fc2ブログ
03.26
Mon
がれき問題の特集だったので期待していましたが、
疑問が残る番組でした。
ビデオを撮っていたので、そこから部分書き出しと、
桜井市長の箇所のYoutubeがありましたので内容書き出しました。


広域処理?現地で処理?
長野が追跡・・・瓦礫問題 
報道ステーションSUNDAY 2012年3月25日





そもそも瓦礫の広域処理は被災した東北3県のうち
放射能汚染の少ない、岩手、宮城のがれきのうちで、
県内で処理できないとされる、およそ400トンのがれきを他県で処理しようというものだ。

しかし専門家はその在り方自体に問題があると指摘する

がれき32511

山内知也教授(神戸大学放射線エネルギー応用科学)
広域処理で予定されているものは、割と少ない、2割ですかね。
その金額が、広域処理で参加した自治体に落ちるんじゃなくて、
地元に、ちゃんと落ちるような工夫をしなきゃいけないんじゃないかなと。

広域で処理される瓦礫は全体のおよそ2割。
では現在、被災地での瓦礫処理は、どうなっているのか?

先週細野環境大臣が宮城県を訪れ、ある提案を行った。
「宮城県の震災がれきを使い、国が県内の復旧事業を行う」

計画は発生したがれきを仙台平野沿岸部に整備する防災林の土台として活用。
その事業を林野庁が担当し、6月にも着手するというものだった。

がれき32512

村井宮城県知事:
がれきであっても、燃やした後の灰の活用であっても、どのような形であっても、
自治体の負担は軽くなりますので大変ありがたいと、このように思います。

被災地のがれきを復旧事業に利用するという新たな試み
しかし一方では、同じ方向を示す自治体に思わぬ障害が降りかかっていた。


被災地のがれき処理
思わぬ「壁」が・・・


宮城県と同じ方向を示す自治体に降ってわいた障害。
福島県南相馬市。

津波はここでも多くの人の尊い命を奪い、大量のがれきは今も尚、うず高く積み上げられていた。

福島、南相馬市(きのう)
長野:
これ、子供用の三輪車みたいな小さな自転車ですよね、
本当に生活感のある瓦礫が、こちらの方にはまとめられて置いてあります。
ここはまだ、船がありますね。

南相馬市は一部が福島第一原発から半径20キロメートル圏内
しかし、一方では空間放射s燃料の高くないエリアも残っている。
そんな安全性が確認された瓦礫を使って、独自の復興計画を考える市長を訪ねた。

がれき32513

桜井勝延市長(南相馬市):
(がれきを)再利用するんですけれども、それも、あそこの海、堤防が破壊されてしまいましたので、

長野:海が見えますけども、あそこに堤防があったんですよね。

桜井:ええ。
国としては堤防を造るわけですけど、その背後に防潮林ですね、
これ(がれき)を下に入れて、土と混ぜて、植林をする事で、
波もよけるし、風もよけるし、ま、命も逆に再生させると、


南相馬市が独自に作成した復興計画
それは、沿岸18キロに防潮堤を造った後で、内陸部に瓦礫などを再利用し、土を盛り、植林をして
防災林を設置するというものだった

がれき32514

桜井市長はこの計画を去年の5月から、国や県に要望をし続けてきたのだ。

桜井:(がれきが)足りないでしょうね。

長野:南相馬の瓦礫だけでは足りない?

桜井:足りないですね。
ですので(防災林)をつくっていくためには、足りなければ他の県の(がれき)も受け入れることも充分可能ですし、
そういう事を国がしっかり認めてくれれば、
我々としてもそういう事を検討したいというふうに思ってるんですけどね。

長野:それは、「他の」っていうのは他の県?例えば宮城とか岩手とかのがれきも?

桜井:もちろん、もちろん。

長野:ああ~


南相馬市は同じ被災地である岩手や宮城の震災がれきを受け入れ、復興計画へ生かしたいと考えていた。
この計画を環境省に問い合わせると、

環境省:
「広域瓦礫処理」は、被災地で受け入れる想定はしていません。

そもそも、広域瓦礫処理は、岩手、宮城源でのがれき処理の負担を減らすための目的であり、
被災3県内でのがれきの移動は「想定していない」というもの。

桜井:
政府がOKすれば、岩手とか宮城のものなんかは、
放射性物質は全然、我々なんかに比べても、はるかにないわけで、
だから、そういう事は十分可能でしょう?
そういう再利用の仕方をすれば、国の処理っていうか、がれきの処理はどんどん進むし、
協力して処理をするという事は必要だとは思いますけれども、
(がれきは)あくまでも命が宿っていたところだし、
命を引き継ぐことで、防潮堤なりに利用して、そこに植林をしていく事で、
命を再生するというか、そういう考え方が必要だと思いますね。


