fc2ブログ
03.12
Mon
甲状腺がん10万人に2~3人 東京でも内部被ばくの影響
47News 2012/03/12 19:11
 
東京電力福島第1原発の事故後1年間に摂取した飲食物による内部被ばくで、
都内に住む乳幼児の場合、10万人当たり2~3人の確率で一生のうちに甲状腺がんになるとの推計を、
東京大の研究チームが12日発表した。

事故の影響が東京の子どもにまで及ぶことを示す結果。
チームの村上道夫特任講師は
「外部被ばくより影響は小さいが、がんの確率が高いか低いかは、人によって受け止め方が違うだろう」と話している。

がんの確率
ディーゼル車の排ガスの影響より低いが、
シックハウス症候群の原因物質のホルムアルデヒドや、ダイオキシン類より高い。

【共同通信】




“都民が受けた放射線量”試算
NHK 3月12日 18時7分 動画あり

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、東京に住む人が
この1年間に水や食品の摂取によって受けた放射線量は、
一般の人が浴びても差し支えないとされる値の20分の1程度とする試算を、
東京大学の研究グループがまとめました。

東京大学の村上道夫特任講師らの研究グループは、
福島第一原発の事故のあと、東京に住む人が水や食品の摂取によって受けた放射線量を、
国や自治体が行った検査データなどを元に試算しました。

東京内部被曝NHK11

その結果、暫定基準値を超える食品の出荷制限が始まった去年3月21日から1年間に受けた放射線量は、乳児で0.048ミリシーベルト、幼児で0.042ミリシーベルト、大人で0.018ミリシーベルトと推定されるということです。
放射性ヨウ素の影響を受けやすい乳児でも、
一般の人が1年間に浴びても差し支えないとされる値、年1ミリシーベルトの、
20分の1程度にとどまっていました。

東京内部被曝NHK12

試算では、乳児の場合、一生のうちにがんになる人は10万人あたりで3人増える計算で、
ディーゼル車の排気ガスに含まれる粒子状物質のリスクを、やや下回るということです。

東京内部被曝NHK13

研究グループでは、さらに、暫定基準値を超える食品の出荷制限などの効果を検討した結果、乳児で44%、幼児で34%、大人で29%、それぞれがんになるリスクを低減した、としています。
乳児の低減効果のうち8%は、東京都が行ったペットボトル入りの水の配布によるものだ、ということです。

東京内部被曝NHK14

今回の試算について、ベラルーシで子どもたちの甲状腺がんの治療に当たった
外科医で長野県松本氏の菅谷昭市長は、次のように話しています。
「放射性ヨウ素、放射性セシウム、それを当然呼吸していますから、、だから呼吸器的な形でも摂取されますし、
食品だけでなくそういうものを全部入れた形で内部被曝という事を言うんだったら、より正確になると思います。
また、放射性物質の影響はがん以外にも及ぶ恐れがあり、
がんの発生リスクだけで健康影響をはかることはできないと思う」

東京内部被曝NHK15

試算を行った研究グループの村上特任講師は次のように話しています。
「リスクという観点から、高いと判断するかという部分について、根本的にそもそもどこで判断する欠けているので、
その判断基準を提示できたと考えております」
「食品の出荷制限などは一定の効果があったと考えられるが、
実施のコストや農業に与える影響に見合ったものかどうかは検証する必要がある。
こうした試算結果を元に社会として許容できるリスクを議論することが大切だ」と話しています。

東京内部被曝NHK16

今回の試算結果について、全国消費者団体連絡会の阿南久事務局長は
「研究が進み、今回ようなデータが出てくると、消費者が自ら考えることにつながるので、良いと思う。
しかし、データだけでは日頃の買い物などに生かすことができない。
行政機関は、消費者がこうしたデータを実際に役立てるための、基礎知識を学ぶ機会を多く設けてほしい」
と話しています。

03月12日 17時59分のNHK首都圏ニュースの記事内容も合わせました。)



