fc2ブログ
03.02
Fri
私はがれきの広域処理での処分には反対です。
反対の理由は自分のためではありません。
がれきを焼却することによって国土が全体的に汚染される事を恐れている事と
汚れていない地域を残しておかなければ安心できる食べ物も無くなってしまうし、
避難する場所も無くなってしまうから。
放射性物質は一度広がってしまうと消えないものだから、私が死んだ後の未来のために反対しています。
反対ですが、被災地を思い、いつも心を痛めています。
東京に住んでいてさえ3月11日以降、心が晴れ晴れとした日は1日もありません。
ですから、地元の方は私などが想像できない程の日々を送られているのだと思っています。



津波によって壊されてしまった物たちを私たちは「がれき」と呼んでいます。
その全てのものは、津波で流されるその時まで、
そこにいた人々すべての大切なものだったのに、「がれき」と呼んでいます。

受け入れ先では嫌がられて、ただ、焼かれて、邪魔もののように埋められて、
流されるまでは愛されていた数々の物は泣いているように思えます。

そして、今、
その「がれき」の処分に関して、
多分、地元の方々の想いと、広域処理のために受け入れる側の人々の思いが
間違った形で傷つけあうように報道などにより歪められていると思うのです。
私たちは、いがみ合っている時ではない筈なのに、
私たち庶民はみんなで手をつないで助け合いたいと思っているのが本心なのに、
そして、力を合わせて間違った政策や大きな力に立ち向かわなければいけないのに、
そう思うと、政府の政策や報道の在り方に、ものすごく悲しくなる。

流されて壊れてしまった大切なものを、人々の思いがたくさん詰まった大切なものを、
未来の人々のために、こんなふうに使う事が出来るのなら、
そしてもし、本当に津波から人々を守る緑の森の大地になれるのだとしたら、
それは素晴らしい明るい未来のように思えました。

震災によって生まれてしまったものを、
マイナスのイメージだけで捉えるのではなく、
プラスの方向に転じて考え直す。
そう出来たら、明るい未来を見つめて生きていく事が出来そうな気がします。

もうひとつ、燃やさないで木の根に抱かれて静かに大地で休んでもらう事もいいのではないかと、
そう思いましたので、このブログを書くことにしました。

ーーーーー

いのちを守る森づくり ~東日本大震災復興~


著作:仙台輪王寺 監修:宮脇昭 原案・構成:日置道隆 
監督:伊藤定国 制作:(株)イトオン

宮脇 昭(みやわき あきら、1928年(昭和3年)1月29日 - )
生態学者、地球環境戦略研究機関国際生態学センター長、横浜国立大学名誉教授。

4:16~
震災復興 ガレキの山は地球資源


震災によって大量に出たがれきの山
その中の毒と分解不能なもの以外を、地球資源として有効利用するべきです。

緑の森18

瓦礫の山を選別し、思いでと一緒に お亡くなりになった皆さまの無念の気持ちを静め
未来の希望のために生かしてあげるのです。

瓦礫を選別して、穴を掘って埋め、土と混ぜます。

緑の森11

瓦礫と土で混ぜ合わせて山を作り、さらに土をかぶせてマウンドを作ります。

緑の森12

これで、木を植えるための植樹地が出来ました。

緑の森13

みんなで集まって木を植えましょう。
犠牲になった涙を生かすため、未来の子どもたちのため、

緑の森14

マウンドを高くすることにより、かなりの高さの津波を防ぐ事が出来ます。
マウンドを超えた場合でも、豊かな森は根が深くしっかりと張り、倒れません。

緑の森15

緑の壁が私たちの命を守る切り札になってくれるのです。

緑の森16

普段はみんなの憩いの場となります。
海風や砂風から、私たちを守ります。
多くの動物たちが集い、命と心心が廻る「ふるさとの森」と共に生きましょう。



今こそ、今すぐ、未来に向けて立ち上がり、立ち向かおう。
歩もう、立ち止まらず。
諦めず、愛する人を守るため、足元から木を植えましょう。
私も植えます。
もうすぐ希望の光が見えてくる。
いのち輝く故郷を作ろう。

緑の森17

調査地域
岩手県 釜石市・大船渡市・陸前高田市
宮城県 仙台市(あら浜地区・蒲生地区)・名取市・気仙沼市・南三陸町・東松島市・松島町・塩竈市・多賀城市



↓ 宮脇昭先生が現地に調査へ行った時の動画です

東日本大震災
現地調査(宮脇 昭 緊急提言:2011 4 8撮影)



