fc2ブログ
03.31
Sat
細野大臣「震災瓦礫の受け入れPR」@京都(2012/03/31)part1



細野環境大臣:
えー。京都駅周辺にお集まりの皆さんこんにちは。
今日は瓦礫の広域処理についてお話しさせていただきますので、
あのー、まずみなさん、まずは話を聞いていただけませんでしょうか。

ー瓦礫反対だー!反対!!

我々がお話ししたい事も思いが伝わりませんので、事実が伝わりませんので、
まずは耳を貸して下さい。

-400万トンぐらいでなんや!

人の話を聞かないのはわたくしはフェアーなやり方ではないと思います。(どっちがフェアーじゃないのか)
よろしいですか?はい。

がれきの広域処理については岩手県と宮城県の・・・略

マイクを替えましたので、こちらがあればみなさんに聞いていただけると思います。(確かに聞きやすくなりました。)
まずみなさんにひとつ知っていただきたい事があります、
それは宮城県と岩手県の実情について・・・略・・・(現地の市長さんとか町長さんの話は聞いていますか?)

私の地元がある静岡県はすでに受け入れを表明しまして(怖くてお茶が買えなくなりました。ワサビもね)
そして、具体的な準備に入っています。(バグフィルターで60%しか取れなかったって?)
わたくしの出身地は京都府の綾部市でございます。
わたくしの地元の綾部市、その周辺の自治体でも、様々な取り組みを始めていただいています。(地元に出身地・・・)
ぜひとも京都の皆様にもその事をご検討いただきたいというのが、おもっています。
みなさん、被災地ではがれきの山の中で何とか立ち上がろうとしている人たちがいるんです。
この事をご存知ですよね。
わたしは先月石巻に行きましたけれども、石巻には100年を超えるがれきがあって、
そしてその中で被災者の皆さんが生活をしています。
仮設の焼却施設を5基造って、1日に1500トン処理をしても処理しきれない。
こういう状況にあるのです。
わたしは瓦礫を見るたびに津波のことを思い出すとか、
がれきを見るたびに自分の、ピ~~ィィピーー(拡声器スピーカーの音)
がれきを見るたびにかつての自分たちが生活をした家が、そこにある、
こういう状況をみなさん、あの被災者の皆さんのところに5年も10年も置いておくことができますか?
(細野のいう事が本当で、細野が心優しい人として、細野は放射能に関しては無知すぎるのか?)
被災地は頑張っているんですよみなさん。
(だからって、広域で処理して全国を汚染するのはやはり間違えていると思う)
がれきを処理するために被災地の小学生が

ー水俣病から学べ!

みなさんよろしいですか、これは宮城県の石巻市の小学校の子どもが作ってくれたトロフィーです。
港小学校の子どもたちの中には悲しい事に、命を落としてしまった、そういう子どももいた。
しかし、そういう友達もいる中で、将来に向かって本当に一歩を踏み出そうじゃないかと言って、
石巻の港小学校の子どもたちはこれを作ってくれたんです。
みなさんどうですか。
(こんな話しされたら、たまらなくなる。じゃさ、がれきは東京で引き受けよう!西に運ぶのはやめましょう)


ー帰れ、帰れ、帰れ、帰れ

皆さんよろしいですか?
石巻市の小学生が作ったこの瓦礫がみなさんが受け入れられないような汚いもの、危険なものに見えますか?
(細野が持っているものは大丈夫そうだけど、それ燃やすんじゃないよね)
ちがうんです。その事をまず分かってもらいたい。
今日は多くの、一緒にがれきの広域処理をしようという、そういう思いの方に来ていただいています。
わたしものちほど、安全性については説明させていただきますが、
野中廣務先生も今日来ていただいています。
野中先生からもみなさんに是非訴えかけをしていただいて、その後安全性の問題について、
私から改めてご説明青したいと思います。


     絆小糸+\

野中廣務:
只今ご紹介を頂いた野中廣務でございます。
わたしは先般自由民主党を離党して、今はまったく無所属の人間であります。
一人の市民にしか過ぎないわたしが同郷の京都から出た、この細野大臣が、
京都に来られるという話しを聞いて、そしてここに駆けつけてまいりました。
何とか東北の痛みを分かち合おうとして来てくれている絆のみなさん
そんなのいらんという人、いろんな人がおります。
けれどもみなさん、あの東北の地に行って下さい、わたしは4回行きました。

がれき、京都21

4回行ってもまだ全部の土地を見ることはできません。
そしてみなさん、この痛みを1年経って、あのままで置いておいていいんですか。
我々はもっと、お互いに日本人として、
それを分かち合わなくてはいけないと思っています。

