FC2ブログ

「関電・電力不足の嘘」と「相次ぐ火力発電の停止」7/8しんぶん赤旗・東京新聞ー追記あり

大飯フル稼働 火力8基停止
関電に怒り “電力不足ウソか”

しんぶん赤旗 2012年7月8日(日)

多くの国民が連日、関西電力大飯原発(福井県おおい町)の再稼働に強い反対の声をあげる中、
関西電力は再稼働を強行、5日には同原発3号機が発電を再開、送電も始まり、
9日にはフル稼働する見通しです。

こうした中、
フル稼働すれば、代わりに燃料費が高い火力発電所を8基止める”と一部で報道され、
国民から大きな怒りがあがっています。

関西電力の「需給予想」によると、9日の需要を2080万キロワットと予測。
それにたいする総供給量は、大飯3号機の再稼働で118万キロワットを得ることができ、
火力や水力などを合わせて2434万キロワットになると試算。
電気使用率は85%にとどまり、「安定」としています。

このため、現在もっとも供給力の大きい火力発電(9日の試算は1088万キロワット)を一部停止しても
「安定」供給が可能という計算です。


報道を知った大阪市民からも
「大飯再稼働は関電の利益が目的だった。これで電力不足は全くのうそであることが明らかになった」
「詐欺かペテンか。あまりに腹が立って言葉がみつからない」との憤りの声があがっています。

関電は、先週から各家庭に
「万が一の場合は計画停電を実施」というはがきを各家庭に送りつけてきています。
顧客に「節電、節電」と脅しかけながら、
やっていることは自社のもうけのための「節約」以外のなにものでもありません。


ーーーー


「どうしても原発を動かしたい関西電力の裏事情」(そもそも総研5/3全部書きだし)

関西電力の不足なぜ5%に?古賀氏が解説5/16モーニングバード(動画・内容書き出し)

停電テロ(プランC)そこまでやるか?経産省&関電5/17そもそも古賀氏(動画・書き出し)


ーーーー



火力発電 停止相次ぐ 節電から既に4基
東京新聞 2012年7月8日 朝刊

20120708111.jpg


原発に代わり夏場の電力供給を担う火力発電所の運転停止が相次いでいる。
節電一週目の二日から六日にトラブルで停止したのは
関西電力の姫路第二発電所4号機(兵庫県姫路市、45万キロワット)など四基に上る。

火力発電は老朽化した設備が多いこともあり、昨年七~八月は少なくとも20基がトラブルで停止している。
今夏は全国の原発がほぼすべて停止しているため、
猛暑時に火力の故障が相次げば、需給が厳しい関西などは計画停電の発動につながりかねず、
政府も警戒を強めている。

節電一週目に停止したのは、姫路第二発電所4号機のほか、
九州電力の川内発電所1号機(鹿児島県薩摩川内市、50万キロワット)と
新有川発電所3号機(長崎県新上五島町、1万キロワット)、
北陸電力の福井火力発電所三国1号機(福井県坂井市、25万キロワット)。
設備の不具合や点検時に異常が見つかったことなどが原因だ。
一部はすでに復旧し、気温が低めだったこともあって、各電力管内の需給に大きな影響はなかった。

各社の需給計画は猛暑だった2010年を基準に策定しており、
今後も気温の上昇が限定的なら、火力のトラブルは対応できるとされる。

ただ、昨年から積極活用している火力は故障リスクも高まっている。
北海道、関西、四国、九州の四電力管内で計画停電を準備しているのも
「火力の故障に備える意味合いが最も大きい」(国家戦略室)とされる。
今夏稼働の原発は関電大飯原発3、4号機(福井県)のみの予定で、
計画停電を回避するには各社間の電力融通も大きな役割を果たす。


ーーーー

本当に故障して止まっているのかどうか・・・
わたしはもう信じられない


ーーー追記 7月13日


火電停止は電力余剰だった! 関電京都支店広報が明かす

京都民報 2012年7月13日 11:06
 
関西電力が火力発電8基を停止させたのは、原発再稼働により電力に余りがあるためだった─
こんな事実が11日、関電京都支店の総務・広報グループの担当者の発言で明らかになりました。

