fc2ブログ
10.13
Sat
2012年10月12日 文科省前 
ふくしま集団疎開裁判文科省前抗議集会




1:09:32
スピーチがお一人入りました。
それは医療業界が、特に福島で「被ばくを問題にするな」と締め付けられている状況の中で、
山下俊一氏が医療業界を支配している中で、
今福島の子どもたちを助けなければとてつもない事になってしまうという事を
小児科医の立場から話したいという声が私たちにかかりました。
この国の医者全てに見習ってほしい。
いったいどうなっていくのか、何をするべきなのかお話ししていただきたいと思います。


1:10:25~
千葉県小児科医10121
ミツイ医師:
千葉県からまいりました、小児科の医師をしておりますミツイと申します。
今日はこういう話をさせていただく機会を頂きまして、疎開裁判の皆様、どうもありがとうございます。
お話ししたい事とかですね、皆さんにお聞きしたい事と言うのは、沢山あるんですけれど、
ここでこういうふうに話をさせていただく形になったのは、
一番大事な事だけ、時間も無いので話をさせていただきます。
福島の18歳以下の子供たちの、先程からも話題に出ていましたけれど、
一般の方達もチェルノブイリの話も少しは知っておられると思うので、あまり細かくお話ししませんが、
「甲状腺の子どもの癌が発生されるのではないか」と言う事が心配されていまして、

福島の方ではかなり大がかりな検査も何万人も今甲状腺の検査を何とかしています。
あまり、テレにとかでは報道されませんので、結果についてはもしかしたら、
一般の方々などはあまりテレビとかではしっかりと報道されませんので、ご存じないかもしれませんので、
是非一度、インターネットできちんとされた形で報告されたものが見れますので、
是非見ていただきたいと思うんですが、

福島のですね18歳以下の子どもたちの大掛かりな検査ですね、
甲状腺に結節やのう胞というのがかなり沢山見つかりました。
最初は30%ぐらいという事だったんですけれど、
これが数字だけでお話ししますと、40,50と、ちょっと増えている傾向にありまして、

これはですね、そもそも子どものこの甲状腺の腫瘍というもの自体は非常に数が少ないんですね。
特に悪性のがんに至っては、これも100万人に1人ぐらいというふうにも言われています。
「100万人に1人」というのがどのくらいに頻度か?って言いますと、
これは大体「一人の小児科とか一人の医師が一生診療していても当たらない」。

子どもの甲状腺がんのさんに当たらない確率の方がはるかに大きいですね。
その位珍しい
ということで、結局小児の悪性腫瘍も含めて、
小児の甲状腺の腫瘍については、医学部ではほとんど教えていません
。全く知りませんでした。
要はその患者さんに当たることがまずないので、
よほど内分泌を専門にしている、内分泌の甲状腺を専門としていると言うとほとんどが大人の先生ですね。

ですのでこれは医学部の時代の医師になってからでもまず勉強をする機会の無いですね。
ですから多くの先生は、
わたしもこういった事故があってこういう健康調査結果が出て勉強いたしましたですけど、
え…知識はほとんどないですね。
ということがあってですね、一般に福島の甲状腺の健康調査の結果の数字が
どういう事を意味しているか?って言うのは皆さんちょっと分からない。
お医者さんであっても分からない部分が多々あると思います。
これは決して、別に医学部とか医療界が怠慢という事ではなくて、
それ位非常に珍しい事なんですよね。

ただ、この結果を見てみますと、
仮に甲状腺の結節やのう胞が30%以上だったとして、
これはですね、極めて子どもとしては高い値ですね。

というのは何を意味しているか?って言うと、
ようは、甲状腺に内部被ばくをしてですね、
やはり甲状腺に変化をきたしている可能性が相当高い事が一つあります

で、もうひとつは非常に重要なことです。
これも全く、ごくごく専門的な医学的な知識ですので、
おそらく、一般でもそうですけれどもお医者さんでもほとんどご存じが無いと思うんですけれど、

大人の方は甲状腺の超音波の検査をすると、結節とかのう胞が見られる確率というのが
これは報告によっても違いますけど、
大体6~7%から30%位。
ちょっと幅がありますけど、その結果が出た時に調査をした県とか国のほうだと思うんですけど、
よくあることだ」というコメントをされたと思いますね。

