fc2ブログ
03.24
Sat
がれきを九州まで運び焼却する事が「絆」ではないと思うわたしは
なんとか、少しでもきれいな土地を日本に残したいと思い九州地方の状況を下記のブログに載せました。
安心できる食べ物と逃げる場所を残して欲しい!とても気になる「九州地方各県の瓦礫受け入れ」

沖縄にもがれきが運ぼう!ということは以前から聞いていましたが、
これ、どうやって運ぶんですか?
自衛隊の飛行機?大型船舶??

沖縄の方々と避難された方が、
がれき受け入れ阻止に、とても力を注いで下さっている様子が分かる記事です。

私はがれきの広域処理には反対です。

震災がれき 広がる反対 市民団体「ほかの支援を」
琉球新報 2012年3月24日

県や那覇市、南風原町など一部市町村が、被災地からのがれき処理受け入れに前向きな姿勢を示していることを受け、
受け入れ反対を求める動きが活発化している。

県外からの避難者も加入する市民団体が23日、那覇市、南風原町を相次いで訪問。
「子どもたちを守ってほしい」と受け入れないよう申し入れた。

那覇市、南風原町在住の母親たちが、がれき処理以外の形で被災地の支援を考える会を24日にも立ち上げる。
一方、長男の尿から放射性セシウムが検出されたため沖縄に一時、保養に来た岩手県の女性は
「がれきの受け入れはやめてほしい」と切実な声を残し帰郷した。
 
23日に那覇市役所、南風原町役場を訪ねたのは「てぃんふぁ沖縄未来にいのちをつなぐ会」の約20人。
南風原町役場では、高江洲あやの共同代表が、城間俊安町長に要請書を手渡した。

メンバーは
「がれきの安全性が確保できない」と主張。南風原町から仲井真弘多県知事に撤回を要請するよう求めたほか、
避難者の受け入れ継続など、ほかの形での支援策を提案した。
 
城間町長は
「最初からノーではなく、被災地を救う気持ち、人助けが基本だ。
きちんとチェックし、汚染されていないものを受け入れることが基本」との見解を述べた。
 
同会は
「安全を吟味して禍根を残さないように、情報共有の場所をつくってほしい」と求めた。
 
那覇市役所では、那覇市環境部の石川清秀副部長が対応。
「市長はまだ受け入れるとは言っていない。住民合意や安全性、施設への影響を確認しないとできないというスタンス。
新しく作られた法律を確認している状態。国の要請文も届いておらず、動く段階にない」と述べるにとどめた。

24日には赤嶺志奈子さん=那覇市=らが呼び掛けて
「がれき処理以外の形で被災地を支援したい沖縄のママたちの会」(仮称)を発足させる。
2市町の母親たちが集まり、がれき処理受け入れ反対の立場から、首長や議会議員らに働き掛ける会になる見通し。
赤嶺さんは「沖縄がほかにできる支援の方法を考えたい」と話した。

ーーーーー

誰にでも理解できる「瓦礫の広域処理が許されない12の理由」から

10~12の理由

(10)沖縄だからこそ可能な、被災地支援の可能性がある。
沖縄は放射性物質の降下が少ない、日本でも有数の清浄な土地です。
沖縄は、放射能フリーの県産農産物の増産、健康食品の開発・増産、保養地の整備、
避難者の受け入れなどを通して、被災地復興を支えることができます。

(11)瓦礫の受け入れは、沖縄県民重視の政策とはいえない。
広域処理は、県内の産廃業者にある程度の利益をもたらしますが、
一般県民はリスクと不安を背負い込むだけで、ほぼ何も利益がありません。
瓦礫受け入れは沖縄のイメージダウンにつながり、
観光業、県産農産物、健康食品の需要も、減じることでしょう。

(12)那覇・南風原クリーンセンターでの瓦礫焼却には、作業員や住民の健康および、
   メタルやスラグの汚染による経済的損失に関して、膨大なリスクが伴う。
同クリーンセンターは人口密集地区にあり、
近隣には学校や病院が複数あって、事故が起きたときの被害は甚大です。
また、同クリーンセンターの焼却灰からは、メタルとスラグがリサイクルされ、
年間1億3000万円の収益をもたらしています。
しかし、瓦礫が焼却されると、それらの汚染度を調査する必要性が生じ、
かりに汚染が発覚した場合は、売却できなくなります。


