fc2ブログ
06.22
Sat
子ども・被災者支援法成立から1年
~支援実施を求める原発事故被災者の声


2013年6月21日


25:15~
Youtube→http://youtu.be/cu6CocaL_ZM?t=25m15s

伊達市の特定避難勧奨地点
避難区域解除問題について


2013062221.jpg
FoE Japan 満田夏花:
伊達市にお住まいの菅野みやこさんにお電話をつないでお話しいただこうと思っています。
この問題は、昨年の12月に伊達市小国地区などの特定避難勧奨地点が解除になりました。
解除の基準なんですが、国に聞いてみましたら、
毎時3.8マイクロシーベルトだったそうです。
で、伊達市の特定避難勧奨地点についてはですね、
住民の方に説明会のような事がなく突然解除されたそうで、
住民の方は指定の解除を「報道で知った」というふうにおっしゃっています。
その3カ月後に賠償も打ち切りになっています。

つまりどういう状況にあるかと言いますと、
いま避難者の方々は、半ば兵糧攻めにあったというような状況にありまして、
帰還を迫られている状況にあります。


この事に関しては、解除の基準が非常に高いという事とともに、
賠償がその3カ月後に打ち切りになっている。
その状況は非常に人権にも反する大変な問題だと思っています。

このようにして今福島では次々に避難区域が解除になろうとしている訳なんですけれども、
本当にこれで良いんでしょうか?ということを私からは問いかけたいと思います。
それでさっそく菅野さんにお話しいただきたいと思います。



27:45
福島県伊達市梁川(やながわ)町に住んでおります菅野です。
3人の母で、伊達市霊山町小国地区が平成23年6月30日付で特定避難勧奨地点の指定により、
避難を選択し、翌月の3日に避難をしました。
避難指定の仕方についてもかなり疑問が残っておりまして、
避難指定の方に配布された特定勧奨地点設定に関わる
その中で抜粋ですが、
お住まいの小国地区は現在に渡って
事故発生後一年間の積算線量が20マイクロ(ミリの間違い?)シーベルトを超えると予測されてはおりません。
しかしお住まいの住所やその近郊において、
空間線量率が20マイクロ(ミリ)シーベルトを超える可能性も否定できません。
そして復興調査も同封されておりました。

うちの敷地内の玄関先、庭先中央の2カ所のみの測定で、避難出来る権利が決まってしまったんです。
たった2カ所でです

住民集会や署名活動・要望書提出等を実施しましたが、
何一つ住民の意向を聞かれることは今もありません。

その後気持ちが することなく避難生活をしてたんですが、
避難指定の事を思うと、避難している現在でも、何時解除になるのか
去年の12月までなんですけど、
「解除されるのか」という、日々本当に不安な毎日でした。

避難指定以外の住民の訴えをもとに、
市も国も対応するだろうと思っておりました。

測定、説明、相談会も勿論行われると思っていました。

市民として、どこかまだ伊達市を信じていた所がありましたけれども、
私も考えや思いがすごく浅はかで、
まだ平成24年11月28日付けでモニタリングの実施の通知がきたとともに、
特定避難勧奨地点の解除について、
20マイクロ(ミリ?)シーベルト以下となることが確実である事を確認できた場合、解除を行うとします。
という文などがありました。

翌月の5日に私の家の方に測定がきたんですけれども、
測定の結果がどのような状況なのか?
ケースバイケースで対応するのか?
説明会が行われるだろうと住民として思っていたんですけれども、
その矢先に、その12月14日の朝、ネットから流れる情報と日中のニュースから解除を知らされ、
動けなくなる位に驚きました。

また次の日には「特定避難勧奨地点解除に係るお知らせ」が郵送されてきたのには本当に驚きました。

文の中には、原子力災害現地対策本部長から伊達市長、伊達市に対し、
「特定勧奨地点解除の通知がありましたのでお知らせいたします」
と市長からありましたけれども、
その他の文章文面に対しては、全て写しのものになっておりました。

その後、我が家でもやはり納得できない所が沢山あったので、
いろいろと電話をしたり直接市に足を運び解除の理由などや、
除染をしても線量の高い事などを話したり訴えたりしましたが、
市からはありきたりの言葉しか返ってきませんでした。

挙句の果て、
「30年間気を付けて生活しろというんですか?」と問いただすと、
「すみません」と頭を下げるのみでした。

このままでは自宅に帰らなければならなくなると思い、
家族でいろいろ相談し、前進する覚悟を決めました。
というのは、「避難先に腰を据えて生活をしよう」と。

でも子どもは、避難地域から高線量の地域の学校に通っていたし、
平成25年度から新1年生になる子どももおりました。
転校、転入させ、いざ家の購入へと動きましたが、自己焦燥
自宅を購入して4年目になろうとしていたため、ローンが残っていることもあり、
借入金にも限度や上限が付いてしまいなかなかうまく進めない状況です。