大人では確かにそうですね
「よくあること」であるかもしれません。
だけど子どもの場合にはですね、そんなにはないんですね
数%とか、30%も結節やのう胞があるという事がまず異常事態ですね

後、もう一つだけ皆さんに知っておいていただきたい事は、
甲状腺に結節があった場合には、
大人の場合はこの結節というのが悪性なのか良性なっていうのが問題になるんですけれど、
大人の場合にはこの結節が見られた時に、
これが悪性である確率というのは、やはり数%というふうに言われていますね。
高くても10%、10数%とか、これも報告によって違いますけれど、そのぐらいです。
ですから、一部の方はやっぱり結節が見られたら悪性の可能性があるんですね。

子どもの場合には事情が全然違いまして、
これは、もし超音波検査で甲状腺に結節が見られた場合には、
子どもの場合には20%から30%位が悪性の可能性があるというふうに言われています。
ですから非常に、この福島県での子どもたちの甲状腺の結果を見た時に、
非常に私自身驚きました。
「よくあることだ」というコメントが付いていましたけれど、
これは子どもの場合には「よくあること」では、今お話しした通りのデータがありますので、
しっかりとフォローもしなければいけませんし、検査もしっかりしていかなければならないと思います。

後、非常に子どもたちが甲状腺を中心に内部被ばくをしているという事が、
可能性が非常に高いですし、実際していると思いますし、
それが具体的に病気の形で出てきております。

甲状腺がんの方が一人だけ見つかりました。
これは一般のニュースになりましたので皆さんご存知かもしれないんですけれど、
先ほど申し上げました通りにこれはなんか
チェルノブイリでは「4,5年後から増えた」というふうに言われていますけれど、
もちろん因果関係はしっかりと立証するのはなかなか難しいんですが、
甲状腺がんの方が1名見つかったという事ですけど、
これはまだ事故から数カ月なので、
ちょっと早すぎるという事で因果関係が無いというふうにされていますけど、
これもちょっと違いますね。

チェルノブイリではすごく増えてきたのが4,5年後からで、
大体2年目ごろから、すこーし、僅だけ増えた
というふうに言われています。
ですからこれも安易に因果関係が無いとは言えないと思います。

他にもちょっとお話ししたい被ばくと病気の事についてあるんですけれど、時間がありませんので、
後これは私も一市民としてのいけんもはいるんですけれど、
やっぱり現実的に「どうしたらいいか」という事になると思うんですけれど、
やっぱり、被ばくをできるだけ避けてほしいというのがこれは多くのお医者さんが言っておられる通りで、
そういう被ばくの避け方についてはいろいろと言われていますので、
そういった事を参考にしていただいていけばいいと思いますね。
もちろん疎開していただくのが一番いいし、放射線があるところから離れていただくのがなによりですので、
で、放射線というのは目に見えなくてにおいもしなくていたるところにありますので、
なかなか避けようがないですので、一番いいのは離れていただくという事なんですけど、
それができない場合にはできるだけ食べ物に気を付けたり避けることをしていただきたいと思います。

で、あとは、もし住み続けなければならない。
いろんな理由で現実にまだ沢山の方々が福島に住んでおられまし、
是非疫学調査とか康調査を継続してやってほしいという事が一つありますね、で、
これは国や県の方でやっていただくという事ももちろん大事なんですけれど、
ただですね、今回は比較的ちゃんと健康調査の結果が出てきたんですけれど、
やっぱりどうしても責任の問題がありますので、なかなかデータが出てこなかったりとか、
公にされなかったりとかと言う、
やっぱり、そういう可能性や危険性というのは今までの広島長崎とか、あるいは熊本の水俣病とか、
あるいはアスベストの問題もそうですけど、
こういった公害みたいな問題になるとどうしても
国や県や地方自治体がおよび腰になるところがあるようにも見受けられますので、
本当は公の機関でも疫学調査や健康調査を行い、
僕自身はですねNGOみたいなところが中心になって、
もし健康被害が見受けられた場合にはそういったNGOとか、
市民の側でもできれば取りまとめていくという事もいいのかなとは思います。

千葉県小児科医1012

あと一つだけ最後に、
原発を動かすかどうかという問題と、ともちろんこういう被ばくの問題も関連している訳なんですけれど、
イタリアはみなさんがご存じのとおり国民投票をして、原発を止めることにしました。

