fc2ブログ
10.02
Tue

大間原発:Jパワー社長「原則40年動かしたい」
毎日新聞 2012年10月01日 21時44分(最終更新 10月01日 22時28分)

大間原発の建設工事を再開したJパワー(電源開発)の北村雅良社長は1日の記者会見で、
同原発の使用済み核燃料プールが運転開始から20年で満杯になることを明らかにした。
使用済み核燃料の新たな保管先が確保できなければ2030年代にも運転を停止する可能性がある。

政府は30年代の原発ゼロを目指す「革新的エネルギー・環境戦略」で原発の新増設は認めない方針だが、
着工済み原発の建設継続は容認。
戦略の「稼働期間40年」という原則を当てはめると、50年代以降まで運転が可能となり、
30年代原発ゼロの目標との矛盾が指摘されていた。
ただ、北村社長は「追加の貯蔵施設が必要になれば、(国に)許可申請する。
原則40年間動かせるようベストを尽くしたい」とも述べた。

使用済みMOX燃料は、青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場では再処理できないため、
同工場には搬出できない。



ーーー

追加の貯蔵施設をつくってでも40年動かせるように
「ベストを尽くす」
何度も言うけれど、一度稼働したら原子炉そのものが汚染され、廃炉にする事が非常に困難になります。
使用済み燃料プールが20年で満杯になったら
あと20年分溜められるようにベストを尽くす。
満杯にして、その後どう処分するのか???
しかもMOX燃料!
活断層もあるんじゃなかったっけ?最近そちらの地方の地震も多い。


なんでだろう(。◔‸◔。)??
とっても簡単なことなのに。



原子力発電所は危ない!
原子力発電所は国土を失う!
ゴミはいらない!
これ以上増やすな!
原子力発電所が無くても電気は足りている!


ーーー

11sawabekitamura.jpg
取締役会長 沢部 清(左)
取締役社長 北村 雅良(右)


J-POWERについて
ごあいさつ

半世紀の実績をベースに、日本と世界の人々に「パワー」をお届けします

平成23年3月11日に発生した東日本大震災により被災された地域の皆様に、心からお見舞いを申し上げます。

当社は、今日まで半世紀以上にわたり、
卸電気事業者として低廉かつ安定した電力を供給するとともに全国大での基幹送電線の建設運用を行い、
わが国の経済発展と国民生活の向上に貢献し、
2004年10月に、東京証券取引所市場第一部に上場し、完全民営化を果たしました。

これまでに当社が建設し運転している発電所は2011年3月末現在で全国67ヵ所、出力規模約1,700万kW、
送電線は亘長約2,400kmにのぼっております。

また、海外においては、1960年以降、
途上国を中心に63ヵ国・地域318件にも及ぶ水力・火力の電源開発に関する
調査・設計・施工監理や環境対策等の電力関連コンサルティングを実施し、
最近では、自ら発電事業を行なう(IPP事業)など、多彩な国際事業を展開しています。

当社は、今回の大震災がもたらした重大な事態をしっかりと受け止め、使命である
「人々の求めるエネルギーを不断に提供し、日本と世界の持続可能な発展に貢献する」
の遂行に向けて全力で取り組んでまいります。



ーーー
comment 3
10.02
Tue
2012年10月2日
東京電力からのご連絡


報道関係各位

本メールは、事前に「深夜・早朝における連絡先」の登録のお申し込みをいただいた方にお知らせしています。


○本日(10月2日)午前9時40分頃、福島第一原子力発電所集中環境施設南側の屋外セシウム吸着塔仮保管施設(※1)において、ベッセル換気用真空ポンプ(※2)のモータより煙が発生していることを、協力企業作業員が発見いたしました。

※1:屋外セシウム吸着塔仮保管施設
セシウム吸着装置で使用したベッセルを保管する設備で、原子炉注水および滞留水の処理への影響を及ぼすものではありません。

※2:ベッセル換気用真空ポンプ
ベッセル内で水の放射線分解により発生する水素をベント弁より吸引するためのポンプ。ベッセル内で発生する水素は微量のため、当該ポンプの停止が、直ちに安全上問題となるものではありません。

○当該ポンプの電源を停止したところ、発煙が停止したことを確認いたしました。

○また、午前10時20分に消防署へ連絡いたしました。今後、消防署による確認が行われる予定です。

○今後、当該ポンプのモータから煙が発生した原因について、調査を行う予定です。

○本事象による周辺の機器への影響、発電所敷地周辺のモニタリングポストの値に変動は見られません。

○本件については、本日夕方に予定されている定例の記者会見でご説明させていただきます。

○本メールには返信できませんのでご了承ください。


以上
comment 0
10.02
Tue
世界中のどこの国家も、多分国民に正確な情報を伝えてはいないのだという事を、
福島第一原子力発電所が爆発したことによって私は知りました。
日本だけは開かれた国家だと思っていましたが、そうではなかったというのが事実です。

