fc2ブログ
03.22
Thu
視察して古賀さんが注目した点

・急な崖は本当に崩れないのかな?疑問
・防潮堤のかさ上げはまだ工事も始まっていない。矛盾した説明
・使用済み燃料プールは3分の2ぐらい埋まっている(行き場がない核のゴミ)見切り発車
・大飯原発は大飯町の生命線。だけど周辺地域に影響。危ない
・専門家の声を無視する政治判断。問題
・テロ対策は何もされていない。無防備

古賀さんが大飯原発を視察ABC CAST 2012年3月20日

20120320古賀さんが大飯原発を視察「稼動はムリ」 投稿者 bakaTepco13



再稼働協議の中古賀氏が注目した点は?CAST

古賀茂明さんが、今日は大阪府市統合本部エネルギー戦略会議の顧問として、
福井県大飯原発に行かれて視察をしていらっしゃったんですね。
ちょっと予定よりも延びて、随分念入りな視察だったんですが、
先ほど終わって、古賀さんがお話しできる状態になったという事で、古賀さ~ん。
何か、予定よりも長めの視察だったようですね。

大阪視察大飯原発21

古賀:そうですね、ちょっと1時間以上延びたと思いますけど、

キャスター伊藤:
今古賀さんがいらっしゃる場所を、ちょっとね、こちらで確認のために記させていただきます。
福井県大飯町にあります、関西電力大飯原子力発電所。

大阪視察大飯原発22

現在定期点検中で、発電所は動いていません。
で、日本中の原発の中で、ここが再稼働の1号になるんじゃないかという事で、非常に注目されているんですが、
こう見ていただきましても、ちょっと、海に突き出ているような地形になっていまして、
古賀さん、まず、そこに行くまでも随分大変だったんじゃないでしょうか?

古賀:
そうですね、今日は京都から、京都経由で入ってきたんですけど、
京都から、湖西線という電車に乗って、そこからバスに乗って、それからJRに乗りついで、
最後はタクシーっていうですね、非常に時間がかかりました。
3時間以上かかったかもしれませんね。

伊藤:
実際現地に赴かれた、その印象、さらには今回の視察の目的、
このあたりは古賀さん、どんな事なんでしょうか?


●視察の目的

古賀:
今回の目的はですね、大阪府市統合本部の方で、エネルギー戦略会議というのをやっていて、
今後のエネルギーというのを考えようという事でやっているんですけれども、
その中で、原発。
関西電力にとっては原発っていうのが非常に大きな割合を占めていますんで、
これをどうするのか?っていうのが最大の問題になるんですけれども、
ま、今、一番焦点になっています大飯原発をですね、再稼働するのかどうかという、
いま、大詰めの段階に来ています、
それをですね、我々としては一度この目で見てですね、
どういう対策が行われているのか?、安全と言えるのか?っていうことをですね、
ま、見てですね、そのうえで今後の事を考えたいという事で参りました。

●注目した点は?

伊藤:
実際にご覧になられて、ま、図面であったりですね、いろんなプランはご存じだったんでしょうけれども、
実際に行かれてこれはと思われた事はどんな事だったんでしょう?

古賀:
やっぱりですね、非常に複雑な地形の中に建っているんですね。
で、広大な敷地の中にあるんですけれども、
そこに、いろんな所にいろんな設備がある。
その一つ一つをですね、ま、現場の人達はいろんな事を考えて対策を作っているんですけれども、

たとえばですね、ひじょ~に急な崖があります。
「これは崩れません」というふうに一言で説明されたんですけれども、
本当にこんな急なところが崩れないのかな?」とかですね、

あとは、津波の想定をですね、すこし今までよりも高く想定して対策を練るという事になっているんですけれども、
その防潮堤をですね、嵩上げするという事を言っているんですが、
これはまだ工事も始まっていないとかですね。

そんなような、ちょっと、まだまだこれから色々やる事があるなというように見えるんですけれども、
「一応これでも大丈夫です」と言う、ちょっと矛盾した説明がありましてですね、
私は非常に不安を感じましたですね。


