fc2ブログ
03.15
Thu
これが本当の自治体の姿ですよね、
当り前の事を答えているだけなのに、
当り前のことをどこも言ってくれないから、・・・ものすごく感動しちゃった・・・

ーーーー


徳島県の目安箱


ご意見
登録・更新日:2012-03-15
60歳 男性
タイトル:放射線が怖い? いいえ本当に怖いのは無知から来る恐怖

東北がんばれ!!それってただ言葉だけだったのか?
東北の瓦礫は今だ5%しか処理されていない。
東京、山形県を除く日本全国の道府県そして市民が瓦礫搬入を拒んでいるからだ。
ただ放射能が怖いと言う無知から来る身勝手な言い分で、マスコミの垂れ流した風評を真に受けて、
自分から勉強もせず大きな声で醜い感情を露わにして反対している人々よ、恥を知れ!!
徳島県の市民は、自分だけ良ければいいって言う人間ばっかりなのか。
声を大にして正義を叫ぶ人間はいないのか? 情け無い君たち東京を見習え。



回答
【環境整備課からの回答】

貴重なご意見ありがとうございます。
せっかくの機会でございますので、徳島県としての見解を述べさせていただきます。
 
このたびの東日本大震災では,想定をはるかに超える大津波により膨大な量の災害廃棄物が発生しており,
被災自治体だけでは処理しきれない量と考えられます。

こうしたことから,徳島県や県内のいくつかの市町村は,協力できる部分は協力したいという思いで,
国に対し協力する姿勢を表明しておりました。

しかしながら,現行の法体制で想定していなかった放射能を帯びた震災がれきも発生していることから,
その処理について,国においては1kgあたり8000ベクレルまでは全国において埋立処分できるといたしました。
(なお,徳島県においては,放射能を帯びた震災がれきは,
国の責任で,国において処理すべきであると政策提言しております。)

放射性物質については、封じ込め、拡散させないことが原則であり、
その観点から、東日本大震災前は、IAEAの国際的な基準に基づき、
放射性セシウム濃度が1kgあたり100ベクレルを超える場合は、特別な管理下に置かれ、
低レベル放射性廃棄物処分場に封じ込めてきました。(クリアランス制度)

ところが、国においては、東日本大震災後、
当初、福島県内限定の基準として出された8,000ベクレル(従来の基準の80倍)を、
その十分な説明も根拠の明示もないまま、広域処理の基準にも転用いたしました。
(したがって、現在、原子力発電所の事業所内から出た廃棄物は、
100ベクレルを超えれば、低レベル放射性廃棄物処分場で厳格に管理されている
のに、
事業所の外では、8000ベクレルまで、東京都をはじめとする東日本では埋立処分されております。)

ひとつ、お考えいただきたいのは、
この8000ベクレルという水準は国際的には低レベル放射性廃棄物として、厳格に管理されているということです。

例えばフランスやドイツでは、低レベル放射性廃棄物処分場は、
国内に1カ所だけであり、しかも鉱山の跡地など、
放射性セシウム等が水に溶出して外部にでないように、地下水と接触しないように、注意深く保管されています。

また、群馬県伊勢崎市の処分場では
1キロ当たり1800ベクレルという国の基準より、大幅に低い焼却灰を埋め立てていたにもかかわらず、
大雨により放射性セシウムが水に溶け出し、排水基準を超えたという報道がございました。

徳島県としては、県民の安心・安全を何より重視しなければならないことから、
一度、生活環境上に流出すれば、大きな影響のある放射性物質を含むがれきについて、
十分な検討もなく受け入れることは難しいと考えております。

もちろん、放射能に汚染されていない廃棄物など、
安全性が確認された廃棄物まで受け入れないということではありません。
安全な瓦礫については協力したいという思いはございます。

ただ、瓦礫を処理する施設を県は保有していないため、
受け入れについては、施設を有する各市町村及び県民の理解と同意が不可欠です。

われわれとしては国に対し、上記のような事柄に対する丁寧で明確な説明を求めているところであり、
県民の理解が進めば、協力できる部分は協力していきたいと考えております。



ーーーーーーーーー

徳島県に住みたい♡

というわけで、徳島県知事はどんな方なのか・・・知事室を尋ねてみた。

ようこそ知事室へ
徳島



 ⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ(*´▽`*)ノ ♪   щ(゚д゚щ)カモ~ン!



comment 6
03.15
Thu
東電:原発事故後も天下り招請 東京都元局長を雇用
毎日新聞 2012年03月15日 03時48分

東京電力が、福島第1原発事故後の昨年9月、天下りを受け入れていたことが関係者の話で分かった。
東電が3回にわたり要請した末に東京都元環境局長(65)を雇用したもので、
元局長は都のエネルギー政策に関する非公式情報を都職員から収集し、東電に提供していた
巨額の公的資金を受けることから社内に慎重論があったが、総務部が推し進め西沢俊夫社長が最終決定しており、
電気料金値上げの前提となる合理化に反した経営姿勢に厳しい批判が起こりそうだ。