実はわたしは30年余り前、京都府の副知事をしておりました。
その京都府の副知事の時に、京都商工会議所が産業廃棄物の建設をしようとしていたのを
何にも出来ない。どこででもできない。
それで私は副知事になって、その担当をやって、25日で京都の丹波の水保町に来て
再三その町の人々と話をしました。
ようやく25日の夜、その地域のみなさんも「そうだ、あんたに協力しよう!」
そういう事で全部が協力をしてくれる事になりまして、
早39年になりました。   

この間、山田知事もいらっしゃいました事を、
わたしたちはこの東北の痛みをみんなと分かち合うとともに、
これからも日本が住みよい環境のいい都市として誇りをあげていけるように、
そういう気持ちを分かち合いたいのがわたしたちの気持ちであります。
そんな?な事をしていたらお互いに助け合う事が出来ないのであります。
我々は日本人です。
本人ならお互いに助け合おうじゃありませんか。
これがみんなの大切なこの国をより立派なものにしていくものだとおもっています。

今日本は、あの小泉改革以来、本当に破壊に破壊いを重ねて、大きな坂道を転げようとしています。
(誰のせいで破壊の道をたどっているのか胸に手を当てて考えてみて下さい)
この時、天はもっと日本は立ち上がれ!こういう試練を与えてくれたのであります。
この試練をわたしたちは東日本の災害を分かち合うことによって、
そしてこの日本をもう一度、立ちあげようではありませんか。

わたしは同郷の細野環境大臣の、この一生懸命やられている姿を見て、
そしてここにわたしは自分の前のポストも何も考えないで、
一人の市民としてこのマイクを持った次第であります。
どうぞ皆さん環境のある、環境の良い、誇りある京都を、京都から立ち上げようと、
この声を高らかにあげてください。ありがとうございました。




☆。◕‿◕。)ノはーい!環境の良い京都を京都から立ち上げるために声を高らかにあげます。

  ≫o(-0-o)スゥ・・・(o゚□゚)o≪≪≪「がれきの広域処理反対!」




続きと全部の動画はこちら↓
京都府民の声を聞け!それは、国土を守るための国民の声です(内容一部書き出し)


                   絆1

comment 4
03.31
Sat

絆2 たった今までLive放送されていました。




京都駅ホテルグランビア 2012/03/31

スピーチ
京都府知事、京丹波町長、福山哲郎参議院議員、環境大臣・細野豪志


国民の声を聞いて欲しい。
原発事故がないがれきだったなら、
どこでだって喜んで受け入れただろうと思います。

福山哲郎参議院ってなんかサイテー
書き出しだと、雰囲気が伝わらないと思うけど、


細野:
何故8000ベクレルが安全か話そうと思ったけれど、話を聞かない皆さんばかりなので話すのをやめます

国民の声を聞かないのはどっちですかʅ(◔౪◔)ʃ


やっぱり書き出しましたww
Youtubeの書き出しは続きを読むにd(◕‿-。) ネ❤








今日のこの様子をメディアがどのように報道するのか、とても興味があります。

あ、そうそう、

ものすごい数の人々が集まった事に対して、
細野が言っていました
「全国から来ているんだと思います」だってΣ(♛♛)



つづきあります続きを読む
comment 10
03.31
Sat
がれき問題についての要点をまとめてあるアニメがありましたので紹介します。
沖縄の「琉球弧・汚染を止める会」が作成したものです


下記のサイトでプリントアウトすれば、ネットを見ない人に配ることもできますd(◕‿-。) ネ❤

http://deigoinsatu.toypark.in/gareki/garekis.pdf



がれきアニメ11



続きを読むにつづく続きを読む
comment 3
03.31
Sat
2012年3月8日の「東日本大震災復興支援財団 活動報告会」に
木村拓哉さんが公益財団法人 東日本大震災復興支援財団の発起人として、ゲスト出演されました。

最後の質疑のコーナーで
がれきの広域処理の問題についての質問に答えています。
そして最後に太陽光発電に関しても思いも述べられました。

その部分の音声と文字起こしです。


広域がれき処理&太陽光発電 木村拓哉さん(音声のみ)



がれきの広域処理に関して

いや、それは…東京都が受け入れをあらわしたりとか、いろいろと動きはある現状だと思うんですけど、
なにせ、海に囲まれた島国なので、そこで生まれてしまったがれきをどうするべきか、
そして、そのがれきのなかに、どれだけの、その放射線量が含まれているか、っていうことも、
ものすごく、こう、いろんな問題がかかわってくるじゃないですか。
それで、実際その横浜の方で、泥の焼却ひとつにしても、
その放射線に対する配慮がものすごくされているぐらいなので、
難しい話しだとは思うんですけど、
でもそのがれき、実際存在するがれきは、
がれきと呼ばれない、違うものに変えなければいけない現状はあると思うので、
でもそれはやっぱり福島で生まれたがれきを福島にっていう、
それが出来れば一番いいと思うんですけど、でもそれが、出来ない現状があるのであれば、
その方法を模索して行く必要があるんじゃないかなとは思いますけどね、はい。