現地で津波の災害を逃れた木々を細かく調べていらっしゃいます。
木々の根には空気が必要で、「がれき」だからこそ、空間が生まれ健康に木が育つとおっしゃっています。
屋根のかわらなども木の根が抱きかかえてしっかりと押さえてくれるのだと先生はおっしゃっていました。


命を守る緑の森を作るために、動画の前半
・今までの防災林の弱点
・どのような木々を植えればいいのか


続きを読むに要点部分を書き出しました。続きを読む
comment 7
03.02
Fri
東京都、清掃工場へ搬入
47News 2012年03月02日 より

女川13

女川14

女川15

女川11

女川12



女川町がれき 受け入れ始まる
NHK 3月2日 18時1分

東日本大震災で出た宮城県女川町のがれきの本格的な受け入れが2日から東京で始まり、
都内の清掃工場にがれきが運び込まれました。

東京23区の自治体は宮城県女川町で出たがれきを受け入れるため、
試験的な焼却を行ったり、住民説明会を開いたりして準備を進め、2日から本格的な受け入れを始めました。

23区でつくる組合が運営する東京・中央区の清掃工場には、
津波で流された木くずやプラスチックなどが細かく砕かれた状態になったがれきが、
専用のコンテナで運び込まれました。

そして、家庭から出るごみと一緒に燃やすために、クレーンで混ぜ合わせる作業が行われました。

がれきの焼却は3日から始まる予定で、
23区は来年3月末までに合わせて19の工場で受け入れ、
同じく女川町のがれきを受け入れる予定の多摩地域の自治体の分も合わせると、
10万トンのがれきを受け入れることにしています。

一方、清掃工場の前には市民グループのメンバーが訪れ、
放射性物質が拡散するなどとしてがれきの受け入れを撤回するよう求めていました。

受け入れにあたって、
23区の自治体は燃やした灰に含まれる放射性物質の濃度や清掃工場周辺の放射線量などを定期的に測定し、
結果を公表するということです。

東京二十三区清掃一部事務組合の塚越浩副参事は
「安全な清掃工場の運営に努め、情報を公開することで住民の理解を得ていきたい」と話しています。

大震災で発生したがれきについては、東京都が去年11月から岩手県宮古市のがれきを受け入れています。


女川の震災がれき、都が本格受け入れ開始
(東京都)
日本テレビ [ 3/2 15:47 NEWS24]

東京都は、東日本大震災で発生した宮城・女川町のがれきを都内の清掃工場で焼却するため、
2日から本格的な受け入れを始めた。 

中央区晴海にある中央清掃工場には2日、木くずなどの震災がれき36トンが運び込まれた。

東京都などは去年、女川町の震災がれきを品川区と大田区の清掃工場で試験焼却したが、
放射性物質の濃度が都内の通常のゴミと変わらなかったとして、2日から本格的な受け入れを始めた。

中央清掃工場で15日まで受け入れ
その後は江東区夢の島の新江東清掃工場で焼却することになっており、
焼却灰は中央防波堤に埋め立て処分される。 
東京都は来年3月までに、女川町の震災がれき10万トンを受け入れることにしている。




comment 6
03.02
Fri

小出裕章氏がテレビ局のスタジオに直接出演されているのはとても珍しいです。

VTRとか、電話ではあちこち出ているけれど、番組にこうして出られるのは
あれ~?始めてかなぁ(。◔‸◔。)??



私がこの番組内で「これだ!」と思った小出先生の言葉

・ですから、重油代・天然ガス代を新たに払うということであれば、
それだけはもちろん高くなるわけですね、
でもそんな事は今現在起きている原子力発電所の事故の補償費用から考えたら、
もう、本当、微々たるものも微々たるもので、
「そんなものいったい何なんだ」と言って笑い飛ばせばいいほどの金でしかない

・人類がもう、滅亡するかもしれない位の長い期間に渡って、
毒性が消えない毒物を、子ども、孫、子ども、孫と、
ずーっと押しつけなければならないという選択を、私たちはしているのですね。
ですから、
たかが電気のためにこんなことをするのかと私は思います



ーーー


原発問題のすべてを小出さんに聞く
愛川欽也パックインジャーナル2/25(土)





愛川欽也パックインジャーナル2/25(土)原発問題のすべてを小出さんに聞く


【今週の出演者】(敬称略)
早野 透(桜美林大学教授)
今井 一(ジャーナリスト)
川村晃司(テレビ朝日コメンテーター)
マエキタミヤコ(メディア・クリエイティブディレクター)
横尾和博(社会評論家)

※コーナーゲスト
小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)

【内容】
(1)原発問題のすべてを小出さんに聞く
東日本大震災、原発事故からまもなく1年を迎えます。
そこで京都大学助教の小出裕章さんをコーナーゲストに迎え、
原発問題のすべてをトークします。
最初の新聞記事紹介は、
関西電力高浜3号機が定期検査のため20日発電を停止し、
西日本では原発稼働がゼロになった記事を紹介します。




原発の全てを小出さんに聞く

愛川:
小出先生は出世しなかったですよね
「出世なんか関係ないよ」っていう感じはするんですけど
原子力という勉強をなさっていて、「こんな危ないもの」っていう事に気がつかれた時から
何か小出先生は「ま、これでいいや」っていうふうに、思われています?

