fc2ブログ
10.20
Sat


福島の子 外で遊んで、学んで 移動教室に復興予算を
東京新聞 2012年10月20日 朝刊

PK2012102002100031_size0.jpg
子どもの保養に国の財政措置を訴える福島県伊達市富野小の宍戸仙助校長(左から2人目)ら
=19日、東京・永田町の参院議員会館で


原発事故後、被ばくの不安を抱えながら暮らす福島の子どもたちを受け入れる
保養プロジェクトに復興予算を使ってほしいと、支援団体が政府、国会へ働き掛けている。
プロジェクトは全国に広がるが、財源は自治体や民間頼み。
被災地と無関係な事業につぎ込まれる国の復興予算の使途が問われている。

19日の参院議員会館。
福島県伊達市富野小の宍戸仙助校長は訴えた。
「土や草花に触れることは発達段階に大切。
学校単位で参加できる移動教室を、復興予算から継続的に出してもらいたい」

伊達市は本年度、小学五、六年生と教員を新潟県に送り、三泊四日の「移動教室」を九校で実施。
普段、屋外活動を制限されている児童たちが、放射線を気にせずに外で遊び回った。

市が支出した事業費430万円に、国や県の補助はない。
さらに不足分はボランティアや受け入れ先の自治体が負担。
文部科学省の復興予算からは運営を調整したNPO法人に約350万円が充てられただけだ。
市内全21校で行うには「国の財政支援がなければ難しい」と話す。

6月に成立した「原発事故子ども・被災者支援法」には、被ばく量を減らすための保養も盛り込まれた。
しかし、保養受け入れは民間頼みが実情で、
原発事故から時間がたつとともに参加者に金銭負担を求めるケースも増え、
参加できる子とできない子の差が広がってきているという。

集会では、小学二年と四歳の男児二人がいる福島市の母親が
どの子も平等に保養を受けられる環境をつくるべきだ」と求めた。
主催した「子ども被災者支援法市民会議」の吉野裕之さんは
「課題は財政面。支援法の枠組みを使い、復興予算を生かせば全県でやれるはずだ」と話す。

東京新聞 2012年10月20日朝刊 社会 27面
P1140772.jpg

赤い枠が上記の記事
緑の枠は金曜官邸前デモ

原発容認の候補者NO
「金曜デモ、来月第集会」

<内容一部書き出し>
ミサオ・レッドウルフさんが衆議院第一議員会館で記者会見
来月(11月)11日には
「反原発百万人大占拠」と題し、首相官邸や国会議事堂前で大規模デモと集会を開くことを明らかにした。
メンバーの平野太一さんは
脱原発を選挙の争点にする事が重要。
「全原発の即時停止を求める自分たちの脱原発法案をつくりたい」
と話した。

政府の方針あいまい
<書き出し>
ここから定点観測、国会前
計良義一さん(42)無職・東京都江戸川区

デモには以前から興味があったが仕事の都合でダメだった。
仕事をやめ、近くに来たので初めて参加した。
出身は札幌市。
若いころは100km以内に北海道電力泊原発があるのに、
事故の備えた訓練がなにもなく、不安を感じていた。
昨年の東京電力福島第一原発事故は衝撃だった。
日本でも旧ソ連・チェルノブイリのように、人が立ち入れない地域ができてしまうなんて…
原発がほとんど動いていなかった今年の夏も停電はなかった。
電力会社がコストのためだけに動かしたがっているとしか思えない。
民主党員だけど、今の政府の原発に関する方針はあいまい。
早急に脱原発してほしい自分の気持ちとは距離感があって複雑。
立地自治体の事情など難しい課題があるのは分かるが、
原発ゼロへの道筋をもっとはっきり示してほしい。
デモへの参加者が減っていると聞いていたが、実際に来てみると熱気があって驚いた。
今回は様子見といったところだが、自分が盛り上げていくぐらいの気持ちになれればいいと思っている。
(聞き手・清水祐樹)




comment 9
10.20
Sat
県民健康管理”秘密会議”での尿検査のやりとり~消えた議事録~
「福島老朽原発を考える会」会見10/18(内容書き出し)

上記会見の後半部分です。
尿検査を継続して続けてきた結果の説明です。
地域性、そして高い数値が出た子どもの追跡結果。
避難した子ども、食べ物に注意している子どもは、尿へのセシウムの量が減るなど、
大切な報告だと思います。