災害復興住宅融資という国の支援がある事も、前進しようとしたら知りました。
でも避難がすでに解除になってしまったため、今では適応されないと言われてしまう始末です。

解除になる。
「この日で解除になりますよ」と分かった時点で動きだすという人もいるのではないでしょうか。

解除猶予期間もない。
説明会、相談会も無い。

たった一回の現地測定で高線量の地域に戻されるとは思いもしなかったので、
今現在いろいろと前進しようとしても、足踏みの状態のままでいます。

賠償金は3月までで終了しました。
今は自主避難です。
主人の仕事の賠償は続いてはおりますが、あてにはできない状況になっています。
というのは、賠償そのものに課税され、所得税額、企業税額、町県民税など、
ほとんど満額取られる状況で、通知がくるのが怖くなっておりました。

今年にかかる税額とそれに関わっている諸々の支払いなどで、前進どころではない状況です。
どうして精神的に苦痛な日々を送り、賠償金に頼らせておいて、
挙句の果てには税金でほとんど吸い取っている。


それでは私たち家族は住みたくない高線量の家に帰れと言われているようですし、
帰らなければならない状況です。

子どもを守りたいです。

「危険だ」と分かっていて子どもを危険な場所にやる親がどこにいますか?
出来る事ならば小国地区、いいえ、伊達市の子どものいる世帯全てに避難ができる権利を与えてほしいと、
解除されても思い続けております。




「なにが大変ですか?」と聞かれ続けて、大変さが改善された事はありません。
6/21避難の実情(文字起こし)





comment 0
06.22
Sat
(前半)もうひとつの選択肢=「脱ひばく」集団移住権利法実現の課題と展望
6/16 松井英介氏(内容書き出し)
の続き


2013061782.jpg

ということで、もうひとつの選択肢としてわたし達が今提唱しているのは「脱ひばく・集団移住」
「集団で移り住む権利を補償せよ」
これは国が補償する、国会でちゃんと議論してですね。
そして「補償しろ」という事を実現していきたい。

「移住する権利」これはなかなか大変な事ですけれども、
自主的にというか、仕方なく
お母さんと子どもだけが全国各地に移り住んでいらっしゃるのはみなさんよくご存じの通り。
その数が今でも増え続けているというのもご存じの通りだと思いますけれども、

2013061783.jpg

これは中手さんたちが出されたデータですけれども、
子どもたちに、事故前に比べてこういう格好で心疾患が、
水色が(2010年)事故前、
赤い色が事故後(2011年)で子どもの死因です。

2013061784.jpg

どういう訳か死んだ。
この左から2番目のところをご覧いただくと、
この心臓で亡くなっている子どもが倍ぐらいに増えている。
これは政府統計からグラフにしたものです。

という事で私たちが今求めているのは

2013061785.jpg

やっぱりその他にもいろいろと病気がるという事でですね、
「この病気から何とか子供たちを守りたい」

という事で今
心臓の中隔欠損と心房の中隔欠損が認められた子どもさんの事で私も相談を受けてきた訳ですけれども、
それ以外にもそういう子どもたちが結構沢山いらっしゃる。
でもやっぱり、そのお父さんお母さんは
なかなかそれが言い辛いという状況が方一方ではあるんではないかということです。

2013061786.jpg

という事でこれがその一つの例ですけれども、
時間が限られていますので、
臓器形成期、ちょうどこの6週のあたりに被ばくをなさったわけですけれども、
5週から8週の間に心房あるいは心室のが大体閉じるんですね。
これが非常に重要な臓器形成なんですけれども、
その時期に被ばくをするとまた影響が大きい。

2013061787.jpg

という事でですね、どういうふうにして子どもの内部被ばくを評価していくかという事で、
特に子どもの歯に取り込まれたストロンチウム90。
これはカルシウムと非常によく似た動きをするので、
骨とか歯に集積する訳ですけれども、
特に胎児とか小さい子どもの場合にはその集積のスピードが非常に速い。ということでもって
抜けた乳歯を調べる」ということで、先ほど土井さんが報告しましたけれども、
これはやっぱりやるように。
国がやるんです、これは。
原因をつくった政府がやるんだという事を求めていかなければいけないんですが、

