<セシウムと心臓の関係>紙面で見るとドキッとします。でも事実です。

2013年7月29日 東京新聞 こちら特報部

↓画像をクリックすると大きく見る事が出来ます。
sinkinDSC_0420.jpg


体内にセシウム 心臓疾患まねく 


チェルノブイリ事故で警鐘
チェルノブイリ原発事故最大の被災国ベラルーシで、
死亡した人を解剖して臓器ごとの放射性セシウムを測定した医師がいる。
ウクライナ在住の病理解剖学者ユーリー・バンダジェフスキー氏(56)だ。
低線量内部被ばくに警鐘を鳴らす研究は当局に危険視され、投獄される憂き目も見た。
来日した「不屈の学者」に聞いた。(佐藤圭)

論文発表後逮捕 「不屈の学者」

「たとえ微量であっても、セシウムなど放射性物質が含まれる食品を継続的に食べ続けると、
健康被害を誘発する恐れがある。内部被ばくと健康被害には相関関係がある」


バンダジェフスキー氏は今月10日、市民団体の招きで来日し、21日まで東京など全国6カ所で講演した。
日本を訪れるのは昨年春に続いて2度目。
チェルノブイリの教訓を日本に伝えるためだ。

旧ソ連のチェルノブイリ原発は現在のウクライナ北部にあるが、
1986年の事故で最も被害を受けたのは、国土の約23%が放射性物質に汚染された隣国ベラルーシだった。

病理解剖の専門家である同氏は90年、
ベラルーシ第二の都市ゴメリにゴメリ医科大を創設して初代学長に就任。
内部被ばくの影響を調査した。

同氏は、人の臓器にどれくらい放射能があるかを実際に解剖して確かめたことで知られる。
96~98年、ゴメリ市内の複数の病院で、
心臓血管系の疾患や感染症が原因で死亡した123人の大人や子どもを調査したところ、
心臓や肝臓、腎臓などからセシウム137が検出された。

同氏は、セシウム137は特に心筋細胞に蓄積しやすく、
心筋障害や不整脈などの心臓疾患が起きやすくなると結論付けた。

ベラルーシ人の死因トップは心臓血管系の疾患

世界保健機関(WHO)などはチェルノブイリ事故で、放射性ヨウ素による小児甲状腺がんしか認めていない。
同氏は、セシウムによる内部被ばくの論文を発表した直後の99年、収賄容疑で突然逮捕される。
一貫して無罪を訴えたが、2001年、禁錮8年の判決を受けて服役した。
海外の多くの人権団体が「政治的意図による冤罪(えんざい)」と非難する中、
刑期途中の05年に釈放されたものの、ベラルーシを国外追放された。
現在はウクライナで研究を続けている。

同氏は「私の研究が『国家へのクーデター』とみなされた」と振り返る。
逮捕後、ベラルーシ政府は、事故以来住民が避難していた汚染地域への「再入植」方針を打ち出した。
「ベラルーシ国民の放射能への意識は高いが、
政府が内部被ばくの影響を軽視している以上、汚染地域で静かに生活するしかない」

「汚染食品食べない努力を」

福島原発事故から約2年5カ月後の日本の現状をどう見るか。
福島県が18歳以下の県民を対象に実施している甲状腺調査では、
疑いも含めて27人が甲状腺がんと診断されているが、県は「被ばくの影響は考えにくい」としている。

同氏はこう強調した。
「健康被害が出ないことを望んでいるが、チェルノブイリの経験からすると、楽観できない。
内部被ばくに対処するには、汚染食品を食べないように努力するしかない。
技術力と資金力のある日本は、よりよい食品の放射線量管理システムを確立できると信じている」






被ばく研究、日本も参加を=チェルノブイリ調査の博士
時事ドットコム(2013/07/28-14:32)

ユーリ・バンダジェフスキー博士 病理解剖学者

1986年に起きたチェルノブイリ原発事故で、
住民の内部被ばくを調査したベラルーシの病理解剖学者ユーリ・バンダジェフスキー博士(56)が
7月に来日し、時事通信社の取材に応じた。
博士は同原発のあるウクライナを拠点に、
放射性物質に汚染された土地で健康を維持しながら生活するにはどうすればいいか、新たな研究を進めている。
博士は「東京電力福島第1原発事故で苦しむ日本の研究者らは、
ぜひこの研究に参加して成果を役立ててほしい」と呼び掛けた。

博士はチェルノブイリ事故で深刻な影響を受けたベラルーシ・ゴメリで、死亡した住民を病理解剖し、
放射性セシウム137が心臓疾患に及ぼす影響などを突き止めたことで知られる。
新たな研究は欧州連合(EU)から約300万ユーロの寄付を受け、
フランスやドイツなどの医師や研究者らが参加。
チェルノブイリから南に約50キロのウクライナ・イワンコフ地区で
7000人の子どもを含む住民の健康調査と、食品の放射性物質濃度の測定などを実施する。
博士は「内部被ばくしないための施策を進め、住民の健康を守りたい」と意気込む。
 
