fc2ブログ
03.04
Sun
放射能健康相談.com 診察室より No.1
2012年3月4日 発行

首都圏で放射能の被曝を心配され、来院した60名以上を診断しました。そして血液検査の結果が出ました。

早川先生や航空機モニタリングを参考に

受診者の住む地域
A高線量地域(柏、三郷、東葛地域周辺)と
B(それ以外)に分け、

年齢により
a(0歳から幼稚園)、
b(小学生)、
c(それ以上)に分けました。

2012030411
Aa15名,Ab2名,Ac8名,Ba15名,Bb11名,Bc9名

頚部USでは、嚢胞を4分の1位に見ますが通常の診療で見る程度です。
リンパ節などにも特別の初見はありません。
数名に数mmの異常エコーを認めましたが腫瘤とは言えず経過観察としています。

結膜炎、副鼻腔炎、皮膚炎で悩んでいる人がやや多く、
チェルノブイリ事故後に病理解剖研究をしたバンダジェフスキー博士の言う
IgA(※最後に説明転記)の低下が関与しているような気もしますが、IgAは調べていません。

やはり気になるのは,異型リンパ球(※)です。

柏4歳 柏2歳 三郷2歳 柏2歳 草加4歳(骨髄球も+) 
江戸川1歳 台東7歳 野田2歳(異型リンパは無いがリンパ球数10000以上)

Aa+Abの半分、Aaの半分以上 です。 Bにはこのような所見はみられません。

放射線被曝との関連について検証が必要です。

福島から避難した子供たちを検診した大学病院小児科の担当先生とも話しましたが、
このような現象はみられていないとのこと。 
すでに避難して日が経っていると正常化してしまうのか、とも考えています。

国からも行政からも見捨てられている東京近郊の高汚染地域に住み続ける子供たちから、
将来健康被害が高率に出る事を心配しています。

親に意見を求められた時には、避難を進めています。





ーーーー

今日、下記講演会の内容を書き出したばかりです
「首都圏における健康被害と避難」木下黄太さん講演
2/10熊本(動画&講演部分書き出し)


「首都圏が危ない」と、警告を聞いたばかりです。
難しい事かもしれないけれど、小さなお子さんがいる方は、避難して欲しい。

続きを読むに「放射能健康相談.com」はどのようなところなのか、転記します。
賛同人として肥田舜太郎先生のコメントもあります。続きを読む
comment 0
03.04
Sun
「木下黄太さんシリーズ」
下記9月9日の動画を見て、もうちょっと木下さんの話が聞いてみたくなった私は


大手テレビ局を飛び出した報道社会部デスク「震災直後の報道の現場・現在の状況」
木下黄太氏9/9(動画・内容書き出し)

続・大手テレビ局を飛び出した報道社会部デスク「今の状況を国民みんなが等しく知るために」
木下黄太氏9/9(動画・内容書き出し)


探してみましたლ(◉`ൠ′◉ლ)

そしたらありました(♛ฺܫ♛ฺ)!今年の2月10日熊本での講演会の動画です。
9月から5カ月後。
新しい情報を多数聞く事が出来ました。


山本太郎氏 熊本緊急講演 第一部 2012年2月10日(金)


木下黄太さん講演
山本太郎さん、木下黄太さん、御堂岡啓昭 さんのトークセッション

土壌汚染は移動している

03:00
新規で土壌汚染という話はあまりないんです。
でも、ここのところ見ていて、土壌汚染の状態というのが、
いろんな形で、多分数値の変動というのが、色々と起きている状況だと思います、関東圏も。
福島は言うに及ばないので、ちょっと、コメントしてもしょうがないのでしません、僕は敢て。

関東県も南東北も数値がいろんな変動で起きていまして、
多分、これはですね、セシウムだけを測っているんですね。
セシウムだけしか測れないので測りますが、
で、セシウムっていうのは水に溶けやすい訳ですよ。

そうすると、移動しているんですよね。
同じ場所を測ってもここのところ濃度が高くなったり低くなったりしているケースがままあって、
これは何でこんなバラつきが・・ってもちろん検体が少し違えば変わるんですけど、
どうも日本の雨の影響というのが結構出ているかなと。

良い意味でいうと、表土壌の濃度が下がっている場所も結構あるんですね。
ところが、問題は、そのセシウムがどこか別のところに行っているだけなんですよ。

蓄積してたまるようになっている場所が、
実はその庭の別の場所に偏在化して起きているとか、
あるいは地中の少し深いところにたまった状態で残っているとか、
そうした状態が今考えられる状況だと思います。
だからそこの部分を見て行かないと、
結局その濃縮されている場所だけそ検体を取って土壌汚染していると言いだしても、
話が始まらないケースがあって、
濃縮されている場所がこの程度、そうじゃなくてフラットに取ったらこの程度みたいなかたちで、
その土壌の汚染の状態をちゃんと見ていかなければいけないと思います。

で、基本的に首都圏の土壌の状態はあんまり芳しい状態に無いままなので、
それはもう、何百ベクレル程度の汚染というか、
500ベクレル以上の汚染というのは東京の23区内では普通に見つかる状態です、当然のことながら。

首都圏での生活における健康被害
05:05
この状態で、生活がしていけるかという事に対して、結論が出る話というのは無いんです。
無いんですが、基本的にこうした場合に健康被害が起きているか起きていないかといわれると、
「起きている」と言わざるを得ない。

ウクライナのキエフ等がいい例で、
キエフはウクライナの首都ですから、中心的に子どもたちがそこに集まる。
病気になった子どもたちがそこに集まる構造があるのは、間違いないんですけど、
でも、それでもやっぱり、有意に健康の異常が発生する。
たとえば、3割ぐらいの子どもが健常じゃない事になってくる。
健常じゃないというのは奇形じゃないですよ
奇形という意味じゃなくて健常ではない子どもが3割ぐらいある可能性がある。