↓動画IWJ※掲載期間終了後は、会員限定となるので動画をご覧になる方はお早めにどうぞ(。◡ .◕)♡
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/36231



青木:
私たちが1年半尿検査を継続してきました。
その概略を合わせてご紹介しておきたいというふうに思います。

私たちの尿検査はフランスの放射能測定のNGOですね、
市民のNGOですけれどもアクロ(ACRO)というところで測定の協力をしていただいております。

去年の5月22日以来ですね、対象としては102名
で、数値の高かった子どもに関しては2回、3回というフォロー検査を行っていますので、
述べで言いますと127回検査を行っております。
これは現在も継続中であります。

この地図がこれまで127回の検査をした地域を表したものです。
黄色く塗られているところが、
私たちが検査をした中で子どもたちの尿からセシウムが出てきた地域を示しております。

尿検査をうやむやに16

ただ、これはもちろん子どもたち全員をやったわけではありませんので
私たちがたまたま測定した対象の子どもたちの中から、
こういう範囲で出てきたというふうに捉えていただきたいと思います。
逆に白い部分ですね、ここも、たまたま私たちが測定した範囲の中では出なかった。
という事になってですね、全く無いという事ではありません。
大体こういう範囲で出ているという形で捉えていただきたいと思います。

失礼しました。こちらが最新ですね。

尿検査をうやむやに17

少しづつ増えておりますので、こちらが最新の形になります。


で、このグラフはですね横軸が事故が発生してからの経過日数です。
縦軸は尿中のセシウムの濃度を示しています。ベクレル/Lという単位になります。

尿検査をうやむやに18

検査を行った日、タイミングでどのくらいのセシウムが尿から出ているかというのを示しております。
ですから、対象者はすべて違う人であります。
それから地域も別々の地域ですので、同じパターンで見ているというのではなくてですね、
ある期間を追って、いろんな人を測るとこういうパターンで出てきたというかたちです。
これで注目していただきたいのは、一番左側の青い点ですけれども、
この部分、これが福島市内の子供たち10人を測ったわけですけれども、
10人全員から検出されたというのがこの点です。

それに対して時期を追うとですね、下がっていくどころか、こんな高い値も出るという事で、
この最初の子供たちに比べると同等以上の値が1年近くたっても出てきているという事です。
ですからこれは日常の食品から、あるいは土埃から身体に追加的に取り込んでいるという、
子どもたちの身体にだんだん蓄積していっているという事が考えられると思っています。

尿検査をうやむやに19

これはですね、最初の10人を2ヶ月後にもう一度測ったグラフです。
そうしたところ10人中9人についてはこのように下がったんですけれども、
一人、福島市内に在住していた子どもですが、その1人は上昇しています。

結果としてはこの9人はですね、2回目の測定をした時には、
全てすでに福島から避難して県外に出ていたという状況です。

ですから、この事からいえるのは、
福島の生活の中で、うっかりすると食品や呼吸から取り込んでしまって
セシウムが増加してしまうという事を表しています。

で、このような事がありましたので、私たちはずっと継続しております。


逆にですね、大変高い値が出た子どもなんですけれども、

尿検査をうやむやに20

これは、岩手県一関在住の4歳の女の子です。
私たちが測定した中では一番高い値を示していたのですけれども、
ちなみにここのお子さんの家は農家でして、
家で栽培したシイタケを測ったところですね、
干しシイタケですが1kgあたり1800ベクレルという値が出ました。
お母さんは大変パニックになったわけですけれども
気を取り直してですね、農家ですけれども
子供に食べさせる野菜は西日本から、あるいは北海道から取り寄せるというような努力をされました。
その結果ですね、非常に見事に下がっている。

この青い点はシュミレーションで4歳の子どもがどのくらい体内から排出されるか?
というのを間作した値です。
ぞれにちょうどぴったりと乗っかっているので、追加での取り込みが無いという状況を示しております。


で、これはですね、ちょっと気になる事例であります。

尿検査をうやむやに21

福島市内の高校生。
運動部の子供です。

1回目2回目でですね、ちょっと下がってきて、
下がってきてはいたんです。
が、下がるスピードが遅いという事で気になっておりました。
そういう事がありましたので、3回目4回目を測って、
ちょっとやはり、ずっとそういう傾向が続くという事で、
5回目を測ったらなんと上昇してしまったということですね、
こういう問題があります。