福島原発事故後の日本の現状について、博士は
「(政府や東電から)重要な情報が公表されていない」と批判。
福島県をはじめ、東京を含む東北・関東地方を中心に広範に放射性物質が飛散したと指摘し、
「福島以外でも住民の健康調査を徹底し、
内部被ばくを避けるため食品のモニタリング検査をさらに強化すべきだ」と強調した。


福島県の県民健康管理調査では、事故当時18歳以下の子ども12人が甲状腺がんと診断されたが、
県の検討委員会は事故との関連を否定している。
博士は「日本の医師は原発事故との関係を否定するのではなく、誠実に対応すべきだ」と述べ、
チェルノブイリよりペースが非常に早く、深刻な事態だ」との認識を示した。






東京新聞 「ためしよみ」はこちらから↓d(◕‿-。) ネ❤
こちら特報部517121

スポンサーサイト

<甲状腺がん>「じゃあ、それを彼ら(山下ら)が言うデータを基に考えてみたいと思います」吉田均 小児科医7/15いわき市(内容書き出し)

2013年7月15日 いわき市ゆったり館
吉田小児科クリニック院長 吉田 均 医師
「小児科医からのメッセージ ~放射能と子ども・いのち・みらい~」

Youtubeにスライドが写っていないので、画像を入れた文字起こしができませんでした。
分かりにくいかもしれませんが想像して読んでみてください。


1.小児科医からのメッセージ 甲状腺のお話し 前半


はじめまして、よろしくお願いします。

えー、ま…、
いわき市に来るという事で、いろんな迷いがありました。
どういう迷いかと言いますと、
真実を伝えるべきか、あるいはオブラートに包んだような話で安心していただくか。

迷って、いろいろ相談しながらきたんですけれども、
深刻な話が多いんですけれども、
もし途中で御気分が悪いという方がいらっしゃいましたら、
手を挙げていただきますとサポートががおりますのでよろしくおねがいいたします。


まず、一番関心のあるいヨウ素の話を持ってきます。
「甲状腺は大丈夫か」という項目です。

石川県にある北国新聞に小さな記事として、新たに9人の甲状腺がん、福島の。
っていう記事が小さく載りました。
甲状腺がんが多発。
ま、「9人ぐらいで多発か」と言われると、
私は40年間小児科医をしているんですけれども、
甲状腺の病気はみましたけれども甲状腺の癌はゼロです。

私と同期に入ったドクターに聞いたら、
「確か医者になった時に1例あったかな」
その方は術後突然死になりました。手術が悪かったんですね。

小児外科医のベテランの女性も1例しかみていない。
それは遺伝性の甲状腺がんでした。

とにかく我々小児科医としては稀な病気なんです、ほとんど見た事が無い。
「100万人に一人から二人だろう」と言われていますね。

それだけ稀なものがこれだけ出たんですね。
福島県は記者会見で放射線の影響を否定しました。
それが事実であればそれは嬉しいんですけれども、
「放射線が原因だ」と言っているドクターもいるし、
わたしもその一員です。

そして福島県の人は、検査しすぎじゃないか、スクリーニング効果。
でも残念なんがらこういうこともあります。
発見されない小さながんをはやく見つけて
長期、何十年後に発病するのを見つけるということもあり得ます。
それをスクリーニング効果というふうに言っていまして、事実です。
だから、彼らの言っていることは必ずしもウソではありません。

ウソかどうかを今からちょっと、私の分析で診ていきたいと思います。

放射性ヨウ素I131,132,133、ヨウ素が甲状腺に集まってきます。

そして、全員が癌になるんじゃないんですよ、ほんの一部が癌になります。
これが朝日新聞に載ったんですね。
SPEEDIで測定したといわれます。
100ミリシーベルトというラインですね、いわき市にもかかっているんですけれども、
こういうのが出たんで、福島県、福島県立医大はもしかして驚いたんではないかと、
なぜなら彼レは100ミリシーベルト以下なら安全、以上なら危険というふうに言ってきたわけですからね。


これは、ネットワークでつくる放射能汚染地図という、ETVで、去年ありました。
「いい番組だな」と思っていたんですけれども、
これ試算値ですよ。
実際の実測値ではありません。
753ミリシーベルトという事が画面に映りました。
しかしですね、しかしこれが出て、
非常に原子力ムラの学者さん達はお困りになったんじゃないかなと私はそう思います。

それでこれを下げる。
今年の1月、同じ登場人物でですね、映像も重なっていて、
特にこれを言う時だけが変わるんですよ、同じ学者で、63に下がっていました。
慌てて下げてきたようにも私には見えます。