ーーーー

この試算には菅谷昭市長がおっしゃっている呼吸からの内部被ばくが含まれていません。
そして、外部被ばくも入っていないように思います。
一般の人が1年間に浴びても差し支えないとされる値、年1ミリシーベルトは
外部被ばくと内部被ばくを合わせた数字です。
なので、この試算は最低のラインで、
実際は多くなるのだろうとわたしは思いました。



comment 4
03.12
Mon
【社説】
3・11から1年 持続可能という豊かさ

東京新聞 2012年3月12日

福島原発事故から一年。
目に見えない放射能が大地を覆い、地域の絆を引き裂いた。
原発に頼らないとは、持続可能という豊かさを得ることでもある。

「原子力エネルギーには百パーセント反対しています」

先月末、名古屋大環境学研究科が主催した震災一年のシンポジウム。
特別講演に立ったドイツの世界的核物理学者、
ことし八十三歳になるハンス=ペーター・デュール氏は、こう切り出した。

不確定性原理を提唱したハイゼンベルクの後継者。
ハイゼンベルクはナチスに原爆製造を命じられ、わざと完成を遅らせたともいわれている。
その明快なひと言に会場の研究者は、固唾(かたず)をのんだ。

◆平和利用という夢想

平和のための原子力という考え方にも反対です。
平和が前提であっても、軍事転用されないという保証はない
ヒロシマ、ナガサキに至ったその技術の開発を私たちは許してきました。
その結果、多くの命を失いました」とデュール氏は言葉を継いだ。

そして、
最悪の事故に至る確率がゼロではなく
その結果が受け入れがたいものであるなら、迷わずノーといわねばなりません」と訴えた。
核分裂の威力を知り尽くした白ひげの賢人は、それがいかに制御しがたいものか、骨身に染みているようだった。

デュール氏の言葉をただ礼賛しようとは思わない。だが、そこに、ある風景が重なった。

昨年のお盆のころ、福島県飯舘村を訪れた。原発事故の放射能が降り注ぎ、全村避難を余儀なくされた村である。

自慢の田園風景は荒れていた。
雑草が生い茂り、いつもなら、稲穂が顔を出してもいいころなのに、
田も畑も、畦(あぜ)や畝、空き地の区別もつかなくなっていた。
空っぽの巨大な土の器が、目の前にごろごろと転がっているようだった。

雑草が枯れ野に変わり、その上に積もった雪が解けても、村人はふるさとに帰れない。

放射能で直接の死者は出ていない。しかしあの風景は、いわゆる倫理というべきものに、もとるようだった。

デュール氏の国ドイツでは、
福島の事故に当事国より機敏に反応し、すべての原発を二〇二二年末までに、段階的に廃止していくことにした。
「過敏」との指摘もあるが、強大な原子の力を正しく恐れているだけとも言える。

当事国の日本政府は、原発をどうするか、エネルギーをどうしていくか、
具体的な未来図も工程表も示さないまま、原発の再稼働を急ぎ始めた感がある。

◆棚上げにしたままで

理由は夏の電力不足と、それが及ぼす経済への悪影響。
技術的根拠は電力会社がコンピューターではじき出し、自己申告した安全性評価のデータだけ。
消費者の疑問には、ほとんど答えていない。


日本の電力供給力は本当はどれだけあって、コストはどれだけかかり、いつ、どこで、どれだけ足りなくなるか。
電力会社はどれだけ融通し合えるか。根拠を挙げてわかりやすく示してほしい
一方的に節電や値上げを押しつけられた揚げ句の不安な再稼働。
不信の溝はますます深まるだけだ。

津波や電源の対策は型通りに進んでいる。
しかし、地震の揺れはどうなのか。
福島第一原発事故も、揺れによる配管の破断から始まったという指摘がある。


例えば東京電力は、07年の新潟県中越沖地震を受けて、
柏崎刈羽原発で予想される揺れの強さを最大五倍に引き上げた。
ところが東日本大震災の激震は、それを大きく上回る
原子炉本体や複雑な配管、数多い溶接部分は、局所的な強い揺れにも耐えられるのか。
日本は世界有数の地震国である。

