fc2ブログ
10.10
Wed
産地偽装:ネギを県外産と 三春の学校給食に納入、
青果業者を書類送検 /福島

毎日新聞 2012年10月10日 地方版

田村署は9日、三春町の学校給食用などのネギを「県外産」と偽って納入したとして、
同町の青果店経営者(49)と元従業員(38)の男2人と、同店を
不正競争防止法違反(誤認惹起)の疑いで地検郡山支部に書類送検した。
町によると、同店は昨年4月ごろから発覚する今年2月末までの約11カ月間、
ネギやホウレンソウなどの野菜を県外産と偽って納入し続けていた。

県警によると、福島第1原発事故後、食材の産地偽装事件の摘発は初めて。
動機について「納入先から県外産を求められたが、高騰して品薄になった」と供述しているという。

直接の容疑は、今年1月10〜20日、三春町の小中学校などに地元産ネギ約50キログラムを納入した際、
「茨城産」「千葉産」と偽って代金2万円で販売した疑い。
同時期に町内の老人施設にも産地を偽ってネギ約1・7キログラムを納入した疑いもある。

納入先の町によると、経営者が今年2月下旬、
インターネット上に産地偽装を告発する書き込みがある」と町に自己申告して発覚
同店は震災前から給食用の野菜を納入していた町内大手だった。

町は給食食材の放射線検査を始めた昨年11月以降については「安全が確保されていた」とし、
これまで健康不安などを訴えた生徒らもいないという。【栗田慎一】



三春の給食でネギ産地偽装 業者ら書類送検
(2012年10月10日 福島民友ニュース)

三春町の青果店が町内の小、中学校などに納入した野菜の産地について、県内産を県外産と偽っていた問題で、
田村署は9日、不正競争防止法違反の疑いで、
この青果店を経営する同町の青果販売業「三木屋」と、
いずれも同町の社長男性(49)、元従業員男性(38)の2人を書類送検した。

送検容疑は、2人は共謀して1月10~20日、同社の業務として県産ネギの納品書に、
不正に「茨城」「千葉」などと虚偽の表示をして計31回、
約50キロを約2万円で同町や郡山市の小、中学校、給食センター計7カ所に販売した疑い。
また、社長男性は同11~20日、同様に虚偽表示して計4回、
約1.7キロを約450円で同町の老人施設に販売した疑い。
市場に流通しているネギを仕入れたという。


ーーー

有限会社三木屋
TEL:0247-62-2862
〒963-7765 福島県田村郡三春町字荒町144
三春駅[出口]から徒歩約16分


ーーー

すでに3月には地元ではニュースになっていました。


ーーー


給食野菜県外産と偽装 線量検査済み県産を
(KFB福島放送 2012年03月03日 09時29分配信)

三春町の小中学校などに給食食材を納入する町内の青果業者が
県内産野菜の一部を県外産と偽り、納入していたことが分かった。

この業者の申告を受けた町教委は納入を中止して事実関係を調べるとともに、
2日までに該当する全校で保護者説明会を開いた。

町教委によると、町内の青果納入業者は3社ある。

そのうち、この業者は昨年4月ごろから今年2月ごろにかけて、
郡山市の市場で仕入れたネギやホウレンソウ、小松菜などの県内産野菜の一部を
各小中学校や共同調理場に納入する際、納品伝票の産地記入欄に他県産と記入していた。

偽装した野菜が納入された可能性があるのは
共同か単独で給食を調理している学校や幼稚園、保育所の計13施設。

食材の購入契約は各学校などと業者が個別に結んでいるが、
一部の学校や調理所は東京電力福島第一原発事故に伴う放射能への懸念から、
使用食材を県外産に限るように業者に要請していた。

業者が2月27日に町教委に経緯を申し出たため、町教委は翌日以降の納入を止め、別業者に変えた。


ーーー

三春町教育委員会からの画像がありました

ーーー


産地偽造三春町
https://twitter.com/ChikaraJapan/status/175420302308810752/photo/1

説明会時配布 平成24年3月1日
保護者様  三春町教育委員会教育長 遠藤真弘

給食食材の産地偽装事故について

町内の各学校及び幼稚園、保健所に給食の食材を納品している業者が
産地を偽って納品していたという事実が判明しました。
詳しい内容については、各学校や施設で説明会を開催いたします。
ご心配をおかけいたしますが、納品した商材は一般の市場に出回っているものであったことは
何度も確認いたしましたので、ご理解をお願いします。

