FC2ブログ

宮城県「がれき広域処理問題」議会での様子・宮城県議長抗議声明に至る全容/横田有史県議

真実を伝えてくれることが多い番組であるモーニングバードに
宮城県中村議長が抗議声明を出したことには、
なにか裏がありそうに感じて仕方がありません。

詳しくはこちら↓
細野大臣が失言しまくりだったモーニングバードに宮城県議の中村功議長が抗議声明を出した!

中村議長はインタビューに応じた県議の発言にも問題があるとして、
各会派の代表に6日、議員の発言に注意するよう要請した。


「議員の発言に注意するよう要請」とはどのような意味でしょうか?
真実を話してはいけないという事でしょうか?
これは、私たち国民に情報を公開しない世の中に向かっていくという事に聞こえました。
とても恐ろしいことです。

モーニングバードに出演して下さった自民党の議員さん
自民党の方なので彼に対する圧力はかなり強いかもしれません。

自民党の相沢光哉県議にも、正直に話して下さってありがとうございますと
感謝の気持ちで応援したいと思います(○`ε´○)ノおぅ♪

もうひとり、モーニングバードに出演されていた宮城県議横田有史県議のブログを教えていただきました。
がれきに対する宮城県での議会の様子がとてもよく分かりますので、ここに紹介したいと思います。

横田県議にも圧力がかかった事でしょう。
この県議さん達を、私は、応援したいと思いますლ (。◕ˇε ˇ◕。ლ)


宮城県 横田有史県議のブログより一部抜粋転記させていただきます。ーーーー


2012年7月7日(土曜日)
テレビ報道の波紋を受けて・・・『今こそがれき問題に冷静な決断を』と念じています。

昨日の夕方から今日にかけて、マスコミ各社の取材も相次ぎ、
多くの方々から「怒り」や「激励」のコメントも相次いで寄せられていますので、一応・簡潔にご報告しておきます。
 
議会最終日の昨日・
午前11時から「各会派会長懇話会」(一人会派の3名も含む非公式な議長の諮問機関)が開催され、
予定の議題が終了した時点で、議長から
今朝、北九州市長から抗議の電話があったので、
議会終了後記者会見して“議長声明”を出したい」旨の提案がなされた。

私から「その声明を文書で提案するよう」要求。

本会議開会直前の12時40分から再度開催の連絡。 
そこで6行の「議長声明」案が提示され、
私からは「最初の3行で『宮城県議会が広域処理を転換したと報道した』かのように断定的に述べているが、
報道内容を精査し、本当にそうなのか確認しないと、
報道の自由への介入問題にもなりかねない」ことを強く主張し、散会しました。
 
その後、県議団事務局に「番組の録画」で精査・検証していただきました。
その結果は、

(1)私の発言は「ぜひ最大限、県内で処理するという立場で努力すべきじゃないかというのが、
宮城県全体・県議会全体としての意向かなと思っていますけれども・・・」と述べており、
一切「問題ない発言」であること。
相沢議員についても「問題」はありません。

(2)テレビ局が、宮城県議会本会議場をバックに流したテロップは
『宮城県議会 全議員59人が「いのちを守る森の防潮堤」構想 
広域処理より県内処理の推進を要望』と表現しており、
報道の自由裁量の範囲とみるべきである。というものです。

その間に、議長が記者会見でどのように述べたのかは定かではありませんが、
今朝の報道では「テレビ局も『誤解』を与えたとするならば反省する」と述べており、
これ以上は「見識」を問われる事態というべきです。

まして議長が“お詫び”かたがた、
「改めて北九州市に広域処理をお願いする」などという事態になれば、
5月21日の“総量見直し後”の流れをさらに混迷させることに他なりません。
“色々と為にする文書も飛び交っているようですが”、
今の瞬間ほど、すべての経過を精査し、冷静な判断を行うことの大切さが求められている“時”はありません。
 
