FC2ブログ

大飯3号機、フル稼働日延期(タービンの重心のずれが原因)

大飯3号機、再稼働は5日以降 フル稼働は早くて9日
2012.7.3 19:12 [westライフ]
 
関西電力は3日、大飯原子力発電所3号機(福井県おおい町)の発電開始が5日以降になると発表した。
当初は4日にも発電を開始する予定だったが、
点検で発電用タービンの調整が必要と判断し、日程を繰り延べた。
これに伴い3号機のフル稼働は早くて9日になる見通しだ。
 
関電によると、3日の点検でタービンの回転数を上げた際
低圧タービンの軸1カ所で振動がメーカー推奨値を上回るなどした。
タービンの重心のずれが原因で、4日午後までに重りを取り付けて重心を調整する。

同日午後の時点で振動が改善すれば、5日朝にも発電、送電を開始する。

大飯3号機は定期検査中の昨年6月、高低圧タービン計4台を交換。
回転軸の振動調整に伴い、再稼働が最大2日延びる可能性を明示していた。
並行して起動準備を進めている大飯4号機も工程が1日ずれ、起動は18日以降、フル稼働は25日以降になる。

経済産業省の牧野聖修副大臣は
「徹底的に安全第一で進めるための措置。慎重を期した判断だ」と評価した。
関電の豊松秀己副社長は「作業自体に遅れはないが、安全最優先を基本にしていく」と述べた。


ーーーー


<稼働準備>毎日警報!!大飯原発!これでいいの?再稼動

今までに公表されている大飯原発の警報

●6月19日午後9時50分頃、
タービン建屋にある制御盤で、発電機冷却水が入ったタンクの水位が低下したことを示す警報が鳴った。

●6月23日深夜から24日未明にかけ
原発と京都市の送電施設を結ぶ送電線に異常が生じたことを示す警報が26回作動した。

●6月27日午前4時17分
遮断器を制御する電流が地面に漏電していることを示す内容で、警報が約1時間作動した。

●6月28日午後4時ごろ、大飯原発3号機の中央制御室で、
運転員が送電線の状態を監視する計器などに漏電がないかを調べるシステムの電源を誤って切り、
警報が作動した。

●6月29日午前10時ごろ4
号機で冷却水をサンプル採取するポンプの異常を示す警報

●6月29日午後3時45分ごろに
4号機で2回、気体廃棄物処理設備に移す気体の流量が多くなったことを示す警報

●6月29日午後0時40分ごろから約2時間で計5回、
3号機で1次冷却系のポンプの部品などを冷やす水量の低下を示す警報

●6月30日30日午前11時53分ごろ
4号機で取水口のごみを取り除く設備の排水ポンプが停止したことを示す警報





スポンサーサイト



「横須賀には原子炉が2基ある」小出裕章氏・松田美由紀氏5/26(動画・書き出し)

小出裕章さん、松田美由紀さん&会場ディスカッション

2012年5月26日神奈川県芸術劇場
主催:526小出裕章ヨコハマ講演実行委員会



横須賀にある2基の原子炉

2012062812.jpg

2:04
松田:
神奈川の人が一番心配な問題から聞いてみます。
神奈川県の問題として、横須賀基地、ジョージワシントンの中に原発が2基ある。
それの危険性を神奈川県の人達は特に強く感じていると思うんですが、
そこらへんはどうなんでしょうか?漠然とした質問なんですけど。
たとえばどういうふうな運動を私たちがすればいいのか
そういうふうに心配を安心に変えればいいのかみたいなものは、小出さんはどう思われますか?

小出:
わたしよりも神奈川にお住まいの方の方がご存知かもしれませんが、
米軍の横須賀基地にジョージワシントンという原子力空母が
ま、防護にやってきているわけです。
ジョージワシントンという原子力空母には、大きな原子炉が2基搭載されています。
一つが60万kwだったと思います、
それは熱出力というので、原子力にすると、普通の原子力発電所の電気出力に換算すると、
一つが20万kwです。
ですから二つあるので40万kwという位の原子力発電所です。
日本で言えば美浜の原子力発電所であるとか、
福島第一原子力発電所の、この間壊れた1号機であるとか、