目下の不安には、使用済み核燃料の行方もある。
原発施設に併設された燃料プールは早晩いっぱいになる。
核燃料のリサイクルは絶望的で、
使用済み燃料を再処理した後の高レベル放射性廃棄物は、処分場すら決まっていない。

このように深刻な疑問や課題を棚上げにしたままで、原発を動かし続けていいのだろうか。

◆原発の呪縛を解いて

原発依存の呪縛を解くために、当面何ができるだろうか。
デュール氏の答えは「太陽」だった。
石油やガス、ウラン鉱もやがては枯渇する。
有限な資源をむさぼるような暮らしを改めて、無限の太陽光を効率良く使う工夫を重ねつつ、
その他の電源を併せて地域に分散配置する。
ドイツをまねようというわけでは決してない。日本には日本型の持続可能な社会があるはずだ。

原発なき社会は、貧しかった過去への逆戻りを意味しない。それは、持続可能な豊かさへ向けての進化である。




ーーーーーーーーーー

ぜひ、こちらの新聞記事と読み比べていただきたいです

脱原発は根拠薄い「危険神話」ー産経3/10



comment 1
03.12
Mon



【震災1年】“がれき受け入れ”文書で要請へ

テレビ朝日系(ANN) 3月11日23:27
 
野田総理大臣は、一向に進まないがれき処理の問題で、
法律に基づき、都道府県に協力を要請する方針を明らかにしました。

野田総理大臣:
法律に基づき、都道府県に被災地のがれき受け入れを文書で正式に要請するとともに、
受け入れ基準や処理方法を定めることであります」
 
野田総理は、すでに受け入れを表明している自治体に対しては
具体的ながれきの種類や量を伝える方針を示したほか、
がれきを原材料として使用するセメント会社など民間企業にも協力を求める考えを明らかにしました。
政府は、13日に関係閣僚会議を開いて法整備など今後の方針を確認する予定ですが、
受け入れる自治体側の住民の反発は必至で、調整は難航しそうです。

最終更新:3月12日(月)9時49分

ーーー


東日本大震災:発生1年 がれき処理、都道府県に文書で要請 
民間企業にも--野田首相表明

毎日新聞 2012年3月12日 東京朝刊


野田佳彦首相は11日、東日本大震災1年を受けて首相官邸で記者会見し、
震災により岩手、宮城両県で出たがれきを被災地以外で受け入れる広域処理について、
「昨年8月に成立した災害廃棄物処理特別措置法に基づき、
被災3県を除く全都道府県にがれき受け入れを文書で正式に要請する」と表明した。

セメントや製紙会社など、がれきを焼却したり原材料として活用できる
民間企業に協力拡大を要請する考えも示し、
政府の取り組みを強化する方針を示した。(2面に記者会見要旨)

首相は「あの日を忘れないことが最大のご供養だ。震災の記憶と教訓は絶対に風化をさせてはならない」と強調。
問われるのは、国民同士の連帯感の持続だ。すべての国民が復興の当事者と自覚してほしい」と訴えた。

その上で「がれき広域処理はその象徴的な課題」との認識を示し、「国は一歩も二歩も前に出る」と語った。具体的には、

(1)法律に基づき全都道府県にがれき受け入れを文書で正式要請するとともに、
  放射性物質の濃度などの受け入れ基準や処理方法を定める
(2)民間企業への協力拡大を要請
(3)週内に関係閣僚会議を設置

--との三つの追加対応策を表明。
さらに受け入れを表明した市町村に対して、がれきの種類や量を明示して協力要請する考えも示した。

復興庁の対応に被災自治体から批判が出ていることについては
「速やかに対応するよう平野達男復興相に指示する」と述べた。

また、定期検査で停止中の原発の再稼働について
「私を含め4閣僚で集まり、安全性や地元の理解をどう進めていくかという議論をし、地元に説明に入る。
私もその先頭に立つ」と語った。
【新垣和也】