どちらが事実の数字なのかわかりません。
あくまでどちらも試算なのですから。
実測したものではないんです。

100にはいっていないから、一応甲状腺がんにはならないというのが彼らの言い分ですね。
「100ミリシーベルト、以下は安全」なんですよね。

しかし、私が読んだヤブロコフさんの世界の一流雑誌に載ったのは50ミリシーベルト。
別の論文では10ミリシーベルト。

今年我々の仲間がベラルーシへ行って来て研修をしてきたんですけれども、
現地のドクターにですね、「閾値なし」とハッキリ教わったそうです。

そして福島県立医大の副学長山下俊一氏。彼がどう言っているか?
「10~100ミリシーベルトの間で発がんが起こり得るというリスクはすてきれない」
持って回った言い方なんですけれども、
「10ミリシーベルトでも癌になるかもしれない」という事を、彼が言っているんですよ、彼が。
どう思いますか?

そして、これらは福島の事故が起きる前の話ですから、彼は事実を言ったんでしょう。
チェルノブイリの経験からね。

なのに今回は、福島原発の事故が起こるとですね、
100ミリシーベルトまでなんで上げちゃうんですかね?
ここをしっかり押さえたいと思います。



2.小児科医からのメッセージ 甲状腺のお話し 後半



これはベラルーシの地図です。色が濃いところはヨウ素が沢山降ったところですね。
白いところが少ないところです。
北の方、18.5から37万ベクレルのヨウ素が降りました。
そこでどういう事が起きたか?
甲状腺がんが増えたんですね。
これは成人も含めてです。

2013072811.jpg

これは国立環境所の出したデータなんですけれども、
この前の緑色のところでも甲状腺がんが出たんですね。
緑色。
みなさんがお住まいのところと比べてみるといいとおもいます。

これらはですね、スクリーニング効果と言いまして、
スクリーニング効果、どういうものなのか?

彼らが言うには、甲状腺がんはゆっくりゆっくり大きくなるから、
大人になってから発病するがんを子どものうちに見つけた。故に、「検査のし過ぎだ」と。
それがスクリーニング効果ですね。

じゃあ、それを彼らが言うデータを基に考えてみたいと思います。

今回がんが発見された人たちの癌の大きさですけれども、
一番小さいので6mm。
一番大きいので33mmでした。
平均14.1mm。

これがどれくらいかかって大きくなるか?ということですよね。
福島県立医大の鈴木教授。
レントゲン技師の手引書みたいなものに載っていました。
彼らが「甲状腺がんがゆっくり大きくなる」という事の根拠がこれなんじゃないかなと思います。
これを基にですね、これが正しいとします。
で、このデータは大人のものですよ。子どものスキルとは多分違うんですけれども、
大人のものが子どもに適用できると仮定します。

そして癌の大きさとスピードを見てみました。
一番はじっこの14mmだと、8年後には29mmになります。

私の感覚として言えば
普通2cm以上あれば、20mm以上あれば気付くんじゃないかなと思うんですけど、
どうですか、ここ(のど)触ってみられて、
しこりはあります?
2cmのものがあったら、気付く。
癌だと意外と固いです。
のう胞だと柔らかいので、なかなか触っても分かりません。

良く私のところに「首が腫れている」って言って受診されるんですよ。
その方達のリンパ節の大きさは通常5mm以下です。
「よく気付いたな」と思う。
私も「どこどこ?」って言って触ると、先生ここじゃないの。
と、5mm以下のものをお母さん方は見付けているんです。

したがって、2cmもあれば多分見付けるんじゃないかなと思います。

大きく見て、ここの28mmを取りました。
ここで気付くという事に仮定します。

これにかかるのが23年。
彼らが言っているゆっくりゆっくり大きくなるっていうのは、ま、これから見ると事実だと思いますね。
23年もかかる、一番小さいので。
で、その話は置いておきます。

次にですね、実際に甲状腺がんになったのは、23年度。23年度で11名です。
これは生研と言ってまだ手術していな人も含まれているんですけれど、
医者はほとんどは生研で判断しますが、
1名だけ良性だったので、10人の、引く1になっています。

そうするとこれを10万人値に計算し直しますと、
10万人当たり27.3という数字が出てくる。
すごい多いですよ。

多いんですけれどスクリーニング効果と彼らは言うんですよ。

で、これはね、国立がんセンターの資料です。
山下さんがつくられた資料のスライドをお借りしてですね、私が作りなおしたものです。
27.3だとこうなります。
これだけ今あったわけですね。

彼らが言うには、「これが早く、大人になってから発病する人たち」をみた、ということにしたんですね。
そして、23年後に全員発見される。
という事が先ほどの過程から数値が出ましたね。
これをスクリーニング効果というんですよ。