伊藤:はあ・・昨日この、

古賀:それから、今ちょっとなんか、画面にね使用済み核燃料プールが映っていたと思うんですけれども、

大阪視察大飯原発23

この使用済み核燃料プールを見せていただいたんですが、
非常に分かりやすくてですね、もう、3分の2ぐらい埋まっているんですね。
それで、これからもし動かしていくとですね、5~6年でいっぱいになると。
で、「その先どうするんですか?」ということについては、
「いや、六ヶ所のほうでなんとか・・」とかって言っているんですが、
六ヶ所の方は実は全くめどが立っていないんですけれども、
そこはもう、見切りでですね、動かしていきたいという事をおっしゃっておられたので、
そこらへんもですね、ちょっといろんな問題をもう積み残しのまま?
いや、本当に再稼働しないんじゃないかな?と思うんですけど、
でも、なんか::色々聞こえてくる話では、
「もう、月内にでも再稼働をゴーサインを出す」というようなですね話を聞いていますんで、
我々としては「このままじゃちょっと、困るなー」という気持ちを強めましたね。

伊藤:
牛窪さんは、きょう古賀さんがそんな思いを抱かれたという事なんですが、なんかお聞きになりたい事は。


●地元の声

牛窪:
そうですね、私も先週、実は福井に行っていまして、
実は父の故郷なので、講演をしてきたんですけれども、
やはり地元の中には、原発の、恩恵を受けているというと失礼ですけれども、
関連企業で働いておられる方もいて、意外に、やはり、あの~
再稼働して欲しいという声も私個人は聞いた事があるんですが、
現場の方々って、ま、関係者の方が多いと思うんですが、
実際、住民の方のお声というのはどのくらいお聞きになりましたか?

古賀:
今日はですね、原発見るだけでこの時間になっちゃったものですから、
住民の方々の声は聞いていないんですけれども、
やはり、経済的にはですね、この大飯町にとっては、もう、大飯原発というのは生命線になっているので、
これを、ずっと動かさないという事になればですね、
大変な経済的な問題が起きるということは確かだと思いますから、
そういう意味で動かしたいという気持ちがある事はよく分かりますけれども、
ただ、これは大飯町だけの問題ではなくてですね、
広く関西地方の周辺の地域に、大きな影響を与える問題ですし、
国民がですね、本当に安心安全という事でですね、
原発を容認できるのか?という事が今問われているんですけれども、
今のままではですね、私は、非常に、ま、危ないというかですね、
少なくても安全だという事はとても言えないと、


しかも政府がですね、・・・これ、政治的に判断するって言っているんですね。
安全かどうかをですね、政治家が判断するっていうのは、
これは、こんな危ない事はないなと、いうふに思っていまして、
やはり、原子力安全委員会の斑目委員長もですね、
「ストレステストの一次評価だけでは安全とは言えない」という事をはっきりとおっしゃって、
ま、相当勇気のある発言だと思いますけれども、
そういう専門家の声を無視してですね、
政治家が政治判断で安全だという事でゴーサインを出すことは、ちょっと問題だなと思っております。



●視察した皆さんの感想は?

伊藤:
今回の視察された方の中には、
日本の原発の専門家、トップクラスの方が一緒にチームを組んでいかれたという事なんですけれど、
そんな皆さんの感想、ま、技術的な面を含めましてですね、どんなご意見が出たんでしょう?

古賀:
技術の専門家の方からはですね、非常に細かい事をいろいろな想定について、
「こういう問題は考えているのか?」という質問が沢山ありました。
で、佐藤さんという方ですけれども、
佐藤さんの感想もですね、ようするに、
机の上でいろんな事を想定して努力しているのは分かるけれども、
実際には想定通りに事故が起きるという事ではないので、
そういう事を含めて、
たとえばテロ対策とかですね、そういう事については、
はっきり言って、ほとんど何にもされていません。

入口もですね、ほんの数人いるだけで、
そういうところに武装したテロリストが来たら、「どうなるんだろう?」というふうに思いましたし、
いろんな、ポンプ車とか電源とかも「高いところに置いてあります」とか言うんですけれども、
はっきり言って無防備の状態で置かれている物がほとんどでして、
ちょっと攻撃されれば全部やられちゃうなというような事もありましたんで、
今日視察した委員は、口をそろえてですね、
「やっぱりこんな中途半端なまま稼働するというのは、非常に問題だ」という事を言っていましたね。