県庁前公園の花壇も、雨上がりのしっとり感を醸し出していました。



2012年7月5日(木曜日)
「宮城のガレキ広域処理問題」のテレビ報道番組で、大きな反響!・・・・・


今朝の朝日テレビ「モーニング・バード」で
『宮城県のガレキの広域処理』問題が、環境大臣との対話を中心に特集報道され、
その問題提起者として宮城県議会の相沢議員(自民党)と私が録画出演しました。
その直後から、電話・メール・ブログへの返信等が殺到。
抗議の電話もあったようですが、多くは賛意を示すものでした。
なぜ北九州市という遠くまで高額の輸送費を懸けて処理するのか。
4割もガレキの推定量が減量・見直された時点で、少なくとも『超広域処理』はきっぱり見直すべきでした。
ところが「環境省は今日の大臣発言でも明らかなように、何故見直そうとしないのか」。
ここまで来ると“異常な事態”としか言いようもありません。

 
「宮城県からお願いされているから」と北九州市が“つらい思い”を吐露していると伝えられていますが、
宮城県知事も「お願いした以上、断れない」という姿勢ではないでしょうか。

その一方で、北九州市と同じ程度の「遠距離自治体からの受託回答」は、
宮城県が“正式に?”お断りしているのが事実です。


「放射能汚染の拡散」を憂うる、多くの国民の「至極当たり前の感情」を受け止めた
「事態の解決」を決断すべき時であることを、改めて実感しています。





2012年7月4日(水曜日)
北九州市など、「遠隔地への広域処理」はいよいよ再検討の局面を迎えています・・・。

2日・3日は、補正予算審査で、環境生活・農林水産「分科会」。
今日と明日午前は、同じ「常任委員会」。
最初に示されたのが10件近い陳情書。
そのほとんどが、北九州・福岡などの方々からの「ガレキの広域処理の見直し」を求めるもの
なので、
改めて「北九州市へのガレキの広域処理は、一旦棚上げすべきであること」を強く主張。

「要請したから」「要請されたから」と言う“金縛り”を凍結し、
防潮林等への活用などの「県内処理の拡充」と、
「せいぜい近県処理」の努力結果を踏まえてから次に進むべき事を強く主張しました。
「愚かな・超広域処理」に高まる国民的批判に、“決断の時”は迫っています。


2012年6月28日(木曜日)
宮城のがれき・『県内処理を拡大し、広域処理の見直しを!」・・・県議会本会議の一般質問で大合唱!

120628_1733~01

25日から今日までの4日間、本会議での一般質問が行われ、16人が質問を行いましたが、
多くの議員が「宮城の瓦礫の広域処理を見直すべき」と主張しました。

地元紙も『瓦礫県内処理を―拡大求める声相次ぐ―』の見出しで報道しました。

民主系会派の内海氏
「県外に要請する114万tのうち、86万tは埋立で、焼却処理希望の県外自治体とずれもあり、
処理期限にこだわらず県内処理の強化」を主張。

自民党の只野氏は仙台市の10万tに続いて
「利府町が石巻、東松島両市の瓦礫焼却灰を引き受けることになり、もっと県内自治体と協議を進めるべき」と質した。

昨日は私の質問(宮城県委員会ブログに全文)し赤旗に掲載。

今日は自民党の最長老、相沢・今野両氏広域処理の見直しを強く求め、
「広域処理を考えるとしても、コストを考えれば、せいぜい東京まで程度」と強調。
 
これらに対し、村井知事
「県内処理は望ましいが、県内だけでは足りない」
「広域処理は費用対効果も考慮しできるだけ処理できるよう検討する」
批判を覚悟で手を挙げてもらったので、北九州市への搬出は、予定通り進めたい」・・・などと述べ、

他は
「最大限、県内処理の努力を行う」
「広域処理はできるだけ近いところ」や「防潮林への埋立」などを検討する旨、答えざるを得ない事態になっています。

“環境省や鹿島の縛り”を解く為の、更なる取り組みが求められています。
 
福岡・京都・東京などなど、全国各地からの問い合わせが議会事務局に数多く寄せられています。
「広域処理」を巡って、東京からのテレビインタビュウの訪問も受けました。



ーーー転記ここまでーーー


モーニングバード内容書き出しはこちらです↓
細野環境大臣そもそも総研生出演で語る
「木質がれきはヒ素とクロムが入っているから埋められない」7/5(動画&全て書き出し)

(横田議員の部分抜粋)