23年後。
ここですね、ここで全員発見されるんです。


という事は23年後から手前の部分が、先に見つかったと。
彼らの言い分ですよ。

という事はこれを積み上げていくと白い線のところまで行きます。上の方は余っていますね。
これが「がんの過剰発生」と統計学的に言うんです。

しかもですね、これはあくまでも中間発表。
現在も進行形で福島医大で一生懸命、かどうか知らないけれど、一生懸命されているようです。

さらにがんが、今の割合で行けば当然この23.7に上積みされる可能性がありますよね。
そうすると、癌の過剰発生がさらに増えるという事になる。
というのが私の考えです。

ここまで二つの仮定を基に話してきたんで、
事実かどうかというのは今後しっかりそれを見守っていかなければいけないと思います。
よろしいでしょうか。

この私の過程で、まだ言い足りない事があります。

たとえばこれは10代の癌です。
20代になってまた新たに癌の人が増えてきますよね。
その人たちのも先取りしていると。
スクリーニング効果だと言ったとしても、
その人たちを、ここでバーッと出たとしてもここにのせていく必要があります、ね。
という事は10代のこれを下げないとですね、20代で出来た人のこれをここに上乗せできないんですよ。

という事はさらにがんの過剰発生が、あの白いラインの下の方に出てきます。

ちょっと説明が下手で分かりにくかったかもしれませんけれども、そういうことなんで。
ちょっと分かりにくかったですか?
分かりますか。


もうひとつ大きな重大な点があります。

それは、「歴史に学ぶ」という事ですね。
ベラルーシに。

この方は去年亡くなられた重松逸造(しげまつ いつぞう)氏という方です。
山下俊一はこの方の直系のお弟子さんです。
じゃあ、この重松さんがなんて言ったか?
「甲状腺多発なし。上のラインの棒グラフとみてみてください。調査し過ぎが原因」
これ、先程のスクリーニング効果です。
彼もちゃんとこういうふうに昔言ったんですね。

山下さんが同じ事を言わないはずが無いでしょ。

そしてされに増えて、多い事は認めたんですけれども、
そしたら今度は「放射能との因果関係はない」というふうに彼は言ったんですね。
正直に言いなさいよ。

で、その翌年にWHOがようやくですね、
沢山の論文が出たので、もう否定できないという事でようやく認めたんですよ。

そしたら彼はなんて言った?
また認めないんですよ。
分からない事だらけ。
そしてそれでおしまい。


このドクター(重松)とこのドクター(山下)。
二人の関係性も考えて下さい。

そして、山下さんの話しの信ぴょう性を信じるかか信じないかという事になるかと思います。





沖縄だけの問題じゃない。横田へオスプレイ(東京新聞7/30夕刊)

いくら何でも・・・
起きろ!目覚めよ!
米軍が日本を守るのはウソなんだから、アメリカの軍隊には本土へかさっさと帰ってもらおう(○`ε´○)ノおぅ♪


DSC_0421.jpg



オスプレイ「米へ帰れ」 「横田も配備候補」に地元反発
2013年7月30日 東京新聞夕刊

米空軍が垂直離着陸輸送機CV22オスプレイの配備先に検討していることが分かった、
横田基地(東京都福生市など)周辺住民や自治体は三十日、相次いで抗議や疑問の声を上げた。
日本政府は確認を避けたが、海兵隊仕様のMV22に比べ事故率が高いとされ、
配備が具体化すれば反発が強まるのは必至だ。
 
「米軍機は米国へ持って帰れ、というのが国民感情。
なぜ危険なCV22オスプレイを横田に配備しようとするのか」。
基地周辺の住民団体などでつくる
「横田基地もいらない! 市民交流会」共同代表の島田清作さん(75)は語気を強めた。
「沖縄の負担軽減のため本土にという話はよく出るが、本末転倒。断固反対の声を強くしていく」
 
横田基地の周辺住民らが航空機騒音被害を訴え係争中の原告団の福本道夫事務局長(63)は
「オスプレイだけでなく、日本の空を米軍が自由に飛べること自体が問題。
住民の安全安心を守るため行動する。政府や自治体にも頑張ってもらわなければならない」と話す。
 
周辺五市一町でつくる基地対策連絡会の幹事を務める昭島市の基地渉外担当は
「情報が事実かどうか確認を進めている」と困惑し、北関東防衛局や、都などとの連絡に追われた。
「住民は半世紀近く、住宅街上空を飛ぶ航空機の危険と騒音にさらされてきた。
配備が事実なら周辺市町と共同して行動を起こす」
 
昨年九月、オスプレイの普天間配備や横田基地への飛来などに反対する意見書を国に提出した
立川市議会の大沢豊市議(63)は
「頭上をオスプレイが飛ぶなんてとんでもない話。明確に反対していく」と強調した。 
(北爪三記、阿部博行)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。