尚、町教育委員会として次の3点についての改善を図り、
より安全で安心できる給食に勤めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

1.放射線量を検査する食材を1日3品から6品にする。
2.町教育委員会が指定した品目を検査する。
3.町教育委員会が抜き打ち的に食材を検査する日をつくる。


ーーー

1日3品目から6品目。
全ての食材を検査することはやはり難しいのでしょうか・・・?
指定した品目とは、どのようなものなのでしょうか?
やっぱり、抜き打ちでは無く常に全ての食材を検査してほしい。

ーーー

三春小学校 学校運営協議会 広報紙
第4号 24年3月16日発行

ー上記より一部抜粋ー

<学校運営協議会委員からの質疑・意見>
○給食食材の産地偽装事故について、保護者説明会でどのような質問があったか。

・教育委員会が指定した品目を、誰が、どこで測定するのか。
→「ベクレルセンター」で行われる。
 今までは50 ベクレルまで測れる機械だったが、
 これからは20 ベクレルまで測れる機械が導入されるとのこと。
 現在はベクレルセンターが公民館に移され、測定機械が3台導入されている。


ーーー

とても悲しく辛い気持になりました。
今までは50ベクレル未満は測れない機械で測定していたと!?
そしてこれからは20ベクレルまで測れる機会にするってΣ(゚д゚lll)!!

測定器の事はあまりよく知りませんが、
50ベクレルまでしか測れない機械とか、20ベクレルまでしか測れない機械とかあるのでしょうか?
時間をかければかけるほど小さな数値まで調べられると私は思っていたのですが、
この部分が少し納得がいきません。

そして、この事実は、福島の実態があらわになった気がします。
問題になっている川崎市の給食の場合ですが、

川崎市の給食「セシウム入りと分かったリンゴ缶をフルーツポンチで使用予定、
食べるかどうかは保護者と子どもに任せる」


検出された数値は
神奈川県産の冷凍ミカン(同9.1ベクレル)
ミカン缶詰(同3.8ベクレル)

どちらも10ベクレル以下です。
川崎市でこのような精密な測定ができるのに、
福島の「ベクレルセンター」では50ベクレルだったという事がやはり納得いきません。
改善しても20ベクレル・・・だなんて・・・ありえない!
20ベクレル未満も測定できるようにすると、
全ての食材から検出されてしまう恐れがあるからなのでしょうか?

産地を偽造した食物を子どもたちが食べる給食に納品するという事は、
あってはならない最低で最悪なことです。
今後起こってくるかもしれない健康被害に、この給食の食材も関係あるかもしれないのです。
原発事故前の産地偽装とは訳が違います。
重罪に処していい事件だと思っていますし、
今後の再発を防止するためにも法を変えても重罪に処するべきだと思います。
(日本の法律なんて今はあっても無いようなものですから、緊急事態という事ならどうにでもなるんでは?)

そして、青果販売業「三木屋」が偽った産地が「茨城産」「千葉産」であるという事にも、愕然としました。
福島では福島産よりは茨城や千葉の方がいいと思うからという事なのでしょうか?
ハッキリ言って、「茨城産」「千葉産」のものは私は事故後ほとんど購入していません。
「福島産」と汚染の具合は大差ないのではないか?というのが私の考えです。
(ブログでこんなこと書くと風評被害だって苦情がきそうですが、でも事実なので)
そもそも100ベクレルという政府の基準が間違っていると思うし、
全てが測定されているわけでもないので、私は自分の判断で購入を控えています。

福島では普通に生活していても被ばくの量はこちらよりも勿論大きいと思います。
そういう地域の学校給食の食材として九州産や西の方の野菜とか、北海道産だとか、
日本国内でも汚染されていないと言われる地域のものを
優先的に送り届けるようなシステムをつくることがとても大切だと思います。



あまりにも残酷です。
未来ある子どもたちに
生涯にわたってどのような病気が起こるかもわからない毒を食べさせるわけにはいきません。
特に福島の子どもたちには、せめて給食だけでも限りなくゼロに近いものを食べてもらいたい。

学校給食の流通を変えるいい方法はないのでしょうか?