そもそも70525

横田有史議員 宮城県議会 共産党:
一つは、有効活用して、
「命を守る森の防潮堤」といっている、
がれきを有効活用して、下に埋めてですね、広葉樹を植えて、
それが津波なんかの破砕効果に役立つような、そういう活用の仕方をしなさい。
で、基本的にはごみというのは域内処理が自治体ごとにですね、
域内処理が原則なんですから、
是非、最大限県内で処理するという立場で努力するべきじゃないかというのが、
宮城県全体、県議会全体としてのいこうかなというふうに思っていますけれども。
当局は広域処理にこだわっているようですが、
たとえば極端に言えば1カ月か2カ月延びたとしてもですね、県内で出来るっていうんだったら、
それは県内で処理するべきだということだと思います。
広域処理は基本的に止めた方がいいと。
ズバリ言ってですね。

最大の問題は、放射能だと思います。
やはり宮城県の、今仙台市内も含めて、特にホットスポットが沢山出来ていますし、
どんなにがれきをチェックしてもですね、かなり高い濃度のがれきが全国に拡散するということになりますので、
特に焼却すれば、かなりの濃縮した濃度になりますから、
何万ベクレルと言った濃度になってもおかしくない。
そういうふうながれきをですね、全国に拡散すべきじゃないというのが一つですね。

それからやっぱり、輸送料にかなりのお金がかかります。
この間北九州市に28台のトラックで80トンのがれきを運んだんですけれども、
それだけで1400万円かかってますから、
もし7万数1千トンをですね、北九州に運ぶとなると、
ま、船とかで少しは安くするんでしょうけれども、
それでもその通りで計算しますと、140億円。

140億円位原価でかかると。
その費用があるんだったら、やっぱり被災者の復旧、復興に充ててほしいというのが率直な思いですね。



そうそう、細野大臣は横田議員の
「濃縮すれば何万ベクレル」という言葉にも異常に反応していました!


細野:
そのうえで、先程ちょっと驚いたんですが、
共産党の方がですね、何万ベクレルになるというような事をおっしゃいましたが、
あれは全く事実に反します。


濃縮すれば簡単に何万ベクレルにはなるのは事実だと思います




スポンサーサイト



細野大臣が失言しまくりだったモーニングバードに宮城県議の中村功議長が抗議声明を出した!

この、宮城県議会議長の抗議声明。
もしかしたら裏から環境省か細野大臣から
「困るよあんな事をテレビで話させたら」と電話とかなんかで中村議長に文句を言ったのではないでしょうか?
などと疑いたくなるような事です。


細野環境大臣そもそも総研生出演で語る
「木質がれきはヒ素とクロムが入っているから埋められない」
7/5(動画&全て書き出し)

<上記番組内容書き出しブログより一部抜粋>

多分、ここポイントd(◕‿-。) ネ❤

相沢光哉 宮城県議会 自民党:
北九州市の市民の方々から今でも強い反対があるという状況がね、
やはり残念ながらお願いする側としては大変申し訳ない事なので、
それは国の方が状況判断で(広域処理を)「止めましょうか」というふうな水を向けてくれた時には
間違いなく「そうしましょう」という話になるとおもいますね。


細野:
この事まで、私は宮城県の自民党の県議会の方に言わせるのは
ちょっと酷だ
と思うんですよね。


玉川:
いいや、わたしは言わせているんじゃありません。
インタビューに行ってきて、自然とこの話が出てきたんです。


 
がれき処理広域処理 テレ朝報道めぐり宮城県議会議長が抗議文
スポニチ[ 2012年7月6日 20:00 ]

宮城県議会の中村功議長は6日、
テレビ朝日が5日放映した「情報満載ライブショー モーニングバード!」で、
県議会が震災がれきの広域処理を求める方針を変更したように受け取られかねない報道があったとして、
抗議の声明文を公表した。

中村議長は同県のがれき受け入れを表明している北九州市を来週にも訪問、
北橋健治市長にあらためて協力を要請するとしている。


番組では広域処理の必要性を検証。
インタビューに応じた宮城県議の一人が
「最大限、県内で処理する立場で努力すべきじゃないかというのが県議会全体の意向かなと思っている」
などと発言。
取材担当者も
「宮城県議会がすべてのがれきを期限内に(県内で)処理する方法があると言っている」と紹介した。

