FC2ブログ

日本の原発事故・九州電力玄海原発冷却水漏れ隠す

佐賀・玄海原発:3号機で冷却水漏れ 
建屋内に1.8トン 九州電力、公表せず


九州電力は9日深夜、
定期検査中の玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)3号機で、
1次冷却水の浄化やホウ素濃度調整をするポンプから1次冷却水1・8トンが漏れたことを明らかにした。
九電は当初ポンプの温度上昇のみを同日午後3時半以降に佐賀、長崎両県や報道各社に伝えたが、
1次冷却水漏れは公表しなかった。

九電によると、9日午前10時48分、3号機の充填(じゅうてん)ポンプ3台のうち稼働中だった1台で、通常は30~40度の温度が80度以上に上昇して警報が鳴った。このため、休止していた他のポンプに切り替えた。1次冷却水はコバルトなどの放射性物質を含んだ汚染水で、原子炉補助建屋内のピットと呼ばれる回収ますに出たが、回収。外部への影響はないという。

3号機は昨年12月11日に定期検査入り。
原子炉内には燃料が装着されており、冷温停止状態を保つために冷却水を循環させていた。
九電は高温になった原因は、冷却水不足や1次冷却水の不良などの可能性があるとみて調べている。

九電は、温度上昇の警報が鳴った約4時間半後の9日午後3時半以降に佐賀、長崎両県、
同6時ごろに報道各社にポンプの異常のみを知らせた。
汚染水漏れについては、報道機関の問い合わせに、事実関係を認めていた。
九電によると、汚染水漏れが設備内にとどまっているケースでは法規上、公表する必要はないという。
九電は「1次冷却水の漏れは原子炉補助建屋内にとどまっており、広報する必要はないと判断した」と説明した。

経済産業省原子力安全・保安院も、今回のポンプの異常や冷却水漏れは、
法令による報告義務の対象にあたらないとしている。
ただし、九電からは、警報が鳴ってすぐにポンプを停止し、冷却水が外部に漏れていないことや、
モニタリングデータに問題がないとの報告があり、原因を調査することを確認したという。
【中山裕司、竹花周】



毎日新聞 2011年12月10日 東京夕刊




追記 12月11日

玄海原発で放射線値上昇 水漏れとは「関連ない」
産経ニュース 2011.12.11 19:44

佐賀県は11日、九州電力玄海原発3号機(同県玄海町)の放水口で、
9日午後3時に放射線測定値が473cpm(cpmは1分当たりの放射線測定値)に上昇し、
通常の変動範囲(433~472cpm)を若干上回ったと発表した。

玄海3号機では9日午前10時50分ごろ、浄化用ポンプから1次冷却水が約1.8トン漏れるトラブルが発生したが、
九電は「関連はない」としており、今後原因を調べる。

県によると、測定値が上昇したのは、2次冷却水を冷やすための海水の放水口。
発電所内で低レベル放射性廃棄物を処理した水を捨てることもあるが、9日は処理水の放出はなかった。

県は「降雨などの自然条件で上昇することもあり、直ちに人体に影響が出る数値ではない」としている。


ーーー追記12月12日


玄海原発:放射線測定値、変動範囲上回る…3号機の放水口

毎日新聞 2011年12月11日 21時08分(最終更新 12月12日 8時34分)

佐賀県は11日、
九州電力玄海原発(同県玄海町)3号機の放水口で、
9日午後3時の放射線測定値が通常の変動範囲を上回る数値を示していたと発表した。
3号機では9日午前10時50分ごろ、放射能を帯びた1次冷却水が1.8トン漏れるトラブルが発生しているが、
九電はトラブルとの関連を否定し、原因を調査するという。

同県原子力安全対策課によると、モニターが示したのは473cpm(測定器に1分間に入ってきた放射線の数)。
通常の変動範囲は433~472cpmとなっている。
放水口からは2次冷却水を冷やすのに使われた海水のほか、発電所内の汚染水を浄化処理した水なども排出される。
九電は9日は処理水を放出していないと説明しているという。