伊藤:
わかりました。古賀さんどうもありがとうございました。


ーーーー
ABC放送 キャスト 午後4時50分~

メインキャスター:伊藤 史隆

コメンテーター:牛窪 恵(うしくぼめぐみ)
女性ばかりのマーケティング会社を経営。
小売流通・女性のトレンド分析や世代論が専門。
「草食系男子」「おひとりさまマーケット」などに関する著書多数。


[再稼働]大飯原発視察その1「視察の現場・電力不足の根拠・二次評価って?」 
古賀茂明氏3/20報道ステーション(動画・内容書き出し)





comment 5
03.22
Thu
私が今、どうしても最優先に阻止したいもの
それは「原発の再稼働」と「がれきの広域処理」です
再稼働に関しては、野田が政治的判断で再稼働を決めると豪語しており、
首相、官房長官、経済産業相、そして原発事故担当相のたったの4人で
日本の未来を左右することを決めてしまうというのです。
日本は何時から、独裁国家になったのでしょうか?

大飯原発を視察した結果の報告です。
原発を稼働したいがために
原発以外の電気を供給する事に対して何の手も打っていない関西電力の姿がはっきり分かります。

電力会社は電気を供給するのが仕事。
なのに、この一年間何をしていたのでしょうか?

原発の再稼働の事しか考えていないようです。


再稼働目指す原発で見たものは 古賀茂明2012年3月20日

20120320 再稼働目指す原発で見たものは 古賀茂明 投稿者 PMG5


大阪市は関西電力の筆頭株主です。
そして今大阪のスタジオで、画面に映っていらっしゃる古賀茂明さん。
元経産官僚、現在フリーの古賀さんですが、
古賀さんは大阪の府市統合本部の特別顧問、電力改革担当です。
そこで、ぜひ伺いたい事があります。
中継で結ぶ前に、今日の動きとしてですね、関電の大飯原発を府市統合本部の方々が視察しました。
一体何のために行ったのか、そして何を見たのか、からお伝えします。


大阪の委員が視察
再稼働目指す原発で見たものは



再稼働を目指す関西電力の大飯原発に
橋本大阪市長のブレーンの面々が視察に訪れた。

関西電力大飯原発 鈴木聡所長:あの、隠したいわけではありません

大阪府市統合本部 古賀茂明特別顧問:カメラじゃなくていいと言っているんです。

橋本市長のブレーンたちは原発視察で何を見たのか?
着々と再稼働に向けての手続きが進む関西電力の大飯原発

大阪視察大飯原発11

大阪府と大阪市によるエネルギー戦略会議
その委員たちが、今日視察に訪れた。
視察は最初の確認事項から、互いにけん制する言葉のやりとりで始まった。

古賀:それで、我々が撮影できる部分と、しちゃいけない部分というのは、どういうふうに分かれているんですか?

関電:
あの、発電所の中の核物防護に関する部分については撮影できない事になっております。
もう、それだけなんですが、いろんな処に核物防護の施設がありますので、
当方の社員をずっと随行させますので、その場所で「ここを撮ってくれ」というのは、
当方のカメラで撮影させて頂きますので、それでお願いしたいと思います。

古賀:あの、ルールでは、我々はいいけど、記者はいけないというルールになっているんですね?

関電:そうです。あの、自由には撮れないという事です。

古賀:
いやいや、撮るんじゃなくて、入って取材です。
我々とのやりとりを、プレスの方にもみていただきたいんですけど、それはいいんですか?

視察に関しての内容や会話を記録したいと話す古賀特別顧問に対して、
見せられない部分もあると主張する関西電力。


古賀:
要するに、撮らせたくないという事であれば、そう言っていただいていいんですけれど、
せっかくの機会ですよ、これは、関電さんにとってはね。
府民、市民に自分たちがいかにいろんな努力をしているかと、
それから我々がいろいろと質問する事に、いかに前向きに答えて下さっているかっていうのを
PRする機会だというふうに捉えていただいて、
でもやっぱり隠した方がいいという事であれば、
それはそれで、私は仕方がないと思います。



つづきは続きを読む続きを読む
comment 0
03.22
Thu

とても頼もしい。
当り前のことを当たり前に報道してくれるメディアが
もっともっと増えるといいな...



