FC2ブログ

郡山市の豚肉から107・2ベクレル

福島県内ニュース
汚染稲わらが原因 郡山の豚肉セシウム
KFB福島放送 2012年07月11日 14時08分配信

5月21日に郡山市の農家が出荷した豚肉76・5キロから
食品衛生法の新基準値を超える放射性セシウム107・2ベクレルが検出された問題で、
国や県と原因を調査してきた市は10日、
豚舎に敷いていた汚染された稲わらを豚が食べたことが原因とみられると発表した。

市によると、
農家は東日本大震災後に外から屋内に入れた平成22年産の稲わらを昨年8月まで豚舎に敷いていた。

9月以降は震災前や23年産のわらを使用しているという。
残っていた23年産の敷きわらの検査で、
7検体から1キロ当たり102~265ベクレルの放射性セシウムが検出された。
農林水産省が定める基準の400ベクレルは下回っていた。

震災時に外にあった22年産は残っておらず検査できなかった。
配合飼料や水からは放射性セシウムは検出されなかった。
市は、市内の各農家に汚染わらを使用しないよう徹底させるほか、
豚のスクリーニングや血液検査を行い安全を確認する。



福島・郡山産の豚肉からセシウム…出荷自粛
(2012年5月22日21時39分 読売新聞)

福島県郡山市は22日、市内の養豚農家が出荷した豚1頭の肉から、
国の規制値(1キロ・グラム当たり100ベクレル)を超える107・2ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。

農水省によると、4月に導入された新規制値を超えるセシウムが豚から検出されるのは初めて。

同市によると、21日に出荷された6頭を簡易検査したところ、そのうち1頭から50ベクレル超を検出。
再検査した結果、新規制値超の放射性セシウムを検出した。
市は簡易検査で問題のなかった5頭の出荷自粛を農家に求め、すべて市場に出回っていない。

市は22日に職員を派遣して農家にヒアリングを行ったが、原因究明には至っていない。
今後、豚の餌である配合飼料などを検査して解明を急ぐ。



スポンサーサイト



たねまきJ「国会の事故調査の最終報告について」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)7/11

国会の事故調査の最終報告について
・今回の事故は自然災害ではなくて、人災である
・地震にも津波にも耐えられる保証がある状態は?
・地震で壊れた可能性もある
・「人災だ」という言葉の独り歩き


2012年7月11日水曜日 
京都大学原子炉実験所助教 小出裕章先生に伺いました
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]




<参考>
国会事故調:原発事故「明らかに人災」…報告書公表
毎日新聞 2012年07月05日 21時05分(最終更新 07月06日 01時14分)

東京電力福島第1原発の事故原因などを調べてきた国会の事故調査委員会(国会事故調、黒川清委員長)は5日、
根源的な原因は「『自然災害』ではなく明らかに『人災』である」と断定した報告書を公表した。
地震・津波対策を立てる機会が過去、何度もあったのに、政府の規制当局と東電が先送りしてきたと批判。
その背景に「組織的、制度的問題」があると指摘した。

報告書は641ページ。衆参両院議長に提出した。
事故の根源的な原因として、経済産業省と密接な関係にあった東電が、
歴代の規制当局に規制の先送りや基準を軟化するよう強い圧力をかけ、
「規制する立場と、される立場の『逆転関係』が起き、規制当局は電気事業者の『虜(とりこ)』になっていた」とした。

その結果、経産省原子力安全・保安院の「原子力安全についての監視・監督機能が崩壊していた」とし、
東電を「自らは矢面に立たず、役所に責任を転嫁する黒幕のような経営体質」と断じた。

事故の直接的な原因として
「事故は津波が要因」との見方を否定する見解も盛り込んだ。
政府の事故調査・検証委員会(政府事故調、畑村洋太郎委員長)の中間報告書(昨年12月公表)や、
東電の社内調査報告書(今年6月公表)は「非常用電源の喪失は津波による浸水が原因」との見方を示してきた。

しかし国会事故調の報告書は、津波の到達時間などを検証した結果
少なくとも1号機の非常用電源の喪失は津波によるものではない可能性があると指摘した。
原子炉圧力容器の圧力を下げるための弁が作動していなければ、
「1号機では地震の揺れによる小規模の冷却材喪失事故が起きていた可能性がある」とした。

東電が原発からの「全面撤退」を検討したとされる点は
「東電内部で全面撤退が決まった形跡はなく(官邸側の)『誤解』だった」と結論付けた。

ただ、誤解を生んだ最大の責任は
「民間企業の経営者でありながら、自律性と責任感に乏しい清水(正孝元)社長が、
あいまいな連絡に終始した点に求められる」と指摘。
「東電は、官邸の誤解や過剰介入を責められる立場になく、そうした事態を招いた張本人である」とした。

 ◇官邸介入で混乱

事故後の対応では、保安院や東電の説明不足に不信感を募らせた官邸が現場に介入したとし、
「情報を把握できないまま介入し混乱を引き起こした。
事故の進展を止められず、被害を最小化できなかった最大の要因」と認定。
そのうえで
「官邸政治家は、真の危機管理意識が不足し、官邸が危機において果たすべき役割についての認識も誤っていた」と
厳しく指摘した。

「官邸、規制当局、東電経営陣には、準備も心構えもなく、被害拡大を防ぐことはできなかった」と強く批判した。

事故発生翌日の3月12日朝、菅直人前首相が現場を視察したことに関しても
「現場の士気を鼓舞したというよりも、自己のいら立ちをぶつけることで、
むしろ現場にプレッシャーを与えた可能性もある」と指摘した。

こうした検証を踏まえ、報告書は
▽規制当局に対する国会の監視▽政府の危機管理体制の見直し
▽新しい規制組織に必要な要件--など7項目を提言している。【笈田直樹、奥山智己】

 ◇解説…規制の「主従逆転」を指弾

発生直後から原子力業界が「想定外」で片付け、誰もがふに落ちなかった東京電力福島第1原発事故。
東電と監督する規制当局の「逆転関係」が原因と指弾したのが、国会事故調の特徴だ。

当初、調査期間が半年と短く、任命されて初めて原発問題に取り組んだ委員もいて、調査への不安もささやかれた。
しかし、調査の予算は約15億円で政府事故調の3倍超。
強力な調査権限が認められ、菅直人前首相ら当事者の声を公開の場で伝えた意味は大きい。

報告書は「規制を骨抜きにする試みを続けてきた」という東電や、
安全制度の強化に否定的な経済産業省原子力安全・保安院の安全文化を軽視する体質を断罪した。
事故から1年4カ月。
今なお16万人余りが福島県内外で避難生活を強いられ、政府は国民を守らない、という疑念さえ抱かせている。
このような惨劇を招かないよう関係者の覚悟を求めたい。【奥山智己】




国会事故調 最終報告書
2012071211.jpg


続きを読むに番組内容を書き出しました。

続きを読む