測定値は降雨などの自然条件で変動範囲を超えることもあり、昨年12月には雨で507cpmを測定した。
9日朝にも雨が観測されている。
また放水口周辺に貝類が付着した場合も、貝類の放つ放射線により値が高くなることがあるという。

モニターは同県環境センター(佐賀市)が常時測定している。
データを10日に回収した担当職員は週明けに九電に確認しようと判断したが、
11日の別の担当職員がトラブルとの関連から、急きょ九電に確認したという。

9日の冷却水漏れは3号機の原子炉補助建屋内で発生し、
九電は建屋内で汚染水を回収し、外部には漏れていないとしている。
汚染水の濃度など詳細は明らかにしていない。



スポンサーサイト



無意味な除染はやめて欲しい。この除染の意味はどこにあるの?自衛隊の除染活動


「2マイクロ/時とか超えるところを除染するのは、あれは無駄。
早く辞めて欲しい。税金の無駄遣いだと思います」
早川由紀夫氏記者会見より)



高線量の中で懸命の作業 陸上自衛隊の除染活動
福島民報 (2011/12/09 09:09)

IP111209AY0000363000_0002_COBJ.jpg
【写真】重機で表土を削り取る除染作業に当たる自衛隊員
=富岡町役場


陸上自衛隊が楢葉、富岡、浪江、飯舘4町村の役場で取り組む除染活動のうち、
富岡、浪江両町役場庁舎の作業が8日、報道陣に公開された。
高い放射線量のため、作業の変更を余儀なくされるなど不測の事態も待ち受けていた。
現場の模様を取材した。(山崎 理史)
 
東京電力福島第一原発から南へ約9キロ離れた富岡町役場の平均放射線量は毎時7・7マイクロシーベルトで、
自衛隊が除染する4カ所の役場の中で最も高い。
隊員約300人が重機などで芝生部分の表土を除去している。
作業が進んだ場所の放射線量は3分の1程度に減ったという。
 
ただ、作業は常に変更を迫られている。
町役場の3階テラスにある砂利は当初、洗浄による除染を想定していた。
しかし、放射線量が下がらず作業直前に砂利を取り除くことになった。
量も想定より多く、前日に始まった作業は2日目の8日までずれ込んだ。
 
福島第一原発から約8キロ北にある浪江町役場周辺は紅葉も終わりに近づき、冬の色合いを増していた。
人けのない町の静寂を破るように、側溝の汚泥をすくい上げるスコップや草を刈り取る機械の音が響く。
 
敷地内の放射線量は毎時1マイクロシーベルト前後。
隊員約150人が側溝のカバーを一つ一つ外し、中にたまった落ち葉や土をかき集め、土のう袋に詰める。
これまで行方不明者の捜索を続けてきた隊員は防護服を苦にする様子もなく、
無駄のない動きで作業を進めていた。
 
福島市に駐屯する第44普通科連隊の森脇良尚連隊長は
「郷土に根付いた部隊として誇りを持って取り組んでいる」と力を込めた。
相双地方出身の隊員も多く、古里への強い思いも伝わった。
 
6号国道をバスで移動中、福島第一原発の排気筒が遠くに見えた瞬間、線量計が一斉に警告音を発した。
手元の線量計の数値は毎時20マイクロシーベルトを超えた。
自衛隊の活動は2週間程度の予定だが、高線量地域の除染は誰が担うのか。
そして、どのくらいの期間を要するのか。
国策として除染に取り組む必要性をあらためて強く感じた



続きを読むに母からの手紙

続きを読む

早川由紀夫氏の会見「完全編」(動画・すべて文字起こし)

IWJから、動画の完全版が出ました。
いままで、学部長の使用禁止命令岩上氏到着後を文字起こししましたが、
そこには入っていない部分が沢山ありましたので、文字起こししました。

早川先生の武力行使とは・・・「ねじり鎌一揆」のことです。

ねじり鎌一揆って(。◔‸◔。)??