太陽光発電に関して

実際に、過去に自分が、
ドラマの中の架空の世界だったんですけど、
日本の総理大臣に59日間なるという話しがあったんですが、
その時あの、本当にドラマの台本の中に記されていなかったので表現出来なかったんですけど、
太陽光を電力に変える事が出来るというふうに着目して、有言実行にしたのは日本人なんですよ。
で、それ、何で日本人が取り組まなくって、ヨーロッパでもう国の政策として取り上げて、
民間が生産した電力を国が買い取るというシステムがもう確立していて、
なんで日本ではやってないのかなぁ?ってその時は思っていて、
「台本に入れたいんですけど」って言ったら、
「もう台本が出来上がっているのでそのままでお願いします」って言われて、撮影は終わってしまったんですけれど、
もう本当に、あの、太陽発電っていうのは、
そのアイディアを有言実行した日本人として、もっともっと、取り組んでもいいんじゃないかなというのは、
さっき横でお話しを聞かせていただいていて思いました。
すみません、話それて、以上です。


ーーーー


がれきの広域処理が必要だという事は一言もおっしゃいませんでした。
新しい方法を何か考えていくべきだとおっしゃっています。
そして、原発事故が起きる以前から、
太陽光発電に関しての関心の高さもうかがう事が出来るコメントだったと思います。

がれき問題に関しては孫さんと司会の方も答えていらっしゃいます。
(内容は続きを読むに書き出しました)


続きを読むに報告会第一部の動画と、一部内容を書き出しました。続きを読む
comment 5
03.31
Sat


大阪市 橋下徹市長に聞く
「原発再稼働 わたしはこう思う」




2012年3月30日原発再稼働 橋下市長はこう思う 投稿者 kigurumiutyuujin

今日は脱原発依存を実現するために、関西電力に株主提案を行う方針を打ち出している、
大阪市の橋下徹市長です。

橋下11

電力が足りているか足りていないかの事実と、
それから安全基準について、全く示されていないこの段階で、原子力発電所を再稼働するのは、
これはもう、僕は大反対ですね。

民主党政権が、完全に誤った判断プロセスを突き進んでいると思いますね。


ー再稼働に反対する理由は

今、日本全体で本当に電力が足りないのか?
今回の関西電力の13.9%足りないという数字の中に、
電力の融通量とか、そういうものが一切入っていないんですね。

ずーーっと僕は去年から言い続けているのに、
この電力の需給データについてきちんと出してくれない。

一部の、ピーク時のね、
本当に電力が足りない一日だけを取り上げて、「電力が足りない、足りない」って言っているんですけど、
いろいろな工夫が出来ると思うんですね。
そこの検証が、今は全く無いですね。

それと、安全性の部分はね、
少なくとも今の段階、そのストレステストの一次評価というものは、
これは耐性調査であって、安全性の判断ではないという事がね、
施設の安全性については誰も判断していないんですね。

橋下12


ー政府内では、大飯原発の再稼働が出来なければ、周辺自治体の責任だとする声も上がる


関西に責任を負わせればいいんですよ、僕に責任を負わせればいいんです。
「橋下が反対したからだ」という事を民主党政権が言って下さるのであれば、
それはもう、政治家としてはこんなに嬉しい事はないです。

それが新しい僕らが目指す国のかたち(地方分権)であって、
国に全責任を負わせるつもりは全くありません。

その責任を負わされた以上は、今度は権限も持たせてもらわなければいけませんから。

僕らはロボットじゃないんで、感情を持っている人間ですから。
そりゃあね、フランスとか、中国。
まだ事故を経験していない、そういう場で(原発推進を)人間が判断することとね、
僕らは同じ日本のこの国の中であの事故を見て、
しかも、毎日、日々ね、この放射能の汚染という問題に、毎日毎日さらされている、この日本人の判断はね、
それは異なるのは当たり前なんですよ。

事故をね、目の前で見てしまってね、
それに恐れない人間というのは、
よっぽど強い人か、そういう感情の薄い人ぐらいじゃないと、
その恐怖心を払拭する事は難しいんじゃないですか。

ーそして、原発と距離を置くには、「値上げ」や「停電」のリスクもみたうえで、
国政レベルで国民に判断を問うべき課題だと話す。


電気の値上げにならないように、停電にならないように、
色々な電力供給の体制の改革というものも、しっかりとやっていかなければいけないと思うんですけれども、
でも、究極的なところでね、電気料金の値上げだったり、停電っていうことが起こる可能性、
そういうリスクをね、やっぱり有権者のみなさんに問うていかないといけないと思うんです。

原子力発電所というものから距離を置くと,そういう国の方針を決めようと思えば、
これはもう、最後は選挙というね、民意を使って舵をきるしかないと思うんですよね。





comment 7
back-to-top