このお子さん、高校生については継続して調査をしております。
食べ物だけではなくてですね、ホコリからの取り込み、
あるいはなんか、うっかりして高い汚染の食べ物を取りこんでいる可能性もありますので、
その辺を家族の方にも告知をして今調査を継続しているところです。



ちょっとプロジェムターが間違っておりますので後ほど質疑のところでもお話ししたいと思いますが、
実はですね、今回こういう事を説明するにあたって、
最近ホールボディーカウンターをいろいろな自治体で導入して測定を始めていますけれども、
ホールボディーカウンターと尿検査の精度の問題を検証してみました。

そうしたところですね、結論から言いますと、
ホールボディーカウンターに対して大人ですと大体4倍ぐらい尿検査の方が精度よく測れる
それから子どもになりますと、これは尿の排泄率の違いなんですけれども、
約10倍ぐらい尿検査の方が精度よく測れるという事が、わかりました。

尿検査をうやむやに22
尿検査をうやむやに23

これは、放医研、放射線医学総合研究所という、国の放射線医学に関する総元締めですけれども、
そこでモンダール3(MONDAL3)というシュミレーションソフトが公開されています。
それを使いますと体内のセシウム量と尿への排出率の関係、それがシュミレーション出来ます。
それで、詳細は後でちょっと、別のパワーポイントにありますので、お見せできますが、
先ほど言ったように
成人で4倍ぐらい、それから子どもですと10倍ぐらい尿検査の方が
精度良く検出できるという事が分かってまいりましました。

逆に言うと、ホールボディーカウンターの場合は250ベクレル/ボディ です。
大体セシウム134にしても137にしてもね、
ですから、それ以下は不検出という事で測れない訳です。

ところがそれはゼロではありませんので、
使い方によってはホールボディーカウンターというのは、
実際には内部被ばくしているのも関わらず、
被ばくしていないという証明に使われてしまう可能性もあります
ので、
この点も含めて改めて注意を喚起したいというふうにも思います。

一応私の方の説明は終わります。

11:16(動画No3)

福島老朽原発を考える会(フクロウの会)のサイト
【記者会見報告】尿検査をうやむやに?~秘密会の果たした役割を市民が検証


福島老朽原発を考える会 (フクロウの会)

資料 http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/files/2012_1019.pdf


東京新聞こちら特報部が記事にしました
<福島県>子の放射能尿検査せず10/25東京新聞こちら特報部(書き出し)


続きを読むに質疑応答途中まで書き出し続きを読む
comment 0
10.20
Sat
福島第一原子力発電所の現状
・3号機の水漏れ
・各号機から今も放出され続けている放射能
・4号機の今後の見通し


【ペイフォワード環境情報教室】小出裕章先生第2回

2012年10月19日

私たちの世代は次の世代に何を残せるだろうか?
そのためには本当の情報が知りたい。
そのためにこの番組がスタートしました。


Sawada:
こちら、今日ニュースが入っておりまして、
福島第一のタービン建屋で水漏れが起きていますと、
3号機、冷却に問題無しという事で
15日の10時頃にタービン建屋に水が溜まっているという事が協力会社の社員が見つけましたと、
いうことですが、
こう言った記事は常に「流出が無く原子炉には影響が無い」という言葉で終わっている
ニュースばかりなんですけれども、
先生はこの水漏れといったものに対してどう見られていますか?

小出:
みなさん何か水漏れしたという事で驚いていられるようなのですが、
私はそんなことが当たり前であって、なぜそんなことが問題になるのか、
そちらがむしろわかりません。

Sawada:あ、そうですか。といいますのは

小出:
今現在、皆さんご存じのように1号機から3号機の炉心は溶けて落ちてしまっていまして、
その溶け落ちた炉心がどこにあるのかもわからない状態になっています。
ただ、炉心と言われている部分はどこにあろうとも、冷やし続けなければいけません。
そうしなければ、どんどんまた放射能が噴出してきてしまいますので、
ず――っと今、冷却水をですね、原子炉の中に入れて冷やそうとしているのですね。
ただ、いくら水を入れても原子炉格納容器の中の水は溜まってきません。
ということは、要するに漏れているという事なのです。