その位の原子力発電所が横須賀に、実はもう出来ているということなんですね。

で、この日本で原子力を進めてきた人たちは、わたしは大変デタラメな人たちだと思っていますし、
日本でやってきた安全審査という物も、デタラメな安全審査だと私は思ってきました。
それでも日本の国は原子力発電所を認可する時には、
国が「厳重な安全審査をするんだ」という事を建て前にして、
だから「原子力発電所は安全だ」と言い続けてきたのですね。

しかし、米軍の空母が持っている原子炉については、
一切の安全審査もしないのです。


米軍が「安全だと言った」だから安全。ということになって、
ジョージワシントンは横須賀にきている。
日本の政府は一切の審査もしないと。
もちろん権限もないんですけれども、そうなってしまっている。
つまり、言葉はみなさん悪いと思われるかもしれないけれども、
日本はいまだに米国に占領されている国なんです。
属国なんです、米国の。
米国のやっていることには何にも文句を言えないという、
そういう国だという事が、横須賀のジョージワシントンが示したという事だと思います。
もちろん危険です。
どんな原子炉も絶対に安全なんていうものはありませんので、もちろん危険なものです。
皆さんも神奈川にお住まいであれば、
横須賀に原子力発電所が、何の審査も受けないままあるんだぞという事を
常に忘れないでいて欲しいと思います。

松田:はい、
わたしも横須賀に沢山友達がいるんですが、
その人たちが、これはまぁ噂話みたいなものなのであれなんですが、
この3.11が始まった時に基地の人達が沢山どうしたか?と。
ほとんどの人がアメリカに帰ったという、

小出:ふっ・・・・

松田:
聞きました。
それが驚いた話ですが、これは軍の人達から聞いたという話だったので、
ほぼ合っていると思うんですが、
船をチャーターして、船をチャーターしてアメリカに帰したという。
だからその、
私たちがなんとなく、「なんか守ってくれているんじゃないか」という事は本当はどうなのか?ということは、
皆さん自分で「ご自身の目でどう思うかをやっぱり判断された方がいいかな」と思います。





ジョージ・ワシントン (空母)

ジョージ・ワシントン (USS George Washington, CVN-73) は、アメリカ海軍の航空母艦。
ニミッツ級航空母艦の6番艦。艦名は初代アメリカ合衆国大統領ジョージ・ワシントンに因んで命名された。
アメリカ国外の基地を事実上の母港として配備される唯一の空母であり、
日本に配備された初の原子力推進空母である。

ジョージワシントン空母

ウェスティングハウス A4W 原子炉2基
蒸気タービン4機, 4軸, 260,000 shp



停泊中の原子力空母ジョージ・ワシントン(GW)横須賀出港した訳
<一部抜粋>
福島第一原発では12日に1号機で、14日には3号機で水素爆発が起きていた。
米海軍は検出された放射性物質を、ジョージワシントンからではなく原発からの放出と判断した。
原発から基地までは約280キロ。
「こんなところまで放射性物質が飛んで来た」という情報は、軍人から家族や友人を通じて基地内を駆け巡った。






続きを読むに空母ジョージワシントンに日本で初めて乗ったジャーナリスト芦川淳氏のインタビュー

続きを読む

「そうだ!掃除をしよう!!」焼却灰を埋め立てる基準8000ベクレルよりも高い数値が掃除機の塵から検出

掃除機のチリから放射性物質
NHK 7月2日 4時0分

茨城県と千葉県の一般家庭で、室内のほこりを吸い取った掃除機にたまったチリを調べた結果、
一部で比較的高い濃度の放射性セシウムが検出され、調査を行った生活協同組合は
「乳幼児がいる家庭などではこまめに掃除をすることが大切だ」と指摘しています。

この調査は、茨城県守谷市に本部のある常総生協が国立環境研究所と共同で行ったもので、
1日、開かれた生協の会合で結果が報告されました。

それによりますと、調査の対象は土壌の放射性セシウムの濃度が
関東地方では比較的高い茨城県南部と千葉県北西部の生協組合員の家庭257世帯で、
ことし4月、室内のほこりを吸い取った掃除機にたまったチリを調べました。



その結果、放射性セシウムの濃度は、1キログラム当たり平均で1956ベクレルでした。

しかし中には、千葉県流山市の1つの家庭で2万201ベクレル
茨城県牛久市の1つの家庭で1万4531ベクレルと、
焼却灰埋め立ての際の国の基準、8000ベクレルを上回る値が検出されたということです。