2013061788.jpg

これは先程から出てます甲状腺がん
細胞診で90%癌であろうと診断された母集団
2011年にやったのは双葉郡のところを中心にした高濃度に汚染された地域。
2012年にやられたのはもう少し離れた、福島市も入っているというふうに考えていますが、
さっきこれについては非常に詳細な報告がありましたので省きますけれども、
こういうデータが出てきて、これを疫学者の津田さんはですね、
科学の5月号ってご覧になった方も多いと思いますが、
2013061789.jpg

この中で「アウトブレイクだ」と言ってるんですね。
それこそ本当にペストだとかチフスだとか、
そういう感染症がわぁ~っと広がった時と同じような「アウトブレイク」
「アウトブレイク疫学」という言葉があるんですね。

これはアメリカでは非常に人気の高い疫学の分野だそうですけれども、
それを日本でもちゃんとやっていかなければいけない。
ところが日本ではほとんどそれがかえり見られなかったという現状がある。

90
ということで、これはWHOですけれども、
チェルノブイリの事故について死んだ人は56人だけだった。
で、癌で亡くなった人は4000人程度だったという事を言い続けている訳ですね。

アンスケア(UNSCEAR)も同じです。IAEAもICRPも同じです。

実際はですね、これはもう時間もあまりありませんけれども、
ドイツの学者がまとめた、小さい子どもが赤い線です。

2013061791.jpg

86年のチェルノブイリの事故から少しずつ増えてきていて、
3年経ったところで急速に増えてくるというデータがあります。
で、もうちょっと年かさの子どもっていうのは、黄色で示してあるので、少し遅れて、
成人はさらに遅れてくる。

というようなレポートがこれはニューヨーク科学アカデミーの論文集にも出ていますし、
さまざまな形での先天性障害

2013061792.jpg

これはドイツの研究者が出したものですけれども、
すぐ翌年の性器に異常を持った子どもたちのデータ。


それからこれはダウン症の子どもたちのデータで、
上がベラルーシ、下がベルリンですけれども、こういうデータも出してきています。

2013061793.jpg

すぐ翌年にこういうピークが出てくる。

フィンランドの住民の死産の率が線量に依存してやっぱり高くなっている。

2013061794.jpg

という事がありまして、これは先天的な心臓の異常ですね。

2013061795.jpg

これについても線量への依存性が高い。
これはドイツのバイエルンのデータです。


そしてこれはベラルーシ。バンダジェフスキーの有名なデータです。

2013061796.jpg

6年位で出生数と死亡数がクロスしている。

心臓病が非常に多いんだという事で、
セシウムが非常に心臓に入りますので問題なんですが、
先ほども話がありましたけれども、甲状腺にも結構(セシウムが)入っていると、データが示しています。
子どもの白内障、これも増えてきている。

2013061797.jpg

という事で、仙台高裁もある意味で画期的な判決をしたんですが、
「1ミリシーベルト/年であるべきだ」と、上限。

2013061798.jpg

そして、先天障害とか様々な悪性以外の病気についても
Ⅰ型糖尿病、水晶体の混濁、白内障、心臓病などなどが多発するという意見があるんだ」と。
これは4月24日に出た郡山のいわゆる集団疎開の裁判の仙台高裁判決ですね、
そこで、ま、結果的には原告は敗訴しましたけれども、
こういう事が事実認定のところでちゃんと記録されているところが非常に大事。
これは1ミリシーベルトに対してですね。

2013061799.jpg

そして、もうひとつはこの一番後ろに立っている人がアナンドグローバー
国連人権理事会から委託された特別報告者。
報告したんですけれども、彼も同じ事を言っています。

20130617991.jpg

1ミリシーベルト以下であるという事と、
それから低線量のリスクについては学校でちゃんと教えるべきだと。
特に妊婦や子どもについては特別に目をかけないといけない。
低線量被ばくを過小評価してはいけない。

という事をグローバー報告は出しました。
これも非常に重要なデータであると思う。

20130617992.jpg

そして1ミリシーベルト以上のところに住んでいる人たちについては、
きちんとやっぱりやらないといけない。
全ての集団についてストロンチウム90もちゃんと調べる。
という事をちゃんと書いております。

ところがちょうどこの時にアンスケア(UNSCEAR)のレポートが出て
それをワッと日本の新聞が大きく報道してですね、
このグローバー報告というのは毎日が少し書いたみたいですけど、
その他のマスメディアはほとんど報道しなかった。
現在に至っているという事です。

アンスケア(UNSCEAR)の報告について↓
<FFTV速報 前半>委員会新メンバーと甲状腺検査
6/5 第11回福島県「県民健康管理調査」検討委員会を傍聴して(内容書き出し)