Sawada:そういうことですね、はい。

小出:
で、漏れている部分の水の一部を浄化系というところに入れて、
またそれを綺麗にした…綺麗になる訳じゃありませんが、
いくらかましになった水をまた原子炉の方に回してという事をやっている訳ですが、
その途中ではもうそこらじゅうに漏れているのです。
もともと事故の直後にピットという部分から
滝のように汚染水が漏れているという事が見つかった事がありました。
そして大変だという事で、
そのピットという部分の構造物の割れ目をふさごうという事をやったことがありましたけれど、
私はもう、なんでそんな事をやっているのか?その事も不思議でした。
コンクリートの構造物というのは原子炉建屋もそうですし、
タービン建屋もそうですし、
それらを結んでいるピット、トレンチというものも全部コンクリートでできているのであって、
もうそこらじゅうで割れているのです。
たまたま海に出るところで割れていたので、目に見えるところに出てきたということなのであって、
原子炉建屋の敷地中で、もうコンクリートがそこらじゅうで割れて、
汚染した水が地面に漏れて行っているという状態が、
事故後以降ずーーっと続いているのです。
その一部の水を、パイプあるいはホースを流しながらですね、循環させたりしているだけのことで、
そういうところから水が漏れるのはもう当たり前なんですけれども、
えー、んーー、そんな事で驚いてはいけません。

Sawada:
これは先生、具体的に言うと1号棟2号棟3号棟、
それぞれでもう一度こう、冷却システムを構築するというような位置づけは、とてももう、
とてつもない大きいサイズになると思うんですけれども、
そういった形が解決方法としてあるのか、
もしくは、ある程度は漏れるのは仕方がないという事で、
エリアで全てをマネジメントするような位置づけのもの、大きなものをつくるというイメージのものなのか、
何か解決方法はあるのでしょうか?

小出:
当面は多分ないと思います。
ただし今現在福島第一発電所の敷地の中10万トンを超える汚染水がすでに溜まってしまっています。
先程から聞いていただいているようにコンクリートの構造物の中に溜まっている訳で、
今現在もどんどんと漏れて行っている筈だと私は思っています。
ですからそうやってコンクリートの構造物に溜まっている10万トンを超えている汚染水を、
まずは少しでも安全なところに移さなければいけないと思います。
それで私はその手段として、巨大なタンカーを連れてきて、
ま、10万トンとか20万トンというタンカーがあるわけですから、
そのタンカーの中にとにかく汚染水を汲みださなければいけないという提案を
去年の3月からしているのですが、

Sawada:そうですね

小出:
残念ながらそれを日本の国も東京電力もやってくれないというそういう状況のまま
汚染が環境に流れて行ってしまっているという状況が続いている
そういう手段を取らない限りは何をやってもダメだと思います。

Sawada:
そうですか、
そういった意味で先生のご提案があったタンカーに取り出すといった事を何故しないのかというのは
これは費用面でしょうか、技術面でしょうか?

小出:
いくつも理由はあると思います。
たとえば、タンカーに汚染水を入れてしまいますと、そのタンカーは2度と使えなくなります。
それからタンカーという船の乗組員は放射線に従事するという、
そういう許可を得ていない乗組員の人達ですから、
その乗組員の人達も、もちろん被ばくをするようになるわけで、
放射線業務に従事するという、そういう登録をしたりする必要もあると思います。
そしてタンカーというのはもちろん海の上に浮かんでいる訳で、
海の上にそういう膨大な汚染水をですね、移すという事は、
多分国際的な問題を引き起こすだろうと思います。
私は当然そうなので、それを突破するのは政治の力だという事で、
政治家の方にも何としてもそれをやってほしいと進言しまして、
何人かの政治家の方は「やる」と私に答えたのですけれども、
残念ながらいまだに実現していないという状況です。

Sawada:
そうですか、わかりました。
続きましてもう一点、今回福島第一原発の現状といった中で、まだ非常事態宣言というのが出されたなかで、
これは、ついつい私も生活していると忘れがちなんですけれども、
まだまだ放射能が1号棟2号棟3号棟から出ているという危険性がまだあるかと思います。
それによって作業がずいぶん遅れているという事もあると思うんですけれども、
こちらの現況と今後の見通しというのはどうなってくるでしょうか?