常総生協の大石光伸副理事長は
「一部の家庭では高い濃度が検出されており、
赤ちゃんがなめたりしないようこまめに掃除をすることが大切だ」と話しています。

ーーーーー

常総生協のホームページ←はこちら


常総生協のトラック↓今話題になってます 「まっぴらごめん放射能!!」
8871_20120703081319.jpg





常総生協が、茨城県阿見町の土壌を1キロメッシュで測定
文科省は航空機調査の線量率から(Bq/m2に換算しているので単純比較はできません)との対比の図
土壌マップ
 ↓下記サイトに詳しく書いてあります。
【必見】常総生協が茨城県阿見町の土壌を1キロメッシュで測定!マップにしてみました。
(それと文部科学省の汚染マップと同じカラーの地図も作りました)





子どもの被ばく考える 常総生協 龍ケ崎で講演会
東京新聞 2012年7月2日

龍ケ崎市の馴柴コミュニティセンターで一日、常総生協(守谷市)主催の
「長期低線量内部被曝(ひばく)と子どもの健康」をテーマにした講演会があり、
子ども連れの母親ら約150が参加した。

講演会では、常総生協の大石光伸副理事長が、
同生協と国立環境研究所(つくば市)が県南地域など約257世帯から掃除機で採取した
ハウスダストの放射線量検出結果を公表した。

大石副理事長は、ハウスダストから検出された放射性セシウムは
1キログラム当たり約2万ベクレルが一カ所、
同8000ベクレルが五カ所あり、平均では同約2000ベクレルだったと説明した。
飛灰の場合は、国の指針で同8000ベクレル以下を最終処分場に埋め立てられるとしている。
同副理事長は、さらに同じ世帯で「拭き掃除後の放射線量を計測し、除染効果を調べている」と話した。 
(坂入基之)




資料がないか探してみました。
下記ブログに数値が載っていましたので一部転記します。
常総生協 主催「長期低線量内部被曝と子どもの健康」講演会(2)
ほこり

7月1日の講演の内容が書かれています。



「首都圏における健康被害と避難」木下黄太さん講演2/10熊本(動画&講演部分書き出し)
<上記ブログより一部転記>

世田谷のホコリ
埃の中で、たとえば世田谷区で、割と閉め切っている。
ずっとじゃないけど、比較的閉め切っている世田谷の高級住宅地。
小沢一郎邸のすぐ近くの家の普通のホコリを50グラム採った。
75ベクレル出るんですよ。
普通の吸気の中に必ずセシウムは入っているんです。
どんなにやっても。
Kg当たりに直したら、これは1500ベクレルですよ。




ーーー

掃除をしよう!
けれど、
掃除機の中の塵はゴミ焼却場に運ばれて燃やされると思うと・・・
なんか、複雑な気分になります。


本当ならば「掃除をしよう!隔離しよう!」


一番危険な福島第一原発4号機「本当は自力で爆発していた!?」仏独共同の国営放送と事故直後の新聞記事

福島第一原発4号機の爆発は謎のままです。
何故か、爆発した瞬間の画像も4号機だけありません。

東電と政府の発表では「3号機から水素が4号機に流れ込み、爆発を起こした」とされています。
でも、その理由では何か釈然としませんでした。
下記の動画に一つの説が紹介されています
それは
まず地震で燃料プールに亀裂が入り、水が流出してしまった。
それで、ウラン燃料の被膜をつくっているジルコニウムが、
とても高い温度に達して自然に発火してしまった。
そのときに水素も同時に発生したために、爆発が起きた
」というものです。

4号機の冷却水の故障が報じられるたびに、
水温が65度になるまであと何10時間は大丈夫だ」と東電は発表します。
つまり、4号機が冷却できない状態というのは、
建屋が吹っ飛んでその姿がビニールシートをかぶされただけで外気にさらされている
今でも危険だということです。


あの事故直後、
一切の電源が失われ、4号機も当然冷却できていなかった。
ならばこの説のように、
4号機は自分自身で爆発したと解釈する方が自然な考え方なのではないかと私は思いました。