ーー追記新情報ーー

福島県庁の食堂の放射性物質の検査の検出限界値は『1ベクレル』ですが、
子どもの学校給食(福島市)の検出限界値は『10ベクレル』だそうです。あべこべです

クリックすると元のページが開きます↓
A4xfgWECYAEteUr.jpg





comment 8
10.10
Wed
子どもたちを核戦争から守れ!
10.5ふくしま集団疎開裁判文科省前&官邸前&財務省上抗議行動

ふくしま集団疎開裁判の会 2012年10月5日(金)
電話メッセージ:京都から小出裕章さん(京都大学原子炉実験所)






京都大の小出さんとのディスカッションです。


小出:小出です。

柳原:こちらふくしま集団疎開裁判の弁護団の柳原と

森園和重(郡山市・子ども福島ネットワーク):森園と申します。

小出:はい、こんばんは。

柳原:今日はどうぞよろしくお願いいたします。

小出:よろしくお願いいたします。

福島集団疎開100512

ーー小出せんせ~~い!!

森園:小出先生は今動画をご覧になっていられますか?

小出:いいえ、何にも見ていません。画像が流れているのですか?

森園:ええ、画像方も流していただいている方がいるんですけれど、ご覧になれるようであれば。

小出:すみません、今は見れません。

森園:
わかりました。じゃあ、電話だけで。
今沢山の方々が足を止めて耳を傾けて下さっていますので、

小出:ありがとうございます

森園:
小出先生に是非是非お話を伺いたいと思っています。
先日、私の町内会で運動会がございまして、除染をしたんですが、
グランドは0.25マイクロシーベルトぐらいの中で運動会が開かれて、
その周りの法面のところですね、そちらが0.8,0.7マイクロシーベルトあるという、
そういう現状が郡山市にはありますが、
この事についてどうお感じになりますか?

小出:
皆さんも多分ご存じだと思いますが、
1時間当たり0.6マイクロシーベルトを超えるような場所は
放射線の管理区域にしなければいけません。

今おっしゃったように0.7,0.8というようなところは、
放射線管理区域に本来ならなっている筈のところで、
人々はそんなところにはいてはいけないところです。

森園:はい

小出:大変残念です、そんなところに子どもたちがいる事が。

柳原:
今、世間のいろんな方が、知識人の方が、
なかなか福島の子どもの疎開避難について、きちんと声を出す方が少ないんですけれども、
小出さんはその中で、ハッキリと子どもの避難・疎開の事を口にされていると思うんですが、
それはどういう気持ちからそういう態度を示されているのか、
教えていただけたら幸いです。

小出:
これも皆さんご存じだと思いますが、
放射線に被曝をするという事がどんなに  ーーピーー
そして子どもというのは放射線に対する感受性が大変高いので、
もっと??に被ばくという事は避けなければいけません。
え、今教えていただいたように、郡山・福島というところは、
日本の法律を適用するならば放射線の管理区域にしなければいけない。
つまり子どもたちはそこにいてはいけない
子どもたちだけではなくて大人の人たちもいてはいけないというほどの汚染なのです。
何とか私は逃げて欲しいと思いますし、
多くの方々にこの現実に気がついて欲しいと思います。


柳原:
あと、私たちの裁判では相手側の郡山市は
「子どもたちは自分が危険だと思うんだったら、転居すればいい」と。
「郡山市はそれを邪魔しない」と。
「だから郡山市は子どもたちを避難させるような義務は負わないんだ」
というような事を主張しているんですが、
これについてはどんな風に思われますか?

小出:
呆れた話です。
郡山市も含めて、
1㎡当たりたぶん6万ベクレルあるいは10万ベクレルという位の汚染が現在あると思います。
でも日本の国の法律では、
1㎡当たり4万ベクレルを超えるようなところは全て放射線の管理区域にしなければいけない
と決められているのです。
ですから、郡山市も含めて、本当であれば放射線管理区域にする。
つまり人々が住んではいけない。
今までも子どもがいてはいけないという場所にしなければいけない。
この国、あるいは自治体が法律を守るというのであれば、
即刻、自分たちも逃げなければいけないし、子どもたちも逃がさなければいけないのです。
国たるものの義務だと私は思いますけれども、
「勝手に逃げたい奴は逃げろ」なんて言う事は、まさに犯罪を犯していることだと思います


柳原:あの、皆さんからちょっと質問を1,2点聞いてもよろしいでしょうか?

小出:どうぞ

Q:
じゃ、すみません質問ですが、
最近、モニタリングポストで測っている放射線線量の線量値の正確性という事が問題になっているんですが、
放射線の測定方法についてお伺いしたいんですが、
一般的に測定というのは非常に難しいと思うんですが、
私たちはどういうところに気を付けてそういうふうな情報を見ていけばいいんでしょうか?