もっと汚染のひどい地域、
ベラルーシのもう少しひどいエリアになってくると、
ちょっとした異常なら7割位のお子さんがおかしくてもこれはしょうがないという状況なんです。
全然変わっていない。
20何年たっても、結局土壌の蓄積の状態というのは大きくは変化をしません。
一定程度は下がりますけど、一定程度下がっているだけなので、
そうした放射性物質を吸い続ける環境にあることは変わらない訳で、
それが東京都内でも似たり寄ったりの状況というのが、
今も多分続いている状態です。


明瞭に死に始めている
06:31
こうした環境の中で、最近どういう事が起きているのかという事を言っておくと、
結局、明瞭に死に始めているケースがあるという想定だったのが、
想定ではなくて、僕のところには、一定以上の数がきています。

たとえば、どんなことかというと、
12月の中旬ぐらいから1月の中旬ぐらいの1ヶ月間
都内で、突然死亡して、しかも死因が明確ではない不審な状況で、虐待とかそういうのではなくてですよ、
死んだ0歳児から4歳児の数
だいたい何人か分かっているんですが、
情報源の特定があるので正確に言う訳にはいかないんですが、
仮に10人としましょうか、その10人とした時にその10人の数というのは
実はその前の年の1年間と同じ数だったりします。

言っている意味が分かりますか?
1年分と1ヶ月分の数が同数だったりします。

これは、同じような話として、
20前後から40代の男性もこれほど増えていませんが増えています。
数としてはその層の方が突然死するのが多いんですよ。

0歳児から4歳児はそんなに突然死はしませんので。
20代から40代の男性と言った方が突然死が多いんですね。
だから母数が増えます。
母数が増えていて増加の割合は増えていません。
なんていいますか、今言ったのは10倍ですから、要は1000パーセントになるという、
その状態ではありません。

100%だったものが150%とか200%になっているだけで、
それがこの秋口ぐらいから起きていて、まだ数は検査としてはっきりしない状態です。
まだ、もしかしたら、統計的には後で減ってきたら、1年ではトータルでは実は同じぐらいと言えるかもしれない。
数カ月なのでまだ分かりません。
だけど、そうした情報も僕のところには来ています。

これは、そうした情報をもたらしてきた人たちは、特に警戒心を強めている状態にあって、
異変が起きているのではないかという、一番の僕のメルクマールだと思う。



つづきは続きを読む続きを読む
comment 1
03.04
Sun
ネットの中だけでは10万人で頭打ち。
そこからどれだけの人がアクティブに動き100万人単位へ押し上げていくか。
100万人になれば世の中は変わる。
大手メディアの正常なあり方の回路のボタンを入れよう!





2011年9月9日[01 /13]メディアをうらむな、メディアをつくれ。シンポジウム
http://www.youtube.com/watch?v=PoQhVla4A7Q&feature=mfu_in_order&list=UL
(全てがここで見られます↑)

木下黄太(ジャーナリスト)
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927
澤井正子(原子力資料情報室)
http://www.cnic.jp/
白石草(OurPlanetTV)
http://www.ourplanet-tv.org/

毛利嘉孝(東京芸術大学大学院准教授)

木下黄太(ジャーナリスト)
東海村JCO臨界事故を取材し自らも被ばく。
原発問題に精通し、局上層部に「若い記者や子どものいる記者に現場を取材させるのはやめるべき」と主張したが
聞きいられず抗議を行った。
ブログで「妊婦、乳幼児、小学生、妊娠可能な女性だけでも
福島原発の100キロ圏内から退避させるべきと呼びかけ、
■■■社員。放射能防護プロジェクトをたちあげた。

前半はこちらです ↓
大手テレビ局を飛び出した報道社会部デスク「震災直後の報道の現場・現在の状況」
木下黄太氏9/9(動画・内容書き出し)




続きを読むに内容書き出し続きを読む
comment 2
03.04
Sun


試験使用って、試験運転といっしょかな?

泊原発が試験運転中だったけど、それと同じ?
試験運転(調整運転)・・・運転するんだと、燃料棒を原子炉に入れて・・・
結局稼働している事と同じ?

地元の了解取る前に、
内緒で動かしちゃうのかな?
ネットでどこかがニュースにしているかと思って探したけれど、見つけられませんでした。


20120301.jpg


九州電力株式会社玄海原子力発電所第4号機の試験使用承認について

2012年3月1日

原子力安全・保安院

平成24年2月15日に九州電力株式会社から電気事業法施行規則第70条第1号の規定に基づく玄海原子力発電所第4号機の原子炉本体の試験使用承認申請があり、本件について審査した結果、平成24年3月1日付けで承認しました。

[問い合わせ先]
 原子力安全・保安院
原子力発電検査課 電話(03)3501-9547(直通)



ーーーー

水野:
私伺いたいのは、調整運転中というのは
本当にちょっとだけ試験的に動かしていただけなんだと思っていたのです

小出:本当はそうなんですね

水野:
本当はそうなんですか?
実際はほとんどフル稼働して電力を供給していると聞きますが
本来と実際はどういうふうに違うんですか?

小出:
定期検査が終わって、一番最後の段階で調整運転としてフルパワーの運転まで普段もやります
それがあまり長くない段階で最終的な許可がおりて、運転再開になるのですけれども
今回の場合は福島原発の事故が起きてしまいまして、
再開の許可が下りないまま調整運転という名前のフルパワー運転が続いてきたという事です


たねまきJ「泊再開・交付金変更・韓国の原発」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)8/17より。






comment 1
back-to-top