Youtubeここまでーーーー

桜井市長が目指している防潮林は、きっと、これですね↓
「がれき」の未来ある生かし方ー命を守る森づくりー 宮脇昭氏(内容書き出し)


ーーーー

長野智子:
さて、この南相馬なんですけれども、
私驚いたんですが、要するに昨日も全部私たちも測ったんですけれども、
非常にわたしたちが取材したがれきは放射線量が低いんですね。
で、桜井市長はそれを利用して、防災林を作りたいんですが、
大変広大なエリアなので、むしろ瓦礫が足りないと。
もう、他の他県からがれきを持ってきてもいいと、いう。
こうなってきますと、もちろん被災地の中で、広域処理を望んでいるところもあるんですが、
じゃあ、トラックにのせて、長い距離を運んでの広域処理が、ちょっと、疑問に思えてくる
と思ったんですけれども、いかがですか?

120326_1237~01
上の写真の男性(名前が読めないw):
二つあるんですけれど、まさに南相馬の様に受け入れる余地があって、横に人家が全く無くなっています。
だから、土地が空いていてやりたいという町もあるわけです。
被災地は本当に町ごとに状態が違うのを、ついつい東京では一色たんにしてしまって、
また、県単位で考えているのでこういう話しが出てきてしまうんですが、
他方で南相馬は本当に海岸沿いには汚染がありませんので、あの瓦礫を逆に東京に持ってきてもですね、
東京とあまり違わない、別に問題ない。
だから、南相馬が受け入れるのはいいんだけども、
それは危ないから他県に受け入れられないというのは別の問題で、
受け入れても大丈夫なレベルのがれきは、あっとうてきに多いんですね。
皆さんだから、このあたりはちょっと、
数字で議論しないと、感情で議論してもやっぱり嫌な、っていうのはね、これはまた考えものですね。

長野:
そうですね、一方海外の新聞ではね、この事をめぐって世論が二分して、
「絆」がね、断たれているなんていうふうにもしてるんですよ、菊池さんどうですか?

菊池桃子:
そうですね、この問題に関しては、被災地だけではなくて、
東京に住む私たちも、人ごとだとは思っていないですよね。
で、今一番、素人の私達が言いたいのは、その、安全性のリスクとか、先生がおっしゃった、その、数字ですよね。
そういうものをもっと明確に開示していただいて、自治体とか政府に。
そういうことで、素人もいたずらに恐れなくなるような、
なんか、そんな情報がたくさん欲しいです。

長野:
そしてもう少し小さくいろんな自治体の声も吸い上げるという事も、
古田さん必要だとおもうんでよね

古田敦也:
そうですね、
現実僕も何度か行った事があるんですけれども、最近も行ったんですけれども、
住宅地から見える位置に大きな瓦礫の山があるっていうのは、
やはり、なかなか、さあここで復興!っていうムードにならないですから、
そういう意味でもやはり僕は、早めに目に見えるところから、
目に見えないところは別にいいんですけれども、
がれきをまず無くさないと復興っていうムードが出てこないと思うので、
そういう小さな単位自治体で、やっていかないとともいますね。


ーーー

菊池桃子さんが言っていますが、
この安全だという数字は、こうして測っていました。

こんな、トラックの外から、このガイガーカウンターで、中身が測れるのでしょうか?
120326_1302~01


長野:
これから運ばれてきた瓦礫の放射線量を測るそうです。
あ、木くずですね。

運ばれてきたのは小さく砕かれた木材の破片。
放射線量を測ってみると、

澤山修悦氏(八戸市環境保全課)
0.0017μシーベルト(画面に向けて見せている数字)なので、放射線の影響は無いと考えてもらえれば、

長野:問題がない数字と・・

澤山:はいそうです。


120326_1303~01
(ちなみに木くずの上に乗っけていた時は0,27μシーベルト)
瓦礫の上にかざすだけで放射線量を測っていましたが、
このガイガーカウンターで、木くずの中に含まれている放射線量が測れるのでしょうか?