ドイツもわずかな差ですけれども選挙で緑の党という政党が勝ちまして、脱原発に舵を切って
2022年までに原発を止めるという事にしましたね、
今日本は国民投票に関してはちょっと各地で住民投票が否決されて、むずかしそうですので、
今のところはちょっと、可能性は低いと思うんですね。

で、後はですね、やっぱり国や政治を動かすためには、
一人一人のより多くの人の力が必要だと思うんですが、
残るは選挙で、・・・
原発の問題や福島の問題が選挙の争点となることを避けようとしている感じが
僕自身は印象として持っているんですけど、
やっぱりしっかり、僕自身も次の選挙は行って、しっかりした人を選ぼうと思っているんですけれど、
官僚の人は選挙で選べませんので、政治家の人しか選べませんけど、
本当は官庁の人も選挙で選べるといいんですけれど、
ま、政治家の人もですね、ちゃんと福島の事や健康をちゃんと第一に考えてくれる人。
かつ、原発をですね、無くしてくれる方向で考えてくれる政治家の人をみなさんが選挙で投票してくれると、
そういった市民の流れが国を変える力になるのでは、と、個人的には考えています。

すみません長くなりまして、以上です。

ー拍手ー

1:26:22



ーーー

ちょっと調べた結果
千葉県の小児科医に三ツ井医師という方が実際にいらっしゃいました。
正真正銘の本当のお医者さまです。





comment 2
10.13
Sat

放射性セシウム:ネットで販売容疑、韓国人2人逮捕

毎日新聞 2012年10月12日 15時50分

放射線測定器の動作確認用に放射性物質「セシウム137」をインターネットで販売したとして、
警視庁は12日、放射線障害防止法違反(譲渡)容疑で、
測定器販売会社「オアシストレード」(東京都荒川区)の韓国人従業員、黄娟熙(27)と景善美(28)の
2容疑者を逮捕したと発表した。
東京電力福島第1原発事故以降、放射性物質の譲渡を同法で摘発したのは全国初。

逮捕容疑は黄容疑者らは、11年10月~12年4月、
同社のネットショップ「オアシス」で注文した男性17人に対し、
容器に入った「セシウム137」計18個(計約61万円相当)を販売したとしている。
同社と違法性を認識していた客5人も同法違反容疑で書類送検された。

同法では10キロベクレルを超えるセシウムを取り扱う場合は国への届け出が必要にもかかわらず、
37キロベクレルの商品を無届けで販売していた。
生活環境課によると、逮捕された2人は容疑を認めている。
容器の表面を測定すると毎時10マイクロシーベルトとなり測定器が正常に作動するか確認できるという。
【黒田阿紗子】



放射性物質含む金属 販売容疑
NHK 10月12日 13時53分

国に届け出ずに放射性物質を含む金属をインターネットで販売したとして、
東京・荒川区にある会社の韓国人の女2人が、警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、東京・荒川区の放射線測定器販売会社「オアシストレード」に勤める、
いずれも韓国籍のファン・ヨンヒ容疑者(27)とキョン・ソンミ容疑者(28)の2人です。
警視庁の調べによりますと、2人は去年10月からことし4月にかけて、
国に届け出ずに無資格で、放射性物質「セシウム137」を含む500円玉の大きさの金属を、
1つ3万3000円でインターネットを通じて全国の17人の客に販売したとして、
放射線障害防止法違反の疑いが持たれています。
2012101311.jpg

この金属は、放射線測定器が正確に作動するかどうかを確かめるためのもので、
放射線量が37キロベクレルあり、国への届け出が必要でした。
2012101312.jpg

2人は容疑を認めているということで、
警視庁は、購入した客のうち5人が違法と知りながら購入していたとして書類送検しました。
警視庁は、無届けで販売した経緯などを調べています。



ーーー


その辺に転がっているセシウムは?



comment 0
10.13
Sat

「浜岡原発再稼働めぐる住民投票条例案の否決」



報道するラジオ 2012年10月12日放送

水野:
報道するラジオ
毎日新聞ホット兵庫編集長の平野幸夫さんと私水野晶子でお送りしておりますが、
平野さん、今の日本の閉塞感ってね、
自分らの思いが、何で政策として実現されへんねん」という、
この怒りに満ちている状況じゃないかな、と。

