FC2ブログ

アルファ通信社、文科省を提訴

文科省を提訴:放射線測定器の受注業者
毎日新聞 2012年06月04日 20時22分

東京電力福島第1原発事故を受け、福島県内の600カ所に設置した放射線測定器を巡り、
発注した文部科学省から
「性能が基準に達せず、納入期限に間に合わなかった」として
契約を解除された通信機器会社「アルファ通信」(東京都中野区)が4日、
国を相手取り、測定器の設置代など約3億7000万円の支払いを求めて東京地裁に提訴した。
同社は「設置は完了しており契約解除は無効」と主張している。

訴状によると、同社は昨年10月、放射線測定器600台を設置。
その後文科省から、発注の際の仕様書にない機器の変更や微量線量の計測テストを受けるよう求められ、
対応しているうちに納期に間に合わなくなった。
契約は解除され、代金は支払われなかったが、測定器は他社のものと一緒に設置されたままという。

同省は「訴状が提出されたことを承知していないため現時点ではコメントを差し控える」としている。
【石丸整】



招かれざる落札企業にイチャモンをつけ、契約解除した裏には、
別業者との癒着疑惑。

2012年8月号

目に見えない放射線に苦悩する福島県の全域に
「リアルタイム線量測定システム」が設置されたのをご存じだろうか。
放射線測定器(線量計)を内蔵し、測定値を逐次表示する大きな固定式の機器で、
ウェブ上でも測定データを確認できる。
文部科学省により、今年3月までに各学校や公園に第1次600台、第2次2100台、計2700台の設置が完了。
現在は県内各所で、太陽光パネルを搭載した白い円筒型のシステムを見ることができる。

ところが、なぜか600カ所で、このシステムが2台並ぶという不思議な光景になっている。

昨年11月、文科省は1次600台を受注・納入した業者との契約を、納入期限に間に合わなかったとして解除した。
会見で文科省は「測定システムに誤差があった」とし、新聞各紙も大きく報じた。
その後、文科省が機器の撤去を求めたが、業者は契約解除無効を主張して平行線。
文科省は別の業者と契約、新 ………(この先はログインが必要)



ーーー今までの文科省とアルファ通信


文科省が連日公表してきた飯舘村の放射線量はでっち上げだった、他。


文科省が「誤差が40%ある」と言った
アルファ通信社の放射線測定器と他社の測定器との数値の違い


文科省が契約を解除した業者(アルファ通信)との間には何があったのだろうか


福島県内600カ所設置の測定機器は性能不足だった(ニュース記事と受注会社)




スポンサーサイト



脱原発を訴える理由「それはもう、人の命の大切さです」瀬戸内寂聴さん生電話7/17モーニングバード(動画・内容書き出し)


「それはもう、人の命の大切さです」


テレビ朝日のモーニングバードに
「さよなら原発10万人集会」で発言された瀬戸内寂聴さんが
電話で生出演されました。
その部分を書き出しました。

番組前半は
都内での脱原発デモおよび意見聴取会でのやらせ問題のニュースなどです。


瀬戸内寂聴さん「脱原発」を訴えるわけ

20120717 瀬戸内寂聴さん「脱原発」を訴えるわけ 投稿者 PMG5
2012年7月17日放送 モーニングバード

続いてですが、政府は8月末に向けて、
将来のエネルギー政策について、いま国民から広く意見を募集しています。
その流れで昨日は意見聴取会が名古屋で開かれました。

ー略ー

羽鳥:この意見聴取会が終わった後、エネルギー政策っていうものが決まって行くんですよね。

ー略ー

主催者発表で脱原発集会は17万人という大変な数に上ったんですけれども、
行ってみまして話を聞いてみますと、
まず目立ったのがですね、親子連れで参加されている方々なんですね。
暑い中大変だと思うんですけれども、
「この子たちのために」と、「子どものために参加しました」という声が多く聞かれました。
後は、野田総理が総理官邸前の集会が開かれていますが、
あれを当初「音」と表現したんですね。
「音」とはなんだ!と。
これだけ一人一人が声を上げているのに、ちゃんと一人一人の声を聞いてくれ。
こういった意見が多く聞かれましたね。


瀬戸内寂聴さん(音声のみ) 

赤江:
昨日のその脱原発集会の呼びかけ人でもある、
瀬戸内寂聴さんと今朝は電話をつなぎさせていただきます。
瀬戸内寂聴さん、おはようございます。

瀬戸内寂聴(90):おはようございます。

赤江:
昨日猛暑の中、本当に沢山の方が参加されましたけれども、
寂聴さん、どうお感じになりましたか?

