FC2ブログ

坂本龍一さん 16日、さようなら原発集会 ぶらり参加でいい7/14東京新聞こちら特報部(書き出し)

坂本龍一さん 16日、さようなら原発集会 ぶらり参加でいい
東京新聞 2012年7月14日 こちら特報部

脱原発を訴え続けるミュージシャンの坂本龍一さん(60)は本紙インタビューで、
16日の「さようなら原発10万人集会」への期待と、
脱原発の大切さ、東日本大震災後の「日本」などについて語った。
「このまま、(原発を推進してきた)3・11前に戻れば、日本人として恥ずかしい」。
坂本さんの静かな叫びを聴いた。(小坂井文彦)



こちら特報部71411


雨の降る6日夕、首相官邸前で、脱原発を訴える市民の輪に坂本さんも加わっていた。

「1960年代後半の学生デモとは異なり、和気あいあいとしていた。
ニューヨークで参加したイラク戦争反対の50万人デモと同じだった。
フランスでも、デモはぶらぶらと歩くだけ。日本でも、それでもいいんだ、と雰囲気が変わったと思いました。

しかし、官邸の主、野田佳彦首相にデモの声は聞こえていても、思いはなかなか届かない。
「国民による選挙で選ばれてもいないのに、脱原発を訴えた菅政権とはまったく逆のことをやっている。
再稼働は責任を持ってやるというけど、事故が起きても首相は責任を取れない。
国民のためでなく、利権集団のための再稼働としか思えない」

利権集団とは「原子力ムラ」のことだ。
ムラは人口の1%足らずでしょう。でも、その力たるや帝国です。
少数の利権集団が大多数の国民に反し、突っ走っている


「帝国」を止めるにはどうすればいいのか。
「デモ参加者が一桁増え、百万人規模になれば止まるかもしれない。
人々が声を上げることは素晴らしい。デモを続けることに意義がある」。
共感の輪がもっともっと広がることを期待する。

「官邸前に来られなくても、共感している人は参加者の十倍はいるでしょう。
輪を広げるためには、暴力的な行為をしてはいけない。警察とぶつかると、市民は離れますから」

ただし、「原発はそう簡単には止まりませんね」と、政府の考えを変えることの難しさも承知している。
「ワーッと騒いだら止まるというものでもない。
時間はかかるが、地道に電力会社への依存を減らしていくしかない」

声を上げる以外にも脱原発に向けた手段を考える必要があるとも考えている。
その一つが、政治家を変えていくことだという。
「鹿児島県知事選では、まったく無名の新人が組織票もなく、現職に対してかなり善戦しました。
山口県知事選でも脱原発を訴える候補が出ています」

政府によるパブリックコメント(意見公募)で、積極的に意見を述べることも大切だという。
「政府は国民に気付かれないようにしているのか、と思うほど静かに公募をしている。
とても重要な政策が、パブリックコメントで決められていることに気付いて欲しい」

電力会社の地域独占を崩すように働き掛けることが大切とも主張する。

「福島の事故後、企業は自家発電を増やしている。
個人がソーラーパネルや、家庭用風力発電を導入することは、一種の不買運動になる。
僕はニューヨークで風力発電の電気を購入している。みなが、原発以外から電気を買えば、原発はなくなる」

声を上げ続けよう 

90年代から環境問題に関心を持ち始めたという。
原発に詳しくなかったが、2006年3月、グリーンピースのホームページ(HP)で、
青森県六ヶ所村の使用済み核燃料再処理工場(再処理工場)の実態を知ったことが
脱原発に向かうきっかけとなった。
衝撃を受けたのは
再処理工場から一日に出る放射性物質の量が、原発から一年に出る量と同じ」との事実。
「これを、愛する人たちに伝えなければと感じました」

楽曲を作ってインターネットで公開。
ホームページの名前は「STOP ROKKASHO」。
世界中の人に自由に編曲してもらい、広まることを願った。

だが、周囲は「坂本はなんで、今さらそんなことを言い出したんだ」と、反応は芳しくなかった。
それでも「知ってしまったのに動かないわけにはいかなかった」。

自身にも経験があった。
86年のチェルノブイリ事故後、友人の故忌野清志郎さんが反原発ソングを歌っていた。
「僕も、原発、放射能は嫌だと思っていたけど、当時、清志郎の行動にはちょっと疑問を持っていた」

しかし、そうした気持ちは六ヶ所村を知って変化した。
そして、福島第一原発事故。「安全神話が崩壊した」


命よりもカネ選ぶの? 

怒りは、事故にもかかわらず、なお原発を安全だと思い続けようとする層に向かう。
事故はもう起こらないと自分をもだましている人がいる
命よりカネを選ぶ人がいる。十数万人が故郷を失うような犠牲を払っても必要なカネってなんですか」。
そもそも、なぜ、自然を汚す核を使うのか。
「電気をつくるため。まったく愚かです」


メディアにも言いたい。
「ジャーナリズムは神話だとは思っている。
首相の再稼働の記者会見では(首相に食い下がらない記者に対し)ジャーナリズムの片鱗も感じなかった。
これが戦争なら始まっちゃうんだなと感じました」

千葉・幕張メッセで、ミュージシャン仲間とイベント「NO NUKES 2012」を7,8日の両日開催した。
デモや集会もいいが、ミュージシャンとして音楽を通じてメッセージを発信することが、
「真摯なやり方」と感じたという。

来場者は2日で約1万7000人。
「原発にそれほど関心のない音楽ファンが集まると思ったが、むしろあおられてびっくりした。
会場で京大の小出裕章助教の映像を見せたとき、観客は引くかと思ったのに拍手が起きました

ミュージシャン仲間らが、ツイッターなどで「脱原発」の発言をすると、必ず攻撃を受けるという。
「たくさんから攻撃されると、誰だって心がくじけます。
でも、大勢が集まると、『言っていいんだ』と勇気づけられる。開催してよかった」

続く、代々木にどれぐらいの人々が集まるか。
「ドイツの哲学者、テオドール・アドルノはアウシュビッツ虐殺の後、詩を書くことは野蛮であると言った。
こう言い換えたい。フクシマの後に声を発しないことは野蛮である」。大きな声を求めている。

<デスクメモ>
「教授」の年齢を聞いて驚いた。
還暦のミュージシャンが音楽を通じて、世の中をひっくり返そうとしている。
音楽で世の中を変えられると信じるほど自分は若くない。嫌なモノも見過ぎた。
だが「教授」たちが理想に向かい努力する態度は信じられる。
それにしても清志郎が生きていたら・・・。(栗)




NO NUKES 2012 LIVE

[Part1] Radioactivity (cover from Kraftwerk) → Lotus Love






東京新聞 「ためしよみ」はこちらから↓d(◕‿-。) ネ❤
こちら特報部517121





No NUKE13

現代美術家・奈良美智さんの作品
デモに使ってOKの許可が出たNo Nukesプラカード



スポンサーサイト