消極姿勢は延々と受け継がれていった。
 
多くの裁判官は国や専門家の主張に傾き、手続きに重大な落ち度がなければ「問題なし」という。
結果として、司法は「安全神話」にお墨付きを与えてきたのが実態だ。
 
伊方訴訟は司法不信を決定的にもした。
1号機の審理をほぼ終えた当時の松山地裁で担当裁判官の全員が不自然に交代した。
この人事には最高裁の介入が指摘されている。
言うまでもないが、司法の独立を自ら無に帰すような愚を繰り返すべきではない。
 
全電源喪失による炉心溶融の危険性。
地震や事故への想定の甘さ。
推進ありきの安全規制の矛盾。
放射性物質の放出と健康被害の懸念。

福島原発で起きたことのすべてが、伊方訴訟の争点だった。

司法は行政監視の役割を積極的に果たしてきたか。
法の専門家として、原発裁判の審理のあり方から省み、国策追従の過ちを清算するときだ。
 
新たな伊方訴訟が問うのは「原発は大地震に耐えられるのか」。

原告は訴状で、伊方原発は日本最大級の中央構造線・活断層の近くにあるにもかかわらず、
耐震性が不十分で、重大事故が発生する可能性が極めて高いと主張
する。
立地の宿命から逃れられない伊方原発の最大の論点だ。
 
信頼性が大きく揺らいだ国の安全審査や耐震指針だけをもって安全性を説くことにはもはや無理がある。
被告の四国電力は公平な審理ができるよう、前向きな立証と証拠開示に努め、
長年続く科学論争と向き合わねばならない。
 
多数がものをいう政治と異なり、法廷の正義は一人から始まる
訴訟には福島から愛媛に避難している住民が原告に加わっている。
人権救済の最後のとりでであるべき司法の真価がここで問われる。




続きを読むに番組の内容書き出しました

続きを読む

東京電力は汚染水を海洋放出する計画らしい

東京電力、汚染水の海洋放出を計画 貯蔵タンクが限界に

AFP BBNews 2011年12月08日 17:51 発信地:東京


【12月8日 AFP】東京電力(TEPCO)は8日、
福島第1原子力発電所の敷地内で保管している放射能汚染水を海に放出する計画を検討していることを明らかにした。
来年3月には、汚染水が貯蔵タンクの容量を超える恐れがあるため。

東電は、放出の時期や放出する汚染水の量、放射能汚染のレベルなどは確定していないが、
放出する場合は浄化処理して汚染水に含まれる放射性物質を減らすと説明した。
このほかにも、貯蔵タンクの増設などさまざまな対策を検討しているという。

東電から放出計画について通知された全国漁業協同組合連合会(全漁連)は8日、
東電と経済産業省に汚染水を海に放出しないよう求めた。

東電は4月、1万トンを超える放射能汚染水を太平洋に放出しており、
検討中の汚染水放出が実行されれば、東電による福島第1原発からの意図的な汚染水の海洋放出は2度目となる。

東電は6日、福島第1原発の汚染水処理施設からストロンチウムを含む汚染水が漏えいし、
150リットルが海に流出したと発表している。(c)AFP


12月5日たねまきジャーナル

ーーー一部抜粋ーーーー

水野:この汚染された漏れている水のセシウムの濃度がですね、1リットル当たり4万5000ベクレル。
   で、これは法律で定められている基準のおよそ300倍というんですね。
   これって、どう考えたらいいですか?

小出:それは、セシウムを浄化する装置を通った後になおそうだということなのであって、

水野:あぁ、そっか・・

小出:要するに、その通る前はモーレツな汚染濃度なんですね、

水野:淡水化の装置から出ていて300倍なんですよね

小出:そうです、そのセシウムを浄化する装置、多分ゼオライトを通したと思いますけれども、
   例えばストロンチウムという放射性物質はゼオライトには付きませんので、

水野:えーーーっ!?

小出:濃いまま、もうそこを通りぬけて、それがその場から漏れたという事だと思います。

水野:ストロンチウムについてはですね、推定で1リットル当たり1億ベクレル。
   少なくてもストロンチウムの濃度を薄めていくっていうのは出来ないんですか?