「来年の4月か5月に彼らがもし田植えをしたら、ぼくは、ねじり鎌を持って、参じて、
みんなで1列になって、植えたばかりの田んぼを、稲をこうやって刈り取る」

セシウムの入ったお米を生産して売っている限り、消費者は福島産のお米を買わなくなる。
そうすることによって、福島の農業は壊滅してしまう。
だから、いま、米を作っちゃいけないんだと。
わたしは先生の言葉をそう理解しました。


例えば、先生がツイートした「サリン」「殺される前に殺す」「武力行使」などの言葉、
過激で今の世の中では禁句になっているような単語ばかりだけれど、
ニュースでそこだけが流れ、その表面だけを受け取ってしまうと
だいじな本質を見失う事になるかもしれない。

わたしはそう考えたので、今回文字に起こして残すことにしました。

早川先生の本当の心の中の思いを、ちゃんと感じていただきたいです。
そして、今の状況を、恐くても正面から見つめることが大切なんだと思います。




【完全版再配信】
群馬大学早川由紀夫教授の訓告処分を受けての記者会見





移動車中ー岩上安身氏:
みなさんこんにちは。岩上です。
お待たせして申し訳ありません。

今ちょうどツイッターで書いていたところなんですが、
ちょっと、いろいろとスタッフが交通渋滞に巻き込まれてですね、
バラバラに来たんですけれども遅れてしまいました。
大変申し訳ありません。

記者会見は始まっているんでしょうか、急いで伺いたいと思います。
早川先生は何故か、電話番号を教えない方なんだそうで、
直接電話して「申し訳ないけど送れます」という
事をお伝えできないのが大変残念なんですけれども、
今ツイッター経由でご連絡を取りました。

不思議ですね、
ツイッターで向こうで呟いていて、僕が呟いていて、
それでコミニケーションしている訳ですけれども、

電話で話した方が早いんじゃないかと思ったりもします。(*´σー`)エヘヘ
恐縮です。
とにかく急いでいます。このままちょっとお待ちください。


00:01:10~

この間
早川由紀夫氏の会見危し!「第一部・学部長からの中止命令」(動画・文字起こし)参照

00:15:40

移動車中ー岩上安身氏:
「早川さんの人となりを知りたい」
みんなね、一緒にドライブしているような感じだからね、楽しいよね。
えー、その通りです。
人となりを拝見したい。
「今着いたのかよ」
まだ着いてないんだよ(ノ∀≦。)ノハハッ

IWJカメラ;すみません、本当にすみません。全部横川のせいです、はい。

「岩上さんは研究室使用禁止を知らないのかな?」
「そうなのかもしれませんね、つい生中継を見てしまいますが、文系人間は理系人間のコミニケーションの仕方とは相容れないと思います。理系は独特」

まぁ、ねー、みんな相容れないって言っちゃ相容れないし、違うって言っちゃ違うんですよ。
カテゴリー分けして文系理系って、もう話が出来ないとか言ってたらですね、
男と女も話しは出来ないし、親も子も話が出来ないし、みんな話し合いが出来なくなっちゃうんですよ。
だからそこはね、
話をお聞きしましょ~♪






続きを読むに以降の内容文字起こし。会話の内容語句の説明について<参考>あり。

続きを読む

早川由紀夫氏の会見「第二部・岩上安身氏到着」(動画・すべて文字起こし)

早川由紀夫氏

20年前というのは1991年の6月3日の話。
長崎県の島原、雲仙岳っていう火山があって、そこで火砕流が発生して、
火砕流を撮影していたテレビ新聞の人、火山学者を含めて43人の方が・・死んだ。
あれは火砕流で殺された。
そういう痛ましい事故があった。
で、僕はあれは、知ってた。
あそこにいたら火砕流に殺されるっていう事を知ってた。
知ってたけども、彼らに伝えることが出来なかった。