平野:
そうですね、議会制民主主義が機能していないと。
今の国会がその象徴ですよね、1カ月間も開かれていないという。

水野:
そうですよね、どんなことやねんと。
そういう象徴的な存在として、今日ご紹介するのは、浜岡原発をめぐる動きです。

昨日、静岡県の県民投票条例案が県議会の本会議で否決されました。
「住民たちでこの浜岡原発再稼働をどうするべきか?という事を決めさせてくれ」
という思いで運動をしていらっしゃった方達が多いんですが、
結局県民投票は実施されない事になったんですね。
あの、もともと浜岡原発って、平野さん、
東海地震の震源域になっていると言われているんですね。

平野:
そうですね。
3.11の以前から、最も危険な原発だと言われてですね、
住民の方々が、それぞれに反対運動を繰り広げた原発ですよね。


水野:
で、今回は住民が「何とか再稼働を自分たちで決めたい」という事で動いて、
集まりはった署名が16万5127人の方の署名。
これ、16万ってどういう数字かと言いますと、必要だった数字が6万人なんです。

平野:そうですね。

水野:
6万人でいいところを16万人以上、16万5000人以上の署名を集めたんだけれども、
これがうまいこといかへんと。いう事なんですね。
こうした署名の動きっていうのは東京でも大阪でも住民投票をめぐってありましたよね。

平野:
そうですね、
しかし、これまでもいろいろと首長さんというか石原さんも、反対でしたよね。

水野:
そうでした。
ところが静岡県の場合は違うんですよ。
県知事が「賛成です」と、


平野:そうなんですよ。

水野:「賛成です」という意見を付けて提出したんですよ。

平野:
そうですね、ま、当初川勝知事はあんまり、こう積極的ではなかったんですけれどね、
しかしこの数がですね、一挙にこれだけの

水野:16万

平野:
声をくみ取ろうという、知事としての
立ち居振る舞いというのをきちんと示されたんですよね。

水野:
だから知事も賛成した。
16万人以上も集まった。
それでも、こんなに大きな声をあげても住民で決めることができないって、・・・
いったいここの裏側に引っ掛かろうという事で、お送りしたいと思います。
これからお電話をつながせていただきますのは、昨日静岡県で県民条例案否決されましたけど、
この住民投票の実現に向けて動いたキーパーソンでいらっしゃるいます。
民主党・ふじのくに県議団の池谷晴一さんとお電話をつながせていただきます。
池谷さん、こんばんは。
水野と申します、よろしくお願いいたします。

池谷:よろしくお願いいたします。

平野:毎日新聞平野と申します。

水野:
まずはですね、昨日否決されてしまいました、この県民投票条例案。
池谷さんは何とかこれが可決されるようにと動かれたと聞いていますが、
結局ダメでした。
感想を一言いかがでしょう。

池谷:
もう、残念としか言いようがないですね。
本当に16万5000人のですね、直接その意思を表明したいという、請求者が集まった訳ですけれども、
そのみなさんの思いにこたえられなくて、もう、一言で残念っていうしかないですね。

水野:これ、住民のみなさんからはどんな、昨日から今日にかけてどんな声が聞かれていますか?

池谷:
あのーやはりわたくしがですね、修正案をですね、わたくしどもの側で出したんですが、
その行為について「大変ありがたい」というような、メールとかですね、お手紙を頂いております。

水野:
はぁー。
あの、最初の原案で上手くいかないから、じゃあ、修正してもう一回やろうという事で、
池谷さん達は動かれたんですけど、
それについては「ようまァ頑張ってくれた」という意味ですね。

池谷:そうですね

水野:
ただその、修正案の中身ですけれども、
どんな事を修正しなきゃいけないようになってたんですか?

池谷:
まずですね、この条例案、原案ですね、
原案がだいぶ昔の、機関委任事務があった頃のものを、どうも参考に作られたみたいでして、
今は、県と市・町というのは対等の関係にございまして、
そういう基本的なところがまず間違っていたというところがございまして、

水野:
それは住民の方達が原案を作られた訳ですから、
いうてもね、素人さんでしょ?