中村議長はインタビューに応じた県議の発言にも問題があるとして、
各会派の代表に6日、議員の発言に注意するよう要請した。

テレビ朝日広報部は、現時点で県議会からの抗議や問い合わせはないとした上で
「県議会が『広域処理推進』から『県内処理推進』に方向転換したような誤解を招いたとしたら残念」との
コメントを出した。



ーーーーー
宮城県議会
議員名簿〔遠田選挙区 区域:遠田郡(涌谷町・美里町)〕


中村功

中村 功(なかむら いさお)
61歳(昭和25年3月2日生)
所属会派
自由民主党・県民会議
連絡先住所
987-0284
遠田郡涌谷町猪岡短台字洞18
連絡先(TEL) 0229(45)2694
連絡先(FAX) 0229(45)2139


宮城県議会の中村功議長が年明けから『瓦礫の県外処理』を進めるため、
都道府県議会に対し受け入れを要請する活動

[河北新報]2011年12月22日
宮城県議会の中村功議長が12月21日、定例会閉会後の記者会見で、
震災で発生した瓦礫の‘県外処理‘を進めるため、
全国の都道府県議会に対し受け入れを要請する活動を年明けに始める考えを明らかにした。

がれきに放射性物質が含まれているとの不安があるため、受け入れに二の足を踏む自治体が少なくなく、
県外処理は難航している。
受け入れの可否は、各議会の意向が強く影響しているとみられ、働き掛けが重要と判断した。

中村議長は「受け入れ先に災害廃棄物への先入観があり、慎重な態度を取られている。
県執行部と連携し、年明けに早速動きたい」と話した。


ーーーー

中村功議長はがれきの広域処理に力を入れている方のようです。



応援しよう!!

"がれき問題”で突っ込んだ報道をしてくれる番組は数少ないです。

玉川さんにも思わず声を出して「ガンバレ!」と声援したほどの番組でした。
モーニングバードに感謝と応援のコメントをみんなで送りましょう(○`ε´○)ノおぅ♪
http://www.tv-asahi.co.jp/m-bird/pop/index.html
20120707




宮城県議会の様子がわかります
宮城県「がれき広域処理問題」議会での様子・横田有史県議


福島第二原子力発電所の今後は?まさかの再稼働??7/4報道ステ(動画・内容書き出し)他

まさかね~ぇʅ(◔౪◔)ʃ
福島第一原子力発電所の原発が4基も
明日どうなるかもわからない状態であるのに、
東京電力が他の原発を動かそうとするなんて、夢にも思っていなかったけど、
「柏崎刈羽は動かさないと電気代が上がるぞ」って私たちを早々に脅しにかかってきているし、

そして、まさか・・・まさか・・・
福島第二原子力発電所はどう考えたって廃炉にするのが当然だっていう、
そういう一般的な常識が全く通用しない世界なのだと、改めて感じる、空恐ろしいニュースです。

報道ステ070422
広瀬社長:
これまでも、国と二人三脚でずっと進めてきた原子力でありますし、
地元の方々のそうした議論を聞いたうえでのことだと思っていますんで、
まだ、全くその、予断を持って今いるわけではないです。

以下内容を書き出します。---


2012年7月4日放送 報道ステーションより


20120704 福島第二原発の今後は? 東電会長... 投稿者 PMG5

東京電力会長と社長 発視察
福島第二原発の今後は?


古舘伊知郎:
福島県の佐藤知事はですね、もうだいぶ前から当然ですが、
福島県全域の「もちろん原発は廃炉に」という要求を出していて、

報道ステ070411

正式にこうやって、もう先週になりますけれども、その廃炉の要望書を手渡しているという。
東電に。
まぁ、あのー、東電側はと言うと、
柏崎刈羽の来年以降の動きというような事もいろいろと言われていますが、
よもやですね、福島県にある原発、
これを動かす気はないだろうというふうに思っちゃっていたところもあったんですけど、


だとすると、今日の動きですね、
福島の第二原発の方に東電の会長と社長が入った。
記者を引き連れた。
何が狙いでしょうか?