そういうことがあって、つまり・・・
「わかっていても人に伝えないと人は死ぬんだ」という事を僕はよく知ってる。



ここまでの流れのブログ
早川由紀氏がツイート内容で群馬大学から訓告処分・早川氏ツイート・動画・ニュースなど

早川由紀夫氏の会見危し!「第一部・学部長からの中止命令」(動画・文字起こし)

12月8日の総集編・これが全てです
早川由紀夫氏の会見「完全編」(動画・すべて文字起こし)



2011年12月8日木曜日 
早川由紀夫氏インタビューBy岩上安身-1






00:31
岩上:
すみません質問してもいいですか?
多分質問が重なってしまうかもしれませんが、

早川:
そうだよ、もう、50分も遅れてきて、また最初からやり直すのも嫌だよ

岩上:
いえいえ、「そこはもう話したと」パスして下さい
あの、なぜ訓告になってしまったんですか?

早川:
皆さんいいですか・・・?
ちょっとだけサービスしますね

岩上:
これがツイッターの発言内容であるというように、ツイッターに書かれてますけど、
それだけで間違いないですか?

早川:ツイッターで間違いないか、えっと、

岩上:
つまりサリンだとか、殺されるまえに殺すとかいった、
そういうのがまぁ穏当ではないと注意を受けたという事についてお書きになっていますが

早川:
えっとね、9月の7日の口頭注意の時は、「不適切な言動」と言われた。
でも僕は「言」はしているけど「動」はしていないので、
なにかなー?なにやったのかな?ってよく分からない状況にいます。
彼らは「不適切な言動」と言った。
でも、今回のこれ見ると、「動」の方は書いてないと思います。
で、もっぱらですね、「ツイッターの発言」についてのみ
ブログについても書いてないように見えます。
インターネット上のツイッターに於いてト、特定して報告されています
答は「ツイッターに関して」です。のみです。

岩上:
あの、これの真意についてなんですけれども、
先生はああいう挑発的な言葉使いをあえてなさって、注意喚起をしようとされているのか、
それとも、あそこに書かれている文言の通り、思った通りをかかれているのか。
その点はいかがなんでしょう。
つまり、リスクコミニケーションの一環として、この事態の危険性を認知して、評価して
でも、それだけでは足りないんだと、どこかで確かお書きになっていたのを見たような気がします。ツイッターで。
なので、「わたしはあえてやっています」この、「あえてやっている」というところの真意が知りたいです。

早川:
最初の方は分かるけど後ろの方はちょっと分かりません
最初の方の質問は二つともYesです。
「リスクコミニュケーションでは足りないんだ」それは何を指しているんですか?

岩上:
あのー、雲仙普賢岳のレポートについてお書きになっているのを読ませていただいたんですけれども、
そのところにリスクコミニケーションというのが認知、評価があり伝えることは大事なんだけどもとお書きになっている。
でも、私の認識が間違っているのかもしれませんが、
あの時に、それでも46人の犠牲者を出してしまった。
この通常の通知の仕方ではリスクを伝えきれない
という忸怩(じくじ)たる思いがおありになっての、今回の言動なのではないかというふうに、ま、
深読みしてお訪ねしている訳ですけれども

早川:
いや、深読みじゃなくおっしゃる通りです。
雲仙普賢岳1991年の惨事が、あれで随分と考えて、
今回の行動に反映しているというのは事実であります。

あれが私を突き動かしている訳です。
で、リスクコミニケーションが出来ていなかったんです。この時は。
20年前はわたしを含めて、
わたしもジャーナリストも、テレビ新聞も行政誰もリスクコミニケーションが出来てなかった



2011年12月8日木曜日 
早川由紀夫氏インタビューBy岩上安身-2







続きを読むに文字起こし

続きを読む