池谷:そうですね。

水野:
そりゃぁ、そんな。
「今の法律ではこないなってます」って言われても、むずかしいでしょうね。

池谷:
若干古いですね、沖縄の条例とかを参考にされたようです。
ただまァ、これは今おっしゃられたようにですね、
住民の方がそんな細かい法制度まで知っているっていう事はほとんどありませんし、

水野:そりゃありますよ。

池谷:
ですからね、わたしどもで、やはりあの、これがですね、条例としてですね、
条例で、市・町に当会表示網?をやってもらわなければならないんですよ

水野:市や町にね、はい。

池谷:
で、元の条例は県がですね、具体的に、
たとえばですね、市・町の当会表示網を選挙管理委員会に、
市・町のですね、選挙管理委員会に委託と言いますか、そういう形でやるというような条例が
全く別の県と市・町は別の公共団体ですので、これは制度上無理なんですね。

水野:
ああ・・・すみません。池谷さん、その話を今聞いただけで頭がこんがらかりました。
もう全然私分からない。

池谷:わからない。

水野:
つまりそんなんを住民の皆さんにね、そんな事を求められても、
いや、これがまず一つ私が引っ掛かったとこですわ。
まぁいうたら、そんな事までせな、住民がやらなね、
こういう住民で物事を決めようという事を進められないのかと、いうことですね。

池谷:はい。

水野:
いやもっともっと詳しい法律的なことはあるんでしょうけれども、
で、結局はこうやって修正案も出されたんですですが、
でも、結局それが否決されてしまったというのは、
どういう立場の人がどういう事を主張したから否決されたんですか?

池谷:
あの、実はですね、川勝という静岡県知事なんですが、
県知事の反態勢の方々がですね、

水野:ほぉ

池谷:
実は自民改革会議という会派なんですが、
県議会の、もう多数を占めているんですよ。

水野・平野:ふぅ~ん

池谷:
で、最初からですね、この聞いたところによりますと、
今回の請求自体に対して、あんまり、こう、積極的じゃないというか、
反対という事を最初から表明されていたんですね。

水野:自民党系の方達が反対なさる根拠はなんでしょう?

池谷:
うーん、ですから、私はその…どれだけ議論したかは分かりませんけれども、
その入り口部分でね、「反知事」という事があったのかなと思っています。

水野:あ、知事さんは民主党系なんですよね。

池谷:はい。

水野:あぁ・・・

池谷:
で、知事の方の私どもの会はは20人しかいないんですが、
あのー、自民改革会議さんは34人いるもんですからね、
それで、まァ、もともとがそういう状況であったので、

水野:
もともと自民党系の議員さんの方が数が多いから不利だったというのもあるんですが、
ただですよ、民主党系の方が20ににらしたんならば、
20人は少なくとも皆さんこの住民投票の案に賛成はなさったんですか?

池谷:いえ、それがですね、そこ、そこなんですよ。

水野:それちゃいますのん、池谷さんそこでっせ。

池谷:
うちの方もですね、明確に賛成って、同意も署名をするんですが、
その20人のうち7名しか署名を集められなかったんですね。

水野:えぇぇっ!?20人のうち7人しか署名を集められなかった。
後の13人はどうしはったんですか?

池谷:
えー、ま、最終的に投票で賛成という方も、ま、何人かいたようなんですけれども、
その他のですね、あのー、方々は、いろんなあの、選挙事情と言いますか、
その、ご自分が県議になられた背景、ま、組織とかですね、そういうものを背負って出ていますから、

水野:はぁ!

池谷:そういう皆さんの理解が得られなかったという事じゃないかなっていうふうに思います。

水野:平野さん、今の池谷さんの言葉の裏をちょっとわたくしに説明していただけませんか?

平野:
言わば、まあ、地方議会の方々の既得権益っていうんですか、
選出基盤という事が
どうしてもこう・・・

水野:たとえばどこかの企業の組合とかですか?

平野:
たとえば電力会社の労働組合の支援を受けてたら、
それは当然、その、住民投票に賛成という判断はしにくいですよね。

池谷:はい。

平野:
そういう積み重ねが、民主党の中でもそうだろうし、
特に自民党というのはさまざまな交付金を周辺の自治体も受けて、
県議会の議員さんであればそういう周辺の市町村から選ばれている方々ですよね。

池谷:はい

平野:だから、
その事がすごい重、くびき(自由を束縛するもの)になって、
あのー、住民の方々の危機意識っていうのをなかなか汲み取れない構図ですよね。

水野:でも、私から言わせたら、「次の選挙で落ちるのが怖いさかいに」っていうことちゃいますのん?