ーー

増田尚宏所長 福島第二原発:
このフロアはですね、あそこを見ていただければ分かりますようにあの高さまで水がきております。
実際にこのポンプ、モーターは水没してしまいました。

福島第二原子力発電所 今日午前10時ごろ

報道ステ070412

東京電力の下河辺新会長と広瀬新社長が今日、被害の復旧作業が続く福島第二原発を視察した。


下河辺和彦会長 東京電力:機能も全面的に回復したという事?

増田尚宏所長:昨日もすべて復旧しております

報道ステ070413

下河辺和彦会長:してるっていう事ね。

増田尚宏所長:
ここにも土嚢を積んでですね、しっかりと、その、原子炉建屋を守るという事を行ってあります。
これですと、15.4mの高さまで水が上がっても大丈夫な様なふうにしてあります。

報道ステ070414


下河辺和彦会長:ふ~ん


東京電力は格納容器の内部などを公開。
その復旧具合をアピールした。


松井:
これから圧力容器の真下に入ります。

報道ステ070415

ここですね、もう沢山の制御棒が並んでいるんですが、
このわずか2mほど上に圧力容器の底があります。

報道ステ070416

福島第一原発から南に12km離れた福島第二原発。

報道ステ070417

津波による浸水で冷却機能の多くを失ったが、外部電源4系統のうち一つが生き残り
紙一重でメルトダウンを免れた。

下河辺会長は今日、福島第二原発で働く社員に訓示を行った。


下河辺会長:
第二原子力発電所で、今後とも働いて、
地元の皆様のためにもですね、大いに力を尽くして、
改めて新生東電をですね、一歩一歩前進させるために心を一つに

報道ステ070418

東京電力に対し福島県はすでに1号機から4号機の廃炉が決まっている第一原発だけでなく、
第二原発の廃炉も求めている。

報道ステ070419

下河辺会長:廃炉にすると書云々ということは未定ということでございまして、

記者:廃炉を打ち出さないというのはこれは再稼働あり機という考え方で?

広瀬社長:
えー、そういうことではなくて、
えーー、これまでも、国と二人三脚でずっと進めてきた原子力でありますし、
地元の方々のそうしたご意見ももちろんですが、
そうした議論を聞いたうえでのことだと思っていますんで、
まだ、全くその、予断を持って今いるわけではないです。


ーーー

古舘:
まぁこのあたりよーく見ていかないといけないと思いますし、
そもそも第一原発の1号機から4号機の問題、
全くこれはですね、今の状態というのは、予断を許さないのはこっちな訳で、
この間も4号機の燃料プールの冷却系統、これが止まってまた復旧したっていう話になっています。
そして第二原発って言われてもというのが正直なところじゃないでしょうか。




ーーーー


黒いビニール袋にで作られた土嚢が重なっている、これが津波対策らしいです。
報道ステ070420
東京電力は事故直後,福一で高濃度汚染水が漏れた時に、
ちぎった新聞紙とおがくず入れて水漏れをふさごうとしたことがあって、
専門家集団の集まりとは思えないと、みんなに思われた時もあったことを思い出しました。
  4月3日
  13:47~ 2号機取水口ピットからの流出
  高分子吸収材、おがくず、新聞紙で止水作業(~14:30)事故の経過、時系列、履歴より

東日本大震災の津波の映像を思い起こしてみれば、
こんな土嚢は子供だましにしか見えないと思ってしまうのは私だけなのでしょうか?
少なくても、この場にいた東京電力の関係者はみんなこれで津波が防げると信じているように見えました。

再稼動しなくても、そこに原子力発電所があるだけで、地震津波の備えは万全にしていただかなければ困ります。
廃炉にするまでは、きちんとした管理を怠らないでいただきたいです。

重大事故を起こしても、さほど重大に感じていないような感覚。
なんか、理解できません。

そして福島第二原発の所長は
「15.4mの高さまで大丈夫です」と自信を持って説明されていますが、・・
参考のため下記資料を添付しておきます。

東日本大震災で確認された津波の高さ
報道ステ070423



炉心溶融「紙一重だった」…福島第二も総力戦
(2012年2月9日09時58分 読売新聞)

東日本大震災で被災した東京電力福島第二原子力発電所(福島県楢葉町、富岡町)が8日、
震災後初めて報道陣に公開された。

震災当時から現場を指揮してきた増田尚宏(なおひろ)所長(53)は、報道陣に対し、
「(大惨事を招いた)福島第一原発と同様の事態まで、紙一重だった」と震災直後の緊迫した状況を振り返った。