小出:
皆さんが、最近沢山の放射線測定器をご自分で購入して測られていますね。
ただし、そういう測定器はいわゆる簡易型の測定機ですので、
その表された表示の値を信用しないで欲しいと思います。
たとえば同じ場所で10台の測定器を並べれば全部違う値を示すと私は思います。
ですからみなさんが測る場合には、
この場所で測った。そして向こうへ行って測った。
その値がどっちがどれだけ高かったという、
そういう相対的な問題として捉えていただいたらいいと思いますし、
そのものが沢山集まってくれば、
どこが危ないか、そしてそしてどこが低いか  という目安にはなると思います。

それから行政が設置している、いわゆるモニタリングポストですけれども、
それはどういう場所に設置されているかという事を注意してほしのですが、
モニタリングポストをつくる時にその周辺全部その整地してですね、
コンクリートで綺麗にしてというような場所は本当の汚染は正しく示しません。

もっと  がないような状態でモニタリングポストというのは設置するべきだと私は思います。
以上です。

森園:
はい。
ありがとうございます。それが現在郡山で、もう福島全体で行われているのが、
除染をした後にモニタリングポストを設置するという事が行われています。
そしてその線量の数値を見て、
「去年は1マイクロあったのが、今は0.4に下がってよかったね」というのが、
私たちの周りでは、その位の感覚でしか捉えられていないというのが現実です。
それについて、何か、

小出:
はい、要するに、インチキなんですね。
除染というのは本当は出来ないのです。
ある場所の汚染をどこか別のところに移すという事は出来ますけれども、
それも本当に狭い範囲に対してしかできませんし、
その場所だけ新しくモニタリングポストをつくって、そこが綺麗になったという事は、
ほとんどの場所に関しては意味のないことになってしまっています。
皆さんも分かって頂けると思いますが、
大地全体が汚れている
モニタリングポストを新しく設置する場所だけが汚れているわけじゃない訳ですから、
基本的には除染は出来ないし、汚染の場所に生きるしかないことになっています。


柳原:
最後にすみません、
今月の3日と5日に毎日新聞が福島県の県民健康調査の秘密会議のスクープをだしたんですが、
これについてなにか感想を頂けますでしょうか。

小出:
相変わらずだなと思いました。
本当に学者というような人たちがこれまでやってきているのですけれども、
自分たちの中でいいようにやって、ま、行政とともにやって、
ちゃんとしたことをみなさんに伝えなかったという事はいまだに生き伸びていることです。

柳原:すみません、最後に山本太郎さんがどうしてもひとつ聞きたい事があるというんで、

小出:
太郎さんがいらしてるんですか?
はい、こんばんは。

福島集団疎開100511

山本:
小出先生、お疲れ様です。
尊敬してまーす。
皆さんも尊敬しているとおっしゃっています。
えっとですね、小出先生。
もう根本的な事なんですけれど、
本当にこの原子力に関わってきた人たち、学者の方だったり、専門家っていう方々は、
「今、福島だったりとか、東日本でホットスポットに子どもたちが住んでいる状況というのは危ない」
という事はもう分かっているんですよね。


小出:
学問的に言うなら分かっているはずですけれども、
彼らはずっと原子力を進めてきたし、できるなら「安全だ」と言いたがっている訳で、
今日もそのように生きていると思います。

山本:
そういう方々をこちら側にというか、本当に子どもたちを守る方に付いてもらおうっていう、
なんかそういう運動みたいなものって、何か効果があると思われますか?

小出:
んー、申し訳ないけど、多分ないでしょうね。
彼らは刑務所に入れるのがいいと思います。

山本:じゃもう、小出先生が本当に頼みの綱ですね、僕たちには。

小出:
いや、とんでもないです。
私なんかは本当に、力が無いままこんなことになってしまいまして、申し訳ないと思っていますが、
皆さんが学者に期待するのはたぶん間違いです。

山本:
おっしゃる通りですね、本当に。
あの、小出先生、これからも福島集団疎開裁判にお力を貸していただけますか?

小出:
はい、私も出来ることはやりますが、
私は申し訳ないけれども、裁判というものに絶望をしてきた人間ですので、
あまり裁判自身には関わりたくありませんが、
でも私が出来ることであればなにがしかの事はさせていただけると思います。

山本:ありがとうございます。

柳原:
すみません10分の予定が15分になってしまいましたが
本用に貴重なお話をありがとうございました。
あらためてお礼を申し上げます。どうも失礼いたします。ごめんください。

小出:
ありがとうございました。
みなさんの活動に、本当に心からありがたく思っています。






25:26~


comment 4
back-to-top