だとしたら、私が持っているガイガーカウンターでも、なんでも測れる(。◔‸◔。)??
たとえば、干しシイタケの放射線量、
ガイガーカウンターを干しシイタケの袋の上にのせておけば測れるという事になってしまうと思うのですが・・・

はっきり言って、これだと空間線量しか測っていないと思われます。

ーーー

Youtubeが削除されていたので動画を探してきました。
前半部分は書き出していません。
書き出しは06:40ごろからです。


20120325 広域処理?現地で処理? 追跡・がれき問題 投稿者 PMG5
comment 4
03.26
Mon

斑目春樹
原子力安全委員会は、
「安全性の確認を求められているのではない」
根拠になるもなにも、再稼働の是非の判断は、
原子力安全保安院のほうが責任を持ってやることになっています。



斑目委員長は、自信のある事にはスラスラと答えていますが、
答えにくい事にはあ~、えー、その~、・・・と。
心の動きを感じる事が出来るので、
読みにくいと思いますが、そのまま書きました。

質問者もどこのメディアがどのような質問をするのかというところも興味深かったので、
報道の名前を入れました。



原子力安全委員会による、第15回臨時会議後の記者会見

00:28
NHK(オカノ)の質問

●1次評価の結果、解釈について、
保安院が結論として出している福島のような地震津波が起きても炉心損傷には当たらないとするのか?

斑目春樹:
緊急安全対策として取った色々な対策というのは、
発電所、外部からの支援なしで対処する時間的余裕というのを長くする効果は十分あるという
その前に書いてあるシナリオというのが海水ポンプがやられてしまって、そのために
全交流電源喪失に至るというシナリオでやって、それを直接的に防護する、
きん、対策とはなっていないというそういう意味でございます。
もうちょっと補足して下さい。

久木田豊:
いま委員長がもうしたとおりで、あのあの~、詳しく見ていただければ分かると思いますけど、
津波については4.65mで、地震動については1.78位ですか、っていうもので故障するという、
そういった過程になって
緊急安全対策によって、その数値は変わるものではないという、そういう、結論になっています。

●つまり保安員が結論として出している福島のような津波で炉心損傷は起きないという結果とは相反する回答?

久木田豊:
今言ったのは、炉心損傷に至り得るようなシナリオとしての全交流電源喪失の発生の条件については、
緊急安全対策によって変化はないわけですけど、
緊急安全対策というのは全交流電源喪失が生じた時の対策として考えられている。
その事については一定の効果がある事は示されていると、そういうことです。

●緊急安全対策が示された事はひとつの重要なステップとありますが、
安全委員は「妥当」という判断でよろしいのでしょうか?

斑目:
妥当というふうな書き方はこの中には一切していないとおもいます。
我々は妥当性という事に関してはですね、Yes or No みたいな白黒つけるようなものではないと思っております。
我々は、保安院がやったことに対してですね、
この部分は確かにそうですね、と、
しかしながら、さらにこういう事をやって下さいということを書きくわえている形になっている訳です。

●全体的な結論の表現として、文言が非常に難しいとか、専門的だとか、あるいは書き方も非常に抽象的であって、
この結論を見て地元の自治体からは、
結局だれが責任を持って今回の大飯原発の2基について安全性が確認されたかどうかっていうのが
はっきり分からないという意見が相次いでいるんですが、委員長はどうお考えですか?

斑目:
我々はですね、安全性の確認を求められているとは思っておりません。
あくまでも、我々がやったのはですね、
総合的安全評価というのをしっかりやって下さい」と、保安院に求めたのに対し、
1次評価の結果というものが出てきたと。
で、それに対して、我々としてはこういう見解であるというものをまとめたというものです。
緊急安全対策やシビアアクシデント対策を取られていますから、
ある意味で安全性が・・あの、それなりに高まっているということは、
あの、えー、最初から原子力安全委員会としては認めている訳です。
しかし、やっぱり安全性というのは、「いろいろな対策を取ったから」というものだけで判断するものではなくて、
「総合的にみなければいけない」と思っている訳でして、
あの~、えー、それに対して、えー、
非常に簡略的な方法で一次評価が出てきた、ということ。なので、
それに対しては二次評価に向けていろいろと、意見を付けさせていただいたという事です。

●ちょっと、このストレステストの結果とは切り離して考えていただきたいんですけれど、
大飯原発の2基について、斑目先生は2基の再稼働について、
技術的に今の緊急安全対策も含めて、動かせるような対策が取れているとお考えでしょうか?

斑目:
これはあくまでもですね、定期検査中のプラントの再稼働という事については、
判断は、保安院。の、所掌です。
したがって、保安院の方で的確に判断されるべきものというふうに考えているという事です。

(※完全に責任逃れに入っている・・・)

●科学者の立場として、技術的な緊急安全対策によって、
現時点で動かしても大丈夫と?そこだけ、科学者としての立場からお聞かせいただけますでしょうか。

斑目:
あの、科学者の立場と言いますけれども、
わたし、いま原子力安全委員長をやっていますので、
原子力安全委員長としての見解というのは、ちょっと、この場では差し控えさせていただきたいと思います。

続きを読む
comment 2
back-to-top