第二原発とメルトダウン(炉心溶融)に至った第一原発の距離はわずか約12キロ・メートル。
襲来した津波は第一原発の13メートルに対して第二原発は9メートルだったが、
海岸近くにある原子炉を冷却するための海水ポンプの機能が奪われ、
原子炉4基中3基が一時危険な状態に陥った。
しかし、外部からの高圧送電線が1回線生き残り、中央制御室で原子炉の温度や水位などのデータが把握できた。
必要な対策を見極め、事故4日後の3月15日までに全号機で冷温停止にこぎ着け、
放射性物質は外部に漏れなかった。
「原子炉の状態をつかめなかった第一原発とは大きく違った」と増田所長は指摘する。
ただ、復旧までの道のりは険しく、総力戦だった。




たねまきJ「福島第二再稼働狙う」
小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)2012年3月20日

<一部抜粋>

水野:
福島第二原発について伺いたいんです。
福島第二原発についてもですね、もちろん津波の被害があったわけで、
地元の福島県は、「もう廃炉にしてくれ」と、「やめてくれ」というふうに求めていますよね。
しかしながら、今回東電は、この10年間の運転管理方針というのを提出しまして、
経済産業省原子力安全保安院がそれを認める、
つまり、10年延長を認可するという方向なんだそうです。

小出:はい(笑)

水野:今の小出先生の「はい」というお声はびっくりなさったのかと思ったんですが、いかがですか?

小出:
驚き、呆れたというか、
もう、・・つい笑ってしまうというような、程の、ひどいことだと思います。

水野:福島第二原発はですね、運転中だった4基すべてが、自動停止したんですね、大震災の時に。

小出:そうです

水野:そして、非常用発電機が津波で浸水して、1号機2号機4号機と、交流電源を失いました。

小出:そうです

水野:
でも、3月15日には冷温停止にはなったんですよね。
ただ、これを、冷温停止状態のまま管理すると、維持管理するというのが東電の今の方針なんだそうですが、
これはつまり、「廃炉には今はしない」と読みとったらいいんですか?

小出:「もう一度動かす」と言っているんですね、東京電力は。

平野:やっぱり再稼働ですか

水野:あ、そういうこと

小出:はい

水野:再稼働へ向けての動きと、見るべきですか?

小出:そうです

水野:ハァ~

平野:
これ、でも、当初政府はもう、「第二原発はもう使えないだろう」という事を
事故の直後は言っていたような気がするんですが。

水野:気がしますよ。

小出:
そうですね
当然私はそうだと思ってきましたが、
東京電力はそうではなくて、第二原子力発電所に関しては、「再稼働させたい」と言っている訳です。


↓「廃炉にする」と枝野大臣は去年言っていました
2011年9月16日のニュース
経産相 福島第二原発、廃炉の見通し示す

経産相 福島第二原発、廃炉の見通し示す 投稿者 samthavasa

枝野経産相は16日、「東京電力」の福島第二原子力発電所について、
運転再開に地元の理解を得られる状況ではないとして、現状のままでは廃炉は避けられないとの見方を示した。
 
枝野経産相は16日朝の会見で、
「福島県について、原子力発電所を稼働することについて、
県民のみなさんの理解を得られるような状況であるかと言われれば、現状はそうした状況ではない」と述べ、
地元の理解を得ない限り福島第二原発の存続は難しく、廃炉は避けられないとの見方を示した。
 
福島第二原発には原子炉が4基あり、最大出力は計440万キロワットで、
東京電力の総発電能力の約7%を占める。
 
東京電力は、東日本大震災により事故が起きた福島第一原発の1号機から4号機は廃炉にすると表明しているが、
福島第二原発については方針を明らかにしていない。(09/16 12:35)



ーーーー

枝野大臣のこの日の発言、
現状のままでは廃炉は避けられない」
地元の理解を得ない限り福島第二原発の存続は難しく、廃炉は避けられない」は
地元の理解を得られれば廃炉にしないで再稼働するという意味だったのでしょうか・・・・・
社長の「地元の方の議論を聞いた上」という発言と符合します。