ただ、この説が事実だとすると、
被覆管のジルコニウムがすでに溶けてしまっているとしたならば、
隙間がほとんどない状態で仕切られて入れられている燃料棒の
今後予定されている4号機燃料プールからの燃料取り出しは不可能なのではないかと・・・


原発再稼働容認の”ウラ側”と管前首相の思い6/2報道特集(動画・内容書き出し)
<上記より一部抜粋>
福島第一原発 関連会社幹部:
たとえば燃料プール自体がまっすぐでも、燃料ラックが傾いていたら、
燃料プールの燃料トラックとの隙間というのが5mm程度ぐらいしかありませんから、
報道特集6225
だからそのままでは当然引きぬけない。
抜く時に当たってしまいますから。

つまり、ジルコニウムが溶けて変形していれば引っかかってしまうのでは?と思うのですが・・(素人考え)


フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実 投稿者 IAppealToYou
仏独共同の国営放送局ARTE 「フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実」
監督:ミヒャエル・ミュラー/ペーター・F・ミュラー/フィリップ・アブレシュ
翻訳全文は放射能メモにあります。


ー上記サイトの中から、4号機に関する部分のみ転記しますー

(クロンプ氏)
この建物を見てください。
この建物の基礎を残して、上がほとんど数秒の間に爆発で木っ端微塵に飛び散り
鉄骨が見えるだけの状態になってしまったのです。
ということは上から覗けば、原子炉の上のほうが見える状態になっている。
圧力容器や、何年も保管しなければならない使用済み燃料プールが
なんの保護も覆いもなく、露出するという状態になるのです。

まさにその状態が、3月15日に第4号機で、爆発が起きた時に生じた。
この爆発により、使用済み燃料プールの天井が粉砕した。
この第4号機には前に爆発していた建屋とちがった恐ろしい危険が潜んでいる。

(ガンダーセン氏)
第1から3号機までは、津波が来たときに稼動していました。
4号機にはでも、原子炉には燃料棒が入っていませんでした。
そう聞くと、それなら第4号機は一番安全だったと、お思いになるかもしれませんが、そうではありません。
実際は、この4号機が一番危険なのです。
燃料棒は原子炉から取り出され、燃料プールに入れられていました。
つまり、安全を確保する格納容器の外にあるわけです。
ということは、この燃料棒を保護するものは何もないということです。
津波に襲われて、4号機では燃料プールの水は、かなりこぼれてしまいました。
それに加え、電源がなかったので冷却ができませんでした。
ここに入れられたまだ原子炉から取り出されたばかりの核燃料は、
すごく高熱で、水はすぐに蒸発してしまったはずです。


状況はどんどん悪化してしまった。
自衛隊が投入され、空からヘリコプターで注水を行った。
しかし、これは原子炉の冷却が主な目的ではなかった。
時間との競争は、もうこの時点ですでに始まっていたのである。

(ガンダーセン氏)
この頃のドラマチックな画像として、ヘリコプターで水をかけようとする様子が流れましたが、
彼らはこの時、原子炉に水をかけようとしたのではないのです。
そうではなく、4号機の燃料プールに水を入れようとしたのです。

彼らはなるべく下降してどうにか少しでも燃料棒が入っているプールに水を入れようとしたのですが、
この必死の試みをとうとう断念せざるを得ませんでした。
水位はどんどん下がっていき、とうとう燃料棒の先端が露出してしまいました。
画像で見れるとおりです。
それが原因となって、1~3号機ですでに起きたと同じ反応が起こってしまいました。
つまり、水素がどんどん発生して、4号機の建物が吹っ飛ぶだけの量に達してしまったのです。
原子炉自体は稼動していなかったにも限らず、です。


東電と保安院は4号機の爆発についてまず知らないふりをした。
4月4日の報告書では15日のこととして単に「壁の損傷」だけが確認されている。
しかし米国の原子力安全委員会は、3月17日の時点で最大の警告を発していた。
燃料プール内の核燃料が露出していたため、4号機では水素による爆発が起きたと考えざるを得ない、と
インターンの報告書に書かれている。


(ガンダーセン氏)
これは4月初めに東電が公開したビデオです。
これでようやく4号機の燃料プールの様子を覗くことができました。
この画面がその中でも一番わかりやすい。
これは次のことを示しています。
床は大体、このくらいの高さまであったはずです。
蒸発と爆発により水量が減り、かなりダメージを受けて、床が落下しています。
ここら辺に核燃料が置かれています。
この緑の機械は、核燃料を移動するためのクレーンです。
しかしこのクレーンも破壊してしまい、今では燃料プールに入り込んでしまっているのです。