原発の再稼働 安全の根拠はどこに
東京新聞 2012年3月22日 社説

四月に迫った“原発ゼロ”を前に政府が再稼働を急いでいる
だが肝心の安全について科学的根拠は十分示されてはいない。国民には安全安心が優先だ。

関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の安全評価(ストレステスト)は、
経済産業省原子力安全・保安院の審査を通過した。
内閣府原子力安全委員会は週内にも、保安院の評価を検証する。
再稼働への焦点は首相や関係閣僚による政治判断と地元自治体の同意である。

◆政治判断できるのか

政治判断とは、一体どういうことなのか。

再稼働の可否は当初、定期検査などで停止中の原発については、
ストレステストの一次評価の結果を踏まえ、地元同意を得た上で、
首相、官房長官、経済産業相、そして原発事故担当相の協議で最終的に判断するとされてきた。

ところが、評価作業が大詰めに来て、地元同意を求める前に四人の閣僚が一度判断を表明し
地元合意はその次、そして再び首相らが最終判断という手順に改めた。
慎重というよりも、立地自治体が「国の判断だから」と同意しやすくするためなのか。

もしそうなら、たった四人の密室協議が地元の意向を決定付けてしまうことになる
「再稼働ありき」と見られても仕方ない。

確かな科学的根拠に基づくべき判断が、政治判断とは一体何なのか。
それで国民が納得すると考えているなら間違いだ。

そもそも、ストレステスト自体に疑問はつきまとう。

一次評価では、地震や津波などの衝撃に原発がどれだけ耐えうるか、
その余裕度を当の電力会社がコンピューターで解析し、その結果を保安院、原子力安全委、政府の順でチェックする。
すべて福島第一原発事故で信頼性が地に落ちた機関である。
事故の原因究明も収束もできていない段階で、その判断を信じろというのが無理だ。

四国電力は、伊方原発3号機の一次評価で、耐震性を想定の一・八六倍としたが、審査の結果一・五倍に修正した。
それでも保安院は「妥当」と評価した。

落第なし。安全性にお墨付きを与えるだけのテストならテストの名に値しない。

原子力安全委の班目春樹委員長は
「一次評価だけでは不十分。事故後の総合的な対策なども含めた二次評価が必要だ」と述べている。
ところが、二次評価に応じた電力会社はいまだない。不信と不安の種は尽きない。


◆地元とはどの範囲か

次に“地元”とは、何だろう。

政府は事前合意の対象を、原則原発から半径十キロ内に絞るという。
原子力安全委が原発防災指針で定める防災対策重点地域(EPZ)の中である。
これに対して、近隣の滋賀県知事や大阪市長が反発を強めている。
滋賀県は関西圏の水がめであり、県民のよりどころでもある琵琶湖の汚染を恐れている。
大阪府の予測では、福井県内の原発事故による放射線の影響は、府内二十五市町村に及ぶ。

原子力安全委は、EPZに代えて半径三十キロ圏内を新たに緊急防護措置区域(UPZ)とし、
圏内の自治体に防災指針の策定を求める方針だ。同じ政府の方針なのに、両者は明らかに矛盾する。

現状では四月中に国内五十四基の原発がすべて停止する。
その前に再稼働への道筋を付けておきたい政府の焦りが見て取れる。

政府は原子力規制の役割を原発推進役の経産省の保安院から、環境省の原子力規制庁へと移す方針だ。
発足が遅れる見込みとはいえ、そのすきを突くような保安院への駆け込み審査が、
大飯から次へと続くのは逆に不信を広げはしまいか。

もし再稼働の可否を審査するのなら、
国会の事故調査委員会の報告を待ち、新たに発足する規制機関が、
調査結果と明白な科学的根拠に基づいて判断するのを待てばいい。
その経過は国民と在野の研究者に公開もすべきである。

日本世論調査会の調査では、脱原発支持が八割に上っている。
本紙と静岡大の調査では、政治判断で全面停止中の中部電力浜岡原発の地元、
静岡県民の八割以上が、全面停止を支持した。

