fc2ブログ
06.02
Sun
 
ラジオフォーラム

第21回放送 憲法について考える
    放送日:6月1日(土)~7日(金)
    ゲスト:石坂啓さん(漫画家)
    パーソナリティ:湯浅誠(社会活動家)

小出裕章ジャーナル




湯浅:
基礎知識編という事で、
今日は「放射能のゴミって何ですか?」っていう事でちょっとお伺いしたいんですけれども、
放射能のゴミと一口で言ってもそれはいろんな種類のものがあって、
それがどこから出るのか?というのもそれぞれの部署というか箇所みたいなのがあって、
報道なんかでも「高レベルだ」「低レベルだ」といろいろ言われているんですけど、
それがどんなものがあって、どんな問題があるのかというのを改めて教えていただきたいと思うんですけど、
まず、いわゆるその「放射性廃棄物」というのはどんなものなのですか?


小出:
いま湯浅さんがおっしゃって下さったように、多種多様なゴミが出てきます。
で、一番問題なのは、私たちが電気が欲しいとして原子力発電所を動かしてしまう訳ですが、
そうするとウランを核分裂させる。
そうなると核分裂生成物という放射性物質が大量に出てきてしまいます。
もともとウランが持っていた放射能の10億倍にも放射能が膨れ上がってしまう。

湯浅:10億倍!

小出:
はい。ということになります。
それは基本的には使用済み燃料というものの中に残ってくるのですが、
原子力発電所も機械ですので、様々な形であちこちから漏れてくる訳で、
それが全て放射能のゴミとして日常的にも出てくる訳ですし、
最後には今聞いていただいた使用済みの核燃料というものが、
本当にどうしたらいいか分からない放射能のゴミとして残ってしまうというものです。

湯浅:固体もあれば液体もあるという事なんだと思いますけど。

小出:そうです。

湯浅:
ある意味では、今回の汚染水っていう奴も、放射能のゴミという事になると思うんですけれども、
今日のゲストの石坂さんが、ちょっとそれについてぜひ小出さんに伺いたいっていうことがあって、

石坂:
私はですね、やっぱり福島で汚染水を、もう海に流すのもやむなしで、
漁連の関係の方達にもですね、了解を得ることにするという事の内容だったんですけれども、
もうこれはやはり、致し方ないというか、他に選択がなかった状況なんでしょうか?

小出:
えーー、難しいご質問です。
私は事故が起きた直後から、原子炉建屋の周辺に深い遮水壁を張り巡らせて、
溶けてしまった原子炉と地下水などが接触しないようにしなければいけないと発言をし続けてきたのですが、
東京電力も国もその手段を一切取らないまま、
汚れてしまっている原子炉建屋と地下水が、
もう、渾然一体となってしまっている状態になっているのです。

ですからどんどん汚染水が膨れ上がってしまって、
おそらく今の状態でいけば、本当に近い将来に、汚染水を海へ流す以外には無くなると私は思います。
こうなってしまうと、多分それしか手の打ちようがないと思うのですが、
それでも、できる事であれば今からでも遮水壁というものをつくって、汚染水を減らすべきだと思います。


湯浅:
小出さん、私も覚えているんですが、
原発事故のあった年に、かなり早い時期でしたよね、4月とか、

小出:はい、5月から私はこの発言をしています。

湯浅:
はい、おっしゃっていましたね。
あれはちょっとその、地価のイメージというのが私らみたいな素人にはいまいちイメージできないんですけど、
その、遮水壁というのはかなり分厚いコンクリートの板を、
ダーン、ダーンと、囲むように入れるべきだっていうお話だったんですよね?


小出:
そうです。
原子炉建屋の周囲を囲むように、地下に10m、20mぐらいのコンクリートの壁を張り巡らせて、
周辺の地下水と遮断するという事を私は提案しました。

石坂:
でも、それがあるだけでもイメージ的、絵的なイメージなんですけれども、
ずいぶん違う気がしますよね。

小出:
はい。
多分、当時それをやっていれば今のように困った事態には陥らないで済んだと思います。

石坂:
私たちはいろいろと不安を口にしたりですね、不満を言ったりすることができるんですけれども、
もう、実際にそこで生活されている漁連の方たちなんて、もう、本当にもう、
何でしょうか、抵抗の仕様が無いというか、悔しい思いをされていると思うんですけど、

小出:
はい。
当然そうだろうと思います。
漁を自粛しなければいけないという形に追い込まれてすでに2年経ってしまっているわけで、
漁民の方から漁を奪ってしまうという事は、
要するにもう、人間として生きていられないというそういう状態になってしまっている筈ですので、
大変なことだと思いますし、
陸の方で言えば農民の人達は土地そのものを奪われて、追い出されてしまっているという状況なわけですから、
もっともっとみなさんこの現実というのを知ってほしいと思います。