天下りしたのは環境問題やエネルギー政策などを担当する都環境局長を06年6月に退職した大橋久夫氏
発電所の二酸化炭素(CO2)対策、
大型変圧器に含まれる有害物質ポリ塩化ビフェニール(PCB)の処分などを担当する
東電環境部の「アドバイザー」として再就職したが、
毎日新聞が取材を開始したことを知り2月20日、退職した。

東電関係者らによると、
工場などに6~8%のCO2排出削減を義務づける都の制度(10年4月開始)への対応に苦慮していた東電環境部は、
震災前から都OBを採用する意向があった。

総務部や東電OBらが人選し、
10年夏、元局長に「(11年夏)アドバイザーに迎えたい」と打診すると前向きだったが、
昨年3月東日本大震災が発生したため、元局長は「状況が変わった」といったん断った。

東電は同5月にも打診したが拒否された。
同8月「がれき処理など震災後の対応で困っている。自治体の考え方を教えてほしい」と要請し、
元局長は「経験が生かせるし人のためにもなる」と考え了承した。
元局長は「無償でいい」と申し出たが人事部が難色を示し、年収五百数十万円の契約になった。

放射性物質に汚染されたがれき処理について、
震災後の特別措置法は東電に国や自治体への協力義務を定めている。

東電環境部には「表面化すれば批判を浴びる」と懸念する声があったが総務部が押し切った。
理由について関係者は
がれき処理もあったが(3度も誘った)最大の理由は政策の方向性を知りたかったから」と説明した。

元局長は電力不足対策として都の進める液化天然ガス(LNG)発電所建設計画について、
職員から情報収集し会議で報告していた。
関係者は「今後(元局長の得意な)環境政策に関する情報も期待していた」と語る。

元局長は都庁退職後、地方自治体などが出資する企業の取締役を経て、
昨年7月まで約1年間、都の外郭団体理事長を務めた。
【川辺康広、松谷譲二、田中龍士】

西沢俊夫社長の話 会社にプラスになるということで採用した。批判があれば受け止める。

ーーーー


なんかよく分からないけど、
「都のエネルギー政策に関する非公式情報を都職員から収集し、東電に提供していた」
っていうことは、スパイですか(。◔‸◔。)??


年収500万以上か・・・まだまだ東電にはお金がありそうに思える


comment 2
03.15
Thu

4号機には過去の大気圏内核実験で放出された総量に匹敵するほどの、放射性セシウムが眠っている。
プールにヒビが入るなどして水位が下がり、冷却できなくなると、
温度が上がって燃料棒の鞘であるジルコニウム合金が発火するのです。
こうなると、もはや水では消火できない。核燃料が大気中で燃えるという、
人類のだれも経験したことはない、おそろしい状況になるのです。



どうすればいいのでしょうか。
地震のたびに祈るしかないのでしょうか。
地震がないとしても、何十年もあのボロボロの建屋がもつ筈はなく、
取りだしの計画が発表されたけれど
その計画では1本目の燃料が取り出せるのが最短で来年2013年の12月。
燃料棒は1500本もある。
計画では数本ずつしか取り出せないという。
その計画だって、東電が作ったものだから、計画通りに事が進むとはとても思えない。

なんか・・・この、どうしようもない感・・・


広瀬氏とガンダーセン氏の対談記事を転記します


福島原発4号機 プールのヒビ割れだけでも人類史上最悪の事態に
週刊朝日 3月8日(木)8時49分配信
 
福島第一原発事故の直後、
CNNテレビで「すでにチェルノブイリと同じレベルだ」と指摘した米原子力技術者、アーニー・ガンダーセン氏。
さらに原発の即時全廃を訴える作家・広瀬隆氏が対談で福島第一原発4号機の危機的状況を指摘した。

*  *  *

広瀬:
私の講演会では、ガンダーセンさんが3号機の爆発で、
使用済み核燃料プールで即発臨界が起こった可能性について解説しているインターネットの動画を見せています。
東京電力は認めませんが、私はあなたの解析に間違いないと思います。

ガンダーセン:
今は、爆発の原因を厳密に特定するのは難しい段階ですが、
上向きのベクトルで劇的な爆発が起こったこと、爆発位置と偏りを考えると、
核燃料プールで不慮の臨界が起こったと考えるのが自然です。

広瀬:
原発敷地内で極めて高い放射線量が検出されたのも、
臨界暴走でプールの核燃料が飛び散ったと考えると、現場の状況と符合します。
著書『福島第一原発 ―真相と展望 』(集英社新書)では
「4号機のプールで火災が起きたら、日本を脱出せよ」と警告していますね。

ガンダーセン:
4号機の核燃料プールは、今も日本列島を物理的に分断するほどの力を持っています。
震災時、このプールには炉心数個分もの使用済み核燃料が入っていたのです。
大気圏内で行われた過去の核実験で放出された総量に匹敵するほどの、放射性セシウムが眠っています。

広瀬:しかも、おそろしいことに、核燃料プールは遮蔽されていません

ガンダーセン:
まさに「格納されていない炉心」です。
今は水で冷やしていますが、プールにヒビが入るなどして水位が下がり、冷却できなくなると
温度が上がって燃料棒の鞘であるジルコニウム合金が発火するのです。
こうなると、もはや水では消火できない。核燃料が大気中で燃えるという、
人類のだれも経験したことはない、おそろしい状況になるのです。