寂聴11

寂聴:
予想以上に多かったですね。
わたくしは京都から行きましたけれども、
京都駅ですでにですね、これからデモに行くという人たちが何人かいました。
行ってみましたらですね、お子さん連れが多いんですね。
それにも驚きました。
そしてなにか、昔のデモと違ってですね、
本当に国民の、そこいらで働いている、
そこら辺を歩いている人たちがですね、たまらなくなってデモに来たという、
そういう表情が見えました。

羽鳥:
そうですね。
親子連れ、家族連れ、そして若者も非常に多かったということですよね。
やはり今までの高圧的な部分がある「デモ」というのとはちょっと違って、
ちゃんとこの、決まりを守るところは守って、
皆さんが言いたい事を訴える「集会」であるという、そういう性質ですよね。

寂聴:
そうでしたね。
あんまり、その、戦うという感じじゃなくてですね、
本当に自分の声を聞いてくれというような、そういう感じがしました。

寂聴13

羽鳥:
寂聴さんも脱原発を訴えていらっしゃいますけれども、
その訴えを続けている理由というのは何でしょうか?

寂聴:
それはもう、人の命の大切さです。
わたくしはもう90ですからね、間もなく死にますからどうでもいいんですけれども、
子どもたち、それから若い人たち、その人たちには未来があります。
その未来を潰すような事はしてはいけません。
生きている限り、やはり、それを防がなければいけないと思います。



羽鳥:
原発を推進している方々もいらっしゃって、
その人たちも考えがあって推進しているんだと思うんですが、
その推進派の人達には寂聴さんは今、どういう事をおっしゃりたいですか?

寂聴:
やはりですね、私のところにもいろんな方からいろんなお手紙を頂きまして、
その方達は「学問的に原発は必要だ」っていうような事を沢山書いてあります。
それを拝見していますけれども、
でも、原発が、現に人の命を奪い
そして、ああいう事故を起こして非常に危険なものであるということは、
もう何度も例があるんですから、
「危険じゃない」って首相もおっしゃいますけれども、
危険じゃない」という証明はないと思います。
現に現れていることが危険なんですから、
それを防ぐことがまず第一じゃないでしょうか?


羽鳥:そうですね、
舘野さんも取材などを通じて寂聴さんと親交はあると思いますけれども、
どうですか?この寂聴さんの活動は。

舘野:
本当にね、お歳なのに高齢なのに、
幻冬舎の舘野ですけど、ご無沙汰しております。
寂聴さん、やっぱり、デモというのがなかなか一般的じゃないので、
威力があるのか、効力があるのかと思って、遠くから見ている人もまだ沢山いると思うんですけれども、
僕はやっぱり、デモとかこういう形で参加することはすごく大事無事だと思っているんですけれども、
いかがでしょうか?

寂聴:
わたくしもですね、群れをなすことがあんまり好きじゃないですから、
一人で祈ったり、一人で戦ったりしてきたんですけれど、
今度はやはりこれが最後だと思いますから、もう行かなきゃいけないと思ってやってきました。
そして、行ってみなければわからないものがあります。
だから、どうしてもそこへ、遠いところからお金を使って、不自由をしてやってくる。
来ざるを得ないその人たちの気持ちを、
やはりその場に行かないとわからないと思いますね。

羽鳥:
その場に行って、寂聴さん、直接皆さんとお話しされて、
どういった声が多いですか?