同日、京都自治労連(池田豊委員長)が行った関電京都支店への要請で関電側が回答しました。
自治労連側が火力発電の停止について問いただしたのに対し、
電力需要に合わせて停止したもので、原発再稼働を受けて停止したものもあると発言しました。

関電は大飯原発3号機が9日にフル稼働し、同日に火力発電所8基を停止させていました。
同社は、原発の再稼働以降も計画停電の可能性があるとして、府民に節電を呼びかけています。





スポンサーサイト



「第4の革命」 飯田哲也さん(動画・内容書き出し)NO NUKES 2012



第4の革命 飯田哲也さん NO NUKES 2012




自然エネルギーが第4の革命と、今呼ばれる状況になっている世界の現実についてお話しします。


人類にとっては、
農耕革命と、
それから次に、イギリスから始まった産業革命
そして、ちょうど自然エネルギーが普及するのと同じタイミングで始まったITC革命ですね。

そこに覆いかぶさるように、今、
分散型の自然エネルギー、太陽エネルギーによる第4の革命が起きているというのが世界の認識です。

90年代に入って、
ドイツで自然エネルギーが本格的に普及を始め、
あるいはスウェーデンで木くずを使ったバイオマス発電。そういった物が普及し始めて、

2000年代に入って、
それまではほとんどエネルギーとしては役に立たないと思われていた自然エネルギーが、
まずは風力発電、
そして太陽光発電、
あるいは木くずを使ったバイオマス発電といった物が倍倍ゲームで増えてきて、

たとえば風力発電は2億3000万kw
1年で4300万kw。
まあ、原子力発電にして43基分が一年で出来た。

原子力は増えたり減ったりしていて、3億7000万kwからほとんど増えていないので、
あと残り1億4000万kwの差を、風力発電はこのペースで行くと3年で原子力発電を追い越す。

そして、
去年自然エネルギーに投資されたお金が、全世界で22兆円。
これは10年後には200兆円を超えると言われていて、
緑の産業革命とも、
あるいはグリーン・ゴールドラッシュと言われるほど、
お金の面でも非常に大きく発展しています。

これは去年の22兆円というのは、
石油・石炭・天然ガス・原子力全て合わせた古いエネルギーの投資金額を、
自然エネルギーだけではるかに上回る、そういう大きな投資だったんですね。


第4の革命にはもう一つ別の側面があって、
ちょうどインターネット、あるいは分散型コンピューティングというのと同じように
これまで中央集中型でコントロールされていたエネルギーが、
少量分散型・地域自立型で、
どんどん、どんどん、分散型エネルギーが広がってきているという、
分散型革命でもあるということです。

この、量的な飛躍的な成長と、そして、
誰もがエネルギーの建設に参加をする事ができる、分散型エネルギー革命

この二つの側面を持つ第4の革命が、今世界で起きている。

これは3.11の事故を経験した日本にとって、全く幸運って言っていいほど、
非常に大きな変革のチャンスを教えてくれているというふうに思います。




「圏内の歌」七尾旅人・大友良英・坂本龍一・ユザーン(音声・書き出し)
7/8幕張NO NUKES 2012


福島第一原発4号機問題「いま、世界が動き出した」
元スイス大使の村田光平さん(動画・内容書き出し)NO NUKES 2012


「トイレのないマンション」小出裕章さん(動画・内容書き出し)NO NUKES 2012






「トイレのないマンション」小出裕章さん(動画・内容書き出し)NO NUKES 2012



トイレのないマンション 小出裕章さん 
                  NO NUKES 2012





こんな物に、手に染めるべきではなかった

原子力というのはウランの核分裂反応を利用するのですけれども、
それを利用してしまうと、核分裂生成物という放射性物質を生み出してしまいます。

しかし、
私たちは自分が生み出した核分裂生成物を、無毒化する力を持っていないのです。

自分が生み出したゴミの始末もつけられない、そんなものを使う。
そのこと自身が間違いだったと私は思います。

昔から原子力発電所は「トイレの無いマンション」と言われてきました。
みなさんもトイレの無いマンションって、住めるかどうか考えて下さい。

どんなに豪華なマンションであっても、
トイレが無ければ人間は住むことができないのです。


しかし、なにか「電気が欲しい」ということで、
自分で始末が付けられないようなゴミをどんどん生みながら、
今日まで原子力発電をやってきてしまったのです。

そんな選択は到底、初めから取ってはいけなかったものだと私は思いますし、
電気が足りるや足りないや、
エネルギーが足りるや足りないやと、全く関係なく
原子力だけはやってはいけなかったと思いますし、
即刻、廃絶すべき物と思います。





