fc2ブログ
06.04
Tue
江戸川のウナギが基準値超 4匹から放射性セシウム
スポニチ 2013年5月17日 23:51
 
水産庁は17日、東京都と千葉県の境を流れる江戸川の中流で捕られたウナギ4匹から
国の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超す放射性セシウムを検出したと発表した。
検出値は最大で158・9ベクレルだった。
水産庁や東京都、千葉県は3月に把握していたが公表していなかった。

問題のウナギが捕られたのは、江戸川に架かる北総鉄道の高架下と下流500メートルの地点。
近畿大学の研究者が調べたところ基準値を超えたため水産庁に通報した。

水産庁は東京都と千葉県に連絡したが
「ウナギ漁は夏からで、漁期の前までは調査しない」などとして調査も公表もしなかった。
このため水産庁が保存されていた検体をあらためて調べ、今回初めて結果を公表した。




全国流通 福島産ウナギ「産地偽装」の裏側

ゲンダイネット 2013年6月4日 掲載

高級店に「四万十川産」「利根川産」として
<ジャーナリストが告発>

ウナギの「産地偽装」は中国産だけではなかった――。
天然モノは言うに及ばず、養殖用の稚魚も不漁続きで、値段が高騰。
「今年は1キロ200万円前後になっている」(漁業関係者)というから、尋常じゃない。

養殖ウナギの価格が上がり、もともと捕獲量が少なく貴重だった天然ウナギとの差が縮まってきた。
おかげで、天然ウナギの需要が高まるという“逆転現象”も起きている。

そんな中、福島県産のウナギが他県産として偽装され、全国に流通しているというのだ。
事故原発のある浜通り地方を流れる「夏井川産」のウナギだ。

福島県が4~5月に行った検査では、いわき市沖で取れたヒラメ、アイナメ、メバルなど
複数の魚から基準値(100ベクレル/キロ)を超えるセシウムが検出されている。
近くを流れる「夏井川」の魚も汚染されていておかしくない。

福島県在住で食問題に詳しいジャーナリストの吾妻博勝氏が言う。
「汚染されているのは海水魚だけではありません。
夏井川は、原発事故直後に避難指示の出た田村市などを通っています。
阿武隈川水系ではイワナ、ヤマメから基準値超えのセシウムが検出されているため、
同水系の全魚種休漁が打ち出されている。
しかし、夏井川の漁協は全魚種の釣りを承認しています。
そもそもウナギは、放流しないため、漁業権がない。趣味でやっている漁師がいっぱいいます。
彼らも安全性に不安を持っていますから、地元では食べないし、小遣い稼ぎとして卸業者に流しています。
それが天然モノを売り物にしている店や高級料亭に、
千葉県産や利根川産、四万十川産として出回っている。偽装の実態は、漁協も店側も知らないのです」

ほかにも、相馬市沖のズワイガニは日本海の業者に流れている。
「業者が買い取ったあと、全国のどこに流しているかは分からない」(吾妻氏)という。
安心して食べられる魚介類はないのか。



ウナギから基準超す放射性物質
NHK 6月7日 22時47分

千葉県市川市の江戸川で捕獲されたウナギから国の基準を超える放射性物質が検出され、
千葉県のほか連絡を受けた東京都と埼玉県は流域の漁業協同組合に
江戸川などのウナギの出荷を自粛するよう要請しました。

千葉県によりますと、今月3日、
江戸川の中流から下流にあたる市川市で県が捕獲したウナギを検査したところ、
このうち1匹から、国の基準の1キログラム当たり100ベクレルを上回る
140ベクレルの放射性セシウムが検出されたということです。

江戸川では東京の2つの漁業協同組合がウナギ漁をしていて、年間8トンの水揚げがあるということです。
千葉県と連絡を受けた東京都、埼玉県は流域の漁業協同組合に対して
江戸川で獲れたウナギの出荷を自粛するよう要請しました。

東京都は、さらに水路がつながっている荒川、旧江戸川、中川、新中川の
4つの河川で捕獲されたウナギについても出荷を自粛するよう要請しました。

また、千葉県や東京都は釣り客に遊漁券を販売しないことや
釣り客がウナギを捕獲した場合、その場で放して食べないように呼びかけています。

千葉県内では、去年6月、利根川で捕獲されたウナギから基準を上回る放射性物質が検出され、
利根川のウナギについては流域の漁協が出荷を自粛しています。
東京都と埼玉県では、
これまでの検査でウナギから国の基準を超える放射性物質が検出されたことはないということです。





comment 1
06.04
Tue


Youtube→http://youtu.be/WJ5yUAXDBl8?t=56m10s

2013060216.jpg

渡部ミヨ子さん(福島/農業者)