そして、城間町長は「きちんとチェックし、汚染されていないものを受け入れることが基本」とおっしゃっていますが、

(3)放射能汚染検査には不備があり、安全性を確保できない。
現状の放射能汚染検査はγ線核種のみが対象で、
毒性の高い放射性プルトニウム、ストロンチウムなど、α線核種とβ線核種の測定は、ほとんどなされていません。
γ線核種も、検出下限値の切り上げや測定時間短縮によって、不検出になりえます。
しかも、瓦礫の汚染調査はサンプル調査であり、実際の汚染度より低く試算される可能性があります。
安全性アピールのパフォーマンスとして、
瓦礫に空間線量計をかざし、上昇が見られないと主張されることがありますが、
瓦礫の汚染度は空間線量計では測定できません。

汚染されているかいないかは、後にならなければ分からないと私は思います。




comment 3
03.24
Sat
原発があれば日本だけじゃなく、どこの国だって事故の可能性はあると思います。
最近とても多く、韓国の古里原発関連のニュースを目にします。
そして、今日も事故がありました。

古里原発は日本に近いです。
しかも、福島原発事故での汚染を逃れた地域に近いです。
風向きは日本に向かって吹く事が多いと思います。

もしも、ここで大きな原発事故が起こったら、日本海はもうダメになってしまいます。
自国の原発さえも止められない日本だから、韓国には何も言う事は出来ないですね(。♋ฺ‸♋ฺ。)ウルウル。


2012031399135516.jpg

(朝鮮日報日本語版) 新古里原発2号機、試運転中に停止
朝鮮日報日本語版 3月24日(土)9時0分配信
 
試験稼働中だった新古里原子力発電所2号機が、部品の故障で23日に稼働をストップした。

韓国水力原子力(韓水原)は
「今年下半期に稼働を控えている新古里原発2号機が
23日午後8時19分、蒸気発生器の給水ポンプ異常により停止した」と発表した。
新古里原発2号機は昨年12月2日から試験稼働に入り、故障は3月4日に続いて2度目だという。

給水ポンプは蒸気発生器に水を送る装置で、水が原子炉の熱を受け蒸気になり、発電用タービンを回す。
韓水原は
「主給水ポンプは停止したが、補助給水ポンプが動いており、原子炉を冷やしているため、安全性には問題ない」
と発表した。

ユ・グクヒ原子力安全委員会安全政策局長は
「原子炉が停止してから4分後の8時23分に、
韓国原子力安全技術院(KINS)の関係者に対し、携帯電話の文字メッセージで通報があった。
すぐに点検要員が現場に向かった」と語った。

韓水原は
「新古里原発2号機はすぐに外部の電力網と接続され、冷却装置は正常に稼働している」と発表した。

朴潤遠(パク・ユンウォン)KINS院長は
先月9日に起きた古里原発1号機の事故では、内部・外部電源が全て絶たれたが、
今回は部品の異常を受けて安全システムが正常に作動した
」と語った。
新古里原発2号機は8-12カ月の試験運転の後、原子力安全委員会の承認を受けて稼働する。


ーーー

朴潤遠(パク・ユンウォン)KINS院長の話を聞くと、
危険と紙一重の危ない綱渡りをしているように感じます。

韓国の原発事情
↑原子力発電所職員と納品業者がぐるになって中古品を新品として納品したということや、
そのほか韓国の原発に関しての危険な要素が書いていあります。

続きを読むに最近目にした古里原発の記事続きを読む
comment 2
03.24
Sat

大飯原発再稼働に向けてのストレステストの一次評価を
3月23日、原子力安全委員会が妥当と認めました。
その事に関しての報道ステーションです。

最後のコメントの部分です。
鳥越氏が、ものすごく、話しにくそうに、言葉を選ぶようにコメントしています。
その事がとても印象的でした。

●原発には絶対に安全という事は無い。
●事故の原因を見逃した安全保安院が評価したものを、簡単に受け取る事は出来ない。

おもに、この2点の事を話していらっしゃいますが、

ひどく話し辛そうです。

最後の古舘さんと鳥越さんのコメントの部分から書き出します
その前の本編は続きを読むに書き出しました。


ーーーー

再稼働32319

古舘:
さて、鳥越さん、
今日の動き、安全委員会が、ま、了承というか、妥当とみた。
委員長は二次評価がないといけないと、なんでしょうか?