何より優先されるべきは国民の生命と安全だ。
世論調査の結果は、多くの国民にも相応の覚悟と決意のあることを示している。


◆地域の亀裂は避けよ

この国は今、大きな転換点に立っている。
風力や太陽光、地熱など、代替エネルギーの可能性と普及の方策を、国民にわかりやすく示しつつ、
その不信と不安を解きほぐすこと。
そして、原発推進か反対か、再稼働は是か非かで地域に亀裂を生むような、対立を避けることこそ、政治の仕事である。
そこをどうか忘れないでほしい。


comment 0
03.22
Thu
瓦礫受け入れ問題
・汚染地に専用の施設を造るよう国に求めるべき
・愛知県の場合
・バグフィルターの効果
・神戸市の場合

2012年3月21日水曜日 
京都大学原子炉実験所助教 小出裕章先生に伺いました
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]






<参考>
震災がれき:愛知県知事が中電敷地内で受け入れ方針
毎日新聞 2012年3月18日 12時15分(最終更新 3月18日 22時02分)

政府が全国の自治体に広域処理を要請している東日本大震災で発生したがれきについて、
愛知県は受け入れ方針を固め、
中部電力碧南火力発電所(同県碧南市)敷地の一部を借りて、独自の処理施設を建設する方向で最終調整に入った。
中部電の同意が得られれば、地元自治体や住民に説明して理解を求める。

関係者によると、がれきの焼却施設と焼却灰を埋める最終処分場を整備する計画。
国は放射能汚染の心配がないがれきの処理を要請しているが、
県は住民の理解を得るため独自の安全基準を定め、
試験焼却の際の放射性物質測定結果や汚水のモニタリングデータを公表する方針だ。

大村秀章知事は18日、記者団の取材に
「受け入れる方針を決めたが、具体的なことは協議中なので差し控えたい」と語った。
処分場建設には廃棄物処理法上の手続きや環境影響評価(アセスメント)が必要だが、
県は国に、法的手続きの簡略化などの協力を求める。

大村知事は昨年4月に県内での受け入れを表明。
だが、焼却施設を持つ市町村や事務組合から、放射能汚染や風評被害への懸念が噴出して具体化せず、
県が自前の施設を整備することにした。

碧南市の禰宜田政信市長は18日、
「がれき処理が不可欠なのは十分理解している」とする一方、
「発電所内への処分場整備は、県からも中部電からも聞いていない。
碧南市は漁業、農業などが盛んな町で、安全面の確保が最低条件。
市民理解のハードルは高いと認識している」との談話を発表。

中部電の広報担当者は県からの打診を認めたうえで
「当社から申し上げることは何もない」とコメントした。
【加藤潔、工藤昭久、安間教雄】



震災がれき処分、安全基準を 神戸市が要望 
神戸新聞 2012/03/20 10:09

東日本大震災で発生したがれきの広域処理に関連し、
神戸市は19日、焼却灰を海面に埋め立てる際の放射性物質濃度などの
安全基準を示すよう求める要望書を、細野豪志環境相に提出した。

震災がれきの広域処理をめぐっては政府が16日、
受け入れを表明していない兵庫など35道府県や神戸など10政令市に対し、協力を求める文書を送付。
4月6日までの回答を求めている。

神戸市では現在、ごみの焼却灰をすべて、
近畿2府4県の自治体が出資する「大阪湾広域臨海環境整備センター」の神戸沖処分場で埋め立てている。
今回の災害廃棄物に関しては、海面埋め立ての安全基準が示されておらず、
同市は「現段階では政府の要請に回答できないため、要望書を出した」としている。

一方、自民党の小池百合子元環境相は19日、
兵庫県の井戸敏三知事と面会し、災害廃棄物の積極的な受け入れを要望した。
小池氏は面会後、
「政府の対応の未熟さから誤解が広がっているが、安全な廃棄物しか広域処理しない。
阪神・淡路大震災を経験した自治体として、受け入れを表明してほしい」と話した。(黒田勝俊)





続きを読むに番組の内容書き出し続きを読む
comment 1
back-to-top