湯浅:
それで小出さんはさっき「遮水壁は今からでも」とおっしゃったけど、
いまはもう混ざっちゃっている状態で、それでもまぁ入れることは、
要するにこれ以上新たに入れた水が漏れださないという事で意味があるだろうと、

小出:
そうですね。
いまはもう毎日400トンぐらいずつ増えてきているのですけれども、
それを少しでも減らして、持ちこたえられる期間を先に延ばす。
そしてその間に何がしかの打つ手を探すという位の事はできるだろうと思います。

湯浅:
あの、最後にもう1個聞いてもいいですかね?
最終処分が出来ないまま、日本も核燃料サイクルが挫折していますけど、
そういう中で「トイレのないマンション」と言われ、
トイレのないマンションを輸出しようとしたら「冗談じゃない」って、
普通は、ま、そういう話になりますよね?

小出:そうですね。

湯浅:
だから住宅だとそうなるんだけど、原発なら受け入れましょうという、
ま、やって下さいとなりかねる国が現実にあるというのは、
その国の政府としてみると、
日本はそれでもどうしても、トイレのないマンションなんだけどやりたいっていうのは、
どこかでやっぱり核武装したいという気持ちがあるからだっていう話がありますよね。


小出:はい、私はそう思います。

湯浅:
他の、日本からの原発輸出を受け入れると言っている国も「あわよくば」という、そういう、
いわば色気があるから「トイレのないマンションだけど受け入れましょう」ってなるんでしょうかね?

小出:日本もそうだった訳ですし、世界はどの国もそうだと思います。

石坂:
あの、本当に、日本の人達にもう一回、
手塚治虫の「火の鳥」を読んでいただきたいなと思いました。

小出:はい、私もそう思います。

湯浅:ありがとうございました。

小出:ありがとうございました。


ーーー

<やっと遮水壁>
でも、この遮水壁は小出先生がおっしゃっているのとちょっと違う?







comment 0
06.02
Sun

双葉町が警戒区域解除 課題山積で先は見えぬまま 投稿者 tvpickup




福島・双葉町「警戒区域解除」も…
住民帰還のメドは立たず

報道ステーション 2013年5月28日放送

2013053122.jpg

町民全員が避難している福島県の双葉町で、
今日、原発事故以降続いていた警戒区域が解除されました。
これで原発から半径20km圏内の警戒区域はすべてなくなったという事になりますが、
住民のみなさんの帰還のめどは、まだ、依然として立っていません。


東日本大震災から2年2ヶ月以上が経過した今日、
福島県双葉町で警戒区域が解除された。

福島第一原発がある双葉町は、原発事故の影響で全域が警戒区域に指定された。
町民およそ7000人が福島県内や埼玉県に分散しての避難生活を余儀なくされている。

2013053121.jpg

今後は放射線量によって、帰還困難区域と避難指示解除準備区域の二つの地域に再編されるが、
面積と人口、共に町の96%は帰還困難区域となる。

2013053123.jpg

帰還困難区域とは、放射線量のレベルが極めて高く、
長期にわたって住民の帰還が難しいとされる場所だ。
立ち入りできないよう、ゲートが設置された。

2013053124.jpg

双葉町近隣の市町村では、去年4月から随時区域再編が行われてきた。
原発20km圏内で再編されずに残っていたのは双葉町だけだ。
何故これまで行われてこなかったのか。

実は東京電力が支払う賠償の中には、金額を出す上で警戒区域の再編を前提にしたものがあるのだ。
しかし、前双葉町町長の井戸川氏は町全体での交渉を望んでいた。

2013053125.jpg

双葉町 井戸川克隆前町長(電話):
区域の見直しそのものがおかしいじゃないですか。
事故進行中なのに。

Q:かつて国に対し一括して対応をお願いしたいとおっしゃっていたと思うんですけど?

井戸川:今でもその考えは変わりません。



そして今、町長が変わり、停滞していた賠償交渉を打開するために区域再編を行った。

2013053126.jpg

双葉町 伊澤史朗町長:
双葉町は双葉郡8町村の中で区域再編が最後という事で、復興復旧の第一歩というふうに感じました。

2013053127.jpg

双葉町の残り4%の避難指示解除準備区域は福島第一原発から北におよそ5km。
海沿いにある中浜地区や両竹(もろたけ)地区などだ。
宿泊こそ許されないものの、復旧復興に向け、日中には住民の地域への立ち入りが許される。
警戒区域が解除された今日、早速住民たちは自宅へと戻ったのだが…。