寂聴:
あんまりお話をする暇なんか無かったですけれども、
わたくし足が悪くなりましたので、車いすで行きましたから、
車いすの周りにずっと並んでいる人たちが、
みんなわたくしを見たらみんなニコニコして手を振ってくれたりするんですね。
とにかく、わたくしもそこで一緒にやってくれるという事を喜んでくれているという、
そういう雰囲気がしました。
ですから行って良かったと思うんですけれども、
みんながですね、やはり、なぜ、なぜ、
こんなに嫌がっている、危険だと思っている、信じていない原発を
政府がこれほどやりたがるのか?
それがもう本当に不思議だし腹立たしい
ですね。

寂聴14

羽鳥:今後はどういった活動を続けていかれますか?寂聴さん。

寂聴:
いや、もう身体もあんまり動きませんし、
生きている限りわたくしは「反対だ」だという事を言い続けたいと思います。
それでもしもですね、もしも、私たちの希望がかなえられないような事があってもですね、
歴史の中にですね、こういう時にこれだけ国民は反対したという、
そういう事実を残さないといけない
と思います。
その一人になればいいと思って、まぁ、余生を送りたいと思います。


羽鳥:
寂聴さんの時間頂きましてどうもありがとうございました。
先程、赤江さんが言いましたけれども、
8月12日締め切りでホームページ上で
私たちの意見がさらに求められているということですね。

赤江:
パブリックコメント。
意見公募という事なんですけれども、
これは内閣府のホームページで受け付けております。

羽鳥:
ぜひみなさん、内閣府のホームページを一度見て下さい。
私たちの意見がそこで求められているということですね、はい。

     
     



政府に原発NO!のパブリックコメントを提出しよう━━o(`・ω・´)○━━ッ!!


詳しくはこちらをクリック↓

     パブリックコメント6




この電話出演前日、さよなら原発集会での発言の様子↓
落合恵子さん・澤地久枝さん・瀬戸内寂聴さん「
7.16さよなら原発10万人集会での発言」 (動画・内容書き出し)






ーーーー


私の心に響いた言葉

「もしもですね、もしも、私たちの希望がかなえられないような事があってもですね、
歴史の中にですね、こういう時にこれだけ国民は反対したという、
そういう事実を残さないといけないと思います。その一人になればいいと思って」


東電が浪江町に4度目の回答「もうろうと‥」証言7/20モーニングバード(動画・内容書き出し)

原発で有事が起きた際には東電から警報がある協定を結んでいる浪江町。
東電はその協定を守ったのかどうか?
東電からの4度目の回答がありました。


「事故報告書ねつ造か!?対立する東電と浪江町」
東電の回答7/11・12モーニングバード(動画・内容書き出し)
の続報です。


東電が浪江町に再々回答 「もうろうと‥」証言

20120720 東電が浪江町に再々回答 「もうろうと... 投稿者 PMG5
2012年7月20日 モーニングバード


小松:
以前も番組でお伝えしたんですが、
これは「どうなっていくんでしょうか?」っていう話だったんですけれども、
東電と福島県の浪江町、
事故直後説明に行ったかどうかで対立、話が真っ向から食い違っている問題で、
昨日(7月19日)、東電が4度目の説明に訪れました。
そこで今回明らかになったのが、当時連絡に行ったという社員の
「もうろうとしていたんだ」という、こういった証言だったんです。

ーーー

浪江町役場(福島二本松市)昨日午後3時

井口:
今日で4回目の回答ということになります。
おはようございます。


連絡はあったのか?なかったのか?
原発事故後の対応をめぐり真っ向対立する浪江町と東京電力。
4度目の報告が昨日行われました。

東電側から提出されたのは
「浪江町に連絡に行った」という社員からのヒアリング結果。

「町長はどこにいますか?」と聞き、「二階にいる」と言われたので、
二階に上がって発電所の状況をお伝えした。

浪江31

浪江町 馬場有町長:
「3月13日に来た」という人が、支所にね、状況説明もしてませんしね。

東京電力側は・・・

井口:どういう内容を説明したんですか?