みなさんこんにちは。
脱原発の思いを胸にこの会場にお集まりいただいた皆さんに心より御礼を申し上げます。

私の尊敬する大江健三郎さんと落合恵子さんと同じ舞台で、
私の脱原発への思いを申し上げる事が出来ることを、私は一緒の宝だと思いました。
ほんとうにありがとうございます。

私は福島第一原発から25kmぐらいのところに住んでいました。
今は小学5年生の孫と私たち夫婦の3人で、田村市内の西側に住んでいます。
これまで全国のみなさん、そして世界中のみなさんからご支援いただき心から御礼申し上げます。

私は戦時中に、昭和17年に生まれました。
育ち盛りに周りの大人の人達が話す戦争の話は子どものころにも大きな衝撃でした。
そのころ、ヨーロッパのスイスが平和だったことも知りました。
私の心は平和なスイスの事を考えることで、いつも安らいでいました。

私が子育て中の頃に、大熊町に福島第一原発がつくられました。
周りの人達が沢山働きに行きました。
私は広島に落とされた、あのおそろしい原爆のことが頭をよぎりました。

しかし周りのほとんどの人達が私が聞いてもいないのに、
「絶対安全だ」
「事故は起きないんだ」
「ここには大きな地震は来ないんだ」と、口々に言っていました。
そしてすべてが原発のおかげで、生活が満たされるように思いこんでいました。

あの3月11日の大きな地震の後、原発が4基も爆発して、
広島に落とされた爆弾の何百倍もの放射能が飛び散らされてしまいました。
生まれた時から私たちを守ってくれた豊かな自然は
全て放射能という死の灰で汚されてしまったのです。

安心安全という真っ赤なウソと、少しばかりの豊かさに踊らされていた自分を悔み、
未来を担う子どもたちの空気を思い、
自分の目から流れる涙を抑えられませんでした。

国は始めから安心安全キャンペーンをやる一方で、
福島医大には膨大な予算があてられました。
復興予算、そして除染費用、毎日新聞やテレビのニュースでは、
福島県に充てられる予算の数字が大きな文字で写されていました。

いま県内各地に大手企業が入り、除染が行われています。
そして、手抜き除染の事を取り上げました。
水で洗い、土を剥ぎ、草木を倒して袋に詰め込むだけで、
私たちの地域が元通りに戻るわけがありません。

雨が降れば、大地の放射能は、川へ、そして海へ流れるのです。
汚染水のタンクが、汚染物の詰まった袋が、所狭しと増えるばかりです。

去年から帰ってよいとされる30km圏内の私たちの地域では、
山菜から、高いレベルの1万何千ベクレルというセシウムが検出されました。
しかし、帰っている年配の人達は知らずにそれを食べてしまうのです。

「福島で起きている事の真実を隠したい」と考える人たちの、強い力があるように思えてなりません。

2013060217.jpg

先日総理大臣が、「我が国の世界一の技術を、原発を外国へ輸出する」と言っておられました。
福島の原発が世界一の技術であるならば、
世界中の原発は今すぐ止めなければいけないでしょう。

これをなぜ、世界中のどの国よりも放射能の恐ろしさを体験済みの筈の日本が、
外国へ輸出することが許されるのか。
それはまるで、「日本は歴史認識が無い」と隣国から言われた昔の戦争と同じになるのではないか。
後に責任を問われるのではないかととても心配です。

兵隊、戦場、戦略にとらわれ過ぎて、道を誤ってはいけないでしょう。

いま問われている事は、日本の使命は、
あの穏やかに美しく緑に輝く宇宙から見たこの地球を、われらの母なる星、地球を、
知性と愛情と調和で守ることにあると思うのです。
未来の日本が昔と同じ責任を問われないため、
原発のゴミと国の大きな借金で未来の日本が苦しむ事が無いように、
いま考えを新たにする時ではないでしょうか。

命を持って真実を明かし、福島の真実を語り、世界中の英知を結集し、
福島を日本をそして母なる地球を守っていきましょう。



続きを読む
comment 0
06.04
Tue
Youtube→http://youtu.be/WJ5yUAXDBl8?t=45m45s


2013060214.jpg

大江健三郎さん:

5月20日の新聞に原発ゼロを目指す確かな考え方が示されていました。
福島原発事故が終わってない。
その事。
そして、地下貯水槽からの大量の汚れた汚染水が漏れている事。
汚染された地域の除染が進まない事。
そして、日本中が被災地になる危険をそれは確実に語っておりました。

原発ゼロを今決断し直し実行する、その事の必要を思い知らされるものでありました。

同じ日の新聞ですが、
「電力4社が原発8基の再稼動を申請する」と報道されていました。
さらにその隣の記事には、
原発の輸出を急ぐ安倍首相の日銀原子力協定へまさに乗り出していこうとする写真もありました。

核不拡散条約に加盟していない核保有国インドに対してであります。
これは広島・長崎への裏切りというものです。

原発再稼働の申請は福島の原発事故で苦しんだ人々への裏切りであるように、
さらに原発ゼロを実現するしかないと、
今日、日本各地で、さらにここに集まり、声をあげ、デモ行進をするもの等への裏切りであるように、
そしてそれがまた、原発ゼロへの意思を圧倒的に表している各種の世論調査の回答者、
そういう人たちが多く新聞の中にいられるわけですが、
彼らに対する一種の侮辱というものであると思います。
なぜそれが許されるのか、
何故それを私たちは現政権に許しているのか。

福島3.11の悲惨を踏まえて、私等が原発ゼロを他にはあり得ない選択とした。
あの時から2年しか経っていないのであります。
あらゆる主義の新聞を読みなおしていただきたいと思います。

3.11後、すぐ後で、
「ドイツは原発利用に原理的根拠はない」として、国の方向転換を始めました。
他の国でいま原理的だとか、オラールとかいう言葉はあまりに使われませんが、
ドイツの議員達は次のように「原理的」という言葉を定義しています。

私たちが、次の世代が生き延びることをさまたげない。
次の世代が生きていける環境を無くさない。
その事が今人間のもち得る最大の根本の倫理だ。

というのが彼らの定義であります。

次の世代が生き延びることを妨げない。生きていける環境を無くさないという事は
人間の、人類のと言ってもいい、本当に根本の倫理なんだと、
それを実現しようというのがドイツの議員たちの意思であって、
彼らはそれを立法しました。そしていま実現に向かっています。

ところが、この国の政権が彼らの行動の根拠に、
たとえば安倍首相がその行動の根拠に何をおいているか?
「政治的」ということです。
「経済的」という事です。

政治的、経済的な根拠をおいて、彼らは全てをやる。
そして、「原理的」という事を考えることはない。
こういう人たちが政治をやっているし、
いつか、この国の人々が、この国の社会がその勢いに押されていっているという事を
私たちは考える必要があります。

2013060215.jpg

もう私は熟年でありますが、
生まれて初めて大きいショックを受けた
個人が、自分が危ない。
自分の危機であると共に、村の危機でもある、
どうも国の危機でもあるらしいということを初めて感じたのは
1945年の敗戦においてでありました。

四国の小さな村まで米軍のジープがやってきたものであります。
食糧難という事があったというのも当然です。
それから私どもは生活の困難という事が自分の、母子家庭の家ですが、
それがあることも強く感じていました。

ところが1945年の敗戦があって2年後にですね、
2年経つと、憲法が、正しい憲法が執行された訳なんです。

私たちはその内容を1年前に憲法の内容を知っていました、読んでいました。

ところがそれが敗戦から2年経って施行されると、
私どもの小さな村は、湧きたつようにみんなが興奮したわけであります。
個人が興奮する、それから村の仲間たち、総じて興奮している、
そして村がこれを歓迎しているという事がよく分かりました。

私はひとつの項目しか、良く分からなかった。
もちろん平和主義という事はある、民主主義という事もある。
しかし私にわかりましたのは12歳の子どもでしたが、
憲法の13条で「すべて国民は個人として尊重される」という項目が私を惹きつけたわけです。
それまで自分は個人として尊重された事はないと思いました。

そしてこのやりかたで、
全て国民は個人として尊重されるという仕方で、やっていこうと思いました。

あれから66年になります。
私はそれを原理にして生きてきた、仕事もしてきたと考えております。

もう残された日々は短いのでありますが、
ドイツの人々が言ったように、考えているように、実現していくように、
「次の世代が、この国で、アジアで、世界で、生き延びうる世界を残す」ということを、
何よりも根本の倫理的な根拠としてやっていく。
それを自分の仕事としたいと考えております。

それを自覚し直すために原発ゼロのデモに加わります。
しっかりやりましょう。






続きを読む
comment 1
back-to-top