東電は、原子炉建屋と燃料プールに、上から水を入れるしかなくなった。
東電自身も事態をかなり深刻と判断し、爆発後、4号機の作業員は
全員避難を余儀なくされた。
その中で50人だけがここに残った。
これが、外国のジャーナリストから、フクシマ・フィフティと呼ばれるようになった勇敢な50人である。
東電は2011年の11月になって初めて、4号機で爆発があった事実を認めた。
しかしそれでもその水素ガスが燃料プールから、発生したものだとは認めようとしなかった。
というのも、それを認めてしまえば、燃料がしっかり冷却できなかったことを認めざるを得なくなるからだ。
それで彼らは、自分たちの解釈を説明した。

(アルバレス氏)
東電は4号機の爆発は水素爆発だった、
そしてその水素は、3号機と繋がっている共通の排気筒を通して、
3号機から水素が4号機に流れ込み、爆発を起こした、と説明しています。
私自身は、この説明に信憑性があるとは思えません。


日本の東京大学の学者も、日本原子力研究開発機構も、この説を疑っている。
3号機の爆発が起きてから4号機の爆発まで、20時間も経っていることもそれでは説明がつかない。

(クロンプ氏)
2つ目の説があります。
これは、長くジェネラル・エレクトリック社に務め、スリーマイル島の事故があったときにも、
事故の収束にたずさわっていたマイルスという、原子力エンジニアが主張している説ですが、
彼や私の知っているエンジニアたちはこう解釈しています。
つまり、まず地震で燃料プールに亀裂が入り、水が流出してしまった。
それで、ウラン燃料の被膜をつくっているジルコニウムが、
とても高い温度に達して自然に発火してしまった。
そのときに水素も同時に発生したために、爆発が起きた、というものです。


結果的に爆発は途方もない破壊をもたらした。
燃料プールには点検のため原子炉から取り出された燃料が入っていただけではなく、
200本以上の燃料棒が入っている。
燃料プールに充分な水がなければ、これらは途方もない脅威を意味する。
東電は2012年1月にもまだ事態の過小評価を試みている。
東電のスポークスマンの主張は、世界の専門家たちによる原子炉画像のどんな分析にもあらゆる点で矛盾している。

・・・略・・・

(ガンダーセン氏)
事故のすぐ直後に世界で有数の原子力産業アレバ社やジェネラルエレクトリック社、
ウェスティングハウス社など
がこぞって
このことを公にしないようにと、国会に圧力をかけ始めたことを私たちは知っています。
しかし私たちは、アレバ社がスタンフォード大学で報告発表を、開催するということを突き止めることに成功しました。
あそこではどれだけ深刻であるかが、報告されたのです。
そして、やはりジェネラルエレクトリック社やウェスティングハウス社に管理されている主要メディアは、
このストーリーを過小に伝えることに徹底しました。
フランスはパリの、アレバ社の本社ビル。
アレバ社は世界で最大級の核産業企業であり、
ウランとプルトニウムからできている悪評の高いMOX燃料の納品会社だ。
福島第一3号機で使用されていたMOX燃料もアレバ社のものだ。
アレバ社でも事故はすぐに分析された。
ドイツの原子炉安全協会もこの報告をもとにデータを出しているが、
4号機では事故直後に燃料プールで爆発と火災が起こったと記載されている。


ーーーー


崩壊寸前4号機の燃料の取り出し方(動画&内容書き出し)


今までの4号機冷却システム停止の一部↓
「4号機プール冷却装置が自動停止」報道ステーション4/12(内容書き出し/東電のお知らせ)

危い4号機・・・冷却ポンプ停止6/5メインに続き予備も停止6/6温度上昇

福島第一原発4号機冷却停止6/30冷却できずに100度を超える日は7月5日


わたしは初めて読売新聞がエライ!と思いました。
それは何故か?
過去記事もネットで見ることができるようになっていたからです。
(他社はどんどんネット上から記事が消えていきます)


続きを読むに2011年3月事故直後の4号機に関する記事

続きを読む