浪江32

東京電力 石橋芳行常務執行役(福島原子力被災者支援対策本部):
内容は、プレス資料と、それから通報連絡所の中身についてご説明させていただきました。

井口:町長は「受け取っていない」って言っていますよ。

石橋:当時津島支所にお邪魔したということは第三者が見ていたという証言も得ておりますので、


平行線をたどる両者の言い分。
ただ一つ確かな事、それは町民に避難の指示が届かなかった事。
浪江町では町民の内部被ばくを検査する機械を独自に導入しました。

県外に避難している町民(60):この歳だからって言われればアレなんですけど・・

井口:若い人たちは特にね・・

県外に避難している町民(60):そうですね、はい。


馬場町長:
「協定違反でしょ」と、
私は、告訴するものに値するのだというふうに思いますけれどもね。


ーーー

小松:
皆さんご存じのとおり東電と浪江町、それから近隣の地元自治体ですね。
事故が起こった場合は速やかにその事実を報告するという協定がある。
これが守られたのか破られたのかという話だったんですが、
結局、来た人を呼べないいじゃないですか、と。
「あ、この人来ましたね」で話が済みますよね。
という事を何度も何度もやった結果、昨日二人の人物。
「浪江町へ行きました」という東電社員が確認されました。
ま、報告されました。
AさんとBさんということなんですが、

浪江33

Aさんは震災の二日後、水素爆発からは翌日ということになりますが、
3月13日と14日に浪江町の津島支所へ行ったと。
そして、15日からは浪江町にいたというふうに証言しました。

Bさんは、3月12日か13日か、これは曖昧なんだと。
ただBさんに関しては、事故前から役場に出入りしている人だったので、
つまり来れば顔が分かるということになります。


さて、まずAさんから見ていきますと、
浪江町の津島支所で、「町長はどこにいますか」と聞いて二階で町長に発電所の状況を伝えたと、
ヒアリングではおっしゃいました。
じゃあ、当の町長はといいますと、
馬場町長は「誰からも状況説明をされていない」
この人の名前・顔を提示されても、「いや。されていない」という事がやっぱり食い違っている。

じゃあ、Bさんはどうかといいますと、
Bさんは津島支所で、副町長と住民生活課長、担当の課長にですね、プレス資料で説明したんだ。と。
ただ、浪江町側は「そんな事実はない」というふうに話しております。

浪江34

さらに、Bさんは、こんなことを言っています。
津島支所に行った後に、発電所に戻るように電話が入った。
車を運転していた、ただこの時は、意識がもうろうとしていたのを覚えている。
電話がなければ自分は谷底に落ちていたかもしれない。

分かりませんが想像するに、いろんな処理で疲労困憊だったのかもしれません。
ただ、「意識がもうろうとしていたから、3月12日だったのか13日だったのかよく分からない」
そういう理由にはなるのかな?と、普通の感覚では思ってしまうんです。


羽鳥:
ま、当時は大変だったでしょうから、そういう体調もあったのかもしれないですけれども、
だとすると吉永さん、こういうのを元に東京電力が
「いや、しっかりやったんです」というのもやっぱりどうなのかと思いますけれどね。

吉永みち子:
これ本当に、極めて重大で深刻な事態が起きているわけで、
もしその事を聴いていたとしたらば、それはその町長さんでも副町長さんでも、
「エライ事だ」って必ず思うわけだから、それを忘れるわけはないと思うんですね。
これは、言った言わないの話になっているけれども、
要は、必要なのは行くだけの問題ではなくて、その現場にいたかいなかったかという事だけではなくてね、
伝えるべきことをきちっと伝えられたかどうか、
で、伝えられなきゃいけない相手がそれをきちんとね、理解できたか?っていうことですよね。
とりあえず行って資料を渡してきました。
これが伝えましたっていう事にはならないですよ。
この大変なところにね、いっぱいあるところに資料だけ置いてきました、
「ちょっと状況が危ないんですよね」って言っただけだったら、
これを「伝えた」という事に東電はしたいんじゃないですかね。
だけどそうじゃないでしょ?
伝わるっていうことは、物が伝わるっていうことは。

藤巻幸太:
いかにもお粗末だって思うんだけど、これは議事録だって残っていないんでしょ?
これだけ重要な問題は残る筈ですよね。
どの時間に何をしたっていう。
それも無いっていうことですよね、これだけ曖昧っていうことは。
全くナンセンスな話し合いになっていますね。


小松:
そうですね、ま、何度もこのやりとりは続いているわけなんですが、
浪江町としましては東電側にさらに調査を求めています。
ただ、再回答の日時はまだはっきりしていないということです。





続きを読むに追記あり

続きを読む