2013053128.jpg

双葉町 斎藤六郎両竹地区長:
何の進展もない訳でしょ。
自分の家を片付けるだけの話であって、
本当に帰ってここで生活できる、そういう状況じゃありませんから、

2013053129.jpg

ほとんど立ち入ることができなかった町には2年前の震災の爪痕がそのまま残っていた。



福島県本宮市に避難している高玉正祐さん、
今日、双葉町には出向いていない。

2013053130.jpg

避難指示解除準備区域になった中浜地区に自宅があった。
津波で家が流され、息子を亡くした。
腕時計は息子の形見の品だ。

2013053131.jpg

やっぱり残っているものがあんまりないので、
身に着けていたものとしては。
だから常にそばにいるような感じで付けていますね。

今回の区域再編に付いて期待を見いだせないでいる高玉さん。

高玉さん:
ほとんどど町の役場とかそういうのはいまだ避難区域ですよね。
だから、私たち、そこだけ解除にしても、インフラですか、
そういうのが全然進まないと思うんですよね。


2013053132.jpg

すでに区域再編した街でも、問題が解決へと進む訳ではない。
今年3月に実施した富岡町では、昼間は立ち入りができる区域でも水道はいまだに復旧していない。
除染作業に必要な水が供給されない状態が続いている。

2013053133.jpg

水が無いため、町には仮設トイレが多数設置されていた。
これでは自宅などの片付けもままならない。

2013053134.jpg

富岡町 遠藤勝也町長:
期待感はありましたけど、もう…ね、3か月近くになるんで、再編してからですよ。
いまの区布動きが少ししか見えない。
今年は夏以降本格除染。インフラ復旧、これ二つするわけですけれども、
まだ除染の計画が示されていない。
また先送りになるんじゃないかという不安感があります。


2013053135.jpg

その一つのエリア地域で、その平均値を取った線量が高い・低い。
それだけでですね、パーッと3つの区域に線引きされる。
全く住民の現状に向いてないんじゃないかと、疑問を大声で叫びたくなります。

たとえば、今日の双葉町以外でも見てみますと、避難区域で。
たとえはこの飯舘村です。
飯舘村はこの番組では去年の7月に放送しましたが、
たとえばこの狭い飯舘村の一部のエリアをこちらに大きくしました。

2013053136.jpg

長泥地区というのはですね、飯舘村の中でも特に線量が高いという事で、
「帰還困難区域」という一番厳しい区域に指定されました。
従って当然賠償額は高くなるわけですね。


その隣の蕨平(わらびだいら)地区に取材に行きました、去年の7月。
そこで見えてくるのは長泥と同じようにホットスポット、線量の高い所がいっぱい点在しているんです。
そこに住んでいらっしゃった方沢山いらっしゃる訳です、避難していらしゃいますが。
ところがですね、平均値を摂ると蕨平は低いという事で、
一つ下の「居住制限区域」ということになると。
それから大分経って蕨平と長泥だと「蕨平の賠償額が低いのはおかしい」ということになりまして、
そこで周辺の同じ居住制限区域の人達にも何らかの蕨平の影響が出て賠償額が上がる
そうすると同じエリアのもっと別なところでも不平等じゃないかということで、
結果、「分断」という事が起きてしまうんですね。

「分断」という視点でさらに見てみますと、
たとえば川内村です。
南の方になりますけれども、こちらは20km圏というその線引きでまず一つの村が分断されました。

2013053137.jpg

そして濃いグリーンの部分の比較的線量の少ない地域、これは3つの区域外という事になります。
初めはこの川内村は全村避難だったんです。
ところが線量が低いという事でこの濃いグリーンのエリアのところに関しましては、
「戻ってきてもいいよ」という事になりました。

で、そうなると、
戻ってきてもいいエリアだけ、ここだけは。ということになりますので、
ここは精神的な苦痛の、その賠償、月10万円のお金も切られてしまう。
そうなりますと、子どもさんを抱えて、
放射線量の問題でいくら低いと言われても、除染の問題などもあるので不安で帰りたくないと思っても、
結果的に月10万円のその賠償ですら打ち切られてしまったら、
「戻った」という方の現状もですね、かつてこの番組では放送させていただきました。
いろんな地域があります。
今日の双葉町を見てもそうです。

4%だけが、ここがこの区域になったと指定されても、何の意味もないのではないかと。
それを考えると、今この国はですね、
原発の再稼働に向かって、着々と準備が進んでいる訳ですが、大飯以外でですね。
ところが一方では、このトータルで避難区域、3つの区域だけでも、
8万4千人の方が避難民であるという、
この現状の方は全く手つかずじゃないかと、言わざるをえません。
どうでしょうか。




続きを読む
comment 1
back-to-top