小出:薄めれば量が増えるだけですから、余計漏れてしまいますので、
   本当は捕まえる以外にないのですけれども、捕まえる力も今はありませんし、
   一番早くできることはタンカーならタンカーに移すことだった。とわたしは思います。




ーーーーーーーー

東京電力は「放出する場合は浄化処理して汚染水に含まれる放射性物質を減らす」と言っているようですが
セシウムは少しは減ったとしても、(それでも多いけど)
ストロンチウムは丸ごと海に出されちゃうんですね

これ以上もう、汚して欲しくないです

魚食べたい

ーーーーー
「汚染水」海へ放出計画に漁業団体抗議

TBS (08日10:57)

東京電力が、福島第一原発で発生した汚染水について海に放出する計画を立てていることが、7日、
JNNの取材で明らかになりましたが、これに抗議するため、漁業団体が東電本店を訪れました。

「(汚染水を)安易に海へ放水することなど、決して認められるものではないことをはっきり申し上げる」
(JF全漁連 服部郁弘 会長)
 
「心からおわび申し上げます」(東京電力 西沢俊夫 社長)

福島第一原発では、地下水が原子炉建屋などに流れ込み、1日あたり400トンずつ汚染水が増えています。
貯水タンクは敷地の関係であと2万トンしか増設できず、早ければ来年3月にも許容量を超えるため、
東京電力は汚染水を基準以下に浄化して海に放出する計画を立てています。

「(東京電力から)事前に話はあった。それはまかりなりませんということを明確に東京電力に対して返事している」
(鹿野道彦 農水相)

汚染水を海に放出する計画をめぐっては、農水省や漁業関係者などが
「地下水の流入を止める対策が先決だ」などと強く反対していて、
東電が計画を進められるかは不透明な状況です。




その後、東京電力は漁業団体の反発を受け、記者会見をしました

海洋放出、計画盛り込まず=
東電「断念せず検討続ける」-処理後の汚染水・福島第1

時事ドットコム (2011/12/09-00:32)

東京電力は8日夜、福島第1原発の中期的な施設運営計画を、経済産業省原子力安全・保安院に提出した。
漁業団体から抗議を受けていた汚染水の海洋放出は計画に盛り込まなかった。
断念ではなく、検討中としている。
 
東電の松本純一原子力・立地本部長代理は同日夜に記者会見し、
海洋放出について「現時点では意思決定ができていない。さまざまなご意見を踏まえながら検討を進める」と説明。
運営計画の再提出の際に、海洋放出を盛り込む可能性を否定しなかった。
 
その上で
「大きな方針はあくまで敷地内での再利用と保管。原子炉への注水に使うほか、構内での散水という仕方もある」と強調。
一方で
「半永久的にタンクを作るのは不可能。海洋放出もオプションとして考えていた」と述べ、
直前まで計画に盛り込む方針だったことも認めた。




東通村村長「東通原発1号機再稼働&2号機の工事再開して~!」だって><;

東通村長、原発の再稼働と工事再開要請へ
デーリー東北新聞社 (2011/12/08 20:02)

img1112082001.jpg
原発の再稼働と工事再開を要請する考えを示した越善靖夫村長(中央)
=8日、東通村議会

 
東通村の越善靖夫村長は8日の村議会定例会一般質問で、
国と事業者に対し、東北電力東通原発1号機の再稼働と、
東京電力東通原発1号機の建設工事再開を要請する考えを示した。

今後、村議会と共に要請活動を実施する方針で、9日に開く村議会全員協議会で要望内容を議論する。
越善村長が国や事業者への働き掛けを明言したのは初めて。


ーーーーーーーーーーーー

東通原子力発電所の場所
東通


つい最近東通原発の近くで割と大きな地震があったような記憶があったので調べてみました
地図を見ていただけばわかると思うけれど、
上の東通原発のすぐ近くです。




震源地の推移
より
東通11



2011年12月6日にも揺れています

A20111206065015000028043239500840146545301410385428645V000511200102601.png


2011年10月23日
2011102301.png

2011年19月17日
2011101701.png


さらっと調べてみただけですが、東通近くの地震はとても多いです。
去年(2010年)のものですが、
12月6日 青森県東方沖の地震

2010年12月6日16時30分に青森県東方沖でM5.8の地震(最大震度3)が発生した。
この地震の発震機構(CMT解)は西北西-東南東方向に圧力軸を持つ逆断層型であった。
余震活動は低調である。
1997年10月以降の活動を見ると、
今回の地震の震源付近(領域a)では、1999年3月19日のM5.8の地震(最大震度3)など、
M5.0以上の地震がしばしば発生している。
1923年8月以降の活動を見ると、今回の地震の震央周辺(領域b)では、M7.0以上の地震が度々発生している。「1968年十勝沖地震」(M7.9、最大震度5)では、
死者・行方不明者52人、負傷者330人などの被害が生じた(「最新版 日本被害地震総覧」による)。
東通12



この状態で動かしたいと思う東通の越善靖夫村長はどんな人なんだろう???