小出:
私はもともと、出世なんかしたくないのです。
誰かを導いていくとか指導者になるとかカリスマになるとかいう事は
一番嫌いで一番苦手なのです。
で、自分のやりたい事はやりたいと思いますし、
やりたくない事を命令されるのは大嫌いです。
ただ誰かにこれをやれという命令するのも嫌いというそういう人間ですので
むしろ出世はしないというのでここまで来ました

愛川:
今一番気になるのは僕らが原発で電気を作らなければ足らなくなると、
それはどうしても石油を買ったり天然ガスを買ったりしなくちゃならなくなるから、
徐々に減らしていくために仕方がないと、
こういうふうに教育されているのか洗脳されちゃっているのかは知らないけれど
僕はこの番組で暗くなってもいいじゃないかと。多少、そんな危ないもの。
だって、現に福島の事故以来ね、何にも収束していないと思うのですよ。
なおかつ、最終的には動いている原発も全部、あの炉心をね、やがて廃炉にしたところで、
どこに埋めてどうするかと。
そうするといろんな話を、ま、各先生方とお話しをすると、何十万年も先に。うっかりすると、
そいつを、もう今の言葉も使っていないかもしれないし、人間も変わっていたりするかもしれないけど
「なんだろこれ?」って言った時に、まだ放射能が生きているんだって言う話を聞くと、
「なんて恐ろしいものを作っちゃったんだろうな」って、どうしても思います。
で、一方現実的に思えば
しかしそれを、まぁ、使って、電気を発電してもらわない事には、
あちこちがみんな足りなくなるっていうんですね。
そのためにあちこちの工場はみんな海外に行っちゃって、
日本はまるで、こう、国家として成り立たないみたいな事が言われたりするんですね、大きく言えば。
で、そんな中で、みんな、
「じゃ、仕方がないから徐々に」
でもね、変だなと思うのは。徐々に減らしていったって同じなんじゃないかなってw
たとえばそうやって企業が潰れていくんだったら、徐々に潰れていくだけの話で、
徐々に減らしていくっていう事をね、特に小出さんはどう思われますか?原発。

小出:
私は原子力発電は「即刻すべてやめなければいけない」と、ずーっと発言してきた人間ですから、
徐々に減らすなんていう事は私から見ると論外です。
まず、愛川さんも含めてですけれども、多分誤解があると思うのですが、
日本に今ある原子力発電所を全て即刻止めたところで、
日本の電力供給には何の支障もないのです。
水力発電所と火力発電所をきちんと動かすことが出来るのであれば、電力が足りなくなる事はありませんから、
ここを暗くしたりする必要もないのです。
もちろん暗くした方が私はいいと思いますよ。
電力は節約したほうがいいと思うけれども、
今まで通り使ったとしても何にも困らないのです。
ただし、原子力を止めた分は火力で補うというような事をしなくてはいけませんから、
重油を買うよ、天然ガスを買うよという事はもちろん必要になります。
そのための費用も必要になるでしょうけれども、
でもみなさん考えて下さい。
福島第一原子力発電所の事故が起きて、猛烈な被害が今出ている。
で、その被害を本当に補償しようと思ったら、
東京電力が何度潰れても購いきれないと言うほどの被害がすでに出ているし、
本当に日本の法律をきちっと守って、人々を守ろうとするならば、
日本という国家が潰れても足りない位の被害が出ているのです。

重油代どころの話ではないという被害がでているわけですから、
まともな経済人であるなら、きちっとした経営感覚を持って、
そういう評価をして欲しいと私は思います。



つづきは続きを読むに書き出しました続きを読む
comment 3
03.02
Fri

・政府の事故調査委員会で「個人の責任は追及しない」としたことについて
・政府の事故調査委員会には原発の専門家がいないというのは本当?
・原発ゼロを目指す原発政策転換の1万人アピール
・廃炉の問題
・廃棄物の問題



3月1日木曜日 
京都大学原子炉実験所助教 小出裕章先生に伺いました
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]



スタジオに京都大学の元総長で、現在・政府の原発事故調査委のメンバーである
地震学者の尾池和夫さんがいらしています。



続きを読むに内容を書き出しました。続きを読む
comment 0
back-to-top