「圏内の歌」七尾旅人・大友良英・坂本龍一・ユザーン(音声・書き出し)
7/8幕張NO NUKES 2012


福島第一原発4号機問題「いま、世界が動き出した」
元スイス大使の村田光平さん(動画・内容書き出し)NO NUKES 2012


「第4の革命」 飯田哲也さん(動画・内容書き出し)NO NUKES 2012




福島第一原発4号機問題「いま、世界が動き出した」元スイス大使の村田光平さん(動画・内容書き出し)NO NUKES 2012

「NO NUKES 2012」の会場で、コンサートが始まる前にビデオが流れます。
その時に使用された元スイス大使の村田光平さんの動画です。


4号機問題:村田光平さん 元駐スイス大使 

2012年7月7日・8日   NO NUKES 2012



今、世界を脅かしている大問題があります。
それは福島第一原発内にある4号機です。
原発事故によって、この建屋が水素爆発で大変傷んで水素爆発で大変痛んでいる。
しかも地盤に不同沈下があって、倒壊する危険があるとみられている、その燃料プールですが、
そこになんと1535本の使用済み燃料が存在します。

もし、この4号機が倒壊して、
そして最悪の事態すなわちメルトダウンが起きて、大気中で火災が起きると、
これはまだ人類が経験したことがないんですが、
そうしますと、もう現場には近寄れなくなります。

4号機のみならず、1号機、それから6号機全部がメルトダウンを起こして、火災を起こすと。
今、第一原発に燃料集合体の総数は14225本あります。

これはまさに日本のみならず、世界の究極の破壊につながるということは確実と、
科学者は、多くの科学者は言っております。

しかし問題は、こういう状態にあるのに、その危機感が存在しないのです。

福島事故をなるべく極小化すると、そういう試みがあるというふうに見られております。

東京電力はこの補強工事をやって、
6強、震度6強まで大丈夫だと言っているわけです。

しかしこの点については重大な疑問が残る訳です。
それはなにかと言えば、菅総理の元政策秘書が明らかにしたところによれば、
80cm不同沈下が発生しているということが判明しているわけです。

地盤に欠陥があるという事でありますので、
はたして震度6強まで持つのか?という事について疑問が残る訳です。

しかもアメリカには福島と同じ欠陥型の原発31基あるんだそうです。
ですからこの事故を騒がれると非常に都合が悪いんですね。

ですから今の4号機問題をトーンダウンする動きの背景にはアメリカの存在もあるんですね。

今わたくしはこれは世界の安全保障問題であるというお伝えを内外に発信してまいりました。

ワイデン上院議員が最近藤崎駐米大使に
「日本は、早く事態の収拾を急ぐために、国際協力を要請して、
世界の英知を集めて、中立の評価委員会を作ってこの事態の収拾にあたって欲しい」という要望を出しました。

そういう中で、なかなか日本側が、このいろいろな事情がありまして、
この事態の収拾に最大限の対応をしていないという現実に対しまして、
いま、世界が動き出したというのが現状です




米民主党のワイデン上院議員は
東京電力福島第一原発にある使用済み燃料を安全な場所に移すために、
国際的な支援を受け入れるように求める書簡を藤崎一郎駐米大使に送ったと発表している。




「圏内の歌」七尾旅人・大友良英・坂本龍一・ユザーン(音声・書き出し)
7/8幕張NO NUKES 2012


「トイレのないマンション」小出裕章さん(動画・内容書き出し)NO NUKES 2012

「第4の革命」 飯田哲也さん(動画・内容書き出し)NO NUKES 2012