平野:
まァまァ選挙権も、しかしこの、新たな見方も出来ますよね。
こういう住民の危機意識をくみ取れない地方評議会の議員というものは、
もっとこう、シビアに次の選挙では判断される
という事も、あの、これから考えられますよね。

水野:その儀式もありますね。

池谷:
私もそう思います。だから今回の投票行動をですね、見ていただいて、
間接民主主義の立場じゃないですか、我々地方議員は。
そうするとどうしてもですね、直接今回はダメだったんですが、
そうすると間接的に意思を県議会に諮るという事になるわけですから、
そういう人を選んでいただくっていう事だというふうに思いますけどね、次は。

水野・平野:んー…

水野:
結局住民の思いを実現させるためには、
普段の議員さんを選ぶ時の、選挙で。
よーーーく見ておかなくちゃっていうことですか。

池谷:ええ。
今回よく分かったんじゃないかなというように思いますけれどもね、
だから無関心ではダメだっていうことですよね。

平野:そういうことですよねー。

池谷:
やはり選挙で誰を選ぶか?っていことについて、しっかりと人物を見ていただいて、
そして判断を、しっかりと投票行為でですね、していただきたいなというふうのもいますけどね。

水野:
たとえば民主党という、一つの党だったら一枚岩か?というとそうではないという事が、
今回はもうはっきりと出てしまいましたよね。

池谷:そうですね。

水野:
だからもう個人個人で、この人はこういう問題でどういう投票行動をしたかと
この情報をやっぱりみなさんが得て、自分と同じ人を選んでいくと。
もう、そこまでしないと「なんでやねん!」という事になるんですね。

池谷:はい。とおもいます。

水野;今日はどうもお忙しいところありがとうございました。



ーーーー




浜岡原発:県民投票条例案否決 16万人の声届かず 
与党も態度割れ /静岡

毎日新聞 2012年10月12日 地方版

中部電力浜岡原発(御前崎市)の再稼働の是非を問う住民投票条例案は、
11日の県議会(定数69、欠員3)で原案、修正案ともに否決され、住民投票は実現しなかった。
最大会派の自民改革会議(37議席)が反対したうえ、
住民投票に賛成する川勝平太知事の与党、民主党・ふじのくに県議団(20議席)は態度が割れ
半数以上が修正案の反対に回った。
約16万5000人の署名を集めた市民団体「原発県民投票静岡」のメンバーは
「議会は県民を見ていない」と憤りをあらわにした。【樋口淳也、山本佳孝、小玉沙織、舟津進】

賛否が分かれた修正案で、
賛成にまわったのは小楠和男議長を除く全65県議のうち17県議のみ。
無記名投票だが
公明党県議団(5議席)
みんなの党・無所属クラブ(2議席)の1人
富士の会(2議席)の計8人が賛成を公表。
民主会派は7人が修正案の提出者となっており、同会派の中から過半数が修正案に反対した計算になる。

反対した県議からは
「可決されたとしても実施は不可能だ」との指摘が相次いだ。
法制度上の不備を指摘された原案を踏まえ作成された修正案でも、
投票に関する業務への市町の協力を1市町でも欠いた場合には住民投票が実施できない
などと規定しているためだ。

浜岡原発が立地する御前崎市の原子力政策室は、
「再稼働をするには極めて専門的な知識が必要で、(判断を)多くの住民に求めるのは適当ではない」
と話すなど、住民投票そのものに難色を示す自治体がある。
実際に住民投票を行えるかは不透明だった。

川勝知事もこの点について、
「(全国)どこにおいても同じ問題がでてくると思う。
中央政府にも検討してもらうよう働きかけていこうと思う」と述べ、
法制度上の問題が明らかになったとの認識を示した。

自民改革会議には、もともと反対だった川勝知事が賛成に回ったうえ、
条例案の不備を指摘した経緯を「人気取りの政治的計算」と受け止め、冷ややかに見る向きが多かった。

否決後、自民党県連の杉山盛雄幹事長
「県議の中で原発に関する議論が不十分だったとの反省はある」と指摘。
「党として議員連盟設立を提案する」と述べ、
原発に関する超党派の議連を、今月中にも設立する方向で民主党などと調整を進める考えを表明した。