広瀬:今回の事故とはけた違いの膨大な放射性物質が出てくる。大惨事です。

ガンダーセン:
まさしく。震災直後、日本では1、3号機の爆発に気を取られていましたが、
米原子力規制委員会(NRC)は、この事態を非常に心配してきました。私自身もそうです。

広瀬:
私は、ボロボロの4号機の燃料プールがガラッと崩れて、核燃料がバラバラと飛び散る事態を心配してきましたが、
燃料プールのコンクリートに亀裂が入っただけで終わり、ということですね。

ガンダーセン:科学にとって未知の大惨事になります。

週刊朝日 2012年3月16日号

ーーーーーー


たねまきJ「4号機プール・政治判断・韓国の原発全電源喪失」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)3/14

「原発危機は続いている」それでも再稼働は大丈夫? ー危険な4号機ー3/8モーニングバード
動画&内容書き出し)


崩壊寸前4号機の燃料の取り出し方(動画&内容書き出し)

「地震があって壊れた原発が崩壊すれば日本は終わるでしょう」ドイツZDF(動画・内容書き出し)


comment 1
03.15
Thu
・アメリカ規制委員会「4号機のプールが課題」
・再稼働「政治判断」について
・韓国古里原発12分間のブラックアウトについて


2012年3月14日水曜日 
京都大学原子炉実験所助教 小出裕章先生に伺いました
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]



<参考>
全電源喪失、1カ月隠す 韓国・釜山 古里原発
東京新聞 2012年3月13日 13時59分

2012031399135516.jpg

【ソウル=辻渕智之】
韓国の国家機関、原子力安全委員会は十三日、
韓国南部・釜山にある古里(コリ)原発1号機で定期点検期間中に外部電源が供給されず、
非常発電機も作動しない事故が発生しながら、
電力事業者の韓国水力原子力株式会社が一カ月以上報告しなかったと明らかにした。
同委は十二日夜、事態を重視して今月四日から再稼働していた同機の停止を緊急指示した。

同委によると、事故は二月九日午後八時ごろ発生
外部電源の供給は十二分後に復旧した。
ただ、原子炉の稼働を停止した状態の点検中だったとはいえ、
給電が途絶して原子炉や使用済み燃料プールの冷却に支障が出かねない事故だった。

同委は事故が今月十二日まで隠蔽(いんぺい)され、報告されなかった点も問題視。
韓国の原子力安全法は、原発施設の故障などの事実は遅滞なく同委に報告するよう定めており、
同法違反の可能性もある。
稼働停止の緊急指示を受け、同機は十三日午後十時ごろに完全停止する見込み。
同委は原因究明のため、調査団を急きょ派遣した。

古里1号機は二〇〇七年に三十年の設計寿命を終え、翌年から十年の運転延長に入った韓国で最も古い原発。
九州・福岡まで約二百キロの距離にある。
今回は十二~十五カ月ごとの定期点検で、
核燃料棒交換とともに、同委は特に施設の経年劣化などを重点確認すると事前発表していた。

地元釜山では、福島第一原発事故の発生から一年に合わせ、
古里1号機の危険性を訴え、廃炉を求める集会やデモも開かれた。

<古里原発1号機> 
韓国最初の商業用原発として1978年に運転を開始。
これまでにも、たびたび故障が起きており、地元では閉鎖を求める動きが活発になっている。
加圧水型軽水炉。出力58万7000キロワット。韓国南部の釜山中心部から北東約30キロの日本海沿岸にある。 





<3/16追記>
<韓国・古里原発事故>今も非常発電機が稼動不能状態

[ⓒ 中央日報日本語版] 2012年03月16日16時53分

韓国の古里(コリ)原子力発電所1号基の停電事故当時、
作動しなかった非常ディーゼル発電機が現在も作動不能状態であることが16日、確認された。

原子力安全委員会は16日、古里原発1号基の現場調査の中間報告で
「非常ディーゼル発電機が現在作動するのかについて、15日に性能試験を行った結果、
非常ディーゼル発電機を動かすために空気を供給するバルブのソレノイドバルブの故障で作動しなかった」
と明らかにした。

安全委は今月13日から原発専門家23人で構成された現場調査チームを古里原発に派遣している。
調査チームは古里原発の稼動を中断させたあと、
報告隠ぺいの経緯と非常ディーゼル発電機を含む電力供給系統の問題点などを調査しており、
今後、残り一台の非常ディーゼル発電機に対する性能確認などを行う画だ。

報告隠ぺいと関連し、これまでの調査の結果、
当時は発電所長までが事件内容を認知したものとみて、
現場勤務者や発電所長、本部長や韓国水力原子力の本社幹部陣を相手に、正確な経緯についての調査を続け、
関連者を問責すると明らかにした。



(※古里原発の過去の事故に関しては一番最後に転記)



続きを読むに内容を書き出しました。続きを読む
comment 0
back-to-top