小出:
もちろん原子炉そのものは破壊されてしまっている訳で、
もともとは放射性物質は放射線管理区域の中に閉じ込めるというのが原則でそうしてきたわけですが、
もう、放射線管理区域もなにも、全て壁もなにも吹き飛んでしまっている訳で、
放射性物質が環境に出てきてしまうという事自身はもう全く防ぎようがありません。
で、これからもずっと続くわけですが、
ただし、去年3月11日に事故が起きて大量の放射性物質が噴出してきたのはほとんど半月です。
それ以降は放射能が噴出してくる量はがた減りしてきていまして、
今現在環境に漏れてきている量は、事故直後に比べれば、多分100万分の1とか1億分の1とかですね、
その程度のものになっている筈だと私は思います。
ですから、噴出してきていないとは、もちろん私は言いませんし、噴出してきているのですけれども、
周辺の方々はその放射能を気にするよりは、
すでに3月11日から半月の間に噴出してきてしまって、今現在大地を汚している汚染。
それに注意を集中したほうがいいと私は思います。

Sawada:
そうなると1号棟2号棟3号棟、そういった形で今も継続はしているものの、
優先順位としては、もうすでに降り注いだものの方だろうというなかで、
後もう1点、先生がよくご指摘されているのが4号棟。
こちらはプールの方になりますけれども、
こちらの方も今回台風が直撃しながらも、地震も幾度かありながらも、
まだ何とか持ちこたえていただいているという状況でありますけれど、
今後の見通しというのはこちらはどうなんでしょうか?

小出:
・・・よくわかりません。
もともと原子炉建屋というのはそれなりに強固に設計されていたはずなのですが、
その原子炉建屋自身も、事故の進行の中で水素爆発というものが起きて、
建屋そのものが破壊されてしまっているのですね。
それで、4号機の場合は特に原子炉建屋のうちで、
最上階のオペレーションフロアーというのも吹き飛びましたし、
さらにその下に使用済み燃料プールが埋め込まれている階があるのですが、
その階がすでに爆発で破壊されてしまっていて、
使用済み燃料プールは宙づりのような状態になっているのです。
東京電力ももちろんその事を知って、耐震補強工事をやったと言っていますけれども、
それも私から見ると不十分な形でしか行われていませんし、
すでに壁すらが吹き飛んでいる構造物があって、そこに埋め込まれている使用済み燃料プールが
いったいいつまで、どういう条件であれば耐えられるのか?という事は、
私は専門でもありませんのでよく分かりません。
ただ、今現在も福島原発の周辺は毎日のように余震が起きている訳で、
大きな余震が起きて本当に大丈夫なのか?という事に関しては私は心配していますし、
私に様々なアドバイスを下さっている建築関係の方々の中にも、
「大変心配だ」という事をおっしゃっている方々がいらっしゃいます。

Sawada:
そうですか、そうしますと心配な事だけが続くんですけれども、
なかなか解決方法というのは、もちろん、
一番いい方法というのは、なかなかすぐには無いんでしょうけれども、
4号棟はどうすれば

小出:
解決と言えばですね、今現在使用済み燃料プールの底に沈んでいる使用済み燃料を、
出来る限り早く安全な場所に移すという事なのです。
ただしそれをやろうとすると、大変な準備が必要になります。
まず使用済み燃料をプールの水面から空中に引き出すためには、そのままでは引き出せませんので、
巨大なキャスクと呼ぶ100トンを超えるような容器を、まずプールの底に沈めて、
その中に使用済み燃料を入れて、蓋をして、
そのキャスクごと空中につり上げるという事をやらなければいけないのですが、
そのためには巨大なクレーンが必要になりますし、
巨大なクレーンを設置するためには頑丈な建物がそこになければいけませんので、
これから東京電力は、原子炉建屋を覆うような巨大な構造物をまず建てて、
その上に巨大なクレーンを設置して、
それから作業を始めようとしているのですが、
その作業が始められるようになるまでには
来年の12月までかかるというのが東京電力の説明になっています。
で・・・多分私はそうだろうし、
ひょっとしたらそれも間に合わないで、むしろもっと後にずれこんでしまうかもしれないと思っています。
結構困難で難しい作業を作業者の人達が被曝をしながらこれからやらなければいけません。

Sawada:
そうですか、ありがとうございます。
そうしますとなかなか厳しい状況ですけれども、今後もこういった形で先生の方からご解説を頂きながら
私も注視して意識をもってやっていきたいと思っております。

小出:ありがとうございます。はい、よろしくお願いします。




第一回はこちら↓
第一回目・インターネットラジオ「ペイフォワード環境情報教室」
小出裕章先生 10/13(内容書き出し)






comment 1
back-to-top