続きを読むに越善靖夫村長関連記事・・・あんまりなかったぞw

続きを読む

早川由紀夫氏がツイート内容で群馬大学から訓告処分・早川氏ツイート・動画・ニュースなど

まだ、文部科学省もSPDDIも、日本政府が放射線地図を公表していないかった頃
早川先生は綿密に調べて放射線マップをいち早く公表して下さいました。

その時私は、ものすごく、心強く感じました。

早川先生が群馬大学から訓告処分を受け、
マスコミが勢いよく食いついてきているようです。



HayakawaYukio 早川由紀夫
まあ、暴言であることは認めるよ。否定しない。
こういう暴言を吐いて強制的に伝えないとならないくらい事態は深刻なのだ。
事態は深刻でないと思うなら学術討論だ。
まったくの研究成果だ。私は文科省から科研費をいただいてこれをやってる。
5月の交付申請にきちんと書いた。


12月8日20時53分
WJはカメラを回すつもりらしい。私は、研究室にいるが、14時から16時まで年休を取った。
さて、ここでカメラを回すとどうなるか。私は許可してないが、拒絶できるか。
拒絶したほうがよいか。IWJに報道する権利があるか。


2011年12月8日木曜日 
早川由紀夫氏インタビューBy岩上安身




上の動画文字起こししました ↓
早川由紀夫氏の会見「第二部・岩上安身氏到着」(動画・すべて文字起こし)


HayakawaYukio 明日の朝刊各紙に記事が出ると思う。
各社から取材が来た。テレビニュースはないとおもう。
TBSがカメラマンだけ来て、ビデオとって帰った。さて、風呂わいたかな。


群馬大:教授を訓戒 原発事故でツイッターで不適切な発言


群馬大教育学部の早川由紀夫教授(火山学)が、自身の短文投稿サイト「ツイッター」で、
東京電力福島第1原発事故をめぐる不適切な発言を繰り返したとして、
大学から訓告処分を受けていたことが8日、早川教授への取材で分かった。

早川教授は、放射性物質に汚染された農作物の危険性を訴える趣旨で
「福島県内の毎時2マイクロシーベルト以上の水田で稲を育てている農家は撃つべきである」
「セシウムまみれの干し草を与えて毒牛をつくる行為も、セシウムまみれの水田で毒米をつくる行為も、
サリンを作ったオウム信者と同じ」などと発言。(共同)

毎日新聞 2011年12月8日 19時46分



HayakawaYukio それで、福島農家がサリンをつくったオウム信者と同じか(あるいはそれより悪いか)は、ひとえに福島の放射能汚染の程度見積もりによる。私は見積もった。地図を公開した。私の意見と違うというなら、自分の見積もりを示して意見陳述する責があろう。この論争は学術討論以外のなにものでもない。

HayakawaYukio 東京新聞の今日の朝刊に、川口晋介記者署名入りの記事が出てる。短いがよくかけてる。1708にツイートした私の「訓告された」をみて、短時間にこれだけの記事によくしたものだ。首都圏版らしい。明日の朝刊も期待。事前相談まったくなし。記事出しますの連絡を昨夜受けた。


HayakawaYukio 取材した記者がかわいそう。こんな見出しつけられて。「群大教授暴言「福島の農家はオウム信者と同じ」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
私に取材に来た読売記者は、前橋支局の田中ひろみ記者。彼女だけ、(他の記者を出し抜いて)大学当局の取材をすませてから私のところに来た。他の記者は、大学当局からノーコメントと言われたといってた。「田中記者、能力あるじゃないですか」と、私はみんなの前でほめた。
でも、ちょっと気の許せない感じがする若い女性記者だった。私はみんなとわきあいあいにやったつもりだったが、彼女はあんまりのってなかったと思う。


群大教授暴言「福島の農家はオウム信者と同じ」



福島第一原発事故による放射能汚染地図をいち早く作製したことで知られる早川由紀夫・群馬大教授(55)(火山学)が、簡易投稿サイト「ツイッター」に、福島県の農家をオウム真理教信者にたとえる書き込みをしたなどとして、同大は7日付で訓告処分にした。

同大によると、問題になったのは「セシウムまみれの水田で毒米つくる行為も、サリンつくったオウム信者と同じことをしてる」「福島の農家が私を殺そうとしている」などの書き込み。6月以降、再三注意したが改善されなかったという。

早川教授は8日、記者会見を開き、「放射能の危険性を多くの人に迅速に伝えるために、あえて過激にした。処分は学問の自由を奪う行為で、大学の自殺」と批判した。

同大の堀川光久総務部長は「研究成果とは言えず、言論統制ではない。大学にも多数の苦情が来ている」とし、改善されない場合は懲戒処分も検討するとしている。

JA福島中央会の橋本正典総務部長は「農家の苦しみを全く理解していない。国立大の教授という立場ながら無責任極まりない」と話している。
(2011年12月8日19時36分 読売新聞)



続きを読むに早川氏のツイート及びその内容に関すること

続きを読む