 ◇「理由に説得力ない」 市民団体代表、会見で無念の表情

市民団体「原発県民投票静岡」の鈴木望代表は11日、県議会閉会後に記者会見を開き、
「極めて残念。修正案も否決されたことには憤りを感じる。理由に説得力がなく、議会の形骸化だ」
と無念の表情を浮かべた。

鈴木代表は議会での議論を振り返り
「県民投票の是非や、浜岡原発の安全対策はどこまでやれば区切りがつくのかなど、
県民が関心をもっていることに議論がなかったのは、返す返すも残念だ」と述べた。

また、鈴木代表は県から請求前に渡されたマニュアルに
「条例制定案は完全である必要はなく、立法技術上の多少の不備は問わない」などと書いてあると指摘。
川勝平太知事が投票の実施時期など条例案の「不備論」を議会開会前に指摘したことで
県議会の議論も影響を受けたとして、
川勝知事の発言で議論が混迷し、本質的な議論が深まらなかった。知事の責任は大きい」と話した。

「今日一つの終結を迎えたので、団体としての活動は終わり」と述べ、
団体は解散し再び直接請求を行うことはしないとの考えを示した。【小玉沙織】

 ◇「へりくつだ」最大会派を批判−−知事

川勝平太知事は閉会後記者らの取材に応じ、
「(自民改革会議が)『修正案は修正ではなく、あまりに中身が違って全面改定だ』とし否決したのは
ややへりくつだ」と述べ、
原案と中身との違いを理由に反対した最大会派の主張を「入り口論」と批判した。

有志県議らの修正案を
「大変立派なもので、今後直接請求する際のモデルとなった。
県外などに情報発信して生かしていくことができると思う」と評価。
他方で、市民団体に対し
「条例案の問題点を指摘したにもかかわらず、
(不備を認めるなど)謙虚な姿勢でいなかったことが否決の原因」と苦言を呈した。【樋口淳也】



浜岡投票条例 県議会が否決
中日新聞 2012年10月12日

◆修正案 反対48賛成17

静岡県議会9月定例会は最終日の11日、
中部電力浜岡原発(御前崎市)の再稼働の是非を問う住民投票条例案の原案と、
超党派の議員が提出した修正案をともに否決した。修正案は賛成17票、反対48票。
原案は65人全員が反対だった。東日本大震災後、原発立地県で初となる住民投票は実現しなかった。

条例制定を請求した市民団体「原発県民投票静岡」の鈴木望共同代表は
「民意を実現できず残念だ」と述べた。再度の署名活動と直接請求は否定した。

投票実施に賛成していた川勝平太知事は「原案と修正案の中身が違うと入り口論で否決された」と指摘。
条例案を次の県議会にあらためて提出することには
「住民自らが意思表明する本来の趣旨を抜くことになる」と消極的な姿勢を見せた。

PK2012101202100020_size0.jpg

投票資格を18歳以上とした市民団体の原案は問題があるとして、五日の総務委員会で全会一致で否決。
修正案は11日の本会議に提出され、民主党・ふじのくに県議団の池谷晴一政調会長
「投票資格は二十歳以上」などとする案の趣旨を説明した。

最大会派で過半数を占める自民党会派の自民改革会議
国策である原発再稼働の是非を県の住民投票で問うのは妥当ではない」と両案に反対討論。
修正案に賛同する公明党県議団などは
「原案の不備を理由に門前払いはできない」と修正案に賛成討論した。

市民団体は必要数(6万2000人)を大幅に上回る16万5000人分の署名を集め、
8月27日に県に条例制定を直接請求。
川勝知事は実施に賛成する意見を付け、9月19日の県議会初日に条例案を提案していた。

原発再稼働をめぐる住民投票条例案は、大阪市議会と東京都議会でも否決された。

住民投票 地方自治法の規定に基づき、
有権者の50分の1の署名が集まれば、地方自治体に住民投票条例の制定・改廃を直接請求できる。
制定には議会の同意が必要。
議会で可決され投票が実現しても、結果に法的拘束力はない。
市町村レベルでの投票実施例は多数あるが、都道府県単位では唯一、1996年9月に沖縄県が
日米地位協定の見直しと米軍基地の整理縮小に対する賛否を問う県民投票を実施、賛成が8割以上を占めた。





続きを読むに静岡県議の名前
続きを読む
comment 7
back-to-top