鳥越俊太郎:
そうですね、
あのね、僕ね、あのー、福島の事故、ありましたね。
ポスト福島。つまり以後ですね、
福島以後に「原発に関しては絶対というのはあり得ない」というのがわたしとしての率直な感想なんですね。

つまり、「絶対に安全」という事はあり得ない。

つまり、福島だって「まさか!」という事が起きているわけですから、
大飯原発も「絶対に大丈夫だ」という事で一次評価がOKという事になったんでしょうけれども、
あの~、僕らストレステストの中身っていうのをちょっと知らないのでね、
何をやったのかっていう事が良く分からない。
結論しか聞いてないので分かりませんけれども、

ま、絶対というのはまずあり得ないので、
そんなにすぐ、急いでね、
原子力規制庁が発足する前に、福島で、ある意味見逃してしまった、
トラブルを見逃してしまった経産省の安全保安院が、一次評価したものを、
私達がそのまま受け取るのは、ちょっと躊躇われますね。

古舘:そうですね。

鳥越:
やっぱり、原子力規制庁という、規制するための役所がこれから発足する直前ですから、
何となく駆け込みでやっているようなきがするんで、
規制庁に任せたらいいんではないかと、それは。

古舘:その規制庁すらも、ね~

鳥越:すらもまだできないんだけどね。

古舘:それも古巣からどんどん入ってきますからね、公務員が

鳥越:
これはだから、国会、国の政府・・・だから国会の問題ですけれども、
えーー、今、なんか、緊急にこの、原子力を動かさないと、原発を動かさないと、
なんか問題が生じるというような事は、僕は、ま、ないと思うんですよね。
だから、その・・・原子力規制庁が出来て、
ちゃんと、その規制庁の立場で、あの、チェックして、
それでも良いというんだったら、それはまた話は別ですけれども、
あの、福島で、ちゃんとね、チェックを入れられなかった安全保安院、
経産省の安全保安院が、評価したものを、そのまま受け取れと言われても、
僕らはちょっと、すんなり受け取れないなという気がするんですが。
どうでしょうかね?

再稼働32321

古舘:
そうですね、
福島、の、後では
極端に言うと地元っていうのは無くなったんじゃないでしょうか?
あの事故が起きてしまったら、

鳥越:ま、そうですね

古舘:全部が地元じゃない?

再稼働32322

鳥越:
ええ、ま、広がりますからね。ええ・・・
だから、ま、ポスト福島というのをね、あの、絶対というふうにものを言う事は出来ないな、という、
僕は思っています。




本編と動画は続きを読むに書き出しました。続きを読む
comment 0
03.24
Sat


今日は政府の事故調査検証委員会の委員を務める九州大学の吉岡斉さんです



20120323 原発再稼働わたしはこう思う 吉岡斉氏 投稿者 PMG5


事故調委員 吉岡斉さんに聞く
「原発再稼働わたしはこう思う」


120324_0019~01

九州大学教授・副学長 吉岡斉

今の条件では、反対ですね。
失敗(原発事故)の総括を全部十分にやらないと、
そもそも再開とか、そういう事を言う資格はないと思うんですけど、
保安院も経産省も安全委員会も、あるいは官邸も、安全を確保できなかったという、
あの、全部失敗している訳ですから、

官邸が保証しても、野田さんが保証しても、何の救いにもならないという、
能力がないのに、安全だと言ってもらっては困る。


ー吉岡氏はこのままの状態で再稼働へと進むなら、
 受け入れる自治体も大きな責任を負う事になると指摘する。

原発の事故というのは非常に広域に及んで、コストも甚大で、全国民が負担しなければいけない。
そういう受け入れの決定を安易に自治体がしていいのかと、

国民全体を悲劇にするような決断なんだという事を充分理解したうえで、
受け入れるかどうかというのを決めていただきたいし、

ま、それでもし何か起これば、その市町村は無くなるでしょう。

ー吉岡氏は安全面で徹底的な検証を行ったうえでの再稼働は否定しない。
 ただ、その場合重要なのは、責任の所在を明確にすることだと強調する。

保安院を解体して新しい規制当局を作って
そのもとで安全基準を全面的に見直して、
比較的安全度の高いと見積もられるものについては再稼働を認めるというのは、
石油火力を燃やすよりはずっと経済性がよろしい。
節約されるお金と背負う危険という、これを秤にかけた場合に、
あの、暫くは、19年か20年は動かして認めた方がよりメリットがあるという、
そういう勘定が成り立つんだと思います。

一番重要なのは、責任の所在を明確にする。で、電力会社が全ての責任を負うと。
で、今までいろいろと(国が)補助金とか保護してきたけれども、それも全部中止です。
そのうえで地元の理解を得たいなら、電力会社が高い金を自分で支払いなさいと、

で、事故が起きたら、損害賠償法は廃止しますから、
全部自分で払いなさい。
それでいいならおやりなさいという、

もう、自由主義のもとでは原発というのは成り立たないというのが私の意見だし、
原発は国家による、ま、手厚い保護によって、守られてきたという、
そういう素性の悪い公共事業みたいなものですから、
全部、その国家の保護を無くせば、おのずとやるやつはいなくなるだろうと思います。


120324_0005~01





comment 4
back-to-top