今、竹島・尖閣諸島など領土問題が悪化しています。
中国、台湾、韓国はそれぞれが自分の領土だと言い、日本は日本のものだという。
本当のところはどうなんだろうか?
竹島も尖閣諸島も地球の一部で、侵略戦争を続けてきた過去を考えると、
何時の事をもって自国のものだと言えるのかなぁ?と、思ったりもしています。

講演後の質疑応答で、過去に日本が中国や韓国、北朝鮮などから強制連行した事に関して話した方がいました。
小出先生が答えていらっしゃいます。
わたしは、小出先生のおっしゃっていることは本当にその通りだと思いました。


今、ここに生きている私たちが犯したことではないけれど、
過去の日本人が犯した大きな罪にも目を向けて、
その事もきちんと自覚していくことも大切なのではないかと思いましたので、
ここの部分を書き出しました。




音源 http://www.ustream.tv/recorded/25784721
2012年9月29日(土)  栃木県 佐野市 田中昭三@小出裕章氏講演会より

会場女性:
足尾銅山には朝鮮人の強制連行がありましたよね、確か。
銅山観光に行った時に、広報に朝鮮人の強制連行があったと思います。
だからこれは、拉致と同じ事を政府がやったわけで、
そういう事を問題にすべきだなぁと思います。

小出裕章:
3つ目は強制連行の話ですね。
その事も彼らはもちろん詳しいと思いますし、
日本中の鉱山で、朝鮮人、あるいは中国人の強制連行をしたという事は沢山ありました。
ですから足尾でも私はあっただろうと思いますけれども、正確には知りません。
それは今ご指摘くださったように「拉致」という事と等しいです。
日本は今「朝鮮民主主義人民共和国が日本人を拉致した」
「大変だ大変だ」と言って、さんざん非難を繰り返しています。
わたしはもちろん「いけない」
朝鮮民主主義人民共和国が日本人を拉致したことはいけない事だと思います。
しかし拉致をした何十倍、何百倍、何千倍の規模で
日本というこの国は拉致をした犯人だという事は忘れて欲しくありません。





comment 11
10.02
Tue
昨年2011年に11月15日、政府の低線量被ばくのリスクに関するワーキンググループの議事録からです。
日本の避難対象の基準はいまだに年20ミリシーベルトが基準になっています。
チェルノブイリでは年5ミリシーベルトです。

木村真三氏が、
チェルノブイリでの避難地域が5ミリシーベルトに指定されている理由と
低線量被ばくの癌だけではないさまざまな病気危険性について話されています。
このワーキンググループ内での会話を見ると、
5ミリシーベルトで避難とする事について、誰が異議を唱え、誰の意見が強く、
チェルノブイリに学ぼうとせず、現実に起こっていることを見ようともせず、
新しい情報を取り入れることを拒み、古いものにのみしがみついていて、
そんな凝り固まった脳みそで、柔軟性の無い自分の意見を押し付けていくさまがありありと見て取れます。

いかに国民の命は軽視されているか。

議事録を改行を加えて転記します。
少し長いですが、知っておいてもいい内容かな、と思います。

長崎大学の柴田義貞氏の説明は省きました。
最後の方で長瀧重信氏が会を締めくくろうとこう言っています。
「今日は一応ここでは科学的にチェルノブイリでどんな変化がおこったかということの
国際的な合意のまとめが、柴田先生がおっしゃったようなレベルだったいうことを、
このワークショップでご理解いただいた」
木村真三氏の発言内容は全く無視されました。





(11/15開催)第2回会合(政府インターネットテレビ)

第2回 低線量被ばくのリスク管理に関するワーキンググループ【議事録】


■ 日時 : 平成23年11月15日(火) 18:30~20:55
■ 議題 : チェルノブイリ事故対応から示唆
(説明者:柴田義貞 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科教授
木村真三 獨協医科大学国際疫学研究室福島分室長・准教授)
■ 出席者 :
(有識者側) 遠藤啓吾、近藤駿介、酒井一夫、佐々木康人、長瀧重信(共同主査)、
前川和彦(共同主査)、柴田義貞、木村真三
(政府側) 細野原発担当大臣、中塚内閣府副大臣、森文部科学副大臣、高山環境大
臣政務官、佐々木副長官補、菅原原子力被災者生活支援チーム事務局長
補佐、鷺坂環境省水・大気環境局長、伊藤内閣審議官、矢島内閣審議官、
安田内閣審議官、
(国会議員) 松野頼久、遠藤乙彦、古賀一成、橋本清仁、山井和則



続きを読むに議事録内容転記
続きを読む
comment 2
back-to-top