ーーーー


市町村だけでなく、民間企業にまでって・・・・絶句



続きを読むに追記「がれき処理で産業界に協力要請=経産省」3月13日続きを読む
comment 3
03.12
Mon
「もし圧力がかかって番組を切られても私は私でそれは本望です」

年末SPの時に古舘伊知郎さんは「やっと目が覚めたな」とわたしは思いました。
そして、昨夜番組の最後に、生放送で決意を述べられました。
このように、ある程度視聴率のある番組や、著名人が、
本当の心の言葉を語ってくれる事はとても意義のある事だと思います。
今後の古舘さんの活動に注目していきたいと思います。

いい番組の時には、どんどん応援するのが一般人の私たちの役目だと思います。
他のキャスターたちも続いてくれるように、
番組が原子力ムラの圧力に負けないように。

報道ステーションの投稿サイトです ↓
http://www.tv-asahi.co.jp/hst/opinion/index.html
「古舘さんを応援します」って投稿しましたヽ(。◕ᆺ◕)ノ

エンディングの言葉です。音声のみです。

古舘伊知郎 報道SPエンディング(音声)
2012年3月11日

古舘伊知郎決意のコメント311 
↑上記動画は2014年12月19日に凍結されましたので↓

311古舘no2 投稿者 j817


小川さん、歌の間いったん雨が上がりましたね。
そしてまた、今降りだしました。
でも、冷たいこの夜風の中に何となく、温かみを感じてしまうんですね、どうしてでしょう。

この番組を、およそ2時間半にわたってお届けをしてまいりました。
いま、テレビをご覧のみなさま、
わたくしは二つの、この番組に対する事で後悔する事があります。


一つ目は、牧場の主の方になんとか無理を言ってでも、
あの「牛の墓場」を撮影して、皆様にお届けするべきだったと、今考えています。

わたしたちは物を食らって生きています。
しかし、その生き物が育てられていく現場、
そしてその現場で、今、大変悲惨な事が起きていると、

それをテレビは避けずに、直視して、
みなさんに「見て下さい!」と、私は言う勇気を持つべきだと、いま、後悔しています。


そして、二つ目の後悔は原発に関してです。

報道ステーションではスペシャル番組として、
去年の12月28日の夜、原発の検証の番組をお送りしました。

「津波で原発が壊れたのではなく、それ以前の地震によって、一部第一原発のどこかが損壊していたのではないか」
という事を、その追求をしました。

今回、このスペシャル番組で、その追求をする事はできませんでした。


「原子力ムラ」というムラが存在します。
都会は、こことは違って、まばゆいばかりの光があふれています。
そして、もう一つ考える事は、
地域で、おもな産業ではなかなか暮らすことが難しいという時に、
その地域を分断してまでも、積極的に原発を誘致した。
そういう部分があったとも考えています。

その根本を、徹底的に議論しなくてはいけないのでしょうか。
わたしはそれを強く感じます。

そうしないと、今、生活の場を根こそぎ奪われてしまった福島の方々に申し訳が立ちません。

わたしは日々の報道ステーションの中で、それを追及していきます。

もし圧力がかかって、番組が切られても、わたしはそれはそれで本望です。

また、明日の夜9時54分に皆さまにお会いしたいです。
おやすみなさい。



ーーーー


12月28日の報道ステーションスペシャル、原発検証番組
なぜ?”早すぎる放射能漏れ” 原発揺るがす「地震で破損」12/28報道SP(内容書き出し・動画あり)


オープニングでも古舘さんは、「ツルンツルンの言葉が飛び交っている。きれい事を言うな!」
そして長渕剛さんも「日本に裏切られた、怒りでいっぱいだ」とおっしゃっています
順序が逆になりましたが・・・↓


続きを読むに「報道SPオープニング部分」を動画&文字起こし続きを読む
comment 10
back-to-top