20130617993.jpg

で、チェルノブイリの住民保護政策から見ても、日本の現状というのは著しく劣悪であると。

という事をグローバー報告ははっきりと書いております。


20130617994.jpg

100年の計
これからやっぱり、大変急がれるんだけれども、
同時にこの問題はむこう100年200年先を見越して、
我々が手をつないで、
新しい法律をちゃんと作ってですね、胸を張って生きていけるように。
汚染の少ない所に、家族、地域の人間関係を壊さずに、
そこで今までやってきた仕事もできるように、

そういう事を実現していかない限り、この子どもの命もなかなか守るのは難しいという事であろうと。

「脱ひばく」集団移住権利法というのは常に私が1年以上前から提唱してきたんですけれども、
是非これについてもこの会でもお力とお知恵をお借りしたいというふうに思っております。
以上でございます。どうもご清聴ありがとうございました。

2:10:40

質問:
福島県の健康調査なんですけれど、
事故当時胎児だったお子さんたちは今回の調査の中には入ってなくて、
事故当時胎児だったお子さんというのは、
生まれている乳幼児よりもリスクが高いということもあるんですけれども、
この非常にリスクが高い事を予想される集団というのが、どこにも問題をあげていなくて、
今後起こり得る被害として、子どもたちの数からも外れているということがあるんですけれども、
その事についてはどのようにお考えでしょうか?

松井:
とても大事なご指摘だと思います。
私もその通りだと思うんですが、
甲状腺検査についてもですね、ちょっと言いませんでしたけれど、
福島県最大の街である、市であるいわき市が外されている訳ですね。
そこが対象になっていない。


そして今おっしゃった、そういういわゆる対象をどうするかという事と、
甲状腺検査についても、2年以上のインターバルで次をフォローアップするんだと。
そんなことはあり得ないんで、少なくても半年ごとにやるべきだというのがあるので、
今おっしゃったことについても、当然政府にやらせないといけない。

で、政府が本来、
今は福島県に投げている訳ですけれども、丸投げしてるんですけれども、
政府がやるべき課題の一つだと思いますし、
特に母乳の中のストロンチウム90についてもきちっと調べる。

セシウムと違って非常にこれの調査というのは、手間暇かかって厄介なんですね。
非常に大きなシステムがいるし、機械と技術がいる。
でもやる気があればできる。

ベラルーシでもウクライナでもやってきたし、
あるいはドイツでもスイスでもやってきてるんですね。
そこの人達とどう連携をして、私たちはこれを実現するか。
我々の手でもそれはやって行かないといけないと思うんですが、
やっぱりその民間の…、今の段階では非常に難しい。
だから、日本にはいろいろとそれをやるところはあるんですね。

たとえば、福島の原発をつくった東芝は、
一つプラントを神奈川県の川崎の浮島に持ってるんですね。
そういう所には技術がある。

で、東電の株主の半部以上が今は日本政府だそうですから、
日本政府がその気になれば、「そこのプラントでちゃんと調べなさい」と、
「やりなさい」ということが母乳についても出来るだろうと

え、プルトニウムについてもそうですけれども、
特にストロンチウム90については、これはやっぱり母乳の中に出てくる。
あるいは、赤ちゃんに飲ませる粉ミルクについてもきちっと調べる。
きちんと全部調べないといけないんですよね。

それをやっぱりやらないといけない。
セシウムだけじゃなくて、ストロンチウム90もやらなければいけない。
という事だと思います。





ーーー

「福島県最大の街である、市であるいわき市が外されている訳ですね。そこが対象になっていない」
という話についてですが、
「今までの検査において対象外である」という意味だと思います。

第11回 県民健康管理調査資料より

前倒しで24年度に341人ほど検査していますが、
実際はいわき市はこれから(平成25年度)の検査予定のようです。
2013062212.jpg

前倒し検査の分のいわき市
2013062213.jpg

2013062214.jpg







【市民と科学者の内部被曝問題研究会】2013年6月16日の文字起こし

全編動画はここにあります↓
今現在、福島第一原発各号機放出量と関東に降っている放射性下降物の量
6/16川根眞也氏(内容書き出し)


「乳頭がんが放射性物質誘発癌だ」ベラルーシと福島の甲状腺がん・小学校に降ったヨウ素の量
6/16川根眞也氏(内容書き出し)


(前半)もうひとつの選択肢=「脱ひばく」集団移住権利法実現の課題と展望
6/16 松井英介氏(内容書き出し)


(後半)もうひとつの選択肢=「脱ひばく」集団移住権利法実現の課題と展望
6/16 松井英